「Xbox 360」は、マイクロソフトの「Xbox」シリーズの第2弾として発売された家庭用ゲーム機です。2005年の発売から約11年間に渡って製造され、数々の名作ソフトがリリースされたことで有名。製造が終了した現在でも高い人気を集めています。

Xbox 360にはFPS・TPS・RPG・ホラーなど、さまざまなジャンルのソフトがラインナップ。今回は、おすすめのXbox 360ソフトをご紹介します。

Xbox 360ソフトの選び方

ジャンルで選ぶ

By: amazon.co.jp

Xbox 360ソフトには、アクション・RPG・ホラー・FPSなど、さまざまなジャンルが存在します。マイペースにゲームをプレイしたい場合は、「RPG」がおすすめ。日本では馴染みの深いゲームジャンルで、敵を倒すことによってコツコツとレベルを上げればさほど難しい操作をしなくても楽しめます。

プレイヤー視点の臨場感あるゲームを好む方には、「FPS」がぴったり。オンラインで多人数が参加できる作品が存在し、人気を集めているジャンルです。ほかにも、スポーツでの対戦が楽しめる「スポーツゲーム」やドキドキが味わえる「ホラー」などのジャンルも多数のソフトが販売されています。

Xbox 360ソフトを購入する際は、好みのジャンルや得意なジャンルのソフトを選択してみてください。

プレイ人数をチェック

By: xbox.com

Xbox 360のゲームは、ソフトごとにプレイできる人数が異なります。1人でじっくりとゲームしたい場合やマイペースでプレイしたい場合には、1人プレイに対応したソフトがおすすめ。友達や家族、カップルでワイワイ楽しみたい場合には2~4人以上でプレイできるゲームを選択しましょう。

また、オンラインマルチプレイに対応しているソフトであれば、インターネットを通じて多人数でのプレイが可能。ボイスチャットを使って、コミュニケーションを取りながらゲームできるソフトも人気を集めています。

Xbox 360ソフトはほかのハードでも遊べる?

By: xbox.com

Xbox 360のゲームにはさまざまなソフトが存在します。Xbox 360のみに対応しているソフトもありますが、なかにはパソコンでダウンロードしてプレイできるタイトルも販売されています。ゲーミングパソコンを所有している方におすすめです。

また、Xbox 360には下位互換があり、Xboxシリーズの第1弾にあたる「Xbox」の一部のソフトがプレイ可能。なお、XboxでXbox 360のゲームソフトはプレイできないので留意しておきましょう。

Xbox 360のおすすめソフト|RPG編

ファイナルファンタジーXIII-2 – スクウェア・エニックス

2009年に発売された『ファイナルファンタジーXIII』の続編にあたるXbox 360ソフト。1987年に第1作目が発売された人気RPG「ファイナルファンタジー」シリーズに属しており、魅力的なキャラクターと重厚なストーリーが魅力です。

舞台は『ファイナルファンタジーXIII』の3年後の世界。ユーザーが自ら選択して運命を決めていくことでストーリーが展開します。また、物語が複数の分岐点を有しているのもポイント。過去にさかのぼってやり直せば、何度でも楽しめます。

グラフィックが美しく、映画を観るようにムービーシーンを鑑賞できるのもメリット。背景や影、風になびく髪などが精細に表現されており、臨場感あふれる映像がゲームへの没入感を高めている点もおすすめです。

テイルズ オブ ヴェスペリア – バンダイナムコエンターテインメント

人気RPG「テイルズ オブ」シリーズに属するXbox 360ソフトです。当初はXbox 360とPS3用として発売されましたが、リマスター版はPS4・Xbox One・Nintendo Switch用なども販売されています。

ストーリーは、〈ブラスティア〉と呼ばれる魔動器の影響を受ける世界〈テルカ・リュミレース〉を舞台に展開。「正義を貫き通すRPG」という公称ジャンル名の通り、正義をテーマとしたストーリーが楽しめます。また、美しい映像で表現されるキャラクターの表情により、ストーリーに没入できるのも魅力です。

バトルシステムは、3Dフィールドを自由に動いて行う「FR-LMBD(フレックスレンジ・リニアモーションバトルシステム)」を採用。爽快感ある必殺技がアニメーションで展開される点もおすすめです。

