もっと気軽にミクロの世界を!

レンズをのぞくだけで、まったく異質の驚くべき世界をかいま見ることのできる顕微鏡。葉っぱを観察するだけでも興奮の連続ですね。そんなミクロの世界をもっと気軽に、親子で楽しむことができたらどうでしょう? ではこれから、気軽に使える”折り紙”顕微鏡 Foldscope をご紹介しましょう!

Foldscope とは?


Foldscope とは、まるで折り紙のように自分で組み立てられ、ミクロの世界をじゅうぶんに堪能することのできるペーパー顕微鏡。世界の子どもたちを含め、多くの人が科学に興味を持ってもらうための偉大なプロジェクトなのです。

使い方は超簡単!


パーツが印刷された紙のシートを説明書通りに切り、折って完成させます。次に、やはり紙製の「スライドセット」や透明のステッカーを利用して、自然界のサンプルを観察!


明るい方向に向けて、目を近づけて見てみると…。みんな初めて見る世界に、もう口が開いたままになるはず! 両手で上手にサンプルがのった「スライドセット」を動かしながら見たいところをじっくり観察しましょう!

性能は?


“折り紙”顕微鏡であるだけに、気になるのがその性能。付属レンズにより、最大倍率140倍、解像度は2ミクロンの実力。なんと2ミクロン(人間の赤血球の直径の約3分の1)間隔の2本の線が、ちゃんと2本に見える解像度というから十分です!



観察の仕方は全部で3通り。目を近づける通常の方法、専用クリップによりスマートフォンで観察する方法、そして、付属のLEDライトと拡大鏡により壁などに投影する「プロジェクションモード」と、”折り紙”顕微鏡だとは思えないスペックです!

ピペットやハサミなど”研究セット”が付属する Foldscope は Kickstarter で20ドル! 年末年始は親子でミクロの世界の探検に決定!