テレビ・エアコン・オーディオなどの家電を、スマートフォンやタブレットで一括操作できる「スマートリモコン」。リモコンが1台で済むほか、外出時に操作できるモデルも多く、家電の管理が簡単になります。

今回は、便利なスマートリモコンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。また、スマートリモコンを選ぶ際の注意点やポイントも分かりやすく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

スマートリモコンとは?

By: amazon.co.jp

スマートリモコンは、家電のリモコン機能を1台に集約できる便利なアイテムです。Wi-FiやBluetoothに対応しており、スマホの専用アプリを使って家電を操作可能。外出先から自宅の照明やエアコンの電源をON・OFFするといった使い方ができます。

スマートスピーカー対応モデルなら、Amazon AlexaやGoogle Homeを利用しての音声認識にも対応。声で指示するだけで家電を操作できるのがポイントです。また、多くのスマートリモコンは、自動実行するマクロ(シーン)機能を有しており、一定の条件が揃った際に、自動で家電の操作を行えます。

温度や湿度、照度などのセンサーを内蔵したモデルも多く、「30℃以上になったらエアコンをONにする」「暗くなったら照明をつける」などの設定も可能です。

スマートリモコンの選び方

目的に合った機能をチェック

室温を管理できる「温度センサー」

By: livesmart.co.jp

いつでも快適に過ごせるように室温を管理したい場合は、「温度センサー」を搭載しているスマートリモコンがおすすめです。外出先からでもWi-Fiで連携したスマホのアプリで部屋の温度を確認できるので、温度調節やエアコンの消し忘れ防止などにも重宝します。

また、マクロ機能と連動することで、「室温が10℃以下に下がったら暖房をON」や「25℃まであたたかくなったらOFF」などの条件をつけた電源操作の自動化が可能。あらかじめ気温と条件を指定しておけば、帰宅直後でも快適な室温でくつろげるほか、真夏の留守番中にお年寄りやペットが熱中症になるのを防ぐといった用途にも役立ちます。

自動で家電のON・OFFができる「タイマー機能」

毎日決まった時間に特定の家電を操作することが多い場合は、「タイマー機能」を搭載しているスマートリモコンがおすすめです。マクロ機能と連動することで、あらかじめ指定した時間に作動するよう家電の電源ON・OFFを操れるため、毎回操作することなく家電をより便利に活用できます。

例えば、「朝6時の起床時にエアコンをON」「朝7時の出発時にOFF」といった自動化もできるので、規則正しい生活を送るのにも役立ちます。また、「毎日夕方6時に照明をON」などと設定しておくことで、出張中や旅行中でも留守を悟られずに済み、空き巣などの防犯に活躍するのもポイントです。

複数の機器を連動させる「マクロ機能」「IFTTT」

By: linkjapan.co.jp

複数の家電を連動させて高度な自動化を行いたい場合は、「マクロ機能」を搭載しているスマートリモコンがおすすめです。温度センサーやタイマーだけではなく、GPSなどとも連携してより複雑な条件の設定ができます。

例えば、「GPSで家主が家の近くまで来るのを察知したらエアコンと照明をON」といった高度な条件づけも可能。複数の家電を一度にまとめて自動操作できるので、手軽に自宅をスマートホーム化できます。

マクロ機能をさらに手軽に使いたい方は、「IFTTT(イフト)」を利用するのがおすすめ。第三者がウェブサービス上に配布した自動化設定の「レシピ」を元にカスタマイズすることで、プログラミングの経験がない方でも家電操作の高度な自動化が行えます。

初めてでも簡単に設定できる「プリセット機能」

By: amazon.co.jp

初心者の方には、「プリセット機能」を搭載しているモデルがおすすめです。通常スマートリモコンの導入時は、使用したい家電ごとに電源ON・OFFや調節機能などの操作信号を手動で認識・登録させる必要があります。

しかし、プリセット機能を使えば、スマートリモコンにあらかじめ登録されているメーカー名や家電の型番を選択するだけで、初期設定を手軽に行えるのがポイント。複雑なデバイス操作や細かい設定が苦手な方や、初めてスマートリモコンを使用する方でも簡単に利用を開始できて便利です。

