イヤホンで聴くロック。スピーカーでの大音量は周囲に迷惑をかけてしまう場合でも、イヤホンなら思い切り楽しめます。でも、値段も種類も多くてイヤホン選びには迷ってしまうことも。どのイヤホンで聴けば、ロックを楽しめるのでしょうか。

そんな方には「ロック向け」イヤホンがおすすめ。そう、ロックにはロックに合った音質のイヤホンがあります。聴けば納得。一度使ってしまうともう手放せない、そんなイヤホンをご紹介します。

ロックにおすすめのイヤホン8選

JVCケンウッド(KENWOOD) カナル型イヤホン XXシリーズ HA-FX3X

418hl10vl

商品価格 ¥ 2,980

重低音とキレのある音質が特徴のカナル型イヤホン。ジェイブイシーの重低音イヤホン・XXシリーズの人気機です。10mm径のネオジウム・ダイナミック型ドライバーユニットと、エクストリームディープバスポートの組み合わせ。パワフルな重低音再生を実現しています。

カーボン振動板とメタルボディは、高精細でキレのあるサウンドを聴かせます。衝撃に強いエラストマー素材のラバープロテクターを採用した、個性的な外観も魅力。外で存分にロックを楽しみたい方におすすめです。

ソニー(SONY) カナル型イヤホン EXTRA BASS MDR-XB90EX

41dggsere4l

商品価格 ¥ 8,800

ソニーの重低音イヤホン・EXTRA BASSシリーズ最上位機です。新開発アドバンスド・ダイレクト・バイブ・ストラクチャーを採用。ユニットから鼓膜までの気密を高めた構造により、ダイレクト感のある迫力サウンドを響かせます。

また、大口径16mm径のダイナミック型ドライバーユニットを搭載。スケール感のある重低音もポイントです。緻密でクリアな音質は、ソニーならでは。ロックであっても演奏の細部を聴き取りたい方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS770

41ilzb8eiel

商品価格 ¥ 4,750

オーディオテクニカの重低音イヤホン・SOLID BASSシリーズ中級機です。独自のデュアルマグネティックフィールド・ドライバー技術を搭載。向かい合う2つのマグネットによる高磁力で、大口径ドライバーの力強い動きを導きます。締まりのある豊かな低域を再生。

美しい切削無垢アルミニウムエンクロージャーもポイントです。大振幅によるドライバーの筐体への共振を抑え、不要な歪みを低減。伸びのある中高域を聴かせます。つまり、大音量に強いイヤホンと言えます。シリーズ名そのままの、硬質な音が好みの方にもおすすめです。

シュア(SHURE) カナル型 高遮音性イヤホン SE215 Special Edition

417ivt-vrcl

商品価格 ¥ 10,602

シュアは、プロミュージシャンのステージモニターとして使われる定番メーカーです。中でも本機は、一般用としても高い人気を誇る定番機。上位と違い、ダイナミック型ユニットを使用しています。繊細さよりも迫力重視のサウンドが特徴です。もちろん、ロックとの相性も抜群です。

この価格ながら、ケーブル交換に対応するのもポイント。仮に激しく動いて断線してしまっても、リケーブルすれば元通り。透明なボディもクールです。タフな環境で使いたい方におすすめ。

ジェイビーエル(JBL) Synchros カナル型イヤホン E10

31aqc8fnrpl

商品価格 ¥ 3,980

ジェイビーエルはアメリカの老舗スピーカーメーカーです。録音現場で使われるモニタースピーカーの定番メーカーでもあります。目の前に迫ってくるような、独特の迫力の音が持ち味で、ロック業界でも人気です。細部にこだわらず、全体を大掴みにしたワイルドさもポイント。

本機は、そんなジェイビーエルのサウンドをイヤホンで再現しました。他では得難いリアリティーで、ロックの世界を描き切ります。世界的なプロダクトデザイン賞を受賞したデザイン性も魅力です。小さめのボディは女性にもおすすめ。

マーシャル(Marshall) イヤホン MODE

31hnvjbknul

商品価格 ¥ 3,932

ロックミュージシャン御用達の、ギター・アンプブランドによるカナル型イヤホンです。伝統のサウンドをイヤホンでも再現すべく、チューニングされています。

専用に設計された、9mm径ダイナミック型ドライバーによって高出力再生。音の塊が迫ってくるようなアナログサウンドを奏でます。

マーシャルを愛奏するアーティストの録音との相性は最高。鮮明さやレンジ感は追わない独自性が炸裂します。マーシャルのロゴが入っている点も、モノとしての価値を感じられるのではないでしょうか。

