幅広いコーディネートで活躍する、秋冬の必須アイテム「ニット」。ラインナップされている種類もさまざまあるため、どの製品を選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、品質面とデザイン面の両方に優れたブランドを厳選してご紹介します。選び方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

ニットの選び方

素材をチェック

ニットを選ぶうえでまず確認したいのが素材です。コットン製のニットは柔らかく弾力性に優れています。水洗いに適しているので、デイリーユースにピッタリのアイテムです。また、ウールは保温性の高さが特徴。水溶性の汚れに強く、型崩れしにくいのが魅力です。

ネックの形状をチェック

ニットの印象を大きく左右するのがネックの形状です。首回りにピッタリと沿ったクルーネックはカジュアルな雰囲気が魅力。一方、首元がV字にカットされたVネックはスタイリッシュな印象を演出してくれます。

保温性を重視したい方には、首をしっかり覆うタートルネックがおすすめ。そのほかにも横に広く開いたボートネック、クルーネックとタートルネックの中間のようなデザインのモックネックなどさまざまな種類があります。

編み方をチェック

編み方もニットを選ぶうえで重要なポイントのひとつです。ハイゲージのニットは細い毛糸で密に編まれており、艶やかな質感が特徴。大人っぽいコーディネートで活躍します。

反対に、太めの毛糸をざっくり編み込んだのがローゲージ。あたたかみのある印象で、カジュアルスタイルにピッタリです。

カラーをチェック

ブラック・ネイビー・ベージュといったベージックカラーのニットは、さまざまなコーディネートに合わせやすいのが魅力。トップスとしてはもちろん、ジャケットやコートの下に着用するインナーとしても重宝します。

対して、1枚で着た場合に存在感のあるアイテムや着こなしのアクセントとなるようなアイテムを探している方には、レッドやイエローなどのビビッドカラーのニットがおすすめです。

ニットのおすすめブランド

ジョンスメドレー(JOHN SMEDLEY)

「ジョンスメドレー」は18世紀から続くイギリスの老舗ニットウェアブランド。品質の高さで世界中から支持を集めています。ハイゲージニットを得意としており、上品なデザインを好む方におすすめ。豊富なバリエーションが用意されているおすすめのブランドです。

ジョンスメドレー(JOHN SMEDLEY) Vネックセーター BLENHEIM

ベーシックなデザインで、トップスとしてもインナーとしても重宝するVネックニット。上質なメリノウールをハイゲージで編み上げており、キレイめなコーディネートに馴染みやすいアイテムです。

ジャケットの中に着込んでもおしゃれなニットを探している方におすすめ。豊富なカラーバリエーションが用意されているのも魅力です。

ジョンスメドレー(JOHN SMEDLEY) タートルネックセーター RICHARDS

首がすっぽりと覆われるタートルネックタイプのニット。身体にしっかりとフィットするスリムシルエットに仕立てており、カットソー感覚で気軽に着用できます。

カラーバリエーションは豊富で、色違いで揃えるのもおすすめ。ダウンジャケットやレザーブルゾンのインナーとして、秋冬のコーディネートで活躍するアイテムです。

ジョンスメドレー(JOHN SMEDLEY) クルーネックセーター BEDROCK

岩盤模様が編み込まれたインパクトのあるデザインのクルーネックニット。1枚で着用してもさまになるアイテムです。インナーとして使えば、コーディネートにアクセントをプラスできます。

素材には、エクストラファインメリノウールを採用。肌触りはソフトで、快適な着心地を実現しています。着こなしの主役になる個性的なニットを探している方はチェックしてみてください。

クルチアーニ(Cruciani)

「クルチアーニ」はニットコレクションで有名なイタリアブランドです。紡績・染色・縫製を自社内で行うなど、こだわりのアイテム作りが特徴。新素材の開発にも積極的です。クラシックとモダンをバランスよくミックスしたデザインで人気を集めています。

クルチアーニ(Cruciani) クルーネックセーター

フィット感に優れた薄手のクルーネックニット。ハイゲージで編まれたウール生地は肌触りがよく、快適に着用できるアイテムです。

デザインはシンプルで、幅広いコーディネートに合わせられるベーシックウェアを探している方におすすめ。カラーには使い勝手のよいホワイトとブラックのモノトーン2色が用意されています。

クルチアーニ(Cruciani) モックネックセーター LUPETTO

コーディネートに季節感をプラスできるモックネックタイプのニット。すっきりとした細身のシルエットに仕立てられているため、ジャケットのインナーとして適したアイテムです。

