保湿クリームよりも軽いつけ心地ながら、化粧水や美容液で肌に与えたうるおいを保つ効果が期待できる「乳液」。洗顔後すぐに使うことで肌をやわらかく整える先行乳液タイプも展開されており、好みや用途に合わせて使い分けるのがおすすめです。

今回はおすすめの乳液を部門別にご紹介。ドラッグストアなどで買えるものから、プチプラ・デパコス・メンズ向けまでさまざまな製品をピックアップしたので、参考にしてみてください。

※1 本記事における「美白」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことを指します。
※2 本記事における「エイジングケア」とは、年齢に応じたスキンケアを行うことを指します。

乳液とは?

乳液の役割とスキンケア効果

By: amazon.co.jp

乳液とは、肌に水分と油分をバランスよく与える役割を持つスキンケアアイテムのこと。油分を含んでいるため、うるおいのキープもできるほか、乾燥によってゴワついた肌をやわらげる効果も期待できます。

乳液は、化粧水や美容液などの、水分・美容成分を多く含むアイテムを肌になじませた後に使うのが一般的。しかし、なかには先行乳液という、洗顔後すぐの肌に使用することで角質層をやわらげ、次に使うスキンケアアイテムの肌なじみをよくするアイテムもあります。推奨されている使用方法をあらかじめチェックしておきましょう。

乳液とクリームの違い

By: amazon.co.jp

乳液やクリームは、肌の表面にうるおいの膜を張り、乾燥から守ったりうるおいをキープしたりするために使うアイテム。どちらもスキンケア工程の最後に使うアイテムですが、成分の配合バランスが異なるので、好みや肌の状態に合わせて使い分けるのがおすすめです。

一般的に乳液は、水分と保湿成分のほか、エモリエント成分と呼ばれる皮膚から水分が蒸散するのを防ぐ油溶性成分が、バランスよく含まれているタイプ。クリームは、水分と保湿成分よりも、エモリエント成分を多く含んでいるものが多い傾向にあります。

そのため、しっかりと日中の水分蒸散を防ぎたい方にはクリームが、水分の蒸発を防ぐだけでなく、水分と保湿成分も効率的に補いたい方には乳液がぴったり。特に乾燥が気になる肌質の方や秋冬の季節には、乳液とクリームの両方を併用するのもおすすめです。

乳液を使うとニキビができやすい?

ニキビは肌に残った油分をエサにして繁殖するアクネ菌が原因になってできるので、乳液を使うとニキビができやすくなるという迷信が古くからあります。しかし、実際には、乳液がニキビの原因になったり悪化の要因になったりすることはほとんどありません。

ニキビができる原因のひとつとして、肌に合わないアイテムを使うことによる刺激が挙げられます。肌に合わないと感じた場合は、すぐに使用を中止するなどといった対応が必要です。

また、古い角質が溜まった肌に、皮脂が過剰に分泌されてアクネ菌が繁殖することでも、ニキビができるといわれています。肌が乾燥するとターンオーバーの乱れにより古い角質が溜まりがちになるため、毎日乳液を使ってしっかりと保湿ケアをしたほうが、肌をすこやかに保てます。

乳液の選び方

肌の悩みに応じて選ぶ

シミやそばかす予防をしたい方は美白有効成分配合の薬用乳液がおすすめ

By: cledepeau-beaute.com

シミやそばかすを予防したい方は、美白有効成分を含んでいる薬用乳液を選んで使ってみてください。メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを防ぐ効果が期待できるため、シミ・そばかすを予防したい方の美肌づくりに役立ちます。

乳液に含まれることが多い美白有効成分は、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、アラントインなど。美白有効成分と一口にいってもさまざまな種類があるので、自分の肌に合った美白有効成分を含む薬用乳液を使うのがおすすめです。

ニキビや肌荒れを防ぐ有効成分配合の薬用乳液がおすすめ

By: carte-beauty.com

ニキビや肌荒れを防ぎたい方には、抗炎症成分や肌荒れ防止成分を有効成分として含む薬用乳液がおすすめです。肌荒れ・ニキビを予防して、すこやかな肌を保ちます。

抗炎症成分や肌荒れ防止成分として含まれることが多い成分は、グリチルリチン酸ジカリウムやトラネキサム酸など。また、ニキビのもとになりにくい処方を採用している、ノンコメドジェニックテスト済み(※3)の乳液も、ニキビができやすい方に適しています。

(※3)すべての方にニキビができないわけではありません。

肌の乾燥が気になる方は高保湿タイプの乳液がおすすめ

By: amazon.co.jp

肌の乾燥が気になる方は、高い保湿力を有する成分を配合した高保湿タイプの乳液を選んでみてください。セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などといった主流の保湿成分を含んだ乳液は、ドラッグストアなどの身近な店でも購入でき、価格も安いためリピート買いしやすいのがうれしいポイントです。

