寒い時期のファッションシーンに欠かせない「フリース」。ひと昔前は登山家などが愛用する防寒着でしたが、ファストファッションブランド「ユニクロ」のフリースが普及したことで、今や部屋着としてはもちろん、タウンユースでも多くの方が着用するようになりました。

そこで今回はフリースのおすすめ製品をご紹介。保温性に優れたフリースは暖かく、持っていると重宝するアイテムなので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

フリースとは?

By: patagonia.jp

フリースは、アウトドア用のミドルレイヤー(中間着)に最適な素材。一番の魅力は保温性が高い点です。ポリエステルなどの化学繊維を細かく起毛しているため、空気を多く含み身体の熱を蓄えやすいのが特徴。

加えて、濡れても乾きやすいこともメリットです。ウールやコットンと異なり、フリースは素材自体が吸水することはありません。したがって、洗濯もしやすい素材です。

さらに、軽いこともポイント。フリースジャケットのなかには、重量200gほどのモデルも発表されています。また、肌触りがよくストレッチ性に富んでいることも、フリースがウェアとして優れている点。アウトドアはもちろん、タウンユースや自宅でくつろぐときも、フリースウェアは便利なアイテムです。

フリースの選び方

アウトドアシーンに適したモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

フリースを用いたアイテムは多くのブランドで展開しているので、どのアイテムを選べばよいか迷ってしまいます。注目すべきは、フリースの素材の特性である、高い保温性能や吸湿速乾性能。さらに軽量性や着心地に配慮しているかも重要です。

なお、最近のアウトドアシーンにおいては移動中の着用でも暑くなりすぎないアクティブ系のモデルが注目されています。製品を選ぶ際はぜひチェックしておきましょう。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

ファッションに気を使う方であれば、アウトドアシーンでもおしゃれでスタイリッシュなルックスを保ちたいものです。そういった方は、見た目やデザインを重視してフリースのアイテムを選ぶのがおすすめ。

最近はファッションブランドなども積極的にフリースを用いたアイテムを展開しているので、デザイン性が高いアイテムも多くラインナップされています。インナーとして着込むのか、アウターとして羽織るのかも踏まえ、購入する際は着回すシーンを想定するのがおすすめです。

パタゴニア(patagonia)

ヨセミテの名クライマーであったイヴォン・シュイナードが設立した、アメリカのアウトドアブランドです。1977年にフリースウェアの前身であるパイルジャケットを開発。1985年に名作といわれるシンチラスナップTを発売すると、たちまち人気となり、フリースはアウトドアウェアの代表的素材となりました。

デザイン性が高いことも、パタゴニア製品の魅力。ハイクオリティなフリースジャケットを探している方は、パタゴニアをチェックしておきましょう。

パタゴニア(patagonia) メンズ・レトロ・パイル・ジャケット

パタゴニア(patagonia) メンズ・レトロ・パイル・ジャケット

気軽に着用できる、パタゴニアの人気ジャケットです。素材のフリースはエコ素材のリサイクル・ポリエステル100%を用いています。フロントジッパーはフルレングス仕様。スタンドアップカラーのうえからヒップまで覆うので、寒い日でも充分な防寒性を備えています。

ラグランスリーブを採用しており、バックパック使用時に腕や方を動かしやすいのがメリットです。袖口と裾はポリウレタンの縁取り付き。ほつれにくく、風や冷気も入りにくくなっています。アウトドアはもちろん、タウンユースでも重宝する1着です。

パタゴニア(patagonia) メンズ・ライトウェイト・シンチラ・スナップT・プルオーバー

パタゴニア(patagonia) メンズ・ライトウェイト・シンチラ・スナップT・プルオーバー

パタゴニアのフリースジャケットを代表する、大定番スナップTの軽量モデルです。4つのスナップ留め付きのプルオーバー仕立てで、見た目もカジュアルでスポーティーなのがメリット。左胸にフラップ付きのポケットを備えており、ちょっとした小物を入れるのにも便利です。

袖口と裾に耐摩耗性に優れたポリウレタンの縁取りが付いており、型くずれしにくいのがポイント。丈の長さが充分あるので、寒さによる腰の冷え込み対策としてもおすすめ。秋はソフトシェルアウターとして、真冬はミドルウェアとして着られる、汎用性が高いフリースジャケットです。

