「コンポ」とはスピーカーを通して音源を楽しむオーディオシステム。正確にはコンポーネントステレオというモノで、CDが主流の時代にはコンパクトなサイズに収まった“ミニコンポ”が普及して話題となりました。

昔からある家電というイメージがありますが、ワイヤレス化やハイレゾ対応が進み、性能や使い勝手が向上しています。そこで今回はおすすめのミニコンポをご紹介。手軽ながらも高音質なオーディオ環境を整えたい方はぜひチェックしてみてください。

おしゃれなミニコンポの選び方

タイプで選ぶ

セパレート型ミニコンポ

By: amazon.co.jp

セパレート型ミニコンポとは、スピーカーがセットになったタイプ。接続可能な範囲であれば設置に汎用性があるほか、別途スピーカーの組み合わせが変更できるなど、ユーザーの好みに合わせてアレンジ可能な点も特徴です。

一体型ミニコンポ

By: amazon.co.jp

一体型ミニコンポとは、スピーカーが本体に組み込まれたタイプ。各部がバラバラではなくコンパクトにまとまっているので、省スペースで設置したい方におすすめです。

また、デザインが豊富なのもポイント。奥行きが抑えられたスリムな長方形モデルや、加湿器のような円筒形モデルなど、インテリア性に優れた製品もラインナップされています。

接続方法で選ぶ

ワイヤレス接続

By: amazon.co.jp

最近のミニコンポは、BluetoothやWi-Fiなどに対応したワイヤレスモデルが増えています。スマホやタブレット、パソコンを経由して音楽を再生できるので、より気軽にオーディオ環境を整えたい方はしっかりと対応の有無を確認しておきましょう。

USB接続

By: amazon.co.jp

ミニコンポのなかには、USBメモリに保存した音楽データを再生できる機種があります。なお、音楽を再生するファイルは複数あり、MP3・WMA・AACといったファイル形式が一般的です。

購入する際は、聴きたい音楽ファイルの形式とミニコンポに対応している音楽ファイルが、一致していることを事前に確認しておきましょう。

ダイレクト接続

By: sony.jp

最近はワイヤレス接続が全盛期ですが、常に安定した通信環境を整えたい方はケーブル対応のダイレクト接続に対応しているかも確認しましょう。特にハイレゾ対応の音楽再生プレーヤーを愛用している方は、ハイレゾ対応のミニコンポと組み合わせることで高音質な音源データを有効活用できます。

手軽に高音質なオーディオ環境を整えたい方にとっては便利なので、チェックしておきましょう。

音質で選ぶ

ハイレゾ対応

By: amazon.co.jp

音質にこだわりたいならミニコンポのハイレゾ対応は必須。より原音に忠実に再生できるハイレゾなら、自宅にいながら臨場感のある音楽を楽しめます。

なお、ハイレゾはCDの約6.5倍のデータ量を保存することが可能。ライブ音源などはアーティストの息づかいや会場の臨場感まで再現されているので、音質にこだわりたい方は要チェックです。

スピーカーのユニット数

By: amazon.co.jp

ミニコンポの音質は、スピーカーのユニット数でも大きく異なります。ちなみにユニットとは音を発生させる部分のこと。低音域と中高音域でユニットを分けているものは、「2WAYスピーカー」、さらに中音域を独立させて3つのユニットからなるスピーカーは「3WAYスピーカー」です。

なお、ユニットが1つしかないこともありますが、このタイプは「フルレンジスピーカー」と呼ばれるモノです。ひとつのユニットで低音域から高音域までカバーしています。

ちなみに、「低音域のユニット2つ+中高音域のユニット1つ」の場合は、低音域のユニットの再生周波数帯が同じであれば2WAYタイプに分類されます。基本的には、音域ごとに音を発生させるユニットが分離されているほうが、高音質になると考えましょう。

ミニコンポのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめとして幅広い事業を手掛ける世界的な電機メーカーです。パナソニックのミニコンポは一部の機種がハイレゾ音源に対応するなど、高音質へのこだわりがポイント。ハイスペックなセパレート型から手軽に音楽が楽しめる一体型までをバランスよく展開しています。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

テレビ・AV機器・ゲームといった分野で人気のソニーは、グループ子会社を通してさまざまな事業を手掛けている多国籍企業。Bluetooth接続でハイレゾ音源が楽しめる「LDAC」やさまざまな音源をハイレゾ相当に補完する「DSEE HX」といった独自の高音質技術が搭載されたミニコンポを展開しています。

オンキヨー(Onkyo)

By: amazon.co.jp

オンキヨーは日本を代表する音響機器メーカーです。基本的な機能に焦点を当て、複雑な操作や不必要な機能を省いた初心者でも扱いやすいミニコンポを展開。サウンドにこだわりのあるユーザーも納得させる「CR」シリーズで支持を集めています。

マランツ(Marantz)

By: amazon.co.jp

マランツは1953年にアメリカで創設された音響機器メーカー。現在は日本企業の傘下で事業を継続しています。1つのスピーカーに2つのパワーアンプを接続する「パラレルBTL」モードが搭載されているなど、音質とパワーにこだわったミニコンポを展開。本格派モデルを探している方におすすめです。

パイオニア(Pioneer)

By: amazon.co.jp

パイオニアは高性能なスピーカーでオーディオファンに親しまれてきた日本の電機メーカーです。高音質化に注力し、ハイレゾ音源をワイヤレス再生可能で、スタイリッシュなデザインを兼ね備えたミニコンポ「Stellanova」シリーズで人気を博しています。

2019年ミニコンポのおすすめ

サンスイ(SANSUI) Bluetooth対応CDステレオシステム SMS-850BT

サンスイ(SANSUI) Bluetooth対応CDステレオシステム SMS-850BT

ウッド調の温かみあるレトロデザインで仕上げられたミニコンポです。真空管アンプとデジタルアンプが組み合わせたハイブリッドシステムを搭載し、繊細な柔らかさとパワフルさを兼ね備えたサウンドが実現。フロントのディスプレイからは真空管が顔を覗かせており、インテリアとしても様になるアイテムです。

さまざまな場所に設置しやすい高さ148mmと背の低い設計がポイント。スピーカーは和紙とパルプ材を重ね合わせた多重構造で、明るさと艶やかさを兼ね備えた中高音域や厚みのある低音域を再現可能です。CDやUSBメモリの音源を再生できるほか、Bluetoothによるワイヤレス接続にも対応しています。

パナソニック(Panasonic) ミニコンポ SC-HC410

パナソニック(Panasonic) ミニコンポ SC-HC410

5枚までのCDを本体に録音可能で、5つのお気に入りボタンにアルバムを1枚ずつ割り当てられる「デジタル5チェンジャー」を搭載したミニコンポです。設置場所を選ばない奥行きわずか102mmのスリムボディーがポイント。「周辺に何もない」「壁際」「コーナー」といった3パターンの音質設定がプリセットされており、スムーズにセッティングできます。

スピーカーには空気の流れを妨げにくい曲線状のポートを採用し、コンパクトモデルに不足しがちな低音を補強しているのもポイントです。圧縮音源から抜け落ちた高域信号を補正する「MP3リマスター」によって、MP3音源をより自然な高音質で楽しめます。

そのほか、シンプルなホワイトと落ち着きのあるブラウンの2色展開。前面パネルにはアルミ素材を選択し、スタイリッシュで高級感のあるデザインを完成させています。

マランツ(Marantz) CDレシーバー M-CR612

マランツ(Marantz) CDレシーバー M-CR612

シンメトリーなレイアウトのパネルデザインや光の当たり方によって、さまざまな表情を見せるグロスフィニッシュといったこだわりのディテールが目を引くミニコンポです。左右に2組ずつ計4つのアンプを搭載。シングル接続したスピーカーを4組のアンプで駆動するパラレルBTLモードを選択すれば、バイワイヤリング非対応スピーカーでも音質を向上できます。

