高級感があり、羽織るだけでコーデがワンランクアップする「リバーコート」。色やデザインを選べばさまざまなテイストのコーデに合わせられます。

おしゃれなだけでなく、軽くてあたたかいため、リバーコートを着れば寒い冬でも安心してお出かけすることが可能。今回は冬に欠かせないリバーコートの選び方とおすすめアイテム、コーデをご紹介します。

リバーコートとは?

By: amazon.co.jp

リバーコートとは、「リバー仕立て」をしているコートのことを指します。リバー仕立てとは2枚の布を1枚として縫い仕立てる技法のこと。裏地が必要なくなるため、着心地が柔らかくなります。羽織る際の滑りをよくする効果もあるので、着崩れを予防することも可能です。

リバー仕立ては手作業で行う必要があります。高級な生地としても知られているうえに、持ちがいいため何年も着続けるコートには特におすすめの仕立て法です。

リバーコートの選び方

丈感で選ぶ

By: amazon.co.jp

リバーコートにはショートからロングまでさまざまな丈のアイテムが揃っています。ショート丈は、カジュアルなコーデやガーリーな雰囲気が好きな方に特におすすめ。ショート丈のリバーコートは凝ったデザインのものが多いので、個性的なアイテムを探している方にもぴったりです。

反対に、エレガントな雰囲気やコンサバ系ファッションが好きな方にはロング丈のものがおすすめ。もともとリバーコートは生地が上質で高級感があるため、上品なコーデにぴったりマッチします。自分の好みやファッションのテイストに合わせたアイテムを選んでみてください。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

リバーコートにはさまざまな素材のものがあり、目的やシチュエーションに合わせて選べます。ウール素材は触り心地もよく上質なので、比較的価格も高め。しかし、あたたかく型崩れしにくいため、何年も着続けるとっておきの1枚として人気があります。

一方、ポリエステル素材は低価格でお手入れも簡単なので、日常使いしやすいのが魅力。水に濡れても乾きやすい性質をもち、シワにもなりにくいため、アクティブに使いたい方におすすめの素材です。流行によって毎年コートを買い替えたい方でも気軽に手に取れます。

色・柄で選ぶ

By: amazon.co.jp

シンプルで大人っぽい印象を目指す方には、黒やネイビーなどダークカラーのリバーコートがおすすめです。さまざまな色の服に合わせやすく、毎朝コーデに悩む時間を短縮できます。はじめてのリバーコートはベーシックなものがおすすめです。

反対に、冬のコーデは暗い色が多くなりがちで重い印象になってしまう方には、ホワイトやベージュなど明るめのカラーがおすすめ。トップスやボトムスがダークカラーでも、明るい色のリバーコートを羽織れば一気に華やかな印象になります。靴や鞄などの小物で黒を選びがちな方にもぴったりです。

デザインで選ぶ

By: rakuten.co.jp

リバーコートには、さまざまな種類のデザインがあります。ベーシックに使いやすいのは、襟がないシンプルなノーカラータイプ。特に冬はマフラーやスヌードなどを身に着けることが多いため、邪魔にならないノーカラータイプが人気。なかでも、Vネックやラウンドネックなど種類があるので、好みに合わせて選べます。

カジュアルなコーデが好きな方にはフードがついたタイプのリバーコートがおすすめ。フードがつくことによって一気にかわいらしい印象になるため、ガーリーなワンピースなどにもよく合います。合わせるトップスやボトムスによってはメンズライクな着こなしも可能なので、さまざまなコーデに取り入れてみてください。

リバーコートのおすすめアイテム

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS) リバー ノーカラー ショートコート

無駄のないミニマルさが魅力のショート丈リバーコート。マフラーなどの巻き物とも合わせやすいノーカラータイプで、ラウンドネックデザインが柔らかな雰囲気を演出します。留め具がなく、気軽にサラッと羽織れるのも魅力です。

素材にはウールとナイロンの混紡生地を採用。あえて起毛させない「ゼロ起毛」にこだわって作られており、なめらかな生地が洗練された印象を与えます。ボリューム感のあるパンツ、スカートと合わせても好バランスにまとまるおすすめの1着です。

ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD) リバーセーラーコート

こなれ感のあるコーデが叶うゆったりシルエットのリバーコートです。セーラーカラーがデザインのポイントになっており、バックスタイルまでおしゃれに決まるのが魅力。シンプルでも少しひねりのあるアイテムが好きな方におすすめです。

ニット×デニムのようなシンプルスタイルにざっくり羽織るだけで様になるので、コーデに悩んだ日にも重宝します。汎用性が高く、かつおしゃれさもアピールできるおすすめアイテムです。

ラグナムーン(LAGUNAMOON) フードリバーコート

ウールを使用したおすすめリバーコートです。フードつきでかっちりしすぎず、デイリーコーデに取り入れやすいのが魅力。一方で、スッキリとしたシルエットや上質な素材感により大人っぽさを演出でき、カジュアルになりすぎないのもおすすめポイントです。

裾にスリットを入れることで、ロング丈ながら軽やかな印象の1着に。ウエストリボンは後ろでまとめたり、前でざっくり結んだりとアレンジを楽しめます。

インディヴィ(INDIVI) ハミルトンウール リバーテーラーコート

大人のハンサムコーデにぴったりのリバーコート。トレンド感のあるゆったりとしたシルエットを採用しつつ、襟を細くすることでシャープな印象に仕上げています。ウエストベルトを締めたときにキレイに着こなせるよう、フロントがスナップ留めになっているのもポイントです。

素材にはオーストラリア・ハミルトン地方で採れたウールを使った生地を採用。軽量で着心地も良好です。着こなしやすいベーシックカラーから、1枚で着映えするカラーまで幅広くラインナップしています。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) バイカラーリバーノーカラーコート

さまざまな着こなしを楽しめるリバーシブル仕様の1着。大人のおしゃれ心をくすぐる、上品なニュアンスカラーに仕上げられています。袖先を少し折り返して、内側のカラーをのぞかせるスタイリングもおすすめです。

オーストラリア産の羊毛など、こだわりの素材を採用しているのもポイント。首元は浅めのVネックで、秋冬の定番アイテムであるハイネックニットと好相性です。

ナノ・ユニバース(nano・universe) リサイクルポリエステル リバーチェックショートコート

大きな襟が印象的な、リバーシブルタイプのリバーコート。普段は内側のチェック柄をのぞかせて大人っぽく、お出かけの日にはチェック柄を表にしてコーデの主役にと、シーンに合わせた着こなしが可能です。

サラッと羽織って着流すのはもちろん、ベルトつきなのでウエストマークしたスタイリングもおすすめ。ウールのような着心地の生地を採用しており、あたたかさと軽量性を兼ね備えています。

グレースコンチネンタル(GRACE CONTINENTAL) リバーガウンフードコート

フード周りと袖先のボリューミーなファーが目を引く1着。リバーコートならではの上品さにファーの華やかさが加わって、冬コーデの主役を張れるアイテムに仕上がっています。重たさを感じさせないスッキリとした丈感ですが、ヒップはしっかりと隠れるため体型カバーも可能です。

ざっくりと羽織ってラフにスタイリングしたり、付属のウエストベルトを結んでアレンジしたりと着こなし方はさまざま。カラーはコーディネートしやすいブラックとベージュがラインナップしています。

エジック(Ezick) リバーメルトンロングコート

エレガントな雰囲気が漂う大人顔リバーコート。ガウンのようなゆったりシルエットが特徴で、こなれ感のあるリラックスコーデが実現します。エフォートレスな大人スタイルを目指す方におすすめです。

また、襟元のアレンジで着こなしの雰囲気を変えられるのも魅力。襟元のボタンを使えばスタンドカラー、襟を倒せばビッグカラーにシフト可能です。きれいな毛の部分のみを厳選した「ピーセスラム」を用いるなど、素材へのこだわりも光ります。

アンタイトル(UNTITLED) トスカーナエアーリバー コンバーチブルカラーコート

通勤スタイルにもおすすめのきれいめリバーコートです。生地はボリューム感のある見た目とは裏腹に、非常に軽量で、かつあたたかいのが特徴。ストンとしたシルエットを活かしてそのまま着ても、ウエストマークしてレディに着こなしてもおしゃれです。