ラストレムナント – スクウェア・エニックス

「ファイナルファンタジー」シリーズや「ドラゴンクエスト」シリーズなど、人気作品を多数製作しているスクウェア・エニックスのRPGです。一般的なRPGで馴染みのあるターン制システムを採用しているにかかわらず、集団戦を楽しめるのが魅力。大軍勢対大軍勢の迫力あるバトルが楽しめます。

舞台は、4つの種族が暮らす架空の世界。プレイヤーは主人公の青年ラッシュを操作し、連れ去られた妹のイリーナを取り戻すために冒険に出ます。バトルは、マップ上のモンスターに触れると戦闘が始まる「エンカウント方式」を採用。一緒に戦う仲間は、ストーリーを進めることで加わるキャラクターのほか、ギルドで雇っても加えられます。

映像が美しく、登場するキャラクターを精細に描いている点も特徴。ゲームグラフィックにこだわりたい方にもおすすめのXbox 360ソフトです。

クロスエッジ ダッシュ – コンパイルハート

2008年にPS3ソフト『クロスエッジ』として発表された後、2009年に新たな要素が追加されてXbox 360ソフト『クロスエッジ ダッシュ』として発売されたRPGです。強敵に勝利するとアイテムが入手できる「コロシアム」の設置や、新しいイベントCG、女性キャラクターに装備できる新フォームなどが追加されています。

カプコン・バンダイナムコエンターテインメント・ガスト・日本一ソフトウェア・アイディアファクトリーなどの人気ゲームから、キャラクターがゲスト参戦しているのが特徴。人気キャラクターを仲間に加えての戦闘が楽しめます。

バトルシステムは王道RPGらしいコマンドタイプなので、素早い操作が苦手な方にもおすすめ。マイペースで気軽にゲームをプレイしたい方にもぴったりのXbox 360ソフトです。

Xbox 360のおすすめソフト|アクション編

Too Human – マイクロソフト

独特な世界観で人気を集めるXbox 360ソフト。北欧神話の神々しさと、メカニカルなサイバーパンクを融合したような魅力的な世界を楽しめるのが特徴です。絶滅の危機に直面し、生き残ったわずかな人類の戦士たちは精神と肉体をインプラントで強化。プレイヤーは、神と呼ばれる存在になった戦士の1人「バルドル」を操作して機械の軍団と戦うアクションゲームです。

アクションRPGにジャンル分けされる本作は、爽快感あるアクションだけでなく、育成要素も搭載。経験値ベースのレベルアップに加えて、武器・防具のアップグレードやスキル取得などのやり込み要素が搭載されている点もおすすめです。

主人公の操作は、右スティックを倒すだけで近接攻撃が可能。銃器を使用した射撃には、Rボタンをトリガーとして使用します。銃器の種類はもちろん、発射できる弾頭も複数種類存在。バトルを行う敵やシーンに合わせて使い分けられるのも魅力です。

ソウルキャリバーV – バンダイナムコエンターテインメント

2012年に発売された、3D映像が美しいXbox 360ソフトです。前作の『ソウルキャリバーIV』から3年半ぶりに発売された人気対戦格闘ゲーム「ソウルキャリバー」シリーズに属する作品。シリーズで初めて「クリティカルゲージ」が導入されており、キャラクター固有の超必殺技を繰り出せる点が魅力です。

攻撃を回避しやすくなる「クイックムーブ」や、ガード時の硬直を軽減する「ジャストガード」など、対戦を有利に進める操作要素も満載。迫力のあるスピーディなアクションが楽しめます。

また、映画「ロード・オブ・ザ・リング」を手掛けたジョン・カーランダー氏や「ロマンシング サ・ガ」を担当した菊田裕樹氏が音楽面で参加しており、サウンドによってストーリーへの没入感を高められる点もおすすめです。

フロントミッション エボルヴ – スクウェア・エニックス

パソコン版やPS3版でも販売されている、アクションシューティングゲーム。シミュレーションRPGとして有名な「フロントミッション」シリーズに属する作品ですが、本製品は〈ヴァンツァー〉と呼ばれるロボットのパイロットが機体を操作するアクションゲームとして製作されています。

人型機動兵器の迫力あるアクション映像が楽しめるだけでなく、〈ヴァンツァー〉のカスタマイズを行える点も魅力。選択できるモードは、ストーリーに沿って進行するシングルキャンペーンと、複数のプレイヤーで対戦するマルチプレイの2種類が存在します。

