肩に羽織ったり、首に巻いたり、ひざ掛けにしたり、幅広い用途で使える「ストール」。ひと口にストールといっても素材やデザインにはさまざまなものがあり、何を選べばよいのか迷ってしまいがちです。

そこで今回は、おすすめのストールをピックアップ。おすすめブランドもあわせてご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

ストールとは?

By: zozo.jp

ストールとは、幅の広い長方形や正方形の肩掛けのことです。肩から羽織るだけでなく、首に巻いたり腕に絡ませたりと、その日のコーディネートに合わせて自由なアレンジを楽しめます。

ストールは、さまざまな素材が使われているのも特徴。ウール・コットン・カシミヤなど、季節に合わせて適した素材を選べば、秋冬だけでなく春や夏など、オールシーズン活躍します。

また、ストールは素材や柄の選び方によって、日常のカジュアルなコーデにも、結婚式やパーティー用の華やかなコーデにも対応可能。素材やカラーが異なるストールを複数持っていれば、日常のコーデのマンネリ化対策にも役立ちます。

ストールとマフラーの違い

一見するとよく似ているストールとマフラー。ストールとマフラーの大きな違いは、生地の厚さと長さです。マフラーは首元の防寒を目的としているので、生地は厚め。長さは首を1周する程度で、生地の幅は狭めです。

一方、ストールは主にファッションアイテムとして作られているため、生地は薄めのものから厚手のものまでバリエーションが豊富。また、肩をすっぽりと覆える十分な長さや幅があるので、さまざまな巻き方を楽しめます。

マフラーと比べて薄手のストールは、折りたたむとコンパクトになるのも魅力。バッグに入れておけば、夏場の冷房対策としても活躍します。

ストールの選び方

素材・生地をチェック

カシミヤ

カシミヤ製のストールは、繊維が絡み合って空気の層を作り出すため、保温性に優れています。また、カシミヤの繊維には光沢があるので、見た目も華やか。カジュアルコーデはもちろん、ドレッシーなコーデにも違和感なくマッチします。

やわらかいカシミヤの繊維は肌への刺激が少なく、ふんわりとした心地よい肌触りを楽しめるのも魅力。ただし、カシミヤは希少性が高く、ウールやコットン製のストールと比べて価格は高めです。

ウール

By: zozo.jp

ふっくらとした弾力と優れた保温性が魅力のウール。高い吸湿性も兼ね備えているため、汗をかいても蒸れにくく長時間快適に着用できます。

また、ウールの表面には撥水性があるので、雨の日でも安心して羽織れるのが嬉しいポイント。ウール製のストールは比較的リーズナブルな価格で購入できるため、普段使い用のストールを探している方におすすめです。

シルク

By: zozo.jp

シルクは吸湿性が高く、外部の熱を伝えにくいのが特徴です。シルク製のストールは、夏は涼しく、冬はあたたかく過ごせるため、季節を選ばない通年アイテムとして人気があります。

また、シルクは染色した際の発色がよく、上品な光沢を備えているのも魅力。高級感があるので、結婚式やパーティーなどの華やかなシーンにもぴったりです。

シルクは肌への刺激が少ないのもポイント。なめらかな肌触りのシルク製ストールは、肌が敏感な方にも適しています。ただし、シルクはデリケートな素材なため、洗濯や保管の仕方には注意が必要です。

コットン

By: amazon.co.jp

やわらかな肌触りと、ナチュラルな風合いが魅力のコットン。コットン生地は吸湿性・通気性に優れており、洗濯機で気軽に洗えるアイテムが多いため、季節を問わず気軽に普段使いできます。

価格が比較的リーズナブルなのも、コットン製ストールの魅力。ただし、コットン100%のストールは洗濯するとシワができやすいので、アイロンがけの手間を減らしたい方は、ポリエステルやシルクなどが混紡されたストールを選びましょう。

ナイロン

伸縮性が高く、シワになりにくいナイロン製のストール。熱に弱いためアイロンがけは基本的にできませんが、水や汚れに強く、洗濯による縮みや色落ちもしにくいのが魅力です。

