カジュアルファッションの定番アイテムと言える「パーカー」。暖かい時期は気軽に羽織れるアウターとして、寒さ厳しい時期はインナーとして活躍してくれる着回しのよさが魅力です。とはいえ、ラインナップが多く、価格差も幅広いので、なんとなく選んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はパーカーのおすすめモデルをピックアップ。ジップアップタイプとプルオーバータイプに項目を分けてアイテムをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

パーカーとは?

「パーカー」は、氷雪地帯で生活する先住民族の「イヌイット」が着用していた毛皮の防寒服「パーカ(parka)」が語源とされており、日本ではフード付きのスウェットを指す言葉として定着。現在ではスウェット生地以外のアイテムも総じてパーカーとしています。

ちなみに、パーカーは日本でのみ浸透している呼称。海外では同種のモノを「フーディー」と言い、パーカーと呼ばれるモノは語源からもわかる通り防寒着として認識されています。

また、混同しやすいのがパーカーとトレーナーの違い。トレーナーは和製英語で、スウェットとほぼ同義語です。そのため、パーカーとトレーナーの違いはフードの有無ということになります。ぜひ留意しておきましょう。

パーカーの選び方

色やシルエットで選ぶ

By: amazon.co.jp

カラーやシルエットは、パーカーを選ぶ重要なポイント。白黒、グレーなどのモノクロカラーがベーシックなラインになりますが、ビビットなカラーのアイテムを差し色として活用すると、ファッションコーデのアクセントとしてメリハリをつけることができます。

シルエットに関してはストリートを意識するのであれば、ルーズなタイプがおすすめ。サイズはもちろん、フードも肉厚なモノの方が良好です。一方、ジャケットなどと重ね着する際はタイトめがおすすめ。キレイにスッキリまとまります。ぜひ購入する際は意識するようにしましょう。

ファスナーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ファスナー付きの「ジップアップパーカー」は、ファスナーを調整することでさまざまな着こなしができるのが特徴。ファスナーを開いてライトアウターとしてラフに着こなしたり、ファスナーを閉じて首元までしっかり着込んだりと、汎用性の高さが魅力です。

一方、ファスナーのない「プルオーバーパーカー」は、デザインが際立つのが特徴。特に胸元にロゴやプリントがあしらわれている場合は存在感をしっかりと主張できます。

使用されている素材で選ぶ

綿(コットン)

By: amazon.co.jp

使い勝手や着心地を重視したいデイリーユースには、肌触りのよい綿素材のパーカーがおすすめ。吸湿性が高く熱伝導率が低いので、特に冬は暖かく過ごせます。化学繊維と比べると乾燥に時間がかかりますが、長く着回したい方におすすめです。

ポリエステル

By: amazon.co.jp

汗を多くかいてしまうスポーツやトレーニングシーンには、耐久性に優れたポリエステル素材のパーカーがおすすめ。吸湿性の低さが特徴で、乾きやすいというメリットがあります。サラサラとした肌触りを保ち、着心地は快適です。なお、毛玉や静電気が発生しやすいなどのデメリットもあるので、その点は考慮しておきましょう。

ナイロン

By: amazon.co.jp

ナイロン素材のパーカーは撥水性が期待できるので、アウトドアシーンでの着用におすすめ。軽量性にも優れているため、扱いやすいのもポイントです。また、伸び縮みしにくいので、型くずれやシワに強いのも魅力。カラーラインナップも豊富に揃っています。

パーカーのおすすめブランド

チャンピオン(Champion)

By: zozo.jp

“キング・オブ・スウェットシャツ”として、日本のカジュアルシーンでも定番のブランドと言える「チャンピオン」。高品質でタフなスウェットは、ミリタリーやスポーツの分野でも高い評価を得ており、なかでも特にスウェットの縮みを軽減する「リバースウィーブ製法」を用いて作られたアイテムは好評です。

ループウィラー(LOOPWHEELER)

