ジントニックなどのカクテルで使われることが多い「トニックウォーター」。最近では美容やダイエットの効果が期待できることから、ドリンクとしてそのまま飲む方も増えてきています。

そこで今回はトニックウォーターのおすすめ銘柄をご紹介。最近は強炭酸がブームとなっており、アルコールの有無を問わず、泡を追求したドリンクが盛り上がりを見せています。興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

トニックウォーターとは?

By: amazon.co.jp

トニックウォーターは発泡性の清涼飲料水であり、ほのかな甘みと爽やかな酸味の中にも、ほろ苦さが残る独特な風味が特徴です。

トニックウォーターの発祥地は英国植民地であった熱帯地方と言われており、元々はマラリアの特効薬として知られる成分「キニーネ(キナの樹皮から採れるエキス)」が含まれた医療用飲料として登場。その後、キニーネ特有の苦みと爽やかな味わいが人気を博し、食前の飲み物としても一般に普及したと言われています。

現在では、多量のキニーネが含まれることはなく微量、もしくはキニーネの代わりに香料を使用した製品がほとんど。カクテルのレシピに欠かせない材料として世界中で認知されています。

日本国内で発売されているトニックウォーターの大半はキニーネによく似た風味の香草類を配合。リッチで奥深い味わいが楽しめるキニーネを含んだタイプもありますが、より高価格となっています。

トニックウォーターと炭酸水の違い

トニックウォーターと炭酸水は、基本的にはどちらも無色透明の炭酸飲料です。お酒の材料として使用されることが多く、見た目が似ていることから混同されがちですが、実は味も成分もまったく異なります。

炭酸水とは、その名の通り炭酸ガスを水に含ませたものであり、甘みや苦みは一切ありません。種類はいくつかあり、軟水か硬水かによって用途が異なります。

日本人が普段飲み慣れている軟水は、クセがなくまろやかな味なので、ウィスキーや焼酎、リキュールなどのお酒と相性が良好。硬水には独特の風味があるため、単体で飲まれることが多いです。

一方、トニックウォーターは炭酸水にレモンやライムなどの柑橘類の果皮エキス、糖分を加え、さらに香草類によりほのかな苦みを与えたものを指します。爽やかな炭酸ジュースとして単体で飲んでも、独特の風味や豊かな香りを楽しめるのも特徴。カクテル用に使う場合にはトニックウォーターに配合されている成分と相性のよいアルコールを選ぶのがおすすめ。そのため、製品を選び分けることが重要です。

トニックウォーターの選び方

味わい・炭酸の強さ

By: amazon.co.jp

製品によって香りや風味・炭酸の強さなどさまざまな要素が異なるトニックウォーター。用途や好みの味わいに合わせて選ぶと、より魅力を堪能できます。

そのまま炭酸ジュースとして飲みたい場合には、甘みや酸味が比較的しっかりと感じられ、クセが少なく爽やかな口当たりのものがおすすめです。カクテル用に使う場合には、仕上がりの好みやアルコールとの相性を考慮して選ぶようにしましょう。

アルコール本来の香りや味を引き立てるには、甘み・苦み・酸味のバランスがとれたクセのないタイプがおすすめ。トニックウォーターの特徴を生かしてドライな味わいを楽しむには、キレを生み出してくれる強炭酸タイプや比較的クセの強いタイプが好まれます。

特にトニックウォーターを使う定番カクテルの「ジントニック」には、キレのある爽快感が重要。そのため、炭酸がしっかりと感じられ、酸味や苦みが引き立ったものが選ばれる傾向にあります。

容器の種類

トニックウォーター本来の美味しさを堪能するためには、容器選びも大切な要素です。トニックウォーターの容器は、主にビン・ペットボトル・缶の3種類。

ビンは炭酸飲料を変質させる特性が低いため、炭酸が抜けにくく美味しさを保ちやすいと言われています。一方、ペットボトルは炭酸が抜けやすい性質を持っているほか、缶は炭酸飲料の風味に影響が出やすいのが特徴です。

そのため、トニックウォーターの魅力であるスッキリとした炭酸の喉越し・繊細な風味を最大限に楽しみたい方には、ビンがおすすめです。かたや利便性を考慮すると、ペットボトルや缶に軍配が上がります。ペットボトルは飲んでいる途中でも蓋ができるため持ち歩く際に便利、缶は熱伝導率が高く冷えやすい特徴を持っています。こだわる方はぜひ覚えておきましょう。

カロリー・糖質の高さ

トニックウォーターはスッキリとした味わいでとても飲みやすい一方で、糖分が含まれています。製品によって異なりますが、トニックウォーター100mlあたりの糖質は約9グラム前後、カロリーは約35~40kcalが一般的。とても高糖質なので、糖質制限中の方やダイエット中の方は飲む量に気を付けましょう。

なお、最近ではカロリーや糖質が入っていないタイプのトニックウォーターも発売されています。健康志向の方やダイエット中の方は、チェックしておきましょう。

トニックウォーターのおすすめ人気モデル

フィーバーツリー(FEVER TREE) プレミアム トニックウォーター

2005年にイギリス・ロンドンで創業され、プレミアム・ミキサー(割り材)というジャンルを開拓した「フィーバーツリー」。天然のキナが使用されており、リッチで本格的な味わいを堪能できるのが特徴です。

舌に残るキナ独特の苦みと豊かな香りがアルコールの風味と調和するのもポイント。人口甘味料や人口香料、保存料を一切使用していないため、トニックウォーター本来の自然な甘みとコクのある苦み、爽やかな酸味を楽しめます。プレミアムな味わいを体感できるおすすめの1本です。

