吸水性や速乾性に優れている「珪藻土バスマット」。自然素材である珪藻土(けいそうど)が使用された製品で、サラサラとした使い心地やお手入れの手間がかからない点などがメリットです。

今回は、おすすめの珪藻土バスマットをご紹介。人気メーカーや選び方なども解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

珪藻土バスマットとは?

By: amazon.co.jp

植物性プランクトンの一種である、化石や珪藻などが堆積した珪藻土を活用したバスマットを「珪藻土マット」と呼びます。小さな無数の穴で水分を素早く吸い込むため、吸水性に優れているのが特徴です。

また、吸収した水分を自然に放出するので、速乾性が高いのも魅力。外で干して乾かさなくても、表面がサラサラの状態を保てます。バスマットはもちろん、歯ブラシスタンドやコースターなど、自宅の水まわりで活躍する素材です。

珪藻土バスマットのメリット・デメリット

珪藻土バスマットのメリット

珪藻土バスマットは吸収性と速乾性があるため、水で濡れた足裏の水分を素早く吸収し、使用後はすぐに乾くのがメリットです。なかには、濡れてから約1分で乾く製品も展開されています。

廊下などが濡れてしまうのを抑えられるなど、快適に使用しやすいのもポイント。お風呂から出た後にマットが濡れるのが気になる方におすすめです。

お手入れがラク

珪藻土バスマットは洗濯不要です。主なお手入れは月に一度の日陰干しで十分。モノにもよりますが、汚れや吸水性の衰えが気になる場合には、紙やすりなどで表面を削りましょう。

なお、干す際は直射日光に当てるとひび割れなどの原因になることもあるので、干す場所には注意が必要です。

珪藻土バスマットのデメリット

冬場は冷たいことも

珪藻土バスマットは布製のバスマットと比べると、冬は少し冷たく感じてしまう場合があるので注意が必要。マットの表面に凹凸の加工が施されたモノを選ぶと、ひんやり感を軽減する効果が期待できます。

なかには、ソフトタイプの珪藻土マットもラインナップ。冷たさを感じにくいため、オールシーズン使いやすい珪藻土バスマットを探している方におすすめです。

少し重い

一般的な布製のマットと比べると、珪藻土バスマットはやや重量があるのが難点。掃除をする際などに、バスマットを移動する頻度の多い方は留意しておきましょう。

また、移動する際に落としたり、倒したりすると破損する可能性もあるため注意が必要です。

珪藻土バスマットの選び方

サイズをチェック

By: irisohyama.co.jp

珪藻土マットのサイズは、身体の大きさに合わせて選びましょう。ただし、大きすぎると重量が重くなり、割れやすくなることも。大型の珪藻土マットが欲しい場合は、中型の珪藻土マットを2つつなげて使用するのもおすすめです。

小さめのモノはお手入れや掃除をしやすいのがメリット。お手入れが面倒に感じる方は、コンパクトなサイズを選んでみてください。

産地をチェック

珪藻土マットには国産のモノとそうでないモノがあります。国産のモノは国外のモノと比較すると、価格もやや高め。しかし、品質にこだわっているモノが多数展開されているのがメリットです。

国外製品は、デザイン性に優れたアイテムをラインナップしているのが魅力。安全性が気になる方は、「SGS」などの国際認証を得ているかを確認してみてください。

珪藻土バスマットのおすすめメーカー

ニトリ

住まいに関わるさまざまな製品の企画・製造・発売を行う「ニトリ」。日用品をはじめ、家具や調理家電なども展開しています。

ニトリの珪藻土マットは珪藻土含有率が高く、吸水速乾はもちろん、防カビや消臭効果が期待できるのもポイント。また、お手入れ用のサンドペーパーが付属している製品もあり、長く使いたい方におすすめです。

ソイル(soil)

By: amazon.co.jp

珪藻土のプロダクト名として有名な「ソイル」。バスマットをはじめ、リビング用品やキッチン用品など、幅広い珪藻土製品を取り扱っています。

ソイルの製品には秋田県産などの珪藻土が使用されており、ナチュラルでやさしいデザインが魅力。製品は左官職人の手で丁寧に作られているため、高品質なモノが揃っています。

