CDなどのデジタル音源の登場で、一度はなくなりかけたアナログ音楽メディア「レコード」。しかし、現在はデジタルにはない音の温かさや実体感があるとして、当時を知らない若者の間にも人気が広がってきています。

レコードプレーヤーは、CDよりも再生に手間がかかるだけに選び方は重要。また、初心者にとってはどう扱ったらよいかも難しいものです。そこで今回は、レコードプレーヤーの基礎やおすすめモデルをご紹介します。

レコードプレーヤーとは?

By: amazon.co.jp

レコードプレーヤーとは、CD登場以前に普及していたオーディオメディア「レコード」を再生できる機器のこと。レコードは樹脂でできたドーナツ状の円盤に、音波信号を「溝」に記録します。この溝から音波信号を読み出し、オーディオ機器で再生できる電気信号として増幅・送出するのがレコードプレーヤーです。

レコードプレーヤーはターンテーブル、トーンアーム、カートリッジなどから構成されています。各部の交換による音質の違いを楽しめることもレコードプレーヤーの特徴です。そのため、レコードプレーヤーには、買っただけですぐに再生を楽しめる初心者向けのオールインワンタイプから、ターンテーブル以外は別売りといった上級者向け製品まであるので、選ぶ際はよく注意しましょう。

なお、レコードプレーヤーで音楽を楽しむには、CDプレーヤーなどの一般的な再生機器同様、ほかに外部アンプ、スピーカーなども必要です。

レコードプレーヤーの選び方

回転方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

レコードを回転させて信号を読み取るレコードプレーヤーにはモーターが必須。レコードを載せているターンテーブルをいかにうまく回転させるかで音質が変わるため、その違いは重要です。

レコードプレーヤーの回転方式は以下の2種類が現在の主流。それぞれに特徴・メリットがあるので、好みや目的に合わせて選びましょう。

ベルトドライブ式

ゴムベルトによるモーター軸の回転をターンテーブルに伝えるのがベルトドライブ式。低価格機から高級機まで幅広く使われる一般的な方式です。 

回転が周囲の環境に左右されにくく、レコードの音質劣化の大きな要因となる回転ムラも起こりにくいのがメリット。一方、重要な部品であるベルトは使用の有無に関わらず、経年によって劣化します。そのままでは回転速度が遅くなってしまうため、交換の必要があるのがデメリットです。

価格、選択肢の多さ、音質面において幅広くおすすめできるオーソドックスな方式と言えます。

ダイレクトドライブ式

モーター軸に直接ターンテーブルを結合させて回転させるのがダイレクトドライブ式。回転精度がよく、故障も少なく消耗部品もないのがメリットです。また、ピッチコントロール(回転数の微変更)に対応しているのをはじめ、ターンテーブルの逆回転によってスクラッチプレイができるなど、DJ用としては必須の方式とされています。

一方、振動対策が難しく、低速では滑らかに回転ができなくなる「コギング現象」が起きやすい弱点もあり、設計には高度な技術が必要です。

ダイレクトドライブ式は1970年代に日本のテクニクス(現在のパナソニック)が開発し、多くの国内メーカーも追随し、一時は主流の方式でした。現在では主にDJ用として各社からラインナップされています。レコードプレーヤー全盛期の雰囲気を感じ取れる方式として、音楽鑑賞用にもおすすめです。

SPレコードに対応するか

By: amazon.co.jp

レコードには記録時間の長い「LP」と短い「SP」の2種類があり、1分間の回転数が異なります。一般的なレコードはLP方式のモノが多いですが、戦前のモノラル録音レコードはSP方式であるため、古いレコード盤を再生する場合はSP対応のレコードプレーヤーがおすすめです。

なお、普通のレコードプレーヤーはLPの回転数(1分間に33回転ないし45回転)に対応しますが、SPの78回転には対応しないモノも多いので、注意しましょう。

付属品で選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なレコードプレーヤーは、ターンテーブル・トーンアーム・カートリッジで構成されています。一方で、中級機以上ではカートリッジやトーンアームが付属しない機種もあるため注意が必要です。

なお、トーンアームの方式には、ストレート型とS字型、カートリッジにはMM型とMC型があります。カートリッジを交換できるユニバーサルアームでは、カートリッジを固定するパーツであるヘッドシェルの交換も可能。ただし、パーツ選びは奥が深いので、初心者の方にはひと通りセットになっているオールインワンタイプがおすすめです。