また、より効率的に保湿ケアをしたい場合には、ヘパリン類似物質などの有効成分を含む薬用乳液がおすすめ。乾燥によって荒れがちになった肌をしっとりとうるおし、すこやかな状態を保ちます。

肌質に合わせて選ぶ

乾燥肌

By: innisfree.jp

乾燥肌とは、肌のうるおいを保つために必要な水分と油分のどちらも不足している状態の肌質のこと。水と油分が少なくなることで肌がカサついたりゴワついたりします。乾燥肌タイプの方には、保湿成分や肌をやわらげる成分や、エモリエント成分を豊富に含む乳液でお手入れするのがおすすめです。

乳液は、水溶性・油溶性の保湿成分と、皮膚からうるおいが蒸散するのを防ぐエモリエント成分が、バランスよく入っているのが特徴。乾燥肌の保湿にぴったりのアイテムです。

敏感肌

肌のバリア機能が低下しており、乾燥しやすく刺激を受けやすい状態になっているのが敏感肌。スキンケア化粧品に含まれる、なんらかの成分を刺激に感じることが多く、スキンケアアイテム選びに悩む方もたくさんいる肌質です。

敏感肌タイプの方は、肌に負担が少ない低刺激処方の乳液を選んで使いましょう。なかには、敏感肌の方のパッチテスト済み(※4)アイテムも展開されています。また、敏感肌と一口にいっても、どの成分を刺激に感じるかは人それぞれ。自分が刺激を感じやすい成分が何なのかを把握しておくと、アイテム選びに役立ちます。

(※4)どんな方にも刺激が起こらないというわけではありません。

脂性肌

肌の水分量と油分量がともに多い状態なのが脂性肌。皮脂が多く分泌されることにより、ベタつきやテカリを感じやすいほか、毛穴の開きやニキビなどの悩みも生まれやすいのが脂性肌の特徴です。

脂性肌タイプの方の保湿にも、乳液はおすすめ。保湿クリームに比べて油分の配合量が少なく、皮膚から水分が蒸発するのを抑えるエモリエント成分は、水分・油分と同程度入っています。配合されている油分によるベタつきやテカリを軽減しながら、肌のうるおいを効率的にキープできるのが魅力です。

また、ニキビができやすい脂性肌の方には、ノンコメドジェニックテスト済みのアイテムがぴったり。すべての方にニキビができにくくなるわけではありませんが、ニキビの原因となるコメドができにくい処方でつくられているため、ニキビを繰り返しやすい方におすすめです。

混合肌

By: amazon.co.jp

顔の部位によって肌質が異なるのが混合肌タイプ。頬や顎などの皮脂腺が少ない部位は乾燥しやすく、おでこや鼻周りなどの皮脂腺が多い部位は、テカリやベタつきが出やすいのが特徴です。

混合肌の方は、テクスチャーに軽さがあり、ベタつきにくいのにしっとりとした肌に整えられる乳液がおすすめ。バランスよく保湿ができるため、朝の忙しいメイク前の保湿にも適しています。

普通肌

By: amazon.co.jp

普通肌タイプの方は、肌の水分量と油分量のバランスがよく、肌トラブルも起きにくい肌質。どんなスキンケアでも刺激を感じにくいので、好みのテクスチャーのものや使用感のものを選んで使うのがおすすめです。

ただし、普通肌の方は、季節の変化により肌が乾燥しやすくなったり、皮脂が分泌されやすくなったりするため要注意。春夏にはさっぱり系の乳液、秋冬にはしっとり系の乳液を選んで使ってみてください。

年代に合わせて選ぶ

20代

20代は、前半と後半で肌質が変わることが多い世代。前半期には皮脂分泌が盛んにおこなわれるため、皮脂の過剰分泌によるニキビやテカリ、毛穴の詰まりなどの悩みを抱えやすい方が多くいます。反対に後半期に入ると、皮脂の分泌量が減って乾燥しやすくなるのが特徴。乾燥による肌荒れや大人ニキビも増えていきます。

20代では日々変わっていく肌質に合わせて、適した乳液を選んでお手入れしてみてください。前半期はみずみずしい使い心地のものや、皮脂吸着パウダー入りのもの、ベタつきにくい使い心地の乳液がおすすめです。

後半期は、乾燥しやすくなるため、保湿効果の高い成分を配合している乳液がぴったり。乾燥による肌荒れが気になり始めたら、肌荒れを防ぐ有効成分が含まれている乳液を選ぶなど、そのときどきの悩みに合ったアイテムの使い分けをするのが、美肌を保つ秘訣です。

30代

By: decorte.com

30代からはより乾燥が進み、肌のハリ不足や乾燥による毛穴の目立ち、キメの粗さが気になりやすくなります。水分も油分も減少しやすくなるため、しっかりと保湿ができる乳液を選ぶことが大切。年齢に応じたエイジングケアができるタイプの乳液が特におすすめです。