モンベル(mont-bell)

1975年創業の日本を代表する総合アウトドアブランド。テントの「ムーンライト」シリーズやレインウェアの「ストームクルーザー」などは、ほぼ定番といってよいほど日本の登山者に人気です。

「Function is Beauty」をモットーとしており、日本の風土・気候に合わせたシンプルな登山用具作りで定評があります。フリースジャケットも登山に耐えうる実用性を備えながら、海外ブランドに比べてリーズナブルな価格が魅力です。

モンベル(mont-bell) シャミースジャケット Men’s

モンベル(mont-bell) シャミースジャケット Men's

毛髪の10分の1という極細のマイクロファイバーを使用した、柔らかな触感のフリースジャケットです。しかも重量245gと軽量。繊維の間に多くの空気を蓄えられるので、薄手ながら保温性も良好です。

袖口をスパイラル状に縫い上げることにより、ストレッチ性が高く、不快な締め付け感もありません。汗を効果的に排出する通気性の高さもポイント。アウトドアはもちろん、寒い時期のトレーニングウェアとしても最適なフリースジャケットです。

モンベル(mont-bell) クリマプラス200 ライニングジャケット Men’s

モンベル(mont-bell) クリマプラス200 ライニングジャケット Men's

中厚手のフリース素材「クリマプラス200」を使用した、保温性および通気性に優れたフリースジャケットです。裏地に10デニールのナイロンを用いて防風性を高めているのがポイント。裏地には帯電防止加工を施しており、滑りがよく重ね着しやすくなっています。

背中と袖部分にバイアスストレッチを採用。伸縮性が高いので、動きやすいのがメリットです。ハンドウォーマーポケットと左胸ポケットにはジッパーを搭載。フロントジッパーが顎に当たらない仕様になっているなど、細かい部分にも配慮が行き届いたモンベルらしいフリースジャケットです。

コロンビア(Columbia)

コロンビアは1960年オレゴンで設立されたアメリカのアウトドア用品メーカーです。アウターとインナーをジッパーで着脱できるようにした「インターチェンジシステム」を採用したウェアが人気となり、アメリカを代表するアウトドアブランドになりました。

そのほかにも、多くのポケットを有するフィッシングベストなどを発売。オリジナリティ溢れるアイテムで定評があります。海外ブランドとしては、比較的リーズナブルな価格もポイントです。

コロンビア(Columbia) スティーンズ マウンテン フルジップ

コロンビア(Columbia) スティーンズ マウンテン フルジップ

程よい厚みで柔らかく、フィット感が優れたフィラメントフリースを使用した、コロンビアのスタンダートなフリースジャケット。襟部分まで伸びたジッパーを上まで上げれば、首回りの防寒も充分。裾にはドローコードを備えており、腰の部分への風の侵入を抑えられます。

シンプルデザインなので、コーディネートしやすいジャケットです。秋や春はアウターとして、真冬はハードシェル下のインナーとして着られる汎用性の高さが魅力。海外アウトドアブランド品としては、リーズナブルなのもポイントです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

1968年にカリフォルニア州サンフランシスコで設立されたアウトドアブランド。質の高いテント・シュラフ・バックパックをはじめ、アウトドアウェアで定評があります。

特に、ウェアは実用性に加えデザイン性が高いことから、ファッショナブルなタウン着として着用されることも多いのが特徴。また、最近では四角形のバックパックであるヒューズボックスが街なかでも人気です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) DENALI JACKET

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) DENALI JACKET

1989年に発売され30年の歴史を誇る、ザ・ノース・フェイスを代表するフリースジャケットです。サイズ感はアップデートしていますが、素材や仕様はデビュー当時から変わっていません。

素材は厚めのマイクロフリース「Versa Micro ECO 300」を使用。ウェスト部分のドローコードを絞ることにより、気密性を高め保温力を向上できます。肩や肘下部はナイロン製の布で補強してあるのがポイント。バックパックのショルダーベルトによる擦れを軽減できるとともに、静電気の発生を抑制しています。

