メンズのおしゃれバッグとして注目度が高い「クラッチバッグ」。用途もフォーマル・ビジネス・カジュアルと幅広く、アイテムのバリエーションも豊富です。

そこで今回は、クラッチバッグのおすすめのブランドをご紹介します。選び方についてもあわせて解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

クラッチバッグの選び方

利用シーンで選ぶ

By: amazon.co.jp

クラッチバッグを選ぶにあたり、考えておきたいのは使うシーン。普段の着こなしに合わせるなら、好みやコーデへの合わせやすさで選ぶのが1番です。しかし、フォーマルとビジネスシーンではそれぞれ好ましいデザインや機能が異なるため、用途をハッキリさせておきましょう。

フォーマル用なら、デザインはごくシンプルなモノで、カラーも悪目立ちしない黒・ダークブラウン・ネイビーなどがおすすめです。ビジネス用ではレザーのほか、ナイロン製のアイテムも多め。フォーマル用よりも、収納性に重点を置いて選んでみてください。

形状で選ぶ

By: rakuten.co.jp

従来のシンプルな形状のクラッチバッグに加えて、最近では二つ折りや口折れタイプのアイテムも増えてきています。二つ折りのモノは広げると手提げバッグとして使える場合が多く、使い勝手がよいのもメリット。出先で少し荷物が増えてしまっても対応できます。

口折れタイプは、二つ折りタイプと同じように容量によって形を変化できるため便利。カジュアルテイストのアイテムだと、取り外せるショルダーが付いているモノもあります。

一方、クラッチバッグ特有のスッキリとしたシルエットを重視するなら、従来のシンプルフォルムがおすすめ。形状はデザインにも大きく影響する部分なので、ぜひチェックしてみてください。

収納力で選ぶ

By: rakuten.co.jp

小ぶりで容量が限られているからこそ、クラッチバッグの収納力は大切なポイント。内側や外側にポケットが設けられているか、自分がよく持ち歩くモノ一式が入るかどうかなどチェックしましょう。

特にビジネス用クラッチバッグにおいて収納力は重要で、A4サイズの書類が入るモノを選ぶのがおすすめ。タブレットなどのデジタル機器を使う頻度が高い方は、収納できるか確認しておくと安心です。

また、アイテムによっては、カードポケットを備えているモノもあります。各ブランドが工夫を凝らした収納部の違いにも注目してみてください。

クラッチバッグのおすすめメンズブランド

ポーター(PORTER)

「ポーター」は日本のバッグメーカー「吉田カバン」の自社ブランドとして1962年に誕生。熟練した職人が手掛ける高品質で機能的なバッグは幅広い年代から支持を集めています。製品数の多さも魅力で、クラッチバッグの種類も豊富。自分にぴったりのアイテムが見つかりやすいおすすめブランドです。

ポーター(PORTER) WISE DOCUMENT CASE

しなやかな馬革を贅沢に使ったおすすめクラッチバッグ。あえて表面加工を施さず、革本来の自然な表情を活かしているのが特徴です。オイルをたっぷりと含んでいるため使い込むほどにツヤが増し、味わい深い経年変化を楽しめます。

また、A4サイズの書類やファイルが入るやや大きめのサイズ感も魅力。スッキリとしたフォルムながら、片側にマチが設けられているので荷物の出し入れもスムーズです。オープンポケット3つやカードポケット、ペンホルダー、A4ノートが入る大きなポケットを備えています。

ポールスミス(Paul Smith)

「ポールスミス」は1970年に設立された英国の人気ファッションブランドです。ポールスミスのデザインを表現する言葉として使われるのが“ひねりのあるクラシック”。伝統的なスタイルをベースとしながら、モダンなテイストや遊び心をプラスした独創性のあるアイテムが人気のブランドです。

ポールスミス(Paul Smith) シティエンボス 2WAY レザー クラッチバッグ

さざ波のような模様を施した美しいレザーを採用したおすすめクラッチバッグです。繊細な表情とは裏腹に水や汚れ、キズに強く、デイリーユースにぴったり。シンプルなデザインゆえ、普段のカジュアルスタイルに合わせるほか、ビジネスシーンでも違和感なく使えます。

ショルダーストラップが付属しており、2WAYで使えるのも魅力。底部分に設けられたハンドルも使い勝手も良好です。ファスナーポケットの内側にはアーティストストライプをあしらい、ポールスミスらしい遊び心もプラスしています。

カルバンクライン(Calvin Klein)

「カルバンクライン」はニューヨーク発の人気ファッションブランドです。シンプルかつ都会的なデザインが魅力で、ウェアだけでなく腕時計・財布・フレグランスなども人気。クラッチバッグはレザーを用いたスマートな印象のアイテムが多く、フォーマル、ビジネスシーンで使えるモノを探している方にもおすすめです。

