お風呂から出たあとに、足裏の水気や身体から落ちる水滴を取るのに活躍する「バスマット」。定番の布地のアイテムのほか、珪藻土バスマットも近年人気を集めています。

バスマットは、アイテムによって使われている素材や特徴が異なるため、どれを選べばよいか迷ってしまうことも。そこで今回は、バスマットの役割や選び方を解説し、おすすめ製品をご紹介します。

バスマットの役割

By: oka-kk.co.jp

足元に敷いておくことで、お風呂から出た際の水気を取れるバスマット。床が濡れるのを防ぐ役割もあります。タオルでの代用も可能ですが、バスマットに比べて吸水性に劣るため、十分に水が拭き取れず、カビが発生する原因になりかねません。

バスマットを用意すれば、床に水が垂れるのを防げるため、脱衣所を清潔に保つことが可能です。また、最近ではおしゃれなアイテムも発売されており、脱衣所を華やかに彩るアイテムとしても注目されています。

バスマットの選び方

素材ごとの特徴を知ろう

コットン(綿)

By: rakuten.co.jp

天然素材のコットンは、一般的にタオルにも使用される馴染みのある素材のひとつ。吸水性が高く、水分を素早く吸うのも魅力です。夏はさらりと、冬はふわりとした肌触りが特徴のため、年間を通して使用できます。

また、気軽に洗濯ができ、耐久性に優れているのもおすすめポイント。一方で、アイテムによっては、劣化するとシワになったり縮んだりするため、注意が必要です。綿は肌への負担が少ないといわれているので、小さな子供がいる家庭でも安心して使用できます。

リネン(麻)

By: rakuten.co.jp

リネンも、コットン同様天然素材のひとつ。植物の茎の繊維を原料としています。涼しげな肌触りと硬さ、ナチュラルな見た目が特徴です。リネンはコットンに比べて、吸水性や速乾性に長けているのがメリット。バスマットに水分が残りにくいので、雑菌が繁殖しにくいのが魅力です。

また、洗濯後にシワになったり縮んだりしにくいのもおすすめポイント。シンプルなデザインのバスマットが多いため、インテリアに馴染みやすいのも人気の理由です。

アクリルやマイクロファイバーなど化学繊維

By: amazon.co.jp

化学繊維は、吸水性が高く乾きやすいのが特徴。洗濯してもシワができにくいため、こまめに手入れできるのがメリットです。

また、さまざまな風合いに加工が可能なのも魅力。コットンに似た風合いのアイテムや、足を包み込むような厚手のアイテム、カラーバリエーションが豊富なアイテムなど、種類が豊富なので、インテリアや好みに合わせて選べます。

さらに、ほかの素材のアイテムに比べて価格が安い傾向にあるので、コストパフォーマンスを重視したい方にもおすすめです。

珪藻土

By: amazon.co.jp

珪藻土とは、珪藻という植物性プランクトン類の殻の化石が堆積してできた岩石のことをいいます。多くの細かい穴が空いているため、水分を素早く吸収するのが特徴。優れた速乾性もメリットです。

また、破損しないかぎり、バスマットとして半永久的に使えるのもメリットのひとつ。手入れする際は、やすりを使用するので、洗濯する必要もありません。使用後にしっかりと乾燥させておけば、カビやダニの繁殖も抑えられるため、清潔に使用し続けられるアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

吸水性の高いモノがおすすめ

By: rakuten.co.jp

バスマットを選ぶときは、吸水性の高さをチェックしておくのがおすすめ。特に、複数人で使用する場合には、水分を素早く吸収し、使い終わったあとにすぐに乾くようなバスマットが向いています。湿気が残りやすいと、カビや菌などが繁殖する原因になってしまうため、注意が必要です。

すぐに表面が乾くアイテムを探しているなら、珪藻土のバスマットがぴったりですが、乾燥させたりやすりをかけたりと手間がかかります。手間をかけず、しっかりと乾燥させたいのであれば、化学繊維やリネンなどのアイテムを選びましょう。

