CDなどのデジタル音源の登場で、一度はなくなりかけたアナログ音楽メディア「レコード」。現在は、デジタルにはない音のあたたかさやリアルさがあるとして、当時を知らない若者の間にも人気が広がっています。

レコードプレーヤーは、CDよりも再生に手間がかかるだけに選び方は重要。また、初心者にとっては扱い方も難しいものです。そこで今回は、レコードプレーヤーの選び方やおすすめモデルをご紹介します。

レコードプレーヤーとは?

By: amazon.co.jp

レコードプレーヤーとは、CD登場以前に普及していたオーディオメディア「レコード」を再生できる機器のこと。レコードは樹脂でできたドーナツ状の円盤で、音波信号を「溝」に記録します。この溝から音波信号を読み出し、オーディオ機器で再生できる電気信号として増幅・送出するのがレコードプレーヤーです。

レコードプレーヤーはターンテーブル・トーンアーム・カートリッジなどから構成されています。各部の交換による音質の違いを楽しめることも、レコードプレーヤーの特徴です。そのため、レコードプレーヤーには買っただけですぐに再生を楽しめる初心者向けのオールインワンタイプから、ターンテーブル以外が別売りの上級者向けまであります。

なお、レコードプレーヤーで音楽を楽しむには、CDプレーヤーなどの一般的な再生機器と同様に外部アンプやスピーカーなども必要となるので、その点も注意しておきましょう。

レコードプレーヤーの選び方

回転方式で選ぶ

ベルトドライブ式

By: amazon.co.jp

ゴムベルトがモーター軸の回転をターンテーブルに伝えるのがベルトドライブ式。回転が周囲の環境に左右されにくく、レコードの音質劣化の大きな要因となる回転ムラも起こりにくいのがメリットです。

一方、重要な部品であるベルトは使用の有無に関わらず、経年劣化します。そのままでは回転速度が遅くなってしまうため、交換の必要がある点は留意しておきましょう。

ダイレクトドライブ式

By: amazon.co.jp

モーター軸に、直接ターンテーブルを結合させて回転させるのがダイレクトドライブ式。回転精度がよく、消耗部品も少ないのがメリットです。

また、ピッチコントロール(回転数の微調整)に対応しているほか、ターンテーブルの逆回転によってスクラッチプレイができるなど、DJ用途には必須の方式です。しかし、振動対策が難しく、低速では滑らかに回転ができなくなる「コギング現象」が起きやすいというデメリットがあります。

ダイレクトドライブ式は1970年代に日本の「テクニクス」が開発。その後、多くの国内メーカーが追随し、かつては主流の方式でした。現在では主にDJ用のモデルが各社からラインナップされています。

SPレコードに対応するか

By: amazon.co.jp

レコードには記録時間の長い「LP」と短い「SP」の2種類があり、1分間の回転数が異なります。一般的なレコードはLP方式のモノが多いですが、戦前のモノラル録音レコードはSP方式であるため、古いレコード盤を再生する場合はSP対応のレコードプレーヤーがおすすめです。

なお、LPの回転数は1分間あたり33回転ないし45回転、SPの回転数は78回転。普通のレコードプレーヤーはSPに対応しないモノが多いので、その点は注意しておきましょう。

カートリッジをチェック

By: amazon.co.jp

カートリッジとは、底部にレコード針が取り付けられた変換装置のことです。針がレコードの音溝をなぞって受け取った振幅を電気信号に変換する働きを持っているのが特徴。カートリッジにはMM(ムービングマグネット)型とMC(ムービングコイル)型の2種類があります。

MM型はマグネットを振動させる方式のカートリッジ。価格が安く、エントリーモデルのレコードプレーヤーにも多く採用されているため、初心者の方にもおすすめです。構造がシンプルなので、針交換が自身でも行えます。

MC型はコイルを振動させる方式のカートリッジ。中上級者向けモデルで主に採用されており、繊細で高音質な再生が堪能できます。ただし、出力が低いため、昇圧トランスやヘッドアンプなどと組み合わせて使用するのがおすすめです。

トーンアームをチェック

By: amazon.co.jp

トーンアームとは、先端にカートリッジを支える固定装置のことです。カートリッジがレコードの音溝を正確になぞれるように姿勢のバランスを保ち、レコード針に一定の圧力をかける働きを持っているのが特徴。トーンアームには「インテグレーテッドタイプ」と「ユニバーサルタイプ」の2種類があります。

