メンズのおしゃれバッグとして注目度が高い「クラッチバッグ」。用途もフォーマル・ビジネス・カジュアルと幅広く、アイテムのバリエーションも豊富です。

そこで今回は、クラッチバッグのおすすめの製品をご紹介します。選び方についてもあわせて解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

クラッチバッグの選び方

利用シーンで選ぶ

By: amazon.co.jp

クラッチバッグを選ぶにあたり、考えておきたいのは使うシーン。普段の着こなしに合わせるなら、好みやコーデへの合わせやすさで選ぶのが1番です。しかし、フォーマルとビジネスシーンではそれぞれ好ましいデザインや機能が異なるため、用途をハッキリさせておきましょう。

フォーマル用なら、デザインはごくシンプルなモノで、カラーも悪目立ちしない黒やダークブラウン、ネイビーなどがおすすめです。クラッチバッグを持っておけば、スーツのポケットがパンパンになることもなく、結婚式などでも重宝します。

ビジネス用ではレザーのほか、ナイロン製のアイテムも多め。フォーマル用よりも、収納性に重点を置いて選んでみてください。

形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

最近では、従来のシンプルな形状のクラッチバッグに加え、二つ折りや口折れタイプのアイテムも増えてきています。二つ折りのモノは広げると手提げバッグとして使える場合が多く、使い勝手がよいのもメリット。出先で少し荷物が増えてしまっても対応できます。

口折れタイプは、二つ折りタイプと同じように容量によって形を変化できるため便利。カジュアルテイストのアイテムだと、取り外せるショルダーが付いているモノもあります。

一方、クラッチバッグ特有のスッキリとしたシルエットを重視するなら、従来のフォルムがおすすめ。形状はデザインにも大きく影響する部分なので、ぜひチェックしてみてください。

収納力で選ぶ

By: rakuten.co.jp

総じて小ぶりで容量が限られているからこそ、クラッチバッグの収納力は大切なポイント。内側や外側にポケットが設けられているか、自分がよく持ち歩くモノ一式が入るかどうかなどチェックしましょう。

特にビジネス用クラッチバッグにおいて収納力は重要で、A4サイズの書類が入るモノを選ぶのがおすすめ。タブレットなどのデジタル機器を使う頻度が高い方は、収納できるか確認しておくと安心です。

また、アイテムによっては、カードポケットを備えているモノもあります。各ブランドが工夫を凝らした収納部の違いにも注目してみてください。

クラッチバッグのおすすめメンズブランド

ポーター(PORTER)

「ポーター」は、性別や年代を問わずファンの多い日本の人気バッグブランドです。ポーターのバッグは、デザイン性もさることながら、使いやすさや、丈夫さなど、モノとしての機能性の高さが魅力。普段使いや、ビジネスシーン向きの便利なクラッチバッグが豊富にラインナップしています。

ポーター(PORTER) SMOKY DOCUMENT CASE

洗練されたルックスと、使い勝手のよい作りで人気のクラッチバッグです。A4サイズの書類を折り曲げずに収納でき、かつ種類別に整頓できるよう複数のメッシュポケットが設けられているのでビジネスシーンにもおすすめ。スマホやパスケースなどの小物を入れるのにちょうどよいサイズのポケットも備えています。

素材にはジンバブエコットン糸とコーデュラナイロン糸をミックスして織り上げたコーデュラダック生地を採用。ムラ感のある表情と丈夫さが魅力です。カラーはブラックとネイビーの2色がラインナップしています。

ポーター(PORTER) MODULE CLUTCH BAG

1つでプライベート・ビジネス・フォーマルシーンまで幅広くカバーできるおすすめのクラッチバッグ。小分けポケットをあえて外側に設けた特徴的なデザインがポイントです。

一部のポケットは内装に人工スエードを採用し、電子機器の収納に適した仕様。メイン収納部はA4サイズの荷物が入る使い勝手のよい大きさで、PC収納用スペースも設けられています。