カルバンクライン(Calvin Klein) クラッチバッグ ブルーノ2

シーンに合わせてクラッチバッグとショルダーバッグの2WAYで使える便利なアイテムです。装飾を抑えたデザインのため、フォーマルシーンにもぴったり。袱紗(ふくさ)や招待状が入り、かつ大きすぎない絶妙なサイズ感も魅力です。

一見シンプルな作りですが、かぶせ部分はファスナーポケットになっており、背面にもフリーポケットを備えるなど機能的な構造。メイン収納部には小物収納に適した小さめのポケットも複数設けられています。

バレンシアガ(BALENCIAGA)

「バレンシアガ」は“クチュール界の建築家”とも呼ばれるデザイナー、クリストバル・バレンシアガ氏が1918年に設立。モードなテイストを得意とするブランドとして知られています。最近ではストリート要素を取り入れたアイテムを展開し、若い世代からも注目を集めるブランドです。

バレンシアガ(BALENCIAGA) トライアングル クラッチバッグ

遊び心のあるカジュアルスタイルを演出できるおすすめのクラッチバッグ。スキーブーツのバッグをイメージしたトライアングルフォルムが特徴です。フロントにはブランドロゴがあしらわれており、シンプルながらも印象的なデザインに仕上げられています。

素材にカーフレザーを採用しており、高級感があるので大人のカジュアルコーデにもマッチ。個性豊かなカラー展開も魅力です。内側には3つのカードポケットが設けられていて、気軽な外出にも重宝します。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)

ラグジュアリーブランドの代表格として知られる「ルイ・ヴィトン」は、1854年に世界初の旅行鞄専門店としてスタートしました。現在ではバッグ・財布・アクセサリーなど多岐にわたる製品を展開。「モノグラム」や「ダミエ」など、印象的な柄があしらわれたハイセンスなアイテムが世界中の人々を魅了しています。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON) ダミエ・グラフィット ポシェット・ヴォワヤージュ MM

黒とグレーのコントラストが美しい「ダミエ・グラフィットキャンバス」を採用したメンズクラッチバッグです。モダンかつ上品な表情は、大人の男性にぴったり。コーデにプラスすれば、全体がグッと引き締まった印象に仕上がります。

内側はオープンポケットと6つのカードポケットが設けられた機能的な作り。使用頻度の高い小物やカードを使いやすい位置に収納できて便利です。6cmのマチ付きで収納力も高く、トラベルポーチとしても重宝します。

コーチ(COACH)

日本でも知名度が高い人気ブランド「コーチ」はニューヨーク・マンハッタンにて1941年に誕生しました。コーチのレザーバッグは耐久性に定評があり、デザインもシンプルなモノが多く長く愛用できるのが魅力。高品質ながら手の届く価格を実現しているのも人気の理由のひとつです。

コーチ(COACH) マンハッタン ポーチ

きめ細かな革の風合いが特徴のラグジュアリーなクラッチバッグです。素材に採用されているのは「リファインドカーフレザー」。滑らかな質感と軽さ、発色のよさも魅力です。

ハンドストラップが付いていて持ち運びの際に安定感があり、スリムなフォルムながら自立するため置き場所にも困りません。収納部はiPadが入る使い勝手のよいサイズ感。内側・外側どちらにもポケットがあり、チケットやカード類も収納できます。

グッチ(GUCCI)

1921年に創業者のグッチオ・グッチ氏がレザーグッズの工房とショップを開いたことから「グッチ」の歴史がスタート。現在では世界的な知名度を有する人気ブランドへと成長しました。Gを2つ重ねたロゴや、緑・赤・緑の配色が印象的な「ウェブストライプ」を用いたデザインが特に有名です。

グッチ(GUCCI) インターロッキングG ポーチ

シルバーメタルのベースに美しく輝くゴールドのインターロッキングGロゴが目を引く、おしゃれなクラッチバッグです。70年代の空気を漂わせるレトロ感のあるデザインにより、ほどよく個性のあるスタイルが完成。ヴィンテージ加工を施したソフトレザーの表情がこなれた雰囲気を醸し出します。

マチが広く取られた安定感のあるフォルムで、収納力も十分。内側にはジップポケットを備えています。また、外側のポケットはマグネット式で、小物をサッと取り出せるので便利です。

エルメス(HERMES)

