スーツスタイルよりも自由度が高い分、着こなしに悩んでしまうことも多い「オフィスカジュアル」。ビジネスシーンで好印象を得るためにも、季節や年代にマッチした清潔感のあるコーデを目指したいところです。

今回はオフィスカジュアルのおすすめメンズコーデを年代、季節別にご紹介します。さらに、オフィスカジュアルにおける基本的なルールや着こなしのポイント、おすすめアイテムもあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

オフィスカジュアルとは?

By: rakuten.co.jp

ビジネススタイルのカジュアル化が進み、「オフィスカジュアル」というワードも身近になりつつあります。オフィスカジュアルは一般的に「オフィスで仕事をするのにふさわしく、かつスーツよりもカジュアルな服装」を指す言葉。しかし、明確な定義がないため着こなしに悩む男性が多いのが実情です。

オフィス“カジュアル”とはいえ、仕事場での服装なのできちんと感のある着こなしが求められます。職種や企業によってもオフィスカジュアルへの考え方は異なるため、会社の雰囲気に合わせることを心がけましょう。

オフィスカジュアルとビジネスカジュアルの違い

By: amazon.co.jp

オフィスカジュアルは基本的に来客対応がなく、終日オフィスで仕事をする方に適しているビジネススタイル。一方、オフィス勤務でも来客対応がある方や、他社へ出向くことの多い営業職の方に適しているのがよりきちんと感のあるビジネスカジュアルです。

オフィスカジュアルの基本スタイルは、襟付きシャツにパンツを合わせてカーディガンやジャケットを羽織る着こなし。企業によっては、きれいめのTシャツやデニムの着用が許容されているところもあります。

ビジネスカジュアルでは、襟付きシャツにジャケット、ボトムスはチノパンやスラックスを合わせて足元は革靴というスタイルが主流。スーツほどではないものの、かっちりとした印象です。

オフィスカジュアルのルールとコーデのポイント

オフィスカジュアルで重要なのは「清潔感」

By: amazon.co.jp

スーツスタイルに比べると自由度の高いオフィスカジュアルですが、ビジネスの場における服装である以上、周囲に不快感を与えない着こなしが求められます。ラフすぎず、清潔感のあるコーデを心がけましょう。

例えば、シワシワのシャツやジャケットはだらしない印象を与えてしまう恐れがあるため注意が必要。最近では防シワ加工が施されたアイテムも多く展開されているため、お手入れに時間がかけられない方はチェックしてみてください。

また、デニム着用が許可されている場合でも、ボロボロのダメージデニムなどは避けたほうが無難。Tシャツやカットソーは襟元が伸びていると清潔感に欠けるため要注意です。

ベーシックな定番カラーでまとめよう

By: rakuten.co.jp

全体のカラーリングもオフィスカジュアルにおいて重要なポイント。奇抜なカラーは避け、ベーシックカラーでまとめるときちんと感を演出しやすくなります。

具体的なおすすめカラーは白・黒・グレー・ネイビー・ベージュ・ブラウンなど。清潔感があり落ち着いた雰囲気のスタイルにまとまりやすいので、アイテムの色選びに悩んだらまずはこのなかから選んでみてください。

襟付きシャツであれば爽やかな雰囲気のブルー系アイテムも好印象。また、少し遊び心を加えたいときにはピンク系のシャツを取り入れるのもおすすめです。

自分に合ったサイズを選ぼう

By: amazon.co.jp

デザインやカラーのほか、サイズ感も着こなしの印象を大きく左右する要素のひとつ。大きすぎるサイズの服は、だらしない印象につながりかねないため避けましょう。

反対に、体のラインが強調されるくらいピチピチのモノも、見た目に窮屈感があり好ましくありません。ほどよく余裕があるジャストサイズのアイテムを選び、スマートな着こなしを心がけましょう。

足元は革靴か合皮のスニーカーがおすすめ

By: amazon.co.jp

ビジネススタイルの足元は革靴が定番。オフィスカジュアルではかっちりとしたレースアップシューズのほか、ややくだけた印象のローファーもおすすめです。ベルトとカラーをリンクさせると、まとまりのあるコーデに仕上がります。

また、通勤や職場でのスニーカー着用が許容されている企業に勤務している方であれば、レザースニーカーもおすすめ。スッキリとしたきれいめデザインのモノを選べば、きちんと感のある服装にも違和感なく馴染みます。合成皮革のスニーカーは耐水性が高く、こまめなお手入れの必要がないので毎日のオフィスカジュアルコーデに取り入れやすく便利です。

