高級感があり、羽織るだけでコーデが完成する「リバーコート」。色やデザインを選べばどんなテイストのコーデにも合わせられます。

おしゃれなだけでなく、軽くて暖かいため、リバーコートを着れば寒い冬でも安心してお出かけすることが可能。今回は冬に欠かせないリバーコートの選び方とおすすめアイテム、コーディネートをご紹介します。

リバーコートとは?

By: rakuten.co.jp

「リバーコート」とは、“リバー仕立て”をしているコートのことを指します。リバー仕立てとは2枚の布を1枚として縫いたてる技法のこと。この処理を施すと裏地が必要なくなるため、着心地が柔らかくなります。羽織る際の滑りをよくする効果もあるので、着崩れも防ぐことが可能です。

リバー仕立ては手作業で行う必要があるので、高級な生地としても知られているうえに、持ちがいいので何年も着続けるコートには特におすすめの仕立て法です。

リバーコートの選び方

丈感で選ぶ

By: amazon.co.jp

リバーコートにはショートからロングまでさまざまな丈のアイテムが揃っています。ショート丈は、カジュアルなコーデやガーリーな雰囲気が好きな方に特におすすめ。ショート丈のリバーコートは凝ったデザインのものが多いので、個性的なアイテムを探している方にもぴったりです。

反対に、エレガントな雰囲気やコンサバ系ファッションが好きな方にはロング丈のものがおすすめ。もともとリバーコートは生地が上質で高級感があるので、上品なコーデにぴったりマッチします。自分の好みやファッションのテイストに合わせたアイテムを選んでみてください。

素材で選ぶ

By: rakuten.co.jp

リバーコートにはさまざまな素材のものがあり、目的やシチュエーションに合わせて選べます。ウール素材は触り心地もよく上質なので、比較的価格も高め。しかし、あたたかく型崩れしにくいので、何年も着続けるとっておきの一枚として人気があります。

一方ポリエステル素材は低価格でお手入れも簡単なので、日常使いしやすいのが魅力。水に濡れても乾きやすい性質をもち、シワにもなりにくいため、アクティブに使いたい方におすすめの素材です。流行によって毎年コートを買い替えたい方でも気軽に手に取れます。

色・柄で選ぶ

By: rakuten.co.jp

シンプルで大人っぽい印象を目指す方は、黒やネイビーなどダークカラーのリバーコートがおすすめです。どんな色の服にも合わせやすく、毎朝コーデに悩む時間を短縮できます。はじめてのリバーコートはベーシックなものがおすすめです。

反対に、冬のコーデは暗い色が多くなりがちで重い印象になってしまう方には、ホワイトやベージュなど明るめのカラーがおすすめ。トップスやボトムスがダークカラーでも、明るい色のリバーコートを羽織れば、一気に華やかな印象になります。靴や鞄などの小物で黒を選びがちな方にもぴったりです。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

リバーコートには、さまざまな種類のデザインがあります。一番シンプルでベーシックに使いやすいのは、襟がないノーカラータイプ。特に冬はマフラーやスヌードなどを身に着けることが多いので、邪魔にならないノーカラータイプが人気。なかでもVネックやラウンドネックなど種類があるので、好みに合わせて選べます。

カジュアルなコーデが好きな方にはフードがついたタイプのリバーコートがおすすめ。フードがつくことによって一気にかわいらしい印象になるので、ガーリーなワンピースなどにもよく合います。合わせるトップスやボトムスによってはメンズライクな着こなしも可能なので、さまざまなコーデに取り入れてみましょう。

リバーコートのおすすめアイテム

セルフォード(CELFORD) リバーコート

セルフォード(CELFORD) リバーコート

襟が幅広にデザインされたリバーコートです。顔周りに大きな襟があることで、華やかで女性らしい印象に。共布のベルトが付属しているので、ベルトを後ろでゆったり結んだり、前で締めて防寒したりと2パターンの着こなしが楽しめます。特に冬は着膨れが気になることもあるので、ベルトでスタイルアップが叶うのは嬉しいポイントです。

ベージュ以外にもラベンダー・アイボリー・ネイビーとカラー展開があるので、好みに合わせて選べます。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) FFC LaPorte リバーショートコート

ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) FFC LaPorte リバーショートコート

合わせやすいショート丈のアイテムです。素材は毛が73%と高級感がありますが、短い丈とカラーがカジュアルな印象に。オーバーサイズで袖に丸みがあるので、ゆったり羽織ればトレンド感を演出できます。

