数あるアウターのなかでも保温性や防水性に優れている「マウンテンパーカー」。最近は気軽に羽織れるアイテムが増え、アウトドアシーンだけでなく、タウンユースのファッションとしても取り入れているユーザーが増えています。

そこで今回はメンズにおすすめのマウンテンパーカーの人気ブランドをご紹介。機能性重視のモデルからおしゃれなアイテムまで幅広くピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

マウンテンパーカーとは?

機能性に優れた登山用アウター

By: amazon.co.jp

マウンテンパーカーはその名の通り、登山を想定して作られたアウターです。過酷な天候でも対応できるように耐久・防水・防風など、高い機能性を備えているのが魅力。背面下部には地図などを収納できる「マップポケット」を備えているモデルが多いのもマウンテンパーカーの特徴です。

マウンテンパーカーは多くのポケットを備えており、収納性に優れているのもポイント。全体として丈はやや長めで程よいボリューム感があり、コーディネートのバランスを取りやすいのも魅力のアイテムです。

その他のパーカーとの違い

By: amazon.co.jp

通常のパーカーはコットンなどを使用した柔らかい素材を採用している場合が多く、登山時の防寒着としてはやや物足りなさを感じます。また、防水性の高いスポーツ向けのパーカーもありますが、マウンテンパーカーと比べると生地はやや薄めで、保温性が劣る傾向にあります。

一方、マウンテンパーカーは防風性が高いナイロン素材や保温力の高い中綿ライナーなどを使っているモノが多く、アウターとしての機能が十分に備わっています。さらに、マウンテンパーカーは蛍光色など比較的派手なカラーバリエーションが多いのも特徴。これらは万が一登山中に遭難した際でも目立ちやすいというメリットがあります。

また、マウンテンパーカーは袖口がベルクロ式で調節しやすいのもポイント。天候や気温によって保温性をコントロールできるので、温度変化が激しい登山時には重要な機能です。

マウンテンパーカーの選び方

用途に合わせて機能をチェック

アウトドアユースで重要なのは防水透湿性。水の侵入を防ぐとともに、湿気を外へ排出する機能をチェックしてください。防水透湿性能が高いゴアテックスなどの素材が使用されているモデルがおすすめです。

また、ベンチレーション機能があるモノは、余分な熱を排出できます。ただし、ゴアテックス製品は高価なので、タウンユースではゴアテックスにこだわらなくてもよいでしょう。防風性能もチェックポイント。裾や袖口そしてフード部分をドローコードやベルクロなどで調整すれば風の侵入が防げます。

長く愛用したいなら信頼できるブランドの製品を選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアで着用するマウンテンパーカーは、防水撥水性や防寒性そして防風性などを重視して作られています。また、山の岩場で転んでしまうことも想定して、破れや裂けにも強い素材が用いられているのがポイント。そのため、ザ・ノース・フェイスやパタゴニアといった、信頼性の高いアウトドアブランドのモノを選ぶと、長く愛用可能です。

また、アディダスやミズノなどの総合スポーツ用品メーカーからも、マウンテンパーカーはリリースされています。各種スポーツ用品でノウハウを培っているので、動きやすい製品が多いのが特徴。いずれにしても、信頼あるメーカーのマウンテンパーカーであれば機能的でデザイン性も高いのがメリットです。

着まわしやすいカラーやデザインを選ぶ

By: rakuten.co.jp

マウンテンパーカーは原色系からアースカラーまでカラーバリエーション豊富。なかにはツートンカラーのモデルもラインナップされています。なお、原色系は遭難時に発見しやすいのがメリット。しかし、本格的登山をする場合以外はあまり関係ありません。したがって、自分が着こなしやすい色を選ぶとよいでしょう。

また、ポケットが多いモデルは、アウトドアユースでは手袋や携行食などを収納できて便利。一方、タウンユースの場合は無骨な印象を与えることもあるため、ポケットが目立ちにくい方が着まわしに便利です。ちなみに、マウンテンパーカーはボリューム感があるモノが一般的ですが、スリムフィットタイプもラインナップされています。

マウンテンパーカーのおすすめ定番人気ブランド

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

ザ・ノース・フェイスは1968年に設立されたアメリカの登山用品メーカー。冬山登山にも耐えうる高品質なダウンを使用したウェアはじめ、テントやスリーピングバッグなどで定評があります。