独自のワイヤレスオーディオシステムである「HEOS」に対応。各種ストリーミングサービスはもちろん、ローカルネットワーク上に保存された音楽をワイヤレスで手軽に楽しめます。Amazon Alexaと連動させると、音声によるコントロールが実現。本体のカラーリングにはシャイニーなシルバーゴールドと重厚感のあるブラックが用意されています。

ティアック(TEAC) ターンテーブル/カセットプレーヤー付CDレコーダー LP-R560K

ティアック(TEAC) ターンテーブル/カセットプレーヤー付CDレコーダー LP-R560K

CDはもちろんレコードやカセットテープも再生できるユニークなコンセプトのミニコンポです。3スピードに対応したターンテーブルはさまざまな規格のレコードが再生可能で、再生が終わった際に自動でトーンアームが戻るオートリターン機能を搭載。カセットプレーヤーは上書き保存の心配がない再生専用タイプです。

レコードやカセットテープのCDへの録音も可能。自動もしくは手動で曲番づけができるので、録音したCDを再生する場合に便利です。2段階のエコーや半オクターブのキーコントロールといった細かな調節ができるダイナミック型マイクが付属しているのもポイント。通常のCDに含まれているボーカル部分だけ小さくするボイスキャンセル機能を使えば、手持ちの音源でカラオケが楽しめます。

JVCケンウッド(KENWOOD) コンパクトCDコンポ ウッドコーンシリーズ EX-HR55

JVCケンウッド(KENWOOD) コンパクトCDコンポ ウッドコーンシリーズ EX-HR55

「スピーカーは楽器でありたい」という発想から、木が奏でる美しい響きを追求したJVCケンウッドのウッドコーンシリーズ。本モデルは、同シリーズのスタンダードモデルです。

スピーカーに、木の音響特性のある振動板「フルレンジウッドコーン」を採用しています。キャビネットには、響きのよいチェリー材を使用。さらに、ギターやピアノなどで採用されている響棒を配置することにより剛性を高めています。

また、Bluetoothに対応しており、スマホなどの音楽をワイヤレス再生可能です。コーデックはiPhoneで使用されているAAC、そしてAndroidのaptXに対応しています。送信時のタイムラグがほぼないことに加え、高音域が消えてしまうことがないため、高音質で再生可能です。さらに、USB接続ではMP3やWMAおよびハイレゾフォーマットのFLACやWAVに対応しています。

サンスイ(SANSUI) CDステレオシステム SMS-300BT

サンスイ(SANSUI) CDステレオシステム SMS-300BT

真空管を使用するプリアンプとデジタルパワーアンプが融合したハイブリッドアンプを搭載した、ミニコンポです。倍音効果がある真空管を用いることにより、楽器の音を豊かに再生できるのが魅力。また、デジタルパワーアンプは電力効率がよく、ダイナミックなサウンドを楽しめます。

スピーカーは、2WAYのバスレフタイプで38mmドーム型ツイーターと110mmウーファーユニットを搭載。ウーファーのコーン紙表面には「みつまた」素材の和紙を採用したことにより、メリハリの効いた中高音域で再生できるのが魅力です。

なお、通信はBluetooth4.0およびNFCに対応しています。本体サイズは幅250×高さ146×奥行243mm。比較的コンパクトながら、アンプ定格出力30W+30Wと高出力のミニコンポです。

JVCケンウッド(KENWOOD) Bluetooth対応ミニコンポ EX-S5B

JVCケンウッド(KENWOOD) Bluetooth対応ミニコンポ EX-S5B

高さ110mmのフラット&ロースタイル「CAFE STYLEデザイン」を採用した、スタイリッシュなCDミニコンポです。棚などに設置しやすいのがポイント。CD再生ができるほか、USB接続したiPodなど外部機器のMP3とWMA音源を楽しめます。さらに、BluetoothとNFCに対応しており、スマホの音楽も手軽に再生可能です。