素材には上質なウールを採用しており、肌触りがソフトで着心地は良好。スタイリングに取り入れやすい、落ち着きのあるカラーが揃っています。

アンデルセンアンデルセン(ANDERSEN-ANDERSEN)

「アンデルセンアンデルセン」は2009年にスタートしたニットブランド。デンマークに根付く伝統的なニット文化の継承をコンセプトにしており、編み方などに昔ながらの技法を取り入れています。レトロであたたかみのあるデザインのニットを探している方におすすめです。

アンデルセンアンデルセン(ANDERSEN-ANDERSEN) シーマンクルーネックセーター

やや薄手で軽量感があるため、気軽に着やすいクルーネックニット。ハンターが着るニットをデザインソースにしており、前後を気にせず着用できる作りが特徴です。

袖にあしらわれた長めのリブがデザインのアクセント。リブには親指を通すフィンガーホールが開いています。味わい深いグリーンやブラウンを含んだ豊富なカラーバリエーションが魅力です。

アンデルセンアンデルセン(ANDERSEN-ANDERSEN) タートルネックセーター

良質なメリノウールを、ローゲージでざっくりと編み上げたタートルネックニット。存在感があるため、コーディネートの主役として活躍するアイテムです。

袖のリブには親指を通すためのフィンガーホール付き。コートやブルゾンのインナーとして使えば、あたたかみのあるスタイリングが完成します。秋冬用のニットを探している方におすすめです。

バフィー(BAFY)

「バフィー」は2003年にスタートしたイタリアのニットブランド。パリ・ロンドン・ニューヨークに店舗を展開するなど、世界的な人気を誇っています。最新の電子編み機を駆使したアイテム作りが特徴。洗練されたデザインと着心地のよさを兼ね備えたニットを手掛けています。

バフィー(BAFY) Vネックセーター

首元・ウエスト・袖にラインが入ったクラシカルなデザインのVネックニット。ケーブル編みによる立体感のある表情が特徴で、コーディネートにアクセントを加えたい場合に重宝します。

素材には、上質なメリノウールを採用。伸縮性があるため、着心地に優れています。スラックスと合わせるなど、エレガントに着こなすのがおすすめです。

バフィー(BAFY) クルーネックニット 4101

タイトシルエットで、着丈がやや短いコンパクトな作りのクルーネックニット。冬にはジャケットやコートのインナーとして活躍するアイテムです。

ハイゲージの生地は柔らかで、快適な着心地なのもポイント。また、ネックがへたりにくく、美しい状態で長く着用可能です。カラーには、黒・白・グレーといった定番色が取り揃えられています。

バフィー(BAFY) ハイネックニット 8302

毛足の長いアルパカ混ウールで編み上げられたハイネックニット。肌触りは柔らかく、秋冬らしさを感じさせる、あたたかな風合いが目を引きます。

身体にフィットする細身のシルエットを採用しており、ジャケットの中に着込んでも野暮ったくならないのがポイント。ブラック・ネイビー・ホワイトといったカラーが揃っており、好みにあわせて選べるおすすめアイテムです。

ヴァンソンエミレイユ(VINCENT ET MIREILLE)

「ヴァンソンエミレイユ」はフランスの老舗ワークウェアブランド。自社工場で高品質なウェアを生産しており、料理人からファッション好きまで幅広い層に支持されています。

ワークテイストをうまく落とし込んだ品のよいデザインが特徴。日本企画のモデルも多く手掛けているため、スマートに着こなせるニットを探している方におすすめです。

ヴァンソンエミレイユ(VINCENT ET MIREILLE) タックモスクルーネックニット

編み目を強調する技法で作られたクルーネックニット。デザインはシンプルながらも存在感があるため、トップスとして1枚で着用してもさまになるアイテムです。

素材にはイギリス産のウールを採用。弾力性に富んだ生地は肌触り良好です。保温力が高くなるように裾や袖口をリブ編みで切り替えるなど、ディテールにまでこだわっています。

ヴァンソンエミレイユ(VINCENT ET MIREILLE) 別注タートルネックニットセーター

首元のボリューム感によってコーディネートのポイントとなるタートルネックニット。イギリス産のウールを時間をかけて編み立てており、しっかりとした生地感が魅力です。

素材の吸湿性が高いため外気温が肌に伝わりにくく、あたたかな着心地を重視する方におすすめ。日本人に適したシルエット設計で、1枚でも重ね着でもおしゃれに着用できるアイテムです。