また、乾燥により肌にゴワつきが出やすくなるのも、30代ごろから。化粧水前に使うことで肌をやわらかく整え、スキンケアアイテムの肌なじみをよくする先行乳液・導入乳液などを取り入れるのもおすすめです。

40代・50代

By: amazon.co.jp

40代以降の肌は、年齢を重ねてさらに乾燥が進行するだけでなく、ホルモンバランスが変化することで肌質がまた大きく変わります。シミやシワなどの悩みは、できてしまうとスキンケアでは改善ができないので、予防に有効な成分を配合した薬用乳液を選ぶのがおすすめです。

40代・50代の方は、年齢に応じたうるおいケアができるエイジングケアタイプの乳液を選んだり、乾燥による小じわを目立たなくする効果のある乳液を使ったりしてみてください。シミやそばかすが気になる方は、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ有効成分を含んでいる薬用美白乳液がぴったりです。

アイテムの特徴から選ぶ

日焼け止め・化粧下地機能がついているタイプ

乳液と一口にいってもさまざまな種類があり、朝のみ使用するタイプの乳液、夜のみ使用するタイプの乳液なども展開されています。特に時間のない朝におすすめなのが、保湿ケアと同時に日焼け止め効果や化粧下地効果が期待できるタイプの朝用乳液です。

紫外線カット成分が入っているほか、ファンデーションののりをよくする下地機能もあるため、メイクにかかる時間を短縮できておすすめ。ただし、UVカット成分や化粧下地機能は夜の保湿には不要なので、朝と夜で乳液の使い分けが必須です。夜には保湿に特化したタイプの乳液を選んで使ってみてください。

皮脂を吸着する成分が配合されているタイプ

By: amazon.co.jp

オイリー肌タイプの方や、皮脂の分泌が盛んな男性におすすめなのが、皮脂吸着成分を含んでいる保湿乳液。みずみずしい使い心地で肌をうるおしながら、配合されている皮脂吸着成分が皮脂をキャッチし、テカリやベタつきを抑えます。

ファンデーションや化粧の皮脂崩れが気になる方にもぴったりで、朝の保湿のみ皮脂吸着成分入りの乳液を使うのもおすすめです。乳液特有のペタっとする使用感が苦手な方は、ぜひチェックしてみてください。

オイルフリータイプ

By: rakuten.co.jp

乳液は一般的に、水分・保湿成分・エモリエント成分(油溶性成分)が、バランスよく含まれているのが特徴です。しかし、なかには油溶性成分の配合量を抑えたり、オイルフリーでつくったりして、より軽やかな使用感を実現している乳液もあります。

オイルフリータイプと謳われて展開されている乳液は、さっぱりとしていてみずみずしいつけ心地が魅力。油分・油溶性成分を含んでいる一般的な乳液よりも、テカリやベタつきを防げるので、オイリー肌タイプの方や男性にもおすすめです。

テクスチャーや香りが好みのものを選ぶ

By: amazon.co.jp

乳液は毎日朝晩のスキンケアで取り入れるものなので、使用感が好みのものを選ぶことが大切です。テクスチャーの重さや軽さ、ベタつきのなさなどは特に要チェック。ストレスなく使える乳液を選んで使ってみてください。

また、乳液には香りがついているものがあるので、事前に香りの種類をチェックしておくのがおすすめ。香りの強さもアイテムによって異なるため、嗅覚が敏感な方は香りが強すぎないものを選びましょう。香りつきのスキンケアアイテムが苦手な方は、無香料タイプの乳液が適しています。

乳液のおすすめランキング|ドラッグストアで買える

第1位 ロート製薬(ROHTO) 肌ラボ 白潤 薬用美白乳液【医薬部外品】

ドラッグストアで購入できるプチプラスキンケアブランドの薬用美白乳液。美白有効成分としてホワイトトラネキサム酸を配合しており、メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぐ効果が期待できるアイテムです。

また、ホワイトトラネキサム酸は、肌荒れを防ぐ有効成分としての効果も発揮。美白ケアとともに、肌荒れ予防もできる高機能な乳液です。ほかにも、ビタミンC誘導体やハトムギエキスなどの整肌保湿成分、ヒアルロン酸などのうるおい成分も配合しているため、肌をしっかりと保湿できます。

素肌と同じ弱酸性でつくられており、肌へのやさしさにもこだわった処方を採用。価格帯が安く、リピート買いしやすいプチプラ乳液を探している方におすすめです。

第2位 花王(Kao) キュレル 潤浸保湿 乳液【医薬部外品】

肌荒れを防ぐ有効成分のアラントインを含んでいる薬用乳液。毎日のスキンケアで肌荒れを予防したい方におすすめのプチプラアイテムです。乾燥性敏感肌でも使いやすいスキンケアアイテムを多数展開しているブランドなので、乾燥肌や敏感肌タイプの方に適しています。

