部屋を明るく照らす以外にも、多彩な機能を備えたIoT家電が「スマート電球」です。スマホと連携させることで明るさを変えたり、音楽に合わせて光で部屋の雰囲気を変えたりできるため、注目が集まっています。

スマート電球は、各メーカーがさまざまなタイプの製品を販売しているので、初めて購入する方はどれを選べばよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、スマート電球の機能や選び方を踏まえて、おすすめの製品をご紹介します。

スマート電球とは?

スマート電球とは、LED電球に多彩な機能が追加されたIoT家電のこと。Wi-FiやBluetoothを介してスマホなどのモバイルデバイスと連携させることで、「部屋を明るく照らす」という電球本来の機能以外にも、さまざまな機能が使用可能です。

具体的な機能としては明るさを調節する「調光」、光の色合いを調節する「調色」、再生している音楽と連動して光る「音楽連動」、連携したスマホの音楽を内蔵スピーカーから鳴らす「スピーカー機能」などがあります。

光や音で部屋の雰囲気を自由に変えられるので、自宅にいる時間をより充実させたい方におすすめです。

スマート電球の選び方

対応するデバイスをチェック

By: plusstyle.jp

スマート電球を選ぶ際は、対応するデバイスやOSのバージョンに注目。ほとんどがiPhoneとAndroidスマホの両方に対応していますが、スマホに搭載されたOSのバージョンによっては対応しない場合もあります。

特に、最新バージョンのOSにアップデートした場合は、スマート電球のメーカー側で専用アプリのOS最適化が間に合っていないこともあるので注意が必要です。

せっかく買ったのに使えなかったということにならないよう、対応するデバイスやOSバージョンを忘れずに確認しましょう。

音声アシスタントに対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

スマート電球のなかには、音声アシスタントに対応するモデルも販売されています。話しかけるだけで点灯・消灯・調光・調色といった操作がハンズフリーで行えるのが特徴。いちいちスマホを操作する必要がないので、スマート電球がより便利に活用できます。

スマート電球で主に搭載されている音声アシスタントは、Amazon AlexaとGoogleアシスタントの2種類。スマート電球をハンズフリーで操作したい場合は、使用したい音声アシスタントに対応しているかを確認するのがおすすめです。

明るさをチェック

By: philips-hue.com

スマート電球はLED電球の一種で、さまざまな明るさの製品が販売されています。LED電球は従来の白熱電球と異なり、同じ明るさでも光が部屋の周辺まで広がりにくいため要注意。なお、LED電球では、光の量を示す単位「lm(ルーメン)」が使われています。

約60W白熱電球の明るさに相当するのが、810lmのLED電球。ベッドサイドなどで補助照明として使いたい場合は200lm程度の製品でも十分です。また、電球1個で部屋全体の照明をまかなうのは難しいため、ほかの照明器具と併用することも検討しましょう。

口金・ソケットサイズをチェック

By: amazon.co.jp

電球の口金がソケットのサイズに合わないと取り付けられないので、口金や対応するソケットのサイズには注意が必要。

スマート電球の口金には、一般的なLED電球のモノとは異なるサイズが採用されている場合もあります。多くの照明器具で使われている口金サイズはE17もしくはE26なので、参考にしながらチョイスしてみてください。

機能をチェック

調色機能

By: toligo.jp

調色機能とは、スマート電球が照らす光の色合いを自在に変更できる機能のことです。通常のLED電球のように昼光色や白色など1種類の色合いだけではなく、複数の色合いを時間帯や用途に応じて使い分けられるので、多様なシーンで活躍します。

スマート電球の調色機能には、電球色と昼白色を切り替えるだけのシンプルなモノから、好きな色合いの光を設定できるモノまで製品によってさまざま。連携したスマホの音楽と連動して、1600万色以上から照らす光の色合いをアレンジできるモデルであれば、ホームパーティーなどの演出にも活用できます。

タイマー機能

タイマー機能とは、事前に設定しておいた時間に合わせてスマート電球の明かりを自動で点灯・消灯できる機能のことです。就寝時間の直後に作動するように消灯タイマーを設定しておけば、消し忘れを防げるので省エネ対策にも役立ちます。

