春先や晩秋に活躍する「ブルゾン」。最近はボディラインに沿うタイトなシルエットのモノではなく、少しゆるめのモノやオーバーサイズのアイテムを選ぶのがトレンドです。

そこで今回は、ブルゾンのおすすめアイテムをブランド別にピックアップ。着こなしのコツやおすすめのコーディネートについてもご紹介するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ブルゾンとは?

By: amazon.co.jp

ブルゾンとは、裾部分が絞られたウエスト丈、もしくは腰丈ほどのアウターのこと。背中にふくらみを持たせたシルエットが特徴です。素材については特に定義がなく、ナイロンやレザー、コットンなど、さまざまな素材のモノが発売されています。

同カテゴリーに含まれるアイテムはラインナップが豊富。「MA-1」や「スタジャン」、「コーチジャケット」などの定番アウターも、広義ではブルゾンと考えられます。

ブルゾンとジャンパーの違い

「ブルゾン」と「ジャンパー」は意味合いとしては同じで、前者はフランス語、後者は英語です。ただし、日本ではそれぞれ異なるニュアンスで使われる傾向にあるので、注意しましょう。

明確な定義付けはされていないものの、ブルゾンはおしゃれな街着でカジュアルなモノ。一方、ジャンパーは作業着やスポーツウェアとしての意味合いが強く、機能性を重視したモノを指すことがあります。

ブルゾンの選び方

種類で選ぶ

着回しやすいジップアップブルゾン

フロントがフルジップ仕様になっている「ジップアップブルゾン」。インナーがちらりと見える短すぎない着丈で、幅広いコーディネートに対応できるのが特徴です。

前を閉じて着れば防寒性をより高められ、ジップを開けて羽織ればラフな印象に仕上がるのがポイント。さまざまなブランドから展開されているブルゾンの定番アイテムです。

定番人気のMA-1

By: amazon.co.jp

ブルゾンのなかでも特に人気が高いのが「MA-1」。もともとは主に飛行機のパイロットが着用するナイロン製のフライトジャケットを指していましたが、1950年代にアメリカ空軍が開発したモノがファッションアイテムとして注目され、普及したといわれています。

現在はその流れを受け、さまざまなタイプがラインナップ。無骨さを追求したミリタリーテイストの強いアイテムや、キレイめなスタイルに合うシンプルなアイテムなどが揃っています。

カジュアルなコーチジャケット

By: amazon.co.jp

最近は90年代テイストのファッションや、厚底でボッテリとしたフォルムのいわゆる“ダッドスニーカー”が注目されており、そのトレンドを受けて「コーチジャケット」にも注目が集まっています。

特徴としては気軽にサッと羽織れる軽さが魅力。ストリートコーデやスポーツミックスコーデに合わせるアウターとしても重宝します。

人気が再燃しているスイングトップ

By: amazon.co.jp

「スイングトップ」とはもともとゴルフシーンで用いられるアウターのこと。「ドリズラージャケット」とも呼ばれることもあり、立ち襟と裏地にチェック柄を採用しているのが特徴です。

ラインナップとしてはトラッドかつスポーティーなデザインが多いのもポイント。カラーも落ち着いているので、幅広い世代におすすめのアイテムです。

素材で選ぶ

ブルゾンには素材の定義がないため、さまざまな素材を採用したアイテムが展開されています。形が似ていても素材の質感によって印象は大きく変わるので、自分の着こなしに合ったモノをチョイスしましょう。

カジュアル、スポーティーなテイストに合うのはナイロン素材。耐久性に優れており、タフに着回せるのも魅力です。レザー素材であれば、重厚で男らしい雰囲気を演出できるのがポイント。また、季節感のあるおしゃれなコーデを目指すなら、ボアやキルティングなど、あたたかみのある素材を採用したアイテムもチェックしておきましょう。

ゆったりとしたサイズ感がおすすめ

ブルゾンで大人感を演出するには、腕まわりのシルエットと品よく見える着丈が重要です。最近では、こなれた印象を与えるゆったりとしたシルエットのアイテムも多数展開されています。

