車での移動時に道案内をしてくれる「カーナビ」。1万円以下で買えるコストパフォーマンスに優れたモノから、ブルーレイプレーヤーを搭載した高性能なモノまで多くの製品がラインナップされています。

とはいえ、どれを選べばよいのかわからず、購入する際は悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、カーナビのおすすめモデルをタイプ別にご紹介します。カーナビを選ぶにあたっての注意点やポイントなども解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

カーナビの種類

一体型(2DIN)

By: amazon.co.jp

ダッシュボードに埋め込んで使うのが一体型(2DIN)と呼ばれるタイプのカーナビ。視界を遮らず、運転中の邪魔にならないのが魅力です。画面サイズが大きいモデルを多く揃えているため、視認性に優れたカーナビを探している方に適しています。なお、一体型(2DIN)のカーナビを使用する際は取りつけ工事が必要となるので注意しておきましょう。

ポータブルタイプ

By: amazon.co.jp

ポータブルタイプのカーナビは、一体型(2DIN)とは異なり取りつけ工事を必要としないので、手軽に使えるのがメリットです。また、持ち運びができるため、自宅であらかじめルートを確認しておきたいときにも活躍します。

一体型(2DIN)と比べて価格がリーズナブルなのも魅力。しかし、ダッシュボードの上に置いて使うので、視界の妨げになってしまうというデメリットがあります。そのため、ポータブルタイプのカーナビを選ぶときは、コンパクトなモデルをチョイスするのがおすすめです。

カーナビの選び方

画面サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

現在、カーナビの画面サイズは7型が主流ですが、見やすさを重視するのであれば8型や9型など、大きめなモデルを選ぶのがおすすめです。画面サイズが8型以上のカーナビなら、ボタンや文字が大きくなるのはもちろん、表示できる地図の範囲が広くなるというメリットもあります。

ポータブルタイプの場合はあまり心配する必要はありませんが、一体型(2DIN)の場合だと、画面サイズが大きいと取りつけられない車種もあるので注意が必要。そのため、自分の車に取りつけられるサイズかどうかを必ず購入前に確認しておきましょう。

記録メディアで選ぶ

SDメモリーカード

By: amazon.co.jp

SDメモリーカードはフラッシュメモリのひとつで、「SDカード」「SDHCカード」「SDXCカード」などを使ってデータを保存します。SDカードを差し替えれば手軽にストレージ容量を増やせるので、音楽や動画をたくさん楽しみたい方におすすめ。SDカードを使って簡単に地図更新ができるのも大きな特徴です。

SSD(ソリッドステート・ドライブ)

SSD(ソリッドステート・ドライブ)は、ほかの記録メディアよりも起動やデータの読み書きが速いので、カーナビのレスポンスを重視する方におすすめです。製品のバリエーションが少なく、カーナビ本体の価格が高いというデメリットがありますが、機能性を重視したい方はチェックしてみてください。

カーナビの更新費用で選ぶ

By: amazon.co.jp

カーナビは発売してからしばらくすると、道路や建物などの地図データが古くなります。地図が古い状態のままでも使えますが、遠回りになる道路を案内されたり、最新の施設が表示されなかったりなど、カーナビ本来の機能を十分に活用できません。そこで重要になってくるのが、カーナビの地図を最新の状態に保つ「地図データ更新」です。

基本的にカーナビの地図データ更新は有料になっています。メーカーや製品によって更新費用が大きく異なるので、カーナビを選ぶ際には更新費用もしっかりと確認しておきましょう。また、少しでも更新費用を抑えたい方は、追加料金なしで地図更新ができる「無料の地図データ更新」がついた製品がおすすめです。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

少し前までカーナビはルート案内をするのがおもな役割でしたが、最近はさまざまな機能を搭載した高性能なモデルが数多くラインナップされています。

快適にドライブを楽しみたいなら、交通情報を受信してカーナビに表示する「VICS」「VICS WIDE」がおすすめ。そのほか、音声でカーナビの操作ができる「音声認識機能」、車の後方部をカーナビに映し出す「バックカメラ」なども便利です。

また、家族や友人とドライブを楽しみたいなら、フルセグ放送が楽しめる「4×4地デジチューナー」や、高音質で音楽が楽しめる「ハイレゾ音源」、好きな動画が楽しめる「DVDドライブ」が搭載されたカーナビもあわせてチェックしてみてください。

