コンポは、スピーカーを通して音源を楽しむオーディオシステム。正確にはコンポーネントステレオと呼ばれるモノで、CDが主流の時代にはコンパクトなサイズに収まった「ミニコンポ」が普及して話題になりました。

昔からある家電というイメージがありますが、ワイヤレス化やハイレゾ対応が進み、性能や使い勝手が向上しています。そこで今回は、おすすめのミニコンポをご紹介。手軽ながらも高音質なオーディオ環境を揃えたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ミニコンポとは?

By: rakuten.co.jp

ミニコンポとは音楽を再生するためのオーディオ機器であり、スピーカーやアンプ、CDプレーヤーなどが一まとめになった「コンポーネントステレオ」の小型版です。CDを聴いたり、USBに収録した音楽ファイルを再生したりするほか、スマートフォンやタブレットをワイヤレスで接続して音楽を楽しめる機能も多くのモデルで採用されています。

ミニコンポにはスピーカーと本体が分かれているセパレートタイプや、本体とスピーカーがひとつになった一体型があり、それぞれ使い勝手が異なるため注意が必要。設置スペースに問題がないかや、お気に入りのスピーカーと交換できるのかなど、使い方を考慮して選択することが大切です。

ミニコンポの種類

セパレート型

By: rakuten.co.jp

本体とスピーカーが分かれているタイプがセパレート型。設置場所に合わせてスピーカーの位置や角度を柔軟に調節でき、縦置きや横置きなどにも対応するのがポイントです。

本体とは別のメーカーのスピーカーを接続したり、左右で種類の違うスピーカーを設置したりなど、ユーザーの好みを細かく反映できることも魅力。スピーカーやアンプが壊れてしまっても、壊れた部分だけを交換できます。自由度が高いため、構成や設置場所にこだわりたい方におすすめです。

一体型

By: amazon.co.jp

一体型のミニコンポは、スピーカーが本体に組み込まれているタイプです。スピーカーを接続する手間がかからず、初心者でも簡単に設置できます。省スペースなので、設置場所を確保しやすいこともポイントです。

見た目にこだわったおしゃれなデザインのモデルが多いことも特徴のひとつ。薄型のモデルや壁掛けに対応したモデルなど、インテリアとしても魅力的な製品が多いので、デザインを重視する方にもおすすめです。

コンパクトで、手軽に持ち運べることもメリット。必要な配線も少なく、模様替えや別の部屋で使いたいときでも、簡単に移動できます。

ミニコンポの選び方

接続方法をチェック

ワイヤレス接続

By: rakuten.co.jp

Wi-FiやBluetoothなどに対応したミニコンポであれば、スマートフォンやタブレットに入った音楽をワイヤレス接続で楽しめます。音楽ストリーミングサービスに対応したミニコンポもあり、豊富な楽曲やインターネットラジオも視聴可能です。

スマートフォンや音声アシスタントを利用した操作が可能なモデルでは、使い慣れたデバイスや音声で再生や停止、スキップなどの基本的な操作ができます。

USB接続

By: amazon.co.jp

USB接続に対応したミニコンポは、USBメモリに保存した音楽を再生できます。PCやスマートフォンなどバラバラなデバイスに保存している音楽も、USBメモリに移動させることでまとめてミニコンポで再生可能です。

一部の機種では、USBケーブルでスマートフォンや音楽プレーヤーを接続し、端末内の音楽を再生可能です。接続が安定しており、途切れる心配がないことがポイント。CDやラジオをUSBメモリや音楽プレーヤーに録音できるモデルもあります。

対応メディアをチェック

By: rakuten.co.jp

ミニコンポを選ぶ上で、対応メディアのチェックは欠かせません。音楽メディアの主流のひとつであるCDには、多くのミニコンポが対応しています。

USB端子を搭載したミニコンポのなかには、USBメモリのほかスマートフォンや音楽プレーヤー内の楽曲の再生にも対応するモノもあります。幅広いデバイスに対応可能なので、ぜひチェックしてみてください。