マウンテンパーカーにおいては、機能性およびデザイン性が高くラインナップも豊富。アウドドアだけでなくタウンユースでもおすすめのブランドです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) マウンテンジャケット

ザ・ノース・フェイスを代表する定番モデル。表地は150デニールと厚手の2層構造ゴアテックスを採用しています。裏地は30デニールのナイロン100%で、軽量かつ高強度のリップストップ構造も魅力です。

裏地の肩や脇下部分はメッシュ仕様。ウェア内のムレを防止します。秋冬の登山など、ハードなアウトドアシーンでも信頼性が高い、おすすめのマウンテンパーカーです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ガジェットハンガーフーディー

商品名にもある「ハンガー」とは格納庫の意味。大きさが異なる3つのポケットを備えているのがポイントです。スマホや財布などの荷物をバッグなしで持ち運べます。ザ・ノース・フェイスがタウンユースを強く意識して開発したマウンテンパーカーです。

素材は、防水透湿性に優れた3層構造のゴアテックスProを採用。丈夫な素材なので、ポケットにモノを収納しても着膨れしにくいのがメリットです。

パタゴニア(patagonia)

「パタゴニア」はクライミング・ギアのメーカーとしてスタートしたブランド。現在では広くアウトドアアイテムを扱っていますが、「アルピニズム」を企業理念としてアウトドアで楽しむユーザーのためにウェアを作り続けています。

環境に配慮したモノ作りも同ブランドの魅力。リサイクル・ポリエステルやオーガニックコットンを使用したり、毎年の売り上げの一部を環境団体に寄付したりするなど、地球環境を意識しているのも特徴です。

パタゴニア(patagonia) ナノエア ライト ハイブリッド フーディ

重量329gと軽量なパタゴニアのマウンテンパーカーです。表面には厚さ20デニールのリップストップナイロンを使用しており、耐久性が高いのがポイント。さらに、DWR(耐久性撥水)加工済みなので雨にも強いモデルです。

裏地は通気性に優れたメカニカルストレッチ平織りナイロンを採用。また、汗をかきやすい背中や両脇、そして腕の後ろ側に施したワッフルニットは水分を吸湿発散するとともに、余分な熱やニオイを逃がします。裾は伸縮性が高い縁取りで保温性も優れたマウンテンパーカーです。

パタゴニア(patagonia) トレントシェル ジャケット 83802

防水透湿加工を施した2.5層構造リップストップ・リサイクル・ナイロン素材のマウンテンパーカーです。薄手の生地で343gと軽量なので、春秋用のアウターシェルとしておすすめします。

マウンテンパーカーとしては、すっきりしたシンプルなデザインもポイント。タウンユースでもコーディネートしやすいマウンテンパーカーです。左ポケットに折りたたんで収納できます。

アークテリクス(ARC’TERYX)

アークテリクスはカナダノースショア山脈のふもと、北バンクーバーのクライマー達によって1989年に設立されたブランド。アークテリクスデザインの理念は「ミニマリズム」です。天候の影響を最小限に抑え、効率的な行動をできることを基本としています。デザイナー自身やプロアスリートが苛酷なアウトドアフィールドで製品テストを行っているのも特徴です。

アークテリクス(ARC’TERYX) ベータ SL ジャケット

軽量な防水透湿素材ゴアテックスを採用しており、重量315gと軽いマウンテンパーカーです。耐摩耗性生地の使用を減らすことで軽量化に成功しています。

ゴアテックスは圧縮性も優れているので、折りたたんでもかさばりにくいのがメリット。さらに、格子状にナイロン繊維を縫い込む「リップストップ構造」を採用しており、軽くても破れにくいのが特徴です。

13mm幅のゴア製シームテープでシーリングを施しているので、軽量モデルながら全天候対応型。冬期のアウトドアユースでも安心なマウンテンパーカーです。

マムート(MAMMUT)

マムートの起源は1862年スイスで設立されたロープメーカーです。耐久性の高いロープ製造で定評があり、現在はアウターやフットウェア、そしてバックパックなど多彩な登山用具をリリース。世界約40の国・地域で営業展開しています。冬山など本格的な登山をする方におすすめのブランドです。

マムート(MAMMUT) コンベイ 3 in 1 HS フードジャケット

「ゴアテックス2.5レイヤー」素材を使用した、防水性そして透湿性に優れたマウンテンパーカーです。雨天時でもムレにくいのがメリット。内側には軽量インナーダウンを備えており、防寒性が高いのも魅力です。

