洗練された香りの組み合わせで、不動の人気を誇る「ディオール」の香水。長きにわたって愛されている定番アイテムから注目の新作まで幅広くラインナップしています。香水のボトルがおしゃれなのも、人気を集める理由のひとつです。

そこで今回は、ディオールのおすすめ香水をご紹介。香りの種類や変化の仕方はもちろん、おすすめの使用シーンなども含めてご紹介するので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

ディオールとは?

By: dior.com

「ディオール」は、1946年に設立されたフランスのラグジュアリーブランド。革新的なファッションアイテムを次々に発表し、今や世界でも有数の人気ブランドへと成長しました。

ブランドのメインはウェアですが、香水も力を注いでいるアイテム。1948年には香水部門「パルファン・クリスチャン・ディオール」が設立され、現在でも愛され続ける名品の数々が生み出されています。

また、世界的な調香師とコラボして香水作りを行っているのも特徴。2006年からはフランソワ・ドゥマシー氏をフレグランス・クリエイターに迎え、魅力的な新作を続々と発表しています。

イメージに合わせて香りをチェック

王道のフローラル系

By: dior.com

ディオールの香水のなかでも特に人気が高いのがフローラル系の香水。「jadore(ジャドール)」シリーズは、さまざまな花の香りが調和する優雅な香りが特徴です。フルーティーでエキゾチックな香りのイランイランや、濃密なジャスミンが使われているアイテムが多くラインナップ。複数の花を調合して作られた香水は甘く芳醇な香りで、大人の魅力を演出します。

「CREATIONS(クリエイション)」は爽やかで清楚な香りのシリーズで、ムッシュ ディオールが愛した花々を想起させるフレッシュな香りが特徴。フリージアやスズランが使われており、みずみずしく可憐な印象のため、さまざまなシチュエーションで使いやすいです。

同じフローラル系でもシリーズによって大きく印象が異なります。甘い香りならローズやジャスミン、爽やかな香りならネロリやピオニーが使われているものを選ぶのがおすすめです。

個性をアピールするセクシー系

By: dior.com

フランス語で「毒」という意味の「POISON(プワゾン)」シリーズは、個性的な香りの原料が多く使われています。ジンジャー・トンカビーン・コリアンダーなどのスパイス系や、樹脂から作られるオポポナックスなど珍しい原料も。エキゾチックで濃厚な甘みのオリエンタル系が多いため、セクシーな印象の香水を探している方には特におすすめです。

セクシー系な香水のなかでも甘すぎないものなら、個性の異なる香りをバランスよく配合している「DUNE(デューン)」シリーズがおすすめ。大人っぽく落ち着いた香調なので、リラックスタイムにもぴったりです。海の澄んだ空気を彷彿とさせる香りで、バカンスにつけていく香水としても人気があります。

周りと被らない特徴的でセクシーな香りは自分の個性をアピールできるため、目立ちたい場面や気合いを入れたい日にも最適。ビジネスシーンでつける場合は、つけすぎに注意しましょう。

ディオールの香水おすすめアイテム

ディオール(Dior) ジャドール オードゥ パルファン

ディオール(Dior) ジャドール オードゥ パルファン

ブランドを代表する人気香水のひとつ。「ジャドール」とは、フランス語で「大好き」という意味です。香りは、調香師のフランソワ・ドゥマシーによって「実際には存在しない理想の花」と表現されています。

フルーティーでエキゾチックな香りのイランイランや、バラのなかでも特に芳醇な香りを持つことで知られるダマスクローズなど、個性豊かな香りを絶妙なバランスでミックス。パーティーなど、華やかなシーンにおすすめの香水です。香りがやや強めのオードゥパルファンなので、少量でも十分に香ります。

ディオール(Dior) ジャドール イン ジョイ

ディオール(Dior) ジャドール イン ジョイ

調香師のフランソワ・ドゥマシーが手がけた香水。爽やかな甘さが感じられる夏におすすめのアイテムです。トップノートにフルール ドゥ セル ノート(天日塩)を採用しており、その名の通りソルティーな香りが特徴。

ミドルノートは、「香水の街」として有名なフランスのグラースで加工された、イランイランをはじめとする白い花々の香り。最後はみずみずしいピーチの香りが優しく残ります。ソルティーな香りが花々やフルーツの甘さを引き立てる、爽やかさ満点の香水をぜひチェックしてみてください。

