家事の負担を減らす家電の代表格といえる「食洗機」。食洗機を使うときの必須アイテムが「食洗機用洗剤」です。さまざまなメーカーが販売しており、種類が豊富なためどれを選べばいいか迷ってしまうことも。

そこで今回は、食洗機用洗剤のおすすめ製品を「粉末」「液体・ジェル」「タブレット」の3つのタイプに分けてランキング形式でご紹介します。選び方もあわせて解説するので、食洗機用洗剤を選ぶ際の参考にしてみてください。

食洗機用洗剤と普通の洗剤の違い

By: amazon.co.jp

食洗機用洗剤と普通の洗剤では、「液性」と「成分」に違いがあります。食洗機に普通の洗剤を入れてしまうと故障の原因につながるので注意が必要です。

食洗機用洗剤の液性は、おもに「中性」か「弱アルカリ性」。手洗いではないので、肌へのやさしさよりも洗浄力を優先しています。一方、普通の洗剤の液性は、おもに「弱酸性」か「中性」。洗剤が直接手に触れるため、手が荒れないように肌への刺激を考慮しています。

また、食洗機用洗剤は、食洗機の水流を妨げないように、泡立ちをおさえた成分でつくられているのが特徴。一方、普通の洗剤は、界面活性剤を主成分としており、泡立ちがよいのがポイントです。低い水温でも汚れが落とせるようにつくられています。

食洗機用洗剤は普通の洗剤と性質が異なり、食洗機に普通の洗剤を使うと故障の原因になるので、食洗機用洗剤を使いましょう。

食洗機用洗剤の選び方

洗浄力で選ぶ

食洗機用洗剤を洗浄力の強さで選ぶのもひとつの方法です。「洗浄力」と「肌への刺激」の強さは比例するため、手洗いであれば肌へのやさしさも重要ですが、食洗機は洗浄力を重視して洗剤を選ぶことが可能。

洗浄力の強い食洗機用洗剤を使えば、洗剤の力で汚れをしっかり落とせるので、予洗いや洗い直しの作業を減らせ、効率よく食洗機を使えて時短になります。

食洗機用洗剤は、製品によって成分や成分の配合量が異なるため、洗浄力に差があります。ラベルを見て、液性や成分表示をチェックし、洗浄力の高い洗剤を選んでみてください。

洗剤のタイプで選ぶ

粉末タイプ

By: amazon.co.jp

コストをおさえたい場合は「粉末タイプ」の洗剤がおすすめ。大容量で価格が安い製品が多く、食洗機の一回あたりの使用コストを下げられます。食洗機の使用回数が多い方でも、洗剤の消費量を気にせず毎日手軽に使えるのが魅力。

食器の量や汚れ具合にあわせて洗剤の量を調節できるので、洗剤を無駄にしなくてすみます。また、計量スプーンが付属している製品なら適量を簡単に投入可能。ただし、洗剤を入れすぎると溶け残りすることがあるので、入れすぎに注意しましょう。

液体・ジェルタイプ

By: amazon.co.jp

洗剤の溶け残りが気になる場合は「液体・ジェルタイプ」の洗剤がおすすめ。粉末タイプより価格は高くなりますが、水に溶けやすいため洗剤の溶け残りを心配する必要がありません。

液体・ジェルタイプも洗剤の量を調節できるので、適度な量を無駄なく使えます。洗剤をボトルのキャップで計量するタイプや、ボトルをプッシュして投入するタイプなど、製品によってさまざまなタイプがあるので、自分にあった使いやすい製品を選びましょう。

タブレットタイプ

By: amazon.co.jp

家事の時短を優先したい場合は「タブレットタイプ」の洗剤がおすすめ。「粉末」「液体・ジェル」タイプよりも高価格ですが、タブレットをひとつポンと入れるだけと簡単に洗剤を投入できるのが魅力。手に洗剤がついたり液だれしたりすることがなく、快適かつスピーディーに食洗機を使用できます。

ただし、1回分の投入量が調節できないため、洗剤が溶け残りすることもあるので留意しましょう。

油汚れには「界面活性剤入り」の洗剤がおすすめ

油汚れには「界面活性剤入り」の洗剤がおすすめ。界面活性剤は、分離する水と油をなじませるはたらきがあり、油汚れを水になじませ汚れを浮かすことで洗浄します。

食洗機用洗剤の界面活性剤はおよそ0~14%の割合で含まれており、製品によりばらつきがあるのが特徴。環境に配慮した製品では界面活性剤を含まないこともあります。

頑固な油汚れを落としたいときは、界面活性剤の配合量が多い洗剤を選びましょう。

グラスのくもりには「クエン酸入り」

グラスのくもりには「クエン酸入り」の洗剤がおすすめです。グラスのくもりは、水道水のミネラルによる水垢が原因。その水垢に油汚れが蓄積して、くもりが発生します。アルカリ性の水垢を落とすには、酸性のクエン酸が有効です。

