男性の毎日の身だしなみにかかせない電気シェーバー。ブラウンやパナソニックなど、さまざまなメーカーがありますが、敏感肌の方から高く評価されているのがフィリップスです。

そこで、今回はフィリップス製シェーバーの特徴や違いをシリーズ別に比較しながら、おすすめモデルをご紹介します。電気シェーバーの買い替えや乗り換えを検討している方はぜひチェックしてみてください。

フィリップスのシェーバーの特徴

回転式シェーバーで肌に優しいながらも深剃りが可能

By: amazon.co.jp

深剃りと肌に対する低刺激の両立を実現したフィリップスの回転式シェーバー。ヘッド部分が顔のカーブや凹凸にフィットするため、短い毛はもちろん、横に寝た毛もしっかりとキャッチできます。

また、よくある往復式と比べて肌へのダメージが少ないのも回転式シェーバーの特徴。髭剃りの後に肌が赤くなってしまったり、かゆくなってしまったりするような敏感肌の方に特におすすめです。

オイル差し不要の自動研磨システム

By: philips.co.jp

シェーバーの内刃が外刃に鋭角に接することで、回転する度に内刃が磨かれるフィリップスの「自動研磨システム」。オイルを差さなくても使用するだけで刃のシャープさを保てます。ハイエンドモデルの9000シリーズはもちろん、エントリーモデルの5000シリーズに採用されているのも嬉しいポイントです。

替え刃の交換は2年ごとでいいので1度本体を買うだけで長く使用できます。替刃交換マークが表示される機能であれば使用期間を覚えていなくても大丈夫なので便利です。

着脱式アタッチメントで使い方の幅が広がる

By: amazon.co.jp

フィリップスのシェーバーはアタッチメントを装着することが可能。ヘッド部分をクレンジングができる「洗顔ブラシ」、ヒゲやモミアゲなどをカットできる「ヒゲスタイラー」などに変更すれば、シェービング以外の用途にも対応できます。

特殊な工具も不要で、簡単に付け替えられるのもポイント。あらかじめ本体とセットになっているモノもありますが、別売りパーツとしても販売されているので必要になったときに買い足せます。

フィリップスのシェーバーの選び方

製品タイプで選ぶ

深剃り性能を追求した最高級モデル「9000シリーズ」

By: amazon.co.jp

V字型の内刃と外刃がヒゲを挟み込むことでより深剃りを可能にした9000シリーズ。フィリップス独自の「輪郭検知テクノロジー」を搭載しているのが特徴です。顔の凹凸にしっかりとフィットするため、短い毛も見逃しません。

加えて可動方向が8方向あるので、ワンストロークあたり旧製品との比較で最大20%多くのヒゲをカットできます。より短時間で深剃りできるので忙しい朝にピッタリです。回転速度を変更できるタイプならば、肌に合わせて優しい剃り心地に調整可能。刺激を抑えながらもより深剃りをしたい方や短時間で深剃りをしたい方におすすめのシリーズです。

敏感肌の方におすすめの「7000シリーズ」

By: amazon.co.jp

皮膚科医もテスト済みのフィリップス史上最も肌に優しい7000シリーズ。ヘッドの表面に施されたビーズコーディングによって、シェーバーと肌との摩擦を軽減しています。肌あたりがなめらかなため、敏感肌でも快適に使用できます。

肌あたりのいい刃と5方向100度に回転するヘッドで深剃りを実現。シェービングで炎症を起こしやすい方や肌が刺激に弱い方におすすめのシリーズです。

回転式デビューに最適な「5000シリーズ」

By: amazon.co.jp

ラインナップが豊富で、比較的安く手に入りやすい5000シリーズ。5方向に自在に動くヘッドで長いヒゲも短いヒゲもお手入れできます。機能性とコストパフォーマンスを両立させたい方におすすめのシリーズです。

機能を抑えたハイコスパモデル「1000シリーズ」

By: amazon.co.jp

とにかく安く電気シェーバーを手に入れたいという方にピッタリの1000シリーズ。機能をシンプルにすることで、フィリップス特有の優しい剃り心地はそのままに低価格を実現しています。価格重視の方やフィリップスの回転式シェーバーが自分に合うか試してみたい方におすすめです。

風呂剃り対応の低価格モデル「アクアタッチシリーズ」

By: amazon.co.jp

低価格ながらも完全防水のアクアタッチシリーズ。「クイックリンスシステム」によって高い耐水性を実現しており、水洗いはもちろん、シャワーを浴びながらのシェービングもできます。スリムなボディはグリップ感も良好。風呂剃り派の方やお手入れを簡単に水洗いで済ませたい方におすすめのシリーズです。

