もうモバイルバッテリーはいらない?

スマートフォンやタブレット、Bluetoothヘッドホンやデジカメなど、さまざまな充電が必要なデバイスを複数持ち歩いている人は多いのでは? そんなとき困るのが充電。モバイルバッテリーがあっても足りないことも。そこで登場したのが、いろんなガジェット同士をつないで充電できるマジックケーブルです。では、見てみましょう!

ケーブルのコネクタがポイント

マジックケーブル(The Magic Cable)は一見、普通の1.2メートルの充電ケーブル。でもよく見ると、両端のコネクタに工夫が! どうなっているのでしょう?


電源供給側はUSBで、指先でカチッと引き出すと、Micro USBに早変わり。そして充電側は、Micro USB、もしくはアダプタでライトニングコネクタとなります。


これにより、スマートフォンからスマートフォン、スマートフォンからタブレット、Bluetoothヘッドホンなど、自由な発想で電源のやり取りが実現!

バッテリーとデータをすぐにシェア

たとえば、友だちとアウトドア遊びをしているとき、誰かのバッテリーがなくなったとしましょう。

そんなときは、マジックケーブルさえ持っていれば、みんなで少しずつシェアすることだってできるのです。もう重たいモバイルバッテリーは持って行かなくてもいい?

また、スマートフォンで最高の瞬間が撮れたら、マジックケーブルでみんなにつないで、すぐに画像をシェア! 本当に便利で楽しくなりそうです。

もちろん、通常の充電ケーブルの使い方ができるマジックケーブルは Indiegogo でたったの10ドル。まさに、魔法のようなケーブル。目からウロコです!