インテグレーテッドタイプは、トーンアームとカートリッジが一体化したタイプ。カートリッジ交換などのカスタマイズはできませんが、価格が安いため、初心者向けのレコードプレーヤーで主に採用されています。

ユニバーサルタイプはトーンアームからカートリッジの取り外しが可能なタイプ。同じレコードプレーヤーでもカートリッジを交換するだけで音質が変わるため、カスタマイズを通して音の違いを楽しみたい方におすすめです。

フォノイコライザーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

レコードの信号はCDプレーヤーなどの音声信号(アナログライン信号)とは異なる特性と強さのため、レコードプレーヤーで読み取った音波信号をそのままアンプなどに出力しても聴くことはできません。

レコードは収録時間の確保のために、高音を強く低音を小さく記録します。再生時はこれと逆特性の回路を通すことが必要です。また、レコードの音波信号は非常に小さく、一般的な機器で使えるように増幅する必要もあります。

そのために必要なのがフォノイコライザー。安価な初心者向けプレーヤーでは内蔵タイプが多いですが、音質にこだわる中級機以上では非内蔵が主流であるほか、オン・オフできるタイプもあります。

非内蔵タイプの場合は外部フォノイコライザーか、フォノイコライザー内蔵アンプが必要。なお、アンプ内蔵型ではMC型に対応しないモノも多いので注意しましょう。

スピーカー内蔵ならより手軽に楽しめる

By: amazon.co.jp

手軽にレコードの再生を楽しみたい方には、スピーカー内蔵のレコードプレーヤーがおすすめ。通常は別途用意が必要なアンプやフォノイコライザーなども搭載しているため、レコードプレーヤー本体を購入するだけですぐにレコード再生が始められます。接続の手間もあまりかからないので初心者の方にもぴったりです。

スピーカー内蔵のレコードプレーヤーであれば、コンパクトに設置できるのもポイント。スピーカー・アンプ・フォノイコライザーなどを別に置くスペースが不要になるので、設置の自由度が高くなり、置き場所をあまり広く確保できない部屋でも簡単に設置できます。

その他デジタル関連機能で選ぶ

USB対応

By: amazon.co.jp

最近のレコードプレーヤーには、全盛期の当時にはなかったUSBポートが搭載されている製品があります。USBメモリ、あるいはPCやスマホと接続でき、USBメモリかPC・スマホにレコードの再生音をデジタル録音可能。録音可能な品位はプレーヤーごとに異なります。

記録できるデジタルファイルのスペックが高まるほど、操作が難しくなる傾向があるので、録音の手軽さを重視するか、録音の品位を重視するかがポイントです。

一度録音すれば、レコードプレーヤーを立ち上げなくとも、デジタルファイルの再生に対応したポータブルプレーヤーやホームオーディオなどで再生できるので便利。また、レコードの摩耗を防いで半永久的に音源データをデジタル保存できます。

なお、PCでのCD取り込みとは異なり、レコードの録音は実際に再生しながらと時間がかかるので、その点は留意しておきましょう。

Bluetooth機能

By: audio-technica.co.jp

現代のレコードプレーヤーには、Bluetoothワイヤレス規格による音声の送受信に対応するレコードプレーヤーもあります。Bluetooth対応モデルの大半は音声送信対応です。

Bluetooth送信ができれば、Bluetooth入力に対応したワイヤレスイヤホンやスピーカー、コンポなどからレコードの再生音をコードレス接続で聴けます。手持ちにBluetooth入力対応機器があれば、レコードプレーヤー本体にスピーカーやイヤホン端子を搭載していなくても、別にアンプやスピーカーを用意する必要がないのがメリットです。

一方、Bluetooth受信機能があるレコードプレーヤーでは、スマホやポータブルプレーヤーから送信する音楽データを、レコードプレーヤー側のスピーカーやイヤホン端子から再生できます。レコードプレーヤーをホームオーディオのように使えて便利です。

レコードプレーヤーのおすすめメーカー

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

「オーディオテクニカ」は、日本を代表するオーディオメーカー。もともとはレコードプレーヤー用のカートリッジを製造するために設立されており、レコードプレーヤーにも精通しています。

