サイクリスト待望の? 指紋認証ロック。

都市部のサイクリストの悩みは自転車の盗難対策。アンロックがめんどうなので、少しならカギなしで大丈夫だろうとちょっと目を離したすきに盗られ、あっという間に転売されることも。手軽で安心できるロックの登場が待たれていましたが、ここへきて出ました! Kickstarterのプロジェクトで、サイクリストの気持ちが十分にくみ取られた、指紋認証バイクロック Grasp をご紹介いたします。

スゴいよ!指紋認証

いくら頑丈なバイクロックでも、そのカギをなくしたり、場合よってはピッキングされることも。それが指紋認証システムならストレスや不安が激減!

iPhone などでの普及で、指紋認証の便利さはもはや説明の必要がないかもしれません。Grasp には信頼のおける指紋センサーが搭載されているとのことです。

Grasp で自転車のフレームを太いフェンスと挟むだけで簡単ロック。暗がりで急いでアンロックしなければならないときも指をセンサーに合わせて外すだけ!

アプリと連動

スマートフォンのアプリを起動し、Grasp とペアリング。最高20までの指紋を登録できるので、家族に自転車を取りに行ってもらうなど、不測の事態にも対応できるのが安心。

また、万が一指紋認証でアンロックできなくなった場合は、アプリを用いてBluetooth経由で緊急アンロックできます。行き届いていますね!

頑丈です

Grasp は市場でも最高クラスの頑丈さをもったロックと同様の硬化鋼が使われ、ヒンジの部分は頑丈なスチールシェルで補強されており、その形状と相まってあらゆる”攻撃”に耐えられるようになっています。

単4電池式でバッテリー切れの場合、交換するまでアンロックできない Grasp は99ドルから。これでストレスフリーなバイクライフが実現するかも!