メイク落としに必須の「クレンジング」。バーム・オイル・クリームタイプなどさまざまな種類があるため、使用感の好みや肌の状態、肌質に応じて選ぶのがおすすめです。

そこで今回は、おすすめのクレンジングをご紹介します。年代別に人気を集めている売れ筋アイテムを厳選して紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

クレンジングとは?

By: bobbibrown.jp

クレンジングは、メイクや毛穴に詰まった皮脂汚れなどをはじめとした油性の汚れを落とすためのアイテム。ファンデーションやマスカラなどの油性成分を含むメイクアップ化粧品は、水性の汚れを落とす洗顔料だけではオフしきれません。メイクをした日は必ずクレンジングを使ってメイクを落としましょう。

また、クレンジングとひと口にいっても、テクスチャーの種類はさまざま。テクスチャーによってメイクのなじみ方や使用感が異なるため、毎日使うものだからこそストレスなく使えるクレンジングを選ぶのがおすすめです。

クレンジングの種類

しっかりとメイクを落とせる「クレンジングバーム」

By: hugkumiplus.net

クレンジングバームは、容器に入った半固形状のクレンジング料。手のひらに乗せると体温でバームがとろけ、メイクとなじみやすいテクスチャーになるタイプのアイテムです。

オイルタイプやリキッドタイプよりもとろみのあるテクスチャーで、メイクや皮脂などの油性の汚れと絡みやすく、クレンジング力が高いのが魅力。保湿成分がたっぷりと含まれているアイテムを選べば、しっかりとメイクを落としながら、洗いあがりの肌のつっぱり感を抑えられます。

クレンジングバームは、手や顔が乾いた状態で使うことを推奨されているアイテムが多いのも特徴。濡れた状態で使用すると、本来のクレンジング効果を発揮できなくなるため、注意が必要です。また、容器に水が入ると中身の品質が劣化したり、雑菌が繁殖したりといったことが起きる場合も。スパチュラを使ったり、使用後は浴室以外の湿度の低い場所で保管したりと、丁寧に扱う必要があるアイテムです。

▼クレンジングバームについてもっと詳しく知りたい方はこちら

メイク汚れとのなじみがよい「クレンジングオイル」

By: amazon.co.jp

油分を主として構成されているオイルタイプのクレンジングは、メイクとのなじみのすばやさが魅力。メイクの油分と結びつき、ゴシゴシとこすらなくても、すっきりと汚れを落とします。

クレンジングオイルは、メイクや皮脂汚れなどとしっかりとなじみきった後、すすぎの前に「乳化」という工程を挟む必要があるのが特徴。少量のぬるま湯を加えて、全体が乳白色に変わるまでなじませましょう。乳化が終わった後に流水ですすぐことで、すすぎ残しやすすぎの際の過度な摩擦を防げます。

脱脂力が高く乾燥を引き起こしやすいといわれるクレンジングオイルは、保湿成分を含んだアイテムを選ぶのがおすすめ。洗いあがりの乾燥を感じにくくなります。

マッサージも同時にできる「クレンジングジェル」

By: rakuten.co.jp

クレンジングジェルは、ジェル状のテクスチャーなので、クレンジング時の肌と指との摩擦を減らせるのが魅力です。肌にやさしい使い心地ながら、含まれているクレンジング成分でしっかりとメイクを落とせます。

また、くるくると指をやさしく滑らすようにクレンジングをすることで、マッサージも同時におこなえます。アイテムによって洗いあがりの肌の質感が異なるため、肌質や肌の状態にあったものを選んで使ってみてください。

乾燥が気になる方におすすめの「クレンジングクリーム」

By: amazon.co.jp

クリームタイプのクレンジングは、なめらかに肌になじむ贅沢な使い心地が魅力。メイクや皮脂などの汚れとやさしくなじみ、うるおいを保つために必要な油分は残しながら洗い上げられるものが、豊富に揃っています。

指滑りがよいので、肌への摩擦による負担を抑えて洗えるのもポイント。保湿成分をたっぷりと含んだアイテムも複数ラインナップされているため、乾燥肌タイプの方にもおすすめのアイテムです。

肌負担の少なさが魅力の「クレンジングミルク」

By: amazon.co.jp

肌への負担を抑えたアイテムが多く揃っているのが、クレンジングミルクです。とろみがありサラッと肌になじむテクスチャーで、するするとメイクを落とせるのが特徴。肌にやさしい成分構成でつくられているものが豊富にラインナップされているため、敏感肌タイプの方や肌がデリケートに傾いているときに使うアイテムとしておすすめです。