点灯タイマーで設定した時間の少し前から、段階的に明るくするフェードイン機能との組み合わせもおすすめ。部屋が少しずつ明るくなるような演出ができるので、目覚ましとしても利用可能です。

徐々に暗くするフェードアウト機能との併用も便利。小さな子供を寝かしつける際などに活用できます。

スピーカー機能

By: sonynetwork.co.jp

スピーカー機能とは、スマホで再生している音楽を、Bluetoothなどで電球内蔵のスピーカーから流せる機能のことです。

音質では一般的なBluetoothスピーカーに劣る傾向がありますが、電源をソケットから供給できるため充電不要なのがメリット。また、使っている電球と取り換えるだけなので、新たに設置スペースを必要としないのもポイントです。好きなときに好きな音楽を気軽に楽しめます。

食事の際に使用したい場合は、ダイニングに設置するのがおすすめ。レストランのように優雅なひとときが楽しめます。また、寝室で使うときはタイマー機能と連動させれば、心地よい音楽のなかで爽やかな朝を演出可能です。

スマート電球のおすすめ

プラススタイル(+Style) スマートLED電球 PS-LIB-W01

機械操作が苦手な方でも手軽に導入できる

音声アシスタントに対応したおすすめのスマート電球。ハブや調光スイッチの取り付け工事が不要で、ソケットに取り付けるだけですぐに使える点が魅力です。専門的な知識を必要としないので、機械の扱いが苦手な方でも手軽に導入できます。

専用のアプリをインストールしたスマートフォンから操作が可能。電球のオン・オフはもちろん、色温度約2600~3250Kまでの無段階調色にも対応しています。自宅はもちろん、外出先からも操作できるので、防犯にも活用可能です。

あらかじめ指定した時間にオン・オフできるタイマー機能にも対応。明るさが広範囲に広がりやすい180°広配光なので、コンパクトながら広範囲を効率的に照らせます。Amazon Alexaなどのスマートスピーカーからも操作可能な、おすすめのスマート電球です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スマートスピーカー対応LED電球 LDA9D/L-G/D-86AITG

コストパフォーマンスに優れたおすすめのモデル

明るさだけではなく色も調節できるおすすめのスマート電球。スマートフォンに専用アプリをインストールすると、アプリから電球のオン・オフが可能です。Wi-Fiに接続すれば、外出先や離れた場所からも操作できます。

タイマー機能も搭載しており、時間や曜日を指定して電球のオン・オフが可能。無駄な電力を消費しにくく、省エネ効果が期待できます。配光角が約220°あり、広範囲を効率よく照らせる点も魅力です。

対応しているスマートスピーカーとの連携機能も便利。スマホを取り出さなくても、音声だけで簡単に操作できます。低価格でコストパフォーマンスに優れた、おすすめのスマート電球です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スピーカー付LED電球 LDF11L-G-4S

初めて購入する方にぴったりのモデル

スピーカー機能を搭載したスマート電球。Bluetoothでスマートフォンと接続すれば、ワイヤレススピーカーとして使用できます。エアホールを採用しており、空気の流れを作れるので、こもりにくいクリアなサウンドを再生可能です。

AndroidやiOSなどOSを問わず使用できるほか、Bluetooth経由で繋げるだけなのでアプリのインストールも不要。初心者でも簡単に使用できます。

明るさは一般的な電球の40Wに相当する約485lm、口金サイズはE26です。柔らかく優しい雰囲気の電球色を採用しており、リラックス空間を演出できます。

フィリップス(Philips) Philips Hue ホワイトグラデーション シングルランプ

BluetoothとZigbee両方の接続方式に対応したスマート電球。本体をソケットに装着し、アプリをインストールしたスマホとBluetoothで接続するだけで使用可能です。口金にE26を採用しているので、さまざまな場所に取り付けられます。

Amazon Echoデバイスとの接続にも対応。音声だけで照明のオン・オフや明るさの調節ができるため、両手が塞がっている状態でも簡単に操作できます。また、徐々に明るくしたり、暗くしたりすることも可能なので就寝時に便利です。