スマホの連携機能をチェック

By: rakuten.co.jp

最近のカーナビは「スマホ連携機能」がトレンド。Android Auto・Apple CarPlayなどのスマホ連携機能を搭載したモデルなら、メッセージを確認したり、好きな音楽を再生したり、一部アプリを楽しんだりと、運転中でも普段使っているスマホと同じような感覚でカーナビを操作できます。より利便性を求める方は、チェックしておきましょう。

HDMI端子をチェック

By: jpn.pioneer

1本のケーブルで映像と音声をデジタル信号のまま伝送する、「HDMI端子」がついているモデルもあります。HDMI端子をスマホと接続すれば、CDやDVDディスクを用意せずに映画やYouTubeを楽しめるため便利です。また、スマホをミラーリングできる機能を備えたモデルもラインナップされています。

カーナビのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、画面の小さなポータブルタイプから高性能な一体型まで、さまざまな種類のカーナビを取り扱っているメーカーです。なかでも「ストラーダ」や「ゴリラ」などのシリーズが人気を集めています。また、業界に先駆けてロシアの測位衛星「グロナス」に対応しているのも魅力のひとつです。

パイオニア(Pioneer)

By: amazon.co.jp

パイオニアは、一体型をメインに販売しているメーカーです。なかでも、ハイエンドクラスの「サイバーナビ」には、業界最先端のテクノロジーを多数搭載しており、高性能なカーナビを求めるユーザーに人気があります。

CDよりも高音質な「ハイレゾ音源」や、走行している場所に合わせて音楽を再生する「ライブレコメンド」など、オーディオを中心としたエンターテインメント機能が充実しているのもポイントです。

ユピテル(YUPITERU)

By: amazon.co.jp

ユピテルは、コンパクトなポータブルナビを中心に取り扱っているメーカー。高品質ながらどの製品もリーズナブルなため、コストパフォーマンス重視でカーナビを選びたい方におすすめです。

また、カーナビソフト「マップルナビPro」には膨大な量の観光情報を収録しており、1台あれば旅行ガイドとして活躍します。スピード超過や駐車禁止などのうっかり違反を抑止する「ユピテルオリジナルデータ」が標準搭載されているのも魅力です。

カーナビのおすすめ|一体型(2DIN)

パナソニック(Panasonic) ストラーダ CN-RE06WD

パナソニック(Panasonic) ストラーダ CN-RE06WD

SDメモリーカードに対応した一体型カーナビです。音楽CDのスピード録音では、16GBの市販SDHCメモリーカードで約5800曲もの録音が可能。より多くの音楽を保存して楽しみたい方におすすめです。

Bluetooth接続にも対応しており、スマホと無線接続すれば再生などの操作もカーナビの画面から可能。ポケットやカバンからスマホを取り出す必要がなく便利です。

機能を拡張するオプションが充実しているのもポイント。ナビ連携専用の前後2カメラドライブレコーダーと接続すれば、地図との連動によって撮影場所が特定できるため、あおり運転対策の効果が期待できます。さらに、専用のETC車載器と接続することでカーナビと連動して道路状況を確認可能。安全性の確保にも役立つおすすめのモデルです。

パイオニア(Pioneer) カロッツェリア 楽ナビAVIC-RW910

パイオニア(Pioneer) カロッツェリア 楽ナビAVIC-RW910

多彩なAVメディアに対応した一体型カーナビ。 iPhone・iPad・DVD・SDメモリーカードなど、カーナビを使用しながら同時に楽しめます。HDMI端子も備えており、さまざまなデジタル機器と接続可能。さらに、 オートシンク切換えができる「12セグ/ワンセグチューナー」が内蔵されているので、映像が途切れることなくスムーズに視聴できます。

タッチやドラッグなど直感的な操作を可能にする「ターゲットインターフェース」が搭載されているのもポイントです。シンプルで操作のわかりやすいモデルを探している方にもおすすめ。モニターには広視野角の高精細HDパネルが採用されており、運転席や助手席から見やすいのも魅力です。

パイオニア(Pioneer) サイバーナビ AVIC-CQ910-DC

パイオニア(Pioneer) サイバーナビ AVIC-CQ910-DC

ストリーミングビデオやレコーダーアクセスなど、車で大容量通信ネットワークを構築できる一体型カーナビです。1年間無料で使用できる「ネットワークスティック」が同梱。YouTube動画を再生したりカーナビをWi-Fiスポットとして活用したりなど、最新の機能が搭載されたハイエンドモデルの購入を検討している方におすすめです。