レコードが主流の時代は、オーディオ向けの自社ブランド製品や各放送局向けの業務用製品、国内他メーカーのステレオセットやレコードプレーヤーの標準添付品として使われていました。

また、MM型の1種であるVM形カートリッジを独自に開発しており、現在も展開しています。レコードを知り尽くしたメーカーであり、現在も多数のカートリッジとレコードプレーヤーをラインナップしているのが特徴。特に、ローエンドからミドルエンドまでのモデルが充実しています。

デノン(DENON)

By: amazon.co.jp

「デノン」は日本を代表する老舗オーディオ機器メーカー。レコードプレーヤーに関しては、SP時代からの膨大な製品ノウハウを有しています。

1964年にはNHKと共同でMC型カートリッジ「DL-103」を開発。放送局やレコード制作現場の標準器的存在として長く活躍しました。

オーディオ用レコードプレーヤーにも定評があり、MC型カートリッジを使用しての本格的な再生が得意なのもポイント。また、初心者向けの低価格機もラインナップしているのも魅力です。

アイオンオーディオ(ION Audio)

By: amazon.co.jp

「アイオンオーディオ」は、アメリカに拠点を置く音響機器メーカーです。特にレコードプレーヤーはラインナップが豊富で、キャビネットに天然木を使用したモデルやトランク型のモデルなど、ユニークでおしゃれなデザインのモノを数多く発売しています。

リーズナブルなモデルやオールインワンタイプも取り揃えているので、予算を抑えたい方や初心者の方にもおすすめ。なかでも「Archive LP」は、発売当初に品切れが続いた人気モデルです。

また、音声のデジタル化やBluetooth接続に対応したモデルも取り扱っています。利便性を求める方や気軽にレコードを楽しみたい方にぴったりです。

テクニクス(Technics)

By: amazon.co.jp

「テクニクス」は旧松下電器産業(現パナソニック)の高級オーディオブランドです。1970年にダイレクトドライブ式のレコードプレーヤー「SP-10」を発売。さらに、DJ用および、オーディオ用レコードプレーヤーの世界的標準機といわれる「SL-1200」を開発しました。安定性・完成度・耐久性が評価され、世界中のファンから支持されています。

「SL-1200」の機能・デザインは他社のプレーヤーにも多くの影響を与え、類似デザインのプレーヤーが今日に至るまで多数発売されているほど。厚みのある骨太なサウンドはロックやポップスはもちろん、ジャズにもおすすめです。

なお、「SL-1200」はモデルチェンジを重ね、現在でも新モデルを展開。レコード全盛期の性能と音質に現代的な洗練も加わり、レコード人気再燃を支えているモデルとして知られています。

初心者向けレコードプレーヤーのおすすめモデル

デノン(DENON) アナログレコードプレーヤー DP-29F

気軽にレコードを楽しみたい方におすすめのフルオートタイプのレコードプレーヤー。レコードサイズを選択するだけで自動的にアームが移動してレコードを再生し、再生終了時にはアームが自動的に戻ります。

ターンテーブルには、安定した回転を実現するアルミダイキャストを採用。フォノイコライザー内蔵タイプなので、フォノ端子のないコンポやプリメインアンプなどとダイレクトに接続できます。

カラーはブラックとシルバーの2色がラインナップ。コンパクトかつシンプルなデザインなので、部屋のインテリアにも合わせやすく、場所を選ばず設置できるのもメリットです。回転方式はベルトドライブ式で、回転数は33-1/3・45回転に対応。MMカートリッジが付属品として同梱します。

オーディオテクニカ(audio-technica) フルオートターンテーブルレコードプレーヤー AT-LP60X DGM

アナログ初心者でも使いやすい自動再生機能を備えた人気のレコードプレーヤーです。サイズと回転数を選んでレコードをセットしたらスタートボタンを押すだけ。自分でトーンアームを操作しなくても自動で再生や停止が可能なので、はじめてレコードプレーヤーを使用する方にもおすすめです。

33/45回転に対応するフルオート式のターンテーブルを搭載。レコードを置くプラッターにはアルミニウム合金ダイキャストを採用しており、クリアな音質での再生が可能です。また、カートリッジはVM型でレコード針も付属します。