ディオール(Dior) ジャドール ロー

ディオール(Dior) ジャドール ロー

濃厚なフローラルの香りが特徴のラグジュアリーな香水です。主役となるジャスミンとローズは、ディオールの香水に使用するために特別に育てられたもの。花々の香りが詰め込まれた最高峰の素材を用いて、それぞれの個性がはっきりと感じられる香水に仕上げられています。

ジャスミンとローズを優しく包み込むのは、甘いバニラの香り。魅惑的でオリエンタルな香りを持つチュベローズも顔を出します。ゴールドのネックレスをまとったようなボトルデザインも高級感があっておしゃれ。自分へのご褒美にもぴったりの香水です。

ディオール(Dior) ジャドール オー ルミエール

ディオール(Dior) ジャドール オー ルミエール

フローラルをベースに、フルーティなアクセントを効かせたジャドールシリーズの人気香水です。香りの中心となるミドルノートは、フランス・ヴァロリス産のネロリ。ビターオレンジの花を原料とするネロリは、フローラルな香りのなかにシトラス系の爽やかな香りも感じられるのが特徴です。

また、フレッシュなブラッドオレンジのトップノートで始まり、優雅なダマスクローズで締めくくる心地よい香りの変化も魅力。軽やかで明るい雰囲気を演出できる、春夏にぴったりの香水です。

ディオール(Dior) ジャドール アブソリュ

ディオール(Dior) ジャドール アブソリュ

ジャドールシリーズの香水。マグノリア・グラースジャスミン・サンバックジャスミン・ローズなど、花々の香りをギュッと詰め込んだフローラル系の香りが特徴です。

なかでも、主役はグラースジャスミンの濃密な香り。オレンジブロッサムの香りがジャスミンの甘さを引き立て、まるで蜜のように魅惑的な香りへと導きます。フェミニンな気分のときにおすすめの香水です。

ディオール(Dior) ディオリシモ オードゥ トワレ

ディオール(Dior) ディオリシモ オードゥ トワレ

可憐で清楚なスズランの花をイメージして作られた人気の香水。スズランは強い香りを持っているものの、天然の花からそのままの香りを抽出できないため、グリーンやジャスミンなど複数の香りを組み合わせて表現されています。

香りは上品できちんとした印象を与えるフローラル系。強すぎず、ビジネスシーンでも使いやすい香水です。また、万人受けする香りなので、失敗したくない方にもおすすめ。シンプルかつ高級感のあるボトルデザインも魅力です。

ディオール(Dior) フォーエヴァー アンド エヴァー ディオール オードゥ トワレ

ディオール(Dior) フォーエヴァー アンド エヴァー ディオール オードゥ トワレ

つけるだけでフェミニン度がグッと上がる、おすすめの香水です。フレッシュフローラルブーケの香りの主役は、バラのエッセンス。ブルガリアンローズの香りをベースにフリージアやジャスミンを加え、女性らしさが引き立つ香りに仕上げています。

優雅な雰囲気をまとわせてくれる香水は、特別な日のおしゃれやフォーマルシーンにぴったり。主張が強すぎないため、オフィスでもつけやすい香水です。

ディオール(Dior) プワゾン オードゥ トワレ

ディオール(Dior) プワゾン オードゥ トワレ

フランス語で「毒」を意味する「プワゾン」。インパクトのあるネーミングと刺激的な香りで、1985年の発売以降、ブランドを代表する人気香水として支持され続けています。ミステリアスな雰囲気のボトルもおしゃれです。

つけた瞬間に香るのは、スパイシーなコリアンダー。続けて魅惑的な香りを持つチュベローズが顔を出し、時間が経つにつれてオポポナックスの甘い香りへと変化します。セクシーな雰囲気を出したいときにおすすめの香水です。

ディオール(Dior) ピュア プワゾン オードゥ パルファン

ディオール(Dior) ピュア プワゾン オードゥ パルファン

セクシーな香りのアイテムがラインナップしているプワゾンシリーズの人気香水。「ピュア プワゾン」という名前の通り、透明感のある香りと、一度味わうと忘れられない毒のように魅惑的な香りがミックスされているのが特徴です。

ジャスミンとスウィートオレンジが爽やかさを感じさせ、次第にサンダルウッド・ホワイトアンバーの魅惑的な香りへと変化していきます。セクシーな甘さがありながら重すぎない香調なので、プワゾンシリーズに初めてトライする方にもおすすめの香水です。

