言わずと知れた人気ラグジュアリーブランド「グッチ」。ファッションアイテムだけでなく香水も多数手掛けており、洗練された香りで人気を集めています。

今回は、グッチの香水のおすすめアイテムを一挙にピックアップ。長年にわたり愛され続けている定番から注目の新作まで幅広くご紹介します。香りの変化の仕方やおすすめの使用シーンなど、アイテムごとに詳しくまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

グッチとは?

By: amazon.co.jp

「グッチ」は、イタリア・フィレンツェで1921年に創業したラグジュアリーブランド。創業者であるグッチオ・グッチ氏がレザーグッズのファクトリーをオープンさせたことからブランドの歴史がスタートしました。

現在では世界でも有数の人気ブランドへと成長。バッグ・ウェア・シューズなどのファッションアイテムから香水やインテリア用品まで幅広く手掛けており、ラインナップは実に豊富です。ひと目見るだけでグッチだと分かる、アイコニックなデザインのアイテムが多く揃っています。

これまでトム・フォードをはじめとする著名なデザイナーがグッチのクリエイティブ・ディレクターとして活躍してきましたが、2015年からはアレッサンドロ・ミケーレが担当。今までのグッチの印象をガラリと変えるような独特の世界観が話題となり、世界中で新たなファンを獲得しています。

グッチの香水の特徴

By: amazon.co.jp

グッチの女性用香水は、落ち着いた大人っぽい香りのアイテムが豊富。ビジネス・フォーマルシーンに対応できる上品な香水も多く揃っています。

香水の種類としては、オードパルファムとオードトワレが多くラインナップしているのが特徴。香りを長時間キープしたい方は濃度が高いオードパルファム、ほのかに漂わせたい方は濃度が低いオードトワレを選ぶのがおすすめです。

また、シリーズごとに明確な特徴があり、香りの好みに合わせて選びやすいのも魅力。例えば「グッチ ブルーム」シリーズはたくさんの花々が咲き誇るガーデンをコンセプトに作られた香水で、女性らしい華やかなフローラルの香りが特徴です。

対して「ギルティ」シリーズは、凛とした女性を感じさせるキリリとした印象の香水。スパイシー系やウッディ系の香りを採用しているのが特徴で、甘さの強い香水が苦手な方にもおすすめです。

グッチの香水おすすめアイテム

グッチ(GUCCI) グッチ ブルーム オードパルファム

グッチ(GUCCI) グッチ ブルーム オードパルファム

花々が咲き誇る美しい庭園をイメージして作られたフローラル系の香水。花と蝶が描かれたエレガントなデザインのパッケージと、優しいピンクカラーのボトルも気分を盛り上げてくれます。

さまざまな花の香りが詰め込まれている香水ですが、最も注目すべきは甘い香りを放つ「シクンシ」。「ラングーンクリーパー」とも呼ばれる花で、白からピンク、赤と花の色が変化していく特徴があり、香水のコンセプトを表現する成分として取り入れられています。

香りはオレンジ・グリーンの爽やかなトップノートから花々が咲き誇る華やかなミドルノート、最後は甘さと落ち着きを兼ね備えたベースノートへと変化。優しいホワイトフローラルの香りは、女性らしい雰囲気満点です。女子力アップを目指す方はぜひチェックしてみてください。

グッチ(GUCCI) ラッシュ2 オードトワレ

グッチ(GUCCI) ラッシュ2 オードトワレ

2001年の発売以来、根強い人気を誇るグッチの定番香水です。ビビッドなピンクのパッケージに詰め込まれているのは、フレッシュで透明感のあるフローラルの香り。明るくフェミニンな雰囲気を演出したいときには特におすすめの香水です。

トップノートは、ナルシス(スイセン)・スズラン・パームウッドを組み合わせたフローラル・ウッディーの香り。清々しい香りに続き、ローズ・フリージア・ガーデニアの華やかなミドルノートが香り立ちます。

そして、ベースノートはブラックカラント(カシス)・ムスク・オークモスと性格の異なる香りをミックス。奥行きのある香りが全体を包み込みます。甘さを前面に押し出した重めの香水が苦手な方でもつけやすい、おすすめ香水です。

グッチ(GUCCI) フローラ バイ グッチ ゴージャス ガーデニア オードトワレ

グッチ(GUCCI) フローラ バイ グッチ ゴージャス ガーデニア オードトワレ

王道のフローラル系香水として、多くの女性から支持を集める定番アイテムです。花々が咲き誇るフェミニンなパッケージと、リボンをあしらったかわいらしいボトルデザインも人気の理由のひとつです。

「フローラ バイ グッチ フローラ ガーデン コレクション」の香水は、グッチを代表するモチーフである「フローラ」プリントのなかから取り上げられた5つの花の香りをそれぞれ表現しているのが特徴。本アイテムでは、ガーデニアの香りが表現されています。

香水をつけた瞬間に広がるのは、レッドベリーと洋ナシのフルーティノートです。そして、気分を盛り上げるフレッシュな香りに続き、メインのガーデニアとプルメリアが登場。時間が経つにつれて、パチュリとブラウンシュガーアコードが混ざりあった甘く優しいベースノートへと変化します。