スピーカーは85mmバフレフ型フルレンジです。ケンウッド上位機種と同様にウッドコーンを採用。木の振動板を用いているので、音の伝わりが速く不要な振動を発生させにくいメリットもあります。また、スピーカーキャビネット構造は、四方留め構造を採用しているため、高い剛性を有しているのも魅力です。

レシーバー部は幅219mmとコンパクトながら、実用最大出力25W+25Wと十分な出力を有しているのもポイント。ラジオチューナーはFMとAMを受信可能なほか、ワイドFMにも対応しています。

ハイレゾ対応ミニコンポのおすすめ

パナソニック(Panasonic) ハイレゾ音源対応ミニコンポ SC-PMX90

パナソニック(Panasonic) ハイレゾ音源対応ミニコンポ SC-PMX90

CDの約3~6.5倍という情報量で、マスター音源のポテンシャルを余すことなく引き出せるハイレゾ音源の再生が可能なミニコンポです。スーパーオーディオCDに用いられる「DSD形式」に対応しているのもポイント。USBケーブルで接続すれば、パソコンに保存されたハイレゾ音源を高音質のままで楽しめます。

また、光デジタル入力端子や2系統のアナログ音声入力端子を搭載しているため、幅広いオーディオ機器に接続可能です。高品位なアンプとスピーカーが伸びやかな高音からダイナミックな低音までの幅広い音域を臨場感豊かに表現。パナソニックのアプリをスマホにインストールすると、対応機種に保存した音楽をワイヤレスで再生ができます。

パイオニア(Pioneer) Stellanova APS-S301JGRP/XV15

パイオニア(Pioneer) Stellanova APS-S301JGRP/XV15

スタイリッシュなデザインのUSB DACアンプとスピーカーがセットになったミニコンポ。iPhone・iPad・パソコンなどに保存されたハイレゾ音源を、ワイヤレスで再生可能な高機能モデルです。ワイヤレスユニットにはUSBポートを4基備えており、複数のUSB機器を同時接続できます。

アンプやワイヤレスユニットの筐体とスピーカーの天板にアルミ材を使用し、振動によるノイズを低減。アンプは光デジタル入力やアナログ入力に対応しているため、スマホの音楽だけでなくテレビやゲームも迫力ある高音質で楽しめます。

ソニー(SONY) コンパクトオーディオシステム CAS-1

ソニー(SONY) コンパクトオーディオシステム CAS-1

USB接続でのハイレゾ音源の再生はもちろん、高品位コーデックとLDACへの対応によりワイヤレスでも高音質が楽しめるミニコンポです。デスクトップに設置しやすいコンパクトサイズで、PCスピーカーとしてもおすすめ。付属のスピーカースパイクを装着すれば、机で作業中に心地よく視聴できる仰角上向き8°でセッティングできます。

ヘッドホン専用のデバイスを搭載しており、ハイレゾ対応ヘッドホンアンプとしても使用可能。「NFC」に対応しているスマホやタブレットであれば、筐体にタッチするだけで簡単にペアリングや接続ができます。

ソニー(SONY) マルチオーディオコンポ Bluetooth・Wi-Fi対応 CMT-SX7

ソニー(SONY) マルチオーディオコンポ Bluetooth・Wi-Fi対応 CMT-SX7

FLACをはじめ、WAV・ALAC・DSDなど6種類のハイレゾ音源の再生ができる、ソニーのマルチオーディオコンポ。幅広いフォーマットに対応しているので、さまざまな音楽配信サービスの音源を高音質のまま再生できるのがメリットです。

ワイヤレス接続には、音声圧縮技術LDACに対応したBluetoothを採用。従来のSBCなどと比べて、約3倍のデータ量を送信できるため、ワイヤレスでもハイレゾ音源を高音質で再生可能です。Wi-Fi機能も備えており、パソコンやNASなどに保存された音楽をネットワーク経由で楽しめます。

