パソコンと接続してオーディオを楽しむのに便利なUSB-DAC。手軽に高音質を手に入れられます。ハイレゾ音源の普及に伴い、注目の機器です。幅広い価格で、特徴的な機種が多数発売されています。端子や機能がさまざまあり、迷ってしまいそうです。使用目的や予算などに応じて注目機種を一気に紹介、比較します。

おすすめUSB-DAC10選

TSdrena ハイレゾ対応 USB-DAC ヘッドフォンアンプ HAM-UDAA2

HAM-UDAA2

商品価格 ¥ 5,180

ハイレゾ対応USB-DACとして最もリーズナブルな機種のひとつとして、おすすめの機種。5千円程度の実売価格で、PCMで24ビット/96kHzまでのハイレゾに対応しています。機能も豊富なのも特徴です。アナログライン出力に加えて、ヘッドホン出力、デジタル出力も光、同軸の両方を備えます。

ライン出力は可変なので、プリアンプとしても使用可能。ヘッドホン出力はミニプラグに加えて、標準プラグも備えるので、大型ヘッドホンの使用も可能です。本体の真ん中に大きなボリュームを備えているのも目立ちますね。

他と比較してコスパの高さが圧倒的。総じて、初心者から愛好家向けのサブ機まで、幅広くおすすめできるUSB-DACです。なお、DSD信号には対応していません。

アムレック(Amulech) ハイレゾ音源対応 USB-DAC+ヘッドホンアンプ AL-9628D

AL-9628D

商品価格 ¥ 16,000

できるだけ安価に国内メーカー品のハイレゾ対応高性能USB-DACが欲しい方におすすめの機種。アムレックは一般への知名度は高くありませんが、オーディオ専門誌で高い評価を得ていたラステーム社の流れを汲む日本のメーカーです。安価であっても、他と比較して非常に音質がよいことに定評があります。

本機もこの価格にして、PCM32ビット/96KHz及び、DSD 2.8MHzまでのハイレゾUSB入力に対応します。固定アナログライン出力に、標準ヘッドホン端子を装備します。

同軸デジタル出力も持ち、外部デジタル機器と接続することもできます。色づけの少ない音質も魅力的。付属品の豊富さは、とくに初心者にやさしく、うれしいポイントです。なお、PCMの192KHzに対応しない点にご注意ください。

コルグ(KORG) Mobile 1bit USB DAコンバータ DS-DAC-100m

KORG_DS-DAC-100m

商品価格 ¥ 16,231

DSD音源を楽しむ機能が他機種と比較して充実している機種です。コルグは、早くからDSDデジタル方式の利点を見出し、DSD対応の録音機や再生機を、業務用、ポータブル機なども含めて多数展開しています。本機は、PCMで24ビット/192KHzまで、DSDは5.6MHzまでサポート。

そのうえで、USBバスパワーによるポータブル使用も可能な小型軽量ボディなのも特徴のUSB-DAC。アナログラインとミニプラグのヘッドホン出力がついています。

コルグのUSB-DACの魅力は、その付属ソフトにもあります。専用再生ソフトの「Audio Gate」は、元の音源を、より情報量の多い規格に再生成するアップコンバートを行えます。たとえば、CD音源も、24ビット/192KHz相当で再生することが可能。しかも、全ての音源のDSDへのリアルタイム変換再生機能も備えています。滑らかな音質を特徴としながらもまだまだ販売音源の少ないDSDを簡単に体験することが可能です。DSDに興味のある人に大いにおすすめします。

デノン(DENON) USB-DAC/ヘッドホンアンプ ハイレゾ音源対応 DA-300USB

DENON_DA-300USB

商品価格 ¥ 35,842

伝統メーカーの高度な技術と音を堪能したい方におすすめします。デノンは戦前から存在する日本を代表する、老舗オーディオメーカーです。CD時代以降も高度なデジタル技術によって、業界をリードしてきました。1993年にはCDのデジタルデータを元に、CDを遥かに上回る情報量で音楽を再現する「アルファ・プロセッシング(ALPHA Processing)」を開発。

現在では一般的になったデジタル信号のアップコンバートを世界に先駆けて実用化したものです。以降、デジタルプレーヤーの分野を世界的にリードしています。

本機にも「アルファ・プロセッシング」の最新バージョン「Advanced AL32 Processing」が搭載され、24ビットまでのハイレゾ音源をもさらに高い32ビットの情報量で再現します。アップコンバートによる音質が他と比較して高音質との定評は長いノウハウの賜物です。細やかさと力感を両立し、しっかりとした感触の音もデノンの伝統。

