「コンポ」とはスピーカーを通して音源を楽しむオーディオシステム。正確にはコンポーネントステレオというモノで、CDが主流の時代にはコンパクトなサイズに収まった“ミニコンポ”が普及して話題となりました。

昔からある家電というイメージがありますが、ワイヤレス化やハイレゾ対応が進み、性能や使い勝手が向上しています。そこで今回はおすすめのミニコンポをご紹介。手軽ながらも高音質なオーディオ環境を整えたい方はぜひチェックしてみてください。

おしゃれなミニコンポの選び方

タイプで選ぶ

セパレート型ミニコンポ

By: amazon.co.jp

セパレート型ミニコンポとは、スピーカーがセットになったタイプ。接続可能な範囲であれば設置に汎用性があるほか、別途スピーカーの組み合わせが変更できるなど、ユーザーの好みに合わせてアレンジ可能な点も特徴です。

一体型ミニコンポ

By: amazon.co.jp

一体型ミニコンポとは、スピーカーが本体に組み込まれたタイプ。各部がバラバラではなくコンパクトにまとまっているので、省スペースで設置したい方におすすめです。

また、デザインが豊富なのもポイント。奥行きが抑えられたスリムな長方形モデルや、加湿器のような円筒形モデルなど、インテリア性に優れた製品もラインナップされています。

接続方法で選ぶ

ワイヤレス接続

By: amazon.co.jp

最近のミニコンポは、BluetoothやWi-Fiなどに対応したワイヤレスモデルが増えています。スマホやタブレット、パソコンを経由して音楽を再生することができるので、より気軽にオーディオ環境を整えたい方はしっかりと対応の有無を確認しておきましょう。

USB接続

By: amazon.co.jp

ミニコンポのなかには、USBメモリに保存した音楽データを再生できる機種があります。なお、音楽を再生するファイルは複数あり、MP3・WMA・AACといったファイル形式が一般的です。

購入する際は、聴きたい音楽ファイルの形式とミニコンポに対応している音楽ファイルとが一致していることを事前に確認しておきましょう。

ダイレクト接続

By: sony.jp

最近はワイヤレス接続が全盛期ですが、常に安定した通信環境を整えたい方はケーブル対応のダイレクト接続に対応しているかも確認しましょう。特にハイレゾ対応の音楽再生プレーヤーを愛用している方はハイレゾ対応のミニコンポと組み合わせることで高音質な音源データを有効活用することができるので、より手軽に高音質なオーディオ環境を整えたい方にとっては便利です。

また、製品によってはデジタル接続に対応したUSB端子を搭載して、音質を劣化させないことに努めているモデルもあるので、サウンドクオリティにこだわりたい方はしっかりチェックしておきましょう。

音質で選ぶ

ハイレゾ対応

By: amazon.co.jp

音質にこだわりたいならミニコンポのハイレゾ対応は必須。より原音に忠実に再生できるハイレゾなら、自宅にいながら臨場感のある音楽を楽しむことができます。

なお、ハイレゾはCDの約6.5倍のデータ量を保存することが可能。ライブ音源などはアーティストの息づかいや会場の臨場感まで再現して伝わってくるので、こだわり派は要チェックです。

スピーカーのユニット数

By: amazon.co.jp

スピーカーのユニット数でも音質が大きく異なります。ちなみにユニットとは音を発生させる部分のこと。低音域と中高音域でユニットを分けているものは、「2WAYスピーカー」、さらに中音域を独立させて3つのユニットからなるスピーカーは「3WAYスピーカー」となります。

なお、ユニットがひとつしかないこともありますが、このタイプは「フルレンジスピーカー」と呼ばれるモノです。ひとつのユニットで低音域から高音域までカバーしています。

ちなみに、「低音域のユニット2つ+中高音域のユニット1つ」の場合は、低音域のユニットの再生周波数帯が同じであれば2WAYタイプに分類されます。基本的には、音域ごとに音を発生させるユニットが分離されているほうが、高音質になると考えましょう。

ミニコンポのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

41zhEpItkoL

By: amazon.co.jp

世界的にも高い知名度を誇るオーディオ・ビジュアル機器メーカー。ミニコンポに関しては、これまで培ってきたノウハウと技術によって音質はもちろん、小型化や機能性の充実なども特徴。また、ハイレゾ対応にも早い段階から取り組んでいるので、サウンドクオリティにこだわりたい方におすすめです。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

国内大手の家電メーカー。幅広い製品をリリースしており、オーディオ分野においてはイヤホンやヘッドホンだけでなく、ミニコンポも取り扱っています。

オンキヨー(Onkyo)

By: rakuten.co.jp

国内における老舗オーディオメーカー。音響機器に関しては、低価格帯でリーズナブルなエントリーモデルからハイエンドクラスまで幅広く取り揃えているのが特徴です。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: rakuten.co.jp

JVCケンウッドは2008年に日本ビクターとケンウッドが経営統合した音響メーカー。製品によってはブランドを分けており、例えばイヤホンやヘッドホン、オーディオ機器などはそれぞれのブランドからリリースされていますが、ビデオカメラやプロジェクターはJVCのみとなっています。

2019年ミニコンポのおすすめ

JVCケンウッド(KENWOOD) コンパクトCDコンポ ウッドコーンシリーズ EX-HR55

JVCケンウッド(KENWOOD) コンパクトCDコンポ ウッドコーンシリーズ EX-HR55

「スピーカーは楽器でありたい」という発想から、木が奏でる美しい響きを追求したケンウッドのウッドコーンシリーズ。本モデルは、同シリーズのスタンダードモデルです。

スピーカーに、木の音響特性を持つ振動板「フルレンジウッドコーン」を採用しています。キャビネットには、響きのよいチェリー材を使用。さらに、ギターやピアノなどで採用されている響棒を配置することにより剛性を高めています。

また、Bluetoothに対応しており、スマホなどの音楽をワイヤレス再生可能です。コーデックはiPhoneで使用されているAAC、そしてAndroidのaptXに対応しています。送信時のタイムラグがほぼないことに加え、高音域が消えてしまうことがないため、高音質で再生可能です。さらに、USB接続ではMP3・WMA、およびハイレゾフォーマットのFLAC・WAVに対応しています。

パナソニック(Panasonic) CDステレオシステム SC-PMX80

パナソニック(Panasonic) CDステレオシステム SC-PMX80

幅広い指向性の19mmツイーターと、伸びやかな高音が魅力の15mmツイーター、そして140mmウーファーの3WAYスピーカーを備えた、人気CDミニコンポ。ウーファー振動板に日本産竹炭材を使用したことにより、応答性が速く自然な音で再生できるのがメリットです。

アンプ部にはUSB-DAC機能を搭載。USBケーブルでパソコンなどと接続することにより、MP3やAACはもちろん、FLAC・WAVといったハイレゾ音源も再生できます。さらに、スーパーオーディオCD(SACD)で用いられているDSDフォーマットに対応しているのもポイントです。本体キャビネットは振動を軽減する、厚さ1.2mmのメタルフレームを採用しています。

通信はBluetoothに対応。スマホなどに保存した音楽を再生する際には、送信時の圧縮で失われた音楽情報を補正できます。

サンスイ(SANSUI) CDステレオシステム SMS-300BT

サンスイ(SANSUI) CDステレオシステム SMS-300BT

真空管を使用するプリアンプとデジタルパワーアンプが融合したハイブリッドアンプを有しているCDレシーバーシステムです。倍音効果がある真空管を用いることにより、楽器の音を豊かに再生できるのが魅力。また、デジタルパワーアンプは電力効率がよく、ダイナミックなサウンドを楽しめます。

スピーカーは2WAYのバスレフタイプで38mmドーム型ツイーターと110mmウーファーユニットを搭載。ウーファーのコーン紙表面には「みつまた」素材の和紙を採用したことにより、メリハリが効いた中高音域で再生できるのが魅力です。

なお、通信はBluetooth4.0およびNFCに対応しています。本体サイズは幅250×高さ146×奥行243mm。比較的コンパクトながら、アンプ定格出力30W+30Wと高出力のミニコンポです。