素材には国産の牛ステアを採用。薄くすいた革と厚みのある芯材を組み合わせることで、軽量性とふっくらとした質感を両立させています。

ポールスミス(Paul Smith)

「ポールスミス」は、デザイナーのポール・スミス氏により1970年に設立されたファッションブランドです。伝統的なブリティッシュスタイルに、独特のスパイスをきかせた遊び心あふれるデザインが特徴。カラフルなマルチストライプを取り入れたアイコニックなアイテムは特に人気が高く、要チェックです。

ポールスミス(Paul Smith) シグネチャージップストライプ 2WAYクラッチ

取り外し可能なショルダーストラップが付属した2WAYクラッチバッグ。フロント部分に鮮やかなストライプパターンを配した遊び心のあるデザインが魅力です。一見カジュアルなルックスですが、素材にレザーを採用しているため上品さもあり、オンオフ問わず活躍します。

また、ポケットの数が多いのもポイント。外側、内側に3つずつポケットがあり、バッグの中で散らばりがちな小物もスッキリと整頓できます。ジップポケット内側に鮮やかなカラーのライニングを用いるなど、細部までおしゃれに仕上げられたおすすめアイテムです。

プラダ(PRADA)

1913年に創業し、100年以上にわたり多くの人々を魅了し続けているイタリアのラグジュアリーブランド「プラダ」。時を経ても色褪せることのない、シンプルかつ高級感のあるデザインが魅力です。フォーマルシーンにもマッチする品のよいクラッチバッグを揃えています。

プラダ(PRADA) クラッチバッグ SAFIANO METAL

スマートな装いが叶う薄マチのメンズクラッチバッグ。オールブラックのカラーリングと、コーナーにメタル製ブランドロゴをあしらったスタイリッシュなデザインが目を引きます。

内側にはオープンポケットと、6つのカードポケットを配置。腕を通すレザーストラップが付いており、持ち歩く際に安定感があります。よりスッキリとした状態で持ちたい場合は、レザーストラップを取り外すことも可能です。

カルバンクライン(Calvin Klein)

「カルバンクライン」は1968年に設立されたアメリカのファッションブランドです。シンプルなデザインと洗練されたシルエット、そして機能性が見事に融合したファッションアイテムを幅広く展開。クラッチバッグはフォーマル、ビジネスシーンにマッチするスマートな印象のモデルを揃えています。

カルバンクライン(Calvin Klein) クラッチバッグ 2WAY メンズ ブルーノ2

スーツやジャケパンスタイルと相性のよいシックなクラッチバッグです。2WAY仕様で、ショルダーストラップを付けるとグッとカジュアルな雰囲気に。フォーマルから休日のプライベートスタイルまで幅広く活躍します。

スマホや財布、カードケースなどの身の回り品をまとめて持ち歩くのに十分なサイズ。袱紗(ふくさ)や招待状などを収納できるのもポイントです。また、かぶせ部分にも収納スペースを設け、無駄のない設計なのも魅力。内側、外側いずれも多数のポケットを備えており、収納力に優れたおすすめアイテムです。

バレンシアガ(BALENCIAGA)

「バレンシアガ」はウェアやシューズ、バッグなど幅広いアイテムを手掛けるラグジュアリーブランド。歴史ある老舗ブランドですが、ダッドシューズの「トリプルS」が大ヒットし、ここ数年でより知名度が上がりました。気軽に持ち歩けるカジュアルさとラグジュアリーな雰囲気を兼備したおしゃれなクラッチバッグが豊富です。

バレンシアガ(BALENCIAGA) ミディアムクラッチバッグ

コーディネートのワンポイントに適したロゴ入りクラッチバッグ。モノトーンのシンプルなカラーリングで、幅広い装いに合わせやすいのが特徴です。また、なめらかで美しいグレインカーフの素材感もポイント。着こなしが自然と上品にまとまります。

内側は小さめのオープンポケットを1つ備えたシンプルな作り。A4サイズに対応した使いやすいサイズ感で、スマホや財布に加えてタブレットを持ち歩く機会が多い方にもおすすめです。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)