本アイテムには、うるおい成分としてセラミド機能成分やユーカリエキスを配合。角質層のすみずみまでうるおいが行き渡り、ふっくらとしたキメの整った肌に導きます。肌なじみのよいテクスチャーで、しっとりとした質感に整えながらもベタベタしないのが魅力です。

第3位 資生堂薬品 IHADA 薬用クリアエマルジョン【医薬部外品】

抗肌荒れ有効成分と美白有効成分の2種を含んでいる、機能性の高い薬用プチプラ乳液です。肌荒れ・ニキビなどの肌トラブルを有効成分のグリチルリチン酸塩が予防、さらに、美白有効成分のm-トラネキサム酸が、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぎます。

本アイテムは、敏感肌の方でも使いやすい低刺激設計を採用しているのがポイント。肌に合う乳液を探している敏感肌の方にもおすすめです。

また、ベタつかない軽さのあるつけ心地も魅力。ミルキーな質感でなめらかに肌を整え、うるおいはキープします。年間を通して使いやすい乳液です。

第4位 第一三共ヘルスケア(DAIICHI SANKYO HEALTHCARE) ミノン モイストチャージミルク

とろっとしたテクスチャーで、肌なじみのよさが魅力のプチプラ乳液。敏感肌のことを考慮してつくられた独自処方で、肌にやさしい使い心地のアイテムです。

ベタつきにくいテクスチャーながら、コクがあり濃厚な使用感を得られるのが魅力。乾燥によりゴワつき、こわばった角質層にもすみやかに浸透して、やわらかい肌に整えます。ポンプ式なので衛生的に使い続けることができるのも、おすすめポイントのひとつです。

第5位 常盤薬品工業 なめらか本舗 リンクル乳液 N

年齢に応じたうるおいケアができるエイジングケア乳液を探している方におすすめのアイテム。年齢に応じたエイジングケアに適した保湿成分のピュアレチノールなどを、たっぷりと配合しているのが魅力です。

また、うるおい成分のセラミドNGやエモリエント成分などといった、保湿に適した成分も豊富に含んでいます。つけた瞬間から肌をしっとりとうるおし、弾力のあるハリ肌に整えられるのがポイント。乾燥による小じわを目立たなくする効能評価試験済みなので、乾燥小じわが気になる方にもおすすめです。

第6位 ロート製薬(ROHTO) メラノCC 薬用しみ対策 美白乳液【医薬部外品】

持続型ビタミンC誘導体とグリチルリチン酸ジカリウムを有効成分として配合している薬用乳液です。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ効果が期待できるほか、肌荒れも予防できるタイプ。高機能で価格の安い乳液を探している方におすすめです。

2種の有効成分を含んでいるほか、アルピニアホワイトやグレープフルーツエキスなどといったうるおい成分も配合。角質層まですばやく浸透し、うるおい感が継続します。夜のお手入れにはもちろん、肌なじみがよいので忙しい朝のメイク前に使うスキンケアアイテムとしても活躍する乳液です。

第7位 イミュ(imju) ナチュリエ ハトムギ浸透乳液

数々の美容雑誌や口コミサイトなどでベストコスメ賞上位を受賞した経歴のある、人気のプチプラ乳液。230mlとたっぷり入っており、惜しみなく使いたい方におすすめです。

本製品は、天然保湿成分のハトムギエキスを配合しているのがポイント。角質層まで浸透して水分を抱えこみ、もちもちの肌をキープします。乾燥による小じわを目立たなくする効果も期待できるため、乾燥が特に気になり始めた方や湿度の低い秋冬の保湿アイテムにぴったりです。

ベタベタせずに使えるのも、本アイテムならではの特徴。顔にはもちろん、ボディ用の保湿にも使えると謳われているので、1本持っておくと全身の保湿に使用できます。

第8位 資生堂(SHISEIDO) dプログラム モイストケア エマルジョン MB【医薬部外品】

デリケートな肌でも使いやすい低刺激設計でつくられている、敏感肌向けブランド発の薬用乳液です。アルコール(エチルアルコール)・パラベン・鉱物油・香料・着色料を無添加で製造されています。

本アイテムは、乾燥による肌荒れや粉ふきを起こしやすい方におすすめです。抗炎症成分として含まれることの多いトラネキサム酸やグリチルリチン酸ジカリウムを、有効成分として配合しています。

また、酵母エキスやグリセリンなどのうるおい成分も含んでおり、角質層のすみずみまでしっとりと保湿。なめらかな美肌に導く乳液です。

第9位 資生堂(SHISEIDO) アクアレーベル ホワイトケアミルク【医薬部外品】

美白ケア対策ができるプチプラ乳液を探している方におすすめの薬用アイテム。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ美白有効成分のトラネキサム酸を配合しています。