脱衣所の広さに合わせたサイズを選ぼう

By: susu-net.jp

バスマットを購入する際は、事前にサイズを把握しておくことも重要。脱衣所のスペースに合うサイズのアイテムを選びましょう。

特に、珪藻土のバスマットは折りたたみができないため、サイズが合わないと邪魔に感じてしまう可能性もあります。使用する場所のサイズと、検討しているアイテムのサイズが合うかどうか、確認してから購入をしましょう。

デザインにこだわればお風呂場がおしゃれに

By: amazon.co.jp

バスマットは、アイテムによって色や形が異なります。毎日使うモノだからこそ、見た目にもこだわって選ぶのがポイント。ナチュラルテイストのデザインから、敷石をモチーフにしたデザインまで幅広い種類があるので、事前にチェックしておきましょう。

また、インテリアがアジアン系なら麻、ナチュラル系なら綿など、自宅のインテリアに合う素材のアイテムを選ぶのもおすすめです。

バスマットのおすすめ

オッタイピイヌ(OTTAIPNU) ishikoroバスマット

敷石をモチーフにした、落ち着いたデザイン

マリメッコ・カンペール・アルフレックスなど、世界的なブランドのデザインを手掛ける鈴木マサル氏のプライベートブランド「オッタイピイヌ」のバスマットです。

敷石をモチーフにした、かわいいデザインが特徴。見た目にこだわりたい方に向いています。素材にはコットンが使用されており、夏はさらりと、冬はふわりとした肌触りが魅力です。

サイズは、50×75cm。落ち着いたデザインで、さまざまなインテリアと好相性です。

丸栄タオル ナチュラルタイム バスマット IZ0116

心地よいパイルの凹凸感と、さらりとした肌触り

今治タオルで知られるタオル産地、愛媛県今治市にある「丸栄タオル」のバスマットです。素材にはコットンが使用されており、パイルの凹凸感が心地よく、さらりとした肌触りが魅力。等間隔に並んだドット柄のデザインが施されており、脱衣所をおしゃれに演出したい方にもおすすめです。

また、使いやすさを重視するために、ボリュームを抑えているのもポイント。タグテープが端に取り付けられているので、フックに引っ掛けて収納できて便利です。

林(HAYASHI) 浴槽足拭きマット

柔らかく優れた吸水性でデイリーユースにぴったり

トルコのなかでも、特に高級な綿花が栽培されているイズミル地方で収穫された、エーゲ海産コットンが使用されているバスマット。しなやかで上質な糸を紡ぐことが可能なため、柔らかく、吸水性に優れているのが魅力です。

また、タオルのように繰り返し洗濯できるのもポイント。デイリーユースできるアイテムを探している方におすすめです。

イッソエッコ(isso ecco) インテリアマット トリコリコ

軽やかでモダンな色合いが魅力のバスマットです。脱衣所を明るい雰囲気に演出します。見た目を重視したい方におすすめのアイテムです。

また、素材は天然繊維のインドコットンを使用。吸水性や通気性がよいので、快適な使用感を得られます。さらに、インドの職人が丁寧に織り上げているのもおすすめポイント。洗濯機には対応していないので、汚れた際は、手洗いが必要です。バスマットのほか、玄関マットなどとしても使用できるため、チェックしてみてください。

GUNIN バスマット

色鮮やかで雰囲気のあるバスマット。おしゃれかつ、自宅のインテリアに合うアイテムを選びたい方におすすめです。素材には、ポリエステルとコットンを使用。耐久性に優れているのも魅力のひとつです。

裏面には滑りにくい素材を使用しているので、子供がいる家庭でも安全に使いやすいのもメリット。さらに、洗濯機で丸洗いが可能なため、気軽に手入れができ、清潔に保ち続けられます。

fog linen work リネンマッサージバスマット

素材にリネンを使用しているバスマットです。リネンの細い糸がループ状になっており、シャリっとした特有の触感があるのが特徴。吸水性があるため、使い心地がよいのも魅力です。

