スタイリッシュかつおしゃれな見た目で人気の「iPhone」。ただ、USBやSDカードに対応していないため、外部メモリへのデータ転送はやや不便です。また、写真や動画を保存しているうちにiPhoneの容量がいっぱいになってしまうことも。

そこでおすすめなのが、Lightningコネクタ対応型のUSBメモリ。Windows派も簡単にiPhoneやiPadからデータ転送が行える上、iPhoneやiPadに入りきらないデータも保存可能です。今回は、iPhoneやiPadにも接続可能なUSBメモリをご紹介します。

iPhoneやiPadに接続可能なUSBメモリとは?

By: amazon.co.jp

iPhoneやiPadには、「Lightningコネクタ」と呼ばれる、充電の際に使用するコネクタが備わっています。そのLightningコネクタ対応型のUSBメモリなら、iPhoneやiPadと接続可能です。

注意したいのが、Lightningコネクタに対応しているiPhoneはiPhone 5以降、iPadは第4世代以降という点。iPad miniとiPad Proは全ての世代で搭載されています。持っているiPhoneやiPadのコネクタがLightningコネクタかどうかわからない、という方は自分の機種の世代を確認してみてください。

iPhoneやiPadに接続可能なUSBメモリの選び方

データ容量

By: amazon.co.jp

通常のUSBメモリ同様、Lightningコネクタ対応型のUSBメモリの多くは16・32・64・128GBの容量で展開されています。データ容量が大きくなるほどUSBメモリの価格も上がるので、用途に合った容量を選びましょう。

一般的に、データサイズはテキスト、画像、音楽、動画の順に大きくなります。データ容量の目安としては、16GBで一眼レフの写真約2700枚、iPhoneのHD動画約2時間分に対応。

扱うデータが主にWordやExcelなどのテキストファイルであれば16GBで十分ですが、画像や音楽を扱う場合は32GBか64GBのUSBメモリだと余裕を持って使えます。動画を扱うなら大きい容量が望ましいため、128GBのモノがおすすめです。

USBの規格による転送速度

By: amazon.co.jp

USBメモリは、USBコネクタの規格によってデータ転送の速度が異なります。それぞれの規格の最大転送速度は「USB2.0」で60MB/s、「USB3.0」で625MB/sであり、「USB3.1」では1.25GB/sのハイスピードです。

このように、同じUSBメモリであっても規格によって転送速度が10倍以上も異なるため、特に大容量のデータを扱う場合は転送時間に大きな影響を及ぼします。そのため、できればUSB3.0かUSB3.1を選択しておきたいところ。

ただし、USB3.1はまだ製品数自体が少ない上に、対応している製品も少ないのが現状です。規格が新しいほど価格も上がるため、購入前にしっかりと確認しましょう。

デザインによる利便性

By: rakuten.co.jp

USBメモリのデザインは利便性に大きく関わります。例えば、自宅よりも外出時にUSBメモリを使用する機会が多い場合は、キーホルダー対応型のUSBメモリがおすすめです。USBメモリそのものがキーホルダーになっているタイプや、キーホルダーを取り付けるための穴があるタイプなどがあります。

また、コネクタ部分を保護するキャップ付きのUSBメモリもおすすめ。カバンの中にそのまま入れておいても、コネクタ部分が破損したり埃が入ったりする恐れがありません。

さらに、USBメモリをよく持ち歩く方には、キャップの紛失を防ぐ工夫がされているタイプの製品がおすすめ。キャップがキーホルダーになっているモノや、USBメモリ本体から離れないようになっているモノだと安心です。

MFi認証

Apple製品向けのアクセサリには、Apple独自の認証システムである「MFi認証」を受けたモノがあります。「MFi」とは、「Made For iPhone/iPad/iPod」の略。iPhone/iPad/iPod用に作られた製品である、とAppleに認定されていることを表しています。

iPhoneやiPadに接続可能なUSBメモリには、このMFi認証を受けた製品とそうではない製品が混在。MFi認証取得済みの製品を選んだ方が、品質に一定の信頼を置けるため安心です。