カートリッジ付属タイプでは、ほかのカートリッジに交換できないタイプ(インテグレーテッドアーム)もあるので、交換を楽しみたい場合はチェックしてみましょう。

フォノイコライザーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

レコードの信号はCDプレイヤーなどの音声信号(アナログライン信号)とは異なる特性と強さのため、レコードプレーヤーで読み取った音波信号をそのままアンプなどに出力しても聴くことはできません。

レコードは収録時間の確保のために、高音を強く低音を小さく記録します。再生時はこれと逆特性の回路を通すことが必要です。また、レコードの音波信号はとても小さく、一般的な機器で使えるように増幅する必要もあります。

このために必要なのがフォノイコライザーです。安価な初心者向けプレイヤーでは内蔵タイプが多いですが、音質にこだわる中級機以降では非内蔵が主流であるほか、オン・オフできるタイプもあります。

音にこだわるなら非内蔵タイプですが、その場合、外部フォノイコライザーか、フォノイコライザー内蔵アンプが必要です。アンプ内蔵型ではMC型に対応しないものも多いことには注意してください。

デジタル関連機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

デジタル関連機能は、以前のレコードプレーヤーにはない最新モデルならではのモノ。USB端子を搭載し、USBメモリ、あるいはPCと接続して、レコード音声をデジタル記録できる機種が増えています。記録可能なフォーマットやクオリティには違いがあるので要チェックです。なかには、CDを超えるハイレゾ音源として記録できる高性能機もあります。

また、Bluetooth音声送信機能に対応しているモデルもおすすめ。Bluetooth対応のスピーカーやヘッドホンなどでワイヤレスリスニングが楽しめます。

レコードプレーヤーのおすすめメーカー

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

レコードプレーヤー用のカートリッジを製作販売するため設立されたブランド。現在では日本を代表するヘッドホン・イヤホン・オーディオアクセサリーメーカーとなっています。

CD時代以前まではオーディオ向けの自社ブランド製品、NHKをはじめとした各放送局向けの業務用製品、国内他メーカーのステレオセットやレコードプレーヤーの標準添付品として使われるほどでした。

また、MM型の1種であるVM形カートリッジを独自に開発しており、現在も展開しています。レコードを知り尽くしたメーカーであり、現在も多数のカートリッジとレコードプレーヤーをラインナップしているのが特徴。特に、ローエンドからミドルエンドのモデルが充実しています。

デノン(DENON)

By: amazon.co.jp

日本を代表する老舗オーディオ機器メーカー。戦前からの歴史を誇り、もちろんレコードプレーヤーに関してもSP時代からの膨大な製品ノウハウを持ちます。

1964年にはNHKと共同でMC型カートリッジ・DL-103を開発。放送局、レコード制作現場の標準器的存在として長らく活躍しました。

オーディオ用レコードプレーヤーにも定評があり、MC型カートリッジを使用しての本格的な再生が得意。一方で、初心者向けの低価格機もラインナップしているのも魅力です。

テクニクス(Technics)

By: kaago.com

旧松下電器産業(現パナソニック)の高級オーディオブランドです。1971年に世界ではじめてダイレクトドライブ式のレコードプレーヤー「SP-10」を発売。さらに、DJ用および、オーディオ用レコードプレーヤーの世界的標準機と言われる「SL-1200」を開発。その圧倒的な安定性・完成度・耐久性により世界中で使われました。

この「SL-1200」の機能・デザインは他社のプレイヤーにも多くの影響を与え、類似デザインのプレイヤーが今日に至るまで多数発売されているほど。厚みのある骨太なサウンドはロックやポップスはもちろん、ジャズにも最適です。なお、「SL-1200」はモデルチェンジを重ね、現在でも新モデルを展開しています。レコード全盛期の性能と音質に加え、現代的な洗練も加わり、レコード人気再燃を支えているモデルです。

初心者向けレコードプレーヤーのおすすめモデル

オーディオテクニカ(audio-technica) ステレオターンテーブルシステム AT-PL300

オーディオテクニカ(audio-technica) ステレオターンテーブルシステム AT-PL300

低価格な初心者向けレコードプレーヤーの定番モデルです。再生操作を行うだけで自動的にアームが移動してレコードを再生し、再生終了後にアームが戻るフルオートシステムを搭載。そのほか、オン・オフ切り替え可能な内蔵フォノイコライザー、使わない時にほこりがかかるのを防ぐダストカバーなど、エントリーモデルに欲しい内容を一通り揃えています。

