複数の赤外線通信対応のリモコンを1台に集約できる「スマートリモコン」。スマホからリモコン操作を行えたり、スマートピーカーと連動させてAmazon AlexaやGoogleHomeによる音声操作ができたりと、直感的に使えるのが魅力です。

今回は、スマートリモコンのおすすめアイテムをランキング形式でご紹介。選ぶときのポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スマートリモコンとは?

By: amazon.co.jp

スマートリモコンとは、赤外線通信に対応したリモコンを1台に集約できる学習リモコンのこと。リモコンが必要な家電を1台ですべて操作できるため、本来のリモコンを片付けて家のなかをすっきりと保てるのが魅力です。また、本来のリモコンを使っていた場合に必要となる電池代の節約にもなり、経済的に使えます。

BluetoothやWi-Fi、専用アプリなどを用いることで、スマホやスマートスピーカーなどとも接続可能。家電側がBluetoothやWi-Fiに対応していなくても、スマートリモコンを仲介すれば音声コントロールを行えます。リモコンの種類を問わず、直感的に家電の操作を行いたい方におすすめです。

スマートリモコンの選び方

目的に適した機能をチェック

タイマー機能

By: kingjim.co.jp

タイマー機能は、あらかじめ設定した時間になると自動で家電の電源を操作する機能。起床時間にあわせて照明やテレビをつけたり、帰宅時間にあわせてエアコンをつけたりと、自分で操作せずに快適な環境を作れるのが魅力です。

また、曜日や時刻を細かく設定できる製品もあります。出張や旅行などで家を空けることが多い方の場合、在宅を装うなどの使い方も可能。防犯対策として使いたい方は、曜日や時刻の設定に対応しているかどうかも確認しておきましょう。

温度センサー

By: amazon.co.jp

温度センサー付きのスマートリモコンは、ペットがいるなどの温度管理が必要な部屋におすすめ。エアコンと連動すれば、一定の温度を上回ったり下回ったりした際に自動で温度管理を行えます。

遠隔操作に対応しているモデルなら、温度変化にあわせた通知の設定も可能。外出先から自宅の様子を確認し、エアコンの操作を行うか判断できるため便利です。

ペットはもちろん、家電の操作が苦手な方が自宅にいる場合にも、常に快適な環境を整えられます。

マクロ機能

By: amazon.co.jp

マクロ機能は一定の条件や手順をスマートリモコンに記録しておき、自動で操作を実行させる機能のこと。「ある一定の温度になったらエアコンを動かす」といった単体の動作から、「外出時にボタンを押すだけで家電を一括でオフにする」といった複数の動作まで幅広く使えます。

スマホのGPSと連動させておけば、帰宅時に操作をしなくてもエアコンや照明が自動でつくような動作も登録可能。操作の手間を減らして快適な空間を作りたい方におすすめの機能です。

対応している家電をチェック

By: amazon.co.jp

購入予定の製品が自宅の家電に対応しているかを確認しておくことも重要。スマートリモコンは多くのリモコンを1つにまとめられますが、製品によって対応しているメーカーや家電の種類、使える機能が異なります。

また、登録台数などが決まっている場合もあるので注意が必要。多くのメーカーでは、公式サイトやオンライン説明書などに対応機種や台数を明記しているため、購入前に必ず確認するようにしましょう。

プリセット機能があると操作が簡単

By: ratocsystems.com

機械が苦手な方や、登録したい家電が多い方には「プリセット機能」を備えた製品がおすすめです。プリセット機能とは、スマートリモコン内に各家電メーカーのリモコンがあらかじめ登録されており、型番を選ぶだけでリモコンの設定を済ませられる機能のこと。機種ごとに異なるリモコンのボタンを1つずつ登録する手間が省けるため、便利に使えます。

音声認識機能の有無をチェック

By: rakuten.co.jp

ハンズフリーでリモコンを操作したい方は、音声認識機能の有無をチェックしておきましょう。音声認識機能を搭載したスマートリモコンなら、Amazon AlexaやGoogle Homeに話しかけることで、家電の音声操作を行えます。

音声操作なら、体の不自由な方や料理中で手が離せない方などでも簡単に操作ができるため便利です。ただし、スマートリモコンごとに行える操作が異なるので、購入前にきちんと機能を確認するようにしましょう。

