ジントニックなどのカクテルで使われることが多い「トニックウォーター」。ほろ苦い独特な味わいが特徴で、そのままでも美味しく飲めます。また、泡を追求した製品が多数ラインナップされているのもポイントです。

そこで今回は、トニックウォーターのおすすめ銘柄をご紹介。興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

トニックウォーターとは?

By: amazon.co.jp

トニックウォーターは発泡性の清涼飲料水。ほのかな甘みと爽やかな酸味のなかに、ほろ苦さの残る独特な風味が特徴です。

トニックウォーターの発祥地は、英国の植民地であった熱帯地方といわれています。元々は、マラリアの特効薬として知られる成分「キニーネ(キナの樹皮から採れるエキス)」が含まれた医療用飲料として登場。その後、キニーネ特有の苦味と爽やかな味わいで人々に親しまれ、食前の飲み物としても一般に普及したとされています。

最近では、微量のキニーネが含まれた製品や、キニーネの代わりに香料を使用した製品が一般的。カクテルのレシピに欠かせない材料として、世界中で認知されています。

日本国内で販売されているトニックウォーターは、キニーネに似た風味の香草類を配合したモノが主流。リッチで奥深い味わいが楽しめるキニーネを含んだタイプも存在しますが、価格が高い傾向があります。

トニックウォーターと炭酸水の違い

トニックウォーターと炭酸水は、基本的には両方とも無色透明の炭酸飲料です。お酒の材料として使用されることが多く、見た目が似ていることから混同されやすいアイテムですが、味や原材料が異なります。

炭酸水は、名前の通り炭酸ガスを水に含ませたモノで、甘みや苦味は感じられないのが一般的。炭酸水にもいくつかの種類が存在し、軟水か硬水かによって用途が異なります。

日本人が普段飲み慣れている軟水は、クセがなくまろやかで、ウイスキーや焼酎、リキュールなどのお酒と好相性。硬水には独特の風味があるため、単体で飲まれることも多くあります。

一方、トニックウォーターは、炭酸水にレモンやライムといった柑橘類の果皮エキスと糖分を加え、さらに香草類でほのかな苦味を与えたモノのこと。爽やかな炭酸ジュースとして単体で飲んでも、独特の風味や豊かな香りを楽しめるのが特徴です。

トニックウォーターの選び方

味わいや炭酸の強さ

製品によって香りや風味、炭酸の強さが異なるトニックウォーター。用途や好みに合わせて選ぶとより堪能できます。

そのまま炭酸ジュースとして飲みたい場合には、甘みや酸味が比較的しっかり感じられて、クセが少なく爽やかな口当たりのモノがおすすめです。カクテル用の場合は、仕上がりの好みやアルコールとの相性を考慮して選ぶようにしましょう。

アルコール本来の香りや味を引き立てるには、甘み・苦味・酸味のバランスがとれたクセのないタイプがおすすめ。トニックウォーターの特徴が生かされたドライな味わいを楽しみたい方には、キレを生み出す強炭酸タイプや比較的クセの強いタイプが適しています。

特に、トニックウォーターを使った定番カクテルの「ジントニック」においては、キレのある爽快感が重要。炭酸がしっかり感じられ、酸味や苦味が引き立った製品も人気です。

容器の種類

炭酸が抜けにくい「瓶」

By: rakuten.co.jp

瓶は密閉性が高く炭酸ガスが抜けにくいので、トニックウォーターのすっきりしたクリアな味を堪能したい方におすすめ。酸化しにくいのも魅力です。

ただし、栓抜きで開けるタイプの瓶は開栓すると封ができないので、一度で飲み切れるサイズのモノを選びましょう。また、瓶は重くて捨てるのにやや手間がかかるデメリットもあります。瓶のトニックウォーターを購入する際は、飲んだ後の保管や後処理に対応できるかも考慮して購入するのがおすすめです。

