移動中の仮眠で痛い目にあっているなら…

何を使っても、どんな姿勢をとってもイマイチな移動中の仮眠。目を覚ましたら首や肩に痛みを覚え、しばらく治らなかった…なんてことも。では、まるでベッドに寝ているかのような快適な仮眠がとれるという NodPod を使ってみるのはいかが? いったいどんな仕組みなのでしょうか?

今までのトラベルピローは忘れましょう!

NodPod はいわゆるトラベルピローとはまったく違う形をした旅行中の快眠グッズ。開発チームによると、「移動中の睡眠問題の究極の解決法」とのこと。これは期待できる!?

超簡単な設置

では NodPod の簡単な設置方法から。まず輪になったロープを座席に回し、閉めたら、もうおしまい! あとは実際に座り、あごの位置に本体がくるように調節するだけです。超簡単!

“カックン”きません!

座って仮眠しているときに誰もが経験する、頭の”カックン”。あまりにも「カックン、カックン」と連続すると、見ているほうはオモシロいかもしれませんが、当人はコントロールできず非常に不快。

NodPod はあごでサポートするタイプ。前方はもちろんのこと、左右にもゆれないようにメモリーフォームのクッションでやさしく支えてくれます。これは熟睡できそう!

緊急時に衝撃が加わると、ロープがちぎれるように設計されている NodPod は Kickstarter で30ドル! ぜひ試してみたいですね!