ただし、ルーズすぎてもラフな雰囲気になりすぎてしまうため、シーンや組み合わせるボトムスとのバランスを考慮して、適度なサイズ感と袖の太すぎないアイテムを選ぶのがおすすめです。

手持ちの服に合わせやすいカラーを選ぶ

ブルゾンはカラーラインナップが豊富。使いやすい定番色から個性を主張できる鮮やかなカラーまで、幅広く展開されています。

カラー選びの目安としては、使い勝手のよいブラック・ネイビー・カーキなどから選ぶのがおすすめ。キレイめスタイルが好みであればネイビーを、カジュアル派の方はカーキを選ぶとよりコーディネートしやすくなります。

ブルゾンのおすすめ人気ブランド

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

1968年に創業した「ザ・ノース・フェイス」は、アメリカを代表するアウトドアブランドです。機能性の追求や自然との共存をテーマに、実用的なアイテムを展開。優れた保温力と悪天候への耐性を兼ね備えたダウンジャケットや、動きやすいようにデザインされたマウンテンジャケットなどが人気です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) デナリ ジャケット

厚手ながらも軽量で柔らかいフリース素材で仕立てられたブルゾン。肩周りや袖にあしらったナイロン生地の補強がデザインのアクセントとしても効いています。

裾に付いたドローコードを絞れば、衣服内の気密性を高められるのがポイント。洗濯機洗いに対応しており、自宅でも手軽にケアが可能です。ブラック・グレー・オリーブといった落ち着いた印象のカラーリングが揃っています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) Insulation Bomber Jacket

保温力に優れた機能素材の中綿が入ったブルゾン。軽量で水に濡れても影響を受けにくいため、悪天候の際にも重宝します。秋冬シーズンに活躍する防寒性の高いアウターを探している方におすすめです。

表地にはリサイクルポリエステル製のツイル生地を採用。左袖にMA-1ジャケットに見られるシガレットポケットを配し、ミリタリーテイストのデザインに仕上げています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ザ コーチジャケット

ほどよい厚みのあるナイロンオックス生地を使用しており、上品な光沢感が魅力のブルゾン。生地には撥水加工を施して、悪天候への耐性を高めています。

胸元のロゴプリントや左袖のワッペンロゴがデザインのアクセント。裏地の素材は滑らかな肌触りのポリエステルで、袖通りのよさが特徴です。前を開いて着用しても襟が美しく見えるように、フロントボタンの配置にこだわっています。

アディダス(adidas)

1900年にアドルフ・ダスラーがドイツ・ニュルンベルク近郊で立ち上げたスポーツ用品メーカー。数々の名作スニーカーを発表し続け、今や世界的なスポーツカンパニーとして世界中から支持されています。ロゴにも使われている3本線は「スリーストライプライン」と呼ばれ、ブランドを象徴するアイコンです。

アディダス(adidas) 裏地付きインサレーションジャケット

ボリューム感を抑えた中綿が入っており、優れた保温力とタウンユースに適したスタイリッシュなデザインを兼ね備えたブルゾン。少しの雨や雪であれば表地が弾くため、さまざまな天候に対応できます。

付属のドローコードを使って裾を絞れば、冷気のシャットアウトが可能。背面にはブランドを象徴する3本線をあしらい、デザインにアクセントをプラスしています。

アディダス(adidas) ファイヤーバード シェルパ トラックジャケット

あたたかなフリース生地で仕立てられたブルゾン。動きやすさを重視したゆったりめのシルエットを採用しているため、アウトドアシーンでも重宝するアイテムです。

肩から袖口にかけてあしらったスリーストライプスがデザインのアクセント。プラスチック廃棄物を削減する取り組みからリサイクルポリエステルを使用するなど、素材にこだわっています。