ハイレゾ対応の有無をチェック

By: rakuten.co.jp

ミニコンポのなかには、ハイレゾに対応したモデルもあります。既にハイレゾ音源やハイレゾ対応の音楽プレーヤーを所有している場合は、ハイレゾ対応モデルを選ぶとミニコンポでも高音質な音楽を再生可能です。

ハイレゾとは、CDよりもさらに高音質な音源のこと。原音にできるだけ近づけるようにより細かく音楽データをデジタル化しているため、アーティストの息づかいや空気感など、録音された現場のクオリティが最大限再現されています。

まだハイレゾを経験したことがない場合でも、より高音質で音楽を楽しみたい方には、ハイレゾに対応したミニコンポがおすすめです。

スピーカーの性能や特性をチェック

By: amazon.co.jp

ミニコンポの音質を大きく左右する大切な要素は、スピーカーの性能や特性です。音を発生させスピーカーユニットの数によって、スピーカーの性能が変わります。

複数のスピーカーユニットを搭載し、音域を分割して再生するタイプがマルチWayスピーカー。低音域用と高音域用の2つのスピーカーユニットを搭載したタイプを「2Wayスピーカー」、さらに中音域用を加えると「3Wayスピーカー」と呼びます。

1つのスピーカーユニットで、低音域から高音域の全ての音域をカバーするタイプが「フルレンジスピーカー」です。フルレンジスピーカーは、クリアなサウンドが楽しめることが特徴。マルチWayスピーカーは、広い音域の音を再現できることが魅力です。

ミニコンポのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

カメラやゲーム、映画などさまざまな事業を手掛けるソニーは、オーディオ業界でも日本を代表する企業のひとつ。音楽メディアとして普及しているCDをフィリップスと共同開発した実績があり、1982年には世界で初めてCDプレーヤーを発売しました。

ポータブル音楽プレーヤーの先駆者であるウォークマンのような、革新的なオーディオデバイスを次々と世に送り出してきたことが特徴です。ソニー製のミニコンポには、ウォークマン専用のクレードルが用意されているモデルもあります。

音楽を聴く環境のワイヤレス化に伴い、圧縮によって失われた高音域を補完する「DSEE」や、ハイレゾ相当の音質に高める「DSEE HX」などの独自技術が豊富なのも魅力のひとつ。一部のミニコンポに搭載されています。

マランツ(Marantz)

By: rakuten.co.jp

マランツは1953年にアメリカで設立されたオーディオブランド。ミニコンポのほかには、AVアンプやブルーレイディスクプレーヤー、ハイファイアンプなどを開発しています。

マランツのミニコンポは、スピーカーが別売りのセパレート型。正面から見ると操作パネルが左右対称にレイアウトされており、インテリアに馴染みやすいようにデザインにもこだわっています。

独自の「HEOSテクノロジー」を搭載したモデルは、音楽ストリーミングサービスやインターネットラジオにも対応。ワイヤレス環境が整っている方におすすめです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、大阪に本社を置く大手家電メーカー。カメラや電池、白物家電など幅広い事業を手掛けながら、イヤホンやヘッドホンなどのオーディオ機器も展開しています。

ミニコンポは、高音質なセパレート型とコンパクトな一体型の両方を取り扱っているので、好みのスタイルを選択可能。置き場所に困らない薄型のモデルもラインナップしています。

ハイレゾ音源に対応したモデルのほか、音声アシスタントや音楽ストリーミングサービスが利用可能な多機能なモデルが揃っていることも特徴です。

デノン(DENON)

By: amazon.co.jp

デノンは1910年に創業された日本のオーディオブランド。1951年に日本で初めてLPレコードを発売しています。さらに、CDが登場するよりも前に世界で初めてデジタル録音を成功させたメーカーとしても有名です。

デノンのミニコンポは、CD・ラジオに加えストリーミングサービスも利用可能なネットワークオーディオに対応したモデルや、イギリスの有名なオーディオ系情報誌で最高評価を獲得したモデルなどがラインナップ。品質に優れたおすすめメーカーです。

ミニコンポのおすすめモデル|セパレート型

ソニー(SONY) マルチコネクトコンポ CMT-SBT40

スピーカーの縦置きと横置きの両方に対応したミニコンポ。セパレート型ながらコンパクトなモデルのため、置き場所を選ばないことが特徴です。付属の2Wayスピーカーによって、低音から高音まで幅広い音域を豊かに再現できます。

