離れた場所にあるモノを確認するのに便利な「単眼鏡」。実用的な拡大倍率を備えながら、双眼鏡よりも手軽に持ち運べるので、スポーツ観戦・バードウォッチング・美術品鑑賞などを軽快に楽しめます。

各メーカーからさまざまな単眼鏡が発売されているため、初めて購入する方はどれを選ぶべきか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、単眼鏡の選び方を踏まえたうえで、おすすめのモデルをご紹介します。

単眼鏡とは?

By: amazon.co.jp

単眼鏡とは、片方の目だけを使って遠くのモノを確認できる望遠鏡のことです。両眼を使って覗く双眼鏡を片側半分だけにしたような構造が特徴。双眼鏡よりも小型・軽量で手軽に持ち運べるため、荷物をコンパクトにしたい場合や、移動中の軽快さを重視したい場合などにおすすめです。

単眼鏡は、レンズによって逆さになった像の上下を元に戻すプリズムを、内部に搭載しているのがポイント。双眼鏡を使うときと同様に、遠くのモノも違和感のない見え方でじっくり観察できます。

単眼鏡のメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

簡単に持ち運べるのが単眼鏡のメリットです。軽量かつコンパクトでポケットやバッグに収納しやすいため、荷物を極力減らしたい場合などにも重宝します。

素早く扱えるのも単眼鏡のメリット。双眼鏡では、左右にある接眼レンズの幅や両目の視力差を調節する手間がかかります。しかし、片目だけの単眼鏡はピントを合わせるだけですぐに使用可能。例えば、バードウォッチングで急に野鳥と遭遇した場合でも、即座に観察できます。

単眼鏡は、最短合焦距離が短く設計されたモノを多くラインナップ。遠く離れたモノだけではなく、比較的近くの対象にもピントを合わせられるため、美術館で絵画や彫刻を鑑賞する場合にも役立ちます。

デメリット

距離感や立体感がわかりにくいのが単眼鏡のデメリットです。人間は両目を使う立体視によって、対象物までの間合いや対象と背景の位置関係を把握しています。しかし、片目だけで覗く単眼鏡では立体視が使えないため、肉眼と同じような見え方は期待できません。あくまで簡易的に観察や鑑賞を行う場合に向いています。

単眼鏡は、素早く動き回る対象物を追うのも苦手。片目だけで覗くという性質上、双眼鏡と比べて視界が限られるので、活発に動く対象物を視界に捉え続けるのは少し難しい点に留意しておきましょう。

単眼鏡の選び方

倍率をチェック

By: amazon.co.jp

単眼鏡を選ぶ際は倍率が重要。倍率は、単眼鏡で対象物を見た場合に、どの程度の大きさに見えるかを示します。見え方は「対象物までの距離÷倍率」でイメージが可能です。例えば、100m離れた対象物を10倍の単眼鏡で覗く場合、10mの距離まで近づいた場合とほぼ同じ大きさで観察できます。

高倍率になるほど遠くの対象物をより拡大して観察できますが、視野が狭くなるため、動きを捉えにくくなるのが難点。加えて、視野が暗くなり、対象物の位置がずれる手ブレの影響も顕著に現れます。一般的な用途で単眼鏡を使用する場合、倍率の目安としては、大きくても8〜10倍程度のモノを選ぶのがおすすめです。

最短合焦距離をチェックする

By: rakuten.co.jp

単眼鏡を美術品の鑑賞に使用する場合は、最短合焦距離も外せないチェックポイントです。最短合焦距離とは、単眼鏡がピントを合わせられる最も近い距離のこと。自分から見て最短合焦距離よりも内側の位置にある対象物には、ピントをいくら調節しても合焦できません。近距離のモノを拡大して細部を観察したい場合は注意しましょう。

美術品の鑑賞には、最短合焦距離が30cm以下の単眼鏡を選ぶのがおすすめ。展示方法によってはより近い位置から観察できる場合もあるので、最短合焦距離の短い単眼鏡ほど重宝します。

明るさをチェック

By: amazon.co.jp

単眼鏡の明るさは、使用時の快適さに直結するポイントです。明るさを示す数値が大きいほど、鮮明な視界を実現可能。光量の乏しい場所で使用する場合や高倍率で観察する場合でも、対象物を確認しやすくなります。

明るさは、「対物レンズの口径÷倍率」の2乗で具体的な数値を算出可能。晴天下の野外で使用する場合は、明るさの数値が4の単眼鏡でも十分事足ります。一方で、日中のみ使用する場合は明るさ4〜9、薄暗い場所で使用する場合は9以上のモノを選ぶのがおすすめです。