また、肌の乾燥ケアに適した保湿成分として、ヒアルロン酸やコラーゲンを配合。さらに、ハリを与える成分のチャージアミノ酸WHも含んでいるのが特徴です。シミ・そばかすの予防だけでなく、乾燥やハリ不足のケアも同時にできる機能性の高い乳液を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第10位 美人ぬか 純米乳液 しっとり乳液

肌にうるおいやハリ、しなやかさを与える米ぬか成分をたっぷりと配合している高保湿タイプの乳液。年齢に応じたエイジングケアを始めたい方におすすめのアイテムです。

テクスチャーはとろみがあり、しっかりとしたコクを感じられるのが特徴。乾燥した肌になじんで、しっとりとうるおします。また、弱酸性タイプであるほか、無香料・無着色・無鉱物油でつくられているのもポイントです。ドラッグストアなどの身近な場所で手軽に購入できるため、継続使用にも適しています。

乳液のおすすめランキング|プチプラ

第1位 無印良品 エイジングケア乳液

生活雑貨からスキンケア用品まで幅広く取り揃えている人気ブランド「無印良品」の高保湿乳液です。年齢に応じたスキンケアが行えるエイジングケアシリーズのアイテムで、プチプラながらしっかりとした保湿力を実感できると支持を集めています。

本製品には、ヒアルロン酸やコラーゲンのほか、10種類の天然保湿成分を配合。乾燥した肌をふっくらと整え、なめらかな印象に導きます。

第2位 ファンケル(FANCL) 無添加エンリッチプラス 乳液【医薬部外品】

シワを改善する効果が期待できる有効成分・ナイアシンアミド配合の薬用エイジングケア乳液。毎日のスキンケアアイテムに、年齢に応じたうるおいケアを取り入れたい方におすすめの製品です。

有効成分以外の成分に、ハリ肌成分も含まれているため、乾燥によってゴワついた肌をふっくらと仕上げます。乾燥や摩擦などといったダメージから肌を保護する成分も配合されており、日中の肌を外的刺激から守れるのもポイントです。

公式サイトでは、「無添加エンリッチプラス 乳液」30ml本品を含む『シワ改善1か月集中セット』を展開しています。無添加エンリッチ化粧液30ml・マイルドクレンジングオイル20ml・洗顔パウダーパウチ10包などが、たっぷりとセットされていてお得です。

第3位 コーセーマルホファーマ カルテHD 高保湿乳液【医薬部外品】

有効成分として保湿に適したヘパリン類似物質や、肌荒れ予防に有効なグリチルリチン酸ジカリウムを配合している薬用乳液。肌荒れや荒れ症のケアができるほか、皮膚をすこやかに保つ効果や肌を引き締める効果も期待できます。

また、角質層のすみずみまで届くうるおい浸透カプセル処方を採用しているのもポイント。肌をしっとりとうるおし、キメをふっくら整えます。まろやかで肌にやさしい使い心地なので、敏感肌タイプの方や乾燥肌タイプの方にもおすすめです。

第4位 アテニア(Attenir) ドレスリフト デイエマルジョン

乾燥による小じわを目立ちにくくする効能評価試験済みで、肌にハリやうるおいを与える高保湿乳液です。年齢を重ねることで乾燥しやすくなる40代・50代の方にぴったり。ふっくらとうるおったハリのある肌をキープするため、日中の乾燥が気になる方におすすめです。

本アイテムは、サーチュライザーS6・タイムブレスDNなどといった肌にハリツヤを与える保湿成分や、発酵コラーゲンなどの肌に弾力を与えるうるおい成分を含んでいます。濃厚な使用感を得られる乳液を探している方に適したアイテムです。

単品で購入できるほかに、15mlのミニボトルに入ったデイエマルジョンがセットされたミニキットも展開されています。同シリーズのローションやナイトクリームのミニサイズも含まれているので、ライン使いして肌の様子を見たい方にもぴったりです。

・単品

・デイエマルジョンのミニボトルがセットされたミニキット

第5位 松山油脂 肌をうるおす 保湿乳液

アルコール(エタノール)・パラベン・香料・着色料・鉱物油不使用でつくられている乳液。季節の変わり目で肌がゆらぎやすいときなどにおすすめです。

ベタつきにくい保湿成分のフラフィノースを配合しているため、混合肌や脂性肌の方でも使いやすいのが魅力。乳液特有の油分の重たさを感じにくく、つけ心地が軽いアイテムです。

