レコードに刻まれた溝から音声信号をピックアップする「カートリッジ」。針先の形状やマウントのタイプ(固定方法)によって、さまざまな製品があります。

カートリッジはレコード再生の音質を左右する重要なアイテムですが、どのように選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、レコード用カートリッジの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

レコード用カートリッジの選び方

カートリッジの種類

MMカートリッジ

By: ortofon.jp

レコードの溝を読み取る際に、カンチレバーと呼ばれる部品の動きと連動して磁石が振動し、発電するのが「MMカートリッジ」です。磁石が動くことで発電するのでムービング・マグネット(MM)といいます。

構造がシンプルなため、比較的安価なのがポイント。針交換が容易なのもメリットです。また、出力が高いので、アンプのフォノ端子にそのまま繋げられます。簡単に扱えるレコード用カートリッジを探している場合は、MMカートリッジがおすすめです。

MCカートリッジ

By: amazon.co.jp

「MCカートリッジ」は、カンチレバーにコイルが巻かれている構造を採用。針と連動してコイルの動きで発電するためムービング・コイル(MC)といいます。広い周波数範囲に対応でき、繊細な表現力も併せ持っているので、音質を重視したい方におすすめです。

ただし、MMカートリッジと比べて複雑な構造で価格も高め。設計に精密さを要求されるため、ノウハウのあるメーカーでなければ開発するのが難しい面もあります。

また、出力が低いので、接続する際はMCカートリッジに対応したアンプを選ぶか、出力電圧を高める「MCヘッドアンプ」や「昇圧トランス」が必要です。

マウントのタイプで選ぶ

標準マウント

By: audio-technica.co.jp

カートリッジ本体をヘッドシェルと呼ばれる部品にネジ2本で固定し、ヘッドシェルごとトーンアームに取り付けるのが「標準マウント」です。主流のマウントなので、現在販売されているレコードプレーヤーの多くに使われています。製品数が多いため、好みのモノを見つけやすいのがメリットです。

Pマウント

By: amazon.co.jp

カートリッジにある4本の突起で、トーンアームに直接接続するのが「Pマウント(T4P規格)」方式の製品です。

ネジで留めたり、ヘッドシェルを用いたりしないため、簡単に取り付けられます。標準マウントの場合に必要な針圧調整が不要なのもメリット。ただし、Pマウントに対応しているレコードプレーヤー自体が現在はほとんど流通していないため、注意しましょう。

針先の形状をチェック

By: audio-technica.co.jp

針先(スタイラスチップ)の形状は、大きく分けて「丸針」「楕円針」「シバタ針」の3種類があります。

「丸針」は針先が丸く、針先としてはオーソドックスな形状。幅広いカートリッジに使われており、DJ用の針としても多く採用されています。安定したサウンド傾向が特徴です。

「楕円針」は楕円状の針先を採用。高音域の再生に優れている特徴があります。ただし、丸針と比べて寿命が短い傾向にあるのがデメリットです。

「シバタ針」は4チャンネルレコードの再生にも対応している針。きれいな中高音域を鳴らせるのが魅力です。また、針圧が軽い傾向にあり、針の寿命が長めなのもポイント。伸びのよい音質が好みの方や、長く使えるタイプを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

レコード用カートリッジのおすすめメーカー

デノン(DENON)

デノンは日本を代表する老舗オーディオ機器メーカーです。1970年には放送局用のカートリッジ「DL-103」が一般発売され、制作現場の定番機として活躍。「DL-103」は現在も販売されており、MCカートリッジの定番モデルとして愛されています。

SPレコード時代からのノウハウを有しているのもポイント。老舗ならではの安定感がある製品をラインナップしているのが魅力です。

オルトフォン(ortofon)

By: ortofon.jp

オルトフォンは1918年にデンマークで設立されたオーディオ機器メーカー。トーンアームやヘッドアンプなどのレコード関連製品を多くラインナップしています。

MCカートリッジの代名詞ともいえる「SPU」を展開。さらに、DJ用カートリッジの定番「CONCORDE」など多くの名機を生み出しました。北欧メーカーらしいスタイリッシュなデザインやカラーリングも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは、1962年に設立された日本の音響映像機器メーカーです。イヤホンやヘッドホンなどのアイテムで有名なメーカーですが、設立当初はレコードプレーヤー用のカートリッジを展開していました。