ペアリング専用アプリをスマホにインストールすれば、自宅のブルーレイレコーダーの遠隔操作も可能。さらに、遠くへドライブに出かけた際には自宅エリアのテレビ番組の視聴も可能です。最大3年分の最新地図データへの更新が無料なのもポイント。追加費用なしで地図を最新の状態に更新できるため、経済的コストを減らせます。

ケンウッド(KENWOOD) 彩速ナビ MDV-M906HDW

ケンウッド(KENWOOD) 彩速ナビ MDV-M906HDW

大画面9型モニターが搭載された一体型カーナビ。1280×720のHDパネルは高精細で広視野角を実現しており、高解像度でシャープな画像を楽しめるモデルです。操作はフリックでスムーズに画面移動できるため便利。ドラッグやタッチ操作によってすばやく必要な画面にアクセスできます。

オーディオ機器の開発も手掛けているメーカーならではの高音質も特徴。CDを上回る情報量を記録できるハイレゾ音源にも対応しているほか、最適なリスニング環境や好みのサウンドを楽しめるサウンド調節機能も搭載。高音質なサウンドにこだわりたい方におすすめの製品です。

クラリオン(clarion) カーナビ NXV997D

クラリオン(clarion) カーナビ NXV997D

高い操作性と高画質が特徴の一体型カーナビ。4つのエリア画面でナビゲーションからアプリケーションまで1画面に表示できるため、メイン画面を見ながらほかの機能を操作できるなど操作性に優れています。モニターには高精細HDディスプレイが採用されており、9型大画面で鮮明な画質が楽しめるモデルです。

スマホと連携して情報の検索やルート案内ができるのもポイント。スマホで検索した情報は自動的にカーナビ本体に送信されて案内を開始し、車から降りた際の徒歩ルートもスマホ上に表示します。機器の操作が苦手な方や、使い勝手のよいモデルを探している方におすすめです。

アルパイン(ALPINE) フローティングビッグX 11 XF11Z

アルパイン(ALPINE) フローティングビッグX 11 XF11Z

大画面の11型カーナビ「フローティングビッグX 11」。プリウスやハイエースなど、さまざまな車種専用モデルがラインナップされているのが特徴ですが、本製品は車種を選ばずに搭載できる汎用タイプとなっています。

ディスプレイには、高精細なWXGA液晶を搭載。ボイスで地図設定などを変えられる「ボイスタッチ」機能のほか、曲がるまでの信号や交差点の数を音声で案内する「カウントダウンガイダンス」機能など、ハンドリングに集中できる便利機能を採用しています。

別途リアビジョンを搭載すれば、テレビや動画を後部座席でも楽しめるのもポイント。シートバック取りつけ型や天井取りつけ型など、さまざまな種類があるので、家族構成や視聴スタイルによって選べます。大画面で視認性に優れたおすすめのカーナビです。

デンソーテン(DENSO TEN) イクリプス 録ナビ AVN-D10

デンソーテン(DENSO TEN) イクリプス 録ナビ AVN-D10

イクリプスの一体型カーナビ「AVN」シリーズ。トリプルコアCPUを搭載しており、処理速度が高いのが特徴。ナビゲーション操作をしつつ動画を再生するなど、負荷のかかる処理もスムーズに行えます。

また、200万画素のドライブレコーダー用カメラを搭載しているのもポイント。ルームミラー裏に設置できる小型タイプで、夜間でも明るく見える「HDR合成技術」によって昼間はもちろん、夜間のドライブも鮮明に撮影可能です。

別途バックアイカメラを搭載すれば、後方も録画可能。後方からの追突やあおり運転なども記録できるので、いざというときに備えられます。ドライブレコーダーとしても高性能なおすすめのカーナビです。

カーナビのおすすめ|ポータブルタイプ

パナソニック(Panasonic) ポータブルカーナビ GORILLA CN-G1300VD

パナソニック(Panasonic) ポータブルカーナビ GORILLA CN-G1300VD

大容量16GBのSSDが搭載された、ポータブルタイプのカーナビです。トリプル衛生受信の採用で対応衛生数が約1.8倍に増えて、より正確な自車位置の確認が可能。ロシアの測位衛星「グロナス」と国産の「みちびき」にも対応しており、受信の困難なビル街や山間部でも精度の高い測位を可能にしています。