購入後のアフターサービスをチェック

購入後のアフターサービスが充実しているかどうかも重要なポイント。初期設定時や使用中のエラーなど、何かトラブルがあった際には電話やメールで問い合わせができるメーカーのモノを選びましょう。

説明書だけでは理解ができなかったり、うまく操作ができなかったりした場合でも丁寧に説明してもらえるため、機械の操作に慣れていない方でも安心して使えます。

スマートリモコンのおすすめランキング

第1位 ネイチャー(Nature) Nature Remo mini REMO-2W1

ネイチャー(Nature) Nature Remo mini REMO-2W1

手軽にスマートホームを実現できるスマートリモコン。温度センサーを搭載しており、外出先でスマホから自宅の温度を確認したり、エアコンの操作をしたりできるため、温度変化に弱い機器や観葉植物などがある部屋にも便利です。

ボタンひとつで家電を登録できるのが特徴。エアコンとテレビ、照明は主要メーカーのリモコンがプリセット登録されているので、煩わしいボタン登録などの手間を削減できます。また、各種スマートスピーカーにも対応しており、音声操作も可能です。

サイズは58×58×15.6mm、重量は約29gと軽量コンパクトで、背面には壁掛け用の穴を搭載。置き場所にも困らず、簡単に扱えます。初めてスマートリモコンを購入する方でも使いやすく、人気の高いモデルです。

第2位 ラトックシステム RS-WFIREX4

ラトックシステム RS-WFIREX4

温度・湿度・明暗センサーを搭載したスマートリモコン。「センサーが一定の数値を観測したらエアコンをつける」といった操作を設定できる便利なモデルです。

Alexa搭載スピーカーやGoogle アシスタント搭載スピーカーに対応。音声操作ができるため、家事中などにもハンズフリーで家電を使えます。また、好みのフレーズで家電をまとめて操作できる「Siriショートカット」に対応しているのも特徴。マクロ機能で1つのボタンに複数操作の登録などもできるので、感覚的に使えるのが魅力です。

500機種以上のリモコンデータを内蔵したプリセット機能もポイント。ボタン登録の手間を省いてすぐに使用できます。サイズは45×45×15mm、重量は約16gとコンパクトながらも赤外線範囲は見通し約30mと幅広く、広めの部屋でも快適に使用可能です。

第3位 リンクジャパン(LinkJapan) eRemote mini

リンクジャパン(LinkJapan) eRemote mini

外出先や旅行先からも家電を操作できるスマートリモコン。操作は直感的に使える専用の無料アプリを使用しており、1つのアプリで設定したリモコンは家族とのシェアができます。スマホさえ持っていれば誰でも使えるのが魅力です。

独自の「ジェスチャー機能」を備えているのもポイント。スマホを振って照明を消したり、画面をフリックしてテレビのチャンネルを変えたりできます。また、メーカーや年式、型番を問わず幅広い家電に使えるため、わざわざ家電を買い替える必要もありません。

Amazon Alexaとの連携に特化しているのも魅力。Amazonの開発チームと連携して作られているので、Alexaを用いての操作を行いたい方におすすめのモデルです。

第4位 ネイチャー(Nature) Nature Remo REMO-1W2

ネイチャー(Nature) Nature Remo REMO-1W2

温度・湿度・照度・人感センサーを搭載したスマートリモコン。GPSや時間による自動操作に対応しており「自宅近辺に着いたら自動でエアコンをつける」「起床時間になったら自動でテレビをつける」といった操作を簡単に設定できます。

メーカーや型番、年式を問わず、旧式の家電にも使用できる製品が多めなのがポイント。また、プリセット機能が充実しているため、多くの機種で素早く設定を済ませて使用できます。

Google HomeやAmazon Echo、Apple HomePodと連携すれば音声操作も可能。機械の操作が苦手な方にもおすすめのモデルです。

第5位 ラトックシステム RS-WFIREX3

ラトックシステム RS-WFIREX3

自宅内、外出先を問わず、スマホから家電の操作を行えるスマートリモコン。スマートスピーカーと接続すれば音声操作も可能で、2通りの使い方ができるのが魅力です。

500機種以上のリモコンを登録した豊富なプリセット機能もポイント。事前登録されている製品なら、メーカーと機種を選ぶだけですぐに使用できます。

温度・湿度・照度センサーを搭載しているのも魅力。外出先からでも簡単に家の中の様子を確認して家電の操作を行えます。ペットを飼っている方や温度変化に敏感な植物などを置いている方にもおすすめです。