また、シングルキャンペーンではイージーモードを選択できるのもポイント。アクションゲームが苦手な方にもおすすめです。

真・三國無双5 Empires – コーエー

爽快なアクションが人気の「真・三國無双」シリーズに属するXbox 360ソフトです。「無双」シリーズとして販売されているほかのゲームと同じく、簡単な操作でプレイできるのが特徴のアクションゲーム。プレイヤーは三国志に登場する武将を操作し、押し寄せる兵士や敵武将とのバトルを楽しめます。

登場キャラクターが豊富に用意されている点も魅力。エディットモードでは、オリジナルの武将も作成できます。男女それぞれに用意されている衣装やボイス、体型、顔の装飾パーツまで細かく選択可能。好みのキャラクターで戦闘できる点も魅力です。

また、2人での協力プレイに対応しているのもポイント。ソロプレイでマイペースに楽しみたい方はもちろん、友達や家族とゲームをしたい方にもおすすめです。

Xbox 360のおすすめソフト|シューティング編

コール オブ デューティ ブラックオプスII【CERO Z】 – スクウェア・エニックス

2010年に発売された『コール オブ デューティ ブラックオプス』の続編にあたるXbox 360ソフトです。本作は、FPS作品として高い人気を集める「コール オブ デューティ(CoD)」シリーズの9作目。ロボット兵器や戦闘機なども取り入れており、本格的な戦争シューティングゲームに仕上がっています。

シングルプレイは、1980年代の東西冷戦時代と2025年のレアアースをめぐるアメリカと中国の冷戦が舞台。ストーリーに沿ってプレイするシングルプレイだけでなく、オンラインマルチプレイも楽しめます。

また、多彩な重火器が登場する点も魅力。美麗なゲームグラフィックによって臨場感あふれる戦闘シーンの表現を実現しており、FPS好きな方はもちろん、ミリタリーファンの方にもおすすめです。

FRONTLINES FUEL OF WAR – THQジャパン

2008年にパソコン版とともに発売されたXbox 360ソフトです。2024年に枯渇した石油資源をめぐって起きた戦争が舞台のFPS。銃器だけでなく、ロケットランチャーやドローンなど、約60種類の兵器や車両が登場するのでミリタリーファンにもおすすめです。

近未来を舞台に描かれるリアルな世界観も魅力。ゲームへの没入感を重視する方にもぴったりの作品です。また、キャンペーン形式のシングルモードだけでなく、マルチプレイモードが搭載されているのもポイント。最大で50人のプレイヤーが参加でき、迫力ある戦闘が楽しめます。

シングルモードでは、連合軍第125師団の一員となって戦闘に参加。移動や射撃、リロードなどの基本的な操作は一般的なFPSと変わらず、比較的違和感なく操作が行えます。

アーミー オブ ツー – エレクトロニック・アーツ

民間の軍事会社に所属する傭兵コンビを操作するTPSのXbox 360ソフトです。米国陸軍レンジャーズにいた2人が民間軍事会社に雇われるところからストーリーが開始。ミッションをクリアするたびに報酬が得られ、武器の購入やカスタマイズも行えます。

1人でプレイする場合には、もう一方のキャラクターをコンピューターが動かす仕様。プレイヤーが2人いる場合には、画面分割による協力プレイが楽しめます。銃撃を行ったキャラクターは敵から狙われやすくなり、もう片方のキャラクターが発見されにくくなるのもポイント。敵からの注目度を上手くコントロールする、戦略的な楽しみも味わえます。

映像も美しく、迫力ある戦闘シーンが魅力。臨場感ある戦闘が楽しめるTPSを求める方にもおすすめです。

エースコンバット6 解放への戦火 – バンダイナムコエンターテインメント

フライトシューティングゲームとして知名度の高い「エースコンバット」シリーズの第8作目にあたるXbox 360ソフトです。主人公は、エストバキアに侵攻されるエメリアという国の戦闘機部隊〈ガルーダ隊〉に所属。エメリア・エストバキア戦争を舞台にストーリーが進行します。

