カジュアルな印象が魅力のジップアップパーカー。ジップを開けてラフに羽織るのはもちろん、ジップを閉めてしっかりと着込むことができるのも特長で、秋冬はインナーとして、春先はアフターしても活躍してくれるアイテムです。

そこで、今回はロングシーズン活躍してくれるワンランク上のジップアップパーカーをご紹介。人気ブランドアイテムをピックアップしたので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

ジップアップパーカーのおすすめ人気ブランド
ディーゼル(DIESEL)

ディーゼル(DIESEL) ニットコンビジップアップパーカー

カジュアルファッションを得意とするイタリアのブランドです。流行ではなく独自のデザインを追求したオリジナリティが魅力。また、デザインのほか、素材や裁縫のクオリティの高さも特長です。幅広いラインナップのあるデニムパンツや、プリントTシャツによって世界中で人気を博しています。

フロントをスウェット生地、バックをローゲッジニットで切り替えたジップアップパーカー。前から見るのと後ろから見るのとでは印象が異なる遊び心あるデザインが特長です。ラフに羽織れるカジュアルな雰囲気がおすすめポイント。グレーとホワイトを組み合わせたインパクトのあるモデルのほか、袖口と裾以外はオールブラックでまとめたシックなモデルが選択可能です。

ジップアップパーカーのおすすめ人気ブランド
モンクレール(MONCLER)

モンクレール(MONCLER) ダウン入りジップアップパーカー

1952年に創業したフランスのスポーツウェアブランドです。登山家のために開発された、保温力の高いダウンウェアで信頼を獲得。現在は品質とファッション性を併せ持ったプレミアムダウンウェアをはじめとした、スポーティなアイテムで支持を集めています。

前面にモンクレールが得意とするダウンを詰めたジップアップパーカー。スポーティとカジュアルをミックスしたユニークなデザインが魅力です。秋冬のアウターとしておすすめできる保温性の高さもうれしいポイント。ワントーンで上品に仕上げられたライトグレー、ネイビーの2色展開です。

ジップアップパーカーのおすすめ人気ブランド
アスペジ(ASPESI)

アスペジ(ASPESI) ジップアップパーカー

イタリア・ミラノを拠点とするトータルファッションブランド。70年代当時はアウトドアのイメージが強かったダウンジャケットをタウンユース向きのダークカラーで展開して大きな支持を集めるなど、独自のセンスが光っています。ベーシックで機能的な服作りが魅力。素材へのこだわりも特長のひとつです。

フロントジップを隠したミニマムな意匠やハイネックのフードを採用したフューチャリスティックなジップアップパーカー。伸びのある厚手のジャージー生地がリラックスした着用感を演出します。ジップアップパーカーをモードコーデに取り入れたい方におすすめの一着。スポーティなライトグレーとクールなブラックの2色展開です。

ジップアップパーカーのおすすめ人気ブランド
エンポリオアルマーニ(EMPORIO ARMANI)

エンポリオアルマーニ(EMPORIO ARMANI) ジップアップパーカー

ジョルジオ・アルマーニがスタートしたイタリアのファッションブランド。エンポリオには市場という意味があり、ジョルジオ アルマーニブランドのなかでも若いマインドを持つ都市部の人々へ向けたラインです。

トレンドを意識したデザインが特長。高品質でラグジュアリーなウェアやアクセサリーで人気を誇っています。

コーデに馴染みやすいシンプルなデザインのジップアップパーカー。ガンメタルを採用したワイルドなジップヘッド、袖口や裾に施された補強用トリミングといった細部へのこだわりが魅力です。

ジップアップパーカーのおすすめ人気ブランド
ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

1966年設立のイタリアのファッションブランド。高品質のレザーアイテムが魅力です。革ヒモの編み込みデザインであるインテレチャートはブランドの代名詞。ウェアから小物まで手がけるトータルブランドで、中でも財布やバッグは高い人気を誇っています。

ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA) ジップアップパーカー

フロントとバックの肩周りのレザーの切り替えがボッテガらしいジップアップパーカー。高い撥水性を誇るスポーティなメイン素材とのギャップが魅力です。袖口と裾には長めのリブが採用されており、デザインにアクセントを加えています。薄手の作りなので締めつけ感がなく、着心地は抜群。大人っぽいジップアップパーカーをお探しの方におすすめです。

ジップアップパーカーのおすすめ人気ブランド
ヒューゴボス(HUGO BOSS)

ドイツの老舗メンズウェアブランドです。スーツで名声を獲得し、一流ブランドの仲間入りを果たしました。ウェアはもちろんバッグ、アイウェア、アクセサリー、香水などの幅広いアイテムで人気を獲得しています。スポーツスポンサーとしても有名で、社会貢献にも積極性を見せているのが特長です。

ヒューゴボス(BOSS HUGOBOSS) ジップアップパーカー

スポーティな印象のジップアップパーカー。ジャージー素材による軽やかな着心地が魅力です。リラックスしたカジュアルコーデにもってこいの一着。ゴルフやジム用のトレーニングウェアとしてもおすすめです。ブラックにイエローのラインデザインが施されたスタイリッシュなモデルのほか、よりカジュアル度の高いネイビーモデルが選択できます。

ジップアップパーカーのおすすめ人気ブランド
ダブリューエルジーバイジョルジオブラット(WLG BY GIORGIO BRATO)

イタリアの革職人の家系に生まれたジョルジオブラットが2003年にスタートしたファッションブランドです。レザー職人としての20年以上のキャリアで培った技術を反映したヴィンテージテイストが魅力。使い込むほど味が出るレザージャケットやバッグは大人気アイテムです。

ダブリューエルジーバイジョルジオブラット(WLG BY GIORGIO BRATO) ジップアップパーカー

ヴィンテージ加工が施されたユニークなジップアップパーカーです。切りっぱなしのような雰囲気に仕上げられたカフや裾のデザイン、レザー生地を用いたリペア処理といったディテールへのこだわりがポイント。コーデの主役になるジップアップパーカーをお探しの方にはミリタリーカラーがおすすめです。ワントーンで上品にまとまっているブラックカラーも展開されています。

ジップアップパーカーを使ったメンズコーデ

ジップアップパーカーをリラックスコーデのトップスに

By: wear.jp

グレーのジップアップパーカーをはじめとして、ゆとりのあるサイズ感のカットソーやパンツを組み合わせたリラックスコーデ。パーカーのジップを開けてラフに羽織っているのがポイントです。カラーリングをモノトーンで統一することによってコーデがまとまっています。

ジップアップパーカーをレイヤードに組み込む

By: wear.jp

ネイビーのキャップ、ジャケット、スニーカーを軸にしたカジュアルコーデ。ジャケットとシャツの間にグレーのジップアップパーカーを差し込んでいます。パーカーがコーデの潤滑油となって、こなれ感を演出しているのがポイントです。

ジップアップパーカーをインナーとして使用する

By: wear.jp

デニムジャケットのインナーにシップアップパーカーを選択したコーデです。カジュアルなアイテム同士なので相性は抜群。前を開けたジャケットとジップを閉めたパーカーによってギャップが生まれているのがポイントです。