軽い使用感ながら、5種類のセラミドやダイズ種子エキスなどといった保湿成分を豊富に含んでいるのもポイント。肌にうるおいを与え、ゴワついた状態をやわらかく整えます。

第6位 資生堂(SHISEIDO) エリクシール シュペリエル リフトモイストエマルジョン SP【医薬部外品】

さっぱり・しっとり・とてもしっとりの、3タイプのテクスチャーを展開している薬用乳液。肌質や肌の乾燥状態に合わせて適した使用感のものを選べるのが魅力です。

本製品は、ハリ保湿成分のM-バウンサーCPや保湿成分のディープモイストインCPなどといった、ハリとうるおいを与える成分を配合しているのが特徴。たっぷりとしたうるおいが角質層まですみやかに届きます。すぐに肌になじみ、ベタつきが出にくいのもうれしいポイントです。

年齢に応じたうるおいケアができるほか、肌荒れを防ぐ有効成分も含んでいるため肌荒れ予防も同時におこなえます。肌をすこやかに整えられる薬用の保湿乳液を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第7位 花王(Kao) ソフィーナ ボーテ 高保湿乳液 しっとり

夜のみ使用するタイプの高保湿乳液です。持続型セラミドケア処方によって、与えたうるおいをしっかりとキープ。乾燥によって乱れたキメを整え、ふっくらとした毛穴が目立ちにくい印象の肌に導きます。

また、月下香の花びらから抽出されたエッセンスを、高保湿成分にブレンドしてつくった「月下香培養エッセンスα」を配合しているのもポイント。ほんのりと花雫の香りも楽しめます。

第8位 資生堂(SHISEIDO) HAKU インナーメラノディフェンサー【医薬部外品】

美白有効成分4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)を配合している薬用美白乳液。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐため、美白対策を毎日のスキンケアに取り入れたい方におすすめです。

本アイテムは、コットンに乳液をなじませて、らせん状を描くようになじませて使うタイプ。なめらかでしっとりとした肌に整え、つるんとした印象に導きます。曲線が描かれた美しいボトルも魅力的です。

第9位 イニスフリー(innisfree) チェリーブロッサムローション

人気韓国コスメブランド「イニスフリー」の乳液。サクラ葉エキスやベタインなどといった保湿成分をたっぷりと含んでいるのが特徴です。テクスチャーが軽やかでやわらかいので、角質層まですばやく浸透してなめらかに整えます。

保湿はもちろんのこと、ほんのりとピンク色がついているため、メイクアップ効果によるトーンアップも叶います。ツヤのあるみずみずしい印象の肌に仕上げられるので、朝のスキンケアに取り入れるのがおすすめ。合成香料不使用ながら、フルーティフローラルのやさしい香りがふわっと香ります。

第10位 ロート製薬(ROHTO) ケアセラ APフェイス&ボディ乳液

皮膚科学研究をベースにつくられた、顔と身体のどちらにも使えて便利な乳液です。肌のうるおいを保つ成分として、セラミドプラスやペプチドCPを配合。肌にしっとりとうるおいを与え、乾燥から守ります。

また、7種類の天然型セラミドを保湿成分としてさらに配合しているのもポイントです。角質層のすみずみまでうるおし、みずみずしく健康的な肌に整えます。

弱酸性かつ低刺激性なので、敏感肌タイプの方でも使いやすいのが特徴。テクスチャーがなめらかで肌に伸ばしやすいため、全身に負担なく塗り広げられるアイテムです。

乳液のおすすめランキング|デパコス

第1位 アルビオン(ALBION) エクサージュホワイト ホワイトライズ ミルク【医薬部外品】

洗顔の後、化粧水を塗る前に使うタイプの先行乳液。乾燥によってゴワついた肌のキメを整え、やわらかくすることで、化粧水や美容液などの後から使うスキンケアを角質層まで浸透しやすくします。

また、美白有効成分として、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐL-アスコルビン酸-グルコシドを配合。みずみずしい使い心地で、角質層まですみやかに浸透します。美白対策ができる、脂性肌向けの薬用美白乳液を探している方におすすめです。

第2位 コーセー(KOSE) コスメデコルテ イドラクラリティ コンディショニング トリートメントソフナー ER

数々のベストコスメを受賞している人気のデパコス乳液。化粧水の前に使う先行乳液タイプのアイテムです。乾燥した肌をやわらかくほぐし、後から使う化粧水や美容液などの角質層までの浸透をサポートします。

また、独自の保湿成分「美肌糖」により、しっとりとうるおいを与え、キメの整った毛穴の目立ちにくい肌に導けるのがポイント。乾燥によるくすみも防ぎ、つるんとした印象のツヤ肌に整えます。

すべての方にニキビのもとができないわけではありませんが、ノンコメドジェニックテスト済みなので、ニキビができにくいアイテムを探している方にもおすすめです。

第3位 ディオール(Dior) カプチュール トータル ドリームスキン ケア&パーフェクト

ミネラルを豊富に含んだアルプスの水や、整肌成分のシア脂をたっぷりと含んでいる贅沢な美容乳液。みずみずしさと濃厚さを兼ね備えたテクスチャーが、肌をしっとりとうるおします。

