寒い時期のファッションシーンに欠かせない「フリース」。ひと昔前はプロの登山家などが愛用していた防寒着ですが、今やアウトドアシーンはもちろんのこと、タウンユースでも多くの方が着用するようになったアイテムとして有名です。

保温性に優れたフリースは暖かく、1枚持っていると重宝するので老若男女問わず人気です。そこで今回は、フリースのおすすめ製品をブランド別にご紹介します。

冬のアウトドアにフリースは必須?

天候や気温の変化に柔軟かつ快適に対応できるので、冬のアウトドアでフリースは必須のアイテムといっても過言ではありません。フリース素材の特性として、高い保温性能や吸湿速乾性能を保持していることが挙げられます。

フリースのアイテムを一度でも身に着けたことがある方は、その暖かさや快適性を体感しているはず。寒い冬のアウトドアシーンでは、フリースの保温性と速乾性が威力を発揮します。また、フリースは軽量性やストレッチ性に富んでいるので、フリース性のアイテムは軽快で快適な使い心地や着心地が実現されているのも特長。さらに、コンパクトなサイズに収められるので、身に着けない時はリュックなどに収納できるのも利点です。

アウトドアというと、アクティブに活動することから、服や携行物が汚れる、という場面が多く見られてしまうもの。そこで、アウトドアシーンでのウェアや携行物は、自宅での水洗いが可能なものであれば、とても便利です。

この点について、フリースのアイテムは、簡単に洗濯できるものが多いのも利点です。フリースのアイテムは少し汚れたくらいでも、洗濯機での洗浄で綺麗になります。また、しつこい汚れでも、手洗いで入念に汚れを落とせば、ほとんどの汚れが落とせるのが嬉しい素材です。

フリースのアイテム価格もリーズナブルなことが多く、洗濯機で気兼ねなくガンガン洗えるので、そういう意味でも、冬のアウトドアの必須アイテムといえます。

フリースの選び方

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンに適したモノを選ぶ

フリースを用いたアイテムは多くのブランドから展開されているので、どのアイテムを選べばよいか迷ってしまいがちです。そういった場合は、フリースの素材の特性である、高い保温性能や吸湿速乾性能を重視したアイテム選びがおすすめ。

冬のアウトドアシーンは気温がとても低くなることが想定されるので、天候の変化などに柔軟に対応するという意味では、機能性を重視してアイテムを選ぶのが安心です。保温性や速乾性に加えて、軽量性や着心地まで意識して選べば、あらゆる天候に柔軟に対応できるでしょう。

デザインで選ぶ

ファッションに気を使う方であれば、アウトドアシーンでもおしゃれでスタイリッシュなルックスを保ちたいもの。そういった方には、見た目やデザインを重視してフリースのアイテムを選ぶのがおすすめです。

昨今では、ファッションブランドなども積極的にフリースを用いたアイテムを展開しているので、デザイン性が高いアイテムも多く存在します。もちろん、その場合でも機能性がしっかりと確保されているので、冬のアウトドアシーンでも身に着けることが可能です。

フリースのおすすめメンズブランド

パタゴニア(patagonia)

アメリカの総合アウトドアブランドとして有名なパタゴニア。登山グッズはもちろんのこと、サーフィンやスポーツ用品から軍用品まで、幅広く展開しています。

ペットボトルをリサイクルした素材PCRシンチラ、綿商品は無農薬のオーガニックコットンを使用するなど、環境に配慮した商品作りを行っています。そんなパタゴニアのフリースは、アウトドアブランドならではの品質が魅力。素材へのこだわりで、高い保温性と着心地のよさを可能にしています。

また、アウトドアシーンだけでなく、タウンユースでもしっかりと馴染むシルエットや色柄の豊富さもポイント。おしゃれさと機能性を兼ね備えた商品を展開しているおすすめのブランドです。