プレイヤーは戦闘機を操作して敵と戦うだけでなく、僚機への攻撃および援護の指示が可能。味方勢力が総力を結集して援護攻撃を行う「支援要請」も利用できます。

戦闘機の操作では、急角度での旋回が可能になる「ハイGターン」や、移動している目標に対して、少し前を狙う「偏差射撃」などが利用可能。臨場感あふれるフライトバトルが楽しめる点もおすすめです。

Xbox 360のおすすめソフト|スポーツ・レース編

FIFA14 ワールドクラス サッカー – エレクトロニック・アーツ(Electrnic Arts)

Xbox 360ソフトとしてだけでなく、パソコン・PS4・PS3・PSP用などのソフトも販売されている人気のサッカーゲームです。ブンデスリーガをはじめとする、世界中のクラブチームを収録しているのが特徴。国際サッカー連盟「FIFA」の公式ライセンスを取得しており、多くの選手が実名で登場します。

シンプルにサッカーゲームで対戦ができるだけでなく、自分好みの選手を集めてクラブチームを作ることも可能。スカウトモードで選手を発掘したり、移籍によって有名選手を獲得したりと、所有チームを強くする楽しみも味わえます。

また、選手の動きが滑らかでナチュラルな点も魅力。シュートやパスを出す角度によってボールの軌道が変わるなど、リアルなサッカーファンでも納得できるようなグラフィックの美しさもポイントです。

Need for Speed The Run – エレクトロニック・アーツ

2011年にパソコン・PS3・Xbox 360・3DS・Wii向けに発売されたレースゲームです。西海岸のサンフランシスコから東海岸のニューヨークまで、全長約3000マイルの距離を競い合うストリートカーレースを楽しめます。市街地や砂漠地帯、雪山、高速道路など、さまざまなシチュエーションでレースができるXbox 360ソフトです。

プレイヤーは、実際に存在する車を使用してレースに参加。車好きな方にもおすすめの作品です。また、前作にはなかったストーリー要素が盛り込まれている点も魅力。警察車両とのチェイスや、車を乗り捨てて逃走するアクションなども楽しめます。

登場する人物には実在の俳優を採用。ゲームへの没入感が高いのも特徴です。

RIDGE RACER 6 – バンダイナムコエンターテインメント

1993年にアーケードゲームとして発表されて以来、シリーズを通して高人気を集めるレースゲーム「リッジレーサー」シリーズに属するXbox 360ソフトです。第7作目にあたる本作品は、前作『リッジレーサーV』から5年の期間を経て発売。HD出力やドルビーデジタル5.1chに対応しており、臨場感あふれるレースが体感できます。

選択できるモードは、レースイベントを1人でクリアしていく「World Xplorer」に加えて、最速タイムを目指す「Global Time Attack」、世界中のプレイヤーとXbox LIVEを通じて対戦する「Online Battle」など多彩。画面を上下に分割して、2人で対戦する「Multi Battle」モードも備えています。

左スティックや方向パッドでステアリング操作、AボタンとBボタンでアクセルとブレーキをコントロールする仕様。ミッションはATとMTを選択できるので、初心者から上級者まで楽しめる点もおすすめです。

ソニック フリーライダーズ – セガ

セガが製作するゲーム「ソニック」シリーズに属するXbox 360ソフトです。通常のコントローラーを使用しない「Xbox 360 Kinect」用に製作されているのが特徴。ホバーボードに乗った人気キャラクターのソニックやテイルスたちを操作して、簡単な操作でハイスピードな臨場感あふれるレースが楽しめる作品です。

画面の前に立って動くだけで、キャラクターをコントロールできるのが魅力。コントローラーでの操作が苦手な方にもおすすめです。CEROレーティングは「A」で全年齢を対応としているので、家族みんなでプレイできます。

オフラインでは最大4人でプレイが可能。オンラインプレイを利用すれば、最大8人で白熱したレースも体感できます。

Xbox 360のおすすめソフト|オープンワールド編

レッド・デッド・リデンプションII【CERO Z】 – ロックスター・ゲームス

2010年に発売されたオープンワールド型のXbox 360ソフトです。20世紀初頭の西部開拓時代の名残がある、近代アメリカが作品の舞台。プレイヤーは、主人公のジョン・マーストンを操作して、さまざまなミッションやイベントなどをクリアしていきます。