明るさの数値が25以上あるモノなら天体観測にも使用が可能。ただし、明るさが大きくなるほど単眼鏡のサイズと重量が大きくなるので、携帯性も考慮して選びましょう。

目的に合わせたモデルを選ぶ

スポーツ観戦

スポーツ観戦に使用する場合は、なるべく実視界が広い単眼鏡を選びましょう。実視界とは、単眼鏡を覗いたときに見える範囲の広さのこと。数値が大きくなるほど視界が広くなり、動きの激しいシーンでも選手を捉えやすくなります。野外スポーツの観戦では、実視界が7°以上ある単眼鏡がおすすめです。

競技場の広さにもよりますが、倍率は6〜12倍あれば遠くの席からでも十分に迫力のある観戦が可能。日中の試合なら明るさは4〜9、ナイトゲームでは9以上が目安になります。また、野外スポーツの観戦にはズーム機能も便利。拡大すると視野が狭まり明るさは落ちますが、選手との距離が変わっても一定の大きさで観戦できます。

野外ライブ

野外ライブに使用する場合は、倍率が4〜10倍程度の単眼鏡がおすすめです。ステージから離れた席で鑑賞する場合でも、パフォーマンスを臨場感たっぷりに楽しめます。また、日中のライブを鑑賞する場合は明るさが4〜9、夕方以降は9以上あれば十分です。

特に、夏に行われるフェスで使用する場合は、急な天候の変化や水撒きに備えて防水設計の単眼鏡を持っていくとより安心。夜間のライブでは照明が複雑に混じり合うため、反射防止効果や透過率の向上が期待できるマルチコートをレンズ前面に施した単眼鏡が便利です。

バードウォッチング

バードウォッチングに使用する場合は、高倍率仕様の単眼鏡を選びましょう。野鳥は警戒心が強いため、観察の際には一定以上の距離を空ける必要があります。また、小さな体で機敏な動きを見せるのも野鳥の特徴。10倍程度の高倍率と8°以上の広い実視界があると、森のなかで潜んでいる野鳥や飛び回っている野鳥を探す際にも重宝します。

明るさに関しては、観察する場所に適したものを選ぶのがポイント。湖のほとりなど空が開けた明るい場所では4〜9、薄暗い森のなかでは9〜25程度が目安になります。高倍率での観察時に明るい視界と安定した像が得られるよう、大口径の接眼レンズや防振機能を備えた単眼鏡を使用するのもおすすめです。

美術品鑑賞

美術品の鑑賞に使用する場合は、最短合焦距離の短かい単眼鏡がおすすめです。目安は30cm以下で、仕切りロープやガラス越しで鑑賞する場合はもちろん、間近の場所にある美術品の細部を観察する場合にも重宝します。

美術館や博物館のスペースは限られているため、倍率は4〜6倍あれば十分。ただし、館内は作品保護の目的から照明が暗めに落とされていることが多いので、明るさが9以上の単眼鏡を選ぶのがおすすめです。

メガネを掛けたまま使用する場合は、アイレリーフの長さにも注目。15mm以上のハイアイポイント設計を採用したモノなら、メガネと併用しても視界の隅々まで鮮明に見渡せるため、快適に美術品を鑑賞できます。

単眼鏡のおすすめメーカー

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina)

By: amazon.co.jp

東京の中野に本社を置くケンコー・トキナー。1957年に設立された写真用品と光学機器のメーカーです。国内で最大手として知られるレンズフィルターを主力に、交換レンズ・三脚・双眼鏡・写真額縁などを幅広く展開しています。

ケンコー・トキナーの単眼鏡はラインナップが豊富。持ち運びやすいコンパクトモデルや野外ライブで活躍する防水タイプ、美術品鑑賞に適したおしゃれで使いやすいモノまで、多彩な単眼鏡が用意されています。

クリアで抜けのよい視界をもたらす、フルマルチコートなどの高い光学技術を採用しているのも魅力。加えて、リーズナブルな価格設定でも人気があります。

ビクセン(Vixen)

By: amazon.co.jp

ビクセンは、1954年設立の総合光学機器メーカーです。埼玉の所沢に本社を構えています。国内市場で高いシェアを占める天体望遠鏡や、天体追尾撮影に欠かせない赤道儀を主に開発。双眼鏡やルーペなども多く手掛けています。

ビクセンの単眼鏡は高性能なモデルが豊富。色のにじみやずれを抑える特殊レンズを搭載したハイグレードモデルや、バードウォッチングなどで重宝する手ブレ補正機構を内蔵した防振モデルなどが特に人気です。

