上品でラグジュアリーなアイテムが揃うフランスのブランド「ゲラン」。フレグランスとコスメを中心に扱っており、なかでもゲランの香水は多くの女性が憧れる人気アイテムです。フェミニンな雰囲気を引き立てる魅力的な香水が数多くラインナップしています。

今回は、ゲランのおすすめ香水を一挙にピックアップ。香水に込められた意味や香りの特徴など、アイテムごとに詳しくまとめたのでぜひ購入の際の参考にしてみてください。

ゲランとは?

By: guerlain.com

「ゲラン」は、創業者のピエール フランソワ・パスカル・ゲランによって1828年に設立されたフランスを代表する香水・化粧品ブランドです。確かな品質はもちろん、上品でラグジュアリーなパッケージデザインも魅力で、世界中の多くの女性から人気を集めています。

1853年にナポレオン3世の皇后であるウジェニーに香水を献上し、皇室御用達ブランドとしての地位を確立。ナポレオン家の紋章である蜂をモチーフにした香水ボトルは後に「ビーボトル」と名付けられ、現在も多くの香水に採用されています。

現在ゲランの香水を手がけているのは、5代目調香師のティエリー・ワッサー。創業者一族以外から初めて登用された人物で、天賦の才能を持つ調香師として注目されています。

ゲランの香水の特徴

By: guerlain.com

ゲランには、エレガントな香りの香水が豊富にラインナップされています。「ミツコ」や「夜間飛行」をはじめ、小説から着想を得て作られたロマンティックな香水が多いのも特徴です。

フローラル系・シプレー系・オリエンタル系など、香りの種類はさまざま。女性らしさを演出するならフローラル系、大人っぽさを重視するならシプレー系、魅惑的な雰囲気をまといたいときはオリエンタル系の香水がおすすめです。

ゲランは香水の材料にもこだわっており、希少な天然香料をふんだんに使用しています。さらに合成香料を加えることで香りに厚みが出て、持続性もアップ。そのため、ラストノートまで力強く香ります。

また、おしゃれな香水のボトルデザインも大きな魅力。蜂モチーフをあしらったビーボトルのほか、錬金術師が用いる瓶から着想を得た「クアドリローブボトル」など、ブランドのこだわりがボトルに込められています。

ゲランの香水おすすめアイテム

ゲラン(Guerlain) モン ゲラン オーデパルファン

ゲラン(Guerlain) モン ゲラン オーデパルファン

ゲランの5代目調香師ティエリー・ワッサーによって生み出された注目香水「モン ゲラン」。世界的な人気を誇る女優であるアンジェリーナ・ジョリーにインスパイアされた香りは力強さと優しさを兼ね備えており、女性の魅力を引き立てます。

香水の印象を大きく左右するトップノートには、希少なプロヴァンス産カーララベンダーを採用。ベルガモットも加え、フレッシュかつ華やかな香りに仕上げています。

次に顔を出すのは、気品たっぷりの香りを持つジャスミンサンバック。最後はフェミニンなフローラルの香りを、タヒチ産バニラビーンズとオーストラリア産サンダルウッドの贅沢な香りが包み込みます。

また、ゲランの象徴ともいえるクアドリローブボトルも注目ポイントです。1908年に作られたデザインをベースとしつつ、改良を加えてよりモダンなルックスに。香水のネック部分にあしらわれたゴールドの装飾がラグジュアリーな雰囲気を醸し出します。

ゲラン(Guerlain) アクア アレゴリア ベルガモット カラブリア オードトワレ

ゲラン(Guerlain) アクア アレゴリア ベルガモット カラブリア オードトワレ

ゲランのフレグランスのなかでも特に人気の高い「アクアアレゴリア」シリーズの香水です。アクアアレゴリアシリーズには個性豊かな12種類の香水が揃っていますが、本アイテムはライトで爽やかな香りが魅力。香水をつけ慣れていない方にもおすすめです。

香りの主役はベルガモット。果樹園の情景が浮かぶような、フレッシュな香りがはじけます。ミドルノートでは、「スパイスの女王」とも呼ばれるカルダモンが登場。爽やかかつスパイシーな香りが、ベルガモットを引き立てます。

