テレビやエアコン、オーディオなど私たちの身の周りにあふれている家電。スマートフォンやタブレットで一括操作ができる「スマートリモコン」があれば、リモコンが1台で済む上に、外出時にも操作できるので家電の管理がラクになります。

今回は、便利なスマートリモコンを厳選してご紹介。また、スマートリモコンを選ぶ際の注意点やポイントなども分かりやすく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

スマートリモコンとは?

By: amazon.co.jp

家電のリモコン機能を1台に集約できる、便利なアイテムがスマートリモコンです。Wi-FiやBluetoothに対応しており、スマホの専用アプリを使って家電を操作可能。外出先から自宅の照明やエアコンの電源をオンオフするなどの使い方ができます。

スマートスピーカー対応モデルなら、Amazon AlexaやGoogle Homeを利用しての音声認識にも対応。声で指示するだけで家電を操作できるのがポイントです。また、多くのスマートリモコンは、自動実行するマクロ(シーン)機能を有しており、一定の条件が揃った際に家電の操作を行えます。

温度や湿度、照度などのセンサーを内蔵したモデルも多く、「30°以上になったらエアコンをオンにする」「暗くなったら照明をつける」といったことも可能です。

スマートリモコンの選び方

「プリセット機能」や「音声認識機能」の有無をチェック

By: amazon.co.jp

スマートリモコンは、リモコンのボタンをひとつずつデバイスに記憶させることで操作できます。エアコンや照明など、ボタンの数が少ないリモコンなら問題ないですが、テレビやオーディオなどボタンが多いリモコンの場合、ひとつずつ登録していくのは大変です。

そこであると便利なのが、自動でボタンの登録や設定ができる「プリセット機能」。面倒な手間なく簡単にスマートリモコンが使えるので、機械が苦手な方におすすめです。また、声で家電の操作ができる「音声認識機能」がついていれば、より快適にスマートリモコンが使えます。

使いやすさを重視するなら、「プリセット機能」「音声認識機能」の有無をしっかりとチェックしましょう。

タイマー機能の有無をチェック

スマートリモコンには、あらかじめ設定した時間になると自動で電源をオンオフする「タイマー機能」を搭載した製品があります。「起床時間に合わせてテレビや照明をつける」「帰宅時間に合わせてエアコンの電源を入れる」など、身の周りの家電を自動で操作可能です。

現在発売されているスマートリモコンの多くはタイマー機能を標準搭載していますが、一部の低価格スマートリモコンにはついていないこともあります。家電を自動で操作したい方は、タイマー機能の有無も忘れずに確認しましょう。

温度センサーの有無をチェック

By: amazon.co.jp

自宅にペットや子供がいると、夏や冬などの季節は温度管理に気を使います。「温度センサー」を搭載したスマートリモコンなら、室内の温度をひと目でチェックできるので便利です。

温度センサーがついていれば「室内の気温が〇〇度になったら自動でエアコンの電源を入れる」「外出先からエアコンの温度を調節する」など、室内温度に合わせて家電の操作が可能なので、留守中でも安心して室内の温度管理ができます。

「マクロ機能」の有無や「IFTTTサービス」対応の不可をチェック

By: amazon.co.jp

スマートリモコンのなかには、複数のルールや手順を記録して自動で実行させる「マクロ機能」を搭載した製品があります。マクロ機能がついていれば、複数の家電を連動可能。「エアコン・テレビ・照明を同時につける」といった複雑な動作もボタンひとつで簡単に行えます。

また、一連の作業を自動化するサービス「IFTTT(イフト)」に対応していれば、「部屋の電気が消えたら間接照明をつける」「湿度が40%以下になったら加湿器をつける」など、便利な仕組みを自分で作ることも可能です。

対応している家電をチェック

By: amazon.co.jp

使用したい自宅の家電に購入予定のスマートリモコンが対応しているかも重要。スマートリモコンは単体で複数の家電の遠隔操作ができるように設計されているので、多くのメーカーや家電に対応しています。

しかし、スマートリモコンのモデルによって対応するメーカーや家電の種類が異なるので注意が必要。購入する際は事前にスマートリモコンを発売しているメーカーのウェブサイトや、カスタマーサポートへの問い合わせなどで対応するメーカーや家電を確認しておくことをおすすめします。