付属のカートリッジは完成度の高い音質が魅力で、レコードならではの自然なサウンドを十分に楽しめます。なお、SP盤の78回転には対応しません。レコードをとりあえず聴きたいという用途に安心しておすすめできるモデルです。

D&L SOUL マルチレコードプレーヤー スーツケース型 DL-636BP

D&L SOUL マルチレコードプレーヤー スーツケース型 DL-636BP

トランク型のデザインが特徴的なレコードプレーヤー。デニム生地調の表面仕上げもスタイリッシュでインテリアとしても映えます。

低価格ながら機能も豊富。スピーカー内蔵しているほか、ヘッドホン端子も搭載しており、本機だけでレコード再生を楽しめます。ライン出力による外部機器からの再生も可能です。さらに、ライン・USB・Bluetoothに対応する豊富な入力も搭載しています。

加えて、バッテリーも内蔵し、屋外でも最大4時間使用可能。蓋を閉じるとトランクそのもので、取っ手もあるので持ち運びも簡単。実用性の高い個性派プレーヤーとしてさまざまな用途におすすめできるおしゃれなモデルです。

デノン(DENON) アナログレコードプレーヤー DP-300F

デノン(DENON) アナログレコードプレーヤー DP-300F

拡張性の高い初心者向けのレコードプレーヤー。フォノイコライザー内蔵でMM型カートリッジ付属しているほか、フルオート対応なのでレコードが初めての方でも簡単に使えます。

一方、付属の専用ヘッドシェルに取り付ける形で、カートリッジ交換が可能。MC型に交換して高音質を狙うこともできます。ただし、内蔵イコライザーはMM型専用なので、MC型を使用した場合は外部に対応機器を用意しましょう。 また、リフターレバーによる手動での操作も可能で、レコードならではの操作感も楽しめます。

肉厚の木製キャビネットやアルミダイキャスト製ターンテーブルなど、構成部材にこだわりがあるのもポイント。ターンテーブルマットを交換したり、スタビライザー使用したりと、レコード再生をより極めるためのテクニックを生かせるポテンシャルも備えています。コスパも良好で、幅広いユーザーにおすすめできるモデルです。

アイオンオーディオ(ION Audio) Bluetooth対応レコードプレーヤー Air LP

アイオンオーディオ(ION Audio) Bluetooth対応レコードプレーヤー Air LP

Bluetooth規格によるワイヤレス送信に対応した人気のレコードプレーヤー。Bluetooth接続に対応したスピーカーやヘッドホンで気軽にレコードサウンドが楽しめます。

フォノイコライザーを内蔵しているほか、カートリッジも付属しているので、通常のレコードプレーヤーとしても使用可能。78回転にも対応し、SP盤も楽しめるのも魅力です。リーズナブルながらも天然木を使用したキャビネットは魅力的。インテリアにマッチするおしゃれなオーディオとしておすすめです。

オーム電機(OHM) レコードプレーヤーシステム RDP-B200N

オーム電機(OHM) レコードプレーヤーシステム RDP-B200N

通常は別途用意する必要のあるアンプやスピーカーを内蔵したオールインワンタイプのレコードプレーヤー。ヘッドホン端子も装備するので、本機だけで簡単かつ便利にレコードサウンドを楽しめます。

また、フォノイコライザーも内蔵し、外部出力も備えるので、好みのアンプやスピーカーとの組み合わせも可能です。リーズナブルな価格ながら日本製の針を使用しているのもポイント。SP盤の78回転にも対応します。コンパクトでレトロなデザインでインテリアにもおすすめです。

USB接続対応レコードプレーヤーのおすすめモデル

ソニー(SONY) ステレオレコードプレーヤー ハイレゾ録音可 PS-HX500

ソニー(SONY) ステレオレコードプレーヤー ハイレゾ録音可 PS-HX500

パソコンとのUSB接続によってCDを上回るハイレゾで転送・記録できるレコードプレーヤー。PCMで最大192kHz/24bit、さらにDSD 5.6MHzまでに対応するハイスペックモデルです。

専用のソフトを使用して、PC上で簡単に録音と編集が可能なのも便利。初心者でも簡単にレコードをデジタルアーカイブ化できます。

MM型カートリッジも付属し、フォノイコライザーも内蔵しているので買ってすぐに再生も録音も可能。ただし、カートリッジ交換には対応しないので、本格的なプレーヤーとしての追求としてよりも、レコードをできるだけ高品位にデジタル記録として残す用途におすすめです。