【年代別】オフィスカジュアルのおすすめメンズコーデ

20代のオフィスカジュアルコーデ

By: rakuten.co.jp

襟付きシャツ×テーラードジャケット×スラックスの王道オフィスカジュアルコーデ。会社のなかでまだまだ若手である20代は、悪目立ちしないようによりきちんと感を意識してスタイリングするのがおすすめです。

カラーも白×ネイビー×グレーと定番の組み合わせで、清潔感と落ち着いた雰囲気を演出。足元にはローファーを合わせて、堅苦しくならない着こなしに仕上げています。

会社の雰囲気によっては、インナーをカットソーにシフトするのもおすすめ。よりこなれたテイストのメンズオフィスカジュアルコーデが完成します。

30代のオフィスカジュアルコーデ

By: rakuten.co.jp

ネイビーのセットアップを用いた、スマートな印象のメンズオフィスカジュアルコーデです。後輩の指導などに当たることも増える30代は、フレッシャーズとは異なる大人っぽさを演出したいところ。セットアップは簡単に洗練された着こなしが叶うため、忙しい方にもおすすめです。

また、ブラックのインナーをチョイスすることで全体の印象がグッと引き締まるのもポイント。開きすぎないVネックを用いたことで、シャープな着こなしに仕上がっています。足元には白スニーカーを合わせてクリーンさをプラス。ほどよいこなれ感が漂うおすすめメンズコーデです。

40代のオフィスカジュアルコーデ

By: rakuten.co.jp

高級感のあるコーデュロイジャケットが主役のメンズオフィスカジュアルコーデです。責任ある仕事を抱えることが多くなる40代は、年齢にふさわしい上質なアイテムでまとめるのがおすすめ。ブラウン、ベージュ系のジャケットは落ち着いた雰囲気を演出しやすく、40代のコーデにぴったりです。

さらに、黒のタートルネックインナーとグレーのスラックス、足元はビットローファーでまとめて知的さ漂うスタイリングに。落ち着きがありながら地味すぎず、おしゃれさもアピールできるおすすめのメンズコーデです。

【季節別】オフィスカジュアルのおすすめメンズコーデ

春のオフィスカジュアルコーデ

By: rakuten.co.jp

軽やかなジャージー素材のジャケットを羽織った春のメンズオフィスカジュアルスタイル。インナーにチョイスしたブルーストライプの襟付きシャツが、爽やかな雰囲気を醸し出します。

上半身を淡いカラーでまとめている分、ボトムスとシューズは濃色でまとめて全体のカラーバランスを調節。春らしい軽さがありながら、引き締まった印象の着こなしに仕上がっています。アンクルパンツの丈感も軽快さを演出するポイントです。

夏のオフィスカジュアルコーデ

By: rakuten.co.jp

仕事終わりのアフター5にそのまま出かけられそうな、堅苦しくないメンズオフィスカジュアルコーデです。チェック柄の半袖シャツと淡いベージュパンツとの夏らしい組み合わせがポイント。足元は白スニーカーで涼やかにまとめています。

よりきちんと感を出したい場合は、シャツをインしてベルトをするのがおすすめ。クールビズも浸透しつつあり、夏場に関してはややカジュアルな装いが許容されている場合も多いので、会社の雰囲気に合わせつつ涼やかなコーデを楽しんでみてください。

秋のオフィスカジュアルコーデ

By: rakuten.co.jp

きちんと感とこなれ感のバランスが絶妙なおすすめメンズコーデです。落ち着いた色合いのベージュでまとめて秋らしさを演出。セットアップ自体はかっちりとしたアイテムですが、あたたかみのあるカラーにより親しみやすい雰囲気の着こなしに仕上がっています。

インナーにバンドカラーシャツをチョイスしているのもポイント。ほどよい抜け感をプラスするアイテムとして機能しています。

冬のオフィスカジュアルコーデ

By: rakuten.co.jp

スマートな雰囲気が漂うおすすめメンズコーデです。ハイネックやタートルネックのインナーとジャケットの組み合わせは、冬のオフィスカジュアルの定番。首周りがあたたかいだけでなく、自然と大人っぽく落ち着きのある着こなしにまとまるのが魅力です。

ウールジャケットのあたたかみのある表情も、季節感を得られるポイント。重たくなりすぎないようにクリーンなカラーのパンツをチョイスし、好バランスに仕上げています。

メンズオフィスカジュアルのおすすめアイテム

シップス(SHIPS) ラミー ジャージー ウォッシャブル ネイビー ソリッド ジャケット

“STYLISH STANDARD”をコンセプトに、幅広いファッションアイテムを展開するブランド「シップス」のメンズジャケットです。麻の1種である「ラミー」を採用し、サラリとした着心地の1着に。春夏のオフィスカジュアルコーデにぴったりです。