対応する家電をチェック

スマートリモコンを導入する際は、使用したい自宅の家電が対応しているかを確認することが重要です。通常のリモコンと同様、スマートリモコンも赤外線の信号を使って機能するので、赤外線で遠隔操作が行える家電であれば、大半のモノで使えます。

しかし、全ての家電に対応しているわけではありません。また、登録できる家電の台数が限定されている場合もあるため、事前に対応製品や登録可能台数を確認しておくのがおすすめです。

まずは、ウェブ上で公開されている取り扱い説明書や公式サイトを参照してみてください。さらに、メーカーのお客様相談窓口などに問い合わせて確認するのもひとつの手です。

赤外線が広範囲に届くモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

複数の家電をまとめて管理したい場合は、赤外線がなるべく広範囲に届くスマートリモコンがぴったりです。スマートリモコンは赤外線信号を飛ばして家電を操作するので、距離が遠すぎたり、間に障害物があったりすると動作に支障をきたします。

スマートリモコンで家電を快適に操作するためには、赤外線の到達距離が重要。また、導入直後は連動する家電の台数が少なくても、今後繋ぎたい家電が増えてくることを見越して、はじめから赤外線が広範囲に届くモデルを選ぶのもおすすめです。

AlexaやGoogle Homeでの音声認識に対応したモデルも

By: amazon.co.jp

家電を音声で手軽に操作したい場合は、スマートスピーカーとの連携に対応したスマートリモコンがおすすめです。音声アシスタントに声を掛けることで、家電のハンズフリー操作ができます。

一度連携させれば、スマホのアプリ画面をいちいち操作する必要がないのも魅力。家事や育児で手が放せない方や、体が不自由な方にも重宝します。

スマートリモコンから家電を音声操作したい場合は、使用しているスマートスピーカーに対応しているかも要チェック。現在は、Amazon EchoやGoogle Homeに対応するモデルが主に販売されています。

スマートスピーカーについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

サポートがしっかりしたモデルなら安心

By: amazon.co.jp

ほかの家電と連動するという性質上、スマートリモコンは説明書だけでは使い方を把握しにくいのが懸念点。初めてスマートリモコンを導入する場合は、サポート体制がしっかり整ったメーカーの製品を選ぶと安心できます。

メーカーによっては訪問設置サービスを提供していることも。有料になる場合が多くありますが、自分で設置する自信がない方も、より簡単にスマートリモコンを導入できます。

スマートリモコンのおすすめランキング

第1位 ネイチャー(Nature) スマートリモコン Nature Remo 3 Remo-1W3

さまざまな機能を搭載する人気のスマートリモコンです。温度・湿度・照度・人感など、各種センサーが充実。マクロ機能も備えており、GPSやタイマーも自動化のトリガーに利用できるので、家電自動化の設定を細かくカスタマイズしたい方にもおすすめです。

プリセット機能も搭載しているため、初めてスマートリモコンを導入する方にも安心。また、旧式も含めて幅広い家電に対応するのも魅力です。

Google Home・Amazon Echo・Apple HomePodなどのスマートスピーカーと連携することで音声による操作にも対応。カーテン自動開閉機「mornin’+」とBluetoothで連携すれば、起床時に「おはよう」の一言でカーテンを自動で開けられます。

第2位 ラトックシステム スマート家電リモコン RS-WFIREX4

優れたカスタマイズ性能を有するAppleユーザーにおすすめのスマートリモコンです。Appleのスマートスピーカー「HomePod」からの音声操作にも対応。さらに、IFTTTによる家電の高度な自動コントロールも可能なほか、Siriショートカットを使った一括操作も利用できます。

プリセット機能をはじめ、タイマー機能やマクロ機能も充実。よく使うボタンやマクロ操作はウィジェットとしてスマホの通知センターなどに登録できるので、画面から簡単に呼び出せます。

重さ約16gと軽量コンパクトなのも特徴。壁掛け用のフックが掛けられる設置穴を備えており、置き場所の自由度が高いのも魅力です。また、赤外線信号は最長30mまで飛ばせるため、制御したい家電が広範囲にある家庭でも重宝します。訪問設置サービスも行っており、初心者にもおすすめの製品です。