Bluetooth接続に対応しているため、スマートフォンの音楽をワイヤレスで再生可能。NFCを搭載しているスマートフォンであれば、ワンタッチで接続できます。マルチペアリングにも対応しており、最大9台のデバイスをペアリング可能です。

USB端子を搭載しているため、CDのほかにUSBメモリ内のMP3・WMA形式の曲を再生できます。ラジオやCDの音楽をUSBメモリやウォークマンに録音も可能。曲の整理やオリジナルのプレイリスト作りに重宝します。MEGA BASS機能により、音の大小に関わらず迫力のある低音が楽しめるので、低音好きの方にもおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) マルチコネクトコンポ CMT-SBT100

ウォークマンと組み合わせると便利なミニコンポ。付属の専用ケーブルとスタンドを使うと、ウォークマンをスタンドに乗せたまま音楽の録音や再生、充電などができます。付属のリモコンはウォークマンの遠隔操作にも対応。ウォークマンユーザーにおすすめです。

iPhoneやAndroidスマートフォンをUSBケーブルで接続し、充電と音楽の再生が可能。iOSデバイスは付属のリモコンで操作できます。MP3・WMA・AACの形式であれば、USBメモリを直接接続して保存されている曲を再生可能です。

Bluetoothに対応しているため、ワイヤレスで音楽を楽しめます。NFC搭載のスマートフォンやタブレットであれば、ワンタッチで接続または切断ができるため、ペアリング作業を簡単にできるのも特徴。圧縮された音源の高音域を補完する「DSEE」を搭載しているので、ワイヤレスでも高音質なことが魅力です。

マランツ(Marantz) ネットワークCDレシーバー M-CR612

スピーカーが別売りのセパレート型ミニコンポ。最大出力60W+60Wのフルバランス・デジタルパワーアンプを搭載し、ハイレゾ音源の再生にも対応していることが特徴です。自由にスピーカーを組み合わせることで、自分好みの高音質な音楽を楽しめます。

Bluetooth接続でスマートフォンやタブレットの音声を再生可能。HEOSテクノロジーと呼ばれる独自のワイヤレスオーディオシステムを搭載しており、音楽ストリーミングサービスやインターネットラジオなどにも対応しています。

Amazon Alexaを搭載したデバイスと接続することで、音声コントロールが可能な点も特徴。声だけで再生や停止、音量の調節ができるほか、曲名やアーティスト名を指定して再生も可能です。

パナソニック(Panasonic) CDステレオシステム SC-PM250

コンパクトなセパレート型のミニコンポです。書棚やデスクの上など狭いスペースにもすっきり置けるコンパクトサイズが特徴。シンプルで上品なデザインのためインテリアの邪魔をせず、部屋の雰囲気に合いやすいことも魅力です。

実用最大出力合計値20Wで、コンパクトながらパワフルな高音質を実現。メディアはCDとラジオ、USBに対応しており、USBメモリを差し込めば保存している楽曲を直接再生可能。ラジオは高音質で電波障害にも強いワイドFMに対応しています。

Bluetooth接続により、スマートフォンやタブレットの音声も高音質で再生可能。スマートフォンには専用アプリも用意されているので、初めてでも簡単にワイヤレスで音楽が楽しめます。

パナソニック(Panasonic) CDステレオシステム SC-PMX90

多彩な音源に対応したセパレート型のミニコンポ。DSD形式やハイレゾ音源の再生に対応し、光デジタル入力端子やUSB-DAC機能搭載も搭載するなど、さまざまな音源を本製品1台で再生可能。複数の再生機器をまとめたい方におすすめです。

スピーカーの筐体にメタルフレームを採用し再生時の振動を抑えることで、安定感を向上させたことが特徴。竹炭材を使用した14cmのウーハーを含む3Wayスピーカーシステムにより、豊かで自然な低音とクリアなボーカルが楽しめます。

