どこでも使える浄水フィルター

私たちにとってなくてはならない水。浄水器などは多く出回っていますが、今回ご紹介するのはどんなペットボトルにも装着できる浄水フィルターです。その名もDrinkPure。

スイスの学生が開発したこのDrinkPure。ハイキングやキャンプなどアウトドアで重宝するうえに、生活飲料水を得るための浄水施設が整っていない国や地域でも活用できることで注目を集めています。また災害時などには非常に役立つでしょう。

DrinkPureの仕組み

DrinkPureの浄水システムは3ステップ。まず1層目のフィルターが泥や小石などを抑制します。次に活性炭が臭い、化学物質、金属類などをフィルタリング。最後は非常に細かい膜が不要な成分を除き、浄水に必要なバクテリアだけを保つことで浄水が完了します。

DrinkPure開発の目的

そもそもDrinkPureは、飲料水のための浄水施設が整っていない地域で役立てるよう開発されました。なので低価格で、世界中どこでも使えるように作られています。