アディダス(adidas) アディカラー クラシックス サテン ボンバージャケット

フロントに大きくあしらわれたブランドロゴが目を引くインパクトのあるデザインのブルゾン。光沢感のあるサテン生地を使用しており、ラグジュアリーな雰囲気が魅力です。

シルエットはゆったりめで、袖口や裾にはリブを配して絞りを入れているのがポイント。カラーリングにはシックなブラックに加えて、色鮮やかなブルーグリーンが展開されています。

アディダス(adidas) シュムーフォイル コーチジャケット

リラックス感のあるシルエットを採用したクラシカルな雰囲気のブルゾン。裏地にアートワークをあしらうなど、見えにくい部分のデザインにまでこだわっています。

左胸にはブランドロゴをアレンジした遊び心のある刺繍をワンポイントで配置。カラーリングには着回しの利くブラック、コーディネートのアクセントとして活躍するオレンジの2色をラインナップしています。

ナイキ(NIKE)

ナイキは、アメリカ・オレゴン州に本社を置く世界最大級のスポーツブランドです。ギリシャ神話における勝利の女神「ニケ」が社名の由来とされており、アスリートに向けたランニングシューズで地位を確立。プロ仕様のアイテムからタウンユースしやすいウェアやスニーカーなど、幅広いアイテムを取り揃えています。

ナイキ(NIKE) ベロア スケートボードジャケット

品のよい光沢感が印象的なベロア生地で仕立てられたブルゾン。クラシカルなトラックジャケットのディテールを取り入れており、レトロなファッションを好む方におすすめです。

洗濯機洗いに対応しているため、お手入れが簡単。チノパンやカーゴパンツといったカジュアルなボトムスを合わせてラフに着こなすとおしゃれです。

ナイキ(NIKE) フィールド ウーブン ジャケット

フロントにスナップボタンで留められるストームフラップをあしらっており、悪天候に強いブルゾン。生地の耐久性が高く、アウトドアでも着用しやすいアイテムです。

貴重品を安心して収納できるフラップ付きのポケットを前面に配置。装飾を控えてミニマムなデザインに仕上げているため、大人っぽく着こなせるライトアウターを探している方におすすめです。

ナイキ(NIKE) Therma-FIT シティ メイド シンセティックフィル ジャケット

ゆったりとしたサイジングに仕上げているため、動きやすく着心地のよいブルゾン。背面の襟下には通気性を高めるメッシュパネルがあしらわれており、内部が蒸れにくいのがポイントです。

生地と同色のブラックでさりげなくプリントされたブランドロゴがデザインのアクセント。スニーカーと合わせてアクティブに着こなすのがおすすめです。

モンクレール(MONCLER)

フランスのモネスティエ・ドゥ・クレルモンで創業。登山家によりよいダウンウェアを提供するためにウェアの研究や改良を重ね、イタリアのカラコラム登頂隊やフランスのマカル登頂隊の装備に採用されたことで世界的な信頼を獲得しました。日本ではスーツにダウンジャケットを合わせる着こなしを定着させたともいわれています。

モンクレール(MONCLER) ナイロンジャケット DUBOST

ストライプ模様の入った襟・袖口・裾のリブがデザインのアクセントとして効いているブルゾン。左袖にはワンポイントでブランドお馴染みのロゴパッチがあしらわれています。

軽やかなナイロン生地を使用しており、肌寒い季節に羽織るライトアウターとしておすすめ。細身のボトムスと合わせて品よく着こなすとおしゃれです。

モンクレール(MONCLER) フーデッド ブルゾン GRENOBLE

前身頃をダウンベスト状に仕上げているため、防寒性の高いブルゾン。背面や袖の素材は柔らかなフリース地で、カーディガン感覚で気軽に羽織れるアイテムです。

フロントジッパーの金具にブランドロゴをあしらうなど、ディテールにまでこだわっているのがポイント。悪天候の際などに重宝するフードが付いており、機能性に優れています。

パタゴニア(patagonia)