第3位 リンクジャパン(LinkJapan) スマートリモコン eRemote RJ-3

高性能なタイマー機能を搭載する人気のスマートリモコンです。1日に複数回設定したり平日だけ実行したりするなど、家電の細かい自動化が可能。設定したタイマーはクラウドに保存されるので、スマホが圏外やバッテリー切れの場合でも自動で実行できます。

日本主要メーカーの家電製品を網羅するプリセット機能も充実。また、本体には温度センサーを搭載しています。加えて、別売りのセンサー機器「eSensor」と連携すれば、湿度・照度・騒音・空気質もマクロ機能のトリガーとして利用可能です。

第4位 プラススタイル(+Style) +Style ORIGINAL スマートマルチリモコン

充実した機能性と優れた拡張性を備えるスマートリモコンです。温度・湿度・照度の各センサーを搭載。外出先からも部屋の状況をモニタリングしつつ、エアコンなどを遠隔操作できるので、留守番しているペットの熱中症対策などにも重宝します。

ドイツのデザインアワードをダブル受賞したスタイリッシュなデザインの本体には、信頼性の高い「ラトックシステム」のエンジンを搭載。主要メーカーの家電製品が500種類以上プリセットされているのも魅力です。

Google HomeやAmazon Echoを介した音声操作にも対応。さらに、同じ「+Style ORIGINAL」シリーズの人感センサー・セキュリティカメラ・スマート電球と連携すれば、防犯にも活用できます。

第5位 リブスマート(LiveSmart) スマートリモコン LS Mini Next

AIによる自動制御機能を備えたスマートリモコンです。AIモードをONにすると、ユーザーの性別・体型・体質、部屋の間取り、好みの温度などのパーソナルデータを学習するのが特徴。暑いと感じる前に先回りしてエアコンを稼働させたり、快適に睡眠できるように室温を一定に保ったりなどの操作が意識せず自動で行えます。

温度センサーと照度センサーを内蔵。スマホのアプリ画面から部屋の温度や明るさをモニタリングできるのはもちろん、登録した家電は外出先からでも遠隔操作できます。また、GoogleアシスタントやAmazon Alexaによる音声操作も可能です。

LINEから家電の制御を行えるのもポイント。内蔵センサーからの通知を受け取れるほか、トーク画面上で家電操作のタイマー予約などもできます。

第6位 ネイチャー(Nature) スマートリモコン Nature Remo mini Remo-2W1

手軽にスマートホーム化が実現できる小型のスマートリモコン。価格が安いエントリーモデルなので、スマートリモコンを試しに使ってみたい方にもおすすめです。

センサーは温度センサーのみ搭載。また、マクロ機能で使えるトリガーも温度・タイマー・GPSの3種類だけに限定されています。しかし、基本的な機能や使い方は上位モデルと共通しており、プリセット機能も搭載しているため、初心者でも簡単に導入が可能です。Amazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーとも連携して使えます。

第7位 リンクジャパン(LinkJapan) スマートリモコン eRemote mini

コンパクトながら優れた拡張性を備えるスマートリモコンです。「eRemote」シリーズのエントリーモデルで、温度センサーやACアダプターは省略されていますが、基本的な機能は共通。価格もより安いので、初めてスマートリモコンを導入する方にもおすすめです。

プリセット機能なども充実。センサーの使用には別売りの「eSensor」が必要になりますが、マクロ機能にも対応しています。

上位モデルと同様、スマートスピーカーを介した音声操作にも対応。特に音声アシスタント「Amazon Alexa」との親和性が高く、新機能がいち早く利用できます。また、シャープのロボット型通信端末「ロボホン」と連携できるのもポイントです。

第8位 コヴィア(covia) Wi-Fiリモコン ORVIBO Magic Cube CT-10

高い機能性を備えたおしゃれなスマートリモコンです。キューブ型のスタイリッシュなデザインで、ドイツや台湾のデザインアワードを受賞。部屋のインテリアとも美しくマッチするので、デザインにこだわりたい方にもおすすめです。

本体内には、海外メーカーのモノも含む8000種類以上の家電製品が登録されたプリセット機能を搭載。市販されている赤外線機器の約95%をカバーしていると謳われており、海外メーカーの家電を多く愛用している家庭にもおすすめです。