ホワイトとベージュの2色展開なので、ホワイトだと少し甘すぎる方にはベージュもおすすめです。

スナイデル(SNIDEL) フードリバーコート

スナイデル(SNIDEL) フードリバーコート

上品なハリ感が魅力的なスナイデルのリバーコートです。ウール70%素材のため、軽くてあたたかいのが特徴。ロング丈なので真冬でも着ることが可能です。

Aラインシルエットとフードのついたデザインが、ガーリーな雰囲気を演出します。かわいいだけでなくカジュアルな印象もあるので、デイリー使いにぴったりのアイテムです。

カラー展開はネイビー・アイボリー・ピンクの3色。かわいい雰囲気でまとめたい方にはピンク、大人っぽさも取り入れたい方にはネイビーがおすすめです。

スナイデル(SNIDEL) リバーウールボアコート

スナイデル(SNIDEL) リバーウールボアコート

ボアタイプのリバーコート。カジュアルな印象が強いボアと、しっとりした印象のスエードがリバー仕立てになっています。ノーカラーで顔周りをすっきりさせることで上品な仕上がりに。

丸みのあるシルエットが、程よい抜け感を演出します。袖回りがゆったりしているので、中に厚手のニットを合わせることも可能。表裏どちらにもポケットがついているので、シーンや気温に合わせて自由に使い分けられます。

エニィスィス(any SiS) リバーシブルウールリバーコート

エニィスィス(any SiS) リバーシブルウールリバーコート

チェック柄がカジュアルで日常使いしやすいアイテムです。リバーシブルのため、チェックを全面に出す着こなしと、顔周りだけのアクセントとして使う着こなしの2パターン楽しめます。

全体的にゆったりしたシルエットなので、中に着る服を選ばないのも嬉しいポイント。ハーフ丈なので、どんなコーデにも組み合わせられる使いやすいリバーコートです。

ダークブラウン系やネイビー系などの4色展開で、色によってがらっと雰囲気が変わるので、チェックしてみてください。

ケービーエフ(KBF) ノーカラーリバーコート

ケービーエフ(KBF) ノーカラーリバーコート

ガウンのようなデザインが大人っぽいケービーエフのノーカラーリバーコートです。主にポリエステルと毛を使用しているので、軽くてシワになりにくいのが特徴。大きめのポケットは実用性だけでなく、カジュアルな印象を与えます。

リバーシブルで着用可能なので、一着で2パターンの着こなしを楽しめるのもおすすめポイント。気分やコーデによって使い分けることが可能です。グレーとベージュの2色展開ですがどちらも柔らかい色合いなので、フェミニンなコーデにぴったりマッチします。

エミ(emmi) emmi atelier リバーコート

エミ(emmi) emmi atelier リバーコート

エコウールを使用したあたたかみのある風合いがポイントのリバーコートです。ロング丈シルエットは、羽織るだけでこなれ感を演出。サイドに深くスリットが入っているので、長め丈でも動きやすい仕上がりになっています。

付属のベルトは前と後ろどちらでも結べるので、コーデに合わせて雰囲気を変えられます。フロントに1つスナップボタンがついているため、ベルトなしでも楽しめるのが魅力です。

個性的なミントカラーのほかには、上品なブラウンと軽やかなライトベージュが展開されています。カラーによって雰囲気が大きく異なるので、ぜひお気に入りのカラーをみつけてみてください。

ミラ オーウェン(Mila Owen) ベルト付ノーカラーリバージャケット

ミラ オーウェン(Mila Owen) ベルト付ノーカラーリバージャケット

リバーシブル仕様で2パターンのコーデが楽しめるリバーコート。ベージュの裏側は淡いピンク色になっており、その日の気分や服装に合わせて着まわせます。

ヒップが隠れるミディアム丈なので、パンツでもスカートでも合わせやすく、マルチに使えるアイテム。ノーカラータイプなので、マフラーやスヌードをつけたときにすっきり着られるところもおすすめのポイントです。

アンタイトル(UNTITLED) リバーフーデットショートコート

アンタイトル(UNTITLED) リバーフーデットショートコート

フードとショート丈の組み合わせがナチュラルなアンタイトルのリバーコートです。台襟がついており、ボタンを留めたときに襟が首に沿うので、マフラーなどをしなくても暖かく過ごせます。

袖回りと胴回りがゆったりした作りのため、ボタンを留めて着ると一見ポンチョのようにも見え、ガーリーな雰囲気に。カラーはブラック・ナチュラル・サンドベージュの3色展開で、どんなコーデにも合わせやすいベーシックカラーが揃っています。