別途でHueブリッジを用意すれば、スマホアプリで外出先からも操作が可能。設定した時刻に自動点灯させる機能や、自宅に近づくと自動で点灯する機能にも対応しています。

ソニー(SONY) LED電球スピーカー LST-SE300

高音質なスピーカー機能を搭載したスマート電球。コンパクトながら、520lmの光で明るく照らせます。

Bluetoothでスマホと接続すれば、電球から音楽を流すことが可能。スピーカーが本体の先端部分に配置されているので、音がこもらずダイレクトに感じられます。コーデックはapt-Xに対応しているため、Androidとペアリングして高音質なサウンドを再生したいときにもおすすめです。

本製品を2台用意してワイヤレス接続すれば、ステレオモードも使用できます。32段階で調光ができるほか、192色のカラー切り替えに対応しているため、好みの明るさや色味に調節可能。音楽に連動させてカラーを切り替える機能も魅力です。

ディーエムエー(DMA) E26スパイラルGLOBEゴールド DST-E26GGSP

懐かしさを感じる見た目が魅力のスマート電球。基盤の小型化により、レトロなデザインと高い機能性の両立を実現しています。照明器具としてはもちろん、おしゃれなインテリアとしても楽しめる点が魅力です。

Amazon AlexaやGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカーに対応しているので、Wi-Fiで繋げれば音声で簡単に操作可能。電球のオン・オフのほか、調光も音声で制御できるので、両手が塞がっているようなシーンでも快適に使用できます。

アプリをインストールすれば、スマホからも操作可能。起床や就寝の時間に合わせてオン・オフするタイマー機能や、温度・湿度・日の出入りなどに合わせて調光する機能にも対応しており、さまざまな使い方ができます。

ティーピーリンク(TP-LINK) KasaスマートLEDランプ KL110

スマホと音声の両方で操作できるスマート電球。ハブやブリッジなどが不要で、Wi-Fiに接続するだけで使用できます。難しい設定をせず簡単に使えるので、スマート電球を手軽に導入したい方におすすめです。

スマホを使用すると、外出先からも操作可能。1~100%の間で調光できるので、就寝時や起床時など、シーンに合わせた自由な使い方ができます。あらかじめ時間を指定してオン・オフができる、スケジュール機能も魅力です。

Amazon AlexaやGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカーのほか、LINE Clovaにも対応。また、IFTTTにも対応しているので、位置情報やさまざまなサービスと連携して使用できます。

トリゴ(TOLIGO) スマートLED電球 TLG-B001

シンプルなデザインで使いやすいスマート電球。調光機能はもちろん、調色機能にも対応しています。あたたかみのある電球色から明るい昼光色まで、段階的に調節できるので、気分や部屋の雰囲気に合わせて使用可能です。

スマホを使用した外出先からの操作にも対応。タイマー機能やスケジュール機能も搭載しているので、ライフスタイルに合わせて自由に使用できます。Amazon Alexaと連携すれば、音声でも操作可能です。

Meross スマートLED電球 MSL120JP-VC

省エネ性能に優れたスマート電球。Wi-Fiに接続すると、アプリをインストールしたスマホから操作できます。色温度を2700~6500Kの間で調節できるほか、カラーを1600万色から選択できる点が魅力です。

スマートスピーカーとも連携できるので、音声による操作も可能。タイマー機能のほか、日の出や日の入りなどに合わせて自動でオン・オフが切り替わるスケジュール機能も搭載しています。

ライフエックス(LIFX) Mini Day & Dusk L3A19MTW08E26JP

便利で使いやすい、おすすめのスマート電球。スマホはもちろん、Amazon Alexaにも対応するので、音声による操作も可能です。電球のオン・オフのほか、明るさや色温度も自由に調節できるため、気分に合わせて使用できます。

本体を複数設置している場合は、同じWi-Fi環境に接続するとスマホからまとめて管理可能。時刻を指定して、1日に4回明るさや色温度を変更する機能も搭載しているので、いつでも明るい環境をキープできます。