ブランドを代表する名作「バーキン」を筆頭に、一生ものといえるバッグが揃うフランスのラグジュアリーブランド「エルメス」。厳選された素材を用いて熟練の職人が作り上げるハイクオリティなバッグは、世界中の人々から人気です。エレガントで品のあるスタイルを目指す方はぜひチェックしてみてください。

エルメス(HERMES) トゥードゥー 37 クラッチバッグ

洗練されたフォルムとデザイン、素材感のコントラストが魅力のおすすめクラッチバッグです。シックなカラーリングで幅広い服装に合わせやすく、マルチに活躍。高級感があり、コーデに取り入れれば全体の印象がグッと引き締まります。

ボディにはあたたかみのあるフェルト生地を採用。また、フロント部分のポケットには細かい型押し模様とハリのある質感が特徴の「エプソンレザー」を採用しています。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)

「タケオキクチ」は国内に100以上の店舗を構える日本の人気メンズファッションブランドです。色気と遊び心があり、トレンドもほどよく取り入れられたデザインが魅力。スタイリッシュで使い勝手がよく、かつトライしやすい価格のモデルが揃っているため、クラッチバッグを初めて購入する方にもおすすめのブランドです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) ブラック×ブラック レザー クラッチバッグ

“大人の黒”にこだわり、オールブラックで仕上げたシックなデザインのメンズクラッチバッグです。外側は装飾を一切省いてとことんシンプルに。しなやかな質感が魅力のカウナッパレザー、キズに強く耐久性に優れたサフィアーノレザーの2タイプが展開されています。

また、さまざまなシーンに対応できるよう考えられた内装の作りもポイントです。マチ付きのスリットポケットは袱紗を入れるのに便利なスペース。スマホやカメラの収納に適した小物ポケットも2つ備えています。法事や結婚式にも使えるおすすめアイテムです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) 2WAY ショルダー クラッチ バッグ

かっちり感とカジュアルさのバランスが絶妙な口折れタイプのメンズクラッチバッグ。休日のカジュアルコーデからビジネス、フォーマルスタイルまで幅広く合わせられる万能さが魅力です。

ショルダーベルトを取り付けるための金具が背面側に配置されているのもポイント。2WAYで使える便利さと、クラッチバッグとして持つ際のデザイン性を両立させています。

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

ディテールまでこだわり抜かれた高品質な革製品が人気のラグジュアリーブランド「ボッテガ・ヴェネタ」。最大の特徴は、「イントレチャート」と呼ばれる技法を駆使している点です。職人が革紐を丁寧に編み込むことで作られるイントレチャートのバッグは時を経ても色褪せにくく、エレガントなスタイルを演出します。

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA) ドキュメントケース

イントレチャートの魅力を堪能できるシンプルデザインのおすすめクラッチバッグ。ロゴもさりげなく、洗練された印象を与えます。素材には裏面にスエードを施したカーフレザーを採用。内装はあえて裏地を設けず、革の質感と編み込みデザインを活かす作りに仕上げられています。

トレンドに左右されず、長く使えるデザインなのも嬉しいポイント。きれいめの着こなしに取り入れ、スマートにスタイリングしたいおしゃれなアイテムです。

イルビゾンテ(IL BISONTE)

「イルビゾンテ」は、1970年にイタリア・フィレンツェで小さな革製品店としてスタート。現在ではローマやニューヨークなどの主要都市にも店舗を構える人気ブランドへと成長しました。飾り立てないシンプルなイルビゾンテのレザーバッグは、持ち主の個性に応じた経年変化を楽しめるのが最大の魅力です。

イルビゾンテ(IL BISONTE) レザー クラッチバッグ

レザーの表情や質感をストレートに楽しめるおすすめのクラッチバッグです。素材に採用されているカーフスキンは柔らかく、使い始めから手に馴染むのが魅力。フロント中央にはバッファローロゴがデザインされています。

シンプルな外観とコントラストを効かせたマドラスチェック柄の内装もポイント。高級感がありながら、遊び心も感じられるデザインに仕上げられています。内側には6つのポケットがあり、散らばりがちな小物もスッキリと整頓できるのが魅力です。

イルビゾンテ(IL BISONTE) クラッチバッグ ハンドバッグ

普段のコーデに気軽に取り入れられるクラッチバッグを探している方におすすめのアイテム。カジュアルな着こなしとも好相性な二つ折りタイプで、シンプルなデザインのため汎用性が高くデイリーに活躍します。

上部にハンドルが設けられており、荷物が多いときはハンドバッグとしても使えて便利。内側にはポケットがあるので小物もすっきりと収納できます。大人っぽい装いにマッチする品のよいデザインと、使い勝手のよさを両立したおすすめクラッチバッグです。

ダコタ(Dakota)