購入後のアフターサービスをチェック

購入後のアフターサービスも重要なポイントのひとつ。アフターサービスが充実していれば、何か分からないことがあっても電話やメールですぐに質問できます。機械が苦手な方やセットアップに自信がない方は、アフターサービスの有無もしっかりと確認しましょう。

ちなみに、製品によっては設置からセットアップをすべて代行できる「訪問設置サービス」を行っているメーカーもあるので、設定作業が面倒な方は各メーカーのサービスを利用するのもおすすめです。

スマートリモコンのおすすめランキング

第1位 リンクジャパン(LinkJapan) eRemote RJ-3

リンクジャパン(LinkJapan) eRemote RJ-3

低コストでスマートライフを体感できる人気のスマートリモコンです。安い価格にも関わらず、赤外線信号を360°送信できるのが特徴。豊富なメーカーのプリセットに対応し、設定も簡単なので、初心者でも安心して使用できます。

温度センサーを内蔵していますが、専用オプションの「eSensor」と連携することで湿度・照度・音・空気質を含めた合計5つの感知が可能。マクロ機能にも対応するので、室内環境の変化に応じて家電の動作を自動で操れます。

また、Amazon AlexaやGoogleアシスタントとの親和性が高いのもポイント。スマートスピーカーと連携すれば音声での遠隔操作にも対応します。

第2位 ラトックシステム スマート家電リモコン RS-WFIREX4

ラトックシステム(RATOC Systems) スマート家電リモコン RS-WFIREX4

コンパクトボディに高性能を凝縮したスマートリモコンです。重さわずか16g、四辺4.5cmの手のひらサイズながら、赤外線を360°に30m先まで飛ばせるのが特徴。背面には壁掛け用のフック穴を搭載しているので、置き場所の自由度が高いのも魅力です。

豊富な機能も魅力。温度・湿度・照度の3センサーを内蔵し、タイマー機能やマクロ機能も搭載しています。さらに、IFTTTやiPhoneからのSiriショートカットを用いた家電の自動操作にも対応しており、自由度の高い設定カスタマイズが可能です。

多彩なスマートスピーカーにも対応。Amazon EchoやGoogle Homeに加えて、HomePodからも音声操作が行えます。

第3位 ネイチャー(Nature) Nature Remo

ネイチャー(Nature) Nature Remo

スタイリッシュな見た目と導入のしやすさで人気のスマートリモコンです。四辺7.4cmの小型ボディは部屋のインテリアにも調和しやすいのが魅力。背面の両面テープで壁にも取り付けが可能なので、置き場所の自由度が高いのも特徴です。

本体には主要メーカーのリモコン情報が豊富にプリセットされており、リモコンの電源ボタン1つで手軽に登録が可能。型番や年式の古い家電にも広く対応しているので、幅広い家庭で簡単に利用できます。

温度・湿度・照度・人感の4センサーを内蔵。特に、人感センサーは誰も部屋にいない状態が一定時間続くと自動で作動するので、外出時に家電の電源を切り忘れるなどの心配が不要です。

第4位 リンクジャパン(LinkJapan) eRemote mini

リンクジャパン(LinkJapan) eRemote mini

手のひらサイズのコンパクトボディと使いやすさが魅力のスマートリモコンです。eRemoteをダウンサイズしたモデルで、高性能はほぼそのままに大きさと重さが半分程度に収まっているのが特徴。省スペース設計なのでテーブルの上に置いても邪魔になりにくいのが魅力です。

温度センサーは小型化のために省略。しかし、別売オプションの「eSensor」と連携すれば、温度・湿度・照度・音・空気質の感知が可能になり、マクロ機能で家電の動作も自動化できます。

eRemoteと同様、タイマー機能にも対応。さらに、グループ化した家電を状況に合わせて一括操作する「シーン設定」の機能を使えば、出発時や帰宅時に複数の家電をまとめてオンオフできます。

第5位 コヴィア(covia) ORVIBO MagicCube CT-10

コヴィア(covia) ORVIBO MagicCube CT-10

洗練されたデザインと優れた互換性が特徴のスマートスピーカーです。美しくスマートな小型ボディはドイツのiFデザインアワードをはじめとするデザイン賞を各地で受賞。また、全世界で95%に相当する8000種類以上の家電に対応するのもポイントです。

赤外線の放射角度は360°で、到達距離は10m以上をカバー。シーン機能にも対応しており、生活スタイルに応じて複数の家電を一括でルーチン動作させられます。また、天面をダブルタップすれば登録した照明やエアコンなどを一括で電源オフにできるのも便利です。