本モデルのポイントは「イージーコンバイン」を採用している点。首のうしろと手首部分のボタンを掛け外すだけで、アウター部分とインナーダウンが簡単に取り外しできます。気温の変化に対する対応力が高いので、利用シーンが広がるマウンテンパーカーです。

コロンビア(Columbia)

1938年アメリカのオレゴン州で創業されたスポーウェアメーカー。魚釣りの際に便利な「マルチポケットフィッシングベスト」、アウタージャケットとインナージャケットをジッパーで着脱できる「インターチェンジシステム」など、創意工夫に満ちたアウトドアウェアを開発してきたことで定評があります。

コロンビア(Columbia) ザ スロープジャケット

肩と肘部分に立体裁断を施してあるので、ソフトシェルのように動きやすい、コロンビアのマウンテンパーカー。横方向に伸縮性がある「2ウェイコンフォートストレッチ」を採用しており、激しい動きにも対応できます。

胸ポケットには、ムレを外へ逃がしてくれるベンチレーション機能付き。ポケット内には小型のエクストラポケットも備わっています。コロンビア独自開発の防水透湿機能「オムニテック」加工を施してあるので、防水性が高いのもポイント。さらに、収納用の専用スタッフバッグが付属しています。

コスパ重視派におすすめのマウンテンパーカーブランド

ワイルドシングス(WILD THINGS)

ワイルドシングスは登山家のジョン・ボーチャードとマリー・ムニエによって1981年に設立されたアメリカのアウトドアブランドです。製品作りの理念は「Light is Right(軽く、タフでなければならない)」。新素材を積極的に採り入れた製品作りで定評があります。ちなみに、ワイルドシングスのウェアはアメリカ陸軍や海兵隊でも採用されており、その品質については折り紙付きです。

ワイルドシングス(WILD THINGS) シャモニー ジャケット

薄手で軽量なワイルドシングスのマウンテンパーカーです。表地は撥水コーティング加工済の高密度ナイロンを使用。濡れたような独特の光沢感がポイントです。裏地はメッシュ仕様。中にフリースウェアを着ていても静電気が発生しにくい素材です。左胸内側にはファスナー付きポケットも備えています。

袖口はベルクロで調整可能。また、裾やウェストそしてフードにはアジャスターコードが付いているので、冷気や風の侵入を防げます。1万円台というリーズナブルな価格もメリット。デザイン性が高いおすすめのマウンテンパーカーです。

ミズノ(MIZUNO)

日本を代表する総合スポーツ用品メーカーのミズノはスポーツアイテムだけでなく、サッカーやテニスなどのスポーツスクールやスポーツ施設の運営に熱心なことでも有名です。

高い防水透湿性を備えたベルグテックEXや、水分を吸収して発熱する吸湿発熱素材のプレスサーモなど、新素材の研究開発でも定評があります。

ミズノ(MIZUNO) ブレスサーモベルグテックユーティリティジャケット

耐水圧20,000mmという高い防水性に加え、透湿性を備えたミズノ独自のベルテック素材を使用したマウンテンパーカーです。後身頃上部には発熱素材プレスサーモを採用。プレスサーモは汗などの水分を吸収、吸着熱を利用して温度を上昇させる素材です。

ライナージャケットを装着できるユーティリティーシステムに対応しているのもポイント。別売のライトウェイトダウンをファスナーで簡単にドッキングすれば、防寒性がさらに高まるのがメリットです。フードと裾を調整できるドローコードが付いています。

ミズノ(MIZUNO) ブレスサーモテックフィルハイブリッドジャケット

防風性と保温性に優れたミズノのシェルジャケット。しなやかで肌あたりのよいストレッチ裏地と表地の間に防風フィルムを備えているので、冷気の侵入を防いで保温性が高いのがメリットです。

腹部と背中にはミズノ独自のテックフィルをしているのもポイント。保温性が高いことに加え、濡れにも強い素材です。胸と脇に4つのファスナーポケットを備えており、収納性も良好。圧迫感が少なく動きやすいおすすめのマウンテンパーカーです。

ファッション性が高いおすすめのマウンテンパーカーブランド

シェラデザインズ(SIERRA DESIGNS)