1970年にアメリカのベンチュラでオープンした「グレートパシフィック・アイアンワークス」が、衣料品の製造販売・輸入業を開始してできたブランドが「パタゴニア」。主にクライミングやスノーボード、サーフィンなどのアウトドア関連アイテムを手がけています。鮮やかなカラーリングで人気を集めているブランドです。

パタゴニア(patagonia) ウーリエステルフリースジャケット

ウールやポリエステルをミックスしたフリース生地で仕立てられたブルゾン。保温力に優れているため、秋から冬にかけてのアウターとして重宝するアイテムです。

生地を切り替えた袖口や裾のリブ、左胸にワンポイントで配したブランドロゴがデザインのアクセント。ネイビーやグリーンといった落ち着いたトーンのカラーリングをラインナップしています。

パタゴニア(patagonia) クラシック レトロX ジャケット

起毛感のあるあたたかなフリース製のブルゾン。内側に吸湿発散性や通気性を兼ね備えたメッシュ生地を配しており、機能性を重視する方におすすめです。

フロントポケットや襟の生地を切り替えて、デザインにアクセントをプラス。ネイビー・ブラック・ナチュラルといった使い勝手のよい定番色を筆頭に、カラーリングには豊富なバリエーションが展開されています。

ポロラルフローレン(Polo Ralph Lauren)

1967年にラルフ・ルーベン・リフシッツが立ち上げたファッションブランド「ラルフローレン」のセカンドラインです。

ポニーと呼ばれるワンポイントの刺繍は、欧米ではメジャーな紳士が馬に乗って行うポロという競技がモチーフ。カジュアルでクラシックなスタイルをベースに、幅広いアイテムをラインナップしています。

ポロラルフローレン(Polo Ralph Lauren) スイングトップ

左胸にブランドロゴがワンポイントであしらわれたブルゾン。格子柄の裏地を採用したスイングトップタイプで、クラシカルなデザインを好む方にぴったりです。

ジーンズを使ったカジュアルコーデはもちろん、スラックスに合わせて大人っぽく着こなすのもおすすめ。ベージュやネイビーといった着回しの利くベーシックカラーをラインナップしています。

ポロラルフローレン(Polo Ralph Lauren) コーデュロイ ベースボール ジャケット

洗い加工が施されたコーデュロイ生地を使用しており、ヴィンテージ感のあるデザインが魅力のブルゾン。デニムやチノパンを合わせれば、こなれた雰囲気のアメカジスタイルが完成します。

生地のカラーリングは深みのあるネイビーで、襟・袖口・裾のリブに配したイエローのラインがアクセント。フロントにはインパクトのある太字のロゴがあしらわれています。

ディーゼル(DIESEL)

1978年にイタリアの実業家であるレンツォ・ロッソと、アドリアーノ・ゴールドシュミットが立ち上げたアパレルメーカー。「ディーゼル」という名前は世界中で発音しやすく、ディーゼル燃料のように世の中を盛り上げたいという考えから名付けられました。世界中から人気を集めているブランドです。

ディーゼル(DIESEL) コーチジャケット

コーデュロイ素材で切り替えた襟がデザインのアクセントとして効いているブルゾン。フロントには大型のハンドウォーマーポケットがあしらわれています。

裾部分に付いたスナップボタン留めのストラップを使えば、シルエットの調節が可能。内側にはキルティング仕様のライナーを配しているため、保温力の高さを重視する方にもおすすめです。

ディーゼル(DIESEL) ジャケット MA-1 リバーシブル

左袖にジッパーポケットがあしらわれたMA-1タイプのブルゾン。光沢感のあるナイロン生地には撥水加工が施されているため、悪天候の際にも着用しやすいのが特徴です。

落ち着いた配色の表側に加えて、鮮やかなカラーリングで仕上げた裏側をリバーシブルで着用可能。1着あればコーディネートの幅が広がるアイテムです。

ディーゼル(DIESEL) レザージャケット ラムスキン

カラーリングをオールブラックで仕上げた男らしいデザインのブルゾン。素材には滑らかなラムレザーを使用しており、ロックテイストのコーディネートを好む方におすすめです。