ナイロン生地は滑りのよい素材なので、結んだり解いたりする際もスムーズ。また、ナイロンとウールを混紡し、耐久性と保温性を高めたストールも人気です。なお、静電気が発生しやすいという性質もあるため留意しておきましょう。

レーヨン

レーヨンはシルクの光沢や肌触りを再現した化学繊維です。さらりと巻くだけで美しいドレープを作れるのが魅力。また、触るとひんやりとするので、春夏用のストールで使われることが多い素材です。

ただし、水に弱く洗濯すると縮みやすい点には要注意。最近では、カシミヤやモダールなどほかの素材と混紡し、レーヨンの光沢を活かしつつ耐久性を高めたストールもラインナップされています。人気を集めている素材です。

モダール

By: amazon.co.jp

モダールはレーヨンの一種で、レーヨンの弱点克服を目指して作られた化学繊維です。モダールは通常のレーヨンと比べて水に強く、洗濯しても縮みにくいのが特徴。見た目はシルクのような光沢があり、高級感があります。

また、とろみのあるなめらかな肌触りと、高い吸湿性・保温性を兼ね備えているのもモダールの魅力。モダールは染色時の発色がよいので、鮮やかな色のストールを探している方にもおすすめです。

使用する季節に合ったものを選ぶ

ストールを快適に使うためには、使用する季節に合ったものを選ぶ必要があります。

例えば、日中と夜の寒暖差が激しい春・秋には、カシミヤ・シルク・コットンなど、高い保温性と吸湿性を兼ね備えた素材がおすすめです。また、生地は厚手のものよりも、やや薄手のもののほうがさまざまなシーンに対応できます。

蒸し暑い夏には、コットンなどの通気性のよい素材を使った薄手のストールがおすすめ。レーヨンやモダールなどを使用した、触るとひんやりとするストールも便利です。薄手のストールをバッグに入れておけば、冷房や紫外線対策としても活躍します。

冬には保温性に優れたウールやカシミヤ製のストールがおすすめ。華やかなデザインのストールなら、地味になりがちな冬のコーデを華やかに演出するファッションアイテムとしても活躍します。どんなコーデに合わせるのかも考慮して、お気に入りのストールを選んでみてください。

サイズをチェック

中判サイズ

中判サイズとは、一般的に幅35~45cm、長さ180~190cm程度のアイテムのことを指します。長さは大判ストールとほぼ同じで、横幅は半分程度です。

中判サイズのストールは、マフラーのように首に巻いたり、肩に掛けたりと、アレンジしやすいのが魅力。いつものコーデにアクセントを加えられます。

首に巻いてもボリューム感が出過ぎないので、小柄な方が着用してもバランスよく見えやすいのがポイント。また、中判ストールは首元がすっきりとするため、春夏のコーデにも合わせやすく、季節を問わず使えます。

大判サイズ

大判サイズとは、一般的に幅70cm、長さ190~200cm前後のストールのことです。首に1周巻くだけでボリュームが出て、顔周りを華やかに演出できるのが魅力。ストールのアレンジが苦手な方でも、手軽におしゃれを楽しめます。

また、大判サイズは肩から羽織れば肩・背中・腕をカバーできるので、おしゃれなアウター代わりとしても活躍。さらに、デスクワーク中など、足元の冷えが気になるシーンではひざ掛けとしても使えます。

ストールのおすすめブランド

ジョンストンズ(Johnstons)

ジョンストンズは、1797年にスコットランドで誕生した老舗ブランドです。カシミヤなどの高級素材を贅沢に使った製品を取り揃えているのが特徴。なかでも、ストールはなめらかな触り心地で、世代を超えて世界的な人気を集めています。

ジョンストンズ(Johnstons) タータンチェックストール

上質なカシミヤを使用したストール。チクチクしにくく、軽くてふんわりあたたかいのが特徴です。パッと目を引く明るいものからシックな雰囲気のものまで、さまざまな種類のチェック柄をラインナップ。コーデのアクセント使いにするのがおすすめです。

サイズは約190×70cmの中判サイズ。ボリュームが出すぎることなく、首元にさりげなく巻けます。流行に左右されにくく、長く使える上質なストールが欲しい方におすすめです。