「ダコタ」は、革の表情を活かしたナチュラルなレザーグッズが人気のブランドです。大人っぽくシンプルなデザインのアイテムが多いのが特徴。ビジネス、カジュアルの両方で使えるクラッチバッグを探している方におすすめです。

ダコタ(Dakota) アクソリオ ショルダーバッグ クラッチバッグ 2way

さまざまなシーンで活躍する便利な2WAYクラッチバッグ。手触りのよい牛革を採用しており、日本製ならではの丁寧な作りも魅力です。

薄マチのスリムなフォルムで、スマートな印象のコーデによく合います。また、幅広のショルダーベルトを取り付ければ、カジュアルな雰囲気も演出可能。休日のコーデにも気軽に合わせられます。

メイン収納部はB5サイズ対応。外側に1つ、内側に3つのポケットを備えており収納力も十分です。

オロビアンコ(Orobianco)

「オロビアンコ」は「デザイン性と機能性を兼ね備えたイタリアンファッション」をコンセプトとするイタリアのファクトリーブランド。職人の熟練した技とIT技術の融合により、コストパフォーマンスの高い製品を生み出しています。上質な素材感や、高級感のあるデザインが魅力です。

オロビアンコ(Orobianco) QUIZPAD MINI-F

シンプルかつエレガントなデザインが魅力のメンズクラッチバッグです。フロント部分にあしらわれたエンブレムが高級感を演出。薄マチなのでバッグインバッグとしても使いやすく、幅広いシーンで活躍します。

内側にはクッションバンドが2つ設けられており、モバイル端末の持ち運びにもぴったり。さまざまなシーンで使いたい方におすすめのクラッチバッグです。

ユハク(YUHAKU)

独自の染色技術を用いて、芸術品のような独創性のあるレザーグッズを生み出す手染めレザーブランド「ユハク」。複数の色を手作業で重ねて作られる美しいグラデーションレザーが唯一無二の個性を発揮します。周りに差をつけるおしゃれなクラッチバッグを求めている方はぜひチェックしてみてください。

ユハク(YUHAKU) クラッチバッグ

「光と影」をテーマに作られた美しいカラーリングのおすすめクラッチバッグ。ユハクを象徴する色鮮やかなグラデーションレザーで陽光を、黒一色で染め上げた天然シボ革のボディで影を表現しています。

また、見た目の美しさだけでなく、使い勝手のよさにもこだわっているのが魅力。ボディ下部に手を通せるハンドルが付いています。

コンパートメントが2つあり、内側には小物用ポケットを配置。A4サイズの荷物も収納可能です。

クラッチバッグのおすすめメンズコーデ

クラッチバッグできれいめカジュアルコーデを格上げ

By: world.co.jp

上品なガンクラブチェック柄ステンカラーコートにパーカーを合わせ、ほどよくカジュアルさをプラスしたおしゃれメンズコーデ。ボトムスにはイージーパンツをチョイスしてリラックス感のある旬なスタイリングに仕上げています。

シックな表情のレザークラッチバッグをコーデの引き締め役として投入。きれいめ要素がプラスされ、グッと大人っぽさが増します。落ち着いた雰囲気と華やかさを兼備したおすすめの着こなしです。

口折れタイプはカジュアルスタイルと好相性

By: rakuten.co.jp

口折れタイプのクラッチバッグは、カジュアルスタイルに合わせるのがおすすめ。かっちり感とカジュアルさのバランスがよく、普段のコーデに馴染みます。

スポーティなアウターをざっくり羽織ったラフなスタイリングながら、クラッチバッグとレザーシューズの引き締め効果で大人顔のコーデに。キメすぎ感のないこなれたカジュアルスタイルを目指す方はぜひ参考にしてみてください。

ブラック×グレーでまとめた正統派フォーマルコーデ

By: world.co.jp

結婚式に招待されたときの参考にしたい、正統派コーディネート。ブラックスーツでビシッとキメつつ、要所にグレーを取り入れることで軽さと華やかさをプラスしています。

クラッチバッグもブラック×グレーのアイテムをチョイスして統一感のある着こなしに。きちんと感があり、かつさりげなくおしゃれさもアピールできるおすすめコーデです。

セットアップスタイルをより洗練された雰囲気に

By: rakuten.co.jp

ストライプ柄のセットアップをおしゃれに着こなしたお手本メンズコーデです。美しいツヤ感のあるレザークラッチバッグを合わせることで、より洗練された着こなしに。コンパクトなサイズ感のアイテムを選んでいるのも、上品な印象を与えるポイントです。

足元はホワイトスニーカーで抜け感をプラス。都会的な雰囲気漂うスタイリングをぜひ参考にしてみてください。