また、端にタグが付いているので、使わないときはフックにかけて収納できます。サイズは45×65cmと、 大きすぎないサイズ感なので、洗濯しやすいのもポイントです。

ケユカ(KEYUCA) コットンリネン バスマット

調理器具・キッチン雑貨など、おしゃれな製品を豊富に取り揃える「ケユカ」のバスマット。天然繊維である、コットンとリネンを使用しています。ラメがアクセントになっており、高級感のあるデザインが魅力です。

また、裏面には滑り止め加工が施されているので、安全に使いやすいのもポイント。サイズは、45×60cmです。

ササワシ(SASAWASHI) バスマット

ささ和紙という希有な素材を使用しているのが特徴のバスマットです。天然の抗菌・防臭作用があるため、清潔に使用できるのが魅力。和紙をパイル状にすることで生まれるしっかりとしたコシが、心地よさを生み出します。

裏面には滑り止めが施されているため、安心して使いやすいのもポイントです。サイズは45×65cmあります。

ウミ(Umi) バスマット

肌触りのよさが魅力のバスマットです。球状のマイクロファイバーにより、踏み心地がよいだけでなく、水分を多く吸い上げ、素早く乾かします。

さらに、裏面にはしっかりと滑り止め加工がしてあるので、安全に使いやすいのもメリット。バスマットとしてはもちろん、キッチンや玄関のマットにも使用可能です。カラーは、ネイビーのほかにも数種類がラインナップされています。

tkone バスマット

機能性に優れたバスマットを探している方におすすめのアイテムです。素材にはマイクロファイバーを使用。表面の繊維には複数の吸水孔があるので、素早く水分を吸収できます。また、高密度の毛足によって水分を蒸発させるため、表面がすぐにさらさらになるのもメリット。乾きにくい梅雨の時期にも重宝します。

洗濯機で丸洗いが可能なので、手軽に手入れができるのもおすすめポイント。さらに、心地のよい肌触りも人気の理由です。裏面にはTPR材質の滑り止め加工が施されているので、安全に使用できます。

Cozyone バスマット

太さと長さが違う2種類のマイクロファイバーが組み合わさっているのが特徴のバスマット。吸水性や速乾性に優れているアイテムを探している方におすすめです。

抗菌・防臭加工も施されているので、清潔に使用し続けられるのもメリット。丸洗いが可能なため、気軽に手入れが可能です。また、ふわふわとした肌触りも魅力。裏面には、滑り止め加工が施されており、安全に使用できるのも人気の理由です。

当アイテムのサイズは、50×80cm。カラーはキャメル・グレー・ブラウン・ブルーの4色から選べます。ナチュラルテイストなので、脱衣所に馴染みやすいのもポイントです。

山崎産業 プレミアムスウスウ Lサイズ

厚めの生地が特徴のバスマットです。素材に、特許を取得している独自のマイクロファイバーを採用しているのが魅力。吸水性に優れているので、さらさらとした肌触りを維持できます。

湿気が溜まるのを避けられるうえ、抗菌効果があるため、カビや雑菌の繁殖を防ぐ効果が期待できるのもおすすめポイントです。洗濯機で洗えるので、簡単に手入れができます。

また、サイズは50×80cmと大きめのため、子供と同時に使っても余裕があるのもメリット。カラーラインナップも豊富です。

イケア(IKEA) ALMTJÄRN アルムティエルン

シンプルなバスマットです。マイクロファイバーを使用しているため、肌触りがよいのがおすすめポイント。吸水性や速乾性にも優れているので、清潔な状態を保てます。

また、洗濯機で洗えるため、気軽に手入れできるのも魅力。床暖房付きの床など、さまざまなタイプの床で使用が可能です。

さらに、ほかのバスルームアイテムとコーディネートしやすいデザインなのもメリット。スタイリッシュなデザインのバスマットを探している方はチェックしてみてください。

オカ(oka) 乾度良好Dナチュレ バスマット

1枚1枚丁寧に手作りされた人気のバスマットです。繊維1本1本に無数の細かな穴が空いた独自開発の特殊構造繊維を使用しているので、吸水性や速乾性に優れているのもメリットです。