かわいらしさと上品さを兼ね備えた香りは、デートシーンにぴったり。甘すぎないので、大人の女性にもおすすめの香水です。

グッチ(GUCCI) メモワール デュヌ オドゥール オードパルファム

グッチ(GUCCI) メモワール デュヌ オドゥール オードパルファム

グッチの香水では初となる香料「ローマン カモミール」を採用した注目の新作香水。みずみずしいハーブをトップノートに取り入れ、新鮮さあふれる香水に仕上げています。

香りの中核となるミドルノートには「インディアン ナイト ジャスミン」を採用。甘く魅惑的なジャスミンにプレシャスムスクを加えた奥行きのある香りが広がります。そして、最後はウッディ系のベースノートへと変化。落ち着きのある香りが全体を包み込みます。

「ジェンダーから解き放たれた個性豊かな香り」と表現されるように、男女どちらがつけても違和感のない香水に仕上げられているのも大きな特徴。恋人同士で兼用するのにもおすすめの香水です。

また、神秘的な雰囲気を感じさせるパッケージも目を引きます。グリーンのベースにスターをあしらったデザインは、教会の絵画から着想を得たもの。パッケージとカラーをリンクさせたグリーン×ゴールドの香水ボトルもおしゃれです。

グッチ(GUCCI) バンブー オードパルファム

グッチ(GUCCI) バンブー オードパルファム

ブランドのシグネチャーモチーフとしておなじみのバンブーから着想を得て作られた定番香水。女性用香水にありがちな甘さが前面に出た香調とは一線を画す、嫌味のないスッキリとした香りが特徴です。

香りの変化は、オレンジブロッサムとペアー(梨)が混ざり合う爽やかなトップノートからスタート。ミドルノートではカサブランカリリーを中心に、イランイランやジャスミンなどの花々が力強く香ります。

最後は、サンダルウッド・バニラ・アンバーグリスが溶け合うベースノートへ変化。ほんのりと漂う甘い香りが、女性らしさを引き立てます。落ち着きを感じさせる香りは、特に大人の女性にマッチ。長く愛され続けているロングセラー香水をぜひチェックしてみてください。

グッチ(GUCCI) ギルティ プールファム オードパルファム

グッチ(GUCCI) ギルティ プールファム オードパルファム

2019年に発売された、人気シリーズ「ギルティ」の新作香水です。従来のギルティシリーズの香水に比べて、フローラルな香りが強く出ているのが特徴。天然香料を贅沢に使用したリッチな香りは、大人の女性にぴったりです。

トップノートは、爽やかなシトラス系の香り。キプロス島で採れる「マンドラ」と呼ばれる果実とベルガモットに加え、香りをキリリと引き締めるスパイシーなピンクペッパーもプラスされています。

次第に、花々が香り立つミドルノートへと変化。それぞれに個性のある香りを持つローズ・バイオレット・ライラック・ゼラニウムを絶妙なバランスで組み合わせているのが特徴です。そして、最後はパチョリとアンバーの余韻が残ります。

女性用香水ですが、甘すぎず凛とした香りは男性がつけても違和感がなく、ユニセックスで使用可能。恋人同士で兼用するのもおしゃれです。高級感のあるゴールドの香水ボトルも気分を盛り上げてくれます。

グッチ(GUCCI) グッチ ブルーム ネッターレ ディ フィオーリ オードパルファム

グッチ(GUCCI) グッチ ブルーム ネッターレ ディ フィオーリ オードパルファム

甘い花々の香りを中心としつつ、大人っぽさもプラスしたシプレフローラル系の香水です。香水をつけた瞬間に香り立つのは、ジンジャーとローズ。エレガントかつスパイシーな香りが大人の女性を感じさせます。

香水の主役ともいえるミドルノートを構成するのは、個性的な花々。フローラルとグリーンが混ざりあったジャスミンの香りや、甘く魅惑的なチュベローズの香りが漂います。そして、全体を包み込むパチュリ・ムスク・金木犀のやわらかなベースノートも魅力です。

香水のパッケージは、ブラックのボタニカルプリントをあしらったシックかつレトロなデザイン。香りもルックスも魅力的なおすすめ香水を、自分へのご褒美にぜひ検討してみてください。

グッチ(GUCCI) フローラ バイ グッチ ガーデン グラマラス マグノリア オードトワレ

グッチ(GUCCI) フローラ バイ グッチ ガーデン グラマラス マグノリア オードトワレ

マイルドで上品なマグノリア(モクレン)の花の香りを表現したフローラル系の香水。ふんわりと優しく香るオードトワレで、香水にありがちなキツい香りが苦手な方にもおすすめです。

トップノートは、フリージア・グリーンリーフ・シトラスゼストを組み合わせたフレッシュな香り。次第に主役のマグノリアとピオニーが華やかに咲き誇るミドルノートへと変化します。

そして、最後はサンダルウッドとムスクが混ざり合うベースノートへ。さらに、ウォームチョコレートアコードを加えることで、優しくも忘れがたい余韻を残す香水に仕上げています。

