リギフトという言葉をご存知ですか? そう、その字のごとく、もらったプレゼントを再度プレゼントとして他の人送ることを意味します。一見、失礼に思えるかもしれませんが、現在クラウドファンディングサイトKickstarterにて出資を募集している「The Messenger」はリギフトしてもらうことによって、楽しみがどんどん増えていくユニークなアイテムなんだそうです。

「The Messenger」はいわばメッセージを運ぶ封筒のような役割を持った、ハトをモチーフとした陶器の置物。あなたの大切な友達へのメッセージを体に携えて運びます。これだけだと普通の置物にメッセージを添えたプレゼントになってしまいますが、The Messengerはここからが違います。なんと、The MessengerにはそれぞれにIDが振り分けられていて、贈られた人はそのIDで専用のアプリを使用することで、The Messengerの居場所を追跡できるようになるのです。

つまり、あなたが贈り物をしたお友達が、さらにそれを違う友達へとリギフトする。そしてその人がさらに違う友達にリギフトすることでどんどんと友達の輪が広がっていくのを下のようなマップで確認できるとってもユニークなアイテムというわけ。アプリには所在地を含むプロフィールの他に簡単なメッセージを書くこともできるので、広がった友達の輪で実際に交流を深めることができるかもしれないというのもなんだか素敵ですね。

The Messengerを贈るときは専用の木箱に入れて贈るようで、これはハトを乗せる台としてもピッタリなんだとか。インターネットの普及で世界中の人とより簡単につながることができる世の中になりましたが、リギフトという手段で輪が広がっていくというのはユニークでなかなか面白いですね。

現在サイトでは、79ドルの出資でThe Messengerを1つゲットすることができます。結婚や出産のお祝いというライフイベントに、特別な思い出として添えるのもなかなか素敵なのではないでしょうか。