アークテリクス(ARC’TERYX)

アークテリクスは1989年創業のカナダのアウトドアブランド。ロッククライミング用のハーネスなど、信頼性の高い本格的な登山用品が評判となり、軍隊などにも製品を供給しています。

機能性に加えてデザイン性も高いことから、バックパックやアウトドアウェアなどが日本でも人気です。スッキリしたデザインが多いのでコーディネートしやすく、タウンユースにも最適。ファショナブルなフリースジャケットを探している方におすすめのブランドです。

アークテリクス(ARC’TERYX) Delta LT Hoody

アークテリクス(ARC’TERYX) Delta LT Hoody

軽量なマイクロフリース「PolartecClassic100」を使用して、通気性・速乾性が優れたフリースジャケット。アウターの下に重ね着しやすい、しなやかさも魅力。重量はわずか約275gです。

丈は長めで、少しゆったりしたリラックスフィット。薄めのフードを備えており、寒い日でも首からうえを寒風から守ってくれます。さまざまなシーンで利用しやすい、スタイリッシュなフーディジャケットです。

マムート(MAMMUT)

マムートは1862年創業のスイス登山用品メーカー老舗。ザイルやハーネスなど、信頼性の高い本格的登山用具の製造で定評があります。

オレンジとブルーの配色が印象的な「MAMMUT EXTREME」コレクションを1990年に発表。一般的な認知度が高まり、世界的にも人気のブランドになります。以来、アウトドアウェアやトレッキングシューズが日本でも人気です。

マムート(MAMMUT) Innominata Pro ML Jacket AF Men

マムート(MAMMUT) Innominata Pro ML Jacket AF Men

柔らかなテディフリースを使用した、マムートのミドルレイヤー用ジャケットです。ラグランスリーブ仕立てとなっており、腕を動かしても肩まわりが楽なのがメリット。小物を入れやすい、ジッパー付きの胸ポケット1つとハンドポケット2つを備えています。

襟のチンガードが首元から熱が逃げるのを防いでくれるのがポイント。ウェスト部分にドローコードがあり、裾を絞ることで冷気の侵入を軽減します。秋や春先にはアウターとしても使える、レギュラーフィットのフリースジャケットです。

ミレー(MILLET)

ミレーはフランスを代表する本格的登山用品ブランド。1950年に人類で初めて8,000m峰を登頂したフランス登山隊をはじめ、8,000m峰14座の無酸素登頂を果たした伝説的登山家ラインホルト・メスナーなどへマウンテンギアを供給しています。

現在も250名ものガイドが所属するシャモニーガイド協会と提携して、製品テストを実施。信頼性の高いアウトドアジャケットを探している方におすすめのブランドです。

ミレー(MILLET) ヒッコリー フリース ジャケット

ミレー(MILLET) ヒッコリー フリース ジャケット

リブセーター風フリースを使用して、セーターの様なクラッシックな風合いが魅力のジャケットです。裏地を起毛しており、保温性が高いのもメリット。襟が高めなので、首周りの防風性も良好です。

登山やトレッキングから、街なかで日常的に着用しても飽きのこないシンプルデザインがポイント。ハンドウォーマージップポケットも備えています。

バートン(Burton)

バートンは1977年に設立されたスノーボード用品メーカー。スノーボード大会やスクールを開催するなど、早くからスノーボードの普及に努め、世界的知名度を誇るスポーツに押し上げた立役者ともいえるブランドです。

ウェアは機能性が高いことに加え、カジュアルなデザインが特徴。スノボファッションが好きな方におすすめのブランドです。

バートン(Burton) Tribute Pullover Fleece

バートン(Burton) Tribute Pullover Fleece

大きめのフードと、リラックスフィットのゆったりしたシルエットが印象的なバートンのプルオーバージャケット。「DRYRIDE Mist-Defy」素材のフードは撥水加工が施されており、雪が降る中でも濡れにくく安心です。

前身頃にはジップハンドウォーマーポケットを備えており、スマホなどの収納も可能。気軽に着られる、カジュアルなフリースジャケットを探している方におすすめのモデルです。

チャムス(CHUMS)

