視野を広げ、視認性を高めるのに効果的な後付けタイプの車用「ルームミラー」。より安全で快適なドライビングをサポートします。製品によって備わっている特徴が異なるので、見やすさや使いやすさなどをチェックして選ぶのがポイントです。

そこで今回は、ルームミラーの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。各モデルの特徴も解説するので、ぜひ自分に合ったルームミラーを選ぶための参考にしてみてください。

ルームミラーの選び方

鏡の種類をチェック

平面鏡

By: amazon.co.jp

平面鏡は既存の純正タイプと同じ形状で、ルームミラーの横幅を広げたい場合におすすめ。純正ルームミラーと同じく、視界の歪みがおきにくく、後方との距離感がつかみやすいのが魅力です。

後方確認時はもちろん、バックで駐車する際にも正確な距離感での操作をサポート。ただし、コンパクトなタイプでは、視角が狭くなる傾向にあります。より視野を広げるためにも、なるべく横幅が広いタイプを選ぶのがポイントです。

曲面鏡

By: amazon.co.jp

湾曲した形状で、より広い視野を確保しやすいのが特徴の曲面鏡。広い範囲が確認しやすい反面、湾曲形状により視界に歪みが発生し、慣れない方にとっては距離感をつかみづらいのが難点です。

とはいえ、コンパクトなタイプでも視界の広さを確保できるため、一瞬の確認でもより多くの情報が得やすく、視線の移動を減らして運転の安定感を高めるのに効果的。視野の広さや視認性の高さを重視したい方におすすめのタイプです。

サイズと重量をチェック

By: amazon.co.jp

安全に使用するためには、ルームミラーのサイズと重量をチェックして選ぶのもポイント。サイズが大きくなればその分視界は広がり、はっきりと見やすいのがメリットです。

一方、サイズが大きくなれば重量も増えるため、落下するリスクが高くなる点にも留意しましょう。特に走行中に外れてしまえば、後方確認ができず非常に危険。さらに、サイズや重量が大きなモノでは、角度を調節する際に動かしにくい場合もあります。

装着のしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

ルームミラーを選ぶ際には、装着のしやすさをチェックしましょう。純正のルームミラーに被せて取り付けるタイプであれば、装着も簡単で購入してすぐに使用できます。純正ルームミラーを取り外して交換する種類もありますが、初心者の方には取り付けが難しいのが難点です。

また、被せて取り付けるタイプは、新しい製品と交換する際にも作業がスムーズに行えます。

その他の機能をチェック

By: amazon.co.jp

純正ルームミラーにプラスアルファの機能が備わっているタイプを選ぶのもおすすめ。後方を確認できる範囲が広くしたい場合には、ワイドタイプが適しています。純正ルームミラーでは死角となっていた位置まで視野が広げられるので、左折時などに巻き込み事故を軽減しやすくなるのがメリットです。

また、クローム処理が施されているルームミラーであれば、夜間走行時などで、後続車のライトによる眩しさが抑えられます。

ドライブレコーダーと一体型のモノもおすすめ

By: amazon.co.jp

ルームミラーにはドライブレコーダーと一体型のタイプも展開されており、より利便性と安全性を高めるのに効果的。モデルによって、上書きして録画するループ録画機能や、一定以上の強い衝撃を受けて自動録画を行うGセンサー機能といった、ドライブレコーダーとしての機能を備えているタイプがあります。

なかには、駐車しているときに衝撃を受けると自動で録画する、防犯機能を搭載したタイプを搭載したモデルも。駐車中でも対策ができ、安心して愛車を守りたい方にもおすすめの機能です。

ドライブレコーダーについて詳しく知りたい方はこちら

ルームミラーのおすすめ

カーメイト(CARMATE) M9 3000Rパーフェクトミラー270mm クローム鏡

距離感がつかみやすく、広い視野も確保

平面鏡と曲面鏡の長所を併せ持つルームミラーです。曲率半径3000mmと緩やかな曲面により、距離感がつかみやすく、広い視野も確保。また、クローム防眩鏡の採用で、二重映りも抑え、視界が鮮明なうえ、後続車のヘッドライトによる眩しさも軽減します。

さらに、純正ルームミラーに引っ掛けて被せるだけと、装着のしやすさも良好です。チケットクリップも付いているので、裏面に駐車券や高速券などが挟めて便利。自然な距離感と視野の広さのバランスに優れたおすすめのモデルです。

カーメイト(CARMATE) M48 リヤビューミラー OCTAGON 1400SR 300 高反射

高反射鏡採用で、視界が明るく見やすい

曲率半径1400mmの採用により、純正の約3.5倍もの視界面積を確保するルームミラー。後方の様子が見やすくなるため、余裕をもって運転がしやすくなります。

また、純正ルームミラーに近い曲率により、歪みも少なく、距離感がつかみやすいのも特徴。さらに、高反射鏡を採用しており、視界も明るくて見やすいので、プライバシーガラスやスモークフィルムを貼った車での使用にも適しています。

