テレビやエアコン、オーディオなど私たちの身の周りにあふれている家電。スマートフォンやタブレットで一括操作ができる「スマートリモコン」があれば、リモコンが1台で済む上に、外出時にも操作できるので家電の管理がラクになります。

今回は、便利なスマートリモコンを厳選してご紹介。また、スマートリモコンを選ぶ際の注意点やポイントなども分かりやすく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

スマートリモコンとは?

By: amazon.co.jp

家電のリモコン機能を1台に集約できる、便利なアイテムがスマートリモコンです。Wi-FiやBluetoothに対応しており、スマホの専用アプリを使って家電を操作可能。外出先から自宅の照明やエアコンの電源をオン・オフするなどの使い方ができます。

スマートスピーカー対応モデルなら、Amazon AlexaやGoogle Homeを利用しての音声認識にも対応。声で指示するだけで家電を操作できるのがポイントです。また、多くのスマートリモコンは、自動実行するマクロ(シーン)機能を有しており、一定の条件が揃った時に家電の操作を行ってくれます。

温度・湿度・照度などのセンサーを内蔵したモデルも多く、「30°以上になったらエアコンをオンにする」「暗くなったら照明をつける」といったことも可能です。

スマートリモコンの選び方

「プリセット機能」や「音声認識機能」の有無をチェック

By: amazon.co.jp

スマートリモコンは、リモコンのボタンをひとつずつデバイスに記憶させることで操作可能。エアコンや照明など、ボタンの数が少ないリモコンなら問題ないですが、テレビやオーディオなどボタンが多いリモコンだとひとつずつ登録していくのは大変です。

そこであると便利なのが、自動でボタンの登録・設定ができる「プリセット機能」。面倒な手間なく簡単にスマートリモコンが使えるので、機械が苦手な方におすすめです。また、声で家電の操作ができる「音声認識機能」がついていれば、より快適にスマートリモコンが使えます。

使いやすさを重視するなら、「プリセット機能」「音声認識機能」の有無をしっかりとチェックしましょう。

タイマー機能の有無をチェック

By: amazon.co.jp

スマートリモコンには、あらかじめ設定した時間になると自動で電源をオン・オフする「タイマー機能」を搭載した製品があります。「起床時間に合わせてテレビ・照明をつける」「帰宅時間に合わせてエアコンの電源を入れる」など、身の周りの家電を自動で操作可能です。

現在販売されているスマートリモコンの多くはタイマー機能を標準装備していますが、一部の低価格スマートリモコンにはついていないこともあります。家電を自動で操作したい方は、タイマー機能の有無も忘れずに確認しましょう。

温度センサーの有無をチェック

By: amazon.co.jp

自宅にペットや子どもがいると、夏や冬などの季節は、温度管理に気を使います。そんなときにあると便利なのが、室内の温度をひと目でチェックできる「温度センサー」を搭載したスマートリモコンです。

この温度センサーがついていれば「室内の気温が〇〇度になったら自動でエアコンの電源を入れる」「外出先からエアコンの温度を調節する」など、室内温度に合わせて家電の操作が可能なので、留守中でも安心して室内の温度管理ができます。

「マクロ機能」の有無や「IFTTTサービス」対応の不可をチェック

By: amazon.co.jp

スマートリモコンのなかには、複数のルール・手順を記録して自動で実行させる「マクロ機能」を搭載した製品があります。このマクロ機能がついていれば、複数の家電を連動可能。「エアコン・テレビ・照明を同時につける」といった複雑な動作もボタンひとつで簡単に行えます。

また、一連の作業を自動化するサービス「IFTTT(イフト)」に対応していれば、「部屋の電気が消えたら間接照明をつける」「湿度が40%以下になったら加湿器をつける」など、便利な仕組みを自分で作ることも可能です。

購入後のアフターサービスをチェック

購入後のアフターサービスも重要なポイントのひとつ。アフターサービスが充実していれば、何か分からないことがあっても電話やメールですぐに質問できます。機械が苦手な方やセットアップに自信がない方は、アフターサービスの有無もしっかりと確認しましょう。