製品のラインナップが充実しているのも魅力。また、博物館や美術館とコラボしたデザインを採用するなど、見た目にこだわった単眼鏡も発売されています。

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

ニコンは、東京の港南に本社を置く1917年設立の老舗光学機器メーカーです。最近は、高性能なミラーレス一眼のZシリーズがよく話題にのぼっていますが、創業のきっかけになった双眼鏡や単眼鏡も根強い人気があります。

ニコンの単眼鏡は高画質なのが特徴。反射を抑えて透過率を向上させる多層膜コーティングや、吟味を重ねて配置された緻密な内部構造など、長年のレンズ設計で培ってきた高い技術力がふんだんに盛り込まれています。

耐久性に優れているのも魅力。金属素材を外装に採用したモデルも発売されており、旅行やスポーツ観戦でも気兼ねなく使用できます。

単眼鏡のおすすめ

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) CERES-M 7×18単眼鏡 CRM01

コンパクトで手軽に使える倍率7倍の単眼鏡です。重量35gと軽いうえ、全長78mmと手のひらにすっぽり収まるほど小さいのが特徴。片手でも扱いやすく、上着やズボンのポケットにも簡単に収納できるため、気軽に使える単眼鏡を探している方に適しています。

小型ながら実視界が8.5°と広めに設計されているのもポイント。光明度は6.6と日中での使用に十分な明るさを備えているので、昼間に行われるスポーツ観戦や野外ライブなどで重宝します。

反射を抑えるマゼンタコートが施されたレンズを採用しているのもポイント。また、持ち運びの際に役立つ専用のポーチやストラップが付属します。高性能ながら安い価格で購入できるおすすめモデルです。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) ギャラリーEYE 6×16 001417

鮮明な高画質で美術品を鑑賞できる倍率6倍の単眼鏡です。最短合焦距離が25cmと短く設計されているのが特徴。ロープやガラス越しからの鑑賞はもちろん、近距離から美術品の細部を確認する場合にも使えます。

全てのレンズとプリズムに高い透過率を実現するフルマルチコートを採用しているのもポイント。加えて、ダハプリズム面にはハレーションを防ぐフェイズコートも施されているので、クリアで色乗りのしっかりした見え味が楽しめます。

美術館の雰囲気に溶け込むおしゃれなデザインも魅力。また、アイレリーフが12mmとやや長めに設計されているため、メガネを掛けた方でも快適に使用できるおすすめモデルです。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) ウルトラビューI 8×21FMC 320037

アウトドアシーンで活躍する倍率8倍の全天候型単眼鏡です。手頃な価格ながら防水設計を採用。急な雨やステージからの水撒きを浴びても安心して使えます。野外ライブや夏場の音楽フェスなどでの使用におすすめです。

明るさは6.8で、日中に開催されるイベントでの使用に適しているのもポイント。重さは65g、全長は83mmと軽量かつコンパクトなうえ、携帯に便利な専用ケースも付属するため、人混みのなかでも気軽に持ち運べます。

全てのレンズとプリズムにフルマルチコートが施されているのも魅力。さらに、接眼レンズと対物レンズには撥油コートも施されているので、皮脂・化粧・ほこりなどの汚れが付着しにくく、付いても楽に拭き取れます。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) ウルトラビューI 10~30×21ズーム 429068

可変ズーム機能を搭載した単眼鏡です。見たい対象物に合わせて、倍率を10〜30倍の間で調節できるのが特徴。気になる部分をより大きく拡大できるので、目当ての選手との距離が頻繁に変わるサッカーやラグビーなどのスポーツ観戦におすすめです。

ズーム機能を備えながら、重さは74g、全長は102mmと軽量・コンパクトに設計されているのもポイント。実視界は3.3〜1.6°とやや狭めで、明るさも4.4〜0.5と控えめですが、日中に行われる試合を観戦する分には十分です。

レンズにはマルチコートが施されており、クリアかつ明るい視界で覗けるのも魅力。また、見口をひねって引き出すことで、アイレリーフを11.5〜8mmの間で簡単に調節が可能です。

ニコン(Nikon) モノキュラーII 6x15D

どこへでも気軽に持ち歩ける倍率6倍の単眼鏡です。重さは45g、全長は81mmと軽量かつコンパクトで、手のひらやポケットにすっぽり収まるのが特徴。持ち運びが苦にならず、取り回しにも優れているので、旅行に携帯する単眼鏡としてもおすすめです。