フォノイコライザーを内蔵し、PHONO/LINE出力の選択が可能。AUX入力端子のアンプ・アクティブスピーカー・CDコンポなどと組み合わせて使用できます。価格が手頃なのも魅力の製品です。

オーディオテクニカ(audio-technica) フルオートターンテーブル AT-LP3

簡単操作で自動的にレコードの再生・停止が行えるフルオートタイプのレコードプレーヤーです。フォノイコライザーが内蔵されているので、アクティブスピーカーなどと接続して気軽にレコードが楽しめます。

同社のVMカートリッジ「AT91R」と専用ヘッドシェル「AT-HS3」のほか、MM(VM)・MC型カートリッジ切り替えスイッチも搭載。また、ターンテーブルはアルミニウム合金ダイキャスト仕上げで、制振設計を施した4mm厚のラバーマットが付属します。

本体内部には共振を抑制するための金属プレートを配置。回転数は33-1/3・45回転に対応しています。フルオートタイプなので、レコードプレーヤーをはじめて購入する方や扱いに慣れていない方におすすめです。

アイオンオーディオ(ION Audio) スピーカー内蔵レコードプレーヤー Archive LP

初心者に適したオールインワンタイプのレコードプレーヤーです。キャビネットには天然木を使用しており、インテリアに馴染みやすいおしゃれなデザインに仕上がっています。本体にはステレオスピーカーを内蔵。購入後すぐにレコードが楽しめます。

また、RCA端子が搭載されているので、スピーカーなどとの接続も可能。さらに、USB端子を経由してレコードの音声をデジタルファイルに変換することもできます。付属のソフト「EZ Vinyl/Tape Converter」で、ファイルを分割しながらデジタル化できるので便利です。

回転方式はベルトドライブ式で、回転数は33-1/3・45・78回転に対応しています。SPレコードを再生したい方にもおすすめです。

アイオンオーディオ(ION Audio) スーツケース型レコードプレーヤー Vinyl Transport

クラシックなスーツケース型をしたレコードプレーヤー。かわいいデザインなので、外観にこだわりたい方におすすめです。カラーはブラック・ブルー・レッドの3色がラインナップしています。

33-1/3・45・78回転に対応。本製品のみですぐにレコードの再生ができるように、ステレオスピーカーが内蔵されています。RCA端子が搭載されているため、コンポなどのオーディオ機器との接続も可能です。

前面にはハンドルが付いており、ケースを閉じれば気軽に持ち運べます。ACアダプターでの駆動に加え、外出先などでもレコードが楽しめるように単三電池4本での駆動にも対応。安い価格で購入できるコスパのよさも魅力なので、予算を抑えたい方にもおすすめです。

ANABAS audio ポータブルレコードプレーヤー GP-N3R

かつてコロムビアから発売されていた「GP-3R」をANABAS audioが復刻したのが本モデルです。昭和を感じさせるレトロな外観ですが、音声回路や部品には最新の技術を採用。加えて、オーディオテクニカのMMカートリッジを採用しているので、高音質が実現します。

本体上部には持ち運びの際に便利なハンドルが付いており、ACアダプタと単一電池6本での駆動に対応しています。ターンテーブルのサイズは17cmで、平置きに加え、縦置きや壁掛けも可能。

回転方式はベルトドライブ式で、スピーカーも内蔵されています。気軽にレコードを楽しめるコンパクトな1台を探している方におすすめです。

USB接続対応レコードプレーヤーのおすすめモデル

デノン(DENON) レコードプレーヤー DP-450USB

現代的なデザインを採用したデノンのレコードプレーヤー。不要な装飾が排除されたシンプルなデザインは、さまざまなインテリアにマッチします。カラーはホワイトとブラックの2色がラインナップ。

本モデルに搭載されている「S字型ユニバーサルトーンアーム」は、同社の名機「DP-5000」に搭載されたトーンアームの仕様を元に新たに開発。レコードの音溝をより正確にトレースできるように性能が追及されています。

レコードの再生が終了したときには、自動でトーンアームをリフトアップし、ターンテーブルの回転を停止できる「オートリフトアップ&ストップ機能」を搭載しているのも魅力です。