1995年にアメリカのカリフォルニア州で創業したブランド。長年のアウトドアの知識を活かし、アパレル・バッグ・キャンプ用品などのアウトドアグッズを中心に、高機能な製品をリリースしてきました。

本ブランドのマウンテンパーカーは「60/40(ロクヨン)素材」と呼ばれる、コットン60%・ナイロン40%の素材を用いたモデルをラインナップしているのが特徴です。さらに、若者向けのシリーズ「BLUE LABEL」も用意されています。

シェラデザインズ(SIERRA DESIGNS) ペンドルトンT&Eマウンテンパーカー

シェラデザインズマウンテンパーカーの代名詞的モデルです。表地にはコットンとナイロンを6対4の割合で使用した丈夫な60/40クロス。裏地上部には100%バージンウールのペンドルトンウールを使用しており、防寒性に優れるのもポイントです。

背面にはマップポケットを備えているので、新聞紙などを入れて防寒性をさらに高めることも可能。ファスナーには頑丈な大型ビスロンファスナーを採用しており、手袋をしたままでもストレスなく開閉できます。ペンドルトンウール部分のおしゃれなネイティブアメリカン伝統模様も魅力です。

シェラデザインズ(SIERRA DESIGNS) マウンテントレイルパーカー

上下左右にポケットを備えた収納力の高いBLUE LABELモデル。下の大型ポケットはマチが付いているので、かさばるモノも入れられます。生地にはポリエステルとコットンの65/35クロスを採用しており、破れや裂けに強いのもポイントです。

メインファスナーは上下どちらからでも開けられるダブルスライダーを採用。1万円台というリーズナブルな価格で購入できるのも魅力です。

ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)

ヘリーハンセンは1877年、ノルウェーの船長ヘリー・J・ハンセンによって設立されました。1950年には完全防水ウェアを世界で初めて商品化するなど、防水性そしてデザイン性が高いウェアで定評があるブランド。

同ブランドはマリンアイテムのイメージがありますが、山などのアウトドアにも適したウェアも数多く展開しています。世界40カ国以上で販売されている人気の高いアウトドアブランドです。

ヘリーハンセン(HELLY HANSEN) タクティシャンゴアテックスジャケット

防水性や透湿性そして防風性に優れたゴアテックスPro素材を採用したアウターシェル。摩耗しやすい裾部分には、ナイロンの7倍という強度を持ち、裂けや破れにも強いコーデュラという素材を使用しています。

左右のフラップポケット脇にはファスナー付サイドポケットを装備。シンプルデザインのジャケットを探している方におすすめのモデルです。

機能性を求める方におすすめのマウンテンパーカーブランド

ミレー(MILLET)

ミレーはフランスで1921年に創業したアウトドアブランド。登山用バックパックを中心に幅広いアウトドアアイテムを開発しています。2009年に世界最古と言われる山岳ガイド協会「シャモニーガイド協会」と提携を開始。過酷な環境で製品テストをおこない、ガイドの意見を製品作りにフィードバックしています。

ミレー(MILLET) ティフォン50000ウォームストレッチジャケット

7ミクロン極薄メンブレンを採用した透湿性が高いマウンテンパーカー。トレッキングなどでも、汗によるムレが少ないのがメリットです。表面の素材はナイロン100%。ストレッチ性があるので、しなやかでツッパリ感がありません。長時間着用しても疲れにくいモデルです。

裏側素材のポリエステルを起毛させてあるので、軽量で柔らかく、しかも保温性が高いのがポイント。マウンテンパーカーとしては、デザインがシンプルでスッキリした印象を与えます。タウンユースでも着こなしやすい1着です。

マウンテンハードウェア(Mountain Hardwear)

マウンテンハードウェアは1993年創業の登山用品メーカー。テント用のテンションシェルフなどで各種特許を取得しており、高い技術力が特徴のブランドです。

マウンテンパーカーなどの一部アウターでは、独自開発の防水透湿素材「ドライQ」を採用。汗によるムレや冷えを防いでくれます。

マウンテンハードウェア(Mountain Hardwear) ドライステインジャケット

マウンテンハードウェア独自の防水透湿素材の中で、最も高性能な「ドライQエリート」を採用したマウンテンパーカーです。ムレの少なさに加え、素材がしなやかで軽い着心地が魅力。フード部分はボタンで調整できるので、雨天時や降雪時でも視界を確保しやすいのがポイントです。

