丈が短いショートブーツは、さまざまなコーディネートに合わせやすいのが特徴。気軽に普段のファッションに取り入れられます。丈が長いスカートやワイドパンツなどのボトムスにも合わせやすく、普段のコーデのマンネリ回避にも役立つのが魅力。1足持っていると便利です。

そこで今回は、おすすめのショートブーツと選び方のポイントをご紹介します。流行りのショートブーツを取り入れて、さまざまなスタイルを楽しみましょう。

ショートブーツの選び方

素材で選ぶ

ショートブーツのなかには、レザーやスエード素材を採用したものや、天然ゴムを使用したレインブーツなど、さまざまな種類があります。ショートブーツを選ぶ際には、まず素材をチェックしましょう。

レザーのショートブーツは、季節を問わず使いやすいのが特徴。革製品はお手入れが大変なイメージがありますが、きちんとお手入れすれば長く使えます。スエードとは、レザーを起毛させたやわらかい素材のこと。あたたかみのある印象になるので、寒い時期におすすめです。

レインブーツは雨の日用で、ラバー素材のものやPVC(ビニール)素材のものが主流。最近ではおしゃれなデザインのものが多く、雨の日はもちろん普段使いもしやすいため、1足持っておくと便利です。

ヒールの高さで選ぶ

ショートブーツを選ぶ際には、ヒールの高さもチェックしましょう。5cm程度のヒールのショートブーツは、程よくスタイルアップ効果が期待でき、上品な印象になります。

一方、歩きやすさを重視するならヒールが低めのショートブーツがおすすめです。カジュアルさを出したいときにもぴったり。きれいめなトップスやスカートと合わせて、甘辛ミックスコーデにもマッチします。

色で選ぶ

色で選ぶのもポイントです。さまざまな服に合わせやすいものを選ぶなら、黒のショートブーツがおすすめ。足元に黒を持ってくると、全体を引き締められるので、コーディネートがまとまります。きちんとした服装からラフな服装まで、さまざまなシーンで活躍するのが魅力です。

また、さまざまな服装に合わせやすい色としては、茶色も人気。黒と比べて足元が重くなりすぎず、こなれた印象になります。ベージュもコーデに明るさをプラスできるのでおすすめです。

逆にトップスやボトムスに黒や茶色などのベーシックカラーが多い方は、足元にアクセントカラーを取り入れることで、いつもと違った装いが完成します。

デザインをチェック

ショートブーツには、チャックやベルトつきのブーツやサイドゴアブーツ、レースアップブーツなど、さまざまな種類があります。サイドゴアブーツとは、ブーツの側面にゴムの布が入ったブーツのことです。

サイドゴアブーツは伸縮性があるため、通常のブーツと比べて着脱しやすいのが魅力。見た目もすっきりしており幅広く使えて便利です。

レースアップブーツは靴ひもを編み上げるタイプのブーツ。サイドゴアブーツと比べて着脱にひと手間かかりますが、安定した履き心地が得られます。コーデを華やかに演出したり、ボーイッシュ感を出したり、おしゃれな印象に仕上がるのでおすすめです。

ショートブーツのおすすめブランド

ファビオルスコーニ(FABIO RUSCONI)

By: fabiorusconi.jp

イタリアのシューズデザイナーであるファビオルスコーニが、1998年に立ち上げたブランド。多くの女性から人気を集めています。トレンド感がありながらも、履き心地のよさを備えていると人気です。

シンプルで上品なフラットシューズやパンプス、スリッパやブーツなどの幅広い製品がラインアップ。ビジネスや普段使いなど幅広いシーンで活躍するのが魅力です。

クラークス(Clarks)

By: amazon.co.jp

クラークスは1825年にイギリスではじまったシューズブランド。イギリスで最も古いといわれている老舗です。ベーシックなデザインで幅広い年代の方から愛されており、男女問わず人気を集めています。

上品な格好からアウトドアスタイルまで合わせられるので、さまざまなコーディネートに使えるのがポイントです。クラークスには上品なシューズがたくさん揃っていますが、なかでも定番の「デザートブーツ」は、シンプルで人を選びません。カラーバリエーションが多いのも魅力のひとつです。

ドクターマーチン(Dr.Martens)

ドクターマーチンは、1947年にドイツで事業をスタートしたシューズブランド。ドイツ空軍飛行場から廃棄されたゴムタイヤを使ってできたブーツは女性たちから支持を集め、人気ブランドとして成長しました。

ドクターマーチンのブーツといえば、靴底を一周するようにあしらわれた黄色のステッチが大きな特徴。丈夫で長く使えるのも魅力のひとつです。シンプルなデザインで、スタイルを選ばずさまざまなシーンで活躍します。

なかでも、定番ブーツとして知られているのは8ホールブーツ。スタイリッシュなデザインの8ホールブーツは、1960年に誕生して以来、現在も人気を集めています。

ショートブーツのおすすめアイテム

ファビオルスコーニ(FABIO RUSCONI) ポインテッドトゥ ローヒール ショートブーツ

上品な足元のスタイリングが叶うおすすめショートブーツ。ポインテッドトゥと細めヒールがフェミニンな雰囲気を醸し出します。シャープなシルエットながら、足先の締め付け感が少なく履き心地は良好です。