ヘビー・ソフト・クリア・ボーカル・フラットの5種類のイコライザーがプリセットされているので、好みの音質を見つけられることも特徴です。Bluetooth接続によるワイヤレス再生にも対応しています。

パナソニック(Panasonic) CDステレオシステム SC-PMX150

高音質にこだわったセパレート型のミニコンポ。ハイレゾ音源だけでなく、スーパーオーディオCDに用いられるDSD形式にも対応していることが特徴です。広い再生帯域と十分なダイナミックレンジにより、ハイレゾ音源をさらに高音質で楽しめます。

16bitで記録されたCD音源を、32bitに拡張する「CDハイレゾ リ.マスター」や、圧縮された音源で失われている高音域を補完する「MP3 リ.マスター」機能も搭載。通常のCDやMP3の音源も、最大限オリジナルに近い音質で再現可能です。

音楽ストリーミングサービスのSpotifyに対応していることも特徴。ワイヤレスでも音楽を圧縮せずに伝送する「AllPlay」も利用可能なので、ワイヤレスでも音楽を高音質で楽しめます。音質を重視する方におすすめのミニコンポです。

デノン(DENON) CDレシーバー D-T1

定格出力15W+15Wのパワーアンプを搭載したセパレート型ミニコンポ。Bluetooth接続が可能なため、スマートフォンやタブレットの音声をワイヤレスで再生できます。コーデックはSBCのほか、AACにも対応しています。

スピーカーの筐体には木製を採用し、美しい響きを実現。2つのユニットを搭載した2Wayスピーカーシステムなので、低音から高音まで幅広いサウンドを豊かに再現可能です。FM・AMラジオチューナーを搭載しているため、音楽以外にラジオも楽しめます。

光デジタル端子を搭載していることも魅力のひとつ。テレビと接続することで、さまざまなコンテンツを高音質で楽しめます。約15分間入力や操作を行わないと自動的にスタンバイ状態になる機能も搭載。スタンバイ時でもディスプレイに時刻が表示されます。

ミニコンポのおすすめモデル|一体型

ソニー(SONY) マルチコネクトコンポ CMT-X3CD

シンプルな一体型のミニコンポ。幅340×高さ173mmのコンパクトサイズのため、リビングやベッドサイドなどさまざまな場所に気軽に設置できます。シンプルなデザインは高級感があり、インテリアに馴染みやすいことも魅力です。

Bluetoothに対応しているので、離れた位置からワイヤレスで音楽が楽しめます。NFCを利用したスマートフォンとのワンタッチ接続が可能なため、面倒な初回のペアリング作業が不要なこともポイントです。

CDのほか、USB接続によるスマートフォンやウォークマン内の音楽の再生にも対応。USBメモリを接続すると保存されている曲を直接再生可能です。CDの音楽やラジオ番組を、ウォークマンやUSBメモリに録音できます。

ソニー(SONY) マルチコネクトコンポ CMT-X5CD

コンパクトながら高音質な一体型のミニコンポ。省スペース設計な上スタイリッシュなデザインを採用しているため、置き場所を選ばないことが魅力です。天面に配置されたタッチパネル式のキーが、モダンなイメージを演出しつつ高い操作性を実現しています。

CDやラジオの再生ができるほか、USB端子も搭載しているため、USBメモリやウォークマン、スマートフォン内の音楽も再生可能。BluetoothとNFCにも対応しているので、快適にワイヤレスで音楽を楽しめます。

フルレンジスピーカーを搭載し、クリアな中高域と迫力のある低音を実現。BluetoothのコーデックはaptXとAACに対応し、高音域を補完する「DSEE」も搭載されているので、ワイヤレスでも高音質を求める方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) コンパクトステレオシステム SC-HC300

薄型の一体型ミニコンポ。幅409×高さ198×奥行107mmコンパクトかつ薄型の設計で、ちょっとしたスペースにも気軽に置けることが特徴です。メタル素材を採用したスピーカーネットは高級感があり、インテリアの一部としてもおすすめです。

CDとUSB接続による曲の再生に対応しているほか、外部入力端子も搭載しています。外部入力端子に音楽プレーヤーやスマートフォンなどを接続し音楽を再生すると、自動で電源が入りスピーカーから音楽を鳴らすことが可能です。