主人公の操作は第三者の視点から行われるので、TPS好きにもおすすめ。馬に乗っての移動やガンバトルなど、西部劇らしいアクションも満載です。プレイヤーは、広大なマップを自由に移動して、賞金首の捕獲や野生動物の狩りなどを楽しむことが可能。ストーリーを満喫するだけでなく、マイペースでゲームをプレイできる点も魅力です。

また、オンラインマルチプレイにも対応。ソロで楽しむだけでなく、複数人でプレイしたい場合にもぴったりのXbox 360ソフトです。

グランド・セフト・オートIV【CERO Z】 – ロックスター・ゲームス

自由度の高さで人気を集める、オープンワールド型のXbox 360ソフトです。「グランド・セフト・オート」シリーズとしては、第9作目にあたる作品。ニューヨークをモデルに作られたアメリカ東海岸の架空都市〈リバティーシティ〉を舞台にしているのが特徴です。

プレイヤーは、自分の暗い過去を捨ててやり直そうとするニコ・ベリックを操作。さまざまなミッションをクリアしながらストーリーを進める仕様です。また「グランド・セフト・オート」シリーズとしては、初めてマルチエンディングシステムが採用されている点も魅力です。

武器や車両の種類が豊富に用意されているほか、オンラインマルチプレイに対応しているのもポイント。長く楽しめるオープンワールドゲームを求めている場合にもおすすめです。

ジャストコーズ2 – スクウェア・エニックス

2010年に発売されたオープンワールド型のTPSアクションゲームです。広大なマップで、さまざまな組織から依頼される任務を遂行していくのが目的。シングルプレイのみの対応なので、マイペースで楽しめるXbox 360ソフトです。

本作は、独裁者が圧制を敷く島国が舞台。CIAに所属する主人公リコ・ロドリゲスが、任務をこなしながら元上官の行方を追うストーリーが展開されます。主人公の左腕の装着される「フック・ワイヤー」によって、特徴的なアクションを楽しめるのも魅力。徒歩では行けない場所への移動だけでなく、乗り物の奪取や近接武器としても利用できます。

また、多彩な重火器が登場するのもメリット。拳銃や散弾銃、自動小銃のほか、狙撃銃やランチャーなどが使用できる点もおすすめです。

Saints Row 2【CERO Z】 – THQジャパン

2006年に発売された「Saints Row」の続編にあたるXbox 360ソフトです。ストリートギャングの主人公を操作して、街の支配権を争うのが目的のゲーム。ストーリーは、アメリカの架空都市〈スティルウォーター〉を舞台に展開します。

ゲーム開始時に主人公の性別・人種・顔・体格を設定できるのがポイント。ゲームへの没入感を高められます。さまざまな組織から依頼されるミッションをクリアするほか、スティルウォーターに複数存在する住宅を購入したり、家具を購入したりと、自由に楽しめるのも魅力です。

マップ内には、飲食店・空港・大学・原子力発電所など、さまざまな建物が存在。実際の街で物語が展開されているような臨場感を味わえる点もおすすめです。

Xbox 360のおすすめソフト|シミュレーション編

ロックスミス – ユービーアイソフト

エレキギターやエレキベースとゲーム機を専用のケーブルで接続して、演奏が楽しめるXbox 360ソフトです。同梱されている「リアルトーンケーブル」でXbox 360に接続し、エレキギターをコントローラーとして使用できるのが特徴。「ゲームをプレイするうちにギターが弾けるようになる」というコンセプトで製作されています。

好みの曲を自由に演奏してバンドとのセッションが学べる「セッションモード」や、基本的な弾き方を知りたい場合に適した「ギターケード」など、多彩なモードが選択できる点も魅力。ギターとベースを接続して、2人で演奏できる「マルチプレイ」モードも選べます。

収録されている曲は50曲以上と豊富。洋楽だけでなく、日本の人気アーティストの曲が収録されている点もおすすめのXbox 360ソフトです。

ドリームクラブ ゼロ – ディースリー・パブリッシャー

2009年に発売された恋愛シミュレーションゲーム。森沢晴行によってデザインされた魅力的なキャラクターが登場します。主人公は、ピュアな心の持ち主のみが入店できる「DREAM C CLUB」の会員。店で働く「ホストガール」と恋愛をするのがプレイヤーの目的です。

ホストガールとは、店だけでなく店外デートも楽しめる仕様。デートのひとときをカメラで撮影したり、2人きりで温泉デートしたりと、さまざまなシチュエーションで恋愛を味わえるのがポイントです。