ジョンストンズ(Johnstons) SHIPS別注 カシミヤチェックストール

上質で肌触りのよいカシミヤのストール。大ぶりのチェック柄が華やかな印象です。きちんと感のあるコーデにも、カジュアルな装いにもマッチするアイテム。日常のスタイリングに活躍します。

大きさは、約205.6×73.3cmの大判サイズ。肩から羽織ったり、ブランケット代わりに使ったりと、さまざまなアレンジが楽しめます。首元に巻いたとき、ボリューム感が出るのもポイント。あたたかく存在感のあるストールを探している方におすすめです。

ジョンストンズ(Johnstons) カシミヤニットストール

カシミヤ100%のストール。きれいめな雰囲気がありつつも、ニット生地のためカジュアルにも使えるアイテムです。サイズは約180×70cm。首元にラフに巻くのにちょうどよい大きさです。

カラーは、グレー系やベージュ、ホワイトなどベーシックな色味をラインナップしています。落ち着きのある色のトーンで、コーデにさりげなく取り入れやすいのが魅力。きれいめにもカジュアルにも使えるストールを探している方におすすめです。

ファリエロサルティ(Faliero Sarti)

イタリア・フィレンツェで生まれた織物ブランド。レーヨンの一種であるモダールという繊維を使った生地を使ったストールは、やさしい肌触りで世界中から支持されています。

また、ファルエロサルティのストールは独自の染色法を取り入れており、色鮮やかで上品な風合いが魅力。プレゼント用のストールを探している方は、ぜひチェックしておきたいブランドです。

ファリエロサルティ(Faliero Sarti) ストール NEW LOLITA

カシミヤとシルクのミックス素材を使用したストール。端に付いているフリンジがポイントです。上質な素材感ながら、カジュアルにも使えるラフな雰囲気が魅力。デイリーで気軽に使えます。

色は落ち着いたトーンのピンク系。派手すぎないため、ナチュラルなテイストの服装にぴったりです。サイズは約120×120cm。大判のスカーフ感覚で使えるため、首元でのアレンジを楽しめます。

カジュアルな雰囲気のカシミヤストールが欲しい方におすすめです。

ファリエロサルティ(Faliero Sarti) ストール TOBIA

85%のモダールと15%のシルクが混ざった素材のストールです。軽やかでやわらかい生地感が魅力。春夏の着用に適しています。カラーは、グレー系やベージュ系などくすみ系のバリエーションが豊富。トレンドのニュアンスカラーコーデにおすすめです。

短めのフリンジが付いており、カジュアルな印象。ナチュラルなシワがついているため、着用するとこなれ感を演出できます。リラックス感のあるやわらかな素材で、ストール初心者の方にもぴったりです。

ベグ アンド コー(BEGG&CO)

1866年、スコットランドで誕生したスカーフ・ストールブランド「ベグ アンド コー」。17世紀から続く伝統的な織り方を受け継ぎ、最上級の天然素材だけを使った上質なストールを生み出し続けています。

ベグ アンド コー(BEGG&CO) カシミヤ ソリッドストール

厳選された極細カシミヤ単糸を使ったストール。ガーゼのようにふわっと軽いのが特徴です。大きさは約196.6×71.2cmの大判サイズ。薄手なので首元に巻いてもボリュームが出すぎず、さりげなく使用できます。

カラーは、コーデの差し色になるビビッドなピンク系とブルー系に加えて、プレーンなグレー系もラインナップ。軽量でかさばりにくいので、肌寒いとき用にバッグに入れておくのもおすすめです。

ベグ アンド コー(BEGG&CO) チェックストール

シックなカラーコンビネーションが大人な印象のストール。カジュアルなチェック柄ながら、幼い雰囲気になりにくいのが魅力です。ラムウールとアンゴラを使用し、あたたかな素材感。秋冬コーデのアクセントになる1枚です。

約180×65cmの中判サイズで、日常で使いやすい大きさ。首に巻いたり肩からさらりと羽織ったりと、さまざまなアレンジを楽しんでみてください。トラッドすぎず、きれいめコーデになじむストールを探している方におすすめのアイテムです。

パシュミナコレクション(THE PASHIMINA COLLECTION)