また、伸縮性が高く動きやすいのも嬉しいポイント。自宅での手洗いでケアできるため、汚れや汗を気にせずガシガシ着用可能です。

さらに、生地はほどよい光沢感があり、ビジネスシーンにふさわしいきちんと感も備えています。機能性に優れ、季節感も演出できるおすすめアイテムです。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) CSN フリーリッチ コード ジャケット

デイリーに着回せるベーシックなアイテムが豊富な人気ブランド「ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング」のメンズジャケットです。表面に細いうねのある生地を採用しており、独特な素材感を楽しめるのが魅力。秋や春先に活躍します。

やや細身のシルエットにより、スッキリとした着こなしが叶うのも嬉しいポイント。ストレッチ性に優れているため、細身ながらも快適な着用感です。

カラーはダークグレー・ネイビー・ベージュの3色がラインナップ。同生地のパンツと合わせてセットアップで着こなすのもおすすめです。

J.PRESS PREMIUM PLEATS 形態安定 ロンドンストライプ半袖シャツB.D.

1枚で様になるロンドンストライプ柄のメンズ半袖シャツです。素材は綿100%。天然素材ならではの優しい素材感をキープしつつ、ビジネスシーンで快適に着用できる機能性をプラスしているのが特徴です。

吸水速乾や、抗菌防臭機能を備えているため汗やニオイが気になる夏場も安心して着用可能。形態安定性に優れており、お手入れに手間がかからないのも嬉しいポイントです。

カラーは美しい発色のブルーとピンクがラインナップ。ベーシックな無地シャツに加えてワードローブに揃えておけば、オフィスカジュアルコーデの幅が広がります。

クラウデッド クローゼット(CROWDED CLOSET) イージーケア・ワンピースカラー TC千鳥格子ジャガードシャツ

コンセプトに「働‶着‶方改革」を掲げ、機能的なビジネスウェアを展開する「クラウデッド クローゼット」のメンズシャツです。イージーケア加工を施すことで、洗濯時のシワを軽減。さらに、汗を素早く吸い取って発散するのでムレにくく快適な着心地が持続します。

また、ノータイ用にデザインされているのもポイントです。ネクタイを締めなくても襟の形がキレイに決まるので、オフィスカジュアルコーデにぴったり。カラーは定番のホワイトと柔らかな雰囲気のラベンダー、スマートさ漂うネイビーの3色がラインナップしています。

ナノ・ユニバース(nano・universe) ジャケT ショートスリーブ

ジャケットのインナーとして着用することを前提に開発されたメンズTシャツ。シンプルなデザインのなかに、ビジネスシーンに嬉しい機能が詰め込まれています。

首周りはきれいめな印象で着こなせる、やや詰まったクルーネック。後ろ襟が高く設計されており、ジャケットに皮脂汚れが付きにくいのがポイントです。ネームストラップが素肌に当たりにくく、快適なオフィスカジュアルスタイルが叶います。

また、綿100%の生地にシルケット加工を施し、なめらかな着心地を実現。カラーはラインナップも豊富なので、色違いで揃えるのもおすすめです。

シップス(SHIPS) テレワーク ビズ Vネック ロンT

くだけすぎず、かつこなれた雰囲気のメンズオフィスカジュアルコーデが叶うおすすめのロンTです。浅めのVネックにすることでカジュアルさを抑え、ビジネス仕様のデザインに。後ろ襟がやや高く、ジャケットの襟裏が汚れにくいのも嬉しいポイントです。

また、形態安定性に優れているため首周りがヨレにくく、キレイな状態で長く着用できるのもメリット。防シワ加工が施されており、ケアにも手間がかかりません。

生地はほのかに光沢を帯びていて上品な表情。カラーラインナップも豊富です。

ポール・スチュアート(Paul Stuart) エクストラファインウールニットタートルネックセーター

クラシックで上質なビジネスウェアが揃う米国ブランド「ポール・スチュアート」のタートルネックニットです。素材にはイタリアのゼニアバルファ社が手掛けるエクストラファインウールを採用。上品な光沢感と柔らかく心地よい肌触りが魅力です。

目の詰まったハイゲージニットで清潔感があり、かっちりとしたジャケットとも難なくマッチ。やや薄手の生地なのでゴワつき感も少なく、快適に着用できます。

自宅での手洗いでケアできるのも、デイリーに着用するうえで大きなメリット。見た目の高級感と実用性を兼ね備えたおすすめの1着です。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) CSD デオウォッシャブル Vネック カーディガン