また、配合成分には自然由来の成分をたっぷりと使うなど、成分にもこだわってつくられているのが魅力。ひとつひとつ厳選した成分が使われています。年齢に応じたお手入れもあわせてできるエイジングケアタイプの乳液を探している方にもおすすめなので、ぜひチェックしてみてください。

第4位 コーセー(KOSE) コスメデコルテ AQエマルジョン ER

しっかりとしたコクと、とろみのあるテクスチャーが魅力の高保湿乳液。しっとり感を強く感じられるタイプながら、肌にとろけるようになじんでいくのが特徴です。

肌をふっくらとうるおしてキメを整え、ハリや弾力のあるもちもち肌に導くのが本アイテムの魅力。しなやかでツヤのある、いきいきとした肌にケアできる乳液が欲しい方におすすめです。洗顔後、化粧水の前に使うことで、化粧水や美容液の肌なじみをサポートする導入乳液として活躍します。

第5位 資生堂(SHISEIDO) イプサ ME 8【医薬部外品】

みずみずしさやツヤ感が不足した、カサつきがちな乾燥肌におすすめの保湿乳液です。独自の保湿成分が、キメのひとつひとつをたっぷりのうるおいで満たします。しっとりとうるおうことで、ぷるんとした弾力感のあるハリ肌に整えられるのが魅力です。

さらに、美白有効成分のm-トラネキサム酸や肌荒れ防止有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムも配合しています。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防いだり、肌荒れの対策ができたりと、高機能なアイテム。乾燥だけでなく、美白ケアや肌荒れケアも同時にしたい方におすすめです。

第6位 資生堂(SHISEIDO) クレ・ド・ポー ボーテ エマルションアンタンシヴ n【医薬部外品】

就寝中の乾燥が気になる方におすすめの、夜用の高保湿乳液。保湿や整肌に適した独自成分のスキンイルミネイタ―を含むみずみずしいエマルジョンが、肌にすばやくなじんで軽やかに溶け込みます。乳液特有の重さを感じにくいアイテムを探している方におすすめです。

また、乾燥による小じわを目立たなくする効果を期待できるのもポイント。ハリや弾力のあるいきいきとしたツヤ肌に導きます。メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ美白有効成分も含まれているため、シミ・そばかす対策をしたい方にもぴったりです。

ラグジュアリーなボトルデザインと、清らかで優美な香りで、スキンケアタイムを贅沢に楽しめます。

第7位 花王(Kao) エスト エスト ザ プロテクション W-ll【医薬部外品】

保湿だけでなく、紫外線対策と有効成分による美白ケアが同時にできる高機能な日中用の薬用乳液。ブランド独自の保湿成分のほか、ユーカリエキスやショウキョウエキスなどといったうるおいを与える成分を、豊富に含んでいるのが特徴です。

また、SPF50+・PA++++のUVカット効果があるため、真夏の外出前に使うアイテムとしてもおすすめ。ほかにも、美白有効成分のカモミラETを含んでいるので、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ効果も期待できます。スキンケア効果から日焼け止め効果まで兼ね備えているため、忙しい朝のメイク前に使うアイテムとしてもぴったりです。

第8位 アルビオン(ALBION) フラルネ フルリファイン ミルク EM

ノーマル肌~ドライスキン肌におすすめの乳液。クレンジングとして使ったり手指マッサージ後のスキンケアアイテムとして取り入れたりと、保湿以外の使い方もある便利なアイテムです。

乳液のテクスチャーは、なめらかでコクがあるタイプ。濃密な液が肌のすみずみに行き渡って、しっとりとうるおいに満ちたハリ肌に整えます。肌の美しさを左右するといわれるキメに着目しつくられていることもあり、キメの整った美肌に導きたい方におすすめです。

第9位 日本ロレアル ランコム クラリフィック バランシング ウォータリーエマルジョン

肌にもともと備わっている酵素の力にヒントを得てつくられたと謳われている保湿乳液です。整肌成分のブナの芽エキスなど、希少な成分を含んでいます。ナイアシンアミドやカプリロイルサリチル酸などといった整肌成分をブレンドした、同ブランド独自のビッグ5コンプレックスを配合しているのもポイントです。

たっぷりのうるおいとハリ感を与えられるタイプながら、テクスチャーはみずみずしく角質層まで浸透しやすいのが魅力。重たい使用感が苦手な方にもおすすめです。

第10位 ローラ メルシエ(LAURA MERCIER) マティファイング オイルフリー モイスチャライザー

オイルフリー・パラベンフリー・シリコンフリーでつくられているデパコス乳液。皮脂の分泌量が多い脂性肌の方に適しているほか、テカリやすいTゾーンの保湿にぴったりの乳液を探している方におすすめです。