実視界は7.5°、明るさは6.3で、小型ながら日中での一般的な使用には十分な性能を備えているのもポイント。メタリックな配色を採用した個性的なデザインも魅力。先端部分を回転させると倍率9倍のルーペとしても使えるため、新聞や図録を読む場合にも重宝します。

ニコン(Nikon) モノキュラーHG 5x15D

多彩なシーンで使える高性能な倍率5倍の単眼鏡です。ポケットに収まる手のひらサイズながら、実視界は9°、光明度は9を実現。街歩きやゴルフなど、さまざまなシーンで活躍します。

最短合焦距離が60cmと比較的短く設計されているのもポイント。美術館や博物館の限られたスペースでも快適に使用できるため、美術品の鑑賞にもおすすめです。また、レンズやプリズムには、視界をクリアにする多層膜コーティングが施されています。

外装に金属素材を使用した高級感のあるデザインも魅力。アイレリーフは15.8mmと長めに設計されているので、メガネを掛けた方でも視界に影が入ることなく快適に覗けます。

ビクセン(Vixen) 単眼鏡 アートスコープ H4×12 11301

美術品の鑑賞用に適した単眼鏡です。最短合焦距離がわずか約20cmと短めに設計されているのが特徴。テーブルに展示された絵巻や工芸品などもじっくりと鑑賞できるので、美術品の細部に宿った美しさを堪能したい方におすすめです。

光明度は9と明るく、実視界は11.5°と適度に広い範囲を見渡せるため、照明を抑えた美術館で絵画などを鑑賞する場合にも便利。倍率は4倍と控えめですが手ブレの影響を受けにくいので、単眼鏡の扱いに慣れていない方でも快適に使用できます。

スタイリッシュで落ち着きのあるアルマイト処理を施したアルミ合金を、外装に使用しているのも魅力。また、アイレリーフ15mmのハイアイポイント設計を採用しているため、メガネを付けたまま覗いても全視野を見渡せます。

ビクセン(Vixen) 単眼鏡 アルテス モノキュラーHR6×21 11485-6

高画質な視界で楽しめる倍率6倍のハイグレード単眼鏡です。色のにじみやずれを補正するEDレンズを光学系に搭載しているのが特徴。視界の隅々まで肉眼とほとんど変わらない自然な見え方で覗けるため、画質を重視する方におすすめです。

屋根型の形状を持つダハプリズムを採用することで、高性能ながらスマートなフォルムを実現しているのもポイント。また、レンズやプリズムには、フラットマルチコート・フェイズコート・超高反射コート・撥油コートなど、4種類の特殊なコーティングが施されています。

光明度は12.3と明るく設計されており、夕方以降に行われる野外ライブやナイトゲームにも重宝します。加えて、アイレリーフ17.5mmなので、メガネを付けたままでも快適に使用可能です。

ビクセン(Vixen) 防振単眼鏡 ATERA H6-12×25 11492

手ブレを気にせず安定した像が覗ける高性能な防振単眼鏡です。センサー感知とジンバル回転台からなる、2種類の手ブレ補正機能を搭載しているのが特徴。三脚を使わなくても安定した像を確認できるため、夜の野外ライブやスポーツ観戦のほか、バードウォッチングなどにもおすすめです。

可変ズーム機能を搭載しているのもポイント。低倍率の6倍はもちろん、高倍率の12倍でも手ブレ補正をしっかり発揮。加えて、実視界は5.6〜4°、明るさは17.6〜4.4で、高い基本性能も備えています。

手ブレ補正機能の作動にスライド式スイッチを採用しているのも魅力。スイッチを押し続ける煩わしさがなく、鑑賞や観察に集中できます。また、約5分で機能がオフになるタイマースイッチも搭載。電池の消耗を軽減できます。

サイトロン(SIGHTRON) 星空観測用単眼鏡 Stella Scan 2×40 MONO

星空観測用に設計された倍率2倍の単眼鏡です。大口径40mmの対物レンズを搭載しているのが特徴。通常の単眼鏡と比べて低倍率ながら、夜空の下でも広範囲を鮮明に見渡せるため、星空や星座などの天体観測におすすめです。

全レンズの空気接触面にフーリーマルチコートが施されているのもポイント。表面反射による光の損失を減らせるので、夜間でも天体観測に十分な光量を集められます。

コンピュータで精密加工されたアルミ製の筐体を採用しているのも魅力。堅牢ながら重量約110gと軽いため、長時間の天体観測も快適に楽しめます。加えて、専用のセミハードケースが付属。本体を保護しつつ手軽に持ち運べます。

単眼鏡の売れ筋ランキングをチェック

単眼鏡のランキングをチェックしたい方はこちら。