専用アプリの使い勝手

By: rakuten.co.jp

iPhoneやiPad向けのUSBメモリの多くには、データ転送のための専用アプリが用意されています。USB本体の使い勝手はもちろん重要ですが、この専用アプリが操作しやすいかどうかもポイントです。

専用アプリのなかには、「TouchID」を利用した指紋認証やパスワードによるロック機能など、セキュリティ面で役立つサービスを提供するモノも。USBメモリをビジネスに使用する方は特にチェックしたい項目です。

iPhoneやiPadにおすすめのUSBメモリ

サンディスク(SanDisk) iXpandフラッシュドライブ SDIX-064G-J57

サンディスク(SanDisk) iXpandフラッシュドライブ SDIX-064G-J57

フラッシュメモリなどの記録媒体をメインに製造するサンディスクから発売されているiPhone対応のMFi認証済USBメモリ。iPhoneに挿すだけで立ち上がる専用アプリは、iPhone内の写真や動画データだけでなく連絡先のデータまで丸ごとバックアップが可能。もちろんバックアップ対象のファイルを選ぶこともでき、一度設定してしまえば次回から同じ設定で使用できます。

Lightningコネクタがついているので、データのバックアップにPCは必要ありません。Lightningコネクタを使用していないときは本体のくぼみに収納できるので、端子を傷つけたり持ち運びで破損したりといった心配がないのもポイント。

また、メモリ内に保存したデータはiOSでの再生が非対応の拡張子であっても、アプリ内で再生ができるため、マルチメディアプレイヤーとしても重宝します。

サンディスク(SanDisk) iXpand Slimフラッシュドライブ SDIX40N-064G

サンディスク(SanDisk) iXpand Slimフラッシュドライブ SDIX40N-064G

iXpandのスリムモデル。Lightning端子がついているコネクタ部分は柔らかい素材でできているため、厚めのケースでも外すことなく挿すことができます。また、USB3.0に対応し、高速かつ安全にデータの転送が可能です。

暗号化ソフトウェアが付属しているため、iPhoneやiPadでのtouchIDやパスワードでの保存にも対応。大切なデータを安全に保存してくれるので、転送時も安心です。

容量は16GB・32GB・64GB・128GBの4種類。連絡先データなどの軽いファイルのみであれば16GBでも十分ですが、写真や動画をたくさん保存したい方は64GB以上のモデルがおすすめです。

ロジテック(Logitec) USBメモリ 64GB LMF-LGU364GWH

ロジテック(Logitec) USBメモリ 64GB LMF-LGU364GWH

LightningとUSB3.0対応コネクタのほか、microUSBの変換コネクタが付属するUSBメモリ。多彩な機能を備えた安価なモデルです。iPhoneやiPadはもちろん、AndroidなどのスマートフォンとPCにも対応し、それぞれデータを簡単に転送できます。

iOSおよびMacOSのアドレス帳転送にも対応。データ暗号化機能で大切な連絡先を安全に保存します。また、登録したPCではパスワードを入力する必要がないため、スムーズに使用できるのも魅力です。

iPhoneやiPadで利用できる専用アプリでは、iOS端末で利用できるほぼ全てのファイルを保存可能。音楽ファイルの再生にも対応し、アプリ上でプレイリストの作成や再生ができるほか、AppleTVやAirPlayスピーカーからも再生することができます。

リーフ(Leef) iBRIDGE3 LIB300KK064E1

リーフ(Leef) iBRIDGE3 LIB300KK064E1

サンフランシスコに拠点を置き、電子製品を設計・製造するリーフから発売されている人気のUSBメモリ。シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴で、持ち運びに最適な小型モデルです。

J字の独特なデザインはiPhoneに装着した状態でも操作の邪魔になりません。また、キーホルダー状のホルスターキャップが付属しているため、鞄やキーケースなどに付けてどこでも持ち運ぶことができます。

専用アプリはtouchIDやPINコードでのデータ保護に対応し、ロック中はPCからの閲覧・編集も制限されるなど、セキュリティ面でも優秀。アプリを介してGoogleドライブやiCloudなどのクラウドと連動することもできます。