本製品は日本規格モデルなので日本人の体型に合います。ダブつきがなく、フィット感がよいマウンテンパーカーです。

マウンテンハードウェア(Mountain Hardwear) スーパーフォーマジャケット

スピードが要求される冬山登山用として最適なマウンテンパーカーです。防水透湿素材「ドライQエリート」を使用しているため、汗をかきやすい場面に対応します。従来の素材とは異なり、ウェア内の温度上昇がなくても透湿性を発揮するのがメリットです。

裾や袖口といったストレスがかかりやすい部分には、丈夫なストレッチ素材を採用しています。細身のシルエットは風によるバタつきも軽減。トレイルランなど激しいアウトドアアクティビティをする方にもおすすめのマウンテンパーカーです。

マウンテンパーカーを使ったおすすめのメンズコーデ|アウトドア

グリーンマウンテンパーカー×ブルーTシャツ×ネイビーパンツ

By: zozo.jp

カラフルな雰囲気がアウトドア感をよりアップしてくれるアウトドアコーディネートです。タウンユースの場合、アクセントカラーのアウターにはシンプルなインナーやパンツを合わせてしまいがちですが、アウトドアシーンでは思い切った色使いでコーディネートを楽しむのがおすすめです。

グリーンのマウンテンパーカーに鮮やかなブルーのTシャツを合わせ、青みの強いネイビーパンツを持ってくることでカラーのバランスをうまく取っています。マウンテンパーカーの裏地のブルーとも合うので、すっきりとした雰囲気も感じるコーディネートです。

マウンテンパーカー×Tシャツ×コットンチノパンツ

By: wear.jp

ネイビーTシャツとベージュのチノパンツという、多くの方が合わせやすいコーディネートです。ともにコットン素材で自然な風合いがポイント。カジュアルな印象ですが、パンツにセンタープレスが入っているので、きれいめに見えるのが魅力です。

さらに、上に羽織ったブラックのマウンテンパーカーが引き締まった印象を与えます。パンツがコットン素材なので、高山の登山には向きませんが、キャンプや野外フェスそして低山トレッキングなど、幅広いアウトドアシーンでおしゃれに着こなせるコーディネートです。

ロングマウンテンパーカー×ホワイトセーター

By: wear.jp

丈が長めのシェラデザインズマウンテンパーカーとタートルネックセーターを使ったコーディネート。武骨に見えがちなカーキ色のマウンテンパーカーですが、ホワイトの厚手タートルネックセーターと合わせることにより、柔らかい印象を与えているのが魅力です。

ボトムにスリムタイプのパンツを着用しているのもポイント。秋冬のアウトドアシーンでおしゃれに見えるコーディネートです。

マウンテンパーカーを使ったおすすめのメンズコーデ|タウンユース

マウンテンパーカー×シャツ×ニット

By: zozo.jp

カジュアルでアクティブな雰囲気のマウンテンパーカーですが、シャツとニットを合わせることできれいめなコーディネートに仕上がります。

ホワイトシャツにネイビーニット、ボトムにベージュのパンツを持ってくるのは、トラディショナルコーディネートでは鉄板。さらにそこへマウンテンパーカーが加わると、一気にモダンな印象に表情を変えてくれます。知的な雰囲気で、一味違ったマウンテンパーカーコーディネートを楽しみたい人におすすめです。

マウンテンパーカー×ワイドテーパードパンツ

By: wear.jp

裾に向かってシェイプしたテーパードパンツは、スッキリしたシルエットが魅力の定番アイテム。ゆったり目のマウンテンパーカーと合わせても、きれいめに見えます。マウンテンパーカーのデザインがシンプルなので、よりスッキリした印象を与えるタウンユース用のコーディネートです。

若々しさを感じさせるマウンテンパーカーのグリーンと、テーパードパンツの落ち着いたブラックという色使いが絶妙。スニーカーとバッグもブラックを使っているので、統一感があるのもポイントです。

マウンテンパーカー×トレーナー×ワイドパンツ

By: zozo.jp

ダークネイビーのマウンテンパーカーとホワイトのトレーナーが清潔感を感じさせるコーディネートです。ベージュのパンツが自然な風合いを出しています。

ボリューム感あるパンツに、細身で短めのマウンテンパーカーを合わせているのがポイント。マウンテンパーカーの圧迫感がないので、タウンユースで着用してもきれいめな印象のコーディネートです。