光、同軸のデジタル入力、固定アナログライン出力、標準ヘッドホン出力を装備します。

パイオニア(Pioneer) USB DAC ヘッドホンアンプ内蔵 ハイレゾ音源対応 U-05

Pioneer_U-05

商品価格 ¥ 76,800

ヘッドホンアンプ部の機能と性能が、他機と比較して優れている機種です。USB-DACの多くはヘッドホン出力を装備しています。一般的なヘッドホン端子は標準プラグか、ミニプラグです。現在、これらに加えて、バランス接続方式のヘッドホン製品も発売されるようになりました。より高音質でのヘッドホン再生が実現できる方式として注目されています。一方、対応する機器の少なさや、業界での規格の不統一も現状です。

パイオニアのU-05はUSB-DACでバランス接続方式のヘッドホンを楽しめる数少ない機器のひとつです。複数の規格が並列しているヘッドホン・バランス端子にも複数端子を用意して対応。通常のヘッドホンも使用可能です。また、パイオニアのオーディオメーカーとしての長年のノウハウを生かした、高度なデジタル信号処理技術を多数投入しているのも魅力。USB入力で32ビット/384kHzのPCM、DSDは5.6MHzまでサポートします。

2系統ずつの同軸/光デジタル、1系統のAES/EBU入力の豊富なデジタル入力、プリアンプ機能つきのアナログ出力を持つ多機能機でもあります。

ソニー(SONY) ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3

SONY_PHA-3

商品価格 ¥ 80,600

外出先での使用、また、ウォークマンとの連動をしたいのであれば、真っ先におすすめしたい機種です。ハイレゾのけん引役と言われるソニーもハイレゾ対応機を多数発売しています。USB-DACもいくつも製品化。ソニーの場合は、小型機やポータブル機に力を入れているのも特徴です。

本機はUSB-DACとして、32ビット/384kHzのPCM、DSDは5.6MHzまでサポートする十分なスペックを装備。そのうえで、話題の自社独自規格のヘッドホン・バランス接続に対応するヘッドホン出力端子を装備。さらに、バッテリーを内蔵し、ポータブル機として使用できます。また、ソニーの機器らしく、ウォークマン、さらにはハイレゾ出力対応のXperiaスマートフォンともUSBでデジタル接続できる多機能ぶりです。このソニーだけの機能が他との比較ポイント。

据え置き使用もできるポータブルヘッドホンアンプと言える便利機です。

ラックスマン(LUXMAN) USB D/Aコンバーター DA-250

LUXMAN_DA-250

商品価格 ¥ 156,800

DA-250は他機種と比較してプリアンプとして優れています。ラックスマンは日本を代表する老舗オーディオメーカーです。主に、プリメインアンプなどのアンプ類を得意にしてきました。一方で時代の動向にも敏感で、その姿勢が現在でも日本を代表するオーディオメーカーの地位を守っていると言えます。USB-DACにも2010年ごろから参入。多数の機種を発売し、いずれも高い評価を得ています。

本機は、ラックスマンによるUSB-DAC最新機。本機の大きな魅力は、プリアンプとしての能力の高さです。プリアンプの性能を左右するボリューム部分に、ラックスマン独自の電子制御アッテネーター・LECUAを投入。アナログ方式のボリュームにつきまとう左右の音量差や、ボリューム位置での音色差、経年劣化を防ぎます。

これはラックスマンがアンプ製品で開発した技術です。アンプ製品でのノウハウがあるからこそ、この価格で搭載できました。USB-DACとしては、32ビット/192kHzのPCM、DSDは5.6MHzまでサポート。同軸/光デジタル入力も装備します。ヘッドホン出力も装備。高性能と伝統の技術を感じさせる名機です。

コード(CHORD) HUGO

CHORD_hugo

商品価格 ¥ 228,144

他社と比較して、ポータブルと据え置きの両方で高度な音質を実現したUSB-DACとしておすすめの機種。英国のコード社は、高度なデジタル信号処理技術で世界的に有名なメーカー。DAC部に、汎用品と言われる社外の既製品を使わず、全て自社設計で組み上げていることでも知られています。その効果は絶大で、他社を寄せ付けない高精度なデジタル信号処理能力に裏づけられた、高精細な音質が大きな魅力です。

本機はバッテリー駆動が可能な、ポータブル対応のUSB-DAC。コードの据え置き機と同等の高音質を実現していることから、大変に高い評価を得ています。ポータブルと据え置きの両方を一台で、しかも高音質でまかないたい方におすすめです。同軸デジタル入力とヘッドホン出力も装備。

Astell&Kern ハイレゾプレーヤー AK380-256GB-MT

ak380

商品価格 ¥ 419,800

DAPとUSB-DACを一台でまかなうことができる機種としておすすめします。DAP兼用のUSB-DACとして、最高峰の機種。最近は家ではUSB-DAC、外ではポータブルオーディオプレーヤー(DAP)を利用して音楽を楽しむ方も増えています。一台で両方の機能をまかなえればよいのですが、まだそのような機種は増えていません。本機は、DAPとしても最高峰と言われる機種。加えて、32ビット/192kHzのPCM、DSDは5.6MHzまで対応するUSB-DAC機能も装備。