ちなみに、製品によっては設置からセットアップをすべて代行してくれる「訪問設置サービス」を行っているメーカーもあるので、設定作業が面倒な方はこれらのサービスを利用するのもおすすめです。

スマートリモコンのおすすめ

リンクジャパン(LinkJapan) IoTリモコン eRemote RJ-3

リンクジャパン(LinkJapan) IoTリモコン eRemote RJ-3

7本の赤外線端子を内蔵したことにより、360°赤外線送信ができるスマートリモコンです。向きを気にすることなく、家電を遠隔操作可能。リモコンの赤外線を本製品に記憶させて、スマホアプリからWi-Fi経由で操作します。本製品をリビングや寝室などに複数設置していても、1つのアプリで一元管理可能です。

タイマー機能が充実しているのがポイント。「1回だけ」「平日だけ」「同じ日に繰り返し」といった多彩な実行方法を選択可能です。設定内容はクラウドに保存されるため、スマホの電源が入っていない場合でも、タイマーが実行されます。

クラウド上のデータはAmazonのAWSによって保護されており、セキュリティが高いのもメリット。家庭内ネットワークに侵入されたときでも、家電が勝手に操作される心配を軽減しています。スマホ画面をフリック、あるいはスマホを振るなどのジェスチャーでも家電を操作可能です。

ラトックシステム スマート家電コントローラー RS-WFIREX4

ラトックシステム スマート家電コントローラー RS-WFIREX4

水平方向360°、垂直180°そして見通し30mと赤外線の到達範囲が広いスマートリモコンです。サイズは幅4.5×奥行4.5×高さ1.5cm、重量16gと超軽量コンパクト。壁掛けフックを備えており、設置場所を選ばないのがポイントです。なお、スマートスピーカーはAmazon Alexaに対応。音声だけで家電を操作できます。

IFTTTおよびマクロ機能に対応しており、家電品の自動制御や複数家電の一括操作が可能。さらに、温度・湿度・照度の3つのセンサーを搭載しているのもメリットです。

また、国内メーカーが開発しているため、家電品のプリセットが豊富。QRコードによる初期設定もできるなど、高機能ながら操作も簡単です。初心者をはじめ、幅広い方におすすめ。リーズナブルな価格でコスパにも優れたスマートリモコンです。

ラトックシステム スマート家電コントローラー RS-WFIREX3

ラトックシステム スマート家電コントローラー RS-WFIREX3

495機種以上のリモコンデータがプリセットされたスマートリモコン。リモコンのモデルを選択するだけで登録できて、すぐに利用できるのがメリットです。温度・湿度・照度センサーを内蔵しており、指定温度を超えたときにエアコンをオンにする、暗くなったら照明をつけるなどの使い方ができます。

Appleの専用アプリを利用すれば、iPhoneからSiriに話しかけるだけで家電を一括操作可能。タイマー・マクロ機能に加え、IFTTTにも対応しているので、さまざまな設定に応じてリモコン操作できるのがメリットです。

スイッチボット(Switchbot) スマート家電コントローラー

スイッチボット(Switchbot) スマート家電コントローラー

自動で5000種以上のリモコンを登録できるスマートリモコン。手動での学習にも対応しており、リモコンの型番を選択すれば、ボタンの機能を学習できるのもポイントです。そのほかにも、すべて手動で登録できるモードを備えているので、型番が分からないリモコンも登録できます。

Amazon AlexaやGoogle Homeに対応。スマートスピーカーを用いれば、リモコンを使うことなく音声だけで家電を操作可能。Wi-Fi機能を内蔵しており、スマホを使って外出先から家電を操作できるのもメリットです。IFTTTおよびタイマー機能も搭載しているので、複数の操作を自動実行することもできます。

グラモ(Glamo) iRemocon WiFi IRM-01L

グラモ(Glamo) iRemocon WiFi IRM-01L

さまざまなリモコンの赤外線コードを学習できる、学習型スマートリモコン。高出力の広角赤外線LEDを採用したことにより、全方位360°へ赤外線を送信可能です。家具などの障害物が多い場所では、オプションの赤外線LEDケーブルを接続することにより、赤外線が届きにくい部屋の隅々にある家電も遠隔操作できます。

