手書きのデジタル化はじめる?

ここぞ! という場面で役立つのは iPhone の「メモ」ではなく、やはり手書きのノートやメモ。与える印象の良さや機動性を考えるとなおさらです。でも、それをいつまでも紙のまま保存しておくのも…。そこで役立つのが手書きデジタル化ツールですが、今回はその中でも、すばやくクラウド連携でき、くり返し使える Rocketbook の Wave をご紹介いたします。

とにかく簡単保存

Wave は専用アプリで、Dropbox、Evernote、Googleドキュメント、 OneNote などのクラウドサービスと連携して使う、ドットパターン採用の専用リングノート。

たとえば議事録などを書き終えたとしましょう。あとはスマートフォンをかざしてアプリ画面内に対象ページが入ったら、あっという間に正確に認識し取り込んでくれます。とにかく簡単!

クラウド連携も簡単

ノートの下部には7つのアイコンがあり、それぞれに”行先”を割り当てておきます。特定のアイコンに印を入れると、スキャン後、自動で目的のクラウドのフォルダーやノートに保存されるというわけです。

ノートを取るたびにアイコンに印を入れておくなら、ちょっと量が多くなっても、のちほど高速スキャンで次々にそれぞれの場所に入ってゆく…気持ちいいですね!

繰り返し使える


80ページある Wave ノートブックも、ガンガン書いているとすぐに使い切ることでしょう。でもご安心ください。パイロットのフリクションシリーズを使って書くならくり返し使えます。

電子レンジに入れて、4分の3水を入れたマグカップをその上に置いたらスタート。30秒ごとに様子を見ながら、表紙のサーマルロゴがブルーから白色に変化したらOK。つぎにノートを裏返して同様にします。

すると、ぎっしりと書かれていたはずのノートが真っ白に! 一般的な使い方だと、約10回くり返し使用することが可能。

それぞれにページ数を表すQRコードが仕込まれ、スキャンのたびに自動で正しい順序に並べてくれる Wave は Kickstarter でパイロットフリクション付きが1冊27ドル!

これなら手書きノートのデジタル化はじめられそう!