宇部興産建材

左官材や防水材、足快マットなどを発売する「宇部興産建材」。宇部興産建材の珪藻土バスマットは特許技術により、高い吸水力を実現しているのが特徴です。

デザイン性にも優れており、バスルームのインテリアに合わせて選びやすいのもメリット。機能性とデザイン性を重視する方におすすめです。

珪藻土バスマットのおすすめ|シンプル

ニトリ 珪藻土バスマット カイテキサラサラ Ⅳ 29×39 7741011

By: nitori-net.jp

比較的リーズナブルな価格で購入できる珪藻土バスマット。珪藻土・パルプ繊維・消石灰を使用しており、吸水性と速乾性を備えているのが魅力です。

サンドペーパーが付属しているため、お手入れしやすいのもメリット。また、カラーはアイボリー・グレー・ターコイズブルー・ローズの4色をラインナップしています。コスパのよい珪藻土バスマットを探している方におすすめです。

ニトリ 珪藻土バスマット カイテキサラサラ SP 40×55 7741017

珪藻土含有率が高い珪藻土バスマットです。調湿機能に優れた珪藻土を多く含んでいるため、吸水性と速乾性に優れているのが特徴。また、防カビ・消臭効果も期待できます。

サイズは、幅55×奥行40cmと大きめサイズで、重量は約2.1kgと安定感があるのもポイント。さらに、裏面には滑り止めシートを備えています。機能性に優れた珪藻土バスマットを求めている方におすすめです。

ニトリ 珪藻土入りやわらかバスマット 29×39 LGY 7741245

やわらかい踏み心地が快適な珪藻土バスマットです。表面に珪藻土パウダーを使用しているので、高い吸水性を備えているのが魅力。また、素材には珪藻土のほかに、酸化カルシウム・天然ゴム・ポリエステルを使用しています。

裏面に天然ゴムを施しているので、滑りにくいのも嬉しいポイント。さらに、本体はハサミでカットできるため、好みの大きさに調節できます。お風呂場・トイレ・キッチンなど、さまざまな場所で使いやすいおすすめの珪藻土バスマットです。

ソイル(soil) バスマット ライト リバーシブル JIS-B465

両面使用可能なリバーシブルタイプの珪藻土バスマットです。表裏どちらも使えるので、吸水力の低下を軽減し、より長く使いやすいのが特徴。また、お手入れの負担を少なくしたい方にもおすすめです。

厚みは9.5mmと薄いほか、軽量のため移動しやすいのもメリット。さらに、高い強度を有しており、落としても割れにくいのが魅力です。

ソイル(soil) バスマット ウェーブ JIS-B255

軽量で扱いやすい珪藻土バスマットです。秋田県産の珪藻土にパルプ繊維を配合しており、重量約1.1kgと軽いのが特徴。また、厚さは約1cmと薄手ながら、割れにくい丈夫な作りが魅力です。

表面にメーカーのロゴを施しており、デザインのアクセントに。珪藻土ならではのナチュラルな色合いを活かした、おしゃれな珪藻土バスマットを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 速乾快適バスマット LLサイズ SKBM-7050

サイズは幅70×奥行50cmと、大きめサイズの珪藻土バスマットです。優れた調湿機能を備えているので、カビやダニの繁殖を抑えやすいのが特徴。加えて、ニオイ成分を吸着させやすく、嫌なニオイを軽減できるのもメリットです。

お手入れ用のサンドペーパーが付属しており、長く使いやすいのも嬉しいポイント。また、比較的安い価格で購入しやすいため、コスパを重視する方にもおすすめです。

サラナ(SALANA) 日本製 珪藻土バスマット Mサイズ

吸水力に優れたバーミキュライト素材を使用した、日本製の珪藻土バスマット。珪藻土・消石灰・珪砂・パルプなどの天然素材と配合しているため、抗菌機能が優れているのが特徴です。

両面使用できる加工が施されており、長く使い続けやすいのもメリット。また、シンプルなデザインを採用しているので、玄関・トイレ・キッチンなどに馴染みやすいのもおすすめポイントです。

珪藻土バスマットのおすすめ|おしゃれ

ニトリ 珪藻土使用バスマット シロクマ

シロクマデザインがかわいい珪藻土バスマット。サイズは幅38×奥行55cm、重量1.5kgとコンパクトサイズなので、トイレや洗面所などで使いやすいのが魅力です。

素材は、珪藻土・パルプ繊維・消石灰を配合しており、高い吸水性や速乾性などを備えているのもポイント。コンパクトかつ、かわいいデザインの珪藻土バスマットを求めている方におすすめです。

宇部興産建材 なのらぼ 足快バスマット 加賀友禅シリーズ

鮮やかな色合いが魅力的な珪藻土バスマットです。カラーは、ピンクとブルーをラインナップしています。また、表面に模様が施されており、見た目を重視する方におすすめです。