パシュミナコレクションは、日本の高級ストール・マフラー専門ブランドです。ネパールの工場から直輸入した製品だけをラインナップ。ネパールの伝統技法で作られたパシュミナ織りのストールは、軽くなめらかな触り心地で人気を集めています。

パシュミナコレクション(THE PASHIMINA COLLECTION) カシミヤ シルク ストール グラデーション

カシミヤとシルクを使用した、ふんわりやわらかい肌触りのストールです。生地のカラーはグラデーションデザイン。身にまとったときにさまざまな表情を生み出します。

カラーはイエロー系やピンク系など明るい色を豊富に展開。グレーやモーブなどトレンドのニュアンスカラーもラインナップしています。手持ちの服と相性のよいものを選んでみてください。ギフトボックス付きのため、プレゼントにもおすすめです。

パシュミナコレクション(THE PASHIMINA COLLECTION) カシミヤ100% 大判 ストール グラデーション

やわらかく光沢のあるカシミヤを使用したストール。生地の色はグラデーションがかかっており、着用したときに単調になりにくいのが魅力です。サイズは約200×70cmの大判タイプ。肩から羽織ったり、首に巻いたり、さまざまな使い方ができます。

カラーはパッと明るいローズピンクやロイヤルブルーなどを展開。シックなグレー系やベージュ系などもラインナップしています。色違いで揃えるのもおすすめです。

パシュミナコレクション(THE PASHIMINA COLLECTION) リネン100% エアリー ストール

リネン100%のストール。軽くて透け感があるので春夏の使用がおすすめです。通気性に優れており、暑い季節も蒸れにくく快適。首元の紫外線対策にもぴったりです。

オレンジ系やピンク系など、明るいパステル調のカラーをラインナップ。顔周りを華やかに演出します。薄着になる季節の、ワンポイントアクセントとしてコーデに取り入れるのがおすすめです。

グッチ(GUCCI)

グッチは、1921年にイタリアで誕生したラグジュアリーブランド。同ブランドの代名詞的デザイン「GG柄」は世界的な知名度を誇ります。大人の女性に似合うエレガントなストールを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

グッチ(GUCCI) GGパターン ストール

生地のセンターを貫く、レッドとグリーンのラインが印象的なストールです。生地全体にあしらわれたグッチを象徴する「GGパターン」がポイント。ウールとシルクの混合素材で肌触りがよく、あたたかな生地感が魅力です。

大きさは、約186×37cmの中判サイズ。マフラー感覚でデイリーに使いやすいサイズ感です。通勤時のきちんと感のあるスーツやコートになじむクオリティ。シンプルなスタイリングのアクセントとして着用するのもおすすめです。

グッチ(GUCCI) ウール シルク ストール

グレーをベースとした生地に、ブランドアイコンの「GGパターン」をあしらったシンプルなストール。生地の表と裏で色味が異なるため、巻き方次第でコンビネーションカラーのストールのようにも使用できます。

素材はウールとシルクを使用。薄手なので、春・秋・冬はストールとして、夏は冷房対策のひざ掛けにと、オールシーズン活躍します。ハイブランドのラグジュアリー感がありつつも、派手すぎないストールが欲しい方におすすめです。

グッチ(GUCCI) ウール100% ストール

ウール素材を使ったストール。ふんわりと起毛感があり、あたたかな印象です。保温性に優れているため、寒さがきびしい季節もおしゃれに防寒対策ができます。

さりげなくGGパターンが施されたベージュ系の生地が、上品な雰囲気を演出。ネイビーとレッドのラインが斜めに入っており、ストール全体の印象を引き締めます。男女兼用で使えるため、パートナーとペアで着用するのもおすすめです。

シトラス(CITRUS)

シトラスはインド発のストール・アクセサリーブランドです。製品はすべてインドの熟練職人によるハンドメイド。なかでもポンポン飾りが付いたストールは高品質ながらも価格が比較的安いので、幅広い世代から人気を集めています。

シトラス(CITRUS) ポンポン付コットンシルクストール

素材にコットンとシルクを採用したストール。さらりとした生地感のため、春夏の使用がおすすめです。ポンポンのふちどりが付いており、大人かわいい印象。シンプルなコーデのアクセントにぴったりです。

