自宅はもちろん、外出先でも気軽に大画面でネットを使える「スティック型PC」。HDMI端子を搭載したモニターがあれば、手軽に簡単なPC作業ができます。製品によってスペックやOSなどが異なるので、どれを選ぶか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのスティック型PCをご紹介。メリット・デメリットや選び方などもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

スティック型PCとは?

By: amazon.co.jp

スティック型PCとは、名前の通りスティック型の筐体にマザーボードやプロセッサー、メモリにストレージなどのパーツを搭載したコンパクトなPCのことです。ほとんどのモデルはHDMI端子を搭載しており、テレビやモニターに直接接続して使用します。

Bluetoothに対応しているモデルが多く、ワイヤレスでマウスやキーボードを使用可能。USBポートやmicroSDカードスロットなどを搭載し、周辺機器を接続できるモデルもあります。

スティック型PCのメリット・デメリット

コンパクトで場所を取らない

By: amazon.co.jp

スティック型PCのメリットは、コンパクトで場所を取らないことです。手の平にも収まるサイズのモノが多く、テレビやモニターの裏の省スペースに設置可能。収納場所に困りにくいのも魅力です。

また、持ち運びに便利なのもポイント。カバンはもちろん、ポーチやポケットにも入るため、旅行や出張の際にも手軽に持ち運んで使用できます。

必要最低限のスペックで価格も安い

価格が安い点も、スティック型PCのメリットのひとつ。ほとんどのスティック型PCは必要最低限のスペックのみ搭載しています。ライトユーザーにとっては丁度よいスペックなので、無駄にお金をかけなくて済む場合があります。

PCの使用頻度が少ない方はもちろん、メールチェックやネットサーフィン、動画視聴などの簡単な作業しかしない方は、スティック型PCの購入を検討してみてください。

ゲームや動画編集などはできない

スティック型PCのデメリットは、通常のPCと比べてスペックが低いことです。ゲームや動画編集などの負荷のかかる作業には向きません。高負荷の作業を行いたい方は、デスクトップやノートPCの購入を検討する必要があります。

スティック型PCの場合、SNSや動画視聴、ネットサーフィンなどのタブレットに近い使い方や、資料作成のようなビジネス系の作業におすすめです。

スティック型PCの選び方

用途に合わせたスペックを選ぶ

スマホやタブレットのような使い方なら「Atom / 2GBメモリ」程度でOK

By: amazon.co.jp

スティック型PCを選ぶ際のポイントは、スペック。スマホやタブレットのような使い方なら、2GBのメモリとAtomプロセッサーを搭載していれば十分な場合があります。

具体的には、ネットサーフィンしたり、メールを見たりする程度。PCへの負荷が少ないので、最低限のスペックを搭載したモデルの購入を検討してみてください。

PCのように使いたいなら「Celeron・Core m3 / 4GBメモリ」は必要

By: amazon.co.jp

PCのようにしっかりと作業を行いたい場合、プロセッサーにCeleronまたはCore m3は必要です。処理能力が高いので、ノートPCに近いパフォーマンスを発揮できる傾向があります。

プロセッサーだけではなく、メモリも重要。最低でも4GBのモノを選びましょう。あとから増設することができないため、6GBや8GBを搭載しているモデルもチェックしてみてください。

OSはWindowsがおすすめ

By: amazon.co.jp

スティック型PCを選ぶ際は、OSも事前にチェックしておきましょう。多くのスティック型PCには、あらかじめWindowsがインストールされています。使いやすさや情報の多さなどの面からも、Windows搭載モデルがおすすめです。

同じWindowsでもバージョンが異なる場合がある点には注意が必要。Windows 10を搭載したモデルが多いものの、より新しいWindows 11を搭載したモデルもあるため、使いたいソフトや用途に合わせて選んでみてください。