By: loopwheeler.co.jp

「ループウィラー」は“世界一、正統なスウェットシャツ”作りを目指し、真摯なモノ作りを続ける日本のブランド。現代ではコンピューター制御できる編み機での大量生産が主流ですが、同ブランドは昔ながらの吊り編み機を使った製法を貫き通し、着心地と耐久性にこだわっているのが特徴です

オーシバル(ORCIVAL)

By: orcival.jp

「オーシバル」は1939年に創業したフランスのアパレルブランド。同国の船乗りや漁師から人気を集め、マリンウェアブランドとしても知られています。なかでもバスクシャツは人気で、著名な画家であるピカソも愛用。製品ラインナップはどれも上品かつ洗練されたデザインで、さわやかな色合いと柔らかいシルエットが特徴です。

フィルメランジェ(Filmelange)

By: housefilmelange.com

「フィルメランジェ」は、2007年にスタートした国内ブランドです。糸や綿、生地、縫製といった製造に関わるすべてを自社で開発。日本製にこだわってアイテムをリリースしています。製品は、オーガニックな素材を採用し、肌触りや機能美にこだわったアイテムが多いのが特徴。アパレルは合成繊維を使用するケースが多いですが、同ブランドでは綿糸を使用しているほか、吊り編み機で生産した生地を使っており、高品質です。

オーラリー(AURALEE)

By: zozo.jp

デザイナーとして豊富な経験を持つ岩井良太氏により、2015年に設立された「オーラリー」。メンズ、レディースを問わず注目を集めている新鋭ブランドです。特筆すべきは、素材とシルエットへのこだわり。品のよい大人の雰囲気が感じられる上質なウェアが揃っています。

パーカーのおすすめ|ジップアップタイプ

チャンピオン(Champion) リバースウィーブ STORMSHELL ジップスウェットパーカー

同ブランドの代名詞とも言える「リバースウィーブ」に、体温低下を防ぐ素材「ストームシェル」を採用したジップアップパーカー。高い防風性と撥水性を兼ね備えているのが特徴です。

汗をしっかりと逃してくれるため、着心地も良好。ブランドの象徴であるロゴを左胸と左袖の2ヶ所に配置したシンプルなデザインなので、幅広いコーディネートに対応できます。普段のおしゃれはもちろん、アクティブなシーンでも頼りになる1着です。

チャンピオン(Champion) リバースウィーブ青タグジップスウェットパーカー

リバースウィーブ製法により防縮性を高めているほか、裏地を用いることで保温性もアップした「ウォームアップシリーズ」のパーカー。羽織るだけでも暖かく、秋冬の重ね着にも重宝します。

また、着込むほどに味わいを増していくのも本製品の魅力。洗濯を繰り返すことで、風合いもよくなります。ネームタグは70年代のモデルの「青タグ」を採用。往年のファンも意識したおすすめモデルです。

ループウィラー(LOOPWHEELER) Light High-neck Hoodie

同ブランドの定番モデルであるハイジップパーカーは、落ち着いた無駄のないデザインが印象的。ファスナーを首元まで閉じることが可能で、調節してさまざまな着こなしを楽しめます。

タイトで身体のラインが美しく引き立てられるシルエットも魅力。こなれ感を簡単に取り入れられるおしゃれなパーカーです。

オーシバル(ORCIVAL) フレンチテリー ダブルジップアップパーカー

吊り編み機で織られた生地を採用したパーカー。ふんわりとした質感が魅力です。表地には優しい表情のコットン生地、裏地には伸縮性に優れたフレンチテリーを採用。フレンチテリーは、高い吸汗性を持ち、肌触りがよい素材として知られています。

肩周りはアクティブな動きにも対応できるラグランスリーブ仕様。ややゆとりのある丈感で、リラックスしたコーディネートにおすすめです。

オーシバル(ORCIVAL) 60/40 クロスジップパーカー

アクティブシーンにぴったりの1着です。素材にはコットン60%、ナイロン40%の比率で混紡した「ロクヨンクロス」を採用。同素材はアウトドアウェアに使われることが多く、綿特有の素材感とナイロンの耐久性を兼ね備えているのが特徴です。