ピンク系やイエロー系、グリーン系などの明るい色味に加えて、シックなベージュ系やグレー系もラインナップ。ナチュラルなシワ感があるため、コーデに取り入れるとこなれ感を演出できます。

シトラス(CITRUS) ラメライン レディース 大判 ウール ストール

ウールとナイロンのミックス素材を使用したストール。両サイドにラメのライン、3辺に大きめのポンポンがあしらわれたおしゃれなデザインです。シンプルながらもかわいらしい雰囲気を演出できます。

大きさは、約200×70cmの大判サイズ。肩から羽織ったり、ボリューミーに首元にまいたりとさまざまなアレンジを楽しんでみてください。インテリアのファブリックとして使用するのもおすすめです。

シトラス(CITRUS) 無地ポンポン付 レディース 大判 ウール ストール

素材にウール60%、シルクを40%配合したストール。薄手で軽いものの、巻くとふんわりあたたかいのが魅力です。秋冬のコーデに抜け感をプラスできるアイテム。軽やかな生地感のため、首元にボリュームが出すぎないのが特徴です。

ふちにポンポンが付いているので、華やかかつかわいらしい印象。ダークになりがちな秋冬コーデに遊び心を与えられます。

エトロ(ETRO)

エトロは、1968年にジンモ・エトロがイタリアで立ち上げたファッションブランド。19世紀後半に失われたカシミール紋様を現代にマッチした形で蘇らせ、「ペイズリー柄」として普及させていきました。

エトロのストールは大人の女性にぴったりのおしゃれなアイテムが多いので、ぜひチェックしてみてください。

エトロ(ETRO) ペイズリー ストール

爽やかなペイズリー柄が描かれたストール。さらりとしたリネン素材を使用しているため春夏の使用がおすすめです。無地のシャツやワンピースなどに合わせてアクセント使いすると、コーデがパッと映えます。

大きさは、約138×44cmとコンパクトなサイズ感。スカーフ感覚で使えて首元のアレンジを楽しめます。ボリュームが出すぎないのでさりげなく着用できる1枚です。

ロキャロン オブ スコットランド(Lochcarron of scotland)

1947年に誕生した老舗ブランド「ロキャロン オブ スコットランド」。高品質のウール素材を使用したタータンチェックのストールは、ハリウッドスターなど世界中のセレブに愛されており、日本でも人気のブランドです。

ロキャロン オブ スコットランド(Lochcarron of scotland) ラムウール 大判ストール

ラムズウールを100%使用したストール。やわらかい肌触りが魅力です。保温性に優れているため、ふんわりとあたたか。秋冬コーデの防寒対策におすすめです。

シックなものからビビッドなものまでタータンチェック柄を豊富にラインナップ。好みのタイプのチェック柄を選んでみてください。サイズは、約180×71cmと上半身をすっぽり覆えるほどの大きさ。ブランケットとしても使用が可能です。

グレンプリンス(Glen Prince)

1989年にスコットランドで創業したブランド。カシミヤやウールなど上質な天然素材を用いたストールやマフラーを手掛けています。

ブランドを代表するアイテムが、伝統的な手法で織られたラムウール素材のストールやマフラー。上質な素材を使用しながら、リーズナブルに入手できるおすすめのブランドです。

グレンプリンス(Glen Prince) ウールチェックストール

表と裏に異なる2種類のチェック柄を使用したストール。巻き方によってさまざまなチェックの表情を楽しめます。ウール100%の素材を採用しながら、薄手なので軽やかな手触りです。ボリュームが出にくいのですっきりと着用できます。

シンプルな無地のアイテムと組み合わせるのがおすすめ。秋冬コーデに取り入れるとスタイリングがランクアップします。リバーシブル感覚で使える一石二鳥のストールが欲しい方にぴったりです。

グレンプリンス(Glen Prince) 大判ストール

スコットランド製の上質なウールを使用したストール。淡いグラデーションで配色したチェック柄が、シックで落ち着きのある印象です。表側がチェック、裏側が無地のため、巻き方次第で異なる雰囲気を楽しめます。