ディオール(Dior) プワゾン ガール オードゥ トワレ

ディオール(Dior) プワゾン ガール オードゥ トワレ

自由でクールな現代の女性に向けて作られた人気の香水。トップノート・ミドルノート・ラストノートそれぞれに個性が全く異なる香りを配置し、コントラストを際立たせているのが特徴です。

香水をつけて最初に顔を出すのは、2つのオレンジを組み合わせたシトラス系の香り。フルーティなシシリアンオレンジとクールなビターオレンジが互いを引き立てます。続けて2種類のローズとネロリのフローラルなハーモニーが香り立ち、最後はバニラとトンカビーンの甘美な香りへと変化。小悪魔的なセクシーさを演出したいときにおすすめの香水です。

ディオール(Dior) プワゾン ガール アンエクスペクティッド ローラー パール

ディオール(Dior) プワゾン ガール アンエクスペクティッド ローラー パール

「口の中で弾けた後に甘さが広がるサワーキャンディー」をイメージして作られた、若々しい香りの香水。「アンエクスペクティッド」というアイテム名の通り、「予想外」の香りを体験できます。

トップノートは、ピリリとスパイシーでほんのり甘さもあるタンザニア産ジンジャーの香り。弾けるような香りの後には、ダマスクローズとトンカビーンの甘い余韻が残ります。ローラータイプの香水なので、バッグに忍ばせておけば外出先でもサッと使用可能。気分を盛り上げたいときにおすすめの香水です。

ディオール(Dior) ヒプノティックプワゾン

ディオール(Dior) ヒプノティックプワゾン

バニラとムスクによる甘い香りが楽しめる香水。加えてジャスミンやアーモンドなど、さまざまな香りが複雑に絡み合い、セクシーで妖艶な雰囲気を演出できます。

デートシーンなどで大人っぽい印象を与えたいときにおすすめ。リンゴを思わせるボトルデザインと色合いも特徴のひとつです。

ディオール(Dior) デューン オードゥ トワレ

ディオール(Dior) デューン オードゥ トワレ

個性の異なる香りが絶妙なバランスで配合されたおすすめの香水です。フレッシュなマンダリンの香りから始まり、透明感のあるピオニーのミドルノートへと変化。さらに時間が経つにつれて、甘いバニラの香りが顔を出します。

甘さが前面に出ていない落ち着いた香調で、大人っぽさを演出したいときには特におすすめの香水です。また、休日のリラックスタイムや旅行など息抜きをしたいときにつければ、穏やかな香りで心地よいひとときが過ごせます。

ディオール(Dior) アディクト オードゥ トワレ

ディオール(Dior) アディクト オードゥ トワレ

洗練されたフレッシュなウッディフローラルの香りが特徴の香水です。みずみずしくフルーティーなシシリアン マンダリンや、やわらかく甘い香りのサンバック ジャスミン アブソリュートを、サンダルウッドが包み込みます。

つけたてはシトラス系の爽やかな香りですが、時間が経つにつれてスパイシーな深みのある香りになっていくため、1日を通して変化を楽しめる香水です。スタイリッシュでシンプルなボトルデザインは、インテリアとしてはもちろん持ち歩きにも便利。デイリー使いにもぴったりです。

ディオール(Dior) アディクト オードゥ パルファン

ディオール(Dior) アディクト オードゥ パルファン

完熟する前に鞘を収穫し、34ヵ月間成熟させたバーボンバニラをベースに、オレンジブロッサムとサンバックジャスミンアブソリュートを調香した香水です。濃厚なバニラと爽やかなオレンジブロッサムが混ざり合った香りは、深みがあり大人っぽい印象。夜のお出かけやパーティーなどでの使用が特におすすめです。

スタイリッシュなボトルデザインと深い紺色がマッチし、優雅な印象に仕上がっています。オリエンタルフローラルの香調がミステリアスな雰囲気を演出するため、個性的な香水を探している方にもぴったりです。

ディオール(Dior) ディオール アディクト オー フレッシュ

ディオール(Dior) ディオール アディクト オー フレッシュ

シーンを選ばずつけられる万能さが魅力の人気香水です。優しくライトな香りなので、香水をつけ慣れていない方でも使いやすいのが嬉しいポイント。また、シンプルなボトルデザインで好みに左右されにくいため、友人へのギフトにもぴったりの香水です。

香りの主役は、フリージアとスズラン。繊細で女性らしいフローラルの香りがふんわりと漂います。さらに、フルーティーなベルガモットの香りを加えることで、花々の甘い香りを強調。最後はホワイトムスクが優しく香ります。デイリーに活躍する香水なので、ぜひチェックしてみてください。