バトナー(BATONER)

「バトナー」は、ニットの産地として有名な山形県の老舗ファクトリーが手掛けるニットウェアブランド。原料選びから完成に至るまでの工程をしっかりと管理し、質の高いアイテムを生産しています。ハイクオリティな素材を採用したニットを探している方におすすめです。

バトナー(BATONER) 別注ケーブルチルデンニット

大手セレクトショップ「シップス」の別注によって作られたVネックニット。首元・裾・袖にラインをあしらい、デザインにアクセントを加えています。

素材は毛羽立ちの少ない上質なウール。クラシカルな雰囲気のケーブル編みを採用しています。ややゆったりめのシルエットが特徴で、リラックス感のある着こなしを楽しみたい方におすすめです。

バトナー(BATONER) アラシャンカシミヤハイネック

内モンゴルで採取されたクオリティの高いカシミヤを採用したハイネックニット。ぬめりのある独特の風合いが特徴で、1枚で着用してもさまになるアイテムです。

ジャケットやコートのインナーとして着込めば、秋冬らしさを感じさせるあたたかなコーディネートが完成。モカ・ブラウン・ブラックといった落ち着きのあるカラーが用意されています。

ザ ナーディーズ(THE NARDYS)

「ザ ナーディーズ」は日本のファッションブランド。”ださい”という意味の英語のスラングをブランドネームの由来としています。おしゃれには見えないように計算されたファッションをコンセプトにするなど、独自の世界観が魅力。カジュアルスタイルに馴染みやすいレトロな雰囲気のニットを手掛けています。

ザ ナーディーズ(THE NARDYS) ハードコットンニットセーター

度を詰めて編み上げられたヘビーウェイトのクルーネックニット。素材はコットン100%で、自宅でも手軽に洗濯可能です。ケアのしやすさを重視する方におすすめです。

ヴィンテージのスウェットを意識した、クラシカルなシルエットが特徴。肘にはシープスキンのエルボーパッチをあしらい、デザインにアクセントを加えているのも魅力です。

インバーアラン(INVERALLAN)

「インバーアラン」はイギリスのニットウェアブランド。職人が時間をかけて仕上げるハンドメイドニットで人気を集めています。ウェアの品質は世界的に高く評価されており、”ポロ・ラルフローレン”のOEMを請け負ったことでも有名。クラシカルなデザインを好む方におすすめです。

インバーアラン(INVERALLAN) シェットランドセーター

発色のよさが目を引く、上質な英国産ウールを採用したクルーネックニット。手作業によって丁寧に作り上げられています。

フィット感に優れているため、着心地は良好。さまざまなコーディネートで活躍する汎用性の高いニットを探している方におすすめです。着こなしのアクセントとなるビビッドなカラーリングを含んだ、豊富なバリエーションが取り揃えられています。

インバーアラン(INVERALLAN) コットンクルーネックセーター

湿度の高い日にも快適に着用できるコットン製のクルーネックニット。脇に繋ぎ目がないため、着心地はストレスフリーです。仕立ての工夫によって肩周りのフィット感を高めています。

素材には、風合い豊かなグレードの高い糸のみを厳選。スタイリングの主役として活躍するブルーやピンクをはじめ、豊富なカラーバリエーションが用意されています。

ドルモア(DRUMOHR)

「ドルモア」はスコットランドで18世紀にスタートした老舗ニットウェアブランド。ディテールにまで徹底的にこだわったアイテム作りで支持を集めています。トレンドを程よく取り入れたクラシカルスタイルが特徴。着心地のよいニットを探している方におすすめです。

ドルモア(DRUMOHR) クルーネックケーブルニット

ボディと袖で柄の異なる表情豊かなデザインのクルーネックニット。ウール素材をミドルゲージで編み上げた生地は柔らかく、身体に心地よくフィットします。

スラックスやレザーシューズと合わせるなど、キレイめなコーディネートがおすすめ。グレー・ホワイト・ネイビー・ブラックといったベーシックカラーが取り揃えられています。

ルトロワ(Letroyes)

「ルトロワ」はフランス北部のシャンパーニュ地方で誕生したカットソーブランド。伸縮性に優れ、デイリーユースに最適な着心地のよいニットを手掛けています。懐かしさを感じさせるレトロなデザインで人気。品のよいカジュアルスタイルを好む方におすすめです。