襟元のデザインを変えられる2WAY仕様なのも嬉しいポイント。ステンカラーとチェスターをボタンの留め方で切り替えられ、雰囲気の変化を楽しめます。

ルージュ・ヴィフ ラクレ(Rouge vif la cle) マフラーリバーコート

オンオフ問わず活躍が期待できるおすすめリバーコート。同素材のマフラーが付属しており、統一感のあるスタイリングが叶うのが魅力です。マフラーは首元にぐるりと巻くだけでなく、肩にかけてショールのように使ってもおしゃれに決まります。

コートはコクーンシルエットに仕上げられており、大人かわいい印象。ゆったりとしたサイズ感で、厚手インナーとも合わせられます。カラーが豊富なのも嬉しいポイント。モカ・オフホワイト・ベージュのほか、鮮やかなグリーンもラインナップしています。

ノーク(N.O.R.C) Wフロントミドルコート

大人のハンサムコーデにぴったりなダブルフロントのリバーコート。ヒップが隠れるくらいのショート丈で、ボトムスを活かしたスタイリングが叶います。ワイドパンツやフレアスカートなど、ボリューム感のあるボトムスをよく履く方には特におすすめです。

トレンドのビッグカラーを採用しているのもポイント。袖裏に裏地をつけることで腕通しをスムーズにするなど、快適な着用感にもこだわって作られたおすすめアイテムです。

ドロワット ロートレアモン(Droite lautreamont) ショートリバーノーカラーコート

柔らかくしっとりとした生地の風合いが魅力のショートリバーコートです。スッキリとしたノーカラーデザインで、タートルネックなどのトップスとも好相性。フロントはホック仕様でミニマルに仕上げられています。

全体的にまるみがあり、フェミニンな印象。大人っぽい装いに柔らかさをプラスしたいときにぴったりのアイテムです。

フレイ アイディー(FRAY I.D) パイピングポンチョコート

1枚でコーデの印象を決めるデザイン性の高いリバーコート。体をふわっと包み込むポンチョ型フォルムと、マフラーのような首元のデザインが特徴です。背面は大きなセーラーカラーに仕上げられており、バックスタイルまでおしゃれに決まります。

ウエストベルトはコートに通す仕様で、軽く結ぶだけでシルエットのアレンジが可能。インナーには黒のタートルネックニットなど、引き締まって見えやすいアイテムを選ぶと、コーデ全体が好バランスにまとまります。

リバーコートのおすすめコーデ

ホワイトリバーコートで作る上品フェミニンコーデ

By: wear.jp

ちょっとしたお呼ばれなど、品よくまとめたいシーンにぴったりのコーデです。アウターには上品かつ清楚な雰囲気のホワイトリバーコートをチョイス。揺れ感のあるプリーツスカートと好相性で、フェミニンさのある着こなしに仕上がっています。

ホワイト×ベージュの柔らかなカラーリングも、かわいらしさを感じさせるポイント。ノーカラーリバーコート×ハイネックインナーはバランスよくまとまりやすい組み合わせなので、ぜひ秋冬コーデの参考にしてみてください。

リバーコート×タイトスカートでレディに

By: wear.jp

辛口なスタイリングが光る大人コーデ。上質な素材感のロングリバーコートは、ざっくり羽織るだけで着こなしをクラスアップできるおすすめアイテムです。鮮やかなカラーのものなら、上品かつ新鮮な着こなしが叶います。

インナーには、フェイクスエードのセットアップをセレクト。インナー、アウターともに高級感のある素材のアイテムを選んでラグジュアリーな雰囲気にまとめています。コーデをピリッと引き締めるレオパード柄バッグのチョイスもおしゃれなポイントです。

リバーコートならカジュアルスタイルも上品に仕上がる

By: wear.jp

大人の休日にぴったりなリラックスコーデです。デニムワイドパンツはカジュアルな印象が強いアイテムですが、上品な表情のリバーコートと組み合わせればグッと大人顔の着こなしに。スッキリとしたショート丈リバーコートはボリューミーなボトムスと好相性です。

さらに、ウエストマークすることできれいめ感がアップ。ゆったり過ごす休日も手を抜かずおしゃれに過ごしたい方はぜひ参考にしてみてください。