パタゴニア(patagonia) CLASSIC RETRO-X VEST

柔らかなボア状の風合いが特長の、ボンデッド・シェルパ・フリース素材が用いられたベスト仕様のアイテムです。胸部分には、スムーズな質感のナイロン製縦型ジッパーポケットが施されていて、デザインアクセントとともに機能性を向上。

また、防風性バリヤーと吸湿発散性を備えた高機能の裏地がさらに快適な着心地を与えます。カラーバリエーションの豊富さもおすすめなフリースベストです。

パタゴニア(patagonia) メンズ・クラシック・シンチラ・ジャケット

毛玉防止加工が施されたリサイクル・ポリエステル100%のフリース。上部まで備えられたフルジップにより、防寒性能が高いアイテムです。カラー展開は3種類で、すべてスタイリッシュなデザインに仕上がっているのが特長。

胸部と腹部にはジップ式のポケットがあしらわれており、機能性も備わったおすすめのフリースジャケットです。

モンベル(mont-bell)

「Light & Fast」と「Function is Beauty」がコンセプトのモンベル。登山用品を中心とした、さまざまなアウトドア用品を製造・販売。全国に多数展開しており、近年では駐車場や休憩施設などが一体となった道路施設「道の駅」内にも出店しているほど、独自の店舗展開を行っています。

その店舗数と、コストパフォーマンスのよさで、日本で最も身近なアウトドア専門店といってもいいほど親しみのあるブランドであるモンベル。フリースの歴史は1978年がはじまりで、創業からわずか3年でモンベルの顔となるフリースが生まれています。

現在では用途に合わせて、さまざまなシリーズが展開されています。高い保湿性を備えたもの、ストレッチ性に優れたもの、そして軽さと通気性に優れたものなど。使用するシーンに合わせた組み合わせが可能です。

モンベル(mont-bell) クリマプラス100 ジャケット

ストレッチ性に優れた薄手のフリース素材である「クリマプラス100」が用いられた、モンベルのジップジャケットです。

スマートなシルエットに、フルジップデザインが高い防寒性能をプラスしています。フロントジップがあごに当たるのを防ぐフラップや、ポケットが3つ搭載されているなど、機能的なディテールワークがおすすめのフリースジャケットです。

モンベル(mont-bell) シャミースジャケット

毛髪の10分の1という細さのマイクロファイバーを密に編んだ素材である、「シャミース」が用いられたジップジャケット。薄手・軽量なフリースとして人気があります。

ゆとりのあるシルエットに横方向へのストレッチ性を備えた「1WAYストレッチ」により、快適な運動性を実現。豊富なカラーバリエーションもおすすめポイントのフリースジャケットです。

アークテリクス(Arc'teryx)

カナダで誕生したブランド、アークテリクス。クライミング時の滑落防止用安全器具であるハーネスを製作が原点。ブランドのロゴマークは、アーキオプテリクスと呼ばれる、始祖鳥の化石がモデルになっています。

素材とデザインに徹底的にこだわっており、細部まで緻密に作られた職人技が、プロのクライマーからも絶大な信頼を得ています。そして、アークテリクスのフリースで特筆すべきはハードフリースというカテゴリー。

通常のフリースに、撥水性と防水性、耐久性をもたせたものを指します。アウトドアにおけるハードな使用にも耐えうる、まさにプロ仕様のフリース。デザイン性と本格的な機能性を求めている方に、おすすめのブランドです。

アークテリクス(Arc'teryx) デルタ LT ジャケット

伸縮性・断熱性・通気性・耐久性に富んだマイクロフリース素材である「POLARTEC」が用いられた、フルジップタイプのジャケットです。

動きを重視した人間工学に基づくフィット感のあるスマートなシルエットと、ミニマルな機能のみを搭載したシンプルなデザインが特長。さまざまなアクティビティやコンディションに対応した、高機能なフリースジャケットです。

アークテリクス(Arc'teryx) フォートレス フーディ

高い耐摩耗性や耐久性、耐候性を備えたフリースジャケット。重ね着用としても単体用としても着回しできます。また、高山でも快適に動け、体を保護できるようにデザインされているクライミング仕様なところも魅力。