ただし、肌にやさしい成分でつくられている反面、クレンジング力が控えめなものが多いのも事実。ウォータープルーフのコスメでメイクをしている場合は、部分的に落としにくく感じることもあります。ポイントメイクリムーバーと併用するなど、工夫して使ってみてください。

さっぱりとした使用感の「クレンジングリキッド」

By: orbis.co.jp

さまざまなテクスチャーが揃うクレンジングのなかでも、特にさっぱりとした使い心地を有しているのがクレンジングリキッド。ほかのアイテムと同様に手にとって顔になじませるものだけでなく、コットンに染み込ませて拭き取るように使うタイプもあります。

コットンに染み込ませて拭き取って使うタイプには、拭き取り後のすすぎが不要のアイテムもラインナップ。時短で手軽にメイクをオフしたい方におすすめです。クレンジング力の高さやメイクオフ後の肌の質感は、ものによって異なるため、好みのアイテムを選んで使ってみてください。

忙しい日に活躍する「クレンジングシート」

By: bifesta.jp

帰宅後すぐにメイクを落としたいとき、忙しいとき、旅行先でメイクを落としたいときなど、さまざまなシーンで便利に使えるのがクレンジングシートです。パウチに入ったシートで拭き取るだけで、簡単にメイクを落とせます。

手軽にメイクを落とせるメリットがある反面、シートで拭き取ることによる摩擦がかかるのは留意しておきたいポイント。使用する際は、できる限り力を入れずに、やさしく撫でるようにメイクを落とすことを心がけましょう。毎日使うと拭き取りによる摩擦が蓄積していくので、ほかのクレンジングアイテムと使い分けるのがおすすめです。

クレンジングのおすすめ|20代向け

第1位 シュウ ウエムラ(shu uemura) アルティム8∞ スブリム ビューティクレンジングオイル

数々のベストコスメを受賞しており、世界中で人気を集めるクレンジングオイルです。スキンケア成分を約75%配合しており、うるおった肌を保ちながらクレンジングができます。

とろみのあるテクスチャーがメイクや皮脂汚れとしっかりなじむのが魅力。肌をゴシゴシと摩擦しなくても汚れと絡みつくので、マスクの着用によって敏感になっている肌にも使いやすいタイプです。

150mlの中サイズだけでなく、お試し用に適した50mlサイズや、使い続けたい方におすすめの大容量450mlサイズも展開。使う人に適したサイズを選びやすいのもポイントです。

第2位 デュオ(DUO) ザ クレンジングバーム ブラックリペア

口コミで人気を集める「デュオ」のクレンジングバームのなかでも、特に評判のよい「ブラックリペア」タイプ。独自開発の吸着成分「ブラックパウダー」と活性炭によって、毛穴の黒ずみ汚れの原因となるタンパク汚れや皮脂などをすっきりと洗浄するのが魅力です。

角栓なども洗い落とす効果が期待できるため、肌のザラつきや毛穴の汚れの悩みが多い20代の方には特におすすめ。発酵保湿成分の「アスペルギルス/コメ発酵エキス」が、肌のうるおいを守りながら洗い上げます。

W洗顔不要なので、1つでクレンジングから洗顔まで完了。忙しくてもスキンケアはしっかりとおこないたい方にぴったりのアイテムです。

第3位 ファンケル(FANCL) マイルドクレンジングオイル

撫でるだけでするんとメイクを落とせると人気のクレンジングオイル。メイク汚れだけでなく、鼻・額・あごなどに溜まった古い角質や汚れなども絡め取るので、いやな肌のザラつきも洗い落とします。

また、肌のうるおいは残しながら洗い上げるので、クレンジング後の乾燥が気になりにくいのもポイント。オイルタイプながらすっきりとすすぎやすく、特有のヌルつきも残りにくいのが魅力です。

濡れた手でも使えるため、浴室でクレンジングができて便利。公式販売サイトでは、約1か月分がお試しできるミニボトルも用意されています。本品を購入する前にまずは一度試してみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

第4位 バニラコ(BANILA CO) クリーンイットゼロ クレンジングバーム オリジナル

プチプラかつクレンジング力が高いと人気の韓国コスメのクレンジングバーム。シャーベットのようにほろほろ溶けていくような使い心地で、クレンジング時の肌摩擦を軽減したい方におすすめのアイテムです。

独自の「ゼロバランステクノロジー」技術を採用しており、肌のうるおいをキープしながら洗浄できるのがポイント。洗顔後の肌がつっぱりやすい方にぴったりです。加えて、メイクや皮脂汚れはすっきりと洗い落とせるので、濃いメイクをした日のクレンジングにも適しています。

