タートルネックはトップスとして1枚で着たり、インナーとして重ね着したり、幅広く着回しがきくアイテム。いつものコーディネートにプラスすると上品な雰囲気のコーディネートに仕上がります。最近では程よくゆとりのあるシルエットが人気です。

そこで今回はタートルネックのおすすめアイテムをブランド別にピックアップ。選び方やコーディネートについてもご紹介するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

タートルネックの選び方

素材で選ぶ

動物繊維

By: amazon.co.jp

動物繊維にはいくつかの種類があり、タートルネックで代表的に使われているのは羊毛を使用したウール、山羊毛を使用したカシミアなどです。

ウールは肌触りが柔らかく、多くの空気を含むことで高い断熱性が期待できます。ただし、直接肌に触れると不快に感じる方もいるので、そのような場合はインナーを着るなどの対策が必要です。

カシミアは細い繊維と肌触りのよさが魅力。カシミア製品は高級繊維として知られ、高価格で取引されます。動物繊維は洗濯すると縮みやすく、虫食いのリスクもあるので、その点は注意しておきましょう。

コットン

By: amazon.co.jp

コットン素材のタートルネックは、さらりとした着心地や柔らかな質感が魅力。シーズンを問わず、汗をかいても快適に着られ、洗濯も簡単です。また、セーターやスウェットのインナーとしても使え、より暖かくコーディネートできます。

Tシャツのような織り方の製品もあれば、ニットのような見た目の製品もあるので、季節や好みに合わせて選ぶのがおすすめです。

合成繊維

By: amazon.co.jp

ポリエステルやアクリルなどの合成繊維は、軽量でふんわりとした質感が魅力。タートルネックの首回りの締め付けや、動きにくさが気になる方におすすめです。

洗濯後も乾きが早く、シワになりにくい特徴もあるので、管理も比較的簡単。生産量に限りのある動物繊維と比べて大量生産しやすいので、製品は総じて安価です。

柄・カラーで選ぶ

By: amazon.co.jp

黒・グレー・白などのタートルネックは、1枚でトップスとして使うことはもちろん、インナーとして重ね着することもできて便利です。

また、赤やキャメルなどのカラーを使った製品はコーディネートのアクセントとしておすすめ。カラー以外のバリエーションはボーダーやストライプなどの柄があります。合わせるアウターやパンツに応じて選びましょう。

その他機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

冬場にタートルネックを着るときには、サーマル素材や起毛素材の製品がおすすめです。薄手のタートルネックであっても、防寒機能の素材を用いた製品なら暖かさを保てるので、冬場の寒さ対策にぴったり。スリムなアウター・ジャケットと合わせる際にも便利です。

なお、暖房の効いている場所や電車内では暑すぎると感じる場合もあるので、行く場所や季節を考えて、チョイスするとよいでしょう。

タートルネックのおすすめ

インバーアラン(INVERALLAN)

最高峰のニットブランドとして知られる、スコットランドの「インバーアラン」。熟練の職人による約90時間もの手作業で仕上げられるニットウェアは、温かみのある雰囲気が魅力です。オーセンティックなファッションが好みの方におすすめです。

インバーアラン(INVERALLAN) タートルネックシェットランドセーター

インバーアラン(INVERALLAN) タートルネックシェットランドセーター

インバーアランのタートルネックは、豊富なカラーバリエーションが魅力。英国伝統のニッティング糸ながらも、年々生産が減少している貴重な「シェットランド」の豊かな風合いが目を引きます。

脇に継ぎ目のないチューブボディで、フィット感は良好。ジーンズやスラックスと合わせてシンプルに着こなすのがおすすめです。

アンデルセンアンデルセン(ANDERSEN-ANDERSEN)

「伝統的なデンマークのニット文化を継承したい」という思いから、2009年に設立された「アンデルセンアンデルセン」。船員や漁師、ハンターが着用していたセーラーセーターをデザインのベースとし、耐久性に優れたハイクオリティなニットウェアを生産しています。

アンデルセンアンデルセン(ANDERSEN-ANDERSEN) ザ・ネイビー タートルネック

アンデルセンアンデルセン(ANDERSEN-ANDERSEN) ザ・ネイビー タートルネック

イタリア紡績のメリノウールを5ゲージでざっくりと編み上げたタートルネック。重厚感のある雰囲気で、満足度の高いアイテムを探している方におすすめです。

全体がリブ編みで仕上げられているため、フィット性が高く着心地はコンフォータブル。親指を通す穴が開いているおかげで簡易的なグローブになる袖先は、折り返しても着用できる2WAY仕様です。

アナトミカ(ANATOMICA)

「アナトミカ」は世界的なバイヤーであるピエール・フルニエ氏が手掛けるパリのセレクトショップ。オリジナルブランドのアイテムもリリースしており、こだわりぬかれたエレガントなコレクションは、ファッション感度の高いユーザーから評価されています。