サイズは、約34×43cmとコンパクト。加えて、素材には消石灰やパルプ繊維などを使用しているため、吸収性に優れているのもメリットです。

フランフラン(Francfranc) 珪藻土バスマット パフューム ピンク 510×400

パフューム型のデザインが特徴的な珪藻土バスマットです。バスルームのインテリアとして映えるデザインが魅力。また、カラーはピンクとホワイトをラインナップしています。

吸水性に優れているため、サラサラとした表面を保ちやすいのもメリット。さらに、サンドペーパーを付属しているため、簡単にお手入れできます。かわいい見た目で、機能性の高い珪藻土バスマットを探している方におすすめです。

ピュアリフレ(PURE REFRE) 珪藻土タイルバスマット Lサイズ

タイル調のデザインがおしゃれな珪藻土バスマットです。タイル状の珪藻土を1枚ずつ貼り付けているので、タイル間の小さな隙間で通風性を確保できるのも魅力。通気性とデザイン性を重視する方におすすめです。

表面はアーチ状のため、快適な踏み心地を実現。さらに、タイルは冷たさ感じにくいウォームタイル技術を採用しているのもポイントです。

アスウェル(ASUWELL) 珪藻土バスマット フォリアージ柄 レギュラーサイズ

国産素材を100%使用した日本製の珪藻土バスマットです。サイズは、幅57.5×奥行42.5cmと大きめなのが特徴。色合いはシンプルながら繊細なフォリアージ柄を施しているため、おしゃれなデザインに仕上がっています。

重量は1.8kgと比較的軽量なので、掃除の際などに移動しやすいのもメリット。加えて、耐久重量は200kgと耐久性を備えているのもおすすめポイントです。

モダンデコ(MODERN DECO) 珪藻土バスマット HUMUS ksdmat

個性的なデザインを楽しめる珪藻土バスマットです。デザインは、木の葉・ヘリンボーン・ブルックリンなどの9種類をラインナップ。部屋の雰囲気やインテリアに合わせて、バスマットのデザインを選びたい方におすすめです。

高い吸水性を備えているのも魅力のひとつ。さらに、厚みは1.4cmのため歪みにくく、ズレや破損などを軽減できるのもメリットです。

Linidi 珪藻土バスマット ソフト

比較的リーズナブルな価格で購入できる、おしゃれな珪藻土バスマットです。モノクロベースのデザインを6種類ラインナップしているのが特徴。デザイン性に優れているので、キッチンや玄関など、さまざまな場所で使えます。

素材に透水繊維やシリコンを採用しているため、やわらかいのがポイント。加えて、裏面には濡れた床でも滑りにくいTPRゴム素材を使用しています。使い勝手のよい珪藻土バスマットを探している方におすすめです。

チチロバ(TITIROBA) 珪藻土バスマット

滑り止めシートが付属している珪藻土バスマットです。バスマットが床に擦れて傷付けてしまうのを軽減できるのがメリット。さらに、お手入れに便利な紙ヤスリが4枚付属しており、吸水力が低下したらすぐにメンテナンスできます。

本体の表面に複数の穴を設けているため、調湿機能を備えているのがメリット。加えて、速乾性もあるので嫌なニオイを軽減できます。機能性に優れた珪藻土バスマットを探している方におすすめです。

珪藻土マットの売れ筋ランキングをチェック

珪藻土マットのランキングをチェックしたい方はこちら。

珪藻土バスマットのお手入れ方法

定期的に陰干しをしよう

珪藻土バスマットを長く使いたい場合は、定期的な陰干しがおすすめです。珪藻土バスマットは吸水性や速乾性に優れているため、表面はすぐ乾きますが、内部に水分が残っている可能性があります。

特に、普段湿気の多いお風呂場などに立てかけて乾燥させている場合は注意が必要。乾燥が不十分なことで吸水性が低下し、カビやニオイの原因になります。

乾燥させるときのポイントは、必ず陰干しをすること。天日干しをすると、製品によっては割れてしまう可能性もあるので注意しましょう。

吸水性が下がってきたと感じたらヤスリがけを

珪藻土バスマットを長く使い続けていると、珪藻土の細孔部分に汚れが溜まり、吸水性が低下する可能性も。その場合、紙ヤスリで細孔部分の汚れを除去すると、吸水性の回復が期待できます。

お手入れ方法は、珪藻土バスマットの使用面を紙ヤスリで軽く削り、乾いたタオルや布で削った粉を拭き取るだけと簡単。製品によっては、サンドペーパーが付属しているモノもあるので、ぜひチェックしてみてください。