第5位 ルルルン(LuLuLun) クレンジングバーム CLEAR BLACK

毛穴の汚れや角栓が気になる方におすすめのクレンジングバーム。洗浄成分として天然泥の「モンモリロナイト」や微細な炭パウダーが含まれており、毛穴の汚れをすっきりと吸着して落とすのが特徴です。

また、天然由来のハリツヤ成分である「AHA」が、余分な皮脂や角栓をオフ。汚れを落とすだけではなく、整肌成分がたっぷりと配合されているため、なめらかでつるんとした肌に整えます。W洗顔不要タイプなので、洗顔時間を短縮できるのもおすすめポイントです。

ワンタッチで開けやすく、付属スパチュラの保管スペースも備えるなど、使いやすさに特化した容器も魅力。きれいにすくえる形状のスパチュラなので、最後まで無駄なく使えます。

第6位 パラドゥ(ParaDo) スキンケアクレンジング ミルク状メイク落とし

大手コンビニのセブンイレブンで販売されているミルクタイプのクレンジングです。コンビニで買える手軽さが魅力で、急なお泊まりや旅行、出張のときなどにも重宝します。

W洗顔が不要なタイプなので、メイク落としと洗顔を一度で終えられるのも魅力。濡れた手や顔でも使えるアイテムで、お風呂場でも使用できて便利です。独自技術の「アクアカプセル処方」で、落としにくいアイメイクもするすると落とせます。

また、保湿成分の「ヒアルロン酸Na」や「ベタイン」などを配合。洗顔後の肌をしっとりと整えます。シトラスのさわやかな香りが楽しめるのもおすすめポイントです。

第7位 インク(ink) インク・クレンジングバーム

人気のクレンジングバームのなかでも特に価格が安く、バームタイプを初めて使う方でも手に取りやすいアイテム。低価格ながらもポイントメイクもしっかりと落とし、しっとりもちもちの肌に洗い上げます。

パラベンや合成着色料、アルコールなどの成分を使用していないのも特徴。肌質を問わず使いやすいクレンジングバームです。

W洗顔不要なほか、マッサージオイルや角質ケアアイテムとしても活躍。香りの種類はシトラスやラベンダーなど複数展開しており、無香料タイプもあるので香りつきが苦手な方にもおすすめです。

第8位 牛乳石鹸共進社 カウブランド 無添加メイク落としミルク

原料から厳選してつくられており、肌がデリケートな方でも使いやすい低刺激処方を採用しているクレンジングミルクです。「着色料」「香料」「防腐剤」「品質安定剤」「鉱物油」「アルコール」無添加で、洗浄成分は肌に負担をかけにくいアミノ酸系洗浄成分を採用しています。

なめらかなテクスチャーでメイクとのなじみがよいのもポイント。濡れた手や顔でも使えて便利です。また、保湿成分「天然由来セラミド」を配合しているため、洗いあがりの肌をしっとりとした状態に導きます。

プチプラで肌への負担を考慮したクレンジングを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第9位 ロゼット(ROZETT) 夢みるバーム 海泥スムースモイスチャー

クッションバーム処方でクレンジング時の肌摩擦を軽減しながら使えるアイテム。肌のうえでとろけてなめらかなテクスチャーに変化し、メイクや皮脂などの汚れをしっかりと洗い落とします。

本アイテムには、保湿成分の「セラミド」を3種類配合。肌のうるおいを守りながら洗えて、すすぎの後のつっぱり感も出にくいのが特徴です。

フタの内側にはスパチュラが付属しており、衛生的に使えるのも魅力。かわいらしい水彩タッチのイラストが描かれたパッケージが、無機質になりがちな洗面所やバスルームに彩りを加えます。パッケージも重視したい方におすすめのクレンジングバームです。

第10位 無印良品 マイルドオイルクレンジング

安く手に入れられて使い続けやすいと、20代から50代まで幅広く支持を集めるクレンジングオイルです。200mlサイズのほか、大容量400mlサイズも展開しています。

アイメイクやリップなどのポイントメイクにも、スピーディになじむテクスチャーが魅力。メイクなどの汚れはすっきりと落としながら、配合されている保湿成分によって肌のうるおいを保ちます。濡れた肌にも使えるタイプなので、浴室でシャワーを浴びながら使えるのも便利なポイントです。

第11位 アクロ(ACRO) THREE バランシング クレンジングオイル R

100%天然由来の原材料を使用してつくられたクレンジングオイル。国際的な有機認証である「COSMOS」を取得しており、オーガニックなアイテムにこだわってクレンジングを選びたい方におすすめのアイテムです。

美しい黄金色のオイルが肌になめらかになじみ、メイクや皮脂などの汚れをしっかりとオフ。保湿・エモリエント成分がたっぷりと含まれているため、クレンジング後はしなやかにうるおった肌に導きます。