カラーはベージュとグレーをラインナップ。やわらかな色合いのため、ブラック系のアイテムと合わせると大人っぽい印象を与えられます。

サイズは約207×52.5cmの大判タイプ。首に巻くほか、ポンチョ風に肩に掛けたりひざ掛けとして使用したりするのもおすすめです。

マニプリ(manipuri)

マニプリは、2012年に日本で誕生したストールとスカーフのブランド。ヴィンテージスカーフの雰囲気をストールに落とし込み、絵画のように繊細で美しい柄の製品を展開しています。ブランドのストールは、すべて熟練した職人がハンドプリントで作っているのが特徴です。

マニプリ(manipuri) シルクプリントスカーフ65

にぎやかなテキスタイルがパッと目を引くストール。エレガントなフラワープリントのほか、スノードームや気球をモチーフにしたユニークな図柄をラインナップしています。シルク100%で光沢があり、上品かつ華やかな印象です。

首に巻くのはもちろん、ターバンのように頭に巻いたり、ベアトップ風に胸元に巻いたりするのもおすすめ。さまざまなアレンジを楽しんでみてください。

ツイードミル(TWEED MILL)

ツイードミルはイギリスのラグメーカー。スコットランドで採れたニューピュアウールを一括管理・加工しており、リーズナブルな価格で、高品質な製品を提供しています。

ストールなど多目的に使えるアイテムから、裏地加工が施されたやわらかいピクニックラグまで豊富に展開。デイリーに使いやすくおすすめです。

ツイードミル(TWEED MILL) LAMBSWOOL STOLE

ウールの起毛感があたたかな印象のストール。落ち着いたトーンのチェック柄で大人っぽく着用できるアイテムです。

サイズは、約208×70.6cmの大判タイプ。ダウンやコートなど秋冬のアウターにプラスするのがおすすめです。おしゃれな雰囲気がアップします。厚すぎない生地のため、ボリューミーになりすぎずさりげなく使用できるストールです。

ツイードミル(TWEED MILL) LIFESTYLE KNEE RUG HERRINBONE STRIPE

ほどよい厚みのウール素材を使用したストールです。サイズは、約180×74cmの中判タイプ。大きすぎずデイリーに使いやすいサイズ感です。

首に巻いたり、肩に掛けて防寒対策に使ったりできるうえ、インテリアのファブリックとして使用するのもおすすめ。やさしい色合いのストライプ柄で、やわらかで大人かわいい雰囲気を演出できます。

トラディショナルウェザーウェア(Traditional Weatherwear)

トラディショナルウェザーウェアは、1974年にスタートした英国のブランド。 現在はアウターウェアを中心に、傘やストールなどのファッション小物も展開しています。

ストールは、チェック柄のものを多くラインナップ。英国らしいトラディショナルな雰囲気が好みの方におすすめです。

トラディショナルウェザーウェア(Traditional Weatherwear) BLANKET MUFFLER C/W

カシミヤブレンドのウール素材を使用したストール。やわらかくやさしい肌触りが魅力です。大胆な配色であしらったトラディショナルなチェック柄がおしゃれ。明るめの色と落ち着いた色のコンビネーションで、大人の女性におすすめのストールです。

アクセント使いとしてスタイリングに取り入れると、コーデが垢抜けます。首に巻いたり、肩に掛けたりと、さまざまな使い方ができるサイズ感。デイリーで活躍します。

トラディショナルウェザーウェア(Traditional Weatherwear) CASHMERE WOOL BLANKET MUFFLER

カシミヤとウールを混紡した上質な素材を採用したストール。軽量であたたかく、肉厚過ぎないので首元にさらりと巻きやすいのが魅力です。英国らしいトラディショナルなチェック柄で、コーデに取り入れると品よくきまります。

カラーは、シックなベージュ系やブルー系に加えて、明るいイエロー系やオレンジ系もラインナップ。シンプルなスタイリングのアクセントとして使うのがおすすめです。

マコッカ(macocca)