現在もMMカートリッジを独自に改良したVMカートリッジをはじめ、MCカートリッジの「OC9シリーズ」や「AT33シリーズ」など、ロングセラーモデルをラインナップしています。

レコード用カートリッジのおすすめ|MM

オルトフォン(ortofon) MMカートリッジ 2M Red

オルトフォンの標準マウント用カートリッジのエントリーモデル。音質とコストのバランスがよく、レコード入門用としてもおすすめです。

カンチレバーと円柱状のマグネットが直線状に配置されているのが特徴。針が読み取ったレコードからの振動をしっかりと捉え、電気信号へと変換します。

針は高音域に強い接合式楕円針。周波数帯域は20~22000Hzと幅広く、レコードが持つポテンシャルを引き出します。交換用の針先が販売されており、長く使い続けられるのも魅力です。

オルトフォン(ortofon) MM型カートリッジ 2M

MMカートリッジで人気の高いオルトフォン2Mシリーズのハイエンドモデルです。スタイラスチップには無垢ダイアモンドのシバタ針を搭載。高いトレース能力でレコードの溝に刻まれた情報を詳細に読みとります。

振動を電気信号に変換するコイルには純銀メッキ高純度銅線を使用。クリアな音を実現しています。また、周波数帯域が20~31000Hzと幅広いのも特徴です。

適正針圧は1.5gと低め。また、単位面積当たりの圧力が小さいシバタ針なので、レコードへの負担が少ないのも魅力です。

オルトフォン(ortofon) DJカートリッジConcorde MKⅡ DJ

DJ用途の定番であるConcordeシリーズのカートリッジです。針先がわかりやすい独特の形状なので、ねらった場所に簡単に針をおろせます。また、スクラッチなどに耐えられるよう堅牢に作られているため、初心者でも扱いやすいカートリッジです。

強調された低音が特徴。ロック・テクノ・ヒップホップなどに適しています。DJ用カートリッジですが、リスニング用としてもおすすめです。

音飛びしにくいよう、適正針圧は4gとやや強め。一方、針先は摩擦が低くレコードに優しい設計です。ヘッドシェル一体型なので、一般的な標準マウントと異なり、取り付ける手間が少ないのも魅力。交換用の針やフィンガーリストが販売されているため、長く使い続けられます。

オーディオテクニカ(audio-technica) VM型ステレオカートリッジ AT-VM95E

コストパフォーマンスに優れたレコード用カートリッジです。周波数特性が20~22,000Hzと幅広いうえ、出力電圧が4.0mVと高いため、迫力のあるサウンドが楽しめます。剛性に優れた樹脂製のハウジングや、トレース能力の高いアルミニウムパイプカンチレバーなど、作りのよさも特徴です。

針先を認識しやすいデザインを採用しているのもポイント。レコード初心者にとっては難しく感じることの多い、狙った場所に針をおろす作業も簡単に行えます。

針は高音域の再生能力に優れた楕円針を使用。レコードに記録された音をより正確に読み取ります。また、交換用の針が販売されており、長く使い続けられるのも魅力。AT-VM95シリーズの針と互換性があり、交換によるアップグレードも可能です。なお、オーディオテクニカではMM型をVM型と表記しています。

オーディオテクニカ(audio-technica) VM型 デュアルムービングマグネット ステレオカートリッジ AT-VM95SH

豊かな音を楽しめるMM型レコード用カートリッジです。無垢シバタ針を使用しているのがポイント。レコード針の寿命が長いうえ、レコードにかかる負担が小さいのが特徴です。交換用の針も販売されています。

再生周波数範囲は20~25000Hzと幅広く、特に中音域の存在感が特徴です。また、ヘッドシェルへの取り付けやオーバーハングの調節が容易なインサートナット構造を採用。ヘッドシェル一体型トーンアームへの取り付けも簡単に行えるのがメリットです。