天然由来の深みのある香りを楽しみながらクレンジングができるのも魅力。外からの刺激に1日さらされ続けた肌をいたわりながらメイクをオフできるアイテムを探している方におすすめです。

第12位 ビオデルマ(Bioderma) サンシビオ エイチツーオー D

世界各国で販売されている人気のクレンジングリキッド。コットンに出して肌を拭き取るように使うタイプで、拭き取り後は洗い流す必要がなく簡単にメイクオフできるのが魅力です。

また、「ミセラーテクノロジー」によって、汚れを絡め取り、肌に再付着させないのもポイント。コットンの内部に汚れを閉じ込めて肌の再汚染を防ぐほか、配合されている保湿成分が肌にうるおいを与える効果も期待できます。

洗浄成分には「脂肪酸エステル」という肌に負担をかけにくい成分を採用。弱酸性で無香料・無着色、エチルアルコール・オイル・パラベン無添加と肌へのやさしさにこだわってつくられているアイテムです。

第13位 オルビス(ORBIS) クレンジングリキッド

使用後のヌルつきや油膜感がない100%オイルカットタイプのクレンジングリキッドです。全体の30%以上が保湿成分で構成されているため、さっぱりとした洗いあがりながら肌はしっとりもちもちに導きます。

洗浄成分は植物由来のものを採用。擦らなくてもメイクをするんとオフするので、肌への摩擦による負担を抑えられます。無香料・無着色・アルコールフリーで弱酸性と、配合成分にこだわってつくられているアイテムです。

第14位 マンダム(mandom) ビフェスタ クレンジングシート ブライトアップ

拭き取ることでメイクや皮脂汚れと一緒に古い角質も絡め取り、つるんとした明るい印象の肌へ導くクレンジングシートです。100%オイルフリーで、まつエクをしていても使えます。

シートには、肌への摩擦による負担を抑えられるやわらかいものを採用しているのがポイント。保湿効果のある洗浄成分と保湿成分をたっぷりと含んでいるため、汚れはすっきりと落としながら、肌のうるおいは残します。

大判シートなので、顔のすみずみまでしっかりと拭き取れるのも魅力。シートの乾燥を防げるフタつきの容器で使いやすいアイテムです。

クレンジングのおすすめ|30代向け

第1位 アテニア(Attenir) スキンクリア クレンズオイル

メイクをすばやく浮き上がらせて落とすので、激しい摩擦などをかけずにクレンジングができるアイテムです。ポイントメイクや落としにくいウォータープルーフマスカラなども落としやすく、日頃からしっかりとメイクをしている方に適しています。

メイクや皮脂の汚れはもちろん、肌がくすんで見える原因の古い角質を同時に洗浄できるのが魅力。また、保湿成分として「アルガンオイル」や「バオバブオイル」などの保湿力の高いオイルも配合しているため、肌のうるおいを保ちながら洗い上げます。

天然由来の柑橘系アロマの香りも特徴。ベルガモットやネロリ、ラベンダーなどといった、リラックスタイムを演出する香りがついており、クレンジングを心安らぐ時間に導きます。公式販売サイトでは、初回限定で同ブランドの人気化粧水をお試しできるミニボトルがついてくるので、お得に購入可能です。

第2位 デュオ(DUO) ザ クレンジングバーム

独自技術「毛穴クリアカプセル」によって、メイクや毛穴の皮脂・角栓などの汚れをすっきりと洗い落とす人気のクレンジングバームです。まつエクをしていても使えるタイプ。W洗顔も不要なのでクレンジングと洗顔にかける時間を短縮できます。

また、31種類もの整肌保湿成分が配合されており、洗いあがりの肌がつっぱりにくいのも魅力。年齢に応じたエイジングケアをクレンジングにも取り入れたい方におすすめです。乾燥による小じわを目立ちにくくする効能評価試験をクリアしているので、乾燥が気になる方にも適しています。

第3位 カバーマーク(COVERMARK) トリートメントクレンジングミルク

美容液成分を89%配合しており、保湿力の高さが魅力のクレンジングミルクです。配合されている保湿成分「MCキトサン」は、洗い流した後の肌に保湿膜を形成。すすいだ直後の肌を、スキンケアしたようなしっとりした状態に導きます。

また、独自の「アクアクレンジングゲル構造」によって、メイクを浮き上がらせるようにオフできるのが特徴。落ちにくいメイクも肌に負担をかけずにやさしく落とせます。

なめらかで肌なじみのよいミルクは、みずみずしさもあるので使い心地がよいのもポイント。9つのエッセンシャルオイルをブレンドした香りも特徴的です。

第4位 コーセー(KOSE) コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム n

肌の表面にとどまり水分を保つエモリエント成分をたっぷりと配合しており、クレンジング後の乾燥を防ぐクレンジングクリーム。価格帯は高価ながら、世代を問わず人気のアイテムです。