リッチなモノグラム柄で有名なフランスのラグジュアリーブランド「ルイ・ヴィトン」。エレガントなデザインと実用性を兼備したファッションアイテムは世界中の人々を虜にしています。主力アイテムであるバッグは素材・フォルム・デザインのバリエーションが豊富で、用途や好みに合ったモノを見つけやすいのが魅力です。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON) ポシェット・カサイ

ブラック×グレーのクールなカラーで人気の「ダミエ・グラフィット・キャンバス」を採用したおすすめクラッチバッグ。都会的な雰囲気で、ジャケパンスタイルなどきれいめな着こなしと好相性です。リストストラップは取り外しが可能で、シーンに応じた使い方ができます。

収納部はマチが6cmあるので、少し厚みのある荷物も収納可能。また、外側に1つのファスナーポケット、内側に3つのフラットポケットと10枚分のカードポケットが設けられており、小物の整頓がしやすいのもポイントです。

コーチ(COACH)

「コーチ」は1941年にニューヨークで創業。革小物工房としてスタートしたという経緯があり、特に財布やバッグなどのレザーアイテムが人気です。品質の高さはもちろんデザインも多彩で、シグネチャー柄を用いたアイコニックなモノから、革の質を活かしたシンプルデザインのモノまで幅広く展開しています。

コーチ(COACH) ペブルレザー クラッチバッグ

シボ感のあるペブルレザーを用いて、高級感たっぷりのルックスに仕上げたクラッチバッグです。無駄のない洗練されたデザインで、結婚式などフォーマルな場にもぴったり。シーンを限定せず、マルチに使えるアイテムを探している方におすすめです。

使用頻度の高い小物を入れておくのに便利な外側ファスナーポケットのほか、内側にはオープンポケットが2つあり、荷物の仕分けも楽にできます。大人の男性にふさわしい上品なデザインと、機能性を兼ね備えたおすすめアイテムです。

グッチ(GUCCI)

「グッチ」はイタリア生まれの人気ラグジュアリーブランド。身につけるだけで華やかさとリッチな雰囲気を演出できる魅力的なファッションアイテムが揃います。頭文字の「G」を2つ組み合わせた「ダブルGロゴ」や、緑と赤で構成される「ウェブストライプ」などのアイコニックなデザインを用いたアイテムが特に有名です。

グッチ(GUCCI) オフィディア GG ポーチ

グッチの代表的なモチーフをギュッと詰め込んだ「オフィディア」シリーズのおすすめクラッチバッグです。柔らかなベージュカラーのGGスプリームキャンバスに、グリーンとレッドの鮮やかなウェブストライプでアクセントをきかせたメリハリのあるデザインがおしゃれ。シンプルな着こなしに1点加えるだけで、グッと華やかな印象に仕上がります。

サイズは幅28.5×高さ18×マチ9cm。幅を取りがちな長財布、厚みのある二つ折り財布のいずれも収納しやすい作りで、内側にはファスナーポケットを備えており小物もスッキリと整頓できます。

エルメス(HERMES)

「エルメス」は、1837年に高級馬具の製造工房としてスタートしたフランスのラグジュアリーブランド。大人の装いを格上げする気品に満ちたアイテムを数多く展開しています。気軽に手を出せる価格帯ではありませんが、安心して長く付き合える高品質なクラッチバッグを求めている方はぜひチェックしてみてください。

エルメス(HERMES) クラッチバッグ ジジェ エラン

ブランドの頭文字「H」をデザインに取り入れたクラッチバッグ。金具などの装飾が一切ない見た目で、スタイリッシュな印象を与えます。

素材に採用されているのは、「ヴォー・スイフト」と呼ばれる雄仔牛のレザー。吸い付くような手触りとなめらかな表情が特徴で、ほどよい弾力があります。かっちりしすぎず、かつさりげなく品のよさを演出できるおすすめアイテムです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)