そして、全体の香りを締めくくるのはホワイトムスク。最後に残るほのかに甘い余韻が、女性らしさを感じさせます。香水ボトルの上部にはゴールドのメッシュをあしらい、ラグジュアリーなルックスに。部屋に置いておくだけでも、華やかな雰囲気にしてくれるおすすめの香水です。

ゲラン(Guerlain) ミツコ オーデパルファン

ゲラン(Guerlain) ミツコ オーデパルファン

ベストセラー小説「ラ・バタイユ」のヒロインである日本人「ミツコ」の名がつけられた人気香水。芯の強さを感じさせる香りは、自立した大人の女性にぴったりです。

本アイテムは、世界初のフルーティーシプレー系の香水としても有名。ミステリアスなシプレーの香りに、ピーチの香りを加えた大胆な香調に仕上げられています。

トップノートにはベルガモット、ベースノートにはオークモスと、シプレー系香水のベースとなる香りを採用。香りの中心となるミドルノートではピーチ・ローズ・ジャスミンが溶け合い、華やかなハーモニーを奏でます。

印象的な香水ボトルは、クリスタルのラグジュアリーブランド「バカラ」のデザイナーであるジョルジュ・シュヴァリエがデザインしたもの。逆さハートのおしゃれなストッパーが目を引きます。

ゲラン(Guerlain) サムサラ オーデトワレ

ゲラン(Guerlain) サムサラ オーデトワレ

女性の色気を際立たせる、甘く魅惑的なオリエンタル系の香水。ブランドの4代目調香師であるジャン・ポール・ゲランが、愛する人のために貴重な材料を集めて作ったロマンティックな香水です。

主役となる香りは、ジャスミンとサンダルウッド。ホワイトムスクも加え、オリエンタルフローラルウッディの香調に仕上げられています。

さらに、メインの香りを引き立てるイランイランやアイリスもプラスし、より華やかさが感じられる香水に。ラストノートにはトンカビーンやバニラが用いられており、甘い余韻が残ります。

ゲラン(Guerlain) 夜間飛行 オーデトワレ

ゲラン(Guerlain) 夜間飛行 オーデトワレ

「夜間飛行」というユニークな名をつけられた、ブランドを代表する名香。1933年に、3代目調香師のジャック・ゲランが友人の小説からヒントを得て作り上げました。意志を貫く強さを持った、芯のある女性にぴったりの香水です。

トップノートは、シトラスとグリーンが混ざり合う爽やかな香り。特に植物の香りをストレートに感じられるグリーンガルバナムの香りが際立ちます。

次第に、スイセンやジャスミンなどの花々が咲き誇るフェミニンなミドルノートへ。最後はウッディ系の香りにほのかな甘さをプラスした印象的なラストノートへと変化します。

本アイテムの最大の魅力は、ミステリアスな雰囲気です。個性豊かな香りが複雑に絡み合い、意外性のある香水に仕上がっています。クセがなく万人受けする香りよりも、奥深く謎めいた香りを好む大人の女性におすすめの香水です。

ゲラン(Guerlain) イディール オーデパルファン

ゲラン(Guerlain) イディール オーデパルファン

2009年に調香師ティエリー・ワッサーが作り出した、ロマンティックな香りを持つ人気香水。フレッシュで優しい花々の香りをギュッと詰め込んだブーケのような香調が特徴です。

香水をつけると、フラワーシャワーのようにフローラルの香りがはじけます。ユリやシャクヤクを始めとする5つの花々を組み合わせ、印象的なトップノートに。華やかな香りに心が踊ります。

そして、香水の主役はミドルノートに用いられている最高品質のブルガリアンローズ。フローラルの香りだけでなく、まるで果物のようなフルーティーさも持ち合わせた魅力的な素材です。ジャスミンと混ざり合い、上品なハーモニーを奏でます。

可憐な花々の香りをまとめるのは、パチュリとホワイトムスクのラストノート。落ち着いたシプレー調の香りが、上品な余韻を残します。

ゲラン(Guerlain) アンソレンス オーデパルファン

ゲラン(Guerlain) アンソレンス オーデパルファン

3年をかけて開発された、ブランドのこだわりが詰まった香水です。「アンソレンス」とは「傲慢」「無礼」といった意味を持つ単語ですが、「傲慢なほどに魅力的」というポジティブな意味も。自由奔放で、いきいきとした現代の女性にぴったりの香水に仕上がっています。