本アイテムには、「紅富貴エキス」や「黒大豆エキス」などといった肌にハリを与える成分や保湿成分も豊富に配合。メイクをオフすると同時に、ハリのあるうるおった肌に整えます。また、エッセンシャルオイルが含まれているため、ナチュラルな香りがついているのも特徴です。

第5位 カネボウ(KANEBO) カネボウ インスタント オフ オイル

軽やかな使い心地が魅力のクレンジングオイル。低分子の洗浄成分「フェザリーライトオイル」を配合しており、羽のように軽い感触を実現しています。

また、アミノ酸由来の洗浄成分も配合しているため、クレンジング時の肌への負担が少ないのもポイント。うるおいを守りながら洗い上げる効果も期待できるため、毎日使うものだからこそ肌負担の少ないものを選びたいと考えている方におすすめです。

第6位 クリニーク(CLINIQUE) テイク ザ デイ オフ クレンジングバーム

肌質を問わず使いやすい、人気デパコスブランドのクレンジングバームです。落ちにくいメイクや皮脂の汚れをやさしくすっきりと洗い落とします。

保湿成分として「ハイブリッドサフラワー油」などを配合しており、洗いあがりの肌がつっぱりにくいのも魅力。肌に乗せてなじませていくと、なめらかな質感のテクスチャーに変わり摩擦を低減しながらクレンジング可能です。友人や自分へのプレゼントとしても人気で、さまざまな世代の方から支持を集めています。

第7位 クレージュ(CLAYGE) クレンジングバーム クリア

つるんとした肌に洗い上げると人気のプチプラクレンジングバームです。吸着成分の「ナチュラルクレイ」を配合しており、毛穴の汚れやくすみの原因となる古い角質をしっかりと除去します。

汚れはしっかりと洗い上げながら、たっぷりと含まれた保湿成分によって肌のうるおいを保てるのも魅力。乾燥を防ぎ、キメの整った肌に導きます。

「パラベン」「アルコール」「合成着色料」「シリコン」「紫外線吸収剤」「鉱物油」無添加で、肌に配慮しているのもポイントです。ドラッグストアなどでも購入できる手軽なクレンジングを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第8位 はぐくみプラス cocone クレンジングバーム

毛穴の汚れに悩んでいる方におすすめのクレンジング。肌に乗せるととろとろに溶けるバームが、毛穴の汚れにしっかりと絡みついて洗い落とします。また、独自技術の「ナノブライトキャッチ処方」によって、落ちにくい濃いメイクもすっきりと洗浄できるのがポイントです。

「ホホバオイル」や「シアバター」などといった肌にうるおいを与える保湿成分をたっぷりと含んでいるため、クレンジング後のつっぱり感が少ないのが魅力。もっちりとしたハリ感のあるツヤ肌に導きます。

まつエクをしていても使えるタイプで、W洗顔も不要。専用のスパチュラつきなので、衛生的に使い続けたい方にもおすすめです。

第9位 コーセー(KOSE) ソフティモ スピーディ クレンジングオイル

ドラッグストアでも購入できるプチプラのクレンジングオイル。すばやくメイクとなじむクレンジング力の高さが魅力で、W洗顔も不要なタイプのアイテムです。

毛穴に溜まったメイクだけでなく、角栓などの汚れもすっきりとオフ。濡れた手や顔で使ってもクレンジング力が変わらないため、お風呂場でも使えて便利です。まつエクをつけていても使えるとも謳われています。

また、オーガニック認証を受けた5種類のエモリエント成分を配合しているのも魅力です。洗いあがりの肌をつっぱりにくく、なめらかな状態に仕上げます。

第10位 シェルクルール化粧品 ナチュレポウ・シリーズ ベーシッククリーム

日本で立ち上げられ30年以上愛され続けている「シェルクルール化粧品」のクレンジングです。マッサージクリームとしても使えるタイプ。なめらかなクリーム状のテクスチャーで、肌にしっとりとなじみながらメイクを落とします。

低刺激性と謳われており、使い心地がやさしいため、肌がデリケートな方にもおすすめ。肌をやわらかく整えるので、肌がゴワついているときに使うのにも適しています。

第11位 ディオール(Dior) プレステージ ル バーム デマキヤント

ハイブランド「ディオール」から展開されている、プレミアムスキンケアライン「プレステージ」のクレンジングバームです。ゴールドのキャップとクリアボトルが美しく、見た目にも贅沢なアイテム。付属のスパチュラにもディオールのロゴが施されているなど、細部にまでこだわってつくられています。