さらに、CD・FM・AM・アナログ音声入力をUSBメモリやウォークマンへ簡単に録音可能です。録音ファイルは音源や録音モードによって、自動でフォルダーに振り分けられるため、探しやすいのもメリット。アンプの実用最大出力も50W+50Wと大出力です。

オンキヨー(ONKYO) CDミニコンポーネントシステム X-NFR7FX

オンキヨー(ONKYO) CDミニコンポーネントシステム X-NFR7FX

20年以上の歴史を誇る、オンキヨーの定番CDミニコンポFRシリーズの2018年モデルです。ミニコンポながら高級Hi-Fiアンプにも用いられる、ディスクリート構成のアンプ回路を採用しています。トランジスタなどのパーツを、目的に応じて最適化して設計・製造できるため、高音質なのがメリットです。

CDやFM、AMチューナーを搭載しているほか、USB接続したデバイスの再生や録音にも対応。WAVやFLACといったハイレゾ音源の再生が可能です。また、SDカードスロットを備えており、SDカードの再生や録音もできます。さらに、Bluetoothに対応しているため、スマホやタブレットの音楽も楽しめます。

入力端子は光デジタルが1つ、アナログが3つと豊富。音声出力端子アナログを1つ、そして別のパワーアンプなどに接続できるサブウーファープリアウト端子も搭載しています。音楽好きにおすすめの拡張性が高いミニコンポです。

パナソニック(Panasonic) コンパクトステレオシステム SC-RS60

パナソニック(Panasonic) コンパクトステレオシステム SC-RS60

ホルンをイメージした扁平デザインが印象的な、パナソニックの一体型ミニコンポ。棚など高さに制限のある場所でも設置しやすく、剛性が高いのが特徴です。スピーカーは、65mmフルレンジコーン型ユニットと40mmツイーターの2WAYタイプ。長さ315mmの曲線状ポート「ツイステッドポート」をボディ内部に配置したことにより、低音を豊かに再生できます。

USB再生はMP3やAACに加えて、ハイレゾのAIFF・FLAC・WAVといったさまざまなフォーマットに対応しているのがメリット。もちろんBluetoothにも対応しています。

また、「デジタル5チェンジャー」という便利な機能もポイント。CDを1枚ずつ合計5枚まで本体に録音可能で、それぞれのアルバムは5つの「お気に入りボタン」に割り当てられ、簡単操作で聴けます。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

安くても高音質なミニコンポおすすめ

サンスイ(SANSUI) Bluetooth対応CDオーディオシステム SMS-820BT

サンスイ(SANSUI) Bluetooth対応CDオーディオシステム SMS-820BT

メタルと木目のコントラストが特徴的な、レトロデザインを採用したミニコンポです。高さがわずか182mmのコンパクトな一体型タイプで、ちょっとしたスペースにも難なく設置可能。素材に和紙を使用したフルレンジスピーカーとツイーターを組み合わせた2WAY方式で、きめ細やかな高音域と迫力ある低音域の両立を実現しています。

左右で15Wずつ・計30Wの出力が可能なアンプを搭載。CD・USBメモリ・FMラジオ・Bluetooth・光入力といった、多彩な入力ソースに対応しているのがポイントです。付属のワイヤレスリモコンでは選曲や再生、停止などの基本操作はもちろん、バスやラウドネスのイコライザも簡単に調節できます。

パイオニア(Pioneer) CDミニコンポ X-EM26

パイオニア(Pioneer) CDミニコンポ X-EM26

セパレートタイプながらも、デスクや棚のうえに設置しやすいコンパクトさが魅力のミニコンポ。スピーカーには剛性が高くノイズの出にくい木製キャビネットを採用しており、臨場感豊かな高音質再生が実現しています。