また、ホストガールが多数登場する点も魅力。好みのキャラクターとのコミュニケーションを体験できる点もおすすめです。

エンド ウォー – ユービーアイソフト

「レッド・オクトーバーを追え」や「ジャック・ライアン」シリーズなどで有名なアメリカの小説家トム・クランシーの作品をもとに製作されたXbox 360ソフトです。第三次世界大戦が舞台。自軍を統率して世界中で繰り広げられる戦場で勝利を収めるのがプレイヤーの目的です。

リアルタイムで進行する時間のなかで戦略を立てて行動する「リアルタイムストラテジー」を採用しているのが特徴。コントローラーの操作だけでなく、「ボイスコマンドシステム」によって、すべての指令を声で行えるのがポイントです。

また、マルチプレイに対応しているのも魅力。数百人のプレイヤーが参加し、激戦を繰り広げられる点もおすすめのXbox 360ソフトです。

Kinect Animals – マイクロソフト

身体の動きや音声で操作する「Xbox 360 Kinect」に対応したXbox 360ソフトです。かわいらしい動物たちと触れ合えるのが特徴。Xbox 360 Kinectを使用するソフトのなかでは比較的運動量が少なく、簡単にプレイしやすいシミュレーションゲームです。

トラやチーター、ブラックパンサーなどの動物と触れ合うことでポイントをためると、障害物レースなどのミニゲームがプレイ可能。30種類以上のミニゲームが収録されており、ジャンプしたり転がったり、かくれんぼしたりとさまざまなアクションが楽しめます。

また、CEROレーティングが「A」で全年齢が対象になっているため、家族でプレイできるXbox 360ソフトとしてもおすすめです。

Xbox 360のおすすめソフト|アドベンチャー編

BULLY – ベセスダ・ソフトワークス

アメリカではロックスター・ゲームス、日本ではベセスダ・ソフトワークスから販売されているXbox 360ソフト。ロックスター・ゲームスを代表するゲーム「グランド・セフト・オート」シリーズの学園版とも評されるアドベンチャーゲームです。

主人公は全寮制のブルワーズ・アカデミーに通う少年。個性的な人物が通う学園で、刺激的な生活を味わえるのが魅力です。ストーリーは、個々のミッションをクリアして進めていく仕様。学園や街中でNPCから依頼されるサブミッションも多数用意されています。

学園内にはいくつかのグループが存在。悪ガキ・インテリ・お坊ちゃまなど、さまざまなグループとの関係性を楽しめる点もおすすめです。

車輪の国、向日葵の少女 – 5pb.

2010年に5pb.によってパソコンゲームから移植されたXbox 360ソフトです。かわいらしいキャラクターが多数登場する、恋愛アドベンチャーゲームとして製作されているのが特徴。Xbox 360のほか、PS3やPSP版なども販売されています。

本作は、罪を犯した人間は懲役に代わって特別な任務が科せられる架空の国が舞台。物語は、主人公が犯罪者を更生指導する〈特別高等人〉の最終試験として、3人の少女の更生を指示されるところから始まります。ストーリーは、テキストを読み進めていくことで進行。プレイヤーが選ぶ選択肢に応じて、ストーリーが分岐する仕様です。

メッセージの表示速度が調節できるほか、スキップ機能も搭載。快適にゲームを進められる点もおすすめです。

ルートダブル Before Crime After Days – イエティ

2012年に発売されたXbox 360ソフト。2013年にはPS3版の『ルートダブル -Before Crime After Days- Xtend edition』、2017年にはiOS版の『ルートダブル -Before Crime After Days- Smart Edition』も販売されている人気のSFサスペンスアドベンチャーゲームです。

舞台は、事故が発生した巨大な研究施設。プレイヤーは、2人の主人公の視点を通して事故が発生した前後の物語を体感できます。ストーリーは、「Senses Sympathy System」と呼ばれる独自のシステムによって分岐する仕様。9人の登場人物のうちのだれに共感するかによって、展開するシナリオが変化していきます。

また、トゥルーエンド以外に多数のエンディングが存在するのも魅力。一度のプレイだけでなく、繰り返し楽しめる点もおすすめです。

シュタインズ・ゲート – 5pb.