JVCケンウッド(KENWOOD) Bluetooth対応ミニコンポ EX-S5B

JVCケンウッド(KENWOOD) Bluetooth対応ミニコンポ EX-S5B

高さ110mmのフラット&ロースタイル「CAFE STYLEデザイン」を採用した、スタイリッシュなCDミニコンポです。棚などに設置しやすいのがポイント。CD再生ができるほか、USB接続したiPodなど外部機器のMP3・WMA音源を楽しめます。さらに、Bluetooth・NFCに対応しており、スマホの音楽も手軽に再生可能です。

スピーカーは85mmバフレフ型フルレンジ。ケンウッド上位機種と同様にウッドコーンを採用しています。木の振動板を採用しているので、音の伝わりが速く、不要な振動が発生しにくいのがメリット。また、スピーカーキャビネット構造が強化されており、剛性を高めるために四方留め構造が採用されています。

レシーバー部は幅219mmとコンパクトながら、実用最大出力25W+25Wと十分な出力を有しているのも魅力です。ラジオチューナーはFM・AMを受信可能なほか、ワイドFMにも対応しています。

ボーズ(Bose) Wave SoundTouch music system IV

ボーズ(Bose) Wave SoundTouch music system IV

CDプレーヤーとFM・AMチューナーを搭載した一体型ミニコンポです。Wi-FiおよびBluetoothにも対応しており、パソコンやスマホなどの音源を再生可能。ネットワーク再生はMP3・AACをはじめ、高音質なApple LosslessやFLACなど多彩なフォーマットの音源に対応しています。

ボーズ独自の「ウェーブガイド・スピーカー・テクノロジー」を採用しているのがポイント。音がボディ内部の共鳴管を通ることにより、コンパクトボディながら豊かなサウンドを楽しめます。入出力にAUX入力・USBポート・ヘッドホン端子のほか、有線LAN端子などを搭載しているのもポイントです。

ヤマハ(YAMAHA) マイクロコンポ MCR-B043

ヤマハ(YAMAHA) マイクロコンポ MCR-B043

ヤマハ発動機のバイクをデザインのモチーフにしているミニコンポ。オレンジ・ブラック・ホワイト・レッドの4色が展開されており、そのどれもが実在するモデルをイメージして作られているため、バイク好きにはたまりません。

CDのほか、USBメモリの音楽再生や、Bluetooth接続によるスマホの音楽再生もできるのが特徴。搭載されているAUX-IN端子を使えばパソコンからの音楽も流せるので、1台でさまざまな再生方法・接続方法に対応したミニコンポを探している方に適しています。

「ミュージックエンハンサー」と呼ばれるメーカー独自の音質改善技術を採用しており、迫力のあるサウンドを鳴らせるのもポイントです。

ハイレゾ対応ミニコンポのおすすめ

ソニー(SONY) マルチオーディオコンポ Bluetooth・Wi-Fi対応 CMT-SX7

ソニー(SONY) マルチオーディオコンポ Bluetooth・Wi-Fi対応 CMT-SX7

FLACをはじめ、WAV・ALAC・DSDなど6種類のハイレゾ音源の再生ができる、ソニーのマルチオーディオコンポ。幅広いフォーマットに対応しているので、さまざまな音楽配信サービスの音源を高音質のまま再生できるのがメリットです。

ワイヤレス接続は、音声圧縮技術LDACに対応したBluetoothを搭載。従来のSBCなどと比べて、約3倍のデータ量を送信できるため、ワイヤレスでもハイレゾ音源を高音質で再生可能です。Wi-Fi機能も備えており、パソコンやNASなどに保存された音楽をネットワーク経由で楽しめます。

さらに、CD・FM・AM・アナログ音声入力をUSBメモリーやウォークマンへ簡単に録音可能です。録音ファイルは音源や録音モードによって、自動でフォルダーに振り分けられるため、探しやすいのもメリット。アンプの実用最大出力も50W+50Wと大出力です。