マコッカは、大阪市にある株式会社ソレイユが手掛けるオンラインショップ。オリジナルのストールや傘を販売しています。

ストールは、高品質なカシミヤを用いたものから、比較的リーズナブルなものまで幅広い品揃えが魅力。デザインやカラーのバリエーションも豊富です。

マコッカ(macocca) シルケットウールカシミヤブレンド チェック柄 ストール

シルクのような光沢感と、なめらかな肌触りを兼ね備えた「シルケットウール」を使用しているストール。カシミヤがブレンドされているのでふんわりとあたたかです。シックで細かな柄から、カジュアル感ある大ぶりな柄まで豊富なチェック柄をラインナップしています。

サイズは約200×61cmの大判タイプ。首に巻いたときにボリューム感が出て、あたたかな雰囲気を演出できます。

マコッカ(macocca) シルケットウールカシミヤブレンド 無地 ストール

シンプルな無地のストールです。素材には、光沢がありなめらかな手触りのシルケットウールを採用。カシミヤが混紡されているので、さりげなく高級感も漂います。

カラーは、ビビッドなブルーやイエロー、レッドなどを展開。シックなグレー系やベージュ系も揃っています。

コーデのアクセントとして明るい色を差し色に加えるとおしゃれな雰囲気に。シックな色で全身をまとめて、トレンドのワントーンコーデにトライするのもおすすめです。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)

ルイ・ヴィトンはフランスのラグジュアリーブランド。1854年に世界最初の旅行鞄のアトリエとして設立されました。現在は、バッグだけでなくウェアやアクセサリーなどを幅広く展開しています。

ストールにおいては、ブランドを象徴するモノグラム柄をあしらったものが人気です。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON) ショール・モノグラム デニム

シルクとウールの混紡素材を使用したストール。シルクの光沢感となめらかさ、ウールのあたたかさを備え、快適な着用感が叶います。ツートーンの糸で織られたシンプルな見た目ながら、さりげないモノグラム柄で華やかな印象です。

カラーはベージュがかったピンク系。首元に巻くと、顔周りを華やかに演出します。40~50代の大人の女性へのプレゼントにもおすすめです。

エルメス(HERMES)

エルメスはフランス生まれのブランド。1837年に、高級馬具の製造工房としてスタートしました。現在は、バッグを中心に、ウェアやジュエリーなどを幅広く展開しています。

ストールは、華やかな柄から、シックなデザインまで豊富にラインナップ。ハイブランドならではの高級感が漂うストールが欲しい方におすすめです。

エルメス(HERMES) ストール

カシミヤとヤクを素材に採用したストール。薄手であたたかく、やわらかいのが特徴です。サイズは約230×40cmで、マフラー感覚で首に巻きやすいデザイン。秋冬のおしゃれに活躍します。

カラーはシックなダークレッド。通勤時のスーツやコートにもなじみ、きちんと感あるスタイルにマッチします。シンプルで派手すぎないデザインなので、幅広い年齢層の方におすすめのアイテムです。

ストールの売れ筋ランキングをチェック

ストールのランキングをチェックしたい方はこちら。

ストールの巻き方

By: amazon.co.jp

コーデにプラスするとおしゃれ感がアップするストール。アレンジによって印象が変わるので、いくつか巻き方を覚えておくのがおすすめです。

大判ストールをタテに折り、首にくるっと一周巻く「エディター巻き」は簡単で、ストール初心者の方にもおすすめ。左右をアンバランスにするとクールな雰囲気になり、ゆるっと巻くとかわいい雰囲気を演出できます。

首元に華やかさをプラスできるのは「ミラノ巻き」。こなれ感を演出できます。巻き方は、フロントで一周させた首元の輪でループを作り、ストールを通すだけ。春夏の首元の紫外線対策にもおすすめです。

普段のコーデにストールを取り入れ、さまざまなアレンジを楽しんでみてください。

ストールのおすすめコーデ|春

きれい色のストールをかごバッグから覗かせて

By: wear.jp

リネンのパンツに白のカットソーを合わせた爽やかなコーデ。ナチュラルなかごバッグとフラットなサンダルを合わせてリラックス感を演出します。

明るいグリーンのストールは、バッグから覗かせてコーデのアクセントに。春夏の紫外線対策として持っておくと重宝します。気の置けない家族や友人とのお出かけにおすすめの、肩の力が抜けたスタイリングです。