ディオール(Dior) ミス ディオール オリジナル オードゥ トワレ

ディオール(Dior) ミス ディオール オリジナル オードゥ トワレ

クリスチャン・ディオールが初めて手がけた香水です。グリーン シプレー フローラルの香調は当時非常に斬新で、香水界に革命を起こしたといわれています。フレッシュで若々しい印象の香りは多くの女性に人気。発売当初より長く愛され続けています。

ガルバナムとマツリカの香調に、シプレー系と相性のよいパチョリをブレンド。気品漂う女性らしい香りに仕上がっています。ボトルに施された千鳥格子は、ディオール クチュールのシンボルのひとつ。ボトルネックにはサテンのリボンが結ばれており、千鳥格子の上品さをさらに引き立てています。

ディオール(Dior) ミスディオール ブルーミングブーケ オードゥ トワレ

ディオール(Dior) ミスディオール ブルーミングブーケ オードゥ トワレ

ブランドの代名詞であり、幅広い年代の女性から支持されている定番の香水。さまざまな花の香りがミックスされたフローラルフルーティーブーケの香りは女性らしく爽やかな印象で、シーンを選ばず使える香水として人気です。また、リボンをあしらったボトルもおしゃれで、気分が上がります。

トップノートは、マンダリンやベルガモットのフルーティな香り。その後、ピオニー・ローズ・ジャスミンなどの花々が香り、最後は落ち着きのあるホワイトムスクの香りへと変化します。香りが強すぎず、デイリーに使いやすい香水です。

ディオール(Dior) ミス ディオール アブソリュートリー ブルーミング オードゥ パルファン

ディオール(Dior) ミス ディオール アブソリュートリー ブルーミング オードゥ パルファン

天真爛漫で活発な女性を連想させる、ガーリーな香調が特徴の香水です。まずは甘酸っぱいレッドベリーの香りが感じられ、次いでフルーティーな香り、さらにはピオニーとグラースローズをミックスしたフローラルな香りが続きます。

爽やかで嫌味のない香りは、好印象を与えたいデートシーンなどにも最適。リボンやピンクカラーなどかわいらしい要素を詰め込んだルックスで、香水をバッグに忍ばせておくだけでも心が踊ります。少量でも香りやすいオードゥパルファンなので、最初は控えめに試して、好みに合わせて調節してみてください。

ディオール(Dior) ジョイ オードゥ パルファン

ディオール(Dior) ジョイ オードゥ パルファン

「喜び」をテーマにしたおすすめの香水。ベルガモットやマンダリンオレンジの爽やかな香りと花々の香りを組み合わせ、さらにあたたかく包み込むようなサンダルウッドの香りを加えることで深みを出しています。

普段使いはもちろん、エネルギーにあふれた香りは元気を出したいときにもぴったり。キラキラと光るラグジュアリーなボトルにピンクの香水を詰め込んだおしゃれなルックスも、大きな魅力です。

ディオール(Dior) オム コロン オードゥ トワレ

ディオール(Dior) オム コロン オードゥ トワレ

洗いたての白いシャツを思い起こさせるような、爽やかで清潔感のある香りです。メンズラインですが女性からの人気がとても高く、幅広い年代の方に愛されています。つけた瞬間にまず香るのは、ベルガモットとグレープフルーツフラワーが混ざり合ったシトラスのフレッシュな香り。時間が経つにつれて、パウダリーなホワイトムスクの香りへと変化します。

爽やかさが魅力の香水なので、デイリー使いにはもちろん、リフレッシュしたいときなどにもぴったり。クリアブルーのボトルデザインも清潔感があり、インテリアにもおすすめです。

ディオール(Dior) ハイヤー エナジー オードゥ トワレ

ディオール(Dior) ハイヤー エナジー オードゥ トワレ

フレッシュなシトラスとエネルギッシュなスパイスの香りがバランスよく調和している香水です。さっぱりした嫌味のない香りのため、メンズラインでありながら男女問わず幅広く人気があります。

トップノートに使われているグレープフルーツは、シトラス系フレグランスによく使われるみずみずしく爽やかな香り。そこへブラックペッパーとベチバーが混ざり合うことで、深みのあるスパイシーな香りへ変化していきます。

蛍光グリーンの透き通るボトルとミラーキャップの組み合わせは、香りとマッチした爽やかなデザインです。