AK380は据え置き用機器と比較しても、高度な再生音であるとの高い評価を得ています。USB-DACとしても同様に高音質を実現しています。無線LANやBluetoothにも対応する多機能機なのも特筆ものです。

エソテリック(ESOTERIC) USB-DAC/ネットワークオーディオプレーヤー N-05

eson-05

商品価格 ¥ 594,000

価格を度外視してでも最高のUSB-DACが欲しい方におすすめです。エソテリックは日本を代表する高級オーディオ機器専門ブランド。とくにデジタルオーディオに関わる製品では世界的な評価を得ています。

N-05は、エソテリックのUSB-DAC最新機。USB入力で32ビット/384kHzのPCM、DSDは5.6MHzまで対応します。特許出願中という「34bitD/Aプロセッシング・アルゴリズム」が音質面で最大の特徴です。24ビットの1,024倍ものデータ量を持つ、34ビットでデジタル信号処理を行うアップコンバート機能を持ちます。この精度は国内では最高レベルで、世界的にも注目されます。

PCM音源のDSD変換再生機能も注目です。かつてないほどの細やかさで再現されるハイレゾ音源は圧巻。各種デジタル端子の豊富な入力に加え、ネットワークオーディオプレーヤーも装備します。幅広く、多機能に使いこなすことが可能です。

USB-DACの選び方・ポイント

必要な入力と出力を確認しましょう

Pioneer_U-05back

By: Amazon.co.jp

USB-DACはUSB入力を備えたDACです。USB入力と、アナログライン出力を備えていればUSB-DACと見なせます。一般的には、入力出力ともに、より幅広い機器と接続できるようにさまざまな端子を装備する機種が多数です。一般的なデジタル機器と接続可能になるデジタル入出力端子、ヘッドホンと接続可能なヘッドホン端子が挙げられます。

単体プリアンプとしても使用可能になるアナログ入力や、レコードのデジタル化に利用可能なフォノ入力を備える機種もあります。

このなかでは、ヘッドホン端子の有無がポイントです。最近は屋内でもヘッドホンで音楽を聴く方も増えていて、USB-DACもヘッドホン端子を装備するものが多くなっています。ヘッドホン端子には、小型のステレオミニプラグと、大型の標準プラグがあります。標準プラグタイプのヘッドホンをお持ちの方には、標準タイプのヘッドホン端子を装備したUSB-DACがおすすめです。

ハイレゾ対応機がおすすめです

highreso

By: Amazon.co.jp

CDを超える音域と情報量を備えるデジタル音源であるハイレゾ。インターネットでの配信が一般化し、ブームになっています。具体的には、CDのPCM方式で16ビット/44.1KHzの規格を超える音源のこと。USB-DACも含め、再生機もハイレゾに対応した機器の用意が必要です。

現在のハイレゾ音源の普及状況からすると、PCMで24ビット/96KHz、DSDで2.8MHz以上の能力があれば必要十分と言えます。現実には最近の大手メーカー製USB-DACではPCMで24ビット/192KHz、DSDで5.6MHz以上の能力を備えているものが一般的です。

少し以前の製品か低価格品では、PCMで24ビット/96kHzまで対応の製品が多くなります。自分が96KHzまででよいのか、192KHz以上が必要なのかを見極めるのがポイントです。

プリアンプとして使用可能だと便利です

mara_HD-DAC1

By: Amazon.co.jp

USB-DACの装備するアナログライン出力。これは機器によって、ボリューム操作が可能か否かが違います。USB-DACと組み合わせて使われることの多い、アンプ内蔵型のスピーカーであるアクティブスピーカー。アクティブスピーカーは本体でボリューム操作できない機種もあります。

その場合、ボリューム操作はUSB-DAC側で行うことになります。また、アクティブスピーカーにボリュームが装備されていても、操作が背面になったり、左右別々の場合など、面倒な場合も。

こうした点から、とくにアクティブスピーカーと組み合わせてUSB-DACを使用する時は、ボリューム操作が可能なアナログライン出力の機種を選ぶことがおすすめです。

据え置きかポータブルかの選択

SONY_PHA-3.2

USB-DACはバスパワーで動作するものもあります。その場合、モバイルパソコンと使用することで、アウトドアでも利用することも可能です。実際にその用途に適した設計のUSB-DACも多数存在します。一方、自宅での据え置き環境でのみ使用する場合は、あえてポータブル可能な機種を選ぶ必要はなさそうです。

ですが、自宅内でも複数のパソコンやポータブル端末とUSB-DACとを場所を移動して使用する場合は、ポータブル対応の小型機が使いやすい面もあります。ポータブル機は、入出力端子が少ない傾向があることも考慮して、利用目的に応じて選択しましょう。