独自の世界観を持っているのも特徴。流行に左右されずに長く着用できるアイテムを探している方におすすめのブランドです。

アナトミカ(ANATOMICA) シェットヤーンニットタートルネックセーター

アナトミカ(ANATOMICA) シェットヤーンニットタートルネックセーター

スコットランド・シェットランド島産のウールを日本で編み上げた、メイドインジャパンのタートルネック。脇に継ぎ目のないシームレスな設計で、ストレスフリーな着用感を得られるのが特徴です。

ポイントはさまざまなコーディネートで活躍するベーシックなデザイン。定番色に加えて、ブルーやワインといった鮮やかなカラーもラインナップしています。

クルーナ(CRUNA)

「現代のヴィンテージ」というコンセプトを掲げ、2010年にスタートしたファッションブランドです。ヴィンテージ感のあるファブリックやディテールを現代的なシルエットに落とし込んだデザインが特徴。イタリアブランドながらもコストパフォーマンスに優れたアイテムを展開しています。

クルーナ(CRUNA) ハイネックセーター GINZA

クルーナ(CRUNA) ハイネックセーター GINZA

ウールとアクリルによる混紡素材の軽やかな着心地が魅力のタートルネック。ニットらしいざっくり感は残しつつも、すっきりしたシルエットで仕上げたモダンな1着です。

ベージュ、ミリタリーといったカラーリングが用意されており、コーディネートのアクセントとして活躍してくれます。ダークトーンのジャケットやコートのインナーにおすすめです。

ジョンスメドレー(JOHN SMEDLEY)

「ジョンスメドレー」は1774年の創業からの長い歴史を有する英国のニットウェアブランドです。「メリノウール」や「シーアイランドコットン」といったブランド厳選の素材を伝統に裏打ちされた独自のノウハウで仕上げ、他にはない着心地を堪能できます。

ジョンスメドレー(JOHN SMEDLEY) タートルネックセーター チャーウェル

ジョンスメドレー(JOHN SMEDLEY) タートルネックセーター チャーウェル

ジョンスメドレーを代表するモデルのひとつとして多くのユーザーから支持されているタートルネック「チャーウェル」。豊富なバリエーションのなかから好みのカラーを選択できます。

高品質のメリノウールをハイゲージで編み上げており、着心地はしなやか。インナーとしても幅広いアウターにマッチする万能アイテムです。

ドルモア(Drumohr)

1773年にスコットランドで創業した世界最古のニットブランド「ドルモア」。伝統に重きを置いたモノ作りを継承しており、そのクオリティの高さは英国王室に愛用されるほどです。

現在は拠点をイタリアに移し、トレンドを意識したモダンなコレクションを展開。幅広い世代におすすめできる老舗ブランドです。

ドルモア(Drumohr) ケーブルタートルネックニット D5W114

ドルモア(Drumohr) ケーブルタートルネックニット D5W114

温かみのあるケーブル模様で編み上げられたタートルネック。上質なラムウールを使用しており、柔らかな肌触りが楽しめます。

同ブランドらしいコンパクトなシルエットで、ジャケットやコートのインナーにピッタリ。秋冬のコーディネートに季節感を加えたい場合に重宝するアイテムです。

ブラームス(blurhms)

「ブラームス」は2012年に設立した日本の新鋭ブランドです。着心地やリラックス感、使いやすさがコンセプト。上質な原料を用いたこだわりの素材、職人の繊細な縫製をベースに、ちょっとした遊び心やひねりを効かせたアイテムを提案しています。

ブラームス(blurhms) ワイドウォールリブタートルネック

ブラームス(blurhms) ワイドウォールリブタートルネック

編み目がしっかり出た表情豊かなコットン素材を使用したタートルネック。ネックや袖口、裾は目の細かいリブ仕立てで、デザインのアクセントになっています。

肩を少し落としたワイドシルエットは、ラフながらもすっきりとして見える絶妙なバランス。手軽に洗濯ができるのもうれしいポイントです。

チルコロ(CIRCOLO 1901)

「チルコロ」はイタリアメーカーの「S.G.L」が手掛けるオリジナルブランドです。テーマは「イージークラシック」。スウェット素材をテーラーのカッティングで仕立てた斬新なジャケットを提案し、世界中のファッション好きから大きな注目を集めています。

チルコロ(CIRCOLO 1901) コットンストレッチロングスリーブタートルネックカットソー

チルコロ(CIRCOLO 1901) コットンストレッチロングスリーブタートルネックカットソー

抜け感のあるカジュアルな雰囲気が魅力のタートルネック。伸縮性の高いコットンストレッチ素材を使用しており、優れたフィット感が楽しめます。

目を引くのはメランジを効かせた生地の味わい深い表情。ホワイトやネイビー、グレーといった定番色をはじめとする豊富なカラーバリエーションが揃っています。

ディーゼル(DIESEL)