容量は16GB・32GB・64GB・128GBの4種類を展開していますが、128GBのみiPhone XS・XR・X・8に対応していないため、注意が必要です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) iStickPro 3.0 600-IPL32GL3

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) iStickPro 3.0 600-IPL32GL3

USB3.0に対応し、高速で安定してファイルを転送できるUSBメモリ。リーズナブルな価格も魅力の製品です。USBとLightningコネクタの切り替えは、中央のレバーをスライドすることで簡単にできます。

専用アプリ「iStickPro 3.0」を使用して、簡単にデータの移動が可能。また、ファイルの一括コピーや削除、動画や音楽ファイルの再生や閲覧など、アプリ自体の機能も充実しています。

多彩な拡張子に対応しているので、iPhoneやiPad内の容量不足を解消する外部メモリとしての使用だけでなく、大切なデータのバックアップにも最適。Lightningコネクタを本体から少し離すことで、ケースをつけたままでも接続がしやすいのも特徴です。

トランセンド(Transcend) JetDrive Go 300 TS64GJDG300S

トランセンド(Transcend) JetDrive Go 300 TS64GJDG300S

半導体メモリ製品をメインに製造するトランセンドの、ワンタッチで動画や写真を保存できるUSBメモリ。iCloudなどに保存したファイルやSNSのフォトアルバムも転送が可能です。

JetDrive Go 300を挿した状態で撮影をしたファイルは、一旦iPhone本体に保存されたあと、自動的にUSBメモリへ転送されるため、慢性的な容量不足に悩まされている方におすすめ。ボイスレコーダーの録音も同様に即時転送が可能なので、会議でも役立ちます。

本体の色はブラック・シルバー・ローズゴールドの3色で、iPhoneに馴染むデザインです。USB3.1に対応し、高速でファイルを転送。最大100MB/sの速度でHD動画もストレスなくバックアップできます。

QuickPlus USBメモリ Q-444

QuickPlus USBメモリ Q-444

Lightningコネクタ、USBコネクタだけでなく、microUSBコネクタにも対応している一本三役のUSBメモリ。LightningとUSBの切り替えは本体を回し、microUSBはUSB端子を開くと出てくるので、キャップレスなのも魅力的です。

microUSBに対応していることで、iOS機器とPC間だけでなく、Androidのスマホとの間でもデータのやり取りが可能。友達とデータを簡単にやり取りしたい方や、スマホ2台持ちの方にもおすすめです。

USBは3.0に対応し、最大90MB/sの転送速度でデータを保存できます。専用アプリ内でパスワードを設定できるため、セキュリティ面でも安心です。製品には日本語の説明書が付属しています。

LIY7 ボールペン型USBメモリ LY109

LIY7 ボールペン型USBメモリ LY109

ボールペンのような形をしたUSBメモリ。スリムなので胸ポケットに入れてスマートに持ち運ぶことができるほか、ボールペンとしても使えるのでビジネスでも大活躍します。

ペンの中央を回すと、Lightning端子が出現。Apple MFi認証取得済みなので、安心して大切なデータを保存することができます。また、専用アプリでファイルの暗号化と圧縮も可能。対応するファイルのフォーマットも豊富です。

アプリは日本語対応で、製品にはボールペンの替芯も3本付属。PCへ転送する場合は、付属しているUSBコネクタへの変換アダプタを使用します。

Qarfee 4in1 iPhone対応USBメモリ UD60-64PK

Qarfee 4in1 iPhone対応USBメモリ UD60-64PK

すっきりとしたフォルムが美しいUSBメモリ。Lightning・USB・microUSBのほか、USB Type-Cコネクタが付属するため、MacBookやZenBookなどの最新PCでも使用できます。

無料の専用アプリは、USBメモリとアプリの両方でパスコードロックが可能。指紋認証にも対応しています。アプリでファイルの並べ替えや削除などができるので、PCを持っていない方にもおすすめです。

キャップレスでキャップを紛失する心配がありません。また、本体とUSB Type-Cコネクタを収納できるケースも付属するため、鞄の中で迷子になりにくいのも魅力です。