スリムなフードが天候の変化への対応性を上げる、高性能なフリースジャケットです。伸縮性・断熱性・通気性・耐久性が高い、中軽量の合成フリース素材である「POLARTEC」も採用されています。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)

1968年に米国にて誕生したザ・ノースフェイス。アウトドアシーンだけでなく、街でのおしゃれ着としても人気のあるブランドです。タウンユースでのアウトドアスタイル、スポーツスタイルには欠かせないアイテムを展開しています。

最低何度の気温まで快適に使用できるかを表示した「最低温度規格表示」や史上初の「ドーム型テント」の開発など、画期的な商品を開発。アウトドアにおける限界点を常に高めています。

そんなザ・ノースフェイスといえば、ゴアテックスのジャケットが有名ですがフリースも負けず劣らず人気。

特に最近の製品はサーマルプロ光電子という特殊な素材を使用しています。体が発する遠赤外線を活用し、保温性を高めるのが特長。1着は持っておきたい、おすすめのアウトドアブランドです。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) マウンテンバーサマイクロジャケット

軽量で優れた保温性を持つ、滑らかな毛足が特長のフリースジャケット。身体にフィットするスマートなシルエットも魅力的です。また、ショルダー部分に施された耐摩耗性の高いナイロン素材が、デザインアクセントを加えています。高めの襟部分が寒気の侵入を防ぐ、登山にもおすすめのフリースジャケットです。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) Rearview camo Fleece Hoodie

導電糸が採用され、不快な静電気の発生を抑止する静電ケア設計が施されたフルジップフードジャケットです。ダークトーンのカモフラージュ柄に、ホワイトのドローコードやジップ使いが魅力的です。

フード部分に大胆に施されたロゴもポイント。フリースの機能だけでなく、おしゃれさも求めている方におすすめのスタイリッシュなフリースジャケットです。

コロンビア(Columbia)

山や川、湖など、自然豊かなアメリカ・オレゴン州。その自然環境を存分に楽しむために生まれた、総合アウトドアブランドであるコロンビア。比較的リーズナブルな製品と十分な機能性、カラーバリエーションの豊富さ、スタイリッシュなデザインで幅広い層から支持を得ています。

男女用の商品はもちろんのこと、キッズ用のアウトドアグッズも充実。家族でアウトドアを楽しみたい方にも、おすすめのブランドです。

コロンビア(Columbia) バックアイスプリングスジャケット

保温性や吸湿速乾性に優れた「MTRフリース」が用いられた、フルジップフリースジャケットです。毛玉になりにくいコロンビアオリジナルの技術も搭載。

適度なゆとりをもたせたモダンなシルエットに、ブレスト部分での切り替えパターンがデザインアクセントを加えています。豊富なカラーバリエーションや、テキスタイルデザインも魅力。スタイリッシュなデザインでおすすめのフリースジャケットです。

コロンビア(Columbia) アーチャーリッジパターンドジャケット

ボア状の素材感が特長のフリース素材が用いられた、フルジップ仕様のスタンドカラージャケットです。スマートなシルエットに胸ポケット部分や襟裏部分、両サイド部分や袖裏部分などに施されたカモフラージュ柄のテキスタイルがおしゃれ。アウトドアからタウンシーンまでおすすめのフリースジャケットです。

ナイキ(NIKE)

スポーツブランドとして世界中で有名なナイキ。アウトドア分野においても、豊富な商品ラインナップを展開しています。軽い登山やキャンプならば、ナイキならではのデザインアイテムで、周りとは一味違うコーディネートを楽しめるでしょう。

また、最先端のテックフリースを使用したフリースが有名ですが、人気の秘密はやはりデザイン性。タウンユースでも使えるスタイリッシュさは、他のブランドと比べても圧倒的です。フリースの保温性と、おしゃれ着としてのデザイン性を求める方におすすめのブランドです。

