究極のオフローダーとなるか?

険しい岩場が続く山道や急な坂をものともせずに、大排気量のエンジンで進む巨大なタイヤのオフローダー。見ているだけワクワクしますね。今回ご紹介するのは、そんな大迫力クロスカントリーシーンとはならないものの、地球環境に優しいコンセプトオフロードカー Twister です。

これタイヤ?

twister-reactive-off-road-vehicle-concept-by-hankil-moon6

Twister の特徴はなんといってもその"タイヤ"。巨大タイヤではないのに岩場を確実に"つかみ"ながら進む、特別なタイヤ&ホイールなのです。

モーター、スポーク、電磁コイルからなるホイールと伸縮する素材のタイヤで構成。岩などの障害物に合わせてホイールが変形しながら確実に登る、まったく新しいコンセプト。

安全でスリリング

twister-reactive-off-road-vehicle-concept-by-hankil-moon3

Twister は地面からの入力に合わせて変形する、柔軟でありながらも頑丈なフレームとカーボンモノコックのアウターフレーム、透明プラスチックのシェルから成っています。

twister-reactive-off-road-vehicle-concept-by-hankil-moon2

このような構造のおかげで、さながらモーグルのようなコースを下る場合、迫りくる大地を五感で感じながらも、しっかりと安全は確保。これは楽しそう!

最高速度40km/hのEVであるTwister。このホイールをみるだけでも、過酷な災害現場において非常に役に立ちそうなコンセプトです。