ティアック(TEAC) フォノイコライザー・USB出力搭載アナログプレーヤー TN-4D-O/B

ティアック(TEAC) フォノイコライザー・USB出力搭載アナログプレーヤー TN-4D-O/B

高音質志向のUSB接続対応レコードプレーヤーです。本格的なレコードプレーヤーの装備と手軽なデジタル化という2つの要素を兼ね備えています。

USB接続タイプでは珍しいダイレクトドライブ方式を採用し、安定感の高いサウンドを楽しむことが可能です。正確さとモーターのカクツキを抑えた滑らかな回転を実現する新開発モーターもポイント。

MM型カートリッジ付属でフォノイコライザー内蔵なので初心者にも簡単に使えます。一方、S字型トーンアームにはヘッドシェルやカートリッジの付け替えが簡単なユニバーサル式を採用しているので、幅広いカートリッジに交換可能。レコード経験者・上級者でも使いこなしがいがあります。

音質を大きく左右するオペアンプに、オーディオ用高精度品「NJM8080」を採用。USBからのデジタル出力も高音質化されるため、高品位での録音が可能なのもおすすめポイントです。

アイオンオーディオ(ION AUDIO) USBターンテーブル Archive LP

アイオンオーディオ(ION AUDIO) USBターンテーブル Archive LP

USB端子に加え、スピーカーも搭載した人気のレコードプレーヤーです。再生からパソコンへのレコード音源取り込みまで簡単にできるほか、パソコンだけでなく、iOS機器にもレコードのデジタルデータを送ることが可能。まさにレコードの「アーカイブ(記録の保存)」機です。

SP盤にも対応する回転数で、再生するレコードも選びません。 リーズナブルな価格ながら、本体は天然木を使用した上質感あふれる外観も魅力。しかも、付属カートリッジは高い品質と信頼性を誇る国産の樽屋ブランドを採用しています。日本での一貫生産にこだわっているのもポイントです。こだわりのハイコスパ機としておすすめします。

オーディオテクニカ(audio-technica) ダイレクトドライブターンテーブル AT-LP5

オーディオテクニカ(audio-technica) ダイレクトドライブターンテーブル AT-LP5

PCでのレコード録音機能が充実したUSB接続対応レコードプレーヤー。PC録音したレコードの音源を自動で分割し、ネット上のデータベースから曲情報を参照して自動認識するソフト「MusiCut Plus」を付属。面倒な編集作業なしに市販CDのようにパッケージ化できます。

フォノイコライザーも内蔵し、フルオート、カートリッジ付属と初心者向けの装備が充実しているのもポイント。一方で、本格的なトーンアームと高品位なアルミダイキャスト製プラッターなど、レコード上級者も満足できる内容も魅力のおすすめ機です。

本格派レコードプレーヤーのおすすめモデル

テクニクス(Technics) ダイレクトドライブターンテーブル SL-1200G

テクニクス(Technics) ダイレクトドライブターンテーブル SL-1200G

ダイレクトドライブ方式の元祖にして、DJ用レコードプレーヤーの世界標準機として君臨した「SL-1200」シリーズの製品。本機はコギング現象を防ぐ新開発コアレスモーターを搭載し、ブルーレイディスク機器の技術を転用した回転制御技術を備えているなど、現代ならではの改良を加え、完成度の高いシリーズにさらに磨きをかけたモデルです。

また、ピッチコントロール、ストロボ式回転モニターなどDJ用の装備も搭載しているのもポイント。本格的なプレーヤーでは意外に少ない78回転にも対応します。低ノイズで安定感のあるサウンドなのでオーディオ用としても使用可能です。

一目でSL-1200シリーズとわかるデザインも魅力。レコードプレーヤー全盛期の雰囲気を味わえるうえ、最新技術による新たな高音質も楽しめるおすすめモデルです。

デノン(DENON) アナログレコードプレーヤー DP-1300MK2

デノン(DENON) アナログレコードプレーヤー DP-1300MK2

レコードプレーヤー人気全盛期の雰囲気を色濃く感じさせる高級モデル。多くの名機を送り出してきたダイレクトドライブ方式を採用しており、カートリッジやフォノイコライザーは付属していない中級者向け以上の機種です。