本アイテムの最大の特徴は、ヴァイオレットを主役に据えている点です。日本ではニオイスミレと呼ばれる花で、香水では脇役として使われることの多い素材ですが、メインに用いることで繊細なヴァイオレットの魅力を最大限に引き出しています。

また、一般的な香水が時間の経過により香り全体が変化するピラミッド型の香調なのに対して、本アイテムは特殊なスパイラル型。キュートなベリーや気品あふれるアイリスなど、時間差で次々に異なる香りが飛び出します。

ゲラン(Guerlain) モン ゲラン フローラル オーデパルファン

ゲラン(Guerlain) モン ゲラン フローラル オーデパルファン

2018年発売の新作香水。カーララベンダー・ジャスミンサンバック・サンダルウッド・バニラといったモンゲランシリーズの核となる香りに加え、繊細で女性らしい香りを持つピオニーが加わっています。

さらにネロリやイランイランもプラスし、フローラルの香りが際立つ香水に。特に香水の中心となるミドルノートでは個性豊かな花々が美しく咲き誇り、うっとりとするような香りに仕上がっています。

オリエンタルとフローラルの香りが絶妙なバランスで調和している本アイテムは、大人の女性にぴったり。魅惑的な雰囲気と、女性らしい優しさの両方を演出できるおすすめ香水です。

ゲラン(Guerlain) アクア アレゴリア ハーバ フレスカ オードトワレ

ゲラン(Guerlain) アクア アレゴリア ハーバ フレスカ オードトワレ

気分をリフレッシュさせたいときにおすすめの香水。女性用香水はフローラル系の香りを主役にしたものが多くを占めますが、本アイテムはグリーン系の香りを中心とした香調に仕上げられているのが特徴。甘さが前面に押し出された香水が苦手な方にもぴったりの香水です。

トップノートは、グリーンとシトラスが混ざり合うフレッシュな香り。幸運のモチーフとして知られるクローバーの葉と、イタリアンレモンの香りがはじけます。しばらく経つとスペアミントとグリーンティのミドルノートへと変化。クールな香りが全体を引き締めます。

ラストノートには、スズラン・シクラメン・ペアフラワーを採用。甘さ控えめの花々の香りがほんのりと漂います。ナチュラルな香りで男性がつけても違和感がなく、恋人と兼用で使う香水としてもおすすめです。

ゲラン(Guerlain) シャマード オーデトワレ

ゲラン(Guerlain) シャマード オーデトワレ

1969年に発売され、現在でも愛され続けているロングセラー香水です。「シャマード」とはもともと軍隊が降伏する際に鳴らされる太鼓の音のことですが、転じて恋をしたときのドキドキとした鼓動を表す言葉としての意味合いも。本アイテムでは、愛によって心が打ち震えるロマンティックな瞬間が表現されています。

さまざまな香料が用いられている香水ですが、特に注目すべきはミドルノートに採用されているブラックカラント(カシス)。ターキッシュローズやイランイランなどの花々の香りをベースとした香調のなかで、甘酸っぱいアクセントが際立ちます。

トップノートは、ジャスミン・ヒヤシンス・ベルガモットなどで構成されるグリーンフローラルの香り。そして、ラストノートはサンダルウッド・ベチバー・ムスクなどが溶け合ったウッディスウィートの香りに仕上げられています。

ゲラン(Guerlain) テラコッタ ル パルファム オーデトワレ

ゲラン(Guerlain) テラコッタ ル パルファム オーデトワレ

シンプルでモダンな香水ボトルが目を引くおすすめ香水。エレガントなホワイトフローラルの香りをベースとしており、気品漂う大人の女性の雰囲気を演出できます。

香水をつけて最初に顔を出すのは、シトラスとフローラルが混じり合うフローラルフレッシュの香り。ベルガモットがティアレ・フラワーの甘さを引き立て、独特の香りを持つココナッツがアクセントを添えます。

ミドルノートはジャスミンとイランイラン、そしてオレンジ・ブロッサムを組み合わせてフェミニンな魅力たっぷりの香りに。時間が経つにつれて、バニラとムスクの甘いラストノートが全体を包み込みます。

しっかりと甘さがありながら、大人っぽさも感じさせる香調が本アイテムの魅力。休日のお出かけなど、気分を盛り上げたいプライベートタイムにぴったりの香水です。