「シュタゲ」の略称で親しまれるサウンドノベル形式のアドベンチャーゲームです。2009年にXbox 360ソフトとして発売された後、2011年にはPSPやiOS、2012年にはPS3、2018年にはPS4版も販売されています。

物語は、主人公の岡部倫太郎が、過去に電子メールを送れるタイムマシンを発明するところからスタート。タイムトラベラーを自称する男性「ジョン・タイター」、幻のレトロPC「IBM 5100」をモデルにしたIBN 5100、バタフライ効果など、いくつものタイムトラベルに関するキーワードが交差する科学的なストーリーを楽しめるのが魅力です。

また、一般的なアドベンチャーゲームのような選択肢ではなく、〈フォーントリガー〉と呼ばれる携帯電話を使用したシステムが採用されているのもポイント。送受信するメールや通話のタイミングによって、物語が分岐します。

Xbox 360のおすすめソフト|ホラー編

バイオハザード5 – カプコン

サバイバルホラーゲームとして高い人気を集める「バイオハザード」シリーズの第7弾にあたるXbox 360ソフトです。主人公は、対バイオテロ部隊BSAAのエージェントであるクリス・レッドフォード。アフリカ某国で生物兵器密売人の拘束作戦に参加することから、物語が始まります。

常時2人1組で行動する、協力プレイを楽しめるのが本作の魅力。パートナーに呼びかけるボイスアクション機能も搭載されており、協力してバイオハザードの世界を攻略していけます。グラフィックは美麗で、不気味かつ迫力のあるバイオハザードの世界を精細に表現。「恐怖」だけでなく、「絆」をテーマに製作されているのもポイントです。

RISE OF NIGHTMARES【CERO Z】 – セガ

2011年にセガから発売されたXbox 360ソフトです。「Xbox 360 Kinect」用に設計されており、プレイヤー本人のジェスチャーによって主人公をコントロールするのが特徴。ステージの移動はもちろん、敵との戦闘や梯子の昇り降り、アイテムを拾う動作まで、すべてプレイヤー自身が行う必要があります。

主人公の目的は、旅行中の列車内で突如発生した大量殺戮の場で、連れ去られた妻を探すこと。スピーディに展開する、先の読めないストーリーが魅力です。なお、本作のCEROレーティングは「Z」なので、18歳以上の方のみプレイが可能。リアルなバイオレンス表現が採用されており、ホラーゲームのドキドキを存分に味わいたい方におすすめです。

フィアー3【CERO Z】 – ワーナーブラザーズ

2009年に発売された『フィアー2』の続編にあたるXbox 360ソフトです。キャラクターの本人視点でゲームが展開。迫力ある映像をよりリアルに感じられるのが魅力のFPSです。

本作は、建物内だけでなく屋外など、さまざまなマップで敵を倒しながらストーリーを進めていくホラーゲーム。難易度の設定はニューフェイスからクレイジーまでの3段階から選択できるので、素早い操作が苦手な方からアクションゲーム上級者まで幅広く楽しめる仕様です。友達や家族と一緒にゲームができる、オフラインCo-opプレイにも対応しています。

映画監督のジョン・カーペンター氏が製作に携わっており、恐怖感をあおる演出が期待できるのもポイント。グラフィックもリアルで、臨場感あふれる恐怖が味わえます。

デッドライジング 2【CERO Z】 – カプコン

2006年に発売された『デッドライジング』の続編にあたるXbox 360ソフトです。アメリカコロラド州の地方都市「ウィラメッテ」で発生したゾンビブレイクが、アメリカ各地に広がった世界が舞台。プレイヤーの目的は、モトクロスの元チャンピオンであるチャック・グリーンを操作し、アウトブレイクの真犯人を見つけ出すことです。

作中には、多数のゾンビが登場。さまざまな武器を使用して、ゾンビを倒しながらストーリーを進めるのが特徴です。2人で協力しながらゲームを進行するCo-opプレイに対応しているのもポイント。友達や家族とも一緒に楽しめます。

また、作中に登場する人気テレビ番組「テラー・イズ・リアリティー」を独立して遊べるモードも搭載。オンラインで参加するほかのプレイヤーと、ゲーム本編でも使える賞金を掛けて競技が行える点もおすすめです。

Xbox 360ソフトのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

Xbox 360ソフトのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。