スウェットやパーカーとレイヤードしてカジュアルに着こなしてもおしゃれ。襟・袖口・裾のリブに加えて、左袖のジッパーポケットがアクセントとして効いています。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)

1954年に設立された「アルファインダストリーズ」は、米軍用品供給メーカーとして知られているミリタリーブランド。快適に過ごせるように配慮されたアウターを発売しており、人気を博しています。機能性だけでなく、タウンユースしやすい洗練されたデザインも魅力です。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) MA-1タイト ナイロンジャケット

日本人の体型に合いやすいすっきりとしたシルエットのブルゾン。素材として無骨な雰囲気のナイロンを採用することで、ミリタリーテイストのデザインに仕上げています。

中綿入りで保温力に優れているため、秋冬用のアウターとしておすすめ。内部に風が浸入しにくくなるように、襟・袖口・裾にはリブがあしらわれています。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) レベルセブン

保温力に優れた中綿が入っているため、秋から冬にかけてのアウターとして重宝するブルゾン。中綿の素材はマイクロファイバーで、軽量で通気性が高く着心地良好です。

突然雨が降ってきた場合などに活躍するフードが付属。ベージュやグレーといった落ち着いた雰囲気のカラーリングが展開されており、日常のコーディネートに馴染みやすいアイテムです。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) コーチジャケット

フライトジャケットに使われるようなナイロン生地で仕立てられたブルゾン。気軽に羽織りやすいコーチジャケットタイプで、カットソーからパーカーまでの幅広いアイテムとレイヤードできます。

ステンシル風のブランドロゴや左袖に配したシガレットポケットなど、ミリタリーテイストのディテールをうまく落とし込んでいるのがポイントです。

バラクータ(BARACUTA)

バラクータは、1937年に設立されたイギリスのファッションブランド。1948年にゴルフジャケットモデルとして発表した「G-9」はスイングトップの原型とされており、エルヴィス・プレスリーやスティーブ・マックイーンが愛用したことでも知られています。

バラクータ(BARACUTA) G-9 レギュラーフィット

通気性のよいコットンポリエステル生地で仕立てられたブルゾン。2つのボタンを配したクラシカルなデザインの襟がアクセントとして効いています。

ほどよいゆとりのあるレギュラーフィット仕様で、さまざまなインナーとレイヤードしやすいのがポイント。インパクトのあるチェック柄の入ったライニングを採用するなど、見えにくい部分のデザインにまでこだわっています。

バラクータ(BARACUTA) 別注 G-9 ナイロン パッカブル ブルゾン

上品なスタイルで人気のセレクトショップ「シップス」の別注によって誕生したブルゾン。薄手のストレッチナイロン生地を使用しており、軽やかな着心地が特徴です。

裏側にあしらわれたポケットに本体を収納できるパッカブル仕様で、持ち運びに便利。ネイビーやオリーブといったタウンユースに適した落ち着きのあるカラーリングを展開しています。

ビームス(BEAMS)

ビームスは、海外ブランドのアイテムからオリジナルのアパレルや雑貨まで幅広く取り揃えるセレクトショップです。「BASIC & EXCITING」をコンセプトに、着心地のよいデイリーウェアを追求。メインのメンズレーベルをはじめとして、特徴の異なるさまざまなラインを立ち上げています。

ビームス(BEAMS) コーデュロイ ボア コーチ ジャケット

あたたかなコーデュロイ生地で仕立てられたブルゾン。胴裏や襟にはボアフリース素材を採用しており、秋冬シーズンに活躍する防寒性に優れたアウターを探している方におすすめです。