また、抗菌防臭加工が施されており、汚れた場合には洗濯機で洗えるので、清潔に保ちやすいのもおすすめポイント。滑り止め剤によって、安全に使用できるのも魅力のひとつです。

カラーは、ローズピンク・ブラウン・ベージュ・ブラックなど、数種類がラインナップされています。

レック(LEC) サラサラ瞬間吸水バスマット

バルサンや激落ちくんなど、生活用品を提供する「レック」のバスマットです。素材にはマイクロファイバーを採用しているので、吸水性に優れているのが特徴。また、素早く乾燥するため、複数人で使用しても湿気が残りにくく、清潔に使用することが可能です。

さらに、丸洗いができるので、汚れても気軽に手入れできます。裏面にはノンスリップ加工が施されているため、安全に使用できるのもメリットです。

カラーラインナップが豊富に揃っているのも特徴。脱衣所を華やかに彩りたい方にもおすすめのアイテムです。

オカ(oka) PLYS CARARACA 乾度良好バスマット

お洗濯のしやすさを追求して作られた、バスマットです。特殊構造繊維を使用しているのが特徴。繊維に設けられた多数の穴が、水分を素早くたっぷり吸い取るので、タオルのように毎日気軽に洗うことが可能です。

また、速乾性にも優れているため、家族の多い方にも適しています。さらに、抗菌防臭加工が施されているのもメリット。カラーラインナップも豊富です。

チチロバ(TITIROBA) バスマット 珪藻土

素材に珪藻土を採用した、吸水性に優れているバスマットです。速乾性があり湿気が残りにくいので、家族などの複数人で使用する場合にも適しています。

また、滑り止めシートが付いているため、より安全に使用できるのもおすすめポイント。汚れが付いた場合には、水洗いできるのも魅力です。サイズは、40×30cm。カラーラインナップも豊富なので、お風呂場のインテリアに合わせて選べます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 速乾快適バスマット SKBM-6039

生活用品の企画・製造・販売会社である「アイリスオーヤマ」のバスマット。自然素材である珪藻土を素材に採用しているので、すぐに水を吸収します。吸収した水分が一定量に達すると、水分を放出するため、速乾性に優れているのもメリットです。

さらさらな使い心地を得られるアイテムを探している方にもぴったり。カビやダニなど、菌の繁殖を抑えられるので、清潔に使用し続けられます。また、におい成分のガスを吸着する作用があるため、においが気になりにくいと謳われているのも特徴です。

使用後は、週に1〜2回ほど乾燥させるのがポイント。さらに、吸水力が落ちてきたら、やすりで薄く削ることで吸水力が復活します。当アイテムのサイズはLで、約60×39cmです。

なのらぼ 足快バスマット レギュラー バブル

国産の珪藻土を使用したバスマット。ナノテクノロジーによって、優れた吸水率や調湿性能があるのがおすすめポイントです。ナノサイズの穴は菌を通しにくく、カビや雑菌の繁殖を抑制する効果が期待できます。

また、においを吸着・分解できるのもメリット。使用後は立てかけておくだけでよいので、手入れに手間をかけたくない場合にも向いています。吸水力が落ちたら、クレンザーで拭き、洗って立てかけておくだけと簡単です。

表面には泡の模様があしらわれており、おしゃれな見た目も特徴。脱衣所を華やかな雰囲気にします。

HAPGO 珪藻土

従来の珪藻土のバスマットとは異なり、ふわふわで触り心地のよい触感が特徴のアイテムです。割れる心配がないので、安全に使用することが可能。珪藻土の上に2層のカバーがあり、カバーは汚れたら洗えます。

また、寒い冬の時期でも、快適に使用できるのもおすすめポイント。カバーには、高品質の吸水性ポリエステル素材が使用されているため、耐久性に優れており、長期間使用できます。カラーが異なるカバーが2枚付いてくるので、コストパフォーマンスに優れているのもメリットです。

バスマットのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

バスマットのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。