スマホの普及により気軽に写真を撮れる時代ですが、その写真ってプリントしたことありますか?

実際の手間を考えるとなかなか億劫ですよね。そんな悩みを解決してくれるのが、撮った写真をその場で印刷できるPryntです。それだけでなく、印刷した写真を専用アプリに読み込ませると、シャッターを押す前後の動画まで見れてしまうのです。

スマホをケースに差し込んで接続するだけなので、WiFiやBluetooth接続もなしのシンプル設計。専用アプリで撮った写真だけでなく、カメラロールやFacebook、Instantgramにある写真も印刷できます。印刷時間は30秒で1回の充電で20枚まで印刷可能。5cmx8cmサイズの特殊な印刷用紙にインクが埋め込まれているため、インク切れの心配は不要です。用紙は最大10枚までケースにセットでき、10枚$5で専用アプリから注文できます。

専用アプリには拡張現実(AR)機能が搭載されており、印刷した写真をアプリに映すと、写真が動きだしたように動画が再生されます。これは、まず写真を撮影するとき自動的に短い動画が同時に撮影されクラウド上に保存されます。そして撮った写真をカメラに読み取らせると、データの紐付けが行われて動画が再生されるという仕組みです。クラウド上にデータがあるため、アプリさえいれておけば撮影とは別のカメラでも動画を楽しむことができます。またこのビデオの一部を切り出して印刷することも可能です。

動画はこちら▼