チャムスはアメリカコロラド州のリバーガイドによって、1983年設立されたアウトドア用品メーカーです。

ヘンリーネックとスナップボタンが特徴的なスウェット「ハリケーントップ」が人気の定番ウェア。タウンユースしてもファッショナブルなジャケットを探している方におすすめのブランドです。

チャムス(CHUMS) Bonding Fleece Jacket

チャムス(CHUMS) Bonding Fleece Jacket

フリースを2枚合わせて保温性を追求した、チャムスのフリースジャケット。フリースの間にフィルムを挟みこむことによって、防風性を確保、冷気の侵入を防いでいます。首回りの襟が高く、ジッパーを閉めれば襟元から熱が逃げるのを軽減可能です。

肉厚のフリースは毛足が柔らかく、肌触りがよいこともメリット。1枚で充分暖かく、冬でもアウターウェアとして利用できます。

マウンテンハードウェア(MOUNTAIN HARDWEAR)

技術開発力が高いことで定評がある、アメリカのクライマーズブランドです。1996年には防風性と透湿性を両立させたウィンドストッパーフリースを開発。また、優れた防水透湿素材であるゴアテックスの開発元であるゴア社と提携して、新素材を共同開発しています。

ジャケットをはじめテントやシュラフなどは欧米での評価も高く、数々のアウトドアマガジンでの受賞も豊富。運動性に優れた行動着を探している方におすすめのブランドです。

マウンテンハードウェア(MOUNTAIN HARDWEAR) Microchill 2.0 Jacket

マウンテンハードウェア(MOUNTAIN HARDWEAR) Microchill 2.0 Jacket

マイクロフリースを使用した軽量なジャケット。Mサイズモデルの重量は、わずか168gです。着用しないときは、バックパックにコンパクトに収納できるので、アウトドアはもちろん街歩きでも重宝します。

スタイルは身体にほどよくなじむレギュラーフィットです。軽くて着心地がよいのがメリット。ベーシックなフリースジャケットとして、ミドルレイヤーとしてもアウターとしても利用しやすいモデルです。

アシックス(asics)

アシックスはスポーツ用品売上高国内第1位を誇るスポーツブランドです。特に、スニーカーや競技用シューズの人気が高いのが特徴。現在でも、かつてのブランド名であるオニツカタイガーを用いて、ファッショナブルなシューズをラインナップしています。

ハイクオリティかつリーズナブルな靴に感心した、ナイキ創業者がアメリカにおけるオニツカタイガーの販売権を得た話は有名。ウェアもデザイン性が高く、野球やバレーボールの日本代表ユニフォームとして採用されています。

アシックス(asics) LIMOフリースプルオーバーフーディ

アシックス(asics) LIMOフリースプルオーバーフーディ

表生地に撥水加工のボンディング素材を使用した、プルオーバータイプのフリースジャケットです。突然の小雨や雪に対応できるのがポイント。高密度に仕上げられた表生地は防風性も良好です。

ゆとりあるリラックスフィットのデザインと伸縮性に富んだ生地が相まって、運動性が高いのがメリット。ハイキングやトレーニング用ジャケットとしても最適です。

ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)

1877年、船長を務めていたヘリー・ジュエル・ハンセンによってノルウェーの港町で設立された防水ウェアブランド。翌年、パリ万国博覧会に出展した防水ウェアが最優秀賞を受賞しています。20世紀前半に防水性の高いライフジャケットをノルウェー海軍に供給するなど、プロからも支持されるブランドです。

1961年には、フリースの元祖ともいえる保温断熱素材ファイバーパイルを開発しました。創業以来140年にわたって防水テクノロジーを追求してきた、信頼性の高いブランドです。

ヘリーハンセン(HELLY HANSEN) Hydro Midlayer Jacket

ヘリーハンセン(HELLY HANSEN) Hydro Midlayer Jacket

中厚手のマイクロフリースを用いたジャケットです。素材の「PolartecClassic200」は軽量ながら保温性と通気性が優れているのがポイント。また、洗濯しても毛玉になりにくく、ソフトな感触を保ちます。