人感センサーを内蔵するオプションの「Wi-Fiカメラ」と連携すれば、動体検知から家電の自動制御も可能。暗視撮影にも対応するので、ホームセキュリティーとしても活用できます。

第6位 ラトックシステム スマート家電コントローラ RS-WFIREX3

ラトックシステム(RATOC Systems) スマート家電コントローラ RS-WFIREX3

多彩な機能を低価格で使用できるコスパの優れたスマートリモコンです。後継モデルと比較して4割程度安い価格で購入できるので、スマートホーム化を低コストで実現したい方にもおすすめです。

後継モデルとの違いは大きさと赤外線のスペック。直径6.3cmの円柱形に近い設計でやや大きくなっており、赤外線の有効距離も最長20mまでと抑えられています。しかし、ほかの基本性能は共通。後継モデルと同じような使用感が得られます。

500機種以上に対応したプリセットにより設定も簡単。温度・湿度・照度の3センサーを搭載し、タイマーやマクロ、IFTTTなどにも対応します。

第7位 ネイチャー(Nature) Nature Remo mini

ネイチャー(Nature) Nature Remo mini

初心者にも導入がしやすいシンプルな機能のスマートリモコンです。人感センサーをはじめとした4種のセンサーは非搭載ですが、半額以下の安い価格で購入できるため、自宅のスマートホーム化を手軽に実現できるのが魅力です。

重さはわずか約29gで、サイズは四辺5.8cm。充実したプリセットなどの使いやすさはそのままに、本体がより小型軽量化されているのが特徴です。また、背面には壁掛け用の穴が備えられているので、より壁へ設置しやすくなっています。

Nature Remoと同様、スマートスピーカーと連携することで家電の音声操作も可能。Google Home・Amazon Echo・Apple HomePodに対応しています。

第8位 ソシノ(SOCINNO) スマート学習リモコン sRemo-R3

ソシノ(SOCINNO) スマート学習リモコン sRemo-R3

By: socinno.com

便利な機能が充実しているコスパに優れたスマートリモコンです。Google Homeなどのスマートスピーカーと連携することで音声による家電の操作が可能。また、iPhoneからはSiriショートカットで制御もできます。

専用アプリでは操作する家電に応じてリモコン表示のレイアウトが変わるのが特徴。また、内蔵センサーから取得した温度や湿度、照度などの室内環境データをグラフで確認可能です。さらに、メールで通知も受け取れるので、高齢者やペットの見守りにも応用できます。

そのほか、登録したリモコン情報をクラウド上で管理できるのもポイント。万が一本機を破損して買い替えた場合でも、設定を1からやり直さずに済みます。祝日設定が可能なタイマー機能やIFTTT連携にも対応したおすすめのモデルです。

第9位 スイッチボット(SwitchBot) SwitchBot Hub Plus

スイッチボット(SwitchBot) SwitchBot Hub Plus

対応機器の豊富さが特徴のスマートリモコンです。4000以上のブランドが事前に登録されており、最大5000機種の家電を登録が可能。独自の「スマートラーニング」機能により、赤外線リモコンの登録もわずか5秒でできるので、初心者でも簡単に設定できます。

赤外線だけではなくBluetoothによる制御に対応するのもポイント。Bluetoothスピーカーなどの赤外線通信に対応しない家電でも、Bluetoothを介して赤外線家電と同じように遠隔で操作ができます。

タイマー機能に加えて、IFTTTを活用した高度な自動制御にも対応。また、スマートスピーカーと連携すれば、音声アシスタントによる操作も利用できます。

第10位 ライン(LINE) Clova Friends Dock 赤外線リモコン

ライン(LINE) Clova Friends Dock 赤外線リモコン

LINEでは人気キャラクターのブラウンやサリーを模したスマートスピーカーの「LINE Clova」が発売されています。本製品は台座として底部に装着することで、LINE Clovaをスマートリモコンとしても活用できるようにするオプション機器です。

3種類の操作方法を選べるのが特徴。「LINE Clova」のLINE公式アカウントからのボタン操作とメッセージ操作に加えて、「LINEカーナビアプリ」からの音声操作も使用できます。

学習機能を備えており、テレビ・エアコン・照明の登録がスムーズに可能。外出先からの遠隔操作には対応していないものの、安い価格で購入できます。LINEのサービスを日常的に多用している方におすすめです。