iRobot社から発売されたルンバをはじめ、2000年代後半からロボット掃除機が有名になってきましたね。現在では、東芝やパナソニックといった日本メーカーをはじめ、ダイソンのような世界各国の様々なロボット掃除機を開発・商品化しています。

今回は、ロボット掃除機の選び方と、2016年現在の人気のおすすめロボット掃除機を比較します! 新たにロボット掃除機を購入してみたい! あるいは、買い換えを検討している! という方、必見です。

2016年人気のおすすめロボット掃除機比較

アイロボット(iROBOT) ロボットクリーナー ルンバ980 ダスク R980060

41TLJ03fj7L

商品価格 ¥ 112,764

ロボット掃除機といえばやはりこの「ルンバ」というイメージをお持ちの方も多いかと思います。そのルンバシリーズの中でも、最高峰のスペックをもつこのルンバ980は、下位機種の800シリーズ、700シリーズと比較すると吸引力は5倍、バッテリー寿命も1.5倍と、ルンバ史上最高の清掃力を誇るというモデルです。

また、スマートフォンとの連携機能も搭載しており、「iRobot HOMEアプリ」を使えば、外出からも遠隔操作することができます。毛が絡まりにくいAeroForceエクストラクターは、犬や猫の抜け毛にももちろん対応。

ボタン1つで、部屋の隅々まで自動的にお掃除してくれるルンバを、ぜひあなたも買って、いや飼ってみてはいかがでしょうか? 毎日かわいくお掃除を頑張ってくれること間違いなしです。

アイロボット(iROBOT) ロボット掃除機アイロボット Roomba885 ルンバ885

41iJT5qc4xL

商品価格 ¥ 70,000

「ルンバ」がほしい! でも10万円をこえてしまうのか...。とお悩みの方に朗報です! 最上位機種から通信機能を省いたモデル、ルンバ885をご紹介します。もちろん、高速応答プロセスのiAdaptやAeroForceクリーニングシステムといった、最上位機種に搭載されている機能はそのままに、スマートフォン連携等を省くことで価格を抑えました。

10ヶ月後メンテナンスサービスを無料付帯。該当機種を購入後、ユーザー登録をすれば、10ヶ月後にiRobot社による特別メンテナンスを受けることができますよ! 最適なメンテナンスによってルンバをベストコンディションに保ち、末永く使い続けることができます。

家の外からの操作を考えないのであれば、その性能には十分満足できるといえますね。

アイロボット(iROBOT) ロボットクリーナー ルンバ654 チャコール R654060

31yzZij1SNL

商品価格 ¥ 51,350

「どうしても『ルンバ』がほしい! でも、900シリーズまでは予算が...」という方におすすめのエントリーモデル、600シリーズのご紹介です。

エントリーモデルとはいえ、毎秒60回以上の判断を下すルンバの人工知能は、40以上もの行動パターンから、あなたのお部屋の広さや形状、汚れ具合にあわせた適切な動作を選択するようにプログラムされています。さらに、床に敷いたラグや敷居などの段差は簡単に乗り越え、玄関など段差のある場所では、本体が落下しないように回避行動を取るようになっています。

自分からホームベースに戻って充電を開始しますので、バッテリー切れで掃除が中断してしまうこともありません!さすがは「ルンバ」! と思えるほどの高機能ぶりで、あなたのお部屋を徹底的に掃除してくれます。

シャープ(SHARP) COCOROBO RX-V95A-N

41DPircXdFL

商品価格 ¥ 64,870

シャープが開発・発売しているこのココロボの特徴は、やはり掃除機と会話ができるという点でしょう。最近は会話ができる家電が増えてきていますが、ココロボの場合、「キレイにして! 」と話しかければ掃除を開始してくれます。いちいちしゃがんで本体のスタートボタンを押す必要はありません!
他にも、シャープならではの手の行き届いた機能として、このココロボは部屋の隅に行くと自動的に吸引力を高めてくれます。部屋の隅ではどうしても空気の流れが悪く、掃除機本体も入りにくいためにゴミの取り残しが多くなってしまいがちですが、強い吸引力でゴミを一気に吸い取ってくれますよ!