持ち運びや処分が簡単な「ペットボトル」

By: rakuten.co.jp

ペットボトル入りのトニックウォーターは、軽くて扱いやすいのがメリット。カバンに入れて外出先へ持ち歩くのにも適しています。また、中身が空になると軽くなり、ゴミが出ても楽に捨てられるので後処理に手間がかかりません。価格もやや安いため、大量に購入する方におすすめです。

ただし、ペットボトルは長期保存すると炭酸圧の低下と酸化が発生しやすくなるのがデメリット。トニックウォーターの魅力である炭酸のすっきりした美味しさを味わうためにも、購入してからなるべく早く飲むのがおすすめです。

カロリーや糖質の高さ

トニックウォーターはスッキリとした味わいで非常に飲みやすい一方、糖分が含まれているのは懸念点。製品によって異なりますが、トニックウォーター100mlあたりの糖質は約9グラムで、約35~40kcalのモノが一般的です。糖質が多く含まれているので、糖質制限中の方やダイエット中の方は、飲む量に注意しましょう。

なお、最近では、カロリーや糖質を控えめにしたタイプのトニックウォーターも販売されています。健康志向の方やダイエット中の方は、ぜひチェックしてみてください。

容量は炭酸が抜ける前に飲みきれるモノを

By: amazon.co.jp

トニックウォーターを美味しく飲むには、1回で使いきれるモノを選ぶのがおすすめ。好みのリキュールや果汁を割って1杯分のドリンクを作るときは、200ml程度の使い切りタイプを使うと炭酸のキレを味わうことが可能です。瓶のトニックウォーターは飲み切ることを前提としているため、200~250mlのモノが多数販売されています。さらに容量が少ない缶入りのトニックウォーターもあるので、自分が飲む量に合わせて選びましょう。

500mlのペットボトルのトニックウォーターは、ストレートで飲む場合や、数人分のドリンクを作る際におすすめ。ペットボトルはフタで封ができるためつい残してしまいがちですが、次に飲むときには炭酸が抜けてしまいます。美味しく飲むためには、できるだけ早いうちに飲み切るようにしましょう。

トニックウォーターのおすすめ

キザシ(kizashi) トニックウォーター 黄檗

清々しく、ほどよい苦味が特徴のトニックウォーターです。原材料には、ミカン科の「キハダ」から抽出したボタニカル素材を使用。無香料かつ無着色なので、素材本来の自然な味わいを楽しめます。

また、かぼすやシークヮーサーエキス、ゆず果汁などを配合しており、柑橘類の爽やかさが際立っているのもポイントです。甘味や酸味がよく感じられるため、そのまま清涼飲料として飲むのもおすすめ。また、酸味と苦味のバランスがよいので、ジントニックの材料にも適しています。

アサヒ(Asahi) ウィルキンソン トニック PET500ml

アサヒ飲料が展開する飲料ブランド「ウィルキンソン」が販売する、強炭酸タイプのトニックウォーターです。バランスのよい酸味と苦味が特徴。自然な甘さも魅力で、そのまま飲むのもおすすめです。

冴えわたるようなキレのよい味わいもポイント。ジントニックはもちろん、ウイスキーと合わせてハイボールを作っても爽やかさを楽しめます。

ペットボトル容器を採用しているので、持ち運びやすく、安価で入手しやすいのもメリット。コストパフォーマンスにも優れたおすすめ製品です。

アサヒ(Asahi) ウィルキンソン トニック リターナブルびん190ml

「ウィルキンソン トニック」の苦味や酸味はそのままに、強炭酸が逃げにくいガラスビンを使用したトニックウォーター。炭酸が抜けにくく、強炭酸を保ったまま保管できるのがメリットです。

内容量は190ml。ハイボールやジントニック、ウォッカトニックなどに使いやすいサイズがポイントです。開封後に使い切りやすく、強炭酸を無駄なく楽しめます。

コカ・コーラ(Coca-Cola) カナダドライ トニックウォーター

カナダで発祥し、国内では現在「日本コカ・コーラ」が販売権を有するソフトドリンクブランド「カナダドライ」。本製品は、ジン・ラム・ウォッカとの組み合わせを考慮した、ほどよい苦味が特徴のトニックウォーターです。

