懐かしのタイプライターがiPad用に復活

現在では一般的に使われることのなくなったタイプライター。でも映画などで目にすると、クラシカルでオシャレだなと思う人も多いのでは。そんなタイプライターをiPad用に復活させたのは、なんとあのトム・ハンクス。こだわりのHanx Writerをご紹介しましょう。

タイプライターと言えば、文字を打ち込んだり改行したりする時の音が特徴的ですよね。今回Hanx Writerの開発に力を注いだトムは、「Hanx Writerがあれば、自分の執筆作業のリズムを感じることができるんだ。シャカシャカ、シューって感じでね」と出来栄えに大満足な様子。

Hanx Writerを使えば、そのシンプルでクラシカルなルックスを楽しみつつ、軽快な効果音で作業もはかどることでしょう。作成したものはEメールで送信したり、印刷したり、シェアしたりすることができます。

Hanx Writerは3種類

無料でダウンロードできるHanx Prime Selectに加えて、Hanx 707やHanx Golden Touchなどより多機能をそろえたバージョンも用意されています。