ジャケットやドレスシャツと好相性なきれいめデザインのメンズカーディガン。ポリエステル・コットン・レーヨンを混紡した生地はほどよい厚みで、秋冬はもちろん肌寒さが残る春先にもぴったりです。

汗のニオイを抑える消臭機能を備えているのも嬉しいポイント。自宅で気軽に手洗いできるので毎日の着回しに重宝します。

カラーはベージュ・ライトブルー・ネイビーとオフィスカジュアルに使いやすい3色がラインナップ。ごくシンプルなデザインゆえ幅広いアイテムと組み合わせることが可能で、ワードローブに1着揃えておくと便利です。

フォーワンセブンエディフィス(417 EDIFICE) ダブルフェイスカシミヤ メルトンブレンドスタンドコート

スッキリとした細身シルエットで、モダンな着こなしが叶うメンズコートです。首周りからの風の侵入を防ぐスタンドカラーデザインが特徴。前を開けて着用する際も襟の形がキレイで、洗練された雰囲気を演出できます。

カシミヤ混のメルトン生地を採用しており、上品な素材感も魅力。軽量性と防寒性のバランスを考慮したほどよい厚みに仕上げられています。

厳しい寒さの冬でもあたたかく、おしゃれに過ごせるおすすめの1着です。

アーバンリサーチロッソ(URBAN RESEARCH ROSSO) タイプライタースプリングコート

肌寒い季節に活躍する、軽やかなメンズスプリングコートです。素材には独特なハリ感が特徴のタイプライター生地を採用。着込むにつれてナチュラルなシワ感が出てきて、表情の変化を楽しめます。

シンプルなデザインなので幅広いスタイリングに馴染み、オンオフ問わず活躍。シルエットは細すぎず、ほどよく余裕があります。かっちりしすぎない、こなれたオフィスカジュアルコーデを目指す方におすすめです。

S~XLとサイズ幅が広く、自分にぴったりの1着が見つかりやすいのも魅力。全6色とカラーバリエーションも豊富です。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) ソリッド ドット ストレッチ イージーパンツ

スラックスのようなきれいめのデザインと楽な着心地を両立したメンズイージーパンツです。通気性に優れた「クールドッツ」素材を採用しており、夏のオフィスカジュアルコーデにぴったり。裏地もサラサラとした肌触りで、穿き心地にこだわりたい方におすすめです。

ウエストはドローコード仕様。椅子に座ったときのフィット感の調節がしやすく、毎日のオフィスワークを快適にサポートします。

洗濯機で洗えるため、お手入れが簡単なのも嬉しいポイント。着心地・扱いやすさ・デザイン性が揃ったおすすめアイテムです。

トゥモローランド(TOMORROWLAND) ストレッチチノ スリムパンツ TESSUTI DI SONDRIO

大人の男性にふさわしい、エレガントなウェアが揃うブランド「トゥモローランド」のメンズチノパンツです。素材にはイタリア・ソンドリオ社のストレッチチノを採用。伸縮性に優れており、快適な着心地です。

スマートな着こなしを叶える美しいテーパードシルエットもポイント。細身ながら太もも、ヒップ周りにほどよくゆとりがあるので窮屈感なく着用できます。

また、6色のなかから手持ちのトップスに合わせてカラーを選べるのも魅力。オフィスカジュアルからプライベートコーデまで幅広く使える汎用性の高い1着です。

アシックス(Asics) ランウォーク メンズ 3E

日本のスポーツブランド「アシックス」が手掛けるメンズビジネスシューズです。アッパーはほどよいボリューム感でかっちりしすぎず、オフィスカジュアルにぴったり。天然皮革を採用し、手縫いで丁寧に仕上げられた日本製アイテムなので品質にこだわりたい方にもおすすめです。

また、クッション性と反発性に優れたミッドソールと、かかと部に搭載されたゲルが足にかかる負担を軽減し、快適な歩行をサポート。グリップ力の高いラギットソールを備えているのも特徴です。靴幅が3Eと広めで、窮屈感なく着用できます。

アディダス(adidas) スタンスミス

ビジネスシーンにも難なく馴染むクリーンなデザインが魅力の定番スニーカーです。無駄な装飾を省いたミニマルなルックスとスマートなシルエットにより、スニーカーながらもきちんと感のある足元に。シンプルなので飽きが来ず、長く愛用できます。

アッパーには合成皮革を採用。レザーのような高級感のある見た目をキープしつつ、リサイクル素材を多く取り入れることでエコな1足に仕上げられています。合わせるボトムスを選ばず、幅広いコーデに使えるおすすめアイテムです。