JVCケンウッド(KENWOOD) コンパクトHi-Fiオーディオシステム XK-330

JVCケンウッド(KENWOOD) コンパクトHi-Fiオーディオシステム XK-330

スピーカーが幅102×高さ181mmと、コンパクトなハイレゾ対応ミニコンポです。スピーカーは2WAYバスレフ型で、スピーカーユニットは80mmコーン型ウーファーと19mmドーム型ツイーターを使用しています。スピーカー端子部は、伝送効率が優れた真鍮無垢素材。アンプの実用最大出力は10W+10Wです。

CDプレーヤーとFM・AMチューナーに加え、USBポートも搭載しています。USB接続したデバイスのMP3・WMA音源、そしてハイレゾフォーマットWAV・FLACの音楽を再生可能です。Bluetooth・NFCにも対応しているのもポイント。コンパクトなミニコンポを探している方におすすめのモデルです。

オンキョー(ONKYO) CDミニコンポーネントシステム X-NFR7FX

オンキョー(ONKYO) CDミニコンポーネントシステム X-NFR7FX

20年以上の歴史を誇る、オンキョーの定番CDミニコンポFRシリーズの2018年モデルです。ミニコンポながら高級Hi-Fiアンプにも用いられる、ディスクリート構成のアンプ回路を採用しています。トランジスタなどのパーツを、目的に応じて最適化して設計・製造できるため、高音質なのがメリットです。

CDとFM・AMチューナーを搭載しているほか、USB接続したデバイスの再生・録音にも対応。WAV・FLACといったハイレゾ音源の再生が可能です。また、SDカードスロットを備えており、SDカードの再生・録音もできます。さらに、Bluetoothに対応しているため、スマホやタブレットの音楽も楽しめます。

入力端子は光デジタル1・アナログ3と豊富。音声出力端子アナログを1つ、そして別のパワーアンプなどに接続できるサブウーファープリアウト端子も搭載しています。音楽好きにおすすめの、拡張性が高いミニコンポです。

JVCケンウッド(KENWOOD) コンパクトCDコンポ ウッドコーンシリーズ EX-HR99

JVCケンウッド(KENWOOD) コンパクトCDコンポ ウッドコーンシリーズ EX-HR99

木材を使用したスピーカーを備えた、ケンウッドウッドコーンシリーズのハイエンドモデルです。木材を用いることにより、音の伝わりを速めて、余分な振動を吸収できます。加えて、木目の方向によって音の伝わり方が異なる、共振が発生しにくい90mmフルレンジスピーカーを搭載しているのもポイントです。

大出力50W+50Wのデジタルアンプ部には、デジタルとアナログのハイブリッドフィードバックを採用したケンウッド独自の「DEUS」技術を採用。ひずみ率を軽減するため、繊細な響きや音の余韻も忠実に再現可能です。また、振動を抑制するために、真鍮無垢削り出しインシュレーターを使用。さらに、シャーシ底部に厚さ9mmの「アークベース」を搭載しており、剛性が高いのもメリット。迫力ある低音を楽しめます。

入力端子はアナログ2系統のほかに、光1・同軸1のデジタル端子およびUSBポートを搭載。Bluetoothにも対応しており、さまざまな音楽ソースを再生できるミニコンポです。

パナソニック(Panasonic) コンパクトステレオシステム SC-RS60

パナソニック(Panasonic) コンパクトステレオシステム SC-RS60

ホルンをイメージした扁平デザインが印象的な、パナソニックの一体型ミニコンポ。棚など高さに制限のある場所でも設置しやすく、剛性が高いのが特徴です。スピーカーは、65mmフルレンジコーン型ユニットと40mmツイーターの2WAYタイプ。長さ315mmの曲線状ポート「ツイステッドポート」をボディ内部に配置したことにより、低音を豊かに再生できます。

USB再生はMP3・AACに加えて、ハイレゾのAIFF・FLAC・WAVといったさまざまなフォーマットに対応しているのがメリット。もちろん、Bluetoothにも対応しています。

また、「デジタル5チェンジャー」という便利な機能もポイント。CDを1枚ずつ合計5枚まで本体に録音可能で、それぞれのアルバムは5つの「お気に入りボタン」に割り当てられ、簡単操作で聴くことができます。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