フェンダー(Fender) ダイナミック型高遮音性カナル型イヤホン FXA2

41-o0nccf8l

商品価格 ¥ 36,324

こちらも、ロックミュージシャンにはお馴染みのメーカー。ロックに合うべく、ベース・ドラム中心の低音寄りの音質調整を謳っています。ギターメーカーであるフェンダー。低音ばかりでなく、ギターの繊細なプレイも聴かせる絶妙な仕上がりです。

幅広いロックに照準を当て、多くの音源とのマッチングも研究したはず。もちろん、フェンダーギターを使った録音では、他の追随を許さないほどの再現力を誇ります。ギターの音質にこだわる方にもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) カナル型イヤホン IE80

41n479s9ol

商品価格 ¥ 36,745

ゼンハイザーは、プロ用機器も多数手がける世界的なヘッドホン・イヤホンメーカー。基本的にはクラシック音楽を得意にしていますが、ロックとの相性もよい機種もいくつも出しています。

本機はイヤホンとして極めて珍しい、低音の出方を調整が可能。ロック向けに重低音を増強したい方にもうってつけです。また、ギターを強調して聴きたい時には、低音を減らすとバランスがよくなります。

基本的な音質は、緻密で情報量の多い高音質志向。これでロックを聴くと、新たな発見があるかもしれませんね。

ロック用のイヤホンってどうやって選ぶ?

ロック向けの音質とは

71zslccdqpl-_sl1500_

By: amazon.co.jp

ギター・ベース・ドラムの3楽器を中心に、ボーカルを加えた構成で演奏されることが多いロック。この基本構成を元に、ロック向けの標準的な音質について考えます。ロック向け、というと低音重視が一般的です。特徴的な音質傾向も見えてきます。

それは、低音が強いだけでなく、高音も強めで、音の輪郭もクッキリ。さらに、全体的に音が近く聴こえ、ボーカルも目の前にいるような音。つまり、ノリがよくキレのよい音。パワフルさ、荒さも欲しいところです。

高遮音性のカナル型が基本

4198sqnuaal

By: amazon.co.jp

イヤホンには、遮音性が高く音漏れが少ないカナル型と、遮音性が低く音漏れも多いインナーイヤー型があります。このうち、ロックに向くのはカナル型。

なぜならカナル型の方が、ロックで重視される重低音再生能力が原理的に高いから。遮音性(密閉性)が高いほど、低音再生能力は高まります。また、音の質感傾向としても、カナル型は空気感が希薄な代わりに、音の密度が高い傾向にあります。

インナーイヤー型を人前で使うと盛大に音漏れしてしまいます。大音量になりがちなロックでは使いにくいこともポイント。

ダイナミック型がおすすめ

31guurnd9el

By: amazon.co.jp

発音方式による違いもあります。発音方式は、ダイナミック型、バランスド・アーマチュア(BA型)、両方搭載のハイブリッド型に分けられます。

ロックに向くのはダイナミック型です。ダイナミック型は、BA型より重低音再生能力に優れています。また、繊細な傾向ではないことも、粗削りなパワフルさがマッチしやすいロックに合っています。

重低音重視タイプもおすすめ

514z9mhrofl

By: amazon.co.jp

全てのダイナミック型のカナル型イヤホンがロック向き、というわけでもありません。ただ、重低音に注目した「ロック向け」という共通認識はあるようです。

そこで、大手メーカーは各社「重低音イヤホン」を販売。単に低音が強いというだけでなく、主にロック・クラブミュージックに合う音質に調整しています。難しく考えたくないならこの「重低音イヤホン」から選ぶのがおすすめです。

ロックに縁の深いメーカーから選ぶ

41n5n3ynobl

By: amazon.co.jp

有名オーディオメーカーばかりがロック向けイヤホンを出しているわけではありません。ロックに縁の深い楽器メーカーもイヤホンを販売しています。なぜなら、プロにも演奏・録音時のモニター(確認)用にイヤホンが必要だからです。

まさにロックの制作現場で、ロックに合った音でモニターできるよう音質調整されています。楽器メーカーに加えて、ロックミュージシャンに愛好者の多いモニターイヤホンメーカーも注目です。

楽器メーカーとしてはフェンダー、マーシャル。モニターイヤホンメーカーとしてはウエストン、シュア、ユニークメロディなどが挙げられます。