新型が登場する度に性能が向上するソニーのスマートウォッチ。洗練されたデザインに豊富な機能が搭載されており、最新モデルのwena 3はSUICAにも対応しています。

ただし、スマートウォッチを初めて使う方は、どのような機能が使えるかイメージしにくいのではないでしょうか。そこで今回は、ソニーのスマートウォッチでできることを踏まえたうえで、おすすめのモデルをご紹介します。

ソニーのスマートウォッチの魅力

By: sony.jp

ソニーのスマートウォッチは、文字盤のあるヘッド部分を自由に交換できるのが特徴です。腕時計バンドのバックルにあたる部分にwenaの本体があるので、ヘッドを交換してもwenaが持つスマート機能を自在に使用できます。

愛用している腕時計のバンドをwenaに交換すれば、お気に入りのヘッドのままスマートウォッチとして再利用も可能。また、有名デザイナーやブランドとコラボしたwena専用の交換ヘッドも多数展開されているので、ファッションとしても楽しめます。

また、多彩な機能が搭載されているのもwenaの魅力です。スマホからの通知を受信したり、SUICAなどの電子マネーで買い物したりなど、日々の生活に役立つさまざまな便利機能が利用できます。

iPhoneとAndroidの両方で使用できるのもポイント。Androidスマホのユーザーはもちろん、スマホ2台持ちでiPhoneとAndroidを使い分けている方にもおすすめです。

ソニーのスマートウォッチでできること

スマホからの通知受信

By: wena.jp

ソニーのスマートウォッチでは、ペアリングしているスマホからの各種通知を受信して表示が可能です。LINE・メール・電話の着信はもちろん、スケジュール・天気予報・電子マネー残高などの生活に欠かせない情報なども確認できます。

スマホをポケットやバッグが取り出さずに、通知を手軽にチェックできるのがポイント。wenaではバックル部分にある小型ディスプレイで各種通知の表示が可能なので、仕事中でも手首でさりげなく通知を確認できます。

表示する通知情報の切り替えを上下左右のスワイプ操作で素早く行えるのも魅力。また、アラーム・タイマー・Amazon Alexa・Qrio Lockなどの機能もスワイプ操作で簡単に使用可能です。

電子マネーを使った電子決済

ソニーのスマートウォッチでは、電子マネーを使った電子決済も利用が可能です。スマートウォッチを店頭のリーダーにかざすだけで決済できるので、通勤や通学の途中にコンビニで買い物をする場合などに重宝します。

楽天Edy・iD・QUICPay・dポイントなどの多彩な電子マネーを利用できるのもポイント。さらに、最新モデルのwena 3では交通系電子マネーのSUICAにも対応しているため、駅の改札通過や駅ナカでの買い物もスムーズにこなせます。

電子マネーによる電子決済機能はiPhoneとAndroidの両方で利用できるのも魅力。ただし、SUICA以外の電子マネーは初期設定のときだけiOS端末が必要になるので、Androidユーザーの方は注意しましょう。

日々の活動内容の管理

ソニーのスマートウォッチには、日々の健康管理に役立つ機能が充実しています。緑LEDと赤LEDを活用したデュアル光学式心拍センサーをバックルの裏側に搭載しているのが特徴。運動時や睡眠時などの心拍数を測定して、スマホで確認できます。

歩数・移動距離・消費カロリーの測定が可能なのもポイント。1日の目標歩数を設定しておくと、達成時に通知が来るため、運動に対するモチベーションも向上できます。また、健康な身体づくりに欠かせない睡眠の質も確認可能です。

心拍計や活動量計の情報をもとに、身体のエネルギー残量やストレスレベルを推定できるのも魅力。さらに、持久力の指標である最大酸素摂取量(VO2 Max)も推定できます。

音声アシスタントによるハンズフリー操作

ソニーのスマートウォッチでは、音声によるハンズフリー操作が利用できます。音声アシスタント「Amazon Alexa」を搭載しているのが特徴。バックル部分に搭載されたマイクに向けて話しかけるだけで各種機能の操作が可能です。