付属のダストカバーはレコードジャケットスタンドにもなり、再生中はジャケットを立てておけるので便利。レコードの音声は、本体にUSBメモリを挿して録音ボタンを押すだけで、MP3またはWAVの音声ファイルで録音できます。

アイオンオーディオ(ION Audio) Bluetooth対応レコードプレーヤー Premier LP

さまざまな機能を搭載した利便性の高いレコードプレーヤーです。本体にはステレオスピーカーを内蔵し、Bluetooth接続やRCA出力、ヘッドホン出力での再生にも対応。環境や好みに合ったスタイルでリスニングが楽しめます。

付属のUSBケーブルを使ってパソコンと接続すれば、レコードをデジタルファイルとして保存しておくことが可能。付属の専用ソフト「EZ Vinyl/Tape Converter」で、簡単に録音やトラックの分割ができます。

また、iOSデバイス用の録音アプリも用意されており、App Storeから無料でダウンロード可能。録音が終了すれば、「自動リターン機能」でトーンアームが元の位置に戻り、電源が切れるので便利です。

33-1/3・45・78回転に対応しているので、SPレコードを再生したい方にもおすすめ。多機能ながらも比較的安い価格で購入できるコスパのよさも魅力です。

ジャムオーディオ(JAM Audio) ワイヤレスターンテーブル Spun Out

アナログビギナーから熱心なコレクターまで、幅広い層のユーザーが楽しめるように開発されたレコードプレーヤー。リーズナブルながらもBluetooth機能を内蔵しているのが魅力です。ワイヤレスレンジは約10mで、デュアルペアリング対応のスピーカーと組み合わせることで、2つのスピーカーでステレオ再生が楽しめます。

回転数は33-1/3と45回転に加え、SPレコードの78回転にも対応しています。回転方式はベルトドライブ式で、接続端子には3.5mmヘッドホン端子・USB端子・RCA端子を搭載。有線ヘッドホンやワイヤレスヘッドホンを接続すれば、大きな音が出せない夜間でもレコードを聴けるので便利です。

USB端子を使用してパソコンと接続すれば、アナログ音源のデジタル化が可能。フォーマットはMP3に対応しています。

ソニー(SONY) ステレオレコードプレーヤー PS-LX310BT

アナログレコードをワイヤレスで楽しめる多機能なレコードプレーヤーです。USB接続に加えてBluetoothトランスミッター機能も搭載。Bluetooth対応のスピーカー・サウンドバー・ヘッドホンなどと接続することで、家中のさまざまな場所でレコードをワイヤレス再生できます。

MM型カートリッジ対応のフォノイコライザーを内蔵。PHONO/LINE出力の切り替えができ、フォノイコライザーを搭載していないステレオシステムにもLINE出力できます。また、USBケーブルでパソコンと接続すればレコードの再生音を録音可能です。

アルミダイキャスト製プラッターと高剛性アルミパイプのトーンアームを搭載しているのも魅力。安定したトレース性能とクリアな中高音、パワフルな低音を実現します。ボタン操作だけでレコードの再生・停止を自動で行える「1ステップフルオートプレイ」に対応するのもポイントです。

ソニー(SONY) ステレオレコードプレーヤー PS-HX500

レコードの音声をより高音質で録音したい方におすすめなレコードプレーヤーです。最大5.6MHzのDSD音源や、192kHz/24bitのPCM音源などのハイレゾ音質でパソコンに録音・保存が可能。

録音や録音した音声の編集は、専用のパソコン用アプリ「Hi-Res Audio Recorder」で簡単に行えます。レコードの音声をハイレゾ再生対応の音楽プレーヤーなどで楽しめるのも魅力です。

本体には音響用の高密度キャビネットとソニー独自の偏心インシュレーターを採用。高い制振性が実現されているので、ラックなどに設置しても振動の影響を受けにくくなっています。

回転方式はベルトドライブ式で、33-1/3・45回転に対応。ターンテーブルには強度と重量のバランスに優れたアルミダイキャストを採用し、安定したトレースをサポートする5mm厚の専用ラバーマットが付属します。

ティアック(TEAC) フォノアンプ内蔵アナログターンテーブル TN-3B

スタイリッシュな薄型キャビネットが特徴のレコードプレーヤー。MM型カートリッジ対応のフォノイコライザーを搭載しています。また、ハイエンドトーンアームブランド「SAEC」とのコラボにより開発された「ナイフエッジトーンアーム」を採用。通常のベアリング構造では得られない分解能の高いサウンドが実現されています。