「シーンリンク機能」の搭載もポイント。スマホの専用アプリであらかじめタイマーと場面を設定しておけば、家族の暮らし方に合わせてさまざまな家電を自動で制御できます。リーズナブルな価格で導入できるのも魅力です。

第9位 スイッチボット(SwitchBot) スマートリモコン SwitchBotハブミニ

スマート家電のハブとしても活用できるスマートリモコンです。初心者にも嬉しい「スマートラーニング機能」を搭載しているのが特徴。内蔵のプリセットリストと連携することで、手持ちのリモコンから信号を送るだけで家電を簡単に登録できます。

優れた拡張性を備えているのもポイント。同じ「SwitchBot」シリーズのスマート機器と連携させて本機をハブとして使うことで、電源スイッチ・カーテン・加湿器などの遠隔制御が行えます。

スマートスピーカーとの連携も可能。話しかけるだけで家電とSwitchBotシリーズのスマート機器を操作できます。Amazon Alexa・Googleアシスタント・Siriなど多彩な音声アシスタントに対応するのも魅力です。

第10位 ソニー(SONY) HUIS REMOTE CONTROLLER HUIS-100RC

タッチパネルで直感的な操作ができるスマートリモコン。150以上のメーカーのリモコン信号が登録済みで、プリセットから選ぶだけで簡単にリモコンの登録が可能です。データベースにない赤外線リモコンも学習機能によって利用できます。

また、家電を一括操作できるマクロ機能を内蔵しているのもメリットです。最大30個のリモコン機能を本モデルに集約できます。1回の充電で1ヵ月以上使用可能なバッテリーにより、充電の煩わしさを減らせるのもポイントです。

ディスプレイには電子ペーパーが採用されており、表示するボタンの配置やデザイン、背景などを自由に設定できるのが特徴。パソコンアプリを使って待受画面に好みの画像を設定することが可能です。

凹凸が少ないフラットデザインもスタイリッシュ。機能性だけでなく、デザインにもこだわりたい方におすすめのスマートリモコンです。

第11位 メロス(Meross) スマートリモコン MRC100-JP

コスパに優れたスマートリモコンです。低価格ながらタイマーと連動する「シーン機能」を搭載しているのが特徴。例えば、毎朝6時にテレビ・エアコン・照明を自動でまとめて電源ONにするなどの設定ができるので、目覚ましの代わりとしても活躍します。

Amazon AlexaやGoogle Homeなどのスマートスピーカーと連携することで、音声によるコントロールにも対応。シーン機能で作成した設定ルールも一言で呼び出せるため、複数の家電を一括でハンズフリー操作できます。

専用アプリでは外出先からの家電制御も可能。また、日本を含む主要メーカーの家電がプリセット機能に登録されているのも魅力です。

第12位 キングジム(KingJim) スマートリモコン エッグ EG10

単3形乾電池駆動のスマートリモコン。ケーブルレスで好きな場所に設置できるため、コンセントの数や位置を気にする必要がありません。スマホとはBluetoothで接続。Wi-Fiやモバイルデータ通信を行わないので、セキュリティ面でも安心して使えるのが魅力です。

操作には専用アプリを使用します。29000種類以上のリモコンの情報がデータベース化されており、アプリからメーカーや品番を検索し登録可能。品番の分からない機器のリモコンでもアプリを操作するだけで簡単に登録できる「スマートマッチ機能」も便利です。

IFTTTとの連携にも対応。多機能ながら設置・接続・使用方法が簡単なため、初心者におすすめのスマートリモコンです。

第13位 ソシノ(SOCINNO) スマート学習リモコン sRemo-R3

豊富な機能を備えたスマートリモコン。Google HomeやAmazon Alexaなどのスマートスピーカーと連携することで、音声による家電の操作が可能です。また、iPhoneからはSiriショートカットで制御ができます。

温度・湿度・照度のセンサーを搭載し、それぞれの数値を基準に家電の操作が可能です。登録したリモコン情報をクラウド上で管理できるのもポイント。万が一本機を破損して買い替えた場合でも、設定を最初からやり直さずに済みます。