薄く軽量で、ロングシーズン着回せるのもポイント。ジッパーとドローコードが白で統一されており、爽やかな印象のコーデにまとまります。また、シワになりにくいので、ライトなアウターとして気軽に羽織れるのも魅力。汎用性の高いアイテムです。

フィルメランジェ(Filmelange) LARNER

コットンのナチュラルな風合いが魅力の1着です。有機リサイクルコットン「オーガニックラフィー」と「バージンオーガニックコットン」を50%ずつの割合で混紡した素材を採用しているのが特徴です。

本製品の注目すべきポイントはリネン100%の裏地。同素材は優れた吸水性や通気性、質感が魅力で、気兼ねなく着られるアイテムに仕上がっています。オールシーズン使える万能なパーカーを探している方におすすめです。

オーラリー(AURALEE) SUPER MILLED SWEAT P/O PARKA

こだわりのスウェット生地で作られたパーカーです。製造の過程で熱を加えることで素材を引き締め、ハリのある質感に仕上がっています。

シルエットは全体的にゆったりで、腕まわりも太め。コーディネートする際はトータルバランスを意識することが重要です。満足度の高いパーカーを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

レミレリーフ(REMI RELIEF) インディゴ 裏毛ジップパーカー

自然な加工感のアイテムに定評のある同ブランドならではの1着。職人が手間をかけて加工を施したインディゴ生地はほどよい色落ち感が特徴で、大人のカジュアルコーディネートに最適なパーカーです。

フード、前立て、裾部分にあしわられた「ジャガードリブ」や、エスニックな雰囲気が感じられるフロントジップもポイント。インディゴ生地にはコットンのなかでも高級と言われる「ジンバブエコットン」を採用しており、素材にもこだわっています。

スコッチ&ソーダ(SCOTCH&SODA) ジップアップパーカー

シンプルなデザインとすっきりとしたディテールが特徴のパーカーです。まず目を引くのが、胸元のラバーグラフィック。浮き上がったような質感で、デザインにアクセントを加えています。

また、リング状のオリジナルスライダーもポイント。ラフな雰囲気になり過ぎないタイトなシルエットなので、野暮ったくならないキレイめスタイルが好みの方におすすめです。

ナノ・ユニバース(nano・universe) ナイロン切替キルティングパーカー

インパクトのあるデザインに仕上がっているおすすめパーカー。立体的なキルティング生地と、サイド部分やフードに配した光沢を持つ生地のコントラストがおしゃれさを際立たせています。

注目すべきはハーフジップ。トレンド感のあるディテールをしっかり取り入れているのはもちろん、ジップアップの利便性とプルオーバーの防寒性を兼ね備えているおすすめの1着です。

ショット(Schott) LEATHER POCKET ZIP HOODED

レザージャケットに定評がある同ブランドのパーカー。レザーポケットを配した個性派なモデルです。ポケットの素材は鹿革を採用。牛革に比べてきめ細やかな銀面を持ち、手触りも滑らかなのが特徴です。

レザーのインパクトに負けないようパーカー自体にもこだわりの生地を採用。綿100%のヘビーウェイト生地は丈夫で、男らしい雰囲気を演出できます。スッキリとしたシルエットなので、細身パンツと合わせて着こなすのがおすすめです。

ケパニ(kepani) Manhattan-Ⅱ ジップアップパーカ

手間を惜しまずに作られた上質なパーカーです。素材には同ブランドのこだわりが詰まった「ラフィー裏毛起毛素材」を採用。伸縮性に優れているほか、型崩れしにくいのも特徴です。

シルエットは細身で、スマートな着こなしを好む方におすすめ。フロントにはゴールドジップが採用されており、カジュアルアイテムながら上品さも兼ね備える1着に仕上がっています。

アルボーマレー(Arvor Maree) MARINE PARKA

アクティブな雰囲気のマリンパーカー。縦糸にナイロン、横糸にコットンを用いた生地は高い防風効果が期待でき、タウンユースのみならずアウトドアシーンで着用するのもおすすめです。