シャープ(SHARP) COCOROBO RX-V200-N

41fPZ1UlkBL

商品価格 ¥ 68,403

最近はオール電化住宅が多くなっていますね。オール電化住宅では、給湯システムを効率よく稼働させるために深夜電力が安く使えるプランを契約している場合が多いようです。

このココロボは、電気料金が安くなる深夜時間帯に自動的に充電してくれますので、ランニングコストを安く抑えることができます。また、インターネットに接続することができ、本体に搭載されたカメラを通じて、外出先からお部屋の様子をすぐに確認することができ、防犯グッズとしても有能な働きぶりを見せてくれます。本体に内蔵された赤外線センサーを利用することで、インターネット経由で家中の他の家電を操作することも。

ダストボックスもフィルターも丸ごと水洗いが可能で、メンテナンス性もばっちりです! ただのロボット掃除機でなく、いろいろな機能を持っているこの製品は、一度検討してみることをおすすめします。

シー・シー・ピー(CCP) LAQULITO CZ-C04-WH

41G-0VoVUfL

商品価格 ¥ 12,603

CCPが誇るこのロボット掃除機「LAQULITO」は、なんといっても段違いの価格が光ります。低価格ながらも、段差を検知し本体の落下を防止する段差検知センサーや、専用モップを取り付けることでフローリングの汚れを拭き取ることができる拭き掃除機能もついており、その掃除機能には満足できるでしょう。

また、ロボット掃除機ではめずしい縦置き充電タイプとすることで、収納時の省スペース化が図られています。
走行範囲を制限したり、タイマー機能などはありませんが、試しにロボット掃除機を購入してみたい、ロボット掃除機を購入してみたいけれど、予算が...とお悩みの方に、ぜひおすすめの商品です。

東芝(TOSHIBA) TORNEO ROBO VC-RV2-W

31x2CPs2mTL

商品価格 ¥ 62,449

他メーカーの機種と比較しても、長めのブラシをもつこの「トルネオ ロボ」は、2016年2月に発売されたばかりのニューモデルです。長めのブラシをもつことで、掃除機が入りにくい部屋の隅や、家具と床の隙間なども上手に掃除することができるんです。

また、ダストカップやフィルター、ブラシは水洗いすることができ、いつまでも清潔に使い続けることができます。もちろん、本体自動充電機能やタイマー予約機能も搭載されていますので、部屋の掃除はすべて任せることができますよ。

別売りのバーチャルガードを利用すれば、ごちゃごちゃと片付いていない場所や掃除をさせたくない場所へ、ロボット掃除機の侵入を防止することができます。

東芝(TOSHIBA) TORNEO ROBO VC-RVS2-W

41lHVK6JsPL

商品価格 ¥ 80,573

「トルネオロボ」の最上位モデルであるこのVC-RVS2には、他の機種で搭載されている機能はもちろん、特殊機能として自動ゴミ捨て機能が搭載されています。

ロボット掃除機を利用するにあたっては、掃除終了後のゴミ捨てをほぼ毎日、少なくとも週に1度以上は必ず行わなくてはなりません。しかし、このVC-RVS2は掃除が完了すると、自動的にダストステーションへと戻り、ロボット掃除機本体にたまったゴミが自動的にダストステーションへと吸引されます。

ダストステーションはサイクロン掃除機のような構造となっており、ゴミを遠心分離することでゴミの容量を圧縮。こうすることで、約1ヶ月間ゴミ捨てをする必要がまったくありません。もちろん、ダストステーションは水洗いが可能ですので、お手入れも簡単!もちろん、この機種も長めのブラシを持っており、高い掃除能力を持っています。

パナソニック(Panasonic) RULO MC-RS200-W

51KXtRj8ySL

商品価格 ¥ 76,110

三角形の形状をもつボディは、部屋の角部分までしっかりとブラシをいれてゴミを掻き出すことが出来るようになっています。また、壁際を自動的に検知することでゴミがたまりやすい部分を重点的に掃除してくれます。本体に搭載された床面検知センサーは、掃除する床面の素材や状態を見分け、ブラシの回転数や吸引パワーを自動的に制御してくれるのです。

特に絨毯では、一回転しながら走行することで、いわゆる「十字がけ」と同等の効果を発揮します! 重点的に掃除したい場所をメモリーに登録することで、指定したエリアから掃除を始めることができます。

掃除したいお部屋が、フローリングや絨毯など様々な素材で出来ているという方におすすめの商品です。

ダイソン(dyson) 360 Eye RB01NB

41lXgb7KaCL

商品価格 ¥ 119,706

「吸引力の変わらないただ1つの掃除機」あのCMを、みなさんも1度は見たことがあるのではないでしょうか。ダイソン独自の技術はロボット掃除機にも搭載されていますよ! 8個のサイクロンを搭載しており風量を増幅させ、強い遠心力を発生させるような緻密設計により、強い吸引力を生み出しています。

独自の360°ビジョンシステムにて規則正しく動き、まるで戦車のようなベルト駆動式転輪によってパワフルな機動力を実現しました。このベルト駆動式転輪は、通常のタイヤでは入り込みにくいような場所でも進むことができるというメリットがありますよ。

もちろん自動充電機能も付いていて、さらにインターネットに接続する事で、スマホから操作できます。外出先からお掃除設定をすることが可能です。まさにオールインワンのロボット掃除機。価格は少し高いですが、実績は折り紙付きです。