バラ由来の整肌成分や保湿成分をたっぷりと配合しており、肌をいたわりながらメイクや汚れをオフできるのが魅力です。しなやかでふっくらとした肌に整えます。30代に入って肌の乾燥が気になり始めた方におすすめなので、ぜひチェックしてみてください。

第12位 アンドビー(&be) クリアクレンズウォーター

ナノバブル発生ボールを配合しているユニークなクレンジングリキッド。メイクだけでなく、毛穴の汚れや古い角質を、ナノバブルがやさしく浮かしながらオフします。角質が溜まりがちな30代以降の肌に適したアイテムです。

本アイテムは、コットンに含ませて拭き取るように使うタイプ。拭き取った後はすすぎをせずにスキンケアに進めるので、クレンジングを時短で済ませたい方におすすめです。朝の洗顔代わりにも使えます。

保湿成分がたっぷりと配合されており、ふっくらとしたキメの整った肌に整えられるのが魅力です。肌にやさしい使い心地で、敏感肌の方や肌がデリケートに傾いている方にも適しています。

第13位 フルリ(Fleuri) クリアゲルクレンズ

クレンジング時にかかる肌への負担を抑えてつくられた、肌にやさしいクレンジングジェルです。ベースとして配合されている水には、肌を整える「還元水」を採用。肌をやわらげメイクを浮き上がらせやすくするので、摩擦による肌ダメージを防ぎながらクレンジングできます。

また、天然由来の保湿成分や整肌成分を豊富に含んでいるのもポイント。汚れをやさしく落としつつ、肌をなめらかに整えるため、汚れや乾燥による毛穴の目立ちに悩む方におすすめです。

クレンジングのおすすめ|40代向け

第1位 花王(Kao) ニベア クレンジングオイル ビューティスキン

ロングセラーの「ニベアクリーム」で知られるニベアのクレンジングオイルです。保湿成分の「アルガンオイル」「ホホバ種子油」「ローズマリー葉エキス」「スクワラン」を配合しており、うるおってなめらかな肌に洗い上げます。

また、角栓クリア成分も配合しているため、メイク汚れだけでなく角栓もしっかりとオフ。ザラつきの原因となる角栓を浮かし出して落とします。オイルタイプながらさらりとした使い心地で、肌なじみがよいのも特徴です。

第2位 ちふれ(CHIFURE) ウォッシャブル コールド クリーム

プチプラながら300gと大容量で1回あたりのコストを抑えたい方におすすめのクレンジングクリームです。なめらかなクリームがメイクとなじみ、しっかりとオフします。

クリームは滑りがよく軽やかなテクスチャーなので、マッサージクリームとしても活用可能。1つ2役をこなす便利なアイテムです。水やお湯で簡単に洗い流せるため、すすぎやすいクレンジングクリームを探している方にも適しています。

第3位 コーセー(KOSE) プレディア スパ・エ・メール ファンゴ W クレンズ

洗浄成分として天然ミネラル泥を配合しているクレンジングクリーム。メイクの汚れや皮脂などをしっかりと吸着しておだやかに取り除きます。

洗浄後の肌は、毛穴の汚れまですっきりと取り除かれたキメの整った状態に。なめらかな肌に導きながら、ライトグリーンシプレのやさしい香りが、リラックスタイムを演出するのも魅力です。適量を取り出しやすいチューブタイプと、大容量300g入りのジャータイプの2種類を展開しているため、自分にとって使いやすいものを選んでみてください。

第4位 花王(Kao) ビオレ メイク落とし パーフェクトオイル

手や顔が濡れた状態でもしっかりとメイクを落とせるプチプラのクレンジングオイルです。水による影響を受けにくい処方を採用しているため、ヘアトリートメント中や湯船に浸かっている間などの時間を有効活用しながらクレンジングができます。

肌のキメや毛穴に入り込んだメイク汚れも、すみずみまでしっかりと浮かし出せるのが本アイテムの特徴。フルーツのようなみずみずしい香りつきで、オイル特有のニオイが気になりにくいのもポイントです。

第5位 資生堂(SHISEIDO) 専科 オールクリアオイル

お風呂でも使えて便利なオイルタイプのクレンジング。毛穴の汚れや老廃物などといった、くすみの原因をすっきりと洗い流す処方を採用しています。汚れの蓄積によってくすみが出やすい40代の肌におすすめです。

ウォータープルーフのマスカラを、擦らずにするんとオフできるのも魅力。肌のうるおいを守りながら洗い上げる「ヒアルロン酸」や「天然由来シルクエッセンス」などの保湿成分を配合しており、しっとりと洗浄できるアイテムです。