安くても高音質なミニコンポおすすめ

東芝(TOSHIBA) ハイレゾ対応CDミニコンポ Aurex TY-AH1

東芝(TOSHIBA) ハイレゾ対応CDミニコンポ Aurex TY-AH1

リーズナブルながらも、ハイレゾ再生に対応した東芝のCDミニコンポです。コンパクトな一体型でも、実用最大出力20W+20Wと大きめのサウンドを鳴らせます。最近のミニコンポには珍しく、カセットテープレコーダーを利用できるのもポイント。ノーマルテープだけでなく、ハイポジションテープ(TYPEⅡ)にも対応しています。

また、アップコンバート機能を搭載しているのも大きなメリットです。圧縮された音源でもハイレゾ相当の高解像度音源に変換できるため、CDやMP3だけでなく、カセットテープやラジオの音源も高解像度化でき、さまざまな音声を高音質で楽しめます。

加えて、USBポートやSDカードスロットを備えており、ストレージ内部の音楽ファイルを再生可能です。アナログ外部入力端子とヘッドホン出力端子に加え、マイク入力端子を搭載するなど、入出力端子も豊富。リーズナブルでも高機能なミニコンポを探している方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) CDステレオシステム Bluetooth対応 SC-HC300

パナソニック(Panasonic) CDステレオシステム Bluetooth対応 SC-HC300

奥行き107mmの薄型デザインを採用したパナソニックの一体型CDミニコンポです。アンプ実用最大出力は10W+10W。歪みを低減する歪補正部の最適化を図ったことにより、従来モデルに比べて広い帯域にわたって歪み特性を改善しているのがメリットです。スピーカーは80mmのフルレンジユニットを採用しています。

USB端子・外部入力端子・ヘッドホン出力端子をそれぞれ1つずつ搭載。USBポートはMP3フォーマットの再生に対応しています。また、Bluetoothに対応しており、「Bluetoothリマスター」機能を搭載しているのがポイント。圧縮で失われた高域信号を補正するため、ワイヤレス音源も高音質で再生できます。

好みの音質で再生できる「プリセットイコライザー」や、「おやすみタイマー」「おめざめタイマー」といった便利な機能も搭載。ハイレゾ音源を聴かない方におすすめの安価なミニコンポです。

JVCケンウッド(KENWOOD) コンパクトHi-Fiシステム Bluetooth対応 M-EB50-S

JVCケンウッド(KENWOOD) コンパクトHi-Fiシステム Bluetooth対応 M-EB50-S

リーズナブルな価格ながら、実用最大出力25W+25Wと高出力なCDミニコンポです。ヘアライン仕上げのアルミ製フロントパネルのデザイン性が高いほか、操作キーを天面に配置したことにより、スッキリとした印象を与えています。

スピーカーユニットは、11mmウーファーと40mmツイーターを使用した2WAYバスレフ型。ワイドFM対応に対応したFM・AMチューナーを内蔵しており、30局までプリセットできます。USBポートを1つ備えているほか、Bluetoothにも対応。USBメモリやスマホなどに保存した音楽を再生できます。大出力で音楽を楽しみたい方におすすめのミニコンポです。

ヤマハ(YAMAHA) デスクトップオーディオシステム Bluetooth対応 TSX-B235

ヤマハ(YAMAHA) デスクトップオーディオシステム Bluetooth対応 TSX-B235

ボディ天面にフラットな天然木テーブルを採用したヤマハの一体型CDオーディオシステムです。実用最大出力は15W+15W。80mmコーン型のフルレンジスピーカーを搭載しています。入力端子はUSBポートとステレオミニジャック端子、ステレオミニのヘッドホン出力端子を1つずつ備えています。

USB再生フォーマットはMP3とWMAに対応。Bluetooth機能にも対応しており、スタンダードな圧縮方式SBCに加え、高音質のAAC・aptXフォーマットを使用できるのがメリットです。専用コントロールアプリを利用すれば、音量調整・ラジオ選局・入力切替などの基本操作を、スマホからリモコン操作できます。

再生用USB端子のほかに充電用USB端子も備えており、スマホなどの充電も可能。インテリアに合わせやすいおしゃれなミニコンポです。