ナイキ(NIKE) DRI-FIT ドライ ハイパーフリース PO クラウド フーディ

速乾性テクノロジーである「Nike Dry」が用いられたフリースフードパーカー。フードが3パネル仕様になっているので、悪天候にも対応できるのが特長です。また、肩や腕が動かしやすいラグランスリーブ設計もポイント。

デザイン面では、長めにパターン取られた後ろ身頃がスタイリッシュさと快適な着心地を味わえる点が魅力です。

ナイキ(NIKE) フルジップ フリース フーディ SSNL

フルジップタイプのフリースフードパーカー。吸汗性と肌触りのよさが特長の「フレンチテリー」素材が採用されています。ダークトーンカラーフリースの前身頃と、ライトカラーの袖・後ろ身頃との切り替えが、モダンなカラーコントラストを表現。

キルティングの袖には、熱を逃がさない中綿が使われており、高い防寒性能が期待できます。また、パーカー部分は暖かさを高めるジャージ裏地になっているのもポイントです。

ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)

設立が1877年と長い歴史があるノルウェー生まれのヘリーハンセン。今や世界中のから愛されるウェアブランドです。1950年にフリースの先駆け的存在である完全防水ウェア製品化に成功。

130年以上たった現在も防水テクノロジーの進化と、新たな防水ウェアの開発に貢献。スノーフィールドスポーツや登山、探検家など多くのアウトドアシーンにおいても、なくてはならないブランドです。

ヘリーハンセン(HELLY HANSEN) デイブレーカー1/2ジップフリース

軽量性・断熱性・保温性に優れる薄手の「POLATEC」が用いられた、フルジップタイプのフードジャケットです。スマートなシルエットに、身頃とジップのカラーコントラストが映えるデザイン。

ショルダー部分の切り替えにより、動きやすさが加味されているのもポイントです。毛玉になりにくい抗ピリング加工が施されているので、洗濯を繰り返しても柔らかで自然な風合いが保たれます。日常使いにおすすめのフリースです。

ヘリーハンセン(HELLY HANSEN) HELLY HANSEN Anchor Jacket

保温効果の高い高機能素材である「光電子」フリース素材が用いられた、フルジップタイプのフードジャケットです。柔らかな風合いのボアフリースに、印象的なアンカーモチーフやロープ柄などで、身頃全体に柄があるのも魅力。

カジュアルスタイルに合わせるのにおすすめです。フルジップとハイネックのコンビネーションで、防寒性能もプラスされています。

コーエン(coen)

年齢に関係なくベーシックなスタイリングを提案しているブランド、コーエン。リラックスした雰囲気をイメージしたリーズナブルな日常に密着したアイテムが特長。着心地のよい製品をリーズナブルな価格で提供しているのも魅力。機能性を重視したアウトドア向きのフリースもおすすめです。

コーエン(coen) フリースアノラックライクパーカー

軽量で保温性の高いフリース素材が用いられた、フルジップタイプのフードジャケットです。ややオーバーサイズのゆったりとしたシルエットに、左胸部分のフラップポケットや、サイド部分のジップなどのディテールがアクセントになっています。単体として着用してもさまになるモダンなデザインで、トップスとしてもインナーとしてもおすすめです。

コーエン(coen) ボアフリースセットアップ

上品な光沢感が特長のジップパーカーとパンツのセットアップ。保温性の高い柔らかな肌触りのボアフリース素材が用いられています。

ライダースのようなアシンメトリーなジップに、モダンなビッグシルエットなフードパーカーが印象的。また、スリムなシルエットのパンツも魅力です。さまざまな着こなしができるので、ルームウェアとしてもタウンユースとしてもおすすめです。

ユニクロ(UNIQLO) ブロックテックフリースパーカ

ユニクロは私たちの生活をよくするための洋服を作り続けているブランドです。ダウンやヒートテックなどをはじめとした人気アイテムは、ローコストなうえにハイクオリティであるがゆえ、私たちの生活には欠かせない「必需品」となっています。