「タケオキクチ」は、デザイナーの菊池武夫氏が立ち上げたメンズファッションブランドです。色気と遊び心のある着こなしをテーマとしており、カジュアルアイテムだけでなくビジネスシーンで使えるモノも豊富。トライしやすい価格のおしゃれなクラッチバッグを揃えているため、コスパ重視の方にもおすすめのブランドです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) シャンブレー クラッチバッグ

デイリーユースに適した口折れタイプのメンズクラッチバッグです。サフィアーノレザーと杢調シャンブレーを組み合わせ、素材感のコントラストを楽しめるデザインを採用。カジュアルさと上品さを兼ね備えており、きれいめの大人カジュアルスタイルと好相性です。

本体収納に加え、かぶせ部分にも別個の収納スペースを備えたユニークかつ機能的な構造もポイント。ポケットの数も多く、スマホや財布、メモなどの身の回り品をスッキリと整頓できます。ショルダーストラップが付属しており、シーンによって使い分けができるのも魅力です。

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

「ボッテガ・ヴェネタ」は1966年に創業したイタリアのブランド。「ボッテガ」は「工房」を意味する言葉で、その名の通り職人のクラフトマンシップが詰め込まれた上質な革製品を展開しています。なかでも「イントレチャート」と呼ばれる、短冊切りのレザーを編み込む技法を駆使した財布やバッグが人気です。

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA) ドキュメントケース

同ブランドで長きにわたり受け継がれてきたイントレチャートの技法を取り入れつつ、モダンで新鮮なデザインに仕上げたクラッチバッグ。美しいカーフレザーの表情をたっぷり堪能できるアイテムです。

カーフレザーの裏面にあたたかみのあるスエード素材が施されているのもポイント。あえてライニングは省いてあり、バッグを開けたときにスエードの素材感をダイレクトに楽しめます。

収納部はラウンドジップ開閉で180°開く仕様。内側には、小物をひとまとめにしておける大きなジップポケットが設けられています。

イルビゾンテ(IL BISONTE)

躍動感のあるバッファローロゴで知られる「イルビゾンテ」は、1970年にスタートした革製品ブランド。気取った印象のない、革の自然な風合いを活かしたレザーアイテムが高い評価を得ています。クラッチバッグもカジュアルなデザインのモノが多いため、気軽に普段使いできるアイテムを探している方は要チェックです。

イルビゾンテ(IL BISONTE) クラッチバッグ

封筒のようなデザインがおしゃれなカウハイドレザー製クラッチバッグ。フラップ部分にバッファローロゴとボタンをあしらったごくシンプルなデザインを採用しており、革の自然な風合いが際立ちます。革のエイジングを楽しみたい方にはおすすめのアイテムです。

内側は仕切りやポケットなどが一切ない広々とした作り。サイズは縦28.5×横35.5cmで、ビジネスシーンでも活躍します。また、マチは1cmと薄く作られており、かさばりづらいためバッグインバッグとして使っても便利です。

イルビゾンテ(IL BISONTE) 二つ折り クラッチバッグ

実用性に優れた2WAY仕様の二つ折りクラッチバッグ。折りたたんで小脇に抱えたり、ハンドル部分を持ってハンドバッグとして使ったりと、シーンや荷物の量に応じて柔軟に持ち方を変えられます。内側にはポケットがあり、バッグの中で散らばりがちな小物を分けて収納可能です。

素材にはナチュラルな表情の牛革を採用。幅広いコーデにマッチするスッキリとしたデザインに仕上げられています。普段のカジュアルスタイルに合わせて気軽に使えるおすすめアイテムです。

ダコタブラックレーベル(Dakota Black Label)

「ダコタブラックレーベル」は、革製品ブランド「ダコタ」のメンズラインです。ターゲットは35~42歳の大人の男性。財布やバッグなどのレザーアイテムは総じてシンプルなデザインで、休日のプライベートスタイルからきちんと感を演出したいビジネスシーンまで幅広く使えます。

