水分ベースの「リキッドアイシャドウ」は、まぶたにピタッと密着してツヤ感を出せる優れもの。パウダーアイシャドウと比べて肌馴染みがよいので、時間が経ってもよれたり崩れたりしにくいことが特徴です。

今回は、自分に合うリキッドアイシャドウの選び方や人気の製品までご紹介します。プチプラとデパコスそれぞれをご紹介しているので、ぜひ自分好みのリキッドアイシャドウを見つけてみてください。

リキッドアイシャドウとは?

By: amazon.co.jp

リキッドアイシャドウとは、水分をベースにして作られた液体状のアイシャドウのことです。テクスチャーはこってりとしたものからサラサラとしたものまで、さまざまなタイプがあります。

まぶたにすっと馴染み、まるで内側から発色しているような仕上がりになることが特徴。見た目はリップグロスやリキッドコンシーラーのようになっており、かさばりにくいので持ち運びにも便利です。

パウダータイプのアイシャドウと比べるとヨレにくくラメ飛びがしにくいので、持ちのよいアイシャドウを探している方や、メイク直しの時間をなかなか取れない方に向いています。

色味によってはアイシャドウとしてだけではなく、ハイライトやアイシャドウベースとして使えるため、1つ持っておくだけで重宝するアイテムです。

リキッドアイシャドウのメリット

By: amazon.co.jp

リキッドアイシャドウのメリットは、お肌にピタッと密着すること。パウダーアイシャドウのようにお肌に乗っているだけではなく、しっかりと馴染むのでメイク持ちのよさが魅力です。

水分を多く含んでいるため、乾燥しがちなまぶたにも理想的なアイメイクをほどこせます。また、パウダーアイシャドウでは叶えるのが難しかった、ツヤ感のある目元に仕上げやすいことも大きなメリットです。

うるっとした目元に見せたいときや、流行のメイクを取り入れたいときなどに使うのがおすすめ。

1色だけでも簡単にグラデーションを作れるため、時短メイクにもなり、持ち歩き用のポーチを軽量化することも可能です。

リキッドアイシャドウの選び方

好みの仕上がりに合わせたタイプを選ぼう

ツヤ感がなく発色のいい「マット」

By: threecosmetics.com

リキッドアイシャドウを使いたいけれどツヤ感はそこまで求めていない方におすすめなのが、マットに仕上がるタイプ。ツヤのあるタイプと比べると発色がよく、目元を思い通りのカラーに仕上げやすいのが特徴です。

何度も色を重ねたような色味を一度塗るだけで作り出せるので、時短メイクのアイテムとして活躍。ラメの主張が控えめなものが多いので、ふんわりした目元を作りたいときにも役立ちます。

ラメやグリッタータイプのリキッドアイシャドウと同様に、マットタイプのものもヨレにくく色落ちしにくいため、メイクの持ちにお悩みがある方にもおすすめです。

透明感を演出できる「シアー」

By: amazon.co.jp

微細なラメが入ったシアータイプのリキッドアイシャドウは、目元に透明感を出したい方におすすめです。パール状のラメが目元を強調しすぎることなく、上品なツヤ感に仕上げます。

ほんのりと皮膚が透けて見えるような透明感のある目元になるので、ナチュラルメイクはもちろん、濡れ感のあるメイクにもぴったり。

また、キツすぎない自然な発色なのもシアータイプの特徴です。初めてリキッドアイシャドウを使う方でも扱いやすいため、メイクテクニックに自信がない方でも手を出しやすいタイプといえます。

目元を彩る「ラメ」

By: amazon.co.jp

リキッドアイシャドウならではのツヤ感を活かしたいのなら、ラメタイプのものがおすすめ。使うカラーによって上品にもかわいらしくも仕上げられる万能タイプのリキッドアイシャドウです。

ラメとリキッドアイシャドウのみずみずしさがうまくマッチすることで、瞬きをするたびにキラリと輝く目元を作り上げます。

お肌にピタッと密着することから時間が経ってもラメが飛び散りにくいので、お直しの時間がなかなか取れない方や、ラメ飛びが気になる方にもおすすめです。

華やかなパーティなどに合う「グリッター」

By: toofacedcosmetics.jp

とにかく目元をキラキラさせて目立たせたい方におすすめなのが、グリッタータイプのリキッドアイシャドウ。

遠くから見ても目元の輝きが分かるほどしっかりと強調できるので、特別な日に気合いを入れたメイクをしたいときや、パーティメイクのアイテムとしても活躍します。

ただし、塗り方によっては派手すぎる仕上がりになってしまうため、初めて使う場合は目元を目立たせるワンポイントとして使うのがおすすめです。

乾きが早いものがおすすめ

リキッドアイシャドウを選ぶうえで確認しておきたいのが、乾くまでの時間。リキッドアイシャドウはほかのアイシャドウとは違い、塗った後に乾くまで待たないといけません。

乾くまでに時間がかかるリキッドアイシャドウを使うと、メイクに時間がかかるだけでなくヨレやラメ飛びの原因になります。逆に乾くのが早すぎると伸ばしづらくムラになりやすいので注意しましょう。

しっかり密着するものでヨレも防止

By: chanel.com

ヨレにくいことが特徴のリキッドアイシャドウですが、さらにヨレを防ぎたい場合はお肌への密着度にも注目しましょう。ピタっと吸いつくように密着するタイプなら、時間が経ってもなかなかヨレません。

一方で、密着力が弱いリキッドアイシャドウだとヨレやすいうえ、お肌の溝にアイシャドウがたまってきれいな仕上がりとはほど遠くなってしまいます。理想の目元に仕上げるためには、密着しやすさを確認することも大切です。

リキッドアイシャドウのおすすめ|プチプラ

かならぼ(KANALABO) フジコ シェイクシャドウ

水と光の粒が二層に分かれている珍しいタイプのリキッドアイシャドウです。2つの層をシェイクして混ぜてから使用します。

油分をまったく使わない完全に水分ベースのリキッドアイシャドウなので、皮脂に強くヨレにくいことが特徴。時間が経ってもまぶたにしっかりと密着した状態がキープされます。二重ラインや溝にアイシャドウがたまりにくいのも嬉しいポイント。

微細なラメを使用しているので、仕上がりは非常に自然です。リキッドアイシャドウならではの透明感あるツヤを自然に作り出せます。色味によってはアイシャドウとしてだけではなく、ハイライトとして活用できることも特徴です。

コーセー(KOSE) Visee AVANT リキッドアイカラー

落ち着きのあるカラーバリエーションが特徴的なアイテムです。大粒パールを配合したグリッターと、微細なラメが配合されたメタリックの2種類が展開されています。

するすると広がる塗りやすさが魅力。すーっと伸びて乾くとパウダー状になり、まぶたに薄い膜を作るようにフィットします。

皮脂量が気になる方や汗をかきやすい方でも、きれいな状態をキープしやすいリキッドアイシャドウです。保湿成分としてヒアルロン酸とスクワランが配合されているため、お肌が乾燥しやすい方にも向いています。

クオレ(CUORE) K-palette リアルラスティングクリームシャドウ

パール状の微細なラメを配合したアイテムです。繊細に輝くラメがあらゆる角度から光を反射するので、透明感のある目元に仕上がります。色づきはどちらかというと控えめなタイプ。

乾くのが早いので、少量ずつ色を乗せていくときれいなグラデーションを作れます。時間が経っても二重ラインや溝にアイシャドウがたまりにくいことも魅力です。

密着度が高くラメがお肌をきれいに見せられるので、お肌の色味に近いタイプを使えばアイシャドウベースとしても活用できます。

スウィーツスウィーツ(SWEETS SWEETS) クリーミィマットアイズWP

ウォータープルーフタイプのリキッドアイシャドウです。涙や汗、皮脂などで崩れにくいことが特徴で、プチプラなのにヨレにくいと人気を集めています。アクティブに動きたいときなどに活躍するアイテムです。

ラメは微細なパール状のものが配合されていますが、マットタイプのリキッドアイシャドウなので目立ちすぎません。乾くのが早くまぶたにしっかり密着します。

保湿成分としてスーパーヒアルロン酸とローヤルゼリーエキス、シア脂が配合されているため、まぶたの乾燥が気になる方でも使いやすいリキッドアイシャドウです。

スウィーツスウィーツ(SWEETS SWEETS) スパークリングアイグロス

プチプラで目元に濡れたようなツヤ感を出したい方におすすめのリキッドアイシャドウです。上品に輝くパール状のラメが、水面に光が反射するかのようなキラリとしたツヤ感を与えます。

皮脂崩れしにくいのに、クレンジングは不要。洗顔のみで落とせるのも魅力的です。しっかりまぶたに密着するので、上から重ねるアイラインもするするとなめらかに描けます。

「04 スモーキーピンク」は程よいピンク感とラメ感があり、涙袋メイクにもぴったりです。

レブロン(REVLON) カラーステイ グリーミング アイズ リキッド シャドウ

ギッシリと配合された微細なラメが特徴のアイテム。ラメは非常に細かく、プリズムのようなキラっとした輝きに仕上がるのが魅力です。

ひと塗りでツヤ感と濡れ感の両方を実現します。ラメの量は多めですが、塗るとしっかりまぶたにフィットするのでラメ飛びしづらいのもポイント。

グリッタータイプのようにギラギラ輝くのは苦手だけど、目元を適度に目立たせたい方におすすめのリキッドアイシャドウです。

メイベリン ニューヨーク(MAYBELLINE NEW YORK) センセーショナルエフェクト アイシャドウ

微細なパールが配合されたシアータイプのリキッドアイシャドウ。見たままの色を再現しやすい高発色が特徴です。チップに取って伸ばすだけで、理想的な目元を作り出せます。上品に光を反射するため、ナチュラルに目元へ透明感をプラスできる優れものです。

オイルとウォーターの両方をベースにしたリキッドアイシャドウなので、しっかりまぶたにフィットして塗り立ての状態をキープできます。展開されているカラーはどれも肌馴染みのよいものばかり。自然に目元へ透明感を出したい方におすすめです。

コーセー(KOSE) ESPRIQUE グロウ アイヴェール

上品なラメが配合されたリキッドアイシャドウです。大人っぽいツヤ感あふれる目元に仕上げたい方に向いています。保湿成分のヒアルロン酸やセラミドが目元に潤いを与えながら、ラメが立体感をプラス。潤いに満ちたツヤ感を作り出します。

クリームベージュからフローラルピンク、ダスティパープルなどカラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイントです。そのままアイシャドウとして使うのはもちろん、アイシャドウベースとして使ったり、涙袋メイクに使ったりとあらゆる場面で活用できます。

エチュード(ETUDE) ミラーホリック リキッドアイズ

韓国コスメとして人気のエチュード。「ミラーホリック リキッドアイズ」は、輝く目元を作り出すグリッタータイプのリキッドアイシャドウです。大粒のグリッターがたっぷり配合されており、きらびやかでゴージャスな目元に仕上げます。

グリッターとは別に偏光パールも配合されているので、まるでミラーボールのようにさまざまな角度から輝くのが特徴です。水分ベースなので、ツヤ感も良好です。普段使いからパーティ用まで幅広く活躍します。

キス(kiss) エッセンスクリームアイズ

塗れたようなツヤ感を表現できるリキッドアイシャドウ。ニュアンスパールを配合することで、上品でナチュラルな輝きを実現しています。水分ベースで作られているのでベタつきが気になりにくく、仕上がりは非常になめらかです。

乾くとサラサラとした手触りになります。色はやや薄づきなので、好みの仕上がりになるまで重ね塗りするのがおすすめ。ピンク系からブラウン系までカラーバリエーションが豊富なので、好みの色を見つけてみてください。

リキッドアイシャドウのおすすめ|デパコス

マック(M・A・C) ダズルシャドウ リキッド

見とれてしまうほどきれいなラメ感が特徴のリキッドアイシャドウです。カラーバリエーションによってラメの大きさが違うことが特徴です。

たとえば、「ノット アフレイド トゥ スパークル」はザクザクと大粒のラメが、「ラブユアセルフ」なら微細なラメが配合されています。

仕上がりのラメ感は色味によって違いますが、まぶたに乗せるとすーっと溶け込むように馴染むため使いやすいのもポイント。ピンク系の色は涙袋にも使えます。韓国風メイクをしたい方にも人気です。

シャネル(CHANEL) オンブル プルミエール ラック

微細で繊細な輝きをもつラメが配合されたリキッドアイシャドウ。ツヤ感や透明感を出したい方におすすめのリキッドアイシャドウです。

高発色ながら、色味が派手すぎないので普段使いとして活躍します。もちろん密着度にも優れており、まぶたに乗せるとすぐに乾いてフィットするので、時間が経ってもヨレたり崩れたりしにくいことが特徴です。

「レイヨン」はハイライトやノーズシャドウとして、「クオーツローズ」は涙袋メイクにも使えます。フィット感に優れているので、アイシャドウベースとしても活用するのもおすすめです。

シュウ ウエムラ(shu uemura) アイ フォイル

繊細に輝く宝石のような目元を作りたい方におすすめなのが、シュウウエムラのリキッドアイシャドウ。どの角度から見てもなめらかに光を反射するので、上品で美しい目元に仕上がります。

乾くのが早いので、素早く伸ばすのがポイントです。持ちもよく、ヨレたりラメ飛びしたりしにくいのも特徴。少量ずつ伸ばして使ってみてください。

どのカラーにするか迷ったら、明るすぎず暗すぎず使いやすい「コッパー」がおすすめです。

スック(SUQQU) グロウ タッチ アイズ

SUQQUのリキッドアイシャドウは、大小さまざまなサイズのラメが配合されていることが特徴。目元に立体感を作りながら、みずみずしいツヤ感を与えます。

伸びがよいのでお肌の溝にたまることなく、きれいにフィット。時間が経っても目元をしっとり保ちながら塗り立ての状態を長くキープします。

お肌に馴染みやすい「暮風(ライトブラウン)」からオレンジ系の「煌桃(コーラルピンク)」、ハイライトにも使える「銀空(シャインシルバー)」など、カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイントです。

スリー(THREE) アルカミストツイストフォーアイ

マットタイプのリキッドアイシャドウです。パールが配合されているので、ほんのりと目元を明るく見せる効果もあります。

パールの主張はごくわずかなので、基本的にはマットよりの仕上がりです。テクスチャーはムース状になっており、ふんわりと目元を彩ります。

カラーバリエーションは、マットな質感と相性のよい少しくすんだ色味が多めです。ウォータープルーフ処方なので、水や汗に強いのも特徴。10種類の植物オイルが配合されているから、落ちにくいのに目元の潤いもキープできます。

トゥーフェイスド(Too Faced)トゥインクル トゥインクル リキッド グリッター アイシャドウ

とにかく目元をおしゃれに輝かせたい方におすすめなのが、トゥーフェイスドのリキッドアイシャドウ。容器に入った状態でも目を引くような輝きを放つアイテムです。

存在感のあるグリッターがザクザクと入っているので、まぶたにひと塗りするだけで目元が輝きます。砂糖漬けのフルーツにインスパイアされたというカラーバリエーションにも注目です。

レッドやピンク、イエローやアイスクイーンなど思わず揃えて並べたくなるような色味が揃っています。

ローラ メルシエ(LAURA MERCIER)キャビア クローム ヴェイル ライトウェイト リキッド アイカラー

さまざまな角度から目元を覗きこみたくなるような仕上がりが特徴のリキッドアイシャドウです。プリズマティックパールと超微粒子のピグメントが配合されているので、見るたびにさまざまな輝きを見せる目元に仕上がります。

ラメ感が強めなので、仕上がりのツヤ感を重視する方におすすめです。ウォーターベースでできているので、するすると伸びて使いやすく、しっかりフィット。ラメがたくさん入っているのに落ちにくく、目元の輝きをキープし続けます。

エムアイエムシー(MiMC)ミネラルリキッドリーシャドー

ヴィーガン処方で作られている珍しいタイプのリキッドアイシャドウです。微細なパール状のラメが配合されており、まるでお肌の内側から輝いているような目元に仕上がります。

保湿成分の白樺樹液ウォーターや肌荒れを防ぐビルベリー葉エキスなどが配合されており、メイクと同時にお肌をいたわることも可能です。

つけたてのみずみずしさが長時間続くので、いつでも透明感があふれる目元をキープ。1日中、輝く目元を楽しめます。色は薄づきなので、少しずつ重ねづけして好みの色に調節しながら使ってみてください。

アディクション(ADDICTION) ザ リキッド アイシャドウ ウルトラスパークル

ラメとグリッターの両方の特徴を併せもったアイテムです。夜空の輝きをぎゅっと凝縮したような輝きを目元に作り上げます。

さまざまな大きさのラメやパールが、光をあらゆる方向から反射。目元を輝かせて「ウルトラスパークル」という名前にふさわしい仕上がりになります。

すぐに乾いて密着するので、時間が経ってもヨレたりラメ落ちしたりしにくく、長時間きれいな状態をキープ。ベージュ系からワインレッドのような大人っぽい色味まで揃っているため、さまざまなシチュエーションで使用できます。

シロ(SHIRO) カレンデュラアイシャドウリキッド

皮膚を保護する役割としてカレンデュラが配合された、目元をいたわりながらメイクできるリキッドアイシャドウです。非常に細かいラメが配合されたシアータイプなので、塗るだけで目元が自然な潤い感で満たされます。

単色使いでグラデーションにするのもおすすめですが、いくつかの色を組み合わせて使えば目元で個性を表現することも可能。

「モスグレー」や「スプラウトイエロー」など珍しい色から「セピアブラウン」や「コッパーブラウン」など定番の色まで揃っています。お気に入りの組み合わせをぜひ見つけてみてください。

リキッドアイシャドウの使い方・塗り方

ベースメイクをする

リキッドアイシャドウをきれいに乗せるためには、ベース作りが大切。まずは化粧下地とファンデーションを使って、お肌をなめらかに整えます。皮脂量が多い方はテカリを抑えるタイプの化粧下地を使ってみてください。

くすみや色素沈着が気になる方はコンシーラーでカバーする工程も加えます。パウダーファンデーション使う方はファンデの前にコンシーラーを、リキッドファンデーションを使う方はファンデの後に使います。

ティッシュやあぶらとり紙で余分な皮脂を取り除く

リキッドアイシャドウは水分ベースのものがほとんど。まぶたに油分があるとリキッドアイシャドウがお肌に馴染まずヨレやすくなるので、皮脂はしっかり取り除いておくことがポイントです。

ティッシュやあぶらとり紙を使って余分な皮脂は取り除きます。目元は皮膚が薄くデリケートなので、こすらずポンポンと押し当てるようにするのがコツです。

皮脂が気になる方はパウダーをはたく

ベースメイクをしっかりしても時間が経つと皮脂が気になりやすい方は、上からパウダーをはたいておくとメイクが崩れにくくなります。

メイクの仕上げ用に使うパウダーも使用可能ですが、皮脂吸着パウダーが入っているものの方がおすすめです。あまりつけすぎるとリキッドアイシャドウの伸びが悪くなってしまうので、軽くはたく程度にしておきます。

アイシャドウベースを塗る

目元のくすみを取ってリキッドアイシャドウの伸びや持ちをよくするために、アイシャドウベースを塗ります。塗る量はごく少量で問題ありません。まぶたに薄い膜を作るようなイメージで、全体に薄く伸ばしてみてください。

目元が乾燥しやすい方は保湿タイプのものを、皮脂や汗の量が多めの方はウォータープルーフタイプのものを選ぶと、リキッドアイシャドウの持ちがよくなります。自分のお肌の状態に合わせてアイベースを選んでみてください。

ただし、あまりに油分が多いものを塗ると、水分の多いリキッドアイシャドウを弾いてしまうことがあるので、ベタつかないタイプがおすすめです。

ナチュラルに発色させたいときは3点置き

By: amazon.co.jp

ナチュラルに目元へ彩りを加えたい方は、3点置きでリキッドアイシャドウを使う方法がぴったりです。少量のリキッドアイシャドウを取って目頭と目尻、その間の3か所に置きます。

まつげから数ミリ上に乗せるとまぶた全体に伸ばしやすいので、ぜひ試してみてください。リキッドアイシャドウを乗せたら、チップや指を使ってぽんぽんと広げるように伸ばします。

乾くのが早いリキッドアイシャドウを使う場合は、1か所ずつ置いてその都度伸ばしていくと失敗しにくくおすすめです。

使うアイテムによって発色のしやすさが違うので、乗せるリキッドアイシャドウの量や置く場所を調節してみるときれいに仕上がります。

しっかり発色させたいときはアイラインのように乗せる

By: toofacedcosmetics.jp

リキッドアイシャドウならではの発色を楽しみたい場合は、アイラインのように引く方法がおすすめです。

余分なリキッドアイシャドウをボトルのふちで落としたら、まつげの生え際の上からアイラインを引くのと同じ要領で伸ばしていきます。

液が乾かないうちに、チップや指でまぶた全体へ広げるように伸ばせば完成です。まつげの生え際から眉毛の方に向かって伸ばすと、グラデーションも簡単に作れます。

一度に大量のリキッドアイシャドウを塗るとキツイ印象になってしまうことがあるので、少量ずつ何度か重ね塗りをしてみてください。

下まぶたに使うときは目頭に1点置き

涙袋メイクのように下まぶたに使う場合は、まず目頭に1か所だけ少量のリキッドアイシャドウを乗せます。そこから目尻に向けて伸ばしましょう。

リキッドアイシャドウの量が多すぎるとキツイ印象になったりヨレの原因になったりするので、つけすぎには注意です。

目頭から伸ばすことで、簡単にぷっくりとかわいらしい目元を作れます。液を乗せすぎたときは、伸ばす前に軽くティッシュで取り除くときれいに仕上げられます。