Wi-Fiに対応しており、スマホやタブレットとの連携が可能。外出先から、エアコンや照明をオンにすることなどができます。また、複数の家電を一括して自動制御するマクロ機能を内蔵している他、タイマー機能を搭載しているのもポイントです。

WEB上に用意された「UIデザイナー」を利用することによって、自分オリジナルのリモコン画面を作成することも容易。ひとつのボタンに複数の機能を割り当てることや、ボタンの登録順の変更などができます。

キングジム(KINGJIM) スマートリモコン EG10

キングジム(KINGJIM) スマートリモコン EG10

白いタマゴ型のフォルムが印象的なスマートリモコンです。電源は単3電池を2本使用しており、コンセントがない場所でも設置できます。また、Wi-Fiに加えてBluetooth機能を内蔵しているのもメリット。Wi-Fiの設定が不要なため、初心者でもスマホとの連携が簡単です。

Amazon AlexaやGoogle Homeに対応しているので、スマートスピーカーを使用した音声認識によるリモコン操作ができます。さらに、プリセットされているリモコン情報は29000種類以上と豊富なのもポイント。面倒なリモコン登録作業の手間が大幅に省けます。

リブスマート(LiveSmart) LS-Mini

リブスマート(LiveSmart) LS-Mini

Amazon AlexaやGoogle Homeに対応しており、スマートスピーカーを利用して音声で家電をコントロールできるスマートリモコン。マクロ・タイマー機能および温度・照度センサーを内蔵しています。

AI機能を搭載してエアコンを自動運転できるのがポイント。朝昼夜、あるいは雨の日などの条件に応じて、エアコン温度を自動調節できます。また、専用アプリだけでなくLINEからも家電を一括操作できるのが特徴。さらに、ジオフェンス機能を搭載しており、スマホの位置情報を利用して家電をコントロールできます。

赤外線の送信範囲は360°で、送信距離は10mです。グループ化機能を備えているので、本機を増設すれば、別の部屋の家電も操作できます。

Iriscargo スマート家電リモコン

Iriscargo スマート家電リモコン

赤外線を360°に送信できるスマートリモコンです。送信距離は約8m。主要なリモコンのデータはプリセットされており、リモコン信号を学習して追加できます。対応していないリモコンも、DIY機能を利用して登録可能です。

アプリを利用してスマホからリモコン操作ができることに加えて、Amazon AlexaやGoogle Homeに対応。スマートスピーカーに話すだけで家電をハンズフリーで操作できます。

ソニー(SONY) 学習リモコン HUIS-100RC

ソニー(SONY) 学習リモコン HUIS-100RC

凹凸が少ないフラットデザインを採用した、スタイリッシュなソニーの学習リモコン。Wi-Fi機能は搭載していませんが、オプションのコントローラーを接続することにより、Bluetooth対応のゲーム機などをリモートで基本操作可能です。最大30個のリモコン機能を本モデルに集約できます。

主要メーカーの各種家電がデータベースに保存されており、リモコンの登録もラクラク。データベースにない赤外線リモコンも学習機能によって利用できます。また、家電を一括操作できるマクロ機能を内蔵しているのもメリットです。

電源はリチウムイオン電池を使用。信号を1日に100回送信した場合でも約1ヶ月間稼働可能。スリープ状態になったときにも画面表示されています。さらに、加速度センサーを内蔵しているのも特徴。リモコンを持つだけで素早く起動できます。

CHUNGHOP 学習リモコン em11

CHUNGHOP 学習リモコン em11

ボタン数が11のシンプルな学習リモコンです。リーズナブルな価格が魅力。ボタンが大きいので、幅広い年代の方でも操作しやすいのがメリットです。

テレビやブルーレイレコーダー、アンプなどのよく使うボタンの機能を1台に集約するといった用途に最適。操作が複雑なリモコンよりも、簡単で使いやすいモデルを探している方におすすめの学習リモコンです。