取り付けも純正ルームミラーの上下から挟み込むだけと簡単。初めて取り付ける方など、装着のしやすさで選びたい方にもおすすめのルームミラーです。

ナポレックス(NAPOLEX) Broadway ワイドミラーA 270F BW-844

純正ルームミラーでは死角だった位置も確認できる

高精度アルミ鏡が採用され、歪みが少なく鮮明な視界で非常に見やすい平面鏡のルームミラー。反射率を抑え、夜間でも明るさを確保します。ワイドタイプなので、純正ルームミラーでは死角だった位置まで確認ができるのも特徴です。

また、ワンタッチで簡単に取り付けができるのも魅力。取り付け部の薄さを追求した設計により、フィット感を高めてしっかりと固定できるうえ、角度の調節もスムーズに行えます。

さらに、万が一鏡が割れても破片が飛び散るのを抑える飛散防止加工も施されており、車内での安全性に優れているのもポイント。視野の広さと使いやすさを兼ね備えたおすすめのルームミラーです。

セイワ(SEIWA) フレームレスミラ― 290FB R100

特殊加工が施されたカット面によりラウンド形状を実現した、スタイリッシュなデザインが魅力のフレームレスルームミラー。防眩ブルー鏡の採用で、後続車からのライトによる眩しさも軽減します。

また、平面鏡なので歪みを抑え、距離感もつかみやすく、後方確認やスムーズなバック操作をサポート。飛散防止処理を施すことによって、安全性にも配慮されています。

槌屋ヤック(TSUCHIYA YAC) V.STYLE クリアミラー 240mm BL PF312

鏡面サイズが幅240×高さ70mmと小型で、軽自動車やコンパクトカーでの使用におすすめのルームミラー。V形状のデザインを採用しており、中央部分の縦方向に広い視界を確保します。真後ろにいる後続車の様子が確認しやすく、平面鏡の採用により歪みを抑え、距離感がつかみやすいのも特徴です。

また、高級ブルー鏡を採用しており、後続車からのヘッドライトによる眩しさを軽減。鏡が割れても破片の飛び散りを抑える、飛散防止処理も施されています。

ルームミラーのおすすめ|ドラレコ一体型

AZDOME ルームミラー型ドライブレコーダー

10インチの大型タッチスクリーンを搭載した、ドラレコ一体型ルームミラー。高性能な2.5Dガラスの採用により、滑らかなタッチ操作やスライドが可能です。優れた鮮明度を備えたバックカメラも搭載しています。

駐車中に衝撃・振動があった場合、周囲の自動録画を行う駐車監視機能も備えているのもポイント。また、メモリーがフルになると最初から上書き録画するループ録画機能や、走行中などに衝撃を検知して自動録画とファイルロックを行うGセンサーも備えています。

さらに、暗闇でも鮮明に撮影できる夜景モードが付いているなど、多機能なのも魅力。ルームミラーとしてもドライブレコーダーとしても優れた機能を備えた、ハイスペックなモデルを求める方におすすめです。

Trynow ドライブレコーダー ミラー型

右側にカメラが搭載された、日本車向けのドラレコ一体型ルームミラー。日本に多い右ハンドルに適した設計で、視野の広さを確保して快適なドライビングをサポートします。12インチと大型で、ワイドなスクリーンを備えているのも特徴です。

また、140°と広角なリアカメラにより後方の視野も広がり、死角も減らせます。さらに、バック連動機能も搭載しているため、ギアをRに入れると自動的にバック補助線がモニターに表示。駐車などでのバック操作もスムーズに行えます。

Gセンサーや防犯機能なども搭載しているので、ドライブレコーダーとしての機能にこだわる方にもおすすめのルームミラーです。

ThiEYEドライブレコーダー ミラー型

前後に170°の広角なカメラを備える、ドラレコ一体型ルームミラー。5車線の広い道路にも対応し、死角を減らして広範囲の映像をしっかりと記録します。また、500万画素の高画質で、1920×1080Pに対応するフルHD録画も可能です。

さらに、32GBの大容量SDカードも付いており、長時間の記録ができるのもポイント。ループ録画機能も搭載しているため、容量がフルになった場合でも上書きして録画を行います。Gセンサーや駐車監視機能も搭載しており、トラブルや防犯への対策にも効果的です。

ギアをRに入れると補助線をモニターに表示する、バック操作のアシスト機能も搭載。スムーズに車庫入れを行いたい方にもおすすめのルームミラーです。

AUTO-VOX 新型 近未来感ドライブレコーダー ミラー型

純正タイプのようなスマートなデザインが特徴のドラレコ一体型ルームミラー。9.35インチの大きくてワイドなディスプレイで視認性が高く、上下のスライドによりフロントカメラとリアカメラの角度調節ができます。走行中はもちろん、発進する際の確認にも便利です。

3タイプの表示モードで使い分けが可能。常時フロントカメラかバックカメラの画面が表示できる常時録画画面、一定時間経過すると自動でスピード表示画面になる走行モード、表示をオフにして通常のルームミラーとして使えるモードを搭載しています。

GPS機能も搭載しているので、走行中の速度と軌跡などの情報も記録可能。録画された映像はパソコンでの表示と再生ができます。使い勝手のよさで選びたい方におすすめのルームミラーです。