部屋で香りを楽しむアロマディフューザー。香りによって気持ちを落ち着かせたり、集中力を高めたりできるので多くの方から人気を集めています。

そこで今回は、風で香りを運ぶアロマディフューザー「FUMA」をご紹介。日本の伝統工芸と最新の技術が組み合わさった今までにないユニークな製品です。

アロマディフューザー「FUMA」とは?

FUMAとは、伝統工芸と最新テクノロジーを組み合わせた画期的なアロマディフューザーです。満月のような美しい球体からは、調香師が作り出したオリジナルアロマが風に乗って漂います。

素材は、「有田焼」と「南部鉄器」の2種類を採用しているのが特徴。和室、洋室限らずインテリアと調和し、おしゃれな印象を与えてくれるのも魅力のひとつです。

香炉をイメージして誕生したFUMAは、癒しとくつろぎの空間を演出します。一味違うアロマディフューザーを探している方におすすめです。

FUMAのこだわり

伝統工芸を活用した素材

FUMAの素材には、伝統工芸を存分に生かした有田焼と南部鉄器を採用しています。有田焼は、天然の鉱物である「天草陶石」を使い、400年以上の伝統技術を用いているのが特徴です。

南部鉄器は、3層に塗装することで色合いに変化をつけ深みを出しています。重厚感のある仕上がりになるのが魅力です。

経年変化を楽しめる土台

球体の土台部分には、なめらかで光沢のある「山桜の木」を使っています。色味は赤みを帯びており、あたたかさを感じられるのが特徴です。

また、時間が経つごとに色味が濃くなっていくのも魅力。時とともに変化する山桜の色合いを楽しんでみてください。

最新テクノロジーの「コアンダ送風技術」

本製品は、サーキュレーターのような送風機能を搭載しています。送風機能には、羽根がないのに風を出す「コアンダ送風技術」を採用しているのが特徴。扇風機のような強い風ではなく、自然のそよ風のように優しいのがポイントです。

本体より出された風は、濃度をあえて不均一にしてアロマの香りを運びます。そのため、同じ濃度の場合より長い時間香りを楽しめるのが魅力。低濃度でもしっかりと香りを感じられるので、高価なアロマオイルでも効率的に味わえます。

調香師が手掛けたオリジナルアロマ

調香師が長年の経験と技術を生かし、香木の最高峰である「伽羅(きゃら)」と、芳香の王ともいわれる「ジャスミン」をイメージしたオリジナルアロマを作り出しました。瞑想などにおすすめの香りです。そのほかにも、さまざまな香料を配合し香りを丸くしています。

FUMAの楽しみ方

空間をデザインと香りで彩る

FUMAはシンプルながら存在感のあるデザインのため、自宅の玄関や寝室、リビングなどさまざまな空間にマッチし上品な雰囲気を演出してくれます。自宅だけでなく、ホテル・旅館・オフィスなど、大勢が訪れる場所にも最適です。

アロマストーンで香りを調節

本製品にはアロマストーンが付属されています。ストーンにアロマオイルを垂らすことで香りが立ち、風が香りを集めて運ぶ仕組みです。

ストーンをたくさん置けば香りは強まり、違う香りのストーンを混ぜて置けば自分だけのオリジナルの香りを楽しめます。セット内のオリジナルアロマだけでなく、市販のアロマも使えるので、好みの香りを試してみてください。

専用アプリで簡単操作

FUMA専用のアプリを使用すれば、風量や風向を簡単に操作できます。リラックスモードでは、強弱のある自然に近い風を広範囲に送風できるのが特徴。サーキュレーターモードでは、強い風を送れます。

そのほかにも、首振り角度や風・光の揺らめきの有無を自由に設定可能です。シーンに応じて送風の変化をつけてみてください。

クラウドファンディング経由でお得にGET!

本製品は、SAKIDORI Storeにて2020年1月下旬までクラウドファンディング中。数量限定の早割特価など、お得なチケットが販売されています。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

FUMA 有田焼

By: fuma.space

FUMA 南部鉄器

By: fuma.space