CD・USBメモリ・FMラジオに対応しているのはもちろん、スマホやパソコンとのBluetoothによるワイヤレス接続が可能。「ポップ・ジャズ・ロック・クラシック・フラット」といった5つのモードから選べる「プリセットイコライザー」を駆使すれば、好みの音質で楽曲を楽しめます。

ソニー(SONY) マルチコネクトコンポ CMT-X3CD

ソニー(SONY) マルチコネクトコンポ CMT-X3CD

ベッドサイドやデスク周りに手軽に設置できるパーソナルルーム向けミニコンポです。AndroidやウォークマンとBluetoothで接続すれば、ワイヤレスでの楽曲再生が実現。ヘッドホン端子を備えているため、音量が気になる場合はヘッドホンで音楽を楽しめます。

実用最大出力20Wのデジタルアンプを搭載しており、コンパクトボディーとは思えない迫力あるサウンドが魅力。NFCに対応したスマホとはワンタッチでスムーズにペアリングできます。USB接続したデバイスを充電可能で、バッテリーとしても活躍するアイテムです。

オンキヨー(Onkyo) Bluetoothミニコンポ X-U6

オンキヨー(Onkyo) Bluetoothミニコンポ X-U6

つなぎ目のないシームレスなデザインでセンター部を仕上げ、デザイン性を高めるとともにノイズの発生を抑えたミニコンポ。高効率なデジタルアンプを内蔵しており、コンパクトなサイズに反した躍動感のあるサウンドが再生できます。

スピーカーには高級モデルにも用いられる剛性の高い中密度繊維版を採用です。伸びやかな高音と迫力ある低音を両立した2WAY仕様。NFC機能を搭載しているため、対応デバイスとはBluetoothのペアリングが簡単です。

東芝(TOSHIBA) ハイレゾ対応CDミニコンポ Aurex TY-AH1

東芝(TOSHIBA) ハイレゾ対応CDミニコンポ Aurex TY-AH1

リーズナブルで、ハイレゾ再生に対応した東芝のCDミニコンポです。コンパクトな一体型ながらも、実用最大出力20W+20Wと大きめのサウンドを鳴らせます。最近のミニコンポには珍しく、カセットテープレコーダーを利用できるのもポイント。ノーマルテープだけでなく、ハイポジションテープ(TYPEⅡ)にも対応しています。

また、アップコンバート機能を搭載しているのも大きなメリットです。圧縮された音源でもハイレゾ相当の高解像度音源に変換できるため、CDやMP3だけでなく、カセットテープやラジオの音源も高解像度化でき、さまざまな音声を高音質で楽しめます。

さらに、USBポートやSDカードスロットを備えており、ストレージ内部の音楽ファイルを再生可能です。アナログ外部入力端子とヘッドホン出力端子に加え、マイク入力端子を搭載するなど入出力端子も豊富。リーズナブルでも高機能なミニコンポを探している方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) CDステレオシステム Bluetooth対応 SC-HC300

パナソニック(Panasonic) CDステレオシステム Bluetooth対応 SC-HC300

奥行き107mmの薄型デザインを採用したパナソニックの一体型CDミニコンポです。アンプ実用最大出力は10W+10W。歪みを低減する歪補正部の最適化を図ったことにより、従来モデルに比べて広い帯域にわたって歪み特性を改善しているのがメリットです。スピーカーは80mmのフルレンジユニットを採用しています。

USB端子・外部入力端子・ヘッドホン出力端子をそれぞれ1つずつ搭載。USBポートはMP3フォーマットの再生に対応しています。また、Bluetoothに対応しており「Bluetoothリマスター」機能を搭載しているのもポイント。圧縮で失われた高域信号を補正するため、ワイヤレス音源も高音質で再生できます。

好みの音質で再生できる「プリセットイコライザー」や「おやすみタイマー」、「おめざめタイマー」といった便利な機能も搭載。ハイレゾ音源を聴かない方におすすめの安価なミニコンポです。