インド綿のストールをプラスしたほっこり系春コーデ

By: wear.jp

チェックのパンツにゆったりとしたチュニックを合わせたスタイリングです。トップス・ボトムスともにリネン素材のアイテムをセレクト。リラックス感が漂うのが魅力です。

首元にはインド綿のストールを巻いてナチュラルな雰囲気を演出。明るめのベージュを選んで顔回りを華やかに見せるのがポイントです。小物はかごバッグと麦わら帽子をチョイス。ピクニックにおすすめの休日コーデです。

ストールのおすすめコーデ|夏

ストールをパレオ風に巻いてアレンジ

By: wear.jp

タンクトップにショートパンツを合わせた軽快なコーデ。パレオ風のストールを腰に巻いて、華やかさをプラスします。おしゃれ感を出せるうえ、紫外線対策や体型カバーも可能です。

ペーパーブレードのハットにフラットなサンダルを合わせて、リラックス感を演出。ピアスやペンダント、アンクレットもプラスして、女性らしさもプラスしています。夏のリゾートにおすすめの開放的なスタイリングです。

パッと明るいストールが映えるリゾートコーデ

By: wear.jp

白のパンツにオレンジ系のグラデーションが美しいストールを合わせたコーデ。プレーンなボトムスと鮮やかな色合いのストールのコンビネーションがおしゃれです。

足元にはフラットなサンダルを合わせてこなれ感を演出。バッグはクラッチタイプをセレクトし、クラス感をプラスします。リゾートにもおすすめの、リラックス感が漂うコーデです。

ストールのおすすめコーデ|秋

ブルーのストールがポイントのハンサムコーデ

By: wear.jp

濃紺のカットソーに黒のスキニーパンツを合わせた、スタイリッシュなハンサムコーデ。足元にはポインテッドトゥのパンプスを合わせて、女性らしさをプラスします。

全身をダークな色でまとめているので、暗い印象にならないようにブルーのストールを投入。シルクの光沢感できちんと感がありつつも、やわらかな素材で抜け感も演出できます。オフィスにもおすすめの、きれいめコーデです。

パープルのストールで華やかさをプラス

By: wear.jp

ゆったりシルエットのニットワンピースとストールを合わせたコーデ。ワンピースの白が雰囲気を演出します。コーデが単調にならないよう、パープル系チェックのストールを肩掛け。ズレ防止にストールクリップを付けて、華やかさと実用性をプラスします。

バッグにはワンピースと同色の白をセレクトし、統一感を演出。足元は、あえてソールがゴツめのブーツを選んで、全体が甘くなりすぎないようまとめます。デートにもおすすめの秋コーデです。

ストールのおすすめコーデ|冬

ストールを短めに巻いたスタイルアップコーデ

By: wear.jp

ニットとパンツをベージュで揃えた、やさしげな雰囲気のスタイリング。パンツにはセンタープレスが入っており、きちんと感があるため、オフィスにもおすすめのコーデです。

チェックのストールと黒のブーツをプラスして、全体の印象を引き締めるのがポイント。ストールは短めに巻き、重点を上に持ってくることで、スタイルアップを目指します。

小物できちんと感を演出したストールコーデ

By: wear.jp

ざっくりとしたニットに白のパンツを合わせた冬コーデ。ベージュ系のストールをプラスしてあたたかさをプラスします。足元はライトベージュのローファーをセレクトし、抜け感を演出。パンツと同系色のため、統一感が出ます。

バッグには小ぶりなハンドバッグを選んで、女性らしさをプラス。グリーンをチョイスすることで、コーデにワンポイントのアクセントを加えます。冬の温泉巡りなどにおすすめの、あたたかでリラックス感もあるスタイリングです。

コートにストールをプラスしたあたたかなコーデ

By: wear.jp

ベージュ系のコートが主役のコーデ。バッグとストール、ブーツもベージュ系のものをセレクトし、色のトーンを揃えるのがポイントです。やさしげな雰囲気を演出できます。ストールはあえてアシンメトリーに巻いてこなれ感をプラス。おしゃれ感がアップします。

ボトムスは色落ち感のあるデニムパンツをチョイス。コーデに抜け感が出るのでおすすめです。