タイマー機能やIFTTT連携にも対応。時間範囲を指定して温度や湿度、照度を制御できるため、ペットの留守番時にもおすすめです。室温が30℃を超える、夜間に一定時間照明がつかないといった特定の状況において、メール通知を送れます。高齢者の見守りにも応用できるスマートリモコンです。

第14位 アンビクライメイト(Ambi Climate) エアコン用スマートリモコン Ambi Climate 2

エアコン専用のスマートリモコンです。本体にAIが搭載されており、「暑い」「寒い」「快適」からフィードバックを繰り返すことで、ユーザーに適した温度に自動調節します。その日の天候や時間帯などのデータも考慮しながら調節。効率よくエアコンを運転できるため、最大30%の電気代節約効果も期待できると謳われています。

本体サイズが10.8×4.2×8.1cmとコンパクトで、使い方が簡単なのもポイント。専用スマホアプリを使用することで外出先から自宅のエアコンの状態をモニターできます。エアコンの操作に特化したスマートリモコンを探している方におすすめです。

第15位 ネイチャー(Nature) Nature Remo REMO-1W2

温度・湿度・照度・人感センサーなど、さまざまなセンサーを搭載したスマートリモコンです。GPSや時間による自動操作に対応しているのも特徴。自宅近辺に着いたら自動でエアコンをつけたり、起床時間になったら自動でテレビをつけたりといった操作を、簡単に設定できます。

使用できる家電製品のプリセットが多いのもポイント。また、赤外線対応であれば旧式の家電も登録できます。スマートスピーカーと連携すれば、音声操作も可能。多機能ながら、アプリの操作が直感的でわかりやすいのも魅力です。

そのほか、4辺が7.4cmの小型ボディを採用しているのもメリット。置き場所の自由度が高いのも特徴です。

第16位 ラトックシステム RS-WFIREX3

自宅だけでなく外出先からも、スマホから家電の操作を行えるスマートリモコン。スマートスピーカーと接続すれば、音声操作も可能です。700機種以上のプリセット機能を搭載しているのもポイント。事前登録されている製品から、メーカーと機種を選ぶだけですぐに使用できます。

タイマー機能・マクロ機能に加え、IFTTTにも対応しているので、さまざまな設定に応じてリモコン操作できるのもメリットです。そのほか、温度・湿度・照度センサーを搭載しているのも魅力。外出先からでも、自宅の様子を確認して家電の操作を行えます。ペットを飼っている方や、温度変化に敏感な植物などを置いている方にもおすすめです。

第17位 中部電力ミライズ ここリモ WXT-200

スマートスピーカーと連携できるスマートリモコン。照明やテレビなどの家電に対応しているのはもちろん、特にエアコン向けの機能が充実しているため、エアコンをよく使う方にぴったりです。

また、「快眠コントロール機能」を使えばエアコンの温度を自動制御し、心地よい眠りをサポートします。住んでいる地域やエアコンの容量などを登録すると使える「電気代予測機能」も便利です。

そのほか、外出先からの家電操作にも対応。帰宅が遅くなってしまう際に、自宅の電気をつけて防犯に役立てるといった使い方もできます。Wi-Fiの接続設定やリモコン設定は専用アプリで簡単に行えるので、スマートリモコン初心者の方にもおすすめです。

第18位 スイッチボット(SwitchBot) SwitchBot Hub Plus

対応機器の豊富さが特徴のスマートリモコン。各メーカーのデータが事前に登録されており、最大5000機種の家電データを利用可能です。独自の「スマートラーニング」機能により赤外線リモコンの登録が短時間でできるので、初心者でも簡単に設定できます。

IFTTTに対応しているのもメリット。スマートスピーカーと連携すれば、音声アシスタントによる操作も利用できます。また、Wi-Fiルーターと本機を接続することにより、外出先からスマホで自宅内の家電を操作可能。さらに、同社の「SwitchBot」シリーズとBluetooth接続することで、赤外線コントロールできる範囲を広げられます。

雲の形をしたかわいらしいデザインも魅力。スマートリモコン本体の色をアプリ上で調節できるため、おしゃれなインテリアとしてもおすすめです。

スマートリモコンの楽天市場ランキングをチェック

スマートリモコンの楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。