ご存知の通り、カメラの記憶媒体として、SDカードはメジャーな存在です。しかし、SDカードにはいろいろな種類があるため、一眼レフで使うにはどれを選べばよいのか、よくわからないことが多いはず。

単にデータ容量だけで選んでしまうと、一眼レフの持つ機能を十分に発揮できない可能性もあります。今回は、一眼レフに適したおすすめのSDカードについて、ご紹介します。

一眼レフカメラにおすすめのSDカード

トランセンド(Transcend) 64GB SDXC TS64GSD2U3

商品価格 ¥ 21,540

容量は64GB、読み出し速度は最大285MB/s。書込み速度は最大180MB/sで、UHS-Ⅱに対応したSDカードです。RAWイメージ撮影や、4K動画撮影に適した、おすすめSDカード。

トランセンド(Transcend) SDXCカード TS64GSD2U3

51Zp8kMmgOL

商品価格 ¥ 20,872

容量は64GB、読み出し速度は最大285MB/s。書込み速度は最大180MB/sで、UHS-Ⅱに対応したSDカードです。RAWイメージ撮影や、4K動画撮影に適した、おすすめSDカード。

トランセンド(Transcend) SDXCカード TS128GSDXC10

5170cwON65L

商品価格 ¥ 6,979

容量128GBのSDカード。Class10、SD3.0規格に準拠しています。データ転送速度は、30MB/s。Full HD動画や高解像度画像撮影、連写撮影におすすめのSDカードです。

トランセンド(Transcend) SDXCカード TS64GSDU3X

51qC7Up4m8L

商品価格 ¥ 6,240

容量64GBのおすすめのSDカード。Class10、UHS-Ⅰ U3に対応しています。読み込み最大速度は95MB/s、書込み最大速度は85MB/s。Full HDや3D、4K動画、連写をスムーズに記録できるのでおすすめです。

サンディスク(SunDisk) SDXCメモリカード SDSDXPK-064G-JNJIP

51Nfo3HQmJL

商品価格 ¥ 15,999

容量は64GB。Class10、UHSスピードクラス3のSDカードです。最大読み出し速度300MB/s、最大書込み速度260MB/s。トップレベルの転送速度が特徴的です。プロカメラマンのニーズにも十分応えられる、おすすめのSDカード。

サンディスク(SanDisk) SDHCメモリカード SDSDXVE-032G-JNJIP

5174tnPB3VL

商品価格 ¥ 5,194

容量32GBの、一眼レフカメラにおすすめのSDカード。Class10、UHSビデオスピードクラス30(V30)、UHSスピードクラス3に対応しています。最大読み出し速度90MB/s、最大書込み速度40MB/sの転送速度です。

お手頃価格が嬉しいSDカード。

パナソニック(Panasonic) 64GB SDXCメモリーカード RP-SDUC64GJK

商品価格 ¥ 11,510

容量は64GBで、Class10、UHSスピードクラス3に対応したSDカードです。最大読み出し速度90MB/s、最大書込み速度は45MB/s。デジタルビデオカメラや、一眼レフでの4K撮影に適した、おすすめSDカードです。

SDカードの種類

カメラとカードとの相性はとても重要で、所謂、互換性が問題となることがあります。SDカードは、大きく分けて3種類。SDカード、SDHCカード、そしてSDXCカードです。

カメラによっては、「SDXCカードは使えない」といったことも起こり得ます。購入するカメラがどのSDカードに対応しているのか、確認しておくことはとても重要です。

それぞれのSDカードの特徴についてご紹介します。

SDメモリーカード

memory-cards-1426566_640

容量は、128MB〜2GB。ファイルシステムはFAT16に対応しています。

最近では、SDHCやSDXCカードがメインであるため、SDカードの種類は少なくなってきています。しかし、SDHCやSDXCカードをサポートしている機器には、使用できることが多いです。そのため、まだまだ現役で使われていますよ。

撮影スタイルや頻度によって、選択するカード容量も変わります。コストパフォーマンスを考えた容量選択も重要ですよ!

SDHCメモリーカード

sd-1138076_640

容量は4GB~32GB、ファイルシステムはFAT32に対応しています。前述したSDカードと、SDXCカードの中間的な位置づけのカード。機器がSDXCカードに対応していれば、SDHCカードも使用できます。

SDXCメモリーカード

51OQz-oQ6ZL

By: amazon.co.jp

容量は64GB~2TB、ファイルシステムはexFAT。容量が大きいので、多くの写真や動画を撮影する、プロのカメラマンにおすすめです。

SDXCカードが使える機器は、下位互換性により、SDカードとSDHCカードも使えます。

一眼レフ向けSDカードの選び方

camera-1854030_1920

カードを選ぶ場合は、カードの種類に見られる互換性が大切です。しかし、それ以外のパラメータも、SDカードを選ぶ上で重要。転送速度・スピードクラス・UHS-Ⅰ規格・容量も、チェックすることをおすすめします。

連写撮影が多い場合は、転送速度の高いものを選ぶとよいでしょう。動画撮影や、データ容量の大きい静止画撮影を行う場合は、スピードクラスの高いものを選んでください。

目安として、一眼レフの場合はClass8以上、RAW撮影時はClass10以上が必須です。また、Class規格以外に、UHS-Ⅰ規格もあります。UHSクラス1では、最低10MB/s、UHSクラス3の場合は、最低30MB/sの転送速度。

カードのパフォーマンスを活かしたい場合は、要チェックです。