グラスのくもりが気になるときは、クエン酸の表記がある製品を選びましょう。

食洗機用洗剤のおすすめ|粉末タイプ

第1位 ロケット石鹸 全自動食器洗い機専用洗剤

コスパのよさと洗浄力が魅力の粉末タイプの食洗機用洗剤。液性は洗浄力の強い弱アルカリ性です。1袋1kgと大容量なので長く使え、頻繁な買い足しは不要。洗剤の残量を気にせず、毎日気兼ねなく使いたい方におすすめです。

また、本製品はチャックで閉じるパウチタイプ。計量スプーンが付属しており簡単に洗剤を投入できます。

第2位 ピクス(Pix) 食器洗い機用洗剤

高い洗浄力を発揮する粉末タイプの食洗機用洗剤。液性は洗浄力の強い弱アルカリ性です。クエン酸ソーダ配合のため、ガラスのくもりが気になる方にもおすすめ。また、2種類の酵素の力で、卵やごはん粒のこびりつきや汚れをきれいに落とせると謳われています。

油汚れにも強く、プラスチック容器でもヌルつきを残しにくいのも魅力。酵素系漂白剤により茶渋を洗い流す効果も期待できます。さらに、チャックで閉じるパウチタイプで、付属の計量スプーンには3段階の目盛がついているので、汚れ具合にあわせて計量可能です。

第3位 ミマスクリーンケア 緑の魔女 オートキッチン食器洗い機専用洗剤

排水パイプも洗浄できる環境にやさしい粉末タイプの食洗機用洗剤。液性は洗浄力の強い弱アルカリ性です。界面活性剤は環境に配慮した天然植物由来のモノを使用。洗った後の水も浄化作用できれいになると謳われており、水質汚染を防ぐ効果が期待できます。パイプクリーナーとしても使用可能です。

チャックで閉じるパウチタイプで、計量スプーンがついているため、洗剤の投入も簡単。800gの大容量なので、長くたっぷり使えます。環境汚染や排水パイプの汚れが気になる方におすすめの洗剤です。

第4位 ジョイ ハイウォッシュジョイ食洗機用洗剤

強力除菌と消臭の効果が期待できる粉末タイプの食洗機用洗剤。液性は洗浄力の強い弱アルカリ性です。漂白剤と漂白活性化剤の効果で除菌力が高く、食器と食洗機をまるごと洗浄する効果が期待できます。

ファブリーズとの共同開発により、食洗機の消臭にも優れていると謳われており、においが気になる方におすすめ。食洗機を清潔に保てるので、安心して食器を洗えます。

付属の計量スプーンには3段階の目盛がついており、汚れ具合にあわせて計量可能。特大サイズの詰め替えもあるので、買い足しの手間を省けます。

第5位 花王(Kao) キュキュット 食器洗い乾燥機専用キュキュット クエン酸効果

茶渋やグラスのくもりに効果的な粉末タイプの食洗機用洗剤。液性は洗浄力の強い弱アルカリ性です。クエン酸と漂白成分の効果で茶渋やコーヒーのしみを落とし、食器のくすみを除去。また、食洗機の水垢もすっきり洗い流し消臭する効果が期待できます。さらに、ダブル酵素配合で、こびりついた卵やごはん粒の汚れも分解し洗浄できると謳われているのも特徴です。

付属の計量スプーンは3段階の目盛がついています。スプーンは蓋の内側に収納できるので、洗剤に埋もれることがなく手も汚れません。

第6位 フィニッシュ(finish) パウダー重曹

除菌力の高い粉末タイプの食洗機用洗剤。液性は洗浄力の強い弱アルカリ性です。ミューズとの共同開発による除菌力の高さを謳っており、しつこい汚れから見えない汚れまで、すっきり洗浄。再付着防止剤により、一度洗った汚れが再び食器につくのを防ぎます。

予洗い不要のため、家事の負担を減らしたい方におすすめです。

第7位 マツモトキヨシ(matsukiyo) 食器洗い機専用洗剤

洗浄力が高く価格もリーズナブルな粉末タイプの食洗機用洗剤。液性は洗浄力の強い弱アルカリ性です。オレンジオイルを配合しているのが特徴。頑固な油汚れまでしっかり落とし、洗った後は柑橘系のさわやかな香りになります。クエン酸の配合により、食器も食洗機もきれいになります。