本アイテムは、肌に水分を与えることに重点を置いた、脂性肌向けの製品。サラッとした使い心地で、フレッシュな肌に整えます。シンプルで洗練されたボトルデザインもおしゃれな乳液です。

乳液のおすすめランキング|メンズ向け

第1位 資生堂(SHISEIDO) BAUM オイルコントロールエマルジョン

皮脂吸着パウダーを配合しており、保湿しながらテカリやベタつきを軽減できる男性におすすめの乳液。保湿成分を配合しているため、しっとりとうるおしながら肌表面はサラサラに整えます。

ウッドランズウインズのナチュラルでさわやかな香りがついているのもポイント。テクスチャーの質感からも香りからも爽快感を得られるタイプです。木枠が付属したユニークなボトルデザインが特徴的で、置いておくだけでインテリアとしても活躍します。

第2位 無印良品 乳液・敏感肌用 しっとりタイプ

400mlと大容量ながら価格帯が安く、コスパよく使える乳液を探している男性におすすめのアイテムです。敏感肌などのデリケートな肌でも使いやすい、弱酸性・低刺激性の処方を採用。無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリーでつくられているのもポイントです。

本製品のベースには、岩手県釜石の天然水を使用。乾燥した肌をしっとりとうるおします。毎日コストを気にせずたっぷりと使いたい方や、パートナーや家族とシェアできる肌質を問わない乳液を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第3位 バルクオム(BULK HOMME) THE LOTION 乳液

乳液特有のベタつく使用感が苦手な方におすすめの、さらりとした肌に導くアイテム。ベタつきを感じにくい保湿剤を採用することで、皮脂分泌の多い男性でも使いやすいのが特徴です。

ベタつきを抑えながら、人の皮脂構造と似ているスクワランオイルを肌を保護する成分として配合。肌表面にとどまって乾燥から守るだけでなく、ゴワついた肌をやわらかくする効果も期待できます。乾燥のケアはしっかりとしながら、ベタつきは出したくない男性にぴったりのアイテムです。

第4位 ニベア花王 ニベアメン スキンコンディショナーバーム

学生にも人気の高いプチプラの保湿剤を多数展開しているニベアメンの乳液。一見脂っぽい印象がありながら、水分量が少ない状態に陥りやすい男性の肌を、ベタつきを抑えつつしっとりとうるおします。

肌を保湿し整えることで、カサつきや肌荒れを防げるのも魅力。ノンアルコールタイプなので、髭剃り後のアフターケアにもおすすめです。アルコールのヒリヒリ感が苦手な方にも適しています。

第5位 オルビス(ORBIS) オルビス ミスター モイスチャー

人気スキンケア・コスメブランドのオルビスが展開している、メンズスキンケアラインの乳液です。肌にぴったりと密着して、日中の乾燥から肌を守ります。

無香料・無着色・アルコールフリーであるほか、酸化を起こしやすい油分も不使用。成分にこだわってつくられているのもおすすめポイントのひとつです。ポンプ式で中に入っている乳液が空気に触れにくいので、衛生的に使い続けられます。

乳液の売れ筋ランキングをチェック

乳液のランキングをチェックしたい方はこちら。

乳液の使い方

化粧水をしっかりなじませてから擦らないようにつける

By: daiichisankyo-hc.co.jp

乳液は、一般的に化粧水や美容液をつけた後に使うもの。スキンケアの最後に使うタイプの乳液は、その前につけた化粧水や美容液がしっかりと肌になじんだことを確認してから塗りましょう。

各アイテムが推奨している適量を手のひらにとったら、手のひら全体に広げて顔の中心から外側へ、擦らないように広げていきます。乾燥しやすい頬・口元・目元は多めに、テカリやベタつきがでやすいおでこや鼻周りは少なめに調節するのがおすすめ。全体に塗ったら、やさしくハンドプレスしてしっかりと密着させましょう。

特に乾燥が気になる箇所には、重ねづけをすると保湿効果をより得られやすくなります。

先行乳液・導入乳液タイプはコットンを使ってやさしくなじませるのがおすすめ

By: decorte.com

洗顔後すぐに使う先行乳液・導入乳液タイプのアイテムは、清潔なコットンに乳液をとって使うタイプがほとんどです。適量をコットンにとったら、両頬・おでこ・あご・鼻先にミルクを点置きしておきます。

乾燥しやすい頬周りから、コットンを使ってミルクをくるくると円を描くようになじませていきましょう。肌の上から乳液がなくなるまで繰り返し、肌のすみずみまで丁寧になじませたら完了です。小鼻周りやあごなどのザラつき、ゴワつきが気になる部位は、ミルクを足して磨くようにつけると、汚れが落ちてつるんとなめらかに整います。