「リキッドアイシャドウ」は、まぶたにピタッと密着してツヤ感を出せる優れもの。パウダーアイシャドウと比べて肌馴染みがよいので、時間が経ってもよれたり崩れたりしにくいことが特徴です。

今回は、自分に合うリキッドアイシャドウの選び方や人気の製品までご紹介します。プチプラとデパコスそれぞれをピックアップしているので、ぜひ自分好みのリキッドアイシャドウをみつけてみてください。

リキッドアイシャドウとは?

By: amazon.co.jp

リキッドアイシャドウとは、水分などをベースにして作られた液体状のアイシャドウのことです。テクスチャーはこってりとしたものからサラサラとしたものまで、さまざまなタイプがあります。

まぶたにすっと馴染み、まるで内側から発色しているような仕上がりになることが特徴。見た目はリップグロスやリキッドコンシーラーのようになっており、かさばりにくいので持ち運びにも便利です。

パウダータイプのアイシャドウと比べるとヨレにくくラメが飛びにくいので、持ちのよいアイシャドウを探している方や、メイク直しの時間をなかなか取れない方に向いています。

リキッドアイシャドウのメリット

By: amazon.co.jp

リキッドアイシャドウのメリットは、お肌にピタッと密着すること。パウダーアイシャドウのようにお肌に乗っているだけではなく、しっかりと馴染むのでメイク持ちのよさが魅力です。

水分を多く含んでいるため、乾燥しがちなまぶたにも理想的なアイメイクをほどこせます。また、パウダーアイシャドウでは叶えるのが難しかった、ツヤ感のある目元に仕上げやすいことも大きなメリットです。

うるっとした目元に見せたいときや、流行のメイクを取り入れたいときなどに使うのがおすすめ。1色だけでも簡単にグラデーションを作れるため、時短になるうえに、持ち歩き用のポーチを軽量化することも可能です。

リキッドアイシャドウの選び方

好みの仕上がりに合わせたタイプを選ぼう

ツヤ感がなく発色のよい「マット」

By: amazon.co.jp

リキッドアイシャドウを使いたいけれど、ツヤ感はさほど求めていない方におすすめなのが、マットに仕上がるタイプ。ツヤのあるタイプと比べると発色がよく、目元を思い通りのカラーに仕上げやすいのが特徴です。

何度も重ねたような色味を一度塗るだけで作り出せるので、時短メイクのアイテムとして活躍。ラメの主張が控えめなものが多いので、ふんわりした目元を作りたいときにも役立ちます。

また、ラメやグリッタータイプのリキッドアイシャドウと同様に、マットタイプのものもヨレにくく色落ちしにくいのが魅力。メイクの持ちに悩んでいる方にもおすすめです。

透明感を演出できる「シアー」

By: amazon.co.jp

微細なラメが入ったシアータイプのリキッドアイシャドウは、目元に透明感を出したい方におすすめです。パール状のラメが目元を強調しすぎることなく、上品なツヤ感に仕上げます。

ほんのりと皮膚が透けて見えるような透明感のある目元になるので、ナチュラルメイクはもちろん、濡れ感のあるメイクにもぴったりです。

また、キツすぎない自然な発色なのもシアータイプの特徴。初めてリキッドアイシャドウを使う方でも扱いやすいため、メイクテクニックに自信がない方でも挑戦しやすいタイプです。

目元を彩る「ラメ」

By: amazon.co.jp

リキッドアイシャドウならではのツヤ感を活かしたいのなら、ラメタイプがおすすめ。使うカラーによって上品にもかわいらしくも仕上げられる万能タイプです。

ラメとリキッドアイシャドウのみずみずしさがうまくマッチすることで、瞬きをするたびにキラキラと輝く目元を作り上げます。お肌にピタッと密着し、時間が経ってもラメが飛びにくいので、お直しの時間がなかなか取れない方にもおすすめです。

華やかなパーティなどに合う「グリッター」

By: amazon.co.jp

とにかく目元をキラキラさせて目立たせたい方におすすめなのが、グリッタータイプのリキッドアイシャドウ。遠くから見ても目元の輝きが分かるほどしっかりと強調できるので、特別な日に気合いを入れたメイクをしたいときや、パーティメイクのアイテムとしても活躍します。

ただし、塗り方によっては派手すぎる仕上がりになってしまうため、初めて使う場合は目元を目立たせるワンポイントとして使うのがおすすめです。

乾きが早いものがおすすめ

リキッドアイシャドウを選ぶうえで確認しておきたいのが、乾くまでの時間。リキッドアイシャドウはほかのアイシャドウとは違い、塗った後に乾くまで待つ必要があります。

乾くまでに時間がかかってしまうと、メイクに時間がかかるだけでなくヨレやラメ飛びやすくなることも。逆に、乾くのが早すぎると伸ばしにくくムラになりやすいので注意しましょう。

しっかり密着するものでヨレも防止

By: maccosmetics.jp

ヨレにくいことが特徴のリキッドアイシャドウですが、さらにヨレを防ぎたい場合はお肌への密着度に注目しましょう。ピタっと吸いつくように密着するタイプなら、時間が経ってもヨレにくいのでおすすめです。

一方で、密着力が弱いリキッドアイシャドウだと崩れやすいうえ、お肌の溝にアイシャドウがたまりやすくなってしまいます。理想の目元に仕上げるためには、密着しやすさを確認することも大切です。

リキッドアイシャドウのおすすめ|プチプラ

シャンティ(Chantilly) スウィーツスウィーツ スパークリングアイグロス

きれいな仕上がりを長時間キープできるリキッドアイシャドウです。密着感が高く、皮脂崩れしにくいのが特徴。ふたえの溝にも溜まりにくいと謳われています。本製品は、下まぶたにも使用可能。涙袋が引き立ち、立体感のある目元に仕上がります。

人気のカラーは、ナチュラルな華やかさを演出しやすい「01 ミルキーベージュ」。アイシャドウベースとしても使いやすいベージュ系です。自然に広がり、まぶたの色ムラを調節します。クレンジング不要の処方なので、洗顔料だけで簡単にメイクオフができるのもおすすめのポイントです。

カネボウ(KANEBO) コフレドール コントゥアアイグロス

アイシャドウベースとしても使いやすいリキッドアイシャドウです。肌に馴染みやすい軽い感触が特徴。さらりとフィットして、ヨレにくい仕上がりが魅力です。さらに、「アーモンド油」「ホホバ種子油」などの保湿成分も配合されています。

まぶたにツヤや陰影を与えるヌーディパールが配合されているのもポイント。繊細に反射する光のヴェールで、濡れているようなツヤが残ります。カラーは落ち着いた印象の「グロウブラウン」の1種類。アイホール全体に伸び広げれば、目元に立体感が出せます。

コーセー(KOSE) エスプリーク グロウ アイヴェール

人気のプチプラブランド、エスプリークから販売されているリキッドアイシャドウです。速乾性に優れているのが特徴。塗った瞬間からまぶたに密着するので、ヨレにくいと謳われています。

さらに、汗や皮脂にも強いのがポイント。きれいな仕上がりが長時間持続します。アイシャドウがまぶたの溝に溜まりやすい方や、ヨレやすい方にぴったりです。

ルーセントパールが配合されているので、透明感のある濡れたようなツヤが残ります。ベージュ系のカラーは、アイカラーベースとしても便利。自然な明るさが出るため、まぶたのくすみもカバーできるうえに、後から使うアイカラーの化粧のりを高められるのでおすすめです。

かならぼ(KANALABO) フジコ シェイクシャドウ

水とパウダーが2層に分かれているアイテム。水と光の粒をシェイクして使う、ユニークな使い方が特徴です。ウォーターベースのリキッドは皮脂にも強いので、ヨレにくくきれいな仕上がりが長時間続きます。密着感が高いので、まぶたの溝にアイシャドウがたまりにくいのもポイントです。

ハイライトに使いやすい「09 THE ハイライト」は、お肌に溶け込みやすく、ツヤが残る人気カラー。キラリと輝く光の効果で、エレガントで色っぽい目元に仕上がるのが魅力です。「10 アーバンベージュ」は使いやすいベージュ系。自然な目元に仕上げたい方におすすめです。

マッシュビューティーラボ(MASH Beauty Lab) トーン ペタル リキッドアイシャドウ

華やかな印象のメイクに仕上げたいときにぴったりのリキッドアイシャドウ。顔全体にも明るさを出したい方や、垢抜けた印象に見せたい方におすすめです。なめらかな質感なので、まぶたに伸びやすくぴったりと密着。薄づきでまぶたをきれいに彩ります。

カラーメイクが楽しめる、豊富なカラー展開も魅力です。特に「08 ペールライラック」は、目元に明るさを与えるカラー。「06 オレンジ」「07 カーキ」など、個性的で繊細なカラーが揃っています。

コーセー(KOSE) ヴィセ アヴァン リキッドアイカラー

独特な質感が魅力のリキッドアイシャドウです。リキッドながらパウダーのように仕上がり、薄い膜がしっかりとまぶたに密着します。汗や皮脂にも強いので、アイメイクが崩れやすい方にぴったりです。なめらかに伸び広がり、つけたてのきれいな発色が続きます。

6種類の豊富なカラーバリエーションもポイントです。また、質感は大胆な印象の「グリッター」とクールな印象の「メタリック」から選択可能。比較的安価なので、色違いで揃えて、その日のファッションや気分に合わせて使うのもおすすめです。

コーセー(KOSE) ファシオ リキッドアイカラー WP 濃密発色タイプ

アイシャドウが滲みやすい方におすすめのリキッドアイシャドウです。汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプなうえに、つけた瞬間からまぶたに密着してヨレにくいのが魅力。崩れにくい処方ながら、なめらかに伸び広がるので簡単にムラなく広がります。

濃密な発色もポイント。アイメイクのメインカラーとして使いやすい「BR-5」や、サブカラーにぴったりの「GD-2」など、好みに合わせて使いやすい種類が揃っています。

クオレ(CUORE) K-パレット リアルラスティングクリームシャドウ

揮発性のオイルベースを使用したリキッドアイシャドウです。汗や皮脂、水分に強く、まぶたに密着してきれいな発色が持続。また、ストレッチポリマーがまぶたの動きに合わせて伸縮するので、ヨレたり二重のシワに入ったりしにくいと謳われています。

透明感の高いグロッシーなツヤ感も魅力。まぶたの肌色が透けるように自然に色づきます。ヌーディなーベージュの「01 ヌーディベージュ」や、落ち着いた深みのあるブラウンの「04 ラディアントブラウン」はアイシャドウベースとしても使いやすくおすすめです。

日本ロレアル メイベリン ニューヨーク センセーショナルエフェクト アイシャドウ

簡単に塗りやすい、大きめのアプリケーターがついているリキッドアイシャドウです。オイルインウォーターフォーミュラ処方で、まぶたに密着してきれいな仕上がりをキープします。ひと塗りでもしっかりと色づくので、時短メイクを好む方におすすめです。

ツヤやかな発色も魅力。光を反射する繊細なパールが採用されているので、まばたきをするたびに目元が輝きます。また、健康的な印象の「S06 アプリコットグロス」や華やかな「S01 ハニーグロス」など、好みに合わせて選びやすい豊富なカラーバリエーションもポイントです。

ズーシー(ZEESEA) ダイヤモンドシリーズ 星空リキッドアイシャドウ

豊富なカラーバリエーションと、キラキラとした輝きが特徴のリキッドアイシャドウです。大粒のパールやグリッター、ラメがたっぷりと配合されているので、メイク全体に明るさが出ます。特に、目元を華やかな印象に仕上げたいときにぴったりです。

粉飛びしにくく、塗りやすいテクスチャーもポイント。まぶただけではなく、涙袋用としても使えます。カラー展開は、光を通す「13ステンドグラス」や、ソーダジュースをイメージさせる「12白桃ソーダ」など豊富。好みに合わせて選んでみてください。

リキッドアイシャドウのおすすめ|デパコス

エキップ(e`quipe) RMK ストーンホイップアイズ

濃密な発色と輝きが特徴のリキッドアイシャドウです。ホイップクリームを思わせるような、ふんわりとしたテクスチャーが特徴。リキッドアイシャドウながら、つけた後はパウダリーな質感に変化します。まぶたに馴染みやすく、ピタッと密着してヨレにくいのもポイント。きれいな発色を長時間キープします。

さらに、ナチュラルながら印象的カラーバリエーションも魅力です。「04 ナチュラルムード」や「05 フェミニズム」は、フェミニンな印象のカラー。目元を明るく見せたい方にぴったりです。「02 ネイチャースピリット」は、深みのあるブラウン系。目元に立体感を出したいときにおすすめです。

エムアイエムシー(MiMC) ミネラルリキッドリーシャドー

クリアな発色が特徴のリキッドアイシャドウです。薄づきのリキッドがまぶたにピタッと密着し、まぶたの溝に入り込みにくいのが魅力。つけたてのきれいな目元が、長時間持続します。

透明感のあるシアーなアイスブルーの「04 スカイライン」は、爽やかでフレッシュな目元に仕上がるカラー。顔全体に明るい印象を与えます。上品なペールピンクベージュの「03 ミラージュ」や、キラキラと輝くベージュゴールドの「02 デイオブライト」は、デイリーに使いやすくおすすめ。輝きを強調し、洗練された目元を演出します。

メイクや好みに合わせて使い分けしやすいカラーが揃う、おすすめのリキッドアイシャドウです。

シロ(SHIRO) カレンデュラアイシャドウリキッド

繊細なラメと深みのあるピグメントが配合されたリキッドアイシャドウです。まぶたに自然なきらめきをプラスし、ドラマティックな印象に仕上がります。水性ベースのリキッドアイシャドウなので、まぶたにしっかりと密着。きれいな発色を長時間キープします。

まぶた全体につけるカラーとしておすすめなのは植物の葉や茎を思わせるような「0101 モスグレー」。ほかにも、落ち着きのあるラメ入りオレンジの「0C01 ダスクオレンジ」や、明るいベージュの「0C04 サンドベージュ」など、好みに合わせて使いやすいカラーが揃っています。

落ち着いた雰囲気のカラーメイクを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

エレガンス(Elegance) エレガンス クルーズ アイカラー ミジェット

軽いつけ心地が特徴のリキッドアイシャドウです。なめらかに伸び広がるつけ心地と、さらりとフィットする持ちのよさが魅力。ひと塗りでしっかりと色づき鮮やかに仕上がります。

「YE02」は、使いやすいシャイニーゴールド。まぶたに明るさを与えて、イキイキとした印象に仕上げます。「OR02」は、茜色に染まるレンガ屋根を思わせるようなレッドオレンジ。カラーで目元にアクセントをつけたい方におすすめです。

トゥーフェイスド(Too Faced) メルテッド チョコレート マット アイシャドウ

高発色でマットタイプのリキッドアイシャドウです。目元のプライマーとアイシャドウ、両方の機能を備えています。ウォータープルーフ処方なので、アイシャドウ下地としての使用にもおすすめ。24時間目元のヨレを防ぐと謳われています。

ココアにインスパイアされて作られている色展開が魅力。ココアのような深みのあるカラーが揃っているので、まぶたに立体感を出せます。「チョコレートワイン」や「チョコレートチャイ」などの色名もユニークです。

また、アイシャドウながら甘い香りがするのもポイント。メイクの時間が楽しくなるおすすめのリキッドアイシャドウです。

エキップ(e`quipe) SUQQU グロウ タッチ アイズ

まぶたに立体感を演出するツヤが特徴のリキッドアイシャドウです。長時間しっとりとした質感が続き、ヨレにくくパサパサしにくいのが魅力。ピタッとまぶたに密着して、きれいな状態をキープします。

シックグレージュの「07 光吹 Hikaribuki」は、上品な印象に仕上がるグレージュ系。シックカーキの「04 艶柊 Tsuyahiragi」は、目元に垢抜け間を演出します。メイクや好みに合わせて選びやすい、豊富なカラーバリエーションもおすすめのポイントです。

日本ロレアル シュウ ウエムラ アイ フォイル

人気のデパコスブランド、シュウウエムラのリキッドアイシャドウです。グリッタータイプなので、目元にツヤ感が出せます。軽い付け心地のフォーミュラを採用しており、肌にしっかりと密着して、きれいな仕上がりが続くのが特徴です。

また、一度に広く塗れるアプリケーターもポイント。ブレンディングもしやすく、アイシャドウが簡単に仕上がるのが魅力です。人気カラーは、「ファイアスパーク」と「サクラアジュール」。まぶたに輝くツヤをプラスして、華やかな印象に仕上げます。

日本ロレアル ジョルジオアルマーニ アイ ティント

豊富なカラー展開が魅力のリキッドアイシャドウです。細かいパールによるメイクアップ効果で、まぶたに透明感を与えるのが特徴。濃密な発色ながら軽いつけ心地なので、フレッシュな仕上がりが続きます。

ティアドロップ型のアプリケーターで、まぶたに素早く均一にアイシャドウをつけられるのがポイント。さらに、アプリケーターの先端を使うと、アイライナーのように細く描けます。

マック(M・A・C) ダズルシャドウ リキッド

グリッターやパールのような輝きが特徴のリキッドアイシャドウです。軽くスムーズなテクスチャーながら、まぶたに密着してヨレにくい処方。鮮やかな発色で、輝きとカラーの両方を楽しめます。

ライトメタリックピンクの「ラブ ユアセルフ」や、ライトピーチの「エブリ デイ イズ サンシャイン」は、かわいらしさを与えるカラー。無難な色味に飽きてしまった方や、やさしい雰囲気のメイクに仕上げたい方におすすめです。

シャネル(CHANEL) オンブルプルミエールラック

発色とメイク持ちが特徴のリキッドアイシャドウです。ロングラスティング処方で、きれいな発色と輝きを長時間キープできます。まぶたに密着してヨレにくいので、単色使いだけではなく、好みのカラーを重ねても使うのもおすすめです。

「22 レイヨン」や「32 ヴァストネス」は、エレガントなカラー。まぶたに立体感を出しながら、上品な印象に仕上がります。

リキッドアイシャドウの売れ筋ランキングをチェック

リキッドアイシャドウのランキングをチェックしたい方はこちら。

リキッドアイシャドウの使い方・塗り方

ベースメイクをする

リキッドアイシャドウをきれいに乗せるためには、ベース作りが大切。まずは化粧下地とファンデーションを使って、お肌をなめらかに整えます。皮脂量が多い方はテカリを抑えるタイプの化粧下地を使ってみてください。

くすみや色素沈着が気になる方はコンシーラーでカバーする工程も加えるのがおすすめ。パウダーファンデーション使う方はファンデの前にコンシーラーを、リキッドファンデーションを使う方はファンデーションの後に使います。

ティッシュやあぶらとり紙で余分な皮脂を取り除く

リキッドアイシャドウは水分ベースのものがほとんど。まぶたに油分があるとリキッドアイシャドウがお肌に馴染まずヨレやすくなるので、皮脂はしっかり取り除いておくことがポイントです。

余分な皮脂はティッシュやあぶらとり紙を使って取り除きます。目元は皮膚が薄くデリケートなので、こすらずポンポンと押し当てるようにするのがコツです。

皮脂が気になる方はパウダーをはたく

ベースメイクをしっかりしても時間が経つと皮脂が気になりやすい方は、上からパウダーをはたいておくとメイクが崩れにくくなります。

仕上げ用のパウダーも使用可能ですが、皮脂吸着パウダーが入っているものの方がおすすめです。あまりつけすぎるとリキッドアイシャドウの伸びが悪くなってしまうので、軽くはたく程度にしておきます。

アイシャドウベースを塗る

目元のくすみを取ってリキッドアイシャドウの伸びや持ちをよくするために、アイシャドウベースを塗ります。塗る量はごく少量で十分。まぶたに薄い膜を作るようなイメージで、全体に薄く伸ばしてみてください。

目元が乾燥しやすい方は保湿タイプのものを、皮脂や汗の量が多めの方はウォータープルーフタイプのものを選ぶと、リキッドアイシャドウの持ちがよくなります。自分のお肌の状態に合わせてアイベースを選んでみてください。

ただし、あまりに油分が多いものを塗ると、水分の多いリキッドアイシャドウを弾いてしまうことがあるので、ベタつかないタイプがおすすめです。

ナチュラルに発色させたいときは3点置き

By: amazon.co.jp

ナチュラルに目元へ彩りを加えたい方は、3点置きがぴったりです。少量のリキッドアイシャドウを取って目頭と目尻、その間の3か所に置き、チップや指を使ってぽんぽんと広げるように伸ばします。

乾くのが早いリキッドアイシャドウを使う場合は、1か所ずつ置いてその都度伸ばしていくと失敗しにくくおすすめです。使うアイテムによって発色のしやすさが違うので、乗せるリキッドアイシャドウの量や置く場所を調節してみるときれいに仕上がります。

しっかり発色させたいときはアイラインのように乗せる

By: maccosmetics.jp

リキッドアイシャドウならではの発色を楽しみたい場合は、アイラインのように引く方法がおすすめです。余分なリキッドアイシャドウをボトルのふちで落としたら、まつげの生え際の上からアイラインを引くのと同じ要領で伸ばしていきます。

液が乾かないうちに、チップや指でまぶた全体へ広げるように伸ばせば完成です。まつげの生え際から眉毛の方に向かって伸ばすと、グラデーションも簡単に作れます。

一度に大量のリキッドアイシャドウを塗ると濃すぎる印象になってしまうことがあるので、少量ずつ何度か重ね塗りをしてみてください。

下まぶたに使うときは目頭に1点置き

By: maccosmetics.jp

涙袋メイクのように下まぶたに使う場合は、まず目頭に1か所だけ少量のリキッドアイシャドウを乗せます。そこから目尻に向けて伸ばしましょう。

リキッドアイシャドウの量が多すぎるとキツイ印象になったりヨレの原因になったりするので、つけすぎには注意が必要です。

目頭から伸ばすことで、簡単にぷっくりとかわいらしい目元に。液を乗せすぎたときは、伸ばす前に軽くティッシュで取り除くときれいに仕上げられます。