なお、貫通穴タイプ以外のヘッドシェルには取り付けができません。あらかじめ留意しておきましょう。

オーディオテクニカ(audio-technica) 交換用フォノグラフカートリッジ AT81CP

Pマウント対応のMMカートリッジです。テクニクス・日立・パイオニアなどのT4Pコネクターを持つターンテーブルに使用できます。スタイラスは丸針で安定した音が特徴。周波数帯域は20~20000Hzに対応しています。垂直方向のトラッキング角度は20°です。

Pマウント対応のカートリッジは製品数が少なく、希少になりつつあります。対応のプレーヤーを今後も使い続けたい方は、ぜひチェックしてみてください。

レコード用カートリッジのおすすめ|MC

デノン(DENON) MC型カートリッジ DL-103

FMステレオ放送用としてNHKと共同開発したMCカートリッジ。1964年の完成以来、基本的な構造や仕様は当初のまま、現代でも製造・発売され続けるロングセラーモデルです。製造開始当初と同じく、ひとつひとつ手作りで作られています。

ステレオ放送用として作られたモデルのため、左右の分離度が高いことも特徴。レコードの音を立体的に表現します。また、左右の感度差は2dB以内です。

周波数特性はフラットで、アナログレコード本来の魅力を引き出すのも魅力。また、モノラルレコードにも対応しており、古いレコードも気軽に再生できます。

リファレンスとして使われることも多いMCカートリッジの定番なので、複数のカートリッジでレコードを楽しみたい方にもおすすめです。

デノン(DENON) 高出力MC型カートリッジ DL-110

高出力のMC型レコード用カートリッジです。一般的なMCカートリッジは出力が小さく、MCに対応したアンプか出力を上げるためのトランスが必要。一方、本製品の出力は1.6mVと高いため、MM用の端子で再生できます。

再生周波数特性は20Hz~45,000Hz。また、レコードからの振動をしっかりと捉える二重構造のカンチレバーを搭載し、歪みの少ないクリアなサウンドを実現しています。気軽に高音質を楽しみたい方におすすめです。

オルトフォン(ortofon) MCカートリッジ MC-Q5

オルトフォンのMMカートリッジのエントリーモデルです。MMタイプのレコード用カートリッジとしてはリーズナブルな価格なので、MM入門機としておすすめ。コストパフォーマンスの高さとサウンドのクオリティが評価され、VGP2021SUMMERのカートリッジ(5万円未満)部門を受賞しています。

MCカートリッジならではの音のよさが特徴。伝統的なアルミカンチレバーと楕円針を搭載しており、アナログならではの繊細かつ重厚なサウンドを楽しめます。

オルトフォン(ortofon) MCカートリッジ SPU Classic G MK Ⅱ

長い歴史をもつレコード用カートリッジです。1950年代後半以降、オルトフォンの定番として作られ続けています。厚みがあり、しっかりとした低音サウンドが特徴です。

SPUシリーズのなかでも、本製品はSPUがリリースされた当時の設計を受け継ぎ、現代的にリイシューされたモデル。オリジナルSPUに近い、昔ながらのあたたかみがある音を楽しめます。

なお、SPUシリーズは自重が一般的なレコードカートリッジよりも重いので、強靭なトーンアームが求められます。レコードプレーヤーによっては搭載できないこともあるため注意が必要。また、搭載可能であっても、バランスを取るためのサブウェイトが必要なケースもあります。

オーディオテクニカ(audio-technica) MC型ステレオカートリッジ AT33EV

周波数特性の広さに優れたレコード用カートリッジです。範囲は15~50000Hzで、低音から高音までバランスよく再生します。セパレーションに優れており、ステレオの広がりを感じやすいことも特徴。また、細かく繊細な音も明瞭に再現します。

磁石には磁力の強いネオジウムマグネットを使用。コイルには高純度銅線であるPCOCCを使うことにより、クリアでパワフルなサウンドを実現しています。カンチレバーは強度に優れたジュラルミンテーパーパイプを使用。内蔵の「ハネナイト」制振ゴムやVCモールドで不要な振動を抑えているのもポイントです。

レコード用カートリッジのAmazonランキングをチェック

レコード用カートリッジのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。