ヒールは5cmとほどよい高さで、スタイルアップ効果が期待できます。スカートやワンピースと好相性なのはもちろん、パンツスタイルも女性らしく仕上がるおしゃれな1足です。

ファビオルスコーニ(FABIO RUSCONI) サイドゴア ショート ブーツ

ファビオルスコーニらしい美シルエットが魅力のショートブーツ。サイドゴアタイプで着脱がしやすく、デイリーユースにぴったりです。シンプルでさまざまなボトムスと合わせやすく、ワードローブに揃えておけばヘビロテアイテムとして活躍します。

ヒールの高さは5.5cm。太めのチャンキーヒールなので安定感があり、ヒールブーツを履き慣れていない方にもおすすめです。

クラークス(Clarks) メミロー

デイリーユースにぴったりな履き心地のよい1足です。ヒールは3cmと低めなので歩きやすく、たくさん歩く日にもおすすめ。さらに、二重密度の衝撃吸収クッション「Cushion Plus」を搭載したインソールが足への負担を軽減します。

ベルトがクールなアクセントになっており、大人っぽい装いとも難なくマッチ。内側にゴア、外側にジップを備えており着脱も楽にできます。秋冬のメインブーツとして活躍が期待できるおすすめアイテムです。

ドクターマーチン(Dr.Martens) 1460 8ホールブーツ

1960年に誕生し、現在でも高い人気を有するドクターマーチンのファーストモデルです。レースアップデザインがクールで、辛口のスタイリングを好む方におすすめ。ブランドのアイコンであるイエローステッチやヒールループがアクセントになっています。

個性があるので合わせにくそうに見えますが、意外にも幅広いスタイルと相性がよく使い勝手も良好。細身パンツと合わせてとことんマニッシュにまとめるのはもちろん、あえて甘めワンピースの足元に取り入れて引き締めポイントを作るのもおすすめです。

アグ(UGG) CLASSIC MINI II

上質なムートンブーツを手掛ける人気ブランド「アグ」のアイコンブーツ。まるみを帯びたかわいらしいフォルムが特徴で、身に着けるだけでカジュアルな装いが実現します。素材には天然のシープスキンを採用しており、上質な素材感にこだわって選びたい方にもおすすめです。

アッパーにはスコッチガードプロテクターを施すことで撥水性、防汚性をプラス。デイリーアイテムに求められるタフさも備えた1足に仕上げられています。カラーバリエーションが豊富なのもうれしいポイントです。

オリエンタルトラフィック(ORiental TRaffic) レインショートブーツ

雨の日もおしゃれを諦めたくない方におすすめの1足。アッパーに合成ゴムを採用したレインショートブーツで、天候が悪くなりそうな日に頼りになります。一見レインブーツと分からないデザインなので、普段使いにもぴったりです。

スッキリとしたサイドゴアデザインはパンツ・スカート・ワンピースなどさまざまなアイテムにマッチ。内側には厚手ナイロンを用いることで履き心地にも配慮されています。3.8cmのローヒールで安定感があるのもうれしいポイントです。

スライ(SLY) SIMPLY SHORT ブーツ

キュッと引き締まったシルエットが美しい細身のショートブーツ。スクエアトゥデザインも相まって、洗練された印象の1足に仕上げられています。コーディネートを引き締めたいときに取り入れるのがおすすめです。

また、ウッド調の太ヒールがミニマルなデザインのアクセントに。カラーは定番のブラック、アイボリーに加えて、着こなしがパッと華やぐオレンジもラインナップしています。

スナイデル(SNIDEL) スウェルショートブーツ

まるみのあるトゥがかわいらしいショートブーツ。ミニマルなデザインながら、柔らかなフォルムによりさりげない女性らしさを演出できます。全体のバランスを考慮して、センターステッチを施しスッキリとしたデザインに仕上げているのもポイントです。

ヒールの高さはサイズによって多少異なり、5.2~5.4cm。安定感のある太めヒールにすることで、歩きやすさと美脚効果を両立しています。

メヌエ(menue) 完全防水 ラグソール スエード サイドゴア レインブーツ

ロングシーズン活躍が期待できるレインショートブーツです。一体型成形により作られた防水アイテムで、凹凸のある合成ゴムソールを備えているためグリップ力も良好。雨の日はもちろん、雪の日にも適しています。

PVCとナイロンスエードを組み合わせることでレインブーツに見えないおしゃれな1足に。晴れの日に履いていても違和感がなく、普通のショートブーツ感覚で取り入れられます。

たくさん歩く日も快適に過ごせるよう、ヒールは約2cmと低めに設計。カラーはブラック・ダークブラウン・グレーベージュがラインナップしています。

フィン(Fin) 軽量ストレッチスニーカーブーツ

ストレッチ素材を採用し、心地よい着用感を実現した1足。スエード調とレザー調の2タイプがラインナップしており、素材感によって印象がガラリと変わります。

分厚いスニーカーソールを備えたスポーティなデザインも魅力。7.3cmの厚底ソールにより脚長効果が期待できます。

カジュアルなスタイルにマッチするのはもちろん、女性らしい着こなしのハズしアイテムとして取り入れてもおしゃれ。秋冬コーデに新鮮さをプラスできるおすすめショートブーツです。