カジュアルウェア、シューズ、バッグ、腕時計などを幅広く展開する「ディーゼル」。若者を中心に、個性的なデザインを楽しみたい方におすすめのファッションブランドです。素材選びや縫製技術を重視しており、質の面でも高く評価されています。

ディーゼル(DIESEL) ハイネックセーター K-LOVER

ディーゼル(DIESEL) ハイネックセーター K-LOVER

クラシカルなイメージのケーブルニットを、2色のブロックデザインによってモード風に仕立てたタートルネック。ウールにカシミア、コットンをミックスしたこだわりの素材をローゲージでざっくりと編み上げています。

存在感があるのでトップスとして1枚で着用するのがおすすめ。デニムやジョガーパンツといったカジュアルテイストのボトムスと相性も良好です。

ナイジェル・ケーボン(Nigel Cabourn)

「ナイジェル・ケーボン」はヴィンテージアイテムのコレクターとしての顔を持つナイジェル・ケーボン氏が手掛けるイギリスのファッションブランド。ミリタリーウェアやワークウェアからインスピレーションを受けて生み出されるコレクションは、トレンドに左右されない普遍性を備えています。

ナイジェル・ケーボン(Nigel Cabourn) タートルネックシャツ 80370020025

ナイジェル・ケーボン(Nigel Cabourn) タートルネックシャツ 80370020025

程よい厚みのコットン生地をタイトシルエットで仕上げたスタイリッシュなタートルネック。デイリーユースできるカットソーとして、秋から春にかけて活躍してくれるアイテムです。

合わせるボトムスを選ばない汎用性の高さもポイント。裾にはブランドロゴが入っており、デザインにアクセントを加えています。

グランサッソ(GRANSASSO)

「グランサッソ」は1952年に設立されたイタリアの老舗ニットメーカーです。「品質が商品を語る」をモットーに、ハイクオリティなニットを中心としたコレクションを展開。品のよいシルエットや柔らかな着心地から、日本でも人気を博しています。

グランサッソ(GRANSASSO) ハイネックセーター

グランサッソ(GRANSASSO) ハイネックセーター
上質なウールをハイゲージで編み上げたタートルネック。キレイめスタイルのコーディネートに馴染みやすい端整なデザインが特徴です。

スタイリッシュに着用できるようにシルエットはスリム。防寒性に優れているため、秋冬シーズンに重宝するアイテムを探している方はぜひチェックしておきましょう。

バフィー(BAFY)

「バフィー」はイタリア屈指のニットファクトリーが手掛けるオリジナルブランド。モダンなデザインと卓越したニッティング技術でバイヤーから高く評価されており、パリやロンドン、ニューヨーク、東京といった世界各国の主要都市にセレクトショップを置いています。

バフィー(BAFY) タートルネックセーター

バフィー(BAFY) タートルネックセーター

カシミアを加えたかのような柔らかい肌触りが魅力のウール100%タートルネック。光沢を放つ生地はラグジュアリーな雰囲気で、落ち着きあるシルエットにまとまっています。

着丈が短めのモダンなシルエットを採用しており、スマートな着こなしを楽しみたい方におすすめ。価格が1万円台というコストパフォーマンスのよさもポイントです。

タートルネックのメンズコーデ

発色のよいタートルネックはセットアップのインナーにピッタリ

By: zozo.jp

落ち着きのあるグレーのセットアップを主役にしたフォーマルスタイル。鮮やかなターコイズブルーのタートルネックがアクセントとなって、コーディネートを華やげています。ジャケットをおしゃれにカジュアルダウンしたい場合におすすめのテクニックです。

タートルネックをクルーネックカーディガンとレイヤード

By: zozo.jp

タートルネックのカットソーにクルーネックカーディガンをレイヤードしたユニークなコーディネート。アウターにはシンプルなスタンドコートを選択し、全体のバランスを整えています。軽やかさが魅力のホワイトスニーカーは、秋冬シーズンにも重宝するアイテムです。

色目を抑えてタートルネックをシックに着こなす

By: zozo.jp

ネイビーのタートルネックをトップスとして着用したミニマムコーデ。ゆとりのあるシルエットのパンツを合わせることで、全体の雰囲気に程よいリラックス感が生まれています。タートルネックをシックに着こなしたい場合は、色目を抑えるのがおすすめです。

ビビッドなタートルネックはダークトーンのボトムスと合わせてメリハリを効かせる

By: zozo.jp

主役はグラフィカルなケーブル柄が目を引くオレンジのタートルネック。一見取り入れるのが難しいように思えるビビッドなトップスも、ダークトーンのボトムスと合わせれば、すんなりコーディネートがまとまります。ベージュ系のアウターとも好相性で、秋冬の着まわしのベースとなるスタイルです。