Bluetooth接続も可能なので、ワイヤレスで音楽の再生ができます。AMラジオ番組がFM放送で聴けるワイドFMにも対応しているので、ラジオを聞きたい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) コンパクトステレオシステム SC-HC410

デジタル5チェンジャー機能を搭載した一体型のミニコンポ。CDアルバムを合計5枚まで本体に録音でき、それぞれをボタン1つで呼び出し可能なデジタル5チェンジャー機能が特徴です。CDを入れ替える必要なく手軽にお気に入りの曲を楽しめます。

設置場所に合わせて音質の設定ができることもポイント。壁際とコーナー、周辺に何もない場所の3パターンに合わせた音質設定のプリセットが用意されており、簡単に切り替えながら最適な音質で音楽を楽しめます。

大型マグネットを搭載したスピーカーユニットにより、コンパクトな本体から迫力のある低音を再生可能。2段階のクリアサラウンド機能も搭載されており、好みに合わせて音の広がりを調節できます。

パナソニック(Panasonic) コンパクトステレオシステム SC-HC2000

Chromecastが内蔵された一体型のミニコンポ。SpotifyやGoogle Play Musicなどの音楽ストリーミングサービスを、スマートフォンから高音質のままキャストして再生できるほか、スマートフォンからワイヤレス操作も可能です。

Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカーと連携し、音声のみでの操作にも対応。複数のスマートスピーカーと組み合わせることで、全てのスピーカーから同時に音楽を流す「マルチルーム機能」も利用できます。

パナソニック独自の「XBS Master」に複数の技術を組み合わせることで、歪みを低減した迫力ある重低音の再生が可能。高性能DSPの搭載によって全体的な音の歪みも取り除いており、クリアなサウンドを実現しています。

ワイヤレス機能が充実しているので、スマートフォンやスマートスピーカーと連携させたい方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) コンパクトステレオシステム SC-RS75

楽器のホルンをイメージしたデザインの一体型ミニコンポ。高い剛性と設置のしやすさ、高音質を兼ね備えたデザインで、CDジャケットと並べてもすっきりと置ける背の低さも特徴。家具の上に置いても安定し、インテリアに馴染みやすい点も魅力です。

スピーカーコーンに、剛性の高い竹繊維が採用されていることも特徴のひとつ。幅広い音を美しく再現でき、キレのある音質を生み出します。ハイレゾ音源にも対応しているため、高音質を求める方にもおすすめです。

デジタル5チェンジャー機能を搭載しており、本体に録音した5枚のCDアルバムを5つのボタンに割り当て可能。ボタンには、CDアルバム以外にお気に入りのラジオ局も登録できます。

パイオニア(Pioneer) スタイリッシュCDミニコンポ X-SMC02

シンプルなデザインの一体型ミニコンポ。部屋のコーナーに置きやすいように、背面の両サイドを絞ったスリムな形状をしています。余計な装飾を極力省いたデザインのため、インテリアに溶け込みやすいことが特徴です。

クリアなサウンドが楽しめるフルレンジスピーカーを採用。スピーカーが上方向と左右に少しだけ傾いているため、設置しているテーブルやデスクに音がぶつからず、部屋いっぱいに音楽を広げられます。

CDの再生のほか、Bluetoothによるワイヤレス接続やステレオミニプラグからの入力、USBメモリからの再生にも対応。USB充電も可能なので、スマートフォンなどの充電スポットとしても活躍できます。

ヤマハ(YAMAHA) デスクトップオーディオ TSX-B237

木目調のトップテーブルがおしゃれな一体型ミニコンポ。自然と部屋に溶け込むようなレトロモダンなデザインが特徴。デザイン性を重視する方におすすめのミニコンポです。

トップテーブルはQiに対応したワイヤレス充電台としても利用できます。Qi対応のスマートフォンやワイヤレスイヤホンなどを、置くだけで充電可能です。CDとUSBメモリの音楽、ラジオ、Bluetoothによるワイヤレス接続に対応しています。

アンプは総合出力50Wで、フルレンジのスピーカーを搭載。小型ながらバランスのとれた心地よい音が再生できます。