第6位 中部電力ミライズ ここリモ WXT-200

中部電力ミライズ ここリモ WXT-200

エアコン操作に特化したスマートリモコン。好みに合わせてエアコンの設定温度をコントロールして、睡眠時でも朝まで快適に過ごせる「快眠コントロール機能」を備えています。

また、住んでいる地域やエアコンの容量などの簡単な情報を登録するだけで、電気代の予測ができる機能も搭載。例えばちょっとした外出時など、エアコンをつけっぱなしにしたときと切った場合の目安などもわかるため便利です。

家電の遠隔操作に対応しているのもポイント。帰りが遅くなってしまった際に電気をつけて在宅を装うこともできます。また、スマートスピーカーとの連携も可能で、音声操作に対応。比較的安い価格で購入できるので、初めてスマートリモコンを使う方にもおすすめです。

第7位 リンクジャパン(LinkJapan) eRemote RJ-3

リンクジャパン(LinkJapan) eRemote RJ-3

直感的に使えて、家族とリモコン設定を共有できるアプリで操作するスマートリモコン。メーカーや年式、型番にかかわらずリモコンを登録できるので、自宅の家電を買い替えることなくスマートホーム化できるのが魅力です。

高性能なタイマー機能を備えているのが特徴。1日に複数回作動させたり、曜日を指定して作動させたりすることが可能です。また、自宅外からも操作ができるため、帰宅前にエアコンをつけたり、旅行中に防犯対策として電気をつけたりと便利に使えます。

スマートスピーカーと連携することにより音声操作も可能。Amazon Alexaとの親和性が高く、使い勝手に優れています。温度センサーを搭載しているので、ペットを飼っている家庭にもおすすめです。

第8位 キングジム(KingJim) エッグ EG10

キングジム(KingJim) エッグ EG10

スマホとBluetoothで連携するスマートリモコン。Wi-Fiやモバイルデータ通信を行わないためセキュリティ関係の不安もなく、安心して使えるのが魅力です。

操作には専用のアプリを使用。事前に登録されている約29000のリモコンのなかから、メーカーや品番で検索して簡単に登録ができます。タイマーやシーン、オートメーションなど多彩な機能を備えているので、幅広い用途で活用できるのもポイントです。

電源には単3形アルカリ乾電池2本を採用。ケーブルレスで置き場所を選びません。赤外線の有効範囲は約10mなので、ワンルームの部屋などに設置したい方におすすめです。

第9位 ORVIBO MgicCube CT10W

ORVIBO MgicCube CT10W

デザイン性に優れたおしゃれなスマートリモコン。10m以上、360°の範囲に届く高出力赤外線発信機を備えており、やや遠い位置にある家電もスムーズに操作できます。また、筐体上部には特殊な赤外線送信素材が採用されているため赤外線透過率も高く、ストレスなく使えるのが魅力です。

家族の暮らし方に合わせて機器を自動で動作させる「シーンリンク機能」を搭載。スマホでタイマーとシーンを設定すると、対象の家電に連動して自動で操作を行います。

対応する家電は8000種類以上。テレビやエアコン、オーディオなどさまざまな機器のリモコンを一元化できます。インテリアに馴染むおしゃれなモデルを探している方におすすめです。

第10位 スイッチボット(SwitchBot) SwitchBot Hub Plus

スイッチボット(SwitchBot) SwitchBot Hub Plus

かわいらしい雲型のスマートリモコン。エアコンやテレビはもちろん、扇風機やスピーカーなどさまざまなリモコンを登録してスマホから操作を行えます。操作には専用のアプリを使い、外出先からも家電を操作できるため便利です。

Amazon AlexaやGoogle アシスタントなどのスマートスピーカー、もしくはSiriと連携させることで音声操作も可能。スケジュール機能を利用すれば、起床時や帰宅時に合わせて照明やエアコンをつけられるので、行動開始の目安に使うのもおすすめです。

機器の登録は、事前に登録された機種から選択するモードと、リモコンの型番を選択してボタンを1つずつ学習させるモード、型番を問わず手動で学習させるモードの3通りで行えます。万が一自宅の家電のプリセットがなくても手動で登録できるため安心です。