デザインはシンプルな無地でまとめつつも、左上腕部のブランドワッペンをアクセントとして採用。同じマリンテイストを持つボーダーTシャツをインナーに取り入れれば、爽やかなコーディネートにまとまります。

リーセンシィ オブ マイン(RECENCY OF MINE) 両面フリースジップアップパーカー

エレガントな雰囲気が感じられるパーカー。高級感のある素材やシックな色味で、コーディネートが大人らしくまとまるのが特徴です。フリース素材は表面だけでなく、裏面にも採用。着心地や肌触りにこだわる方におすすめです。

軽めのインナーと合わせれば、ライトなアウターとしても活躍。寒さが厳しい時期にはコートやジャケットの下に着用する防寒インナーとしても重宝します。

パーカーのおすすめ|プルオーバータイプ

チャンピオン(Champion) リバースウィーブプルオーバースウェットパーカー

薄めのスウェット生地を採用したおすすめパーカーです。吸水性に優れた裏毛仕様で、スポーツシーンでも活躍。無地でシンプルなデザインゆえ、合わせるアイテムを選ばずアウター、インナーの両方で着回せる便利な1着です。

フードは立体感のある2重構造。年齢を問わず気軽に着ることができるので、「とりあえずパーカーがほしい」という方はぜひチェックしておきましょう。

ループウィラー(LOOPWHEELER) LW Light Slim Hoodie Pullover

同ブランドらしい上質さが感じられる1着。素材には「LW Light吊り裏毛」を採用しているほか、手間を惜しまず仕上げているので、快適な着心地を堪能できるアイテムです。

本製品は美しいシルエットもポイント。全体的に細身の作りで、キレイめな着こなしを目指したい方におすすめです。また、詰まりすぎない首周りの作りも絶妙。長く愛用できるパーカーを求めている方はぜひ試してみてください。

フィルメランジェ(Filmelange) ALISTER

上質な素材として知られるオーストラリア産メリノウールを贅沢に使った逸品です。凹凸のある表情と弾力性が特徴。軽量でありながら温かみのある生地感で、快適に着回すことができます。

また、ディテールにこだわった印象的なデザインも魅力。特にエルボーパッチがよいアクセントになっています。上品な雰囲気にまとまりつつも、男らしさも感じられるおすすめのアイテムです。

フィルメランジェ(Filmelange) DANNY

オーガニックリサイクルコットンとハニカム構造を持つサーマル素材を組み合わせることで立体感を出している1着。一見ベーシックな作りに見えながらも、ディテールでさりげない個性を主張しているのが魅力です。

丸みのある裾の仕上げで、リラックス感のあるシルエットにまとまっているのもポイント。なお、袖口には生地が伸びてしまうのを防ぐために柄入りリブが採用されています。

オーラリー(AURALEE) PULLOVER HOODIE

ざっくりと着られる緩めのパーカー。首元、ウエストにドローコードが通っているので、コーディネートに合わせて調節するのが着回す際のコツです。

ほどよい光沢のある生地は、ポリエステルとシルクを組み合わせたモノ。表面には撥水加工が施されており、アウターとしての機能性も良好です。アメカジスタイルやミリタリーテイストのファッションが好みの方におすすめです。

アディダス(adidas) TREFOIL HOODIE

同ブランドを象徴する「トレフォイルロゴ」をフロントにあしらったスポーティなアイテム。着回しやすいレギュラーフィットで、デイリーユースに重宝します。定番のグレーから鮮やかカラーまで、ラインナップが豊富なのも魅力です。

素材は肌触りのよいコットン100%。裏地にはフレンチテリーを採用しています。コーディネートでは、カジュアルにまとまるほか、ストリートスタイルに合わせるのもおすすめ。デニム、ジョガーパンツ、ジャージなど多彩なボトムスと合わせることができるので、汎用性の高いパーカーを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

アディダス(adidas) AUTH HOODIE

スリーストライプスを大胆にあしらったパーカー。ルーズな着こなしを楽しめるのが特徴で、ストリートスタイルとの相性が良好な1着です。

裏地にはフリースが採用されており、着心地だけでなく保温性良好。着こなしの幅を広げるアイテムとして便利なので、シンプルなパーカーを着回している方はぜひ取り入れてみてください。