グッチ(GUCCI) ギルティ アブソリュート オードパルファム

グッチ(GUCCI) ギルティ アブソリュート オードパルファム

カップルで使える香水として発売されたアイテム。男性用香水の「ギルティ アブソリュート プールオム オードパルファム」も揃えて恋人同士でつけることで、2人だけの香りを楽しめるカップリングフレグランスです。

香水のベースは、ブラックベリー・ゴールデンウッド・パチョリオイル・ブルガリアンローズの4つの香り。落ち着きやエレガンスのなかにフレッシュな果実のアクセントを効かせ、洗練されたシプレーフルーティの香りに仕上げています。

そして、メインの香りのほかにベルガモット・ピンクペッパー・サイプレス(杉)も加えることで、奥行きのある香水に。男性用香水と同じウッディ系の香料を採用しているため、香りが重なり合ったときに調和しやすくなっています。

また、ガラスボトルにベリーカラーの香水を詰め込んだキュートなルックスも魅力。「自由な愛」をコンセプトに作られたロマンティックな香水をぜひチェックしてみてください。

グッチ(GUCCI) ラッシュ オードトワレ

グッチ(GUCCI) ラッシュ オードトワレ

1999年に発売され、グッチを代表する名香として長きにわたり支持を集めている人気香水です。一度味わうと忘れられない刺激的な香りが特徴。情熱的なレッドカラーを採用した香水のパッケージも目を引きます。

香りの中心は、フリージア・ガーデニア・ジャスミン・ローズなどの個性豊かな花々です。フローラル系の香りにスパイシーなコリアンダーのアクセントをプラスすることで、引き締まった大人の香りに。さらに甘い香りを放つバニラと、それを引き立てるパチョリ・ベチバーも加えてオリエンタルなテイストに仕上げています。

濃厚なフローラルオリエンタルの香りは、大人っぽくセクシーな雰囲気をまといたいシーンにぴったり。個性的な香調のため好みは分かれやすい香水ですが、同時に病みつきになってしまうほどの魅力も兼ね備えています。

グッチ(GUCCI) グッチ ブルーム アクア ディ フィオーリ オードトワレ

グッチ(GUCCI) グッチ ブルーム アクア ディ フィオーリ オードトワレ

ボタニカルなグリーンのパッケージが目を引くおすすめ香水。花々が咲き誇る庭園を表現する「グッチ ブルーム」シリーズのコンセプトを引き継ぎつつ、グリーンの香りを際立たせたフレッシュな香水に仕上げられているのが特徴です。

なかでも、特にグリーン系の香りを強く感じさせるのが香水をつけた瞬間に香り立つグリーンガルバナム。カシスのつぼみが放つみずみずしい香りと相まって、自然のエネルギーを感じさせるトップノートに仕上がっています。

香りの中心となるミドルノートには、ラングーンクリーパー・チュベローズ・ジャスミンを採用。ジャスミンのつぼみのエキスは独自の方法によって抽出されたもので、フローラル系の香りだけでなく、グリーン系の香りも持ち合わせているのが特徴です。そして最後には、ムスクとサンダルウッドの穏やかな余韻が残ります。

グッチ(GUCCI) グッチ バイ グッチ プルミエール オードトワレ

グッチ(GUCCI) グッチ バイ グッチ プルミエール オードトワレ

「日々の達成感をシャンパンで歓ぶ瞬間」をイメージして作られた、特別感のあるおすすめ香水です。ブランドアイコンであるホースビットとメダルチャームをあしらった香水のボトルやゴールドのパッケージがラグジュアリーな雰囲気を醸し出します。

香水をつけた瞬間にパッと広がるのは、オレンジブロッサムとシトラスオイルが混ざりあったフレッシュな香り。シャンパンがグラスに注がれたときのような高揚感が味わえます。

次第に、フリージア・ジャスミン・ブルガリアンローズの優雅なミドルノートへと変化。そしてフローラルな香りをグッと引き締めるレザー・パチョリ・ムスクの大人っぽいベースノートの余韻が残ります。セクシーな雰囲気がありながら甘すぎず、香りも強すぎないのでデイリーに使えるのが嬉しいポイントです。

グッチ(GUCCI) フローラ バイ グッチ オーフレッシュ オードトワレ

グッチ(GUCCI) フローラ バイ グッチ オーフレッシュ オードトワレ

さまざまな花の香りを絶妙なバランスで組み合わせた上品なフローラル系の香水です。女性らしい甘さをキープしつつ、嫌味のない軽やかな香調に仕上げられているためつけやすいのが魅力。一般的なフローラル系香水は甘すぎる、または重たいと感じる方にもおすすめです。

トップノートには、ローズ・オスマンサス(金木犀)・ピンクペッパーを採用。香水をつけた瞬間から、華やかなフローラルノートが楽しめます。ミドルノートでは華やかなピオニーの香りに加え、シトラスをプラスして軽やかさを演出。最後はサンダルウッドとパチョリの落ち着いた余韻が残ります。

香水のボトルは部屋に飾っておくだけでも様になるシンプルかつ洗練されたデザイン。黒のリボンがアクセントになっています。香り・デザインともにクセのない香水なので、友人へのギフトにもおすすめです。