着心地をよくするため、袖の裏側にはボアフリースではなく中綿を配しているのがポイント。裾のシルエットは付属のドローコードで調節可能です。

ビームス(BEAMS) MA-1

撥水性のあるヘビーナイロンツイル生地を使用したブルゾン。デザインソースはヴィンテージのMA-1ジャケットで、クラシカルなディテールを忠実に再現しています。

太番手の糸による縫製でシワ感を出すなど、ディテールへのこだわりがポイント。軽量ながらも保温力に優れた中綿が入っているため、寒い季節のアウターとして重宝するアイテムです。

ビームス(BEAMS) ボア イージー B-3

ゆったりとしたオーバーサイズのシルエットが特徴で、コーディネートの主役として活躍するブルゾン。内側は中綿入りのキルティング仕様で、保温力に優れています。

襟裏や裾に配したバックル付きのナイロンテープがデザインのアクセント。重ね着を考慮したパターンメイキングにより、パーカーとレイヤードしてもすっきりと着こなせます。

ビームス(BEAMS) フランネル チェック ジップ ブルゾン

身幅を広めに設定しつつ着丈は短く仕上げたトレンド感のあるシルエットのブルゾン。柔らかなフランネル素材を使用しており、季節感を演出したい場合に重宝するアイテムです。

ジーンズやチノパンと合わせてカジュアルに着こなすのがおすすめ。全面に入った柄にはバッファローチェックとタータンチェックの2種類をラインナップしています。

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)

ユナイテッドアローズは、1989年に創業された日本のセレクトショップ。ブランド名は毛利元就の「三本の矢」の逸話から付けられており、「本当に売りたいものを売る」を経営理念としています。

複数のブランドラインがあり、ファッションアイテム以外にも財布などの小物やライフスタイルに関わる雑貨なども扱っています。

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS) ポリエステル ジャージー ジップアップ ブルゾン

ストレッチ性のあるポリエステルジャージー素材で仕立てられたブルゾン。ちょっとしたお出掛けの際に羽織りやすいのはもちろん、自宅でのリラックスタイムでも重宝するアイテムです。

シャツのような感覚でロングシーズンにわたって着用できるライトアウターを探している方におすすめ。ダークトーンのボトムスに合わせれば、大人っぽさのあるモード風コーデが完成します。

ナノユニバース(nano・universe)

ナノユニバースは、日本全国で店舗を運営している人気のセレクトショップです。選りすぐりのインポートアイテムとオリジナルウェアをバランスよく展開。ヨーロピアンテイストにトレンド要素を融合したスタイルを得意としています。

ナノユニバース(nano・universe) 中綿ミリタリーフードブルゾン

中綿が入っているため、防寒性が高く真冬にも重宝するブルゾン。フードが付いたミリタリーテイストのデザインを採用しており、パーカーのようにカジュアルに着こなすとおしゃれです。

首元をしっかりと覆える設計で、マフラーなしで単体でも着用しやすいのがポイント。カーキ・ブラック・グレー・チャコールと豊富なカラーバリエーションがラインナップしています。

ナノユニバース(nano・universe) ダンボールMA-1

適度なハリ感や品のよい光沢のあるポリエステル生地で仕立てられたブルゾン。素材がシワになりにくく自宅でもケアがしやすいため、デイリーユースに適したアイテムです。

肌寒い春秋シーズンにはアウターとして、寒さの厳しい真冬にはインナーとして着回せるのがポイント。落ち着いた色味のカラーバリエーションを展開しています。

アーバンリサーチ(URBAN RESERCH)

アーバンリサーチは、「都市に生きる自分らしい人々」に向けたライフスタイルを提案しているセレクトショップです。カジュアルでデイリーユースしやすいウェアから雑貨までを世界中から厳選。テイストの異なるオリジナルレーベルを多数展開し、さまざまなアイテムをラインナップしています。

アーバンリサーチ(URBAN RESERCH) #U リバーシブルボアブルゾン

絶妙な設定の丈感により幅広いボトムスとバランスをとりやすいブルゾン。首元まで覆えるスタンドカラータイプで、防寒性を重視する方にもおすすめです。

フロントに大きくあしらわれたジップポケットがデザインのアクセント。裏面をリバーシブルで着用できるため、1着あればコーディネートの幅が広がるアイテムです。ブルーやパープルといったインパクトのある色を含んだ、豊富なカラーバリエーションがラインナップされています。