レミレリーフ(REMI RELIEF) ウインドウペン モッサー パーカー

イギリスの伝統柄であるウィンドウペンチェックを全体にあしらった1着。パーカーはカジュアルな印象のモノが多いですが、本製品はクラシックな装いで、上品な雰囲気のコーデにもおすすめです。

「ウールモッサ」が放つ独特の生地感も新鮮。起毛素材を刈り込んで毛を短くすることにより、通常のウールとは異なるソフトな質感に仕上がっています。ゆったりとしたサイズ感をいかし、インナーに襟付きのシャツを合わせるのもおすすめです。

スコッチ&ソーダ(SCOTCH&SODA) STRIPED HOODIE

3色ボーダーを用いたカジュアルなデザインのパーカー。肩肘張らない大人カジュアルコーデにまとめたい際に重宝するアイテムです。

袖口や裾のカラー切り替えにより、メリハリのある印象に仕上がっているのもポイント。ドローストリングにプリントされた「EVERYDAY A GREAT DAY」の文字もアクセントになっています。「ボーダー柄は子供っぽくなりそう」と敬遠しがちな方もぜひチェックしていただきたいアイテムです。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) バルキー ケーブル フーディー ニットパーカー

上品なカジュアルスタイルを目指す方におすすめのニットパーカーです。オーソドックスなケーブル柄で、秋冬コーディネートにおすすめ。色味も落ち着きがあり、使い勝手のよさも魅力です。

本製品の魅力はさまざまなボトムスと合わせても大人らしく見えるところ。スラックスと合わせてキレイめに寄せてもよし、デニムと合わせて大人カジュアルスタイルを作るもよしと、汎用性の高い便利なアイテムです。

コーエン(coen) CVCスウェットボリュームネックパーカー

同ブランドの「ボリュームネックパーカー」に改良を加えたおすすめモデル。特徴的なネック部分のデザインをいかすべく、他の部分はベーシックなデザインを採用。より実用性の高いアイテムに仕上がっています。

生地には、綿とポリエステルを混紡した「CVC」素材を採用。軽量で吸水性に優れ、更に洗濯時も乾きやすいためデイリーユースアイテムには最適です。価格がリーズナブルなので、パーカーのまとめ買いを検討している方はぜひチェックしてみてください。

コーエン(coen) 2レイヤーマウンテンパーカー

アウトドアシーンだけでなく、タウンユースにも映えるアイテム。本製品は、一般的なマウンテンパーカーに比べてスタイリッシュなシルエットに仕上がっているのが特徴です。

素材はポリエステル100%で、表面には撥水加工が施されており、機能性も良好。フロントの大きなスラッシュポケットのほか、ダブルジップを採用しており、細部にも工夫が施されているのもポイントです。

パーカーのおすすめメンズコーデ

定番の黒で洗練された大人スタイルに

By: wear.jp

黒いパーカーはカジュアルやストリート、モードファッションにも対応できる万能アイテムです。黒はボディラインを引き締める効果があり、落ち着いたタイトなコーディネートにピッタリ。合わせるアイテムと素材に気を使えば、ロングシーズン活用できるアイテムです。

白いパーカーが映えるフレッシュなデニムコーデ

By: wear.jp

デニムジャケットと黒スキニーの定番コーデに、白いパーカーを取り入れることで抜け感を演出。白いパーカーは、重くなりがちな暗色コーデの調和役として、幅広く活用できるおすすめアイテムです。

淡いグリーンとチノパンがマッチしたスプリングコーデ

By: wear.jp

グリーンのパーカーとカジュアルなベージュ系のパンツを合わせた、適度なラフ感がおしゃれなコーディネートです。カラーパーカーを取り入れることで、簡単に季節感を演出できます。夏はハーフパンツを合わせたり、秋は暗色のアウターを重ねたりすることで、さまざまな着こなしができます。