第6位 カネボウ(KANEBO) カネボウ エンリッチド オフクリーム

肌のカサつきが気になる方におすすめのクレンジングクリーム。しっとりとしたうるおいを保って洗い上げられるので、すすぎ後のつっぱった感覚を得にくいアイテムを探している方におすすめです。乾燥しやすい40代以降の方にも適しています。

また、厚みのあるテクスチャーで、摩擦を抑えながらクレンジングできるのも魅力。ふんわりと包み込むような使用感で、リラックスムードを高めながら使えます。

第7位 マナラ(MANARA) マナラ ホットクレンジングゲル マッサージプラス

肌になじませるとじんわりとしたあたたかさを感じる、ジェルタイプのクレンジングです。厚みがありなめらかなテクスチャーなので、マッサージジェルとしても使えます。

91.3%が美容液成分で構成されていると謳われているのも特徴。「ショウガ根エキス」や「ゲットウ葉エキス」などの保湿成分のほか「パパイン」などの整肌成分もたっぷりと含まれています。メイクや皮脂汚れをすっきりと落としながら、ハリやツヤのある素肌に導くアイテムです。

「着色料」「合成香料」「鉱物油」「石油系界面活性剤」「エタノール」「紫外線吸収剤」「パラベン」無添加でつくられているのもポイント。肌にやさしいクレンジングを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第8位 カネボウ(KANEBO) DEW 白色オイル

コットンに染み込ませて拭き取って使うタイプのクレンジングミルク。ウォータープルーフタイプのメイクを除き、メイクの汚れや肌についたチリ・ほこり・花粉などをすっきりと取り除きます。

保湿成分の「ヒアロモイストバリア」を配合しており、クレンジング後の肌をしっとりと整えられるのが魅力です。マスクの擦れや花粉などの外的刺激を受けた肌を、保護しながら使えます。

19種類の天然精油配合で、さわやかな香りを楽しめるのもポイント。スリムな置き型ポンプタイプで、ドレッサーや洗面所など、場所を問わず使いやすいアイテムです。

第9位 オルビス(ORBIS) オフクリーム

肌のうるおいを守りながら洗い上げる洗浄成分「セレクトクレンジング成分」を配合しているクレンジングクリーム。なめらかなクリームが肌に密着し、ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクをすっきりと落とします。

また、保湿成分の「ヒアルロン酸Na」や「セラミドネットワーク成分」によって、うるおってもちもちの肌に整えられるのがポイント。後に使う化粧水などの保湿アイテムを受け入れやすい肌に整えられるのも魅力です。

本アイテムのクリームは、コクがありながら体温でとろけやすく、厚みがあるためクッション性が高いのも特徴。なめらかになじんで肌摩擦を軽減しながら使えるので、肌をいたわりながらクレンジングをしたい方におすすめのアイテムです。

第10位 ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN) スージング クレンジング オイル

人気デパコスブランド「ボビイ ブラウン」のクレンジングオイルです。オイルタイプながら、さらりとしたテクスチャーが魅力。天然由来のオイルによって、メイクや毛穴の汚れをすっきりとオフします。

ロングウェアタイプやウォータープルーフタイプのメイクも、しっかり落とせるクレンジング力を備えているのがポイント。「ショウガ根エキス」などの整肌成分や「オプンティアツナエキス」などの保湿成分も配合しており、しなやかでうるおった肌に洗い上げます。朝の洗顔に取り入れるのも推奨されているアイテムです。

クレンジングのおすすめ|50代向け

第1位 資生堂(SHISEIDO) dプログラム マイルドクレンジングジェル

敏感肌向けのスキンケアアイテムを多数展開している「dプログラム」のクレンジングジェルです。低刺激設計でつくられており、肌がデリケートに傾いているときにスポットで使うのにも適しています。

「パラベン(防腐剤)」「アルコール(エチルアルコール)」「鉱物油」フリーのほか、無香料・無着色にこだわってつくられているのが魅力。弾力のあるジェルタイプなので、肌との摩擦を抑えながらクレンジングができます。肌にやさしいクレンジングを探している方におすすめのアイテムです。

第2位 資生堂(SHISEIDO) エリクシール クリアホットクレンジングジェル AD

じんわりとした温感を得られるジェルタイプのクレンジング。とろみのあるテクスチャーなので、肌のキメや毛穴の汚れに絡みついてすっきりと落とします。

古い角質をメイクと一緒に除去できるため、角質の蓄積によるくすみやゴワつきをケアできるのが魅力。W洗顔不要なので、時短で洗顔ができます。また、摩擦の回数を減らせるため、肌をいたわりながら使えるのもポイント。ハーバルグリーンアロマの、おだやかでリラックスムードを高めるような香りも楽しめます。