アーバンリサーチ(URBAN RESERCH) UR TECH 起毛ノーカラーブルゾン

赤外線を吸収して蓄熱する機能素材を使用したブルゾン。首元はミニマムなデザインのノーカラータイプで、パーカーやタートルネックとレイヤードしやすいアイテムです。

アウターとして活躍するだけでなく、インナーとしても着込みやすい絶妙なサイズ感がポイント。シックな雰囲気のブラックに加えて、味のあるブルーやブラウンといったカラーリングを展開しています。

ブルゾンをおしゃれに着こなすコツ

全体のシルエットを意識

By: amazon.co.jp

ブルゾンは総じて着丈が短めのモノが多いため、全身のバランスをとるのが難しいと感じる方もいます。そんな方は全体のシルエットが「Iライン」「Aライン」「Yライン」のどれかになるように意識するのがおすすめです。

「Iライン」は細身のブルゾンに同じく細身のボトムスを合わせた形で、スマートな雰囲気を与えるのが特徴。また、細身ブルゾンにゆるめボトムスを合わせると「Aライン」となり、メリハリのある着こなしに仕上がります。

そして、男らしいラフなブルゾンを着こなしたい方には「Yライン」がおすすめ。ゆったりとしたブルゾンに、スキニーのような細身ボトムスを合わせたシルエットでまとめるのがコツです。

インナーの着丈に注意

By: amazon.co.jp

おしゃれなブルゾンを着用しているのに野暮ったく見える場合は、インナーの着丈を確認してみてください。ブルゾンのようなショート丈アウターを着用する際には、アウターよりも着丈の長いインナーをチョイスするのがおすすめです。

ブルゾンよりも丈の長いインナーを着用することで、アウターの裾からチラッとインナーを見せられるのもポイント。コーディネートを考える際は、合わせるインナーの丈感にも配慮しましょう。

ブルゾンのおすすめメンズコーデ

スウェットのセットアップにブルゾンを合わせたリラックスコーデ

By: wear.jp

スウェット素材のトップスとボトムスをセットアップで着用したリラックススタイル。アウターとしてMA-1タイプのブルゾンを羽織って、こなれ感のあるスタイリングを完成させています。

チェック柄のマフラーでコーディネートにアクセントをプラスしているのがポイント。着こなしの雰囲気がカジュアルになりすぎないように、シューズにはドレッシーなビットローファーを選択しています。

チェック柄のブルゾンをダークトーンコーデで品よく着こなす

By: wear.jp

チェック柄のブルゾンとタートルネックニットをレイヤードした品のよいコーディネート。ウェアのカラーリングを落ち着きのあるダークトーンでまとめており、大人っぽい雰囲気の着こなしに仕上がっています。

ボトムスにはゆったりとしたシルエットのスラックスを選択。リラックスフィットのアイテムを取り入れることで、スタイリングにほどよい抜け感をプラスしています。

ブルゾンを柄入りのニットとレイヤードした秋冬スタイル

By: wear.jp

起毛感のあるボアブルゾンを軸にしたコーディネート。秋冬らしい雰囲気のフェアアイル柄が入ったニットとレイヤードすることで、季節感を演出しています。

全体としてゆったりとしたシルエットを意識しているのがポイント。ボトムスやシューズはアースカラーで統一しており、スタイリングにまとまりが生まれています。

ブルゾンをモノトーンコーデでモダンに着こなす

By: wear.jp

スイングトップタイプのブルゾンをモックネックのスウェットとレイヤードして、首元に立体感を出したコーディネート。ボトムスに選択したチェック柄のスラックスで着こなしにアクセントを加えています。

全身のカラーリングをモノトーンのみで絞っているのがポイント。クラシカルなデザインのブルゾンをモダンな印象で着こなしたい場合におすすめのスタイリングです。