フリースも着心地はもちろん防寒の機能性を最大限に高めた商品を多く展開。アウトドアブランドに引けを取らないクオリティがあります。

ユニクロ(UNIQLO)

動きやすく、風を通さないところが特長の高機能フリース。内側に柔らかなフリース素材が施されているブロックテックフリースパーカです。デザインがいかにもフリースぽくない点も魅力。フリースの暖かさとデザイン性の高さを求める方におすすめのフリースです。

アンドワンダー(and wander)

東京に拠点を置く新進気鋭のアウトドアブランド。アウトドアだけではなく、タウンユースでも利用できるアーバンな雰囲気があり、それぞれのシーンに合った提案を実現しています。

メイド・イン・ジャパンの製品を展開しているので、素材、製法にはとことんこだわりがある大注目ブランドです。

アンドワンダー(and wander) twill fleece jacket

ハイネックのデザインが特長のフルジップフリースジャケットです。中綿には軽量で保温性のマイクロファイバー素材を採用。フロント部分やショルダー部分のダークトーンカラーと、裾や袖部分のライトカラーとのコントラストが魅力です。

クリフメイヤー(KRIFF MAYER)

アメリカンカジュアルにモダンさを組み合わせたどこか古着っぽさを感じさせるデイリーウェアブランド。古着のもつ独特のスレ感やヴィンテージ感を独自の製造方法で実現しています。ベーシックながら変化のあるデイリーファッションを好む方におすすめ。

お値段も高すぎない設定が魅力で、普段使いにおすすめです。メンズだけではなくレディース、キッズも展開しているので、家族で揃えるのもアリです。

クリフメイヤー(KRIFF MAYER) シャギーボアベスト

毛足が長い軽量なボアフリース素材が用いられたフルジップタイプのフリースベストです。ボアフリース素材により生み出される、ゆったりとした素材感が特長。

左胸部分に斜めに配された、ブランドロゴ刺繍入りのジップポケットが、さりげないユーモアを演出しています。スマートなデザインでありながらも、スタントカラーやパイピング処理などにより防風性能も意識された、高機能でスタイリッシュなフリースベストです。

ネイタルデザイン(NATAL DESIGN)

流行り、アート、トラッドなど、ジャンルに捕らわれず、独自の感性でオリジナリティ溢れるアイテムを生み出しているブランド。そして、着る人の喜びや、楽しさなど、感情が高ぶるアイテムが展開されています。

どこか自然と一体感を生み出してくれそうなデザインがあるので、アウトドアスタイルや、アメカジのようなカジュアルなスタイルが好きな方におすすめのブランドです。

ネイタルデザイン(NATAL DESIGN) EDGER JACKET

高い防寒性能を誇るボアフリース素材が用いられた、プルオーバータイプのフリースジャケットです。曲線にパターン取られたフロント部分ポケットや、前後の身頃の構築的なカッティング、襟裏や肘部分などの異素材切り替えなど、テクニカルなディテールが魅力。

着込んでいくほどにヴィンテージ感のある風合いに経年変化するので、日常使いにおすすめです。

チャンピオン(Champion)

1919年にニューヨークで誕生したチャンピオン。米軍学校訓練用ウェアとして採用されたことをきっかけに、優れた運動性や耐久性を誇るブランドとして有名になっていきました。

そして、運動する人の立場を第一に考えた高い機能性や、タウンユースとしても使用できるデザイン性が、親しみやすいブランドとして定着。スウェットやパーカーのイメージが強いブランドですが、メンズフリースもいいものを展開しているので、おすすめです。

チャンピオン(Champion) フリースジャケット

ソフトな肌触りの毛足が長いボアフリース素材がスタジャンデザインのジップフリースジャケットです。

ショルダー部分とジップポケット部分でスムース素材と切り替えたり、袖口や裾部分にボーダーのテキスタイルをあしらうなど、細かなデザインワークが魅力。ラフなカジュアルスタイルに合わせるのにおすすめのフリースジャケットです。