第3位 ポーラ(POLA) B.A クレンジングクリーム

ポーラ最高峰のスキンケアシリーズともいわれる「B.A」のクレンジングです。乾燥しやすい年齢を重ねた肌にぴったりの、うるおい溢れるクリーム状のテクスチャーを採用。なめらかに肌になじみ、するっとメイク汚れを落とします。

メイクの汚れには絡みつつ、水を加えるとさらっと流れ落ちていくオイルで、すすぎやすいのも魅力。すすぎ残しを防ぎながら、肌に保湿膜を形成してみずみずしい状態に整えます。1日頑張った自分をいたわるようなやすらぐ香りつきで、気分のリフレッシュまで叶うアイテムです。

第4位 マンダム(mandom) ビフェスタ ミセラー クレンジングウォーター モイスト

乾燥を引き起こしやすい50代の肌におすすめのクレンジングリキッド。保湿成分として「浸透型ヒアルロン酸」「吸着性ヒアルロン酸」「吸着性アミノ酸」を配合しており、うるおいを保ちながらクレンジングができるプチプラアイテムです。

本アイテムは、コットンに含ませて拭き取るように使うタイプ。ブランド独自のメイクオフ成分が、メイクなどの汚れを浮かし出すため、擦らずにすっきりとオフできます。拭き取り時の摩擦による負担を軽減したい方におすすめのリキッドクレンジングです。

また、朝の拭き取り化粧水としても活躍。洗顔から化粧水の効果まで1本で担うので、忙しい朝のメイク時間を短縮したい方にも適しています。

第5位 菊正宗 ライスメイドプラス マイルドクレンジングオイル

酒造メーカーの「菊正宗」から販売されているオイルタイプのクレンジングです。100%植物由来のオイルが含まれており、肌のうるおいを保ちながらメイクをオフできます。

洗いあがりの肌のベタつきは感じにくいため、オイル特有の使用感が苦手な方でも使いやすいのが魅力。また、米由来の保湿成分のほか、国産の植物から抽出された保湿成分もたっぷりと含まれているので、肌をしっとりなめらかに整えます。

無鉱物油・無着色・アルコールフリー・パラベンフリーで、無添加処方なのもポイント。肌にやさしい使い心地のクレンジングオイルを探している方におすすめです。

第6位 ユニリーバ(Uniliever) ダヴ モイスチャーミルククレンジング

ミルク状のテクスチャーで、肌のすみずみまでなじみやすいクレンジング。こっくりとした濃厚なミルクがメイクなどの汚れと絡みついて、やさしく溶かし出すようにクレンジングします。

また、保湿成分の「ニュートリアムモイスチャー」を配合しているため、洗いあがりの乾燥を防げるのもポイント。しっとりとした肌に整えたい方におすすめです。

濡れた手や顔に使えるのも便利。お風呂場でクレンジングを済ませられます。ホワイトフローラルの香りが浴室に充満し、華やかでやすらぐ空間を演出するのも魅力です。

第7位 ユニリーバ(Uniliever) ポンズ 洗い流すコールドクリーム

美容クリーム生まれのクレンジングクリーム。なめらかに肌になじむテクスチャーで、手指を使ってマッサージをしながらクレンジングができるアイテムです。

こっくりとした濃厚なクリームには、天然由来の保湿成分「ハマメリスエキス」を配合。乾燥肌タイプの方や、肌が乾燥しやすい40~50代の方にもおすすめです。270gと大容量で、惜しみなくたっぷりと使えます。

第8位 資生堂(SHISEIDO) クレ・ド・ポー ボーテ シナクティフ サボン n

さまざまな美容雑誌でベスコス上位を受賞している、クレンジング兼洗顔石鹸です。クレンジングのなかでは珍しい、泡立てて使うタイプのアイテム。カシミアのようななめらかな肌触りの泡が、メイクや皮脂汚れを包み込むようにやさしく落とします。

古い角質も取り除くため、くすみやゴワつきが気になっている方にもおすすめ。つるんとした明るい印象の肌に導きます。「ローズシクナティフ」という希少なバラの香りを基調とした華やかな香り立ちにより、クレンジングや洗顔の時間にリラックスムードをプラスするのも魅力です。

石鹸の外観が宝石のように美しく、細部にまでこだわってつくられているので、使うたびに気持ちまであがります。ブランドロゴ入りの専用のケースに入れて収納すれば、見た目も美しく、清潔に保管しておくことが可能です。

クレンジングの売れ筋ランキングをチェック

クレンジングのランキングをチェックしたい方はこちら。