ルトロワ(Letroyes) ハイゲージボーダーニットセーター HERVE LAINE

ボーダー柄があしわられたクルーネックニット。程よくゆとりのあるシルエットを採用しており、リラックスしたコーディネートを楽しめます。

裾の両サイドに入ったスリットがデザインのアクセントになるのも魅力。デニムやチノパンなど、カジュアルなボトムスと好相性です。素材には厳選されたウールを採用しており、着心地に優れています。

ルトロワ(Letroyes) ハイゲージタートルネックセーター LAURENT LAINE

落ち着いた色味のウール生地で仕立てられたタートルネックニット。トップスとして1枚で着るのはもちろん、ジャケットやコートの中に着込んでもおしゃれなアイテムです。

シルエットはタイトで、スタイリッシュな雰囲気がポイント。また、伸縮性に優れているため、ストレスなく着用できます。品のよいデザインのスラックスなどと合わせるのがおすすめです。

グランサッソ(GRAN SASSO)

「グランサッソ」は1952年にイタリアで創業したニットウェアブランド。品質にこだわったアイテム作りで支持を集めています。クラシカルなデザインをベースに、季節ごとのトレンドを取り入れているのが特徴。冬に活躍するあたたかみのあるニットを探している方におすすめです。

グランサッソ(GRAN SASSO) ハイネックセーター CICLISTA

ヴァージンウールをミドルゲージで編み上げた、程よいボリューム感のあるタートルネックニット。防寒性が高く、秋冬シーズンのコーディネートで重宝するアイテムです。

首元・袖口・裾のリブにはポイントカラーを配し、デザインにアクセントをプラスしているのもポイント。落ち着きのあるベージュと、あたたかなオレンジの2色が用意されています。

ザノーネ(ZANONE)

「ザノーネ」は1987年にスタートしたイタリアのニットウェアカンパニー。伝統とテクノロジーの両方を大事にしており、常に新しいプロダクトを生み出しています。糸を独自に開発していることでも有名。素材の質を活かしたシンプルなデザインのニットを手掛けています。

ザノーネ(ZANONE) クルーネックセーター GIRO

シルエットがすっきりとしているため、インナーとして使いやすい薄手のクルーネックニット。素材には、貴重なヴァージンウールを贅沢に使用しています。

シンプルなデザインで素材のよさを引き立てており、ラグジュアリーな雰囲気を演出しているのが魅力。ネイビー・グレー・ブラックといったベーシックカラーが取り揃えられています。

ザノーネ(ZANONE) モックネックセーター LUPETTO

柔らかな肌触りと、優れた保温性を兼ね備える上質なウール素材を採用したモックネックニット。インナーとして使い勝手がよく、1枚で着てもおしゃれなアイテムです。

フィット感を高めるため、ネックライン・袖口・裾にリブ編みを採用。カラーリングには落ち着きのあるネイビー・ブラック・チャコールグレーの3色が用意されています。

ニットのおすすめメンズコーデ

ビビッドなカラーリングのニットでコーディネートにアクセントをプラス

By: rakuten.ne.jp

コットン製のジャケットとスラックスをセットアップで着用したコーディネート。インナーにはビビッドなオレンジのニットを選択して、着こなしにアクセントを加えています。また、ブラウンのタッセルローファーで着こなしの雰囲気を落ち着かせているのもポイントです。

総柄ニットを落ち着いた色味のウェアと合わせる

By: rakuten.ne.jp

柄が入ったインパクトのあるデザインのニットを主役にしたコーディネート。すっきりとしたシルエットのスラックスを合わせて、ニットを品よく着こなしています。

足元にはスニーカーを選択することで、スタイリングに程よい抜け感をプラス。全身のカラーリングをダークトーンでまとめているのがポイントです。

タートルネックニットとコートのレイヤードスタイル

By: rakuten.ne.jp

ダウンコートとタートルネックニットをレイヤードしたあたたかなコーディネート。アウターとインナーの色味を揃えることで、上半身にまとまりが生まれています。

ボトムスとしてゆったりめなコーデュロイパンツを選択して、リラックス感を演出。足元にはすっきりとしたフォルムのローカットスニーカーを合わせています。

襟の大きなアウターにモックネックニットを合わせる

By: rakuten.ne.jp

キルティングジャケットにモックネックニットを合わせた秋冬スタイル。襟の大きなアウターとモックネックのレイヤードによって首元に立体感が出ています。

ボトムスにはネイビーのスラックス、足元にはブラウンのチャッカブーツを選択。明るい印象の白ニットがコーディネートのアクセントとして効いています。