すっきりとした味わいで、大人の清涼飲料としても楽しめます。柑橘類の酸味と苦味が絶妙にマッチしているほか、炭酸による爽やかな味わいがプラスされているのもポイント。ほどよい甘さで飲みやすいアイテムです。

コカ・コーラ(Coca-Cola) シュウェップス トニックウォーター

英国ソフトドリンクメーカー「シュウェップス」のトニックウォーター。ガラス製ビンを使用しており、強めの炭酸を楽しめるのが特徴です。

ほろ苦さのある爽やかな味わいも人気のポイント。ジンとの相性もよいため、ジントニックをおいしく作りたい方にもぴったりです。

サントリー(SUNTORY) トニックウォーター

ジンやウォッカなどによく合うミキサー(割り材)としておすすめのトニックウォーターです。爽やかなシトラスの香りや、すっきりとした苦味が特徴。熱伝導率が高い缶容器を採用したことで、短時間で冷やしやすいのもメリットです。

容量200mlの使い切りサイズもポイント。トニックウォーターの炭酸や風味を無駄なく楽しみたい方におすすめです。

富永貿易 神戸居留地 トニックウォーター 185ml缶

おいしさと低価格の両立を実現しているブランド「神戸居留地」のトニックウォーター。やや濃いめに作られているのが特徴です。氷を入れても味を損ないにくく、風味をキープできます。

柑橘系の爽やかな香りと、ほどよい酸味やほろ苦さのバランスも良好です。また、1缶あたり185mlの使い切りサイズも魅力。炭酸や風味を損なわず、使い切りやすいおすすめアイテムです。

フィーバーツリー(Fever-Tree) プレミアム トニックウォーター

トニックウォーター本来の苦味と、芳醇な香りが楽しめるプレミアムモデルです。原材料にはキナの木の天然エキスを使用。人工甘味料や保存料は使用せず、天然素材だけで作られているのが魅力です。

お酒の引き立て役としてはもちろん、そのまま清涼飲料としても楽しめるバランスのよい味わいもポイント。味にこだわりたい方や、本物志向の方におすすめのトニックウォーターです。

友桝飲料 n.e.o. プレミアムトニックウォーター

バーテンダー監修のもとで作られたこだわりのトニックウォーターです。沖縄産シークヮーサー果汁を使用した、酸味と苦味の絶妙なバランスが特徴。また、友桝飲料が本社を構える佐賀県の天然水を使用しているのもポイントです。

雑味やしつこい甘さを抑え、すっきりと洗練された味わいに仕上がっているのも魅力。ウイスキーやジン、ウォッカなどお酒のミキサーにおすすめです。もちろん、そのまま清涼飲料としても楽しめます。

木村飲料 カクテス トニックウォーター

100mlあたり22kcalと、カロリー控えめのトニックウォーターです。ダイエット中の方や、日頃から摂取カロリーを気にしている方でも飲みやすいのが魅力。汗をかいた後の水分補給などにも役立ちます。

苦味と甘さは控えめで、クセの少ない味わいを楽しめるのがポイント。お酒の風味を邪魔しにくいため、お気に入りのカクテルを每日楽しみたい方にもおすすめです。

シーエフシージャパン(C.F.C JAPAN) Q トニックウォーター

こだわりの原材料で作られたトニックウォーター。キニーネとアガベ(リュウゼツラン)のエキスにレモン果汁を加えた、シンプルかつ本格的なアイテムです。

天然のアガベを甘味料として使用しており、やさしい甘さを実現しているのが特徴。キニーネのピリっとした苦味も、ほどよいアクセントになります。適度な酸味と炭酸が爽やかな、おすすめのトニックウォーターです。

トニックウォーターの楽天市場ランキングをチェック

トニックウォーターの楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。