アサヒ(Asahi) ウィルキンソン トニックウォーター

国内ブランドとして知名度の高い「ウィルキンソン」。ロングセラー商品として100年以上愛され続けており、苦みが抑えられ、ほのかな甘みと爽やかな酸味が特徴です。なお、現在はアサヒ飲料が製造販売を行なっています。

程よい強さの炭酸で、スッキリとした後味を楽しめるのも魅力。そのまま飲むのはもちろん、クセが少ないため数多くのカクテルとの相性も良好です。

シュウェップス(Schweppes) トニックウォーター

英国で約200年以上も愛され続け、王室御用達ブランドとしても知られている「シュウェップス」。強めの炭酸で、ドライな味わいと爽やかな飲み応えを体感できるのが特徴です。

酸味・甘み・苦みの絶妙なバランスはジンとの相性が良好。スッキリとした柑橘の風味とほどよい苦みが口に残り、豊かな香りが楽しめます。クセがなく飲みやすいため、ジントニックで使うのにおすすめです。

友桝飲料 n.e.o.プレミアムトニックウォーター

「友桝飲料」は九州の佐賀県発のブランド。本製品は佐賀の天然水から作られた純水に沖縄産シークワーサーの果汁を配合しているのが特徴です。

やや控えめの苦みが、果実の爽やかな酸味とほのかな甘み、豊かな香りを引き立てます。カクテルを知り尽くすバーテンダーが監修しているのもポイント。そのまま炭酸ジュースとしても楽しめるおすすめのトニックウォーターです。

ポッカサッポロ(pokka sapporo) トニックウォーター

コーヒーやレモンテイスト飲料など、さまざまなドリンクを扱っている「ポッカサッポロ」。前身はポッカコーポレーションで、現在はサッポロホールディングスの傘下となっています。

トニックウォーターはライムの豊かな香りと、舌に残る爽やかな酸味が特徴。甘みがやや強く、苦みは控えめなので、トニックウォーターの苦みが苦手な方にもおすすめです。

クセが少ない強炭酸タイプのため、アルコールそのものの風味をしっかり際立たせながら、ドライな味わいが楽しめます。甘みと酸味のバランスがとれたスッキリとした後味は、暑い季節に最適。爽やかな風味のトニックウォーターを求めている方にぴったりです。

コカ・コーラ(Coca Cola) カナダドライ トニックウォーター

甘さ控えめでドライな飲み口のジンジャエールで知られる「カナダドライ」。ピリッとした強めの刺激を好むファンから支持を得ているのが特徴です。

爽やかなシトラスの風味と香りもポイント。強炭酸で程よい苦みが効いており、キレのあるドライな味わいを体感できます。洗練されたクリアな飲みごたえはジンとの相性が抜群。比較的リーズナブルな価格帯でキレのある味わいを楽しめるため、ジントニックを飲みたい方におすすめのトニックウォーターです。

木村飲料 カクテス おいしいゼロトニックウォーター

静岡県発のメーカー「木村飲料」。本製品はカロリーや糖質ゼロのトニックウォーターです。ひと口飲むと、ほんのり控えめな甘みと苦み、爽やかな炭酸が口の中に広がるのが特徴。スッキリ軽やかな口当たりで、そのまま炭酸ジュースとして飲むのもおすすめです。

クセが少なく、アルコール本来の味わいが際立ちます。ダイエット中でも糖質やカロリーを気にせず、何杯でも飲めるのが魅力。健康志向の方にも試してほしい1本です。

サントリー(Suntory) トニックウォーター

「水と生きる」をテーマにし、洋酒やビール、清涼飲料水など幅広いラインナップを取り揃えている「サントリー」。トニックウォーターに関しては爽やかなシトラスの香りが特徴で、ほのかな甘みとすっきりとした苦みが感じられるのもポイントです。

200mlサイズの缶タイプ。アルコールの味わいと程よく調和しながらも、果実本来の豊かな風味を楽しめます。クセがなく飲みやすいため、ジントニック初心者にもおすすめです。

富永貿易 神戸居留地 トニックウォーター

格安ジュースをリリースしているブランド「神戸居留地」のトニックウォーター。本製品は氷を入れて提供されることを想定して作られたため、少し濃いめの味わいに仕上げているのが特徴です。

人工甘味料を使用していないので、自然な酸味と甘み・程よい苦みを堪能できるのも魅力。185mlの飲み切りサイズの缶タイプなので、弾ける炭酸を最後まで楽しめます。外出先や自宅で、自然な風味の炭酸ジュースとしてさっぱりと飲みたい方にもおすすめです。

フェンティマンス(FENTIMANS) トニックウォーター

創業以来100年以上伝統的なボタニカル醸造のレシピを受け継いできた英国老舗メーカー「フェンティマンス」。本製品はキナ本来のコクのある苦みとジュニパーベリー、ライムの爽やかな味が感じられるのが特徴です。

甘さ控えめでクセが強く、英国の古き良き時代を感じさせるリッチな味わいもポイント。アルコールと混ぜるとそれぞれの個性が融合し、絶妙なハーモニーを体感できます。

Qトニックウォーター

ニューヨークで生まれたラグジュアリードリンクである「Qトニックウォーター」。アガベとキナ樹液、レモン果汁の3種類のみという、非常にシンプルな原材料で作られたこだわりのトニックウォーターです。

天然の甘味料であるアガベを使用しているため甘さは控えめ。キナ独特の苦みとスッキリとしたレモンの酸味が際立っています。キレのあるドライな仕上がりはジンとの相性もよく、味わい豊かな本格的なカクテルを楽しめます。ピリッと刺激的な風味が好きな方におすすめの1本です。