フーズフーチコ(who’s who Chico) サイドゴアボリュームショートブーツ

旬な足元のスタイリングが叶うおすすめショートブーツ。トレンド感のあるゴツゴツとしたボリュームソールが特徴で、5.7cmのヒールによりスタイルアップも狙えます。つま先周りにほどよくゆとりがあり、履き心地がよいのもうれしいポイントです。

足元にしっかりとボリューム感が出るので、ミニ丈ボトムスと合わせると好バランスに。また、タイトスカートやマーメイドスカートなど、細身シルエットのボトムスと組み合わせればゴツめのシルエットがより際立ちます。

エミュ オーストラリア(EMU Australia) Thresher 厚底サイドゴアムートンブーツ

履き心地のよいムートンブーツを手掛ける「エミュ オーストラリア」のおすすめアイテムです。ムートンブーツにサイドゴアデザインを取り入れ、新鮮かつ快適な1足に。履き口のファーがかわいらしく、季節感のある装いが実現します。

靴底には厚底のシャークソールを搭載。見た目にインパクトがあるのも魅力です。上質なシープスキンを採用したアッパーには撥水加工が施されており、出先で少し雨に降られても安心。さまざまなシーンで履きやすい、おすすめのショートブーツです。

オデット エ オディール(Odette e Odile) レースアップ ショートブーツ60

スッキリとした細身シルエットの大人顔ショートブーツです。細かい編み上げデザインがクラシカルな雰囲気を演出。スカートやワンピースなどを取り入れた上品なスタイルと好相性です。

ブラック、ブラウンと定番のカラーがラインナップされており汎用性も良好。ヒールは6cmとやや高めで、大人っぽく履きこなせます。レースアップタイプですがサイドファスナー付きなので簡単に着脱可能です。

アルテミス バイ ダイアナ(artemis by DIANA) 超軽量本革ショートブーツ

軽量性にこだわって作られたおすすめショートブーツ。本革を採用していながら、片足250gという軽さを実現しています。スッキリとしたデザイン、フォルムに仕上げられており、見た目にも軽快な印象です。

靴底には、日本製のEVAソールを採用。大きく刻みを入れてあるため反りがよく、歩きやすいのが魅力です。

さらに、フィット感のよいカップインソールを搭載しているため、履き心地も良好。軽さや快適さを重視してショートブーツを選びたい方は要チェックです。

ショートブーツのおすすめコーデ

スクエアトゥショートブーツはきれいめスタイルと好相性

By: wear.jp

セットアップを用いたきれいめの秋コーデです。ジャケット×パンツのセットアップはかっちりとした雰囲気がありますが、ジャケットを肩掛けすることでリラックス感のある休日スタイルにシフト。インナーには白のリブニットをチョイスして大人っぽくまとめています。

また、テーパードシルエットのパンツからブーツにかけてのラインが美しく、洗練された印象のコーデに。スクエアトゥのショートブーツはトレンド感があり、かつ着こなしをスッキリとまとめられるおすすめアイテムです。

ボトムスと色をつなげてスタイルアップ

By: wear.jp

冬のデートにぴったりなガーリーコーデ。ホワイト×ベージュは、清楚で上品な印象を与えられるおすすめのカラーリングです。

一方でのっぺりしやすい組み合わせでもあるので、柄物アイテムを取り入れるなどしてメリハリをつけるのがおしゃれにまとめるポイント。小物でアクセントカラーを効かせるのもおすすめです。

足元には上品なフォルムのショートブーツをチョイス。チェックスカートと色をつなげれば全体にまとまりが出るとともに、脚が長く見えスタイルアップも狙えます。

カジュアル×きれいめのバランスを参考に

By: wear.jp

カジュアルアイテムときれいめアイテムをバランスよく組み合わせたおしゃれコーデ。落ち着いた色味をメインにして大人っぽくまとめつつ、グリーンのパーカーで差し色を入れてメリハリを演出しています。アニマル柄バッグで遊び心をプラスしているのもおしゃれポイントです。

足元に選んだのは、分厚いソールを備えたスニーカーブーツ。スポーティな要素が加わり、こなれ感漂う大人カジュアルスタイルに仕上がっています。

ミニスカート×ショートブーツで旬なスタイルを楽しむ

By: wear.jp

ほんのり甘さのある大人かわいい冬コーデ。ミニ丈ボトムスとボリューム感のあるショートブーツの組み合わせは、旬度の高い着こなしを楽しめるおすすめの組み合わせです。ゴツめのフォルムがミニスカートの甘さを軽減させ、バランスよくまとまります。

また、メランジニットのセットアップにモコモコのファーベストを重ねることで、シーズンムードあふれるレイヤードスタイルに。トレンド感や季節感を意識したおしゃれなコーデを目指す方はぜひ参考にしてみてください。