スマートウォッチ本体の各種操作はもちろん、ニュース・株価・天気予報などの生活情報も簡単に確認できるのがポイント。また、計算機能も備えているので、飲み会で割り勘の計算をする場合にも重宝します。

アマゾンの公式サイトで公開されている「Alexaスキル」に対応しているのも魅力。アプリのようにAlexaでできることをカスタマイズが可能です。

使用頻度の高い操作の自動化

頻繁に使用する操作を自動化して簡単に呼び出せるのも特徴です。wenaはIoT連携プラットフォーム「Riiiver」に対応。連携したスマホの専用アプリ上で、きっかけとなるトリガー、連動させたいサービス、動作を起こすアクションの3つを組み合わせることで、複雑な操作もワンアクションで実行できます。

例えば、wenaのボタンを押すと現在の天気に合う音楽プレイリストをスマホで再生したり、好きな野球チームの試合結果をwenaのディスプレイに表示させたりが可能。また、スマート家電との連携にも対応しており、外出先からスマートリモコンと紐付けたエアコンを操作したり、wenaを使ってスマートロックを解除したりも行えます。

Riiiverを活用した自動化の作成にはプログラミングなどの専門知識が不要なのも魅力。初めての方でも直感的な操作で自分だけの便利コマンドを簡単に作れます。

紛失したスマホの捜索

ソニーのスマートウォッチを使えば、ペアリングしたスマホの捜索が可能です。wenaには紛失防止タグを手掛ける「MAMORIO」機能が搭載されているのも特徴。外出先でスマホを置き忘れた場合でも、wenaを使えばスマホの現在地を確認できます

ペアリングしたスマホが手元にあれば、wena本体を失くした場合でも安心。MAMORIO専用アプリのトラッキング機能を使うことでwenaの現在地を地図上で追跡できるほか、近くまで来たらARカメラ機能でより具体的な場所を特定が可能です。wenaは財布や鍵の代わりにもなるため、MAMORIOで万が一の場合に備えておきましょう。

ソニーのスマートウォッチのおすすめ

ソニー(SONY) スマートウォッチ wena 3 metal WNW-B21A/B

精緻なヘアラインが施された3連デザインが美しいソニーのスマートウォッチです。バンド部分には高品位で堅牢性の高いステンレススティール「SUS316L」を採用。アナログ腕時計の文字盤とも相性がよく、高級感あふれる外観が楽しめるので、ビジネスシーンやパーティーなどにもおすすめです。

5気圧の防水性能にも対応しているため、日常生活で水に触れる場面でも安心して使用できるのもポイント。また、表面に「イオンプレーティング処理」が施されています。

バックル部分には有機ELディスプレイを搭載しているのも魅力。機能性に優れた、扱いやすいモデルです。

ソニー(SONY) スマートウォッチ wena 3 rubber WNW-A21A/B

ラバー製でスマートバンドとしても使えるソニーのスマートウォッチです。バンドを装着したまま時計ヘッドを着脱できる新機構「エンドピースコネクタ」を採用。スマートウォッチからスマートバンドへの切り替えがスムーズに行えるので、仕事の前後にランニングやジムでのワークアウトを行う場合にもおすすめです。

バックルのディスプレイには傷付きにくいGorillaガラス、周辺部には耐久性の高いステンレススティールが使われているのもポイント。手首や机の高さを超える90cmの落下衝撃にも耐えられるほか、5気圧の防水性能も備えているため、スポーツ用途にも安心して使用できます。

連続動作時間が約1週間と長いのも魅力。充電も素早く、専用の充電コネクターを使えば、わずか約90分で済ませられます。

ソニー(SONY) スマートウォッチ wena 3 leather WNW-C21A/T

本革ならではの風合いが堪能できるソニーのスマートウォッチです。革に関する国際的な安全・環境基準である「LWG」認証を取得しているタンナーが製造した本革をバンドの素材に採用。自然な革の質感が生かされて作られています。

時計ヘッドをワンタッチで着脱できるのも魅力です。通知受信や電子マネー決済などの各種機能もwena単体で利用できます。大人っぽいデザインを求める方はチェックしてみてください。