チャックで閉じるパウチタイプで、計量スプーンが付属。粉末タイプの洗剤のなかでも非常にコスパがよい製品です。

第8位 西友(SEIYU) きほんのき 食洗機専用洗剤

価格の安い粉末タイプの食洗機用洗剤。液性は洗浄力の強い弱アルカリ性です。2種類の分解酵素により、汚れをきれいに落とします。除菌と消臭効果も期待でき、食器だけでなく食洗機も清潔に保てるのが特徴です。

チャックで閉じるパウチタイプで、付属の計量スプーンには3段階の目盛がついており、汚れ具合にあわせて計量できます。

食洗機用洗剤のおすすめ|液体・ジェルタイプ

第1位 ライオン(LION) チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤

スピードコースでも洗浄力を発揮するジェルタイプの食洗機用洗剤。液性は、肌に触れても低刺激な中性です。卓上タイプとビルトインタイプ、どちらのタイプの食洗機にも使用可能。スピードコースにも対応しており、使用の幅が広いのも魅力です。

ボトルのキャップには2段階の目盛がついており、汚れ具合にあわせて洗剤を計量できます。

第2位 花王(Kao) キュキュット 食器洗い乾燥機専用キュキュット ウルトラクリーン

洗剤をワンプッシュで投入できるジェルタイプの食洗機用洗剤。液性は、肌に触れても安心な中性です。界面活性剤の割合が10%と多く入っているため、洗浄力が高め。油のヌルつき汚れをすっきり洗浄し、食器やグラスをピカピカにする効果が期待できます。また、食洗機を清潔に保ち、汚れ移りを防ぎやすいのも魅力。

本製品は、ボトルのPUSH表示を押すだけで、片手で洗剤を投入できるのが特徴です。ワンプッシュで1回分の適用量が出るので、汚れ具合にあわせてプッシュ回数を変えるだけ。計量が面倒な方におすすめです。

第3位 ハッピーエレファント 食器洗い機用ジェル

環境にやさしい成分でつくられたジェルタイプの食洗機用洗剤。液体は洗浄力の強い弱アルカリ性です。合成界面活性剤・漂白剤・香料・着色料は不使用のため、からだにもやさしく安心して使えます。

ボトルはシンプルで洗練されたデザインなので、キッチンにそのまま置いてもおしゃれ。半透明で中身が見えるため、残量を把握できます。環境に配慮したジェルタイプの洗剤を探している方におすすめです。

食洗機用洗剤のおすすめ|タブレットタイプ

第1位 ジョイ ジェルタブ 食洗機用洗剤

粉末洗剤とジェル洗剤がひとつになったタブレットタイプの食洗機用洗剤。液性は洗浄力の強い弱アルカリ性です。界面活性剤が14%配合されており、頑固な油汚れの洗浄に効果が期待できます。粉末洗剤と2種類のジェル洗剤により、油汚れや卵などのこびりつき汚れ、茶渋を洗浄可能。

しつこい汚れでも、予洗いしなくても落としやすいとされているため、家事をラクに済ませたい方におすすめです。

第2位 フィニッシュ(finish) パワーキューブ

洗浄成分を凝縮したコンパクトなタブレットタイプの食洗機用洗剤。液性は洗浄力の強い弱アルカリ性です。界面活性剤が12%も配合されており、頑固な油汚れも洗浄可能。分解酵素と除菌成分の2層構造で、汚れを分解し除菌する効果が期待できます。ミューズと共同開発による除菌力の高さを謳っており、食器と食洗機を同時に洗浄可能です。

キューブは水に溶けるフィルムに包まれているのでそのまま投入でき、洗剤で手が汚れにくいのもおすすめポイントです。

第3位 ミーレ(Miele) 食器洗い機用タブレット洗剤 ULTRATABS ALL IN 1

食器の腐食やしみに強いタブレットタイプの食洗機用洗剤。酵素と活性酸素のはたらきにより、水温が低くても頑固な汚れを分解し洗い流す効果が期待できます。

保護成分でグラスの腐食を軽減し、銀製品やステンレスのしみにも効果が期待できるのも特徴。乾燥仕上げ剤成分により食器に水滴を残さないため、自然できれいに乾燥可能です。

水に溶けるフィルムに包まれておりそのまま投入でき、洗剤で手が汚れにくいのも魅力。たっぷりの60粒入りなので、1箱を長く使い続けられます。

第4位 ミセスマイヤーズ クリーンデイ 食洗機用洗剤 タブレット

天然由来成分でつくられているタブレットタイプの食洗機用洗剤。液性のなかでも洗浄力の強いアルカリ性です。植物由来成分を配合し、刺激の強い塩素やリン酸塩などは使っていません。草花をベースとした香りで、洗いあがりのにおいもさわやか。食器やグラスを洗浄し、カップについたコーヒーや紅茶のしみも落とせると謳っています。

香りを楽しみたい方におすすめの洗剤です。