安定した回転を実現できるハイブリッド二重構造大型ターンテーブルなど、価格に見合った物量と高度なノウハウが投入されているのも特徴。音に厚みのあるリアルさが持ち味のデノンサウンドを存分に堪能できます。

美しい天然木仕上げのキャビネットは、1980年代の名機をイメージしたデザインで懐かしいレトロ感も魅力です。 ヘッドシェル付属タイプのユニバーサルタイプS字型トーンアームなので、カートリッジ交換で音質の違いを自由に楽しめます。レコード再生に慣れたユーザーにおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) アナログレコードプレーヤーaudio-technica AT-LP7

オーディオテクニカ(audio-technica) アナログレコードプレーヤーaudio-technica AT-LP7

カートリッジの名門が手がける本格モデルです。1960~70年代の設計を継承した独自のJ字型ユニバーサル式トーンアームが特徴で、高さ調整機構を搭載することで細かな調整が可能。さまざまなカートリッジの交換に対応するとともに、その能力を引き出せるように配慮されています。

不要振動を抑制するため、40mm厚の高剛性MDFシャーシを採用し、プラッターは20mm厚の切削ポリオキシメチレンを採用することで耐磨耗性と高い剛性を確保しているのも魅力です。

また、VM型カートリッジも付属し、オン・オフ可能でMM・MCに対応したフォノイコライザーも内蔵しているので初心者でも扱いやすいのもポイント。VM型のオリジネーターであるので、できれば同社VM型カートリッジを聴き比べて楽しんでみたい現代における名機の一つです。

ヤマハ(YAMAHA) Wi-Fi/Bluetooth/MusicCast対応レコードプレーヤー MusicCast VINYL500

ヤマハ(YAMAHA)  Wi-Fi/Bluetooth/MusicCast対応レコードプレーヤー MusicCast VINYL500

名機「GT-2000」を送り出した名門オーディオブランドが27年ぶりにラインナップしたレコードプレーヤーです。

高密度MDF素材を使用した高剛性キャビネットに加えて、剛性にすぐれたストレートトーンアームを採用するなど、かつて「高剛性」設計を打ち出していたヤマハらしい内容を備え、クリアで高音質なレコード再生を楽しめます。

また、レコードプレーヤーとして初めて、PCやNAS内の音楽を再生できるネットワークオーディオプレーヤー機能を内蔵。192kHz/24bitまでのPCM系とDSD 11.2MHzまでとハイスペックに対応します。AirPlayやBluetoothのほか、各種音楽配信サービスも利用できる多機能性も便利です。

加えて、MusicCast機能を搭載。本機で再生したレコードの音声を、ネットワーク上のMusicCast対応機器へ配信できます。レコードも最新デジタル音源もどちらもたっぷり楽しみたい方におすすめです。

ラックスマン(LUXMAN) ベルトドライブ式レコードプレーヤー PD171A

ラックスマン(LUXMAN) ベルトドライブ式レコードプレーヤー PD171A

国内を代表する高級オーディオブランドであるラックスマンによるハイクオリティーなレコードプレーヤーです。

新開発モーターによるベルトドライブ方式を採用し、32bitマイコン採用の高精度クロック制御ジェネレーター回路を内蔵するなど、レコード全盛期にはなかった新技術を投入しています。長年のノウハウと最新技術の融合で、レコードの真価を明らかにするような高音質で楽しむことが可能です。

カートリッジ交換が簡単なユニバーサル型S字型トーンアームが付属しています。また、アームベース部を交換することで、ほかのトーンアームを取り付けることもでき、拡張性の高さも魅力。上級者をも飽きさせることがない奥深いレコードプレーヤーとしておすすめです。

リン(LINN) MAJIK LP12

リン(LINN) MAJIK LP12

イギリス・リン社が1972年に発売した、ベルトドライブ式レコードプレーヤー「Sondek LP12」。その高音質でレコードプレーヤーの基準機的存在として、世界中のオーディオ愛好家から支持されています。しかも、細部の改良を行いながら、現在も発売を続けている完成度の高い名機です。

「Sondek LP12」そのものはセッティングから使いこなしまで、相応のノウハウを要求する手ごわい面があります。そこで、より一般的なユーザーに向けたのが本機です。トーンアーム、MMカートリッジ、電源ユニットなどが最初から付属しており、ライトユーザーでも手軽に導入できるように配慮されています。歴史的な名機のサウンドを堪能できる本格派プレーヤーとしておすすめです。

レコードプレーヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

レコードプレーヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。