グレースコンチネンタル(GRACE CONTINENTAL) チェックリバーコート

グレースコンチネンタル(GRACE CONTINENTAL) チェックリバーコート

大胆なチェック柄のリバーコートです。リバーシブルになっており、気分によってチェック柄と無地を使い分けられます。コート本体だけでなく、袖のフォックスファーも取り外しが可能なうえ、共布のベルトもついているため、何パターンもの着こなしが叶うアイテムです。

鮮やかな配色が目を引くピンクと、落ち着いた上品なグレーの2色展開です。それぞれ裏地の色も異なるので、その日のコーデによってさまざまなアレンジを楽しめます。

リバーコートのおすすめコーデ

マフラー付きリバーコートで統一感のあるコーデ

By: wear.jp

マフラーがセットになったリバーコートを使ったコーデです。明るい印象のカラーリングが印象的で、ダークカラーがメインのコーデも一気に軽やかに。袖口をラフにまくることで、裏側のサックスブルーがのぞき、程よいアクセントになっています。

コートとマフラーはリバーシブル仕様のため、気分によってグレーとサックスブルーを使い分けることが可能で、インナーや小物は同じままでもたくさんの着こなしが楽しめます。

アシメスカート×リバーコートの個性派コーデ

By: wear.jp

大胆なデザインのアシンメトリースカートと、大人っぽいリバーコートの組み合わせが個性的なコーデです。スカート単体で見るとチェック柄やヘムラインがガーリーな印象ですが、フルロング丈のリバーコートが合わさることで一気にモードな印象になります。

ダークカラーでフルロング丈のコートは重く見えがちなアイテムですが、透け感のあるソックスを合わせることで重さを緩和。程よく抜け感のあるおしゃれなコーデに仕上がっています。明るいトップスを合わせているのも、抜け感を出すための大切なポイントです。

明るいカラーのリバーコートでフェミニンに

By: wear.jp

明るいベージュカラーのリバーコートを使ったフェミニンな印象のコーデです。黒のトップスでもベージュのコートを合わせることで、重くならず爽やかに仕上がります。トップスと同じ黒いパンプスを合わせることで、引き締まった印象に。

同じブラウン系のカラーでも、少しずつ素材やテイストを変えることで、コーデが単調になることを防いでいます。上品なアイテムをバランスよく組み合わせているので、日常使いだけでなく、ちょっとしたお呼ばれなどにも活躍するコーデです。

ミドル丈のリバーコートでメンズライクなコーデ

By: wear.jp

ミドル丈のリバーコートをパーカーと合わせ、メンズライクに仕上げたコーデです。リバーコート単体で見ると上品な印象のアイテムですが、パーカーのフードを首元から出すだけで一気にカジュアルに。パーカーのロゴとコートのオレンジがリンクし、統一感のある仕上がりになっています。

ボトムスとシューズを黒でまとめることで、上半身のアイテムがより目立ち、印象的なコーデに。メンズライクな雰囲気ですが、華奢なフープピアスを合わせることで女性らしさも忘れない完成度の高い仕上がりになっています。

ホワイトコート×デニムジャケットの上級者向けコーデ

By: wear.jp

ホワイトのリバーコートにデニムジャケットを合わせた、おしゃれ上級者向けのコーデです。コートはノーカラーのためデニムジャケットの襟がのぞき、アクセントになっています。ロング丈のリバーコートにデニムジャケットとボーダーのトップスを合わせることで、さらにカジュアルな印象に。

かっちりしたバッグとシンプルなパンプスを合わせることで、大人っぽさを残したところもポイント。真冬はもちろん、春先にもおすすめのコーデです。

寒い時期のコーデはコートを主役に

By: wear.jp

外にいる間はほぼコートを脱ぐことがない寒い時期は、コートを主役にしたコーデがおすすめ。特に、冬の時期に外での予定がある場合は、トップスやボトムスよりもコートの印象が強くなります。

タートルネックのトップスを合わせているため、防寒対策もばっちり。コートのラインをきれいに出すため、中はシンプルにまとめているところもポイントです。大ぶりなピアスが顔周りを飾ることで、上品ながらも華やかな印象に仕上がっています。

モノトーンコーデにコートの色でアクセント

By: wear.jp

ブラックのトップスにホワイトのパンツを合わせたモノトーンコーデに、コートでアクセントをつけています。ボルドー×オレンジの組み合わせが華やか。直線的なラインのネックレスを合わせることで、よりハンサムな印象になっています。

足首をのぞかせ肌を見せることで、冬でも抜け感のあるコーデに。全体的にシンプルですが、フードがついたリバーコートのため、カジュアルな雰囲気もあります。通勤にもおすすめのコーデです。