回転方式はベルトドライブ式で、ターンテーブルの外側にベルトをかけ回転させる「外掛け式」。回転の滑らかさが増し、コギングの影響が最小限に抑えられています。インシュレーターには、振動吸収能力に優れたアルミ削り出しの金属製シェルを採用しているのも特徴。

回転数は33-1/3・45回転に対応しています。USB端子経由でレコードの音声を、CDクオリティのデジタルオーディオデータとして保存できるのもメリット。光沢の美しい多層塗りキャビネットによる高級感のある見た目も魅力のひとつです。

本格派レコードプレーヤーのおすすめモデル

ティアック(TEAC) 本格派ベルトドライブ・ターンテーブル TN-5BB

高級トーンアームブランド「SAEC」とのコラボ開発の「ナイフエッジトーンアーム」を搭載したレコードプレーヤー。安定して滑らかに盤上をトレースでき、トーンアームベースは高さ調節が可能です。ターンテーブルには、20mm厚のアクリルを採用しており、マットを使用せずに直接レコードを置くことで、より鮮明なサウンドを再生できます。

演奏終了時には自動でアームが上がる「オートアームリフト機能」を搭載。接続端子は一般的なRCA端子のほかに、XLR端子も搭載しています。バランス接続に対応したフォノイコライザーと組み合わせることで、より解像度の高い高音質な再生が可能です。

回転数は33-1/3・45・78回転に対応。外観は、ブラックとシルバーのコントラストを基調としたシックなデザインに仕上がっています。

オーディオテクニカ(audio-technica) レコードプレーヤー AT-LPW50PB

ピアノブラック仕上げの木製キャビネットを採用したレコードプレーヤー。回転方式はベルトドライブ式で、安定した回転を保持できるスピードセンサーを搭載した高精度DCモーターが使用されています。

ストレート型のトーンアームには、軽量かつ強度の高いカーボンファイバー素材を採用。特別カラー仕様のVMカートリッジ「VM95E BK」と専用ヘッドシェル「AT-HS4」を搭載しています。別売りの交換針と交換して、音の違いを楽しんだり、さらなる音質の向上を図ったりすることも可能です。

回転数は33-1/3・45回転に対応。PHONOとLINE出力の選択が可能なフォノイコライザーも内蔵。また、ACアダプター採用の外部電源方式なので、よりノイズの少ない回路設計になっています。

テクニクス(Technics) ダイレクトドライブターンテーブル SL-1200MK7

DJ用途で多くの方に愛用されている「SL-1200」シリーズのモデル。最新の技術を導入しつつ、従来モデルの操作性やレイアウトが継承されているので、気軽に本モデルへの買い替えが可能です。

新設計の「コアレス・ダイレクトドライブ・モーター」が搭載されており、ダイレクトドライブ方式の弱点であったコギング現象の解消と、安定した回転が実現されています。また、テクニクス伝統のスタティックバランス型のユニバーサルS字型トーンアームを搭載。

±8%・±16%のピッチ調節に対応した「ピッチコントロール機能」を搭載しているほか、逆回転や78回転での再生にも対応しています。音楽リスニングはもちろん、DJプレイの幅の広げる多彩な再生機能を搭載したレコードプレーヤーです。

ラックスマン(LUXMAN) レコードプレーヤー PD171A

大阪で創業された老舗音響機器メーカー「ラックスマン」から発売されている高級レコードプレーヤー。新開発の大出力電源回路とACシンクロナスモーターを搭載し、回転方式にはベルトドライブ式を採用しています。

スタティックバランス型トーンアームを標準搭載。ユニバーサルタイプのヘッドシェルを採用しているので、カートリッジの交換も容易に行えます。また、トーンアームのベース部には交換可能な独立パーツが使用されているため、別売りのさまざまなトーンアームと気軽に交換可能です。

回転数は33-1/3・45回転に対応し、回転速度は本体のトップにあるウィンドウから確認できます。上級者向けですが、カスタマイズ性に優れたハイエンドなレコードプレーヤーなので、より本格的にレコードを楽しみたい方におすすめです。

レコードプレーヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

レコードプレーヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。