加えて、複雑な都市部の道路網に対応する独自の測位システム「Gロケーション」を搭載。3つの衛生とGジャイロセンサーを駆使した、より正確なナビゲーションを実現しています。スマホの地図アプリでは物足りなさを感じている方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) ポータブルカーナビ GORILLA CN-G530D

パナソニック(Panasonic) ポータブルカーナビ GORILLA CN-G530D

ワンセグチューナーを内蔵したカーナビ。緊急警報放送にも対応しており、運転中でも災害の発生などの情報を得られます。モニターにはコンパクトな5型を採用。ダッシュボードに設置しやすいため、スペースに余裕がない車に取りつけたい場合におすすめです。

安全な運転をサポートする機能も充実しています。事故の多い地点や道路標識を音声で知らせてくれるほか、逆走も検知。慣れない道やはじめて行く場所でも安心して運転できます。

交通状況に応じて適切なルートを案内する交通情報サービス「VICS WIDE」が利用できるほか、お出かけスポットを収録した「るるぶDATA」も便利。スポット情報を活用すれば、観光地でのドライブをより楽しめます。

ユピテル(YUPITERU) ポータブルカーナビ WNB75ML

ユピテル(YUPITERU) ポータブルカーナビ WNB75ML

日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語で音声案内と地図表示ができる、ポータブルタイプのカーナビです。レーダー探知機を手掛けるユピテルならではの警報表示が特徴。ハイグレードタイプのレーダー探知機と同等レベルの情報を収録しているため、レーダー探知機の購入を検討している方にもおすすめのモデルです。

取りつけは角度を調節できるブラケットによって、視界を妨げにくい位置に調節できます。また、万が一の災害時に役立つ「震災支援モード」が搭載されているのもポイント。旺文社から発行されている「災害時帰宅支援マップ」の情報をナビに表示可能です。

ユピテル(YUPITERU) ポータブルカーナビ WNL55ML

ユピテル(YUPITERU) ポータブルカーナビ WNL55ML

5インチ感圧式タッチパネルが搭載された、ポータブルタイプのカーナビ。使いやすい操作感を実現しており、はじめてカーナビを購入する方におすすめのモデルです。「一方通行進入禁止案内」や「交差点対向車注意案内」を新たに追加。7万3000件ものGPSデータを搭載しており、安全な運転をサポートする機能も充実しています。

本体にリチウムイオンバッテリーが内蔵されているのもポイント。万が一のバッテリーあがりなどのトラブル時にも約2時間の使用が可能です。取りつけはダッシュボードに設置してシガーソケットから電源をとるだけなので簡単。角度調節できるスタンドによって、運転席から見やすい位置に調節可能です。

カイホウ(KAIHOU) ポータブルカーナビ Navia TNK-759DTS

カイホウ(KAIHOU) ポータブルカーナビ Navia TNK-759DTS

低価格ながら機能の充実したポータブルタイプのカーナビ。最新の施設や道路を収録したナビゲーション機能のほか、取締エリアを知らせてくれる「オービス警告機能」も搭載されています。

7型モニターには操作の簡単な静電容量タッチパネルが採用されているほか、取り外し可能なサンバイザーが付属しており、明るい場所でも画面が見やすいのもポイント。さらに、どこでもテレビを楽しめて録画のできるワンセグチューナーも搭載されています。コストパフォーマンスに優れたモデルを探している方におすすめのモデルです。

ドリームメーカー(DreamMaker) ポータブルカーナビ PN0902A

ドリームメーカー(DreamMaker) ポータブルカーナビ PN0902A

比較的リーズナブルながら、フルセグ9インチ大画面モニターが搭載されたポータブルタイプのカーナビ。フルセグテレビはモニターの背面ロッドアンテナを使用して受信する仕様で、ナビと同時表示も可能です。

背面にはAV入力端子やカメラ端子のほか、MicroSDカードスロットも搭載。手持ちの動画ファイルや音楽データを再生して楽しみたい方におすすめのモデルです。ロシアの衛星測位システム「グロナス」と準天頂衛生「みちびき」に対応しており、高層ビル街や山頂部付近など測位の難しい場所でも精度の高い位置表示ができます。