肩の切替部分は、厚手の70Dナイロンタフタによって補強されており、バッグパックを背負ったときなどの擦れに強いのがメリット。落ち着いた色合いと飽きのこないスタンダードなデザインで、タウンユースにも最適なフリースジャケットです。

ミズノ(MIZUNO)

1906年創業の世界屈指の総合スポーツ用品メーカー。野球やサッカーをはじめ幅広いスポーツのシューズやウェアを製造販売しています。イチローや松井秀喜など、プロ・アドバイザリースタッフが多数いることで有名です。

また、ミズノ自体も陸上競技や水泳のクラブチームを保有しており、スポーツ用品開発に欠かせないデータ収集を行っています。多くのアスリートにおすすめのブランドです。

ミズノ(MIZUNO) ストレッチフリースジャケット

ミズノ(MIZUNO) ストレッチフリースジャケット

防風性と動きやすさを実現した、ミズノテックシールドシリーズのフリースジャケットです。身体側面および腕の下部分の切替部が、ポリエステル88%・ポリウレタン12%となっており、耐久性が高められています。

チンガードを備えており、首への冷気の侵入を軽減。寒い時期のトレーニングウェアとしておすすめです。

フリースのAmazonランキングをチェック

フリースのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

フリースのメンズコーデ

シックな色でまとめたストリートスタイル

By: wear.jp

オーバーサイズのダウンジャケットの下にフリースを着用した、寒い冬にぴったりのコーディネート。全体をグレーで統一しつつ、インナーとキャップを同色にまとめているのがポイントです。足元にはバンズのオールドスクールを合わせて、よりストリートな雰囲気をプラスしています。

フリースの素材感を生かしたシンプルコーデ

By: wear.jp

フリース素材の独特な起毛感を活かすよう、ほかのアイテムを黒で統一したコーデ。全体的にスッキリとまとまっています。コンパクトなサコッシュバッグをチョイスしている点も注目です。

鮮やかなフリースが引き立つコーデ

By: wear.jp

フリースのカラーが目立つように意識されたコーデ。ベージュのニットキャップが全体の雰囲気を和らげており、バランスを取っているのが特徴です。

使いやすいアイテムでシティーボーイに仕上げる

By: wear.jp

シンプルにまとめたコーデ。ネイビーのフリースジャケットにチノパン、コンバースのジャックパーセルと使い回しがしやすいアイテムをチョイスしています。フリースをあまり着慣れていない方におすすめです。

アウトドアとラフさを組み合わせたミックスコーデもおすすめ

By: wear.jp

ボリューム感のあるフリースにスウェットパンツを合わせたラフスタイル。スウェットパンツがダボダボすぎないのでスッキリとまとまって見えます。帽子とネックウォーマーの赤色、フリースの紫色が絶妙な差し色になっているのがポイントです。

上品なアイテムと合わせる大人なフリーススタイル

By: wear.jp

デニムやイージーパンツなどと合わせることが多いフリースですが、こちらのコーディネートはフォーマルなスラックスをチョイス。カジュアルな雰囲気ではなく品のある大人スタイルにまとまっています。

トレンドアイテムとコーディネートして旬な雰囲気

By: wear.jp

トレンドアイテムのライン入りのパンツとフリースジャケットをコーディネートした旬なスタイル。全体をブラウン系のカラーで統一させることで、大人の落ち着きを演出しています。

ネクタイを合わせた斬新な個性派スタイル

By: wear.jp

フリースの下にネクタイを着用した、個性が光る斬新なコーデ。スキニーパンツを合わせてスッキリと上品な雰囲気に仕上げています。人と違うフリースコーデを楽しみたい方は、インパクトのある小物を取り入れてみてください。

リラックス感のある休日にぴったりのフリースコーデ

By: wear.jp

ダウンベストとフリースを重ねた防寒にもぴったりな着こなしに、スウェットパンツでリラックス感をミックス。暖かく、楽に着こなせるので休日にぴったりなスタイルです。

ライン入りパンツと合わせてスポーティー感をプラス

By: wear.jp

黒色をベースに、赤色のスナップボタンをあしらった存在感のあるフリースに、ラインパンツと合わせたスポーティー感のあるコーデ。足元はスリッポンをチョイスしてスッキリとまとめています。