ヘッド部分をチェック

By: amazon.co.jp

剃り心地を左右する「ヘッド部分」。可動方向が多いと顔のカーブや凹凸にフィットしやすいので、効率的にシェービングできます。急いでいるときも剃り残しを減らしたいという方はヘッドの輪郭検知の性能が高いモノを選びましょう。

急速充電に対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

フィリップスには充電しながら使える交流式のシェーバーがほとんどありません。いざ使おうと思ったら電池切れだった、という時でも急速充電ができるモデルならば安心です。ただし、急速充電に対応しているシェーバーでも、1回分のシェービングのために必要な時間は異なるので注意しましょう。

付属品をチェック

By: philips.co.jp

洗顔ブラシやトリマーなど、シェーバー以外のヘッドが付属している製品なら1台で何役もこなせて便利です。また、セットしてボタンを押すだけでシェーバーの潤滑、洗浄、乾燥、充電を行うスマートクリーンは毎日簡単にお手入れすることが可能。常に清潔に保ちたい方におすすめです。

意外と見逃しがちなのがスタンド。必須アイテムではありませんが、限られたスペースに設置したいときや収納時の見栄えをよくしたいときに役立ちます。

フィリップスのシェーバーおすすめモデル

フィリップス(PHILIPS) Shaver series 9000 ウェット&ドライ電気シェーバー S9731/33

5段階の長さに調整できる着脱式ヒゲスタイラーと着脱式洗顔ブラシが付属していることが特徴のモデル。ヒゲを全剃りする方だけでなく、ファッションとしてヒゲを残している方やすっきりと洗顔したい方におすすめです。

使用後にはボタンを押すだけで本体の洗浄、乾燥、潤滑、充電ができるスマートクリーン付き。使用はドライだけでなく風呂剃りにも対応しているので、使ったついでに水洗いで簡単にケアできます。

また、1時間の充電で約60回使用できることに加え、充電残量は%で表示されるので充電不足も防止。もし充電を忘れてしまっても急速充電で1回分のシェービングができるので安心です。高性能なハイエンドモデルを探している方におすすめのシェーバーです。

フィリップス(PHILIPS) Shaver series 9000 ウェット&ドライ電気シェーバー S9551/12

口ひげやもみ上げのお手入れに最適な着脱式トリマー付きのモデルです。シェーバーだけでなくトリマーも肌に優しいので、敏感肌で毎日深剃りをするのに不安がある方やヒゲを残している方におすすめです。

充電残量は5段階で表示されるのもポイント。自動で洗浄や乾燥をしてくれるスマートクリーン機能はありませんが、水洗いができるので簡単にお手入れもできます。

フィリップス(PHILIPS) Shaver series 9000 ウェット&ドライ電気シェーバー S9185/12

回転数を3段階に調整できる「パーソナルコンフォート設定」を搭載しないことで、コストダウンを図ったモデル。敏感肌に便利なセンシティブモードや高速回転のハイスピードモードが不要という方におすすめです。今までフィリップスのシェーバーを使っていて、ノーマルモードで大丈夫だった場合はあまり気にする必要はありません。

輪郭検知ヘッドやヒゲを引き上げて深剃りする設計などについては他の9000シリーズと同じです。また、着脱トリマーも付いているのもポイント。フィリップス最上級機種をリーズナブルな価格で手に入れたい方におすすめのシェーバーです。

フィリップス(PHILIPS) Shaver series 9000 ウェット&ドライ電気シェーバー S8980/13

9000シリーズに追加された新たなモデル「S8980/13」。最上位シリーズでありながら、機能を絞ることによってコストパフォーマンスを高めているのが特徴です。ヒゲを根元から持ち上げてカットするダブル V トラック刃を搭載。8方向の輪郭検知ヘッドを採用しており、剃り心地はほかの9000シリーズと変わりません。

S9185/12と同様に「パーソナルコンフォート機能」は非搭載。スマートクリーンや着脱式ブラシが付属しておらず、またバッテリーもフル充電で50分稼動と同シリーズと比べて10分短くなっていますが、その分値段もグンと安くなっています。付属品はいらないから少しでも安く9000シリーズを買いたいという方におすすめです。

フィリップス(PHILIPS) Shaver series 7000 ウェット&ドライ電気シェーバー S7560/12

7000シリーズならではの肌に優しいカッティングシステムや、摩擦を低減してなめらかな動きを実現するヘッドのコーティングで肌の炎症を防ぎます。シェーバーだけでなく付属のトリマーも肌に優しいので安心。