ダコタブラックレーベル(Dakota Black Label) アクソリオ クラッチバッグ

革の表情をストレートに楽しめる、スッキリとしたデザインのクラッチバッグです。カジュアルコーデにも、スーツスタイルにも馴染む万能さが魅力で、マルチに活躍。日本製ならではの丁寧な縫製もポイントです。

外側背面のジップポケットは、パスケースなどサッと取り出したい小物を入れておくのに便利。内側には細々とした荷物の仕分けに便利なポケットが3つ設けられており、キレイに整頓できます。収納力が高く、旅行や出張時のバッグインバッグにも便利なアイテムです。

オロビアンコ(Orobianco)

イタリアで1996年に創業した「オロビアンコ」は高級感のあるバッグや財布が人気のファクトリーブランド。高品質ながらハイブランドに比べると購入しやすい価格で、コストパフォーマンスの高さも魅力のひとつです。1999年からは日本に本格上陸を果たし、多くの支持を集めています。

オロビアンコ(Orobianco) ANDY-G

軽快でミニマルなスタイルが叶う小さめのクラッチバッグ。収納部はダブルファスナー仕様で大きく開くため視認性が高く、荷物の位置をすぐに把握できます。底面に手を通すハンドルが付いており、持ち歩く際に安定感があるのもポイントです。

素材は美しい光沢を持つリモンタナイロンとレザーのコンビネーション。高級感がありながらもかっちりとしすぎないルックスで、休日のカジュアルスタイルにも気軽に合わせられます。カラーは使いやすいブラックとネイビー、着こなしのアクセントに使えるレッドの3色展開です。

クラッチバッグのおすすめメンズコーデ

ブラックコーデに柄物クラッチバッグで遊び心をプラス

By: wear.jp

ゆったりとしたサイズ感のセットアップをおしゃれに着こなしたきれいめカジュアルコーデ。リラックス感のあるシルエットながら、すべてのアイテムをブラックで統一しているため上品かつ落ち着いた印象にまとまっています。

また、柄物クラッチバッグをチョイスすることで全体の上品な雰囲気をキープしつつ、ほどよい個性をプラス。洋服で柄を取り入れる場合よりもハードルが低く、かつコーデの印象を簡単に変えられるのでおすすめです。

レザークラッチバッグで作る上品ビジカジスタイル

By: wear.jp

上下をブルー系の爽やかな色味でまとめ、要所をブラックで引き締めた夏のビジカジコーデです。ラフになってしまいがちな夏の装いも、レザークラッチバッグを加えればグッと引き締まった印象に。ビットローファーとの上品な組み合わせもおしゃれです。

小ぶりなクラッチバッグは、一般的なビジネスバッグを持つ場合に比べて軽快さを演出できるのも嬉しいポイント。ワンランク上のクールビズスタイルを目指す方はぜひ参考にしてみてください。

二つ折りクラッチバッグはカジュアルコーデと好相性

By: wear.jp

きれいめデザインのウールピーコートにパーカーを合わせて、ほどよくカジュアルダウンさせたおしゃれなコーディネート。二つ折りのクラッチバッグは洗練された印象がありながらもかっちりしすぎず、カジュアルな着こなしにも難なくマッチします。

また、ブラウンカラーのクラッチバッグはどんなカラーリングのコーデにも馴染みやすく、かつ大人っぽい雰囲気を演出できるのが魅力。休日コーデにも手を抜きたくない方におすすめのスタイリングです。

大人の品格漂う洗練ドレススタイル

By: wear.jp

ブラックカラーをベースにした冬のドレススタイルです。キレイなブルーカラーのマフラーで差し色を入れ、メリハリのあるカラーリングに。縦のラインを強調する垂らし巻きにすることで、よりスタイリッシュな着こなしに仕上がっています。

そして、ブラックのレザークラッチバッグを加えることでドレッシーさが増し、グッと洗練された印象に。結婚式の二次会のようなややフォーマルなシーンや、ビシッとキメたい大切な記念日のディナーなどにぴったりの着こなしです。