モニュエル(MONEUAL JAPAN) ロボットクリーナー クレモン MR7780J-R

411+9q3a5LL

商品価格 ¥ 31,500

モニュエルが販売しているロボットクリーナー「クレモン」は、3万円台と圧倒的な低価格が魅力です。また、低価格ながら、自動マッピング機能や衝突回避機能を持っているため、省エネで効率的な掃除が可能です。

ブラシレスDCモーターを搭載したこのロボット掃除機は、通常のDCモーターを搭載する他メーカー他機種に比べて、ブラシの接触による摩耗や音を気にする必要がなく、動作音が静かに抑えられています。

ブラシとはモーターの構成部品である整流子、つまり、電流の流れを制御する部品のことで、これは経年劣化による摩耗によって定期的に交換修理が必要な部品の1つです。しかしながら、ロボット掃除機の消耗部品としてのモーターは個人での交換は不可能で、メーカー修理が必要になってしまいます。

修理費用も高額なので、モーターの寿命=ロボット掃除機の寿命と考えることができますね。つまり、ブラシレスDCモーターをもつこの商品はロングライフで経済的! 掃除させたい場所が広く、稼働時間が多くなりそうという方にぜひおすすめの商品です。

ツカモトエイム(Tsukamoto-Aim) ecomo robo AIM-RC01-CG

51ABe6mlo1L

商品価格 ¥ 15,150

4色のポップの本体カラーから気に入った1台を選ぶことの出来るこの商品は、圧倒的な低価格が魅力! コンパクトな機種で、隅々まできちんと掃除してくれます。部屋の大きさに合わせて掃除時間を30分、もしくは60分と選択できます。

毎日充放電を繰り返すロボット掃除機では、その期間にばらつきはあれ、どうしてもバッテリー自体が消耗してしまいます。消耗品であるバッテリーを気軽に交換することができるのはうれしいですね。

ルンバなどの上位機種までは予算がちょっと...という方へも、小さめのお部屋であれば遜色のない掃除性能を発揮してくれます。外出中にお掃除を任せる相棒として、ご検討ください。

シー・シー・ピー(CCP) mofa ZZ-MR2-BE

41y0UbxsERL

商品価格 ¥ 6,237

1万円を切る価格のこの機種は、モップがけに特化したロボット掃除機です。フローリングがメインのご家庭におすすめです。掃除機による定期的な掃除は自分で行うが、毎日のモップがけとなるとどうしても面倒ですよね。こちらの掃除機は、そんな面倒なモップがけだけを機械に任せることができるのです。

しっかり掃除をするときには自分の手で! でも、毎日のちょっとしたお掃除はロボットに任せたいという方、ぜひご検討ください!

ロボット掃除機の選び方

人気メーカー・商品から選ぶ

51aB0OQ4pvL

「ロボット掃除機といえばルンバ!」などの強いイメージがあるという方もいるのではないでしょうか。人気メーカーの製品には実績と実力があり、製品を選ぶ際には考慮に入れましょう。価格重視などのために人気メーカーを選ばないとしても、そのスペックを参考にして選ぶことは重要です。

家庭用ロボット掃除機を日本にもたらしたiRobot社のルンバはやはり定評があり、2013年時点でのデーターでは国内市場の約70%を占めていました。現在は、各社の製品開発・販売競争も激しくなっていますのでシェアは少し下がってしまっていますが、それでも大多数の方が選んでいるのが「ルンバ」です。

他にも、安心と信頼を重視! ということで、日本メーカーの中で早位段階でロボット掃除機の商品開発・販売を行ってきた東芝のロボット掃除機「トルネオ」や「スマーボ」、CCPの「ラクリート」などを選びたいという方も多いでしょう。

ロボット掃除機は高価な物が多いので、購入後も安心・納得できるかどうか、という点も選ぶ際には重要であるといえます。それだけに、有名なメーカーや商品を選ぶという選択も大いにありです。

価格帯・機能から選ぶ

81C6jkMYkCL._SL1500_

By: amazon.co.jp

一般に、高機能なロボット掃除機を選ぶ場合にはどうしても多くの出費が必要になってしまいます。具体的には「人工知能搭載」といったモデルは購入価格にしておおよそ3~8万円程度と、よく考えて購入しなければならない価格帯になっています。

しかしながら、人工知能搭載ではないモデル、つまり「壁に衝突するとランダムに向きを変える」というタイプのものは1万円を下回る価格でも入手できます。

部屋の掃除能力を比較したときには、人工知能搭載モデルの方が、格段に掃除能力が高いといえます。ランダムに方向転換するモデルでは、部屋の形状を記憶することがないため、どこを掃除したのか、どこが掃除されていないのかを掃除機が認識していないため、掃除のできていない場所がどうしても多くなってしまう傾向にあります。

また、ロボット掃除機本体の保護という観点からも、高機能モデルを選択した方がよいといえます。日本の住宅は、比較的段差が多くできています。特に、ほぼすべてのご家庭で、玄関には必ず段差があるといってよいでしょう。段差検知センサーが搭載されているモデルでは、掃除機本体の段差からの落下を防ぐことができますが、このセンサーが搭載されていないモデルでは、段差を検知できず、最悪の場合は落下によって故障してしまうことが考えられます。

このように、掃除の効率や、段差をはじめとする間取りの影響をできる限り減らすためには、「人工知能搭載モデル」を選択する方がよいでしょう。しかしながら、家の中の1部の部屋だけを掃除させたい、あるいは狭く、障害物がないような場所を掃除させたいという方であれば、安価なものを選んでもよいといえます。

型落ちなどによって、高機能なモデルが安価に販売されていることもあるため、ロボット掃除機の価格のみから、その機能を判別することは難しいです。気になる製品を見つけたら、必ずカタログや商品ページなどで、機能について調べておくことをおすすめします。

掃除方式によって選ぶ

61u2Y8HDXIL._SL1002_

一般に、高機能モデルと呼ばれるロボット掃除機にも、2つの経路決定方式があります。ランダムナビゲーション型とシステムナビゲーション型です。これら2つの方式について簡単にご説明しましょう。

ランダムナビゲーション型は、その名の通り、ランダムな動きで掃除経路を決定して動作します。といっても、完全にランダムというわけではなく、ある程度あらかじめ設定された行動パターンがあり、その中から適切であると思われる行動パターンをロボット掃除機が自動選択するというものです。

ランダムナビゲーション型では、掃除機本体が適切な行動パターンを選択する能力がどの程度あるのかによって、その製品の価値が決まるといえます。たとえば、「壁に衝突した場合には右に90° 回転するという行動パターンしか選択できない場合は、部屋の隅しか清掃できないことになり、これでは掃除機としての役目は期待できないでしょう。

さらに、自動的に充電基地に戻るようにプログラムされている場合、不在時に掃除を完全にロボット掃除機に任せることができます。比較的広い部屋では、掃除中に電池切れとなってしまう場合もあり、充電基地に自動的に戻ることが出来ない場合はそこで掃除終了となってしまうため、「家に帰ってくると掃除が不十分だった」という事態が起こってしまう場合があるからです。

システムナビゲーション型は、搭載されたコンピューターが部屋のおおまかな地図と、掃除機の現在地を記憶し、同じ場所を出来るだけ複数回通過しないよう、また通らない場所がないように経路を設定します。この方式では、効率よく、すばやく部屋の掃除を行う事ができ、ランダムナビゲーション型よりも広い面積対応することができるのです。家の中の玄関意外の扉をすべて開けておけば、段差がや掃除機が通れない場所がない限りすべての区域の掃除を自動的に行う事ができます。

しかしながら、システムナビゲーション型はその動作方式から、非常に高性能なコンピューターを搭載しなければなりません。したがって、どうしても生産コストや販売価格が高くなってしまいがちです。

ロボット掃除機の形で選ぶ

41qQiYIk45L
「ルンバを飼う」というフレーズが一時期流行っていましたが、見た目のかわいさで選ぶという視点も大切であるといえるでしょう。かわいい、気に入った掃除機が件名に部屋を掃除している姿にうっとり・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしながら、ロボット掃除機の形にはもっと重要なことがあります。それは、部屋の隅やすき間に入れるかどうか、です。ロボット掃除機は、基本的に部屋の隅の直角になっている部分や、障害物がある場所の掃除を苦手としています。

机の脚の下に潜り込むことができるだけの薄さがあるかどうか、あるいは、部屋の隅を掃除することができるだけの長さのブラシをもっているかは、必ず検討しなければなりません。特に、部屋の隅が90° よりも鋭角になっている場合、そこにはロボット掃除機本体が侵入できないと考えてよいでしょう。

ロボット掃除機本体の形状は、意外にも掃除性能に直結する重大な要素といえます。特に、搭載しているブラシの長さは確認しておかなければなりません。

メンテナンスのしやすさで選ぶ

51a0b45f5d92c7ded0f02f564b7dcc2a_s
ロボット掃除機は、毎日あなたの部屋のゴミを吸い取ります。つまり、そのタンクには毎日ゴミが蓄積してゆくのです。したがって、ゴミを簡単に捨てることができるかという点を確認しなければなりません。

また、パーツを水洗いすることができると、掃除機本体を清潔に、また長く使う事ができます。モーター付近に詰まってしまう細かなホコリを簡単に取り除くことができるか、あるいは万が一カビなどが発生したときに簡単に処理することができるかは、非常に大切なポイントです。