ブルーとシルバーの本体がスタイリッシュ。7000シリーズは性能が似ているのでデザイン重視の方にもおすすめです。ただし、スタンドが付属していないので立てて収納したい方は注意しましょう。

フィリップス(PHILIPS) Shaver series 7000 ウェット&ドライ電気シェーバー S7520/12

肌に刃を当てずヒゲのみをカットするシステムを採用。深剃りはもちろん、無精ヒゲスタイルにも仕上られます。着脱式トリマーも口ひげやもみ上げを優しくトリミングするのに最適です。

スタンド付きなので立てて置けるのもポイント。ネイビーブルーとホワイトの本体は清潔感があって洗面所に置いても馴染みます。

フィリップス(PHILIPS) Shaver series 5000 ウェット&ドライ電気シェーバー S5397/12

5方向に可動するヘッドとマルチプレシジョン刃で素早い深剃りが可能なモデル。元々肌に優しいシェーバーですが、回転速度を落とすセンシティブモードにすることでより敏感な肌にも対応しています。

バッテリーは約1時間で満充電になり、約50分間使用できます。急速充電には対応していませんが、使用後に3段階で表示される充電表示をチェックすればバッテリー切れを起こす心配もありません。5000シリーズの中でも特に敏感肌の方におすすめしたいシェーバーです。

フィリップス(PHILIPS) Shaver series 5000 ドライ電気シェーバー S5335/12

ターボモードによって10%強いパワーでシェービングできるモデル。ヒゲが濃い方や毛が硬い方でも快適に剃れます。スタンドとケースの両方がついているので収納も便利です。

お手入れの際は、上部を開いてシェーバー部分を水洗いすればOK。ただし、風呂剃りには対応していないため、ジェルやフォームを使ったシェービングをする方は注意してください。急速充電にも対応しているので、うっかり充電を忘れてしまったときも安心。使い勝手のよいおすすめのシェーバーです。

フィリップス(PHILIPS) Shaver series 5000 ウェット&ドライ電気シェーバー S5072/06

丸みを帯びたヘッドのコンフォートカット刃が特徴のモデル。肌を守りながら滑らかなシェービングを実現しています。風呂剃りに対応しているのでジェルやフォームの使用でより肌への刺激を抑えられます。

クリーニング表示やヘッド交換催促表示を搭載していませんが、そのぶん安く手に入れられるのは嬉しいポイント。肌への優しさと深剃りを両立させたい方におすすめの高コスパシェーバーです。

フィリップス(PHILIPS) Shaver series 1000 ウェット&ドライ電気シェーバー S1040/04

フィリップスのシェーバーの中でもシンプルな性能のモデル。低価格ですが、コンフォートカット刃でしっかり深剃りできます。また、自動研磨システム搭載なのでシャープな刃を保てるのもポイントです。

満充電にかかる時間は10時間と他のモデルと比べて長くかかるところが難点。急速充電もできないので忘れないようにディスプレイの充電表示をチェックするようにしましょう。充電時間には注意する必要がありますが、風呂剃りに対応しているなど、使い勝手は良好です。とにかく安くフィリップス製シェーバーを手に入れたい方に特におすすめです。

フィリップス(PHILIPS) AquaTouch ウェット&ドライ電気シェーバー AT883/16

完全防水で風呂剃りに特化したモデル。上部を開いて洗えるクイックリンスシステムでシェービングだけでなくお手入れもシャワーを浴びながらできます。また、本体にはポップアップトリマーが付いており、ヘッドを替えることなくヒゲやもみ上げのお手入れが可能なのも便利です。

シェービング持続時間は50分。満充電には1時間かかりますが、3分の充電で1回分のシェービングができる急速充電に対応しているので安心。防水性能の高い風呂剃り対応モデルを探している方におすすめのシェーバーです。

フィリップス(PHILIPS) 電気シェーバー PQ209/17

旅行の荷物を減らしたい方にピッタリなシェーバー。コンパクトながらも顔にフィットするヘッドで深剃りを可能にしています。フィリップスのシェーバーでは珍しい電池式を採用。必要な単3電池2本は本体に付属しているので電池を用意することなくすぐ使えます。フルの電池をセットすれば約60分使用できるので、旅行先や出先だけで使う場合に便利です。

価格が価格なだけに機能は限られていますが、携帯性に関してはピカイチです。他にフィリップスのシェーバーを持っていて2台目が欲しい方や持ち運びやすいシェーバーが欲しいという方におすすめです。