USBやSDカードなどインターフェースをチェック

By: amazon.co.jp

搭載されているインターフェースの数や種類も、スティック型PCを選ぶうえで重要なポイント。特に、USBポートが搭載されているとUSBメモリやワイヤレスマウスのレシーバーなど、さまざまなアクセサリーを接続して便利に使用できます。

microSDカードスロットの有無も重要。microSDカードは、写真や音楽などのデータの受け渡しに使えるのはもちろん、接続したままにしておけばストレージとしても活用できます。

スティック型PCはストレージ容量が少ないモデルが多いため、多くのデータを保存しておきたい場合は、microSDカードスロット搭載モデルを選んでみてください。

対応するWi-Fi規格をチェック

By: amazon.co.jp

スティック型PCを選ぶ際は、対応しているWi-Fi規格にも注目しておきましょう。多くのスティック型PCがWi-Fiに対応しており、一般的に普及されている11acに対応したモデルが多くラインナップされています。

自宅のWi-Fiルーターとスティック型PCの両方が11acに対応していると、比較的スムーズな通信が可能。また、モデルによっては有線LANポートを搭載している場合もあるので、チェックしてみてください。

マウスやキーボードなど周辺機器がセットのモデルも

スティック型PCはモニターやテレビに接続して使用するため、タッチ操作に対応したモニターではない場合は別途マウスやキーボードが必要になります。別途用意する手間をかけたくない場合は、セットで販売されているモデルがおすすめです。

特に、コンパクトかつワイヤレス接続に対応したマウスやキーボードが付属していると、臨機応変に使用できるので非常に便利。また、数は多くないものの、スマホをマウスやキーボードの代わりとして使用できるモデルもあります。

スティック型PCのおすすめモデル

Skynew スティックPC M1K+

2.00GHzで駆動する、インテルのCeleron J4125プロセッサを採用した製品です。4コア4スレッドを搭載するなど処理性能は良好。高性能なスティックPCを探している方におすすめのモデルです。128GBのeMMCを内蔵しているため、多くのコンテンツを保存できます。また、4Kに対応しているので、動画や映画を美しい映像で観賞することが可能です。

本体サイズは135×45×12mmとスリムかつコンパクト。重さも約60gと非常に軽量なため、ポケットやカバンに入れて気軽に持ち歩けます。

インターフェースが充実しているのもポイントです。USB3.0規格対応のType-Aポートを2つ搭載しているほか、microSDカードスロットを備えているので、さまざまな用途で重宝します。

Skynew スティックPC M1S

OSにWindows 11 Proを搭載したスティック型PCです。インテルのAtmosプロセッサと4GBのメモリを実装しています。

自宅のテレビに繋いで、動画再生やネットサーフィンを楽しむのにおすすめのモデル。プロジェクターやデジタルサイネージに接続すれば、プレゼンやプロモーション用途に利用できるので、オフィスや店舗などでも活躍します。

ストレージは64GBのeMMCを内蔵していますが、最大128GBのmicroSDカード対応スロットを搭載しているため、万が一不足する場合は容量を拡張することが可能です。

冷却ファンとアルミ製のヒートシンクを内蔵しているのもポイント。内部の熱を効率的に排出できるので、長時間使用するシーンでも安定したパフォーマンスが期待できます。HDMI延長ケーブルが付属しており、テレビやモニターから離れた場所へ設置したいときに便利です。

MeLE スティックPC PCG02シリーズ 8GB 256GB

4K出力に対応したモデルです。高解像度の映画や動画鑑賞におすすめのスティック型PC。ファンレス設計により動作音が軽減されているため、コンテンツに集中しやすいのが魅力です。寝室で利用するのにも適しています。

ストレージには256GBのeMMCを内蔵。microSDカードによる容量拡張もできます。Wi-Fi接続に対応しているほか、有線LANポートを搭載しているのもポイント。無線LAN環境のない場所でも、ネットワークに接続することが可能です。

MeLE スティックPC PCG02シリーズ 4GB 128GB

購入しやすい手頃な価格のスティック型PC。CPUにCeleron N4020プロセッサを採用しています。コスパに優れた製品を求める方におすすめのモデルです。4Kモニターに接続すれば、映画や動画を美しい映像で楽しめます。

ストレージには容量128GBのeMMCを採用。別売のmicroSDカードを利用することで、最大1TBを追加で確保できます。お気に入りのコンテンツを消去することなく、最新のタイトルをダウンロードするなど、余裕を持って使えるので便利です。

NiPoGi スティックPC

スペックを重視する方におすすめのスティック型PCです。CPUに4コア4スレッドのCeleron J4125を採用。6GBのメモリを組み合わせており、多くのアプリが軽快に動作するのがポイントです。また、128GBのストレージを内蔵しており、軽作業に適しています。

USBポートは2つ搭載。有線タイプのマウスやキーボードを同時に繋げて使えます。4K出力に対応しているため、高解像度の映像コンテンツを楽しみたい方などにもピッタリです。

インテル(Intel) スティック型PC Compute Stick BOXSTK2M3W64CC

インテルが販売するスティック型PCです。さまざまなWindows対応アプリを利用したい方におすすめのモデル。最大2.20GHzで駆動するCore m3プロセッサと4GBのメモリを搭載しているため、負荷の軽い作業であれば快適に操作することが可能です。また、ストレージには容量64GBのeMMCを採用しています。

インターフェースはUSB 3.0×1とmicroSDカードスロットのみのシンプルな構成。ただし、Bluetooth接続機能を備えているため、ワイヤレスタイプのマウスやキーボードが利用できます。比較的性能が高いスティック型PCを探している方は、チェックしてみてください。

DIGI+ スティック型WindowsPC DGP-WSP01

OSにWindows 10 Proを採用しており、テレビやモニターのHDMI端子へ差し込むだけですぐに使えるスティック型PCです。1.44GHzで駆動するインテルのAtmoプロセッサと2GBのメモリを実装。リビングでウェブサイトの閲覧や動画再生を楽しむのにおすすめのモデルです。

また、HDMI端子を備えているプロジェクターに接続すれば、訪問先でのプレゼン用途などにも活躍します。ノートパソコンを持ち運ぶ手間が省けて便利です。手のひらサイズとコンパクトなうえ、重さは約65gと軽量。カバンやリュックの中でかさばらず容易に携帯できます。

M-WORKS スティックPC MW-MPS4A

タッチパッド付きのキーボードがセットになったスティック型PCです。1.44GHzで駆動するインテルのAtomプロセッサと、4GBのメモリを実装しています。また、HDMI延長ケーブル付きなので、モニター裏に十分なスペースがない場合でも慌てる心配はありません。

携帯用のポーチが付属しており、本体とキーボードはもちろん、ACアダプターやケーブル類をまとめて持ち運べるのも便利なポイント。外出先でパソコン作業をする機会が多い方におすすめのモデルです。

エイスース(ASUS) Chromebit

Chrome OSを搭載したスティック型PC。テレビやモニターに接続しキーボードとマウスを繋げれば、大きな画面でさまざまな作業がおこなえます。また、フルHD出力に対応しており、キレイな画面を見られるのも嬉しいポイントです。

搭載しているストレージは16GBと少ないものの、作成したデータをGoogle Driveに保存することで、容量不足を軽減できます。

インターフェースはUSBとHDMIのシンプルな構成。Bluetooth機能を搭載しているので、ワイヤレスタイプのマウスやキーボードが繋げられます。シンプルでおしゃれなデザインも魅力です。

インテル(Intel) スティック型PC Compute Stick BLKSTK2M364CC

手持ちのテレビやモニターを使用して、簡易デスクトップPCとして使いたい方におすすめのモデルです。インテルCore m3プロセッサと4GBのメモリに加え、64GBのストレージを搭載するなど基本スペックが充実しています。

また、Bluetoothに対応しているのもポイント。さまざまな周辺機器と簡単に接続できます。ただし、OSはインストールされていないため、購入を検討している方はあらかじめ準備